FXの始め方・やり方を初心者向けに解説!利益を得る方法とは?
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

投資に取り組むことが当たり前とも言える現代において、FXに興味を持っている人は少なくありません。しかし、基本的な知識がなければ取り組むことに対して億劫になってしまいます。

当サイトがFX投資家に独自に行なった調査結果においても、FXに失敗した経験があるかという問いに76.6%があると回答したことからも、FXの仕組みについて正しい理解を得る必要性があることがわかります。

もちろん、投資はすべてが成功する確率は高くはありません。失敗から学ぶことが非常に多いですが、それでも初歩的なミスや痛手は避けたいですよね。

そこで今回は、FXとは何かが初心者にもわかりやすいように、FXの仕組みや特徴はもちろん、利益を得る方法などを解説していきます。FXのリスクや注意点についても紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

FXの基礎知識となる用語も解説するため、ぜひ目を通して習得しておきましょう。
本コンテンツは、金融庁の金融商品取引業者登録一覧に掲載がある事業者が提供するものです。企業様より広告の出稿をいただくこともありますが、コンテンツはKUSHIM HACKが独自に制作しており、各企業様はコンテンツ内におけるランキングおよび内容等に一切関与していません。
詳しくはコンテンツポリシー広告ポリシーをご覧ください。

FXとは?仕組みを解説

FXとは

そもそもFXとは?

FXとは「Foreign Exchange」の略であり、外国為替を意味する言葉です。外貨をネット上で売り買いすることで、その差額が利益となる投資になります。

今では多くの証券会社がFX口座を解説しており、一昔前に比べると大変利用しやすくなっている傾向にあるのです。

また、若い世代からも関心を寄せている人が多く、最近ではパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットで気軽に取り組めるものも少なくありません。

FXの基本的な仕組み

FXは外国為替の売り買いをして、その差分が利益となります。わかりやすく解説すると、アメリカドルと日本円を取引する場合、それぞれを交換します。

この組み合わせのことを「通貨ペア」と言い、常に差分を意識して運用する必要があるのです。なお、市場での価格をレートと言い、需要と供給により決定します。

 ニュースなどで「1ドル○○円」と報道しているものが、市場でのアメリカドル・日本円のレートです。

為替レートが安いタイミングで購入して高いときに売るということが、FXの基本な仕組みとなります。

FXの基礎知識となる用語を解説

これからFXを始める方が知っておくべき用語をいくつかピックアップし、簡単に解説していきます。基本的な知識として、ぜひ把握しておきましょう。

スプレッド 売値と買値の価格差
スワップポイント 2つの通貨の金利差
ポジション 通貨を購入または売却をして保有する状態
レバレッジ 実際の証拠金より多くの取引ができる仕組み(てこの原理)
クイック入金 インターネットバンキング口座を利用し入金すること
ロールオーバー ポジションを翌営業日に持ち越すこと
ロスカット 損失の拡大を防ぐため保有ポジションを強制的に決済すること

FXに取り組むにあたって、基本となる用語の意味は理解しておくことが安全な取引に繋がります。




上記はあくまで一例となるため、自身でも事前に学んでおくことが重要です。

簡単にできる!FXの始め方

さっそくFXを始めてみましょう。FXの始め方は非常に簡単です。

簡単にできるFXの始め方

取引までの流れ

FXを始めるための基本的な流れは以下となります。

主な流れ
  1. FX会社の口座を開設する
  2. 口座に証拠金を入金する
  3. 取引ツールを使い売買をする

まず、FX会社の口座を開設しましょう。全てのFX会社で口座開設手数料や維持費は無料となるため、無駄な出費はありません。口座が開設できれば、証拠金という資本を入金してください。

後は、証拠金の範囲内で各国の通貨レートを確認しながら売買をするといった流れです。

FXを始めるなら
「GMOクリック証券FX」で無料口座開設!

GMOクリック証券FX

  • 口座開設も各種手数料も無料!
  • 最短当日で取引開始!
  • 少額である1,000通貨単位から取引可能!

※最短での取引開始には「スマホでスピード本人確認」により本人確認書類等の提出が必要

口座開設に必要なもの

FXを始めるにあたって、口座開設時に必要になるものは以下の通りとなります。

口座開設に必要なもの
  • 本人確認書類
  • マイナンバー書類
  • パソコンまたはスマホ

口座開設の際はFX会社の公式サイトから口座開設を始めるため、パソコンやスマホが必要になります。その後、提出書類として本人確認書類やマイナンバー書類が必要になるので事前に準備しておきましょう。



個人情報を入力するときは本人確認書類やマイナンバー書類と同一の内容を入力しましょう。

慣れるまではデモトレードの利用もおすすめ

FXの利益を生む仕組みは、各国通貨間の金利差によるものや為替レートによる価格差など、言葉で聞いただけではそこまで複雑には感じないでしょう。

しかし、実際に取り組むとなれば、お金の損失といリスクがあるうえ、為替は常に変動するため慣れが必要です。取引に慣れるまでは、デモトレードの活用をおすすめします。デモトレードを活用するメリットは主に以下の4つが挙げられます。

デモトレードのメリット

大手FX会社がリリースしているデモトレードであれば、実際の取引と同じ画面で事前に練習が可能です。デモトレードでは仮想資金を使って取引ができるため、失敗をしてもリスクがありません

実際、当サイトが独自で行ったアンケート調査結果では、「デモトレードを用いた練習は有効」と回答した方が半数以上となりました。

デモトレードでの練習は有効だと思いますか?

ただし、どのFX会社の口座でもデモトレードができるわけではありませんので、デモトレードを提供している大手FX会社で無料口座開設をすることをおすすめします。

FXのデモトレードを始めるなら
「GMOクリック証券FX」

GMOクリック証券FX

  • ダウンロード後3タップで始められる!
  • リアルとデモで同じ設定が使える!
  • インストール不要のブラウザ上でも取引可能!

※最短での取引開始には「スマホでスピード本人確認」により本人確認書類等の提出が必要



FXを始める前に知っておきたいこと

ここからはFXを始める前に知っておきたい4つのことについて解説していきます。これからFXを始めるという方は必ず確認しておきましょう。

FXを始める前に知っておきたいこと
  • いくらから始めるのか
  • いくら稼ぎたいのか
  • デモトレードで練習してみる
  • どのようなスタイルで取引したいか

いくらから始めるのか

FXを始めるなら、用意する資金はどのくらいにするか決めておくとよいでしょう。FX会社によっては最低取引単位が決まっており、その単位に応じていくらくらい資金を用意するか考えるという方法もあります。

たとえば、以下のように最小取引単位を1通貨単位と設定している口座から1,000通貨としている口座まで様々です。

表は右にスクロールできます。

FX口座 松井証券のFX GMOクリック証券FX 外為どっとコム GMO外貨 LINE FX SBI FXトレード
松井証券のFX GMOクリック証券 外為どっとコム GMO
外貨 LINE FX SBI FXトレード
最低通貨単位
1通貨
1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨
1通貨
詳細

 

※2023年2月16日時点

FX会社の多くは1,000通貨が最小取引単位として設定されているため、5,000円程度から取引を始められます。しかし、5,000円だと含み損を受けたときにすぐにロスカットして退場してしまうので証拠金には余裕を持つことが大切です。



一般的には10万円を証拠金として入金し、FXを始める人が多くいます。

いくら稼ぎたいのか

FXを始めるならいくら稼ぎたいのか、あらかじめ明確にしておくことが大切です。目標を立てるときはいきなり1億円稼ぐという大きな目標を立てるのではなく、月1万円など小さな目標を立てるようにしましょう。

小さな目標を立て、少しずつ難易度を上げながら達成していくことでトレードにおいて自信がついていきますし、続けやすくなります。

 いくら稼ぐのかを決めるほかに、FXの成績を考慮して目標を立てる方法もあります。

成績を目標にするときは「損益率を何%に抑える」や「ロスカットせずに3ヶ月生き残る」など達成できそうなところから始めていくと取り組みやすいでしょう。



デモトレードで練習してみる

リアルトレードをいきなり始めるよりも、デモトレードで練習してから取引するという方法はおすすめです。FX初心者が資金をかけてトレードを始めても最初の内はなぜそのような値動きをするのか、ツールの使い方などがわかりません。

そのため、大抵の場合数か月後には入金した資金がなくなっていることがほとんどです。初心者ならまずは取引ツールに慣れたり、知識や経験を蓄えるためにもデモトレードを活用するようにしましょう。



資金管理やトレード手法などしっかり確立してから、デモトレードで試すようにすることをおすすめします。
FXのデモトレードを始めるなら
「GMOクリック証券FX」

GMOクリック証券FX

  • ダウンロード後3タップで始められる!
  • リアルとデモで同じ設定が使える!
  • インストール不要のブラウザ上でも取引可能!

※最短での取引開始には「スマホでスピード本人確認」により本人確認書類等の提出が必要



どのようなスタイルで取引したいか

FXを始める前にどのような取引スタイルでFXをしたいのかあらかじめ決めておくことは非常に大切です。

おすすめの投資スタイル例
  • 普段取引する時間があまりとれないけど稼ぎたいなら…自動売買がおすすめ
  • 長期投資でゆっくり資産形成したいなら…スイングトレードがおすすめ
  • 短時間でサクッと取引をしたいなら…スキャルピングやデイトレードがおすすめ

テクニカル分析やファンダメンタル分析など分析の仕方も考えておくこともおすすめします。




自分にとって継続しやすい取引スタイルを選ぶことが重要で、生活の一部としてFXが組み込めるようになるのが理想といえるでしょう。

初心者でもわかる!FXで利益を得る仕組み

FXで利益を得るには、その仕組みをきちんと理解しておく必要があります。初心者にもわかりやすいよう解説していくため、ぜひチェックしておいてください。

為替差益

為替差益はキャピタルゲインと言われ、FXで利益を得るための代表的な方法です。なお、為替差益とは値動きによる差分を意味します。

為替差益という言葉だけを聞くと難しく感じますが、仕組みは非常に単純です。要は、安いときに買って高いときに売り、その差分が利益になります

 基本的には安いときに買い、高いときに売ると利益が発生しますが、FXでは高い価格で売った通貨を安く買い戻すことでも利益を得られるのです。

つまり、FXは売りから取引を開始できます。

わかりやすい金額で説明すると、アメリカドルと日本円の通貨ペアを取引していたとします。

その際、1ドル100円のタイミングで売って1ドル90円のタイミングで買い戻すことで、1ドルにつき10円の利益を獲得可能です。この取引金額が大きければ大きいほど、差分による利益は多額となっていきます。

為替レートはリアルタイムで変動するため、常にチェックするくらいの気持ちでなければいけません。

スワップポイント

スワップポイントとは

スワップポイントとは、2つの通貨の金利差によって発生することで得られる利益を指します。一般的には低金利となる日本円を売り、高金利となる国の通貨を購入することで得られる仕組みです。

スワップポイントは保有する通貨ペアのポジションを解消しない、つまり売り買いなどの決済をしない限り継続的に蓄積されていきます。そのため、長期的な投資では非常に重要です。

 なお、スワップポイントは各FX会社や通貨ペアにより異なるため、金利差で利益を長期的に獲得するため情報収集は必須と言えます。

なお、新興国の通貨は政策金利が高い傾向にあるため、日本円とのペアがおすすめです。

高金利となる主な通貨にはトルコリラ・メキシコペソ・南アフリカランドなどが挙げられますが、どのFX口座でも同じ通貨を取り扱っているわけではありません。

随時金利については情報をキャッチし、長期的に効率良く利益を得られるように努めましょう。

FX始めるためのFX口座の選び方や判断基準

ここからは、FXを始めるために必要になるFX口座の選び方や判断基準について以下の内容を解説していきます。ポイントをおさえて自分に合うFX口座を選ぶことができれば、取引が快適になるのでしっかり確認しておきましょう。

FX口座の選び方や判断基準
  • スプレッドの大きさ
  • 通貨ペアの種類と数
  • 最低取引単位
  • 口座開設キャンペーンの有無
  • 提供されるレバレッジ

スプレッドの大きさ

FX口座を選ぶときに大きな指標となるのがスプレッドの大きさです。多くのFX口座は取引手数料などがない代わりにスプレッドが一定数かかるため、できるだけ狭いところを選ぶのがおすすめです。

特に、自分が取引したい通貨ペアが決まっているなら、その通貨ペアのスプレッドを比較してFX口座を選ぶことをおすすめします。



スプレッドが実質的な手数料となるため、少ないにこしたことはありません。

また、スプレッドが時間帯によって大きく変動することもあるため、自分が取引したい時間帯のスプレッドはどのくらいか調査しておくのも良いでしょう。

通貨ペアの種類と数

通貨ペアはFX口座を選ぶ判断基準として用いられやすいです。なぜなら、通貨ペアの種類や数が多いほど戦略に幅が広がったり、監視通貨ペアが多くなることで取引の精度を増すことができるからです。

メジャー通貨ペアが網羅されているか、マイナー通貨ペアで取引したい通貨ペアはあるかなど自分の取引スタイルなどを基準に見ることが大切といえます。

 為替通貨ペアだけでなく、貴金属や先物といったCFDの取り扱いがあるFX口座もあります。

また、通貨ペアごとの取引量や流動性について確認しておくことも重要であり、さまざまな通貨ペアを駆使して取引を優位に進めましょう。

最低取引単位

最低取引単位はFX口座によって基準が変わり、1通貨から取引できるところもあれば1万通貨以上でないと取引できないところもあります。多くのFX口座は最低取引単位を1,000通貨に設定していることが多いです。

最低取引単位が低ければ低いほど、リスクを下げることができるためFX初心者なら最小取引単位が低いFX口座を選ぶとよいでしょう。

また、比較的大きな資金を用意できる場合でもはじめのうちは最小のリスクで取引するのが望ましいため、最低取引単位は大きな判断材料となります。



取引単位はFXに慣れてから上げていっても遅くないので、低めのところを選ぶのがおすすめです。

口座開設キャンペーンの有無

FX口座を選ぶときは口座開設キャンペーンが充実しているかどうか確認することをおすすめします。口座開設をするとキャッシュバックキャンペーンに参加できるなど、FX口座によって内容が変わるので比較してみましょう。

また、口座開設後に一定数量の取引を行うとキャッシュバックがもらえるところも多く、自分が取り組みやすいところを選ぶのが良いです。

 口座開設をするだけでお金がもらえるところも少なくないので、しっかり比較することが大切でしょう。

口座開設キャンペーン以外にも、取引を継続して行うことで参加できるキャンペーンなどFX口座によって用意されているものはさまざまです。そのため、キャンペーンの豊富さで選ぶのも良い手段といえます。



提供されるレバレッジ

FX口座によって提供されるレバレッジは異なる場合があります。国内FXの場合は最大25倍に固定されていますが、FX口座によっては5倍や10倍と細かく調整することができるところもあるため確認しておきましょう。

また、例外として海外FX口座は金融庁の制限がかからないため、25倍以上のレバレッジをかけられることが多いです。しかし、大きすぎるレバレッジはリスクに繋がるため注意して選ぶ必要があります。

松井証券やSBI FXトレードが提供する1通貨単位からFX投資が可能な口座の場合、レバレッジ1倍で必要な資金は100円、レバレッジを25倍かけると必要な資金は4円という計算になります。



FX初心者であればレバレッジを下げて取引を始めるのがおすすめです。

FX初心者におすすめのFX口座5選徹底比較

ここまでで紹介したFXの始め方や仕組み等を含めて、これからFX投資を始めたい方におすすめできるFX口座をご紹介します。

GMOクリック証券FX

GMOクリック証券FX

GMOクリック証券FXのおすすめポイント
  • 業界最低水準の取引コスト
  • 高金利スワップでお得に取引できる
  • 高性能な取引ツールを多数提供
  • デモトレードで練習できる

FX初心者におすすめのFX口座、1つ目はGMOクリック証券株式会社が運営する「GMOクリック証券FX」です!

頻繁に発生する取引手数料が無料に設定されており、取引コストを削減することができます。口座開設・維持費用も無料です。

 ロスカット手数料など必要な手数料もあるのでご注意ください。

またGMOクリック証券FXでは、高性能な取引ツールを数多く提供しています。PCツール・スマホアプリはもちろん、AndroidWear専用アプリ・ブラウザ版などデバイスによって最適化されています。

各種ツール・アプリは無料で利用できます。

※最短での取引開始には「スマホでスピード本人確認」により本人確認書類等の提出が必要



DMM FX

DMMFX

DMM FXのおすすめポイント
  • 使いやすい取引ツールが豊富
  • 最短即日で口座開設・取引をスタートできる
  • 各種手数料が無料で低コスト取引を実現
  • サポート体制が手厚いので初心者でも安心

FX初心者におすすめのFX口座、2つ目は株式会社DMM.com証券が運営する「DMM FX」です!DMM FXでは各種手数料が無料に設定されているので、コストを抑えて取引することができます。

 入出金手数料やロスカット手数料など、発生する頻度が高い手数料が無料になっているのでお得です。

またDMM FXでは利用しやすい取引ツールを豊富に提供しています。PCツール・スマホアプリ合わせて5種類の取引ツールを提供しているので、お好みで使い分けてみてください。

使い方がわからない場合はサポートに相談してみましょう。



松井証券 MATSUI FX

松井証券 FX

松井証券 MATSUI FXのおすすめポイント
  • 100円からFX取引を始められる
  • 高水準のスワップポイント
  • 業界最低水準のスプレッド
  • サポートが手厚いので初心者でも安心

FX初心者におすすめのFX口座、3つ目は松井証券株式会社が運営する「松井証券 MATSUI FX」です!

松井証券 MATSUI FXは、最低取引単位が1通貨に設定されているので、100円から取引が可能です。そのため大金をつぎ込むのが怖い初心者でも安心して利用できます。

 最低取引単位を1,000通貨に設定しているFX会社が多いです。

また松井証券 MATSUI FXでは手厚いサポート体制を敷いています。コールセンター対応時間は平日7:00~金曜日24:00と非常に長いので、日中は仕事で忙しい人も利用しやすくなっています。

初心者向けのサービスを数多く提供しているFX会社です。



SBI FXトレード

FBI

SBIFXトレードのおすすめポイント
  • 大手金融グループが運営している
  • 最低取引単位は1通貨から
  • 業界最低水準のスプレッド
  • 積立FXにも対応している

SBIFXトレードは、1通貨単位から取引を始められる数少ないFX口座であり、限りなく少額でFXがしたいという方に最適です。加えて、業界内でもスプレッドが狭く設定されているため、取引にかかるコストも少ないという特徴を持ちます。

また、SBIFXトレードを運営しているのは金融大手のSBIグループであり、FX以外の投資商品での運営実績やノウハウを生かしたサービス提供がされているため使いやすいでしょう。

 信頼と実績のあるFX口座のため、金融事故に遭う確率は限りなく低いといえます。

FX以外にも定期的に外貨を購入できる積立FXに対応しており、1ヶ月の購入額や購入頻度などは自由に選べます。そのため、積立FXでコツコツ投資をしつつ短期取引などに挑戦するといった二刀流でのFX投資を行うことができるでしょう。

SBIFXトレードはサポート体制も充実しており、総合力の高いFX口座といえます。

みんなのFX

みんなのFX

みんなのFXのおすすめポイント
  • スワップポイントが高水準
  • 取引ツールが豊富
  • 自動売買やバイナリーオプションができる
  • サポート体制が充実している

みんなのFXはトレイダーズ証券が運営するFX口座であり、2023年10月時点で50万口座以上開設と多くのユーザーに利用されています。最低取引単位は1,000通貨からと比較的少額のトレードにも対応しており、FX初心者におすすめです。

スワップポイントが他のFX口座に比べて高いという特徴があり、長期投資をメインに行っている方やスワップポイント狙いの取引をしている方に適しています。



十分な実績と取引のしやすさがあるFX口座といえるでしょう。

また、取引ツールが充実しており、パソコンからのチャート分析はもちろんスマホでのチャート分析も十分に行えます。パソコンの取引ツールにおいては世界的に人気のある「トレーディングビュー」を利用することが可能です。

通常、トレーディングビューの利用には有料版だと月額料金がかかるため、かなりお得となります。そのため質の高いチャート機能を駆使して分析をしたいというならみんなのFXは特におすすめといえるでしょう。

FXを始めるための口座開設までの手順

FXを始めるにあたり、口座開設をしたいけどどのような手順で行えばよいかわからない方は多いでしょう。ここでは、口座開設するまでの具体的な手順についてご紹介しますので参考にしてみてください。

FXを始めるための口座開設までの手順
  1. FX口座を選ぶ
  2. 口座開設フォームより必要事項の入力
  3. 本人確認書類・マイナンバーの提出
  4. 口座開設完了・取引開始

FX口座を選ぶ

まずはFX会社を選ぶところから始めます。先ほどご紹介したFX口座の選び方や判断基準を参考にして、自分に適していると思うFX口座の口座開設フォームへ飛びましょう。

初めてFX口座開設をする方は、なるべくリスクを最小限に抑えるために「最低取引単位」や「レバレッジの調整」の2つの指標をよく比較するとよいです。

 気になるとこををいくつかピックアップしてよく比較することをおすすめします。

口座開設フォームより必要事項の入力

口座開設したいFX口座が決まったら実際に口座開設作業に取り掛かりましょう。FX口座の開設には公式サイトの口座開設フォームより個人情報などの必要事項を入力する必要があります。

入力する内容は後程提出する本人確認書類などと同じ住所や名前を使用するようにしましょう。



入力した内容に間違いがないかしっかり確認することをおすすめします。

本人確認書類・マイナンバーの提出

必要事項の入力が済んだら、本人確認書類とマイナンバーの提出に移ります。提出方法はアップロードや郵送による方法などがありますが、FX口座によってはスマホを使って撮影することで確認を取る「スピード確認」を利用できることもあります。

 スマホスピード確認であれば簡単で早いため、その日のうちに口座開設することが可能です。

口座開設完了・取引開始

提出書類の認証が確認されると申込者の審査が行われ、その後登録したメールアドレスに口座開設完了のメールが届きます。口座開設登録メールにはアカウント情報が載っているため大切に保管しておきましょう。

アカウント情報を取得したら、公式サイトからマイページにログインし入金することで取引を始められるようになります。



PCやスマホを使っての口座開設であれば最短即日で口座開設できることが多いです。

FX取引をする5つのメリット

FXという言葉はよく耳にする時代ですが、その仕組みや特徴・メリットを理解していない人は決して少なくありません。主な特徴として、以下が挙げられます。

FX取引をするメリット
  • 24時間取引可能
  • 少額から始められる
  • 金利差で利益が得られる
  • 預けた資金の何倍もの取引ができる
  • コストをかけずに利用可能

24時間取引可能

FXでは、24時間いつでも取引ができる点は大きな特徴です。投資の代表格として挙げられる株式については、一般的には取引所が開いている時間でなければいけません。

しかし、FXの場合は24時間取引が可能なため、日中は仕事をしていて忙しい人でも帰宅してからの時間を活用して取り組めるのです。

 24時間可能とはいえ、システムメンテナンスを実施している場合は取引停止となため注意しましょう。

また、24時間取引が可能となるのは平日のみで、土曜日・日曜日は取引は停止しています。

※最短での取引開始には「スマホでスピード本人確認」により本人確認書類等の提出が必要

少額から始められる

FXのメリットとして、少額から始められる点も挙げられます。為替レートにより異なりますが、だいたい5,000円程度あれば可能となるケースが多いです。

投資に取り組むうえで、やはり開始時にどれだけの資金が必要となるかを気にする人は少なくありません。慣れるまでの間は、損をしないためにも少額から始めたいと考えることは当然です。

 FXでは少額での投資でありながら、多くの利益を生める可能性がある「レバレッジ」という仕組みが特徴となります。

レバレッジとは、金額の最大25倍に達する金額で取引ができることを意味します。つまり、10万円でも250万円の資金を動かせるのです。

このレバレッジにより、FXは少額でも多額の利益を得られる可能性を秘めています。ただし、それだけの利益を得られる裏には、損も大きいことを理解しておきましょう。

25倍のレバレッジを効かせることは、それなりにFX取引の経験を積んでからの方が良いかもしれません。

各証券会社で取引可能な通貨数が異なる

利用するFX口座により、取引可能な最低通貨数が異なります。リスクを抑えて少額から始めたい場合は、より少ない数量に対応したものを選びましょう。

取引できる数量が少ないほど少額から投資が始められるため、リスクが軽減されます。多くのFX口座が1,000通貨あるいは10,000通貨であるなかで、MATSUI FXは1通貨(約100円)から利用可能です。

1通貨から可能となれば試しに使えるレベルとなるため、FX初心者は要チェックとなります。

金利差で利益が得られる

FXは通貨ペアの金利差で利益を得られます。この金利差のことをスワップポイントと言い、外国為替において欠かせないものです。

スワップポイントとは

金利差(スワップポイント)は政策金利のみで決まる訳ではなく、短期金利市場の影響にもよります。なお、スワップポイントは各営業日のクローズ時点に付与されます。

1年365日分付与されますが、土日・各国の祝日があると付与日数が変則的です。受渡日が変則的になると、付与日数が3日分あるいは4日分と通常時以上に付与されるケースがあります。

 原則として土曜日・日曜日のスワップポイントは先渡しとなり、通常木曜日に3日分が加算されると理解しておきましょう。

スワップポイントは、各国の通貨を取引するFXだからこそ期待できる利益です。

※最短での取引開始には「スマホでスピード本人確認」により本人確認書類等の提出が必要

預けた資金の何倍もの取引ができる

FXにはレバレッジという仕組みがあります。レバレッジをわかりやすく言い換えると「てこの原理」で、担保として預けた証拠金の何十倍にも相当する資金を動かして取引が可能です。

250万円分の取引をしたい場合は、当たり前ですが250万円の資金が必要となります。しかし、FXでは最大でレバレッジを25倍も効かせられるため、10万円の資金を用意すれば良いのです。

レバレッジは最大25倍となりますが、5倍・10倍を効かせての取引もできます。

コストをかけずに利用可能

FX口座では、取引をする際にかかる手数料は無料とするものが多いです。つまり、無駄な出費がなく取引に取り組めることを意味します。主に手数料が発生する部分は以下です。

FX口座利用時の手数料発生項目
  • 口座開設
  • 口座維持
  • 取引
  • 入金・出金
  • ロスカット

1回の手数料が安いとしても、毎回の取引毎に発生していると結構な出費となりかねません。事前に各種手数料についてはリサーチしておきましょう。


FX投資を行うことによるリスクや注意点

FXに取り組むうえで、利益を得られることだけでなく損をするリスクについても理解しておく必要があります。主な損をするリスクとして挙げられるものが以下です。

主なリスク
  • スワップポイントがマイナスになるケース
  • スリップページ発生のリスク
  • レバレッジのかけ方

スワップポイントがマイナスになるケース

スワップポイントは、通貨ペアの金利差により利益を長期的に得られる可能性を秘めていますが、高金利通貨を売って低金利通貨を買うケースではマイナスになります。

 高金利となる国の通貨を売り建てすると、逆に高水準のスワップポイントを負担しなければいけません。

いくら高金利であったとしても、各国の経済情勢や金融政策の方針により、金利差が縮小する可能性はあり得ます。なお、高金利となる通貨の為替レートは変動が激しい傾向にあるのです。

スワップポイントにより利益を得られるばかりでなく、投資家側が支払うリスクがあることも念頭に置いておきましょう。

スリップページ発生のリスク

スリップページとは、相場が急変したときなどに希望価格とかい離したレートで約定するリスクのことです。例えば、99.95円で注文をした場合に、約定した価格が99.94円となれば0.01円のスリップページが発生します。

スリップページは相場の変動等により発生するため、不利なばあいだけでなく有利な方に約定する場合もあります。

レバレッジのかけ方

そして、少ない金額で大きな取引ができる「レバレッジ」について、投資家側が大きく損をする可能性があります。

レバレッジは少額で最大25倍となる高額な取引を可能にして大きな利益を生む期待ができる反面、それだけ損をした場合にはリスクを高める恐れもあるのです。

25倍の利益を得られるということは、逆に25倍もの損失が生まれる可能性があることを意味します。

そのため、資金管理には十分注意をして取り組まなければいけません。

損失拡大を防止する仕組み

FXでは利益を得られるばかりでなく、損失を出すリスクについても理解しておかなく必要があります。なお、FXでは損失の拡大を防ぐための仕組みが用意されていることも知っておきましょう。

為替は急激な変動があり得るものです。そのため、証拠金を上回る損失が発生しかねません。そのリスクを負わないよう強制的に取引を停止する仕組みを「ロスカット」と言います。

 ロスカットは、保有ポジションの損失が一定のレベルに達したとき強制的に自動決済されるもので、ルールはFX会社で異なります。

ロスカットは大損失を防止できる仕組みではありますが、各FX会社で発動されるタイミングは異なるため、事前に確認しておきましょう。

ロスカットの注意点

ロスカットの注意点として、仮に発動が証拠金維持率が100%となる場合、その価格での約定や損失額を保証するものではないという点が挙げられます。

流動性の低下でロスカットのための決済注文が約定せず、より損失が拡大する可能性はゼロではありません。

預託された証拠金を上回る損失となるリスクがあることを理解しておきましょう。

FXと株の違い

投資に取り組むうえで、FXとともに株という言葉をよく耳にしたことがある人は少なくないでしょう。

 両者の違いとして、FXは外国為替の取引により利益を生むため投資対象は通貨です。一方で、株の場合は通貨ではなく企業に投資をします。

また、取引可能な時間についてもFXは24時間可能な点に比べ、株は時間制限があるため幅広い人が利用しにくいとも言えるでしょう。

レバレッジについても、FXは最大25倍に対して株は1倍です。取引に必要な最低資金もFXは数百円から可能ですが、株は数万円からとなります。

株よりもFXの方が初心者向けの投資と言えます。

FXがやめとけと言われる理由

インターネットでは、FXはやめとけという意見が見られます。ここでは、なぜやめとけと言われてしまうのかその具体的な理由について以下3つをご紹介しますので参考にしてみてください。

FXがやめとけと言われる理由
  • レバレッジ倍率が高いととリスクが大きくなる
  • 精神的な負担がある
  • ギャンブル感覚で取引してしまう危険性がある

レバレッジ倍率が高いとリスクが大きくなる

FXはレバレッジをかけることができますが、一般的にレバレッジ倍率が高くなるほどリスクも比例して大きくなります。高いレバレッジでの取引は少額で大きな利益を出せるという大きな魅力がある反面、損失も大きくなりやすいというデメリットもあります。

国内FXの場合、高いレバレッジによって証拠金以上の損失を被ると追証となり、実質的な借金となってしまいます。そのため、高いレバレッジで取引をするときはそれだけ高いリスクを負っていることも忘れないことが大切です。

 やめとけという人の多くは追証などにより借金を抱えてしまった人だといえます。

精神的な負担がある

FXは利益が出ている時は嬉しい気持ちがこみ上げてきますが、含み損を抱えている時は大きなストレスがかかりやすいです。自分の考えとは反対に価格が変動すると怒りすらこみあげてくるという方も多いのではないでしょうか。

このようにFXを続けることで精神的な負担がかかってしまい、本業にまで支障が出ることも考えられるので注意が必要です。精神的に不安定だと感じる場合は一定期間FXから距離を置くのが良いでしょう。



精神的な負荷が大きすぎるあまり、やめとけという方は多くいます。

ギャンブル感覚で取引してしまう危険性がある

FXをやるべきではないと考える人は、ギャンブル感覚で取引をして痛い目を見た経験を持っており、その危険性を理解してやめとけと言っていることが多いです。実際、ギャンブル感覚で取引をすると長期的に稼ぐことは難しいです。

FXは確率の勝負であり、50:50のギャンブル的な取引ではいつかは大損してしまうでしょう。そのため、しっかりと自分の取引を見つめ直し、トライアンドエラーを繰り返しながら手法を極めていかないといけません。

 ギャンブル取引では一時は勝てても、いつかは退場してしまうのがFXです。

FXの基本知識に関するよくある質問

FXはどんな仕組み?
FXとは「Foreign Exchange」の略であり、外国為替を意味する言葉です。外貨をネット上で売り買いすることで、その差額が利益となる投資になります。外国為替の売り買いをして、その差分が利益となります。わかりやすく解説すると、アメリカドルと日本円を取引する場合、それぞれを交換します。為替レートが安いタイミングで購入して高いときに売るということが、FXの基本な仕組みとなります。
FX初心者が稼ぐ方法は?
基本的にFXは、安いときに買い高いときに売ると利益が発生しますが、FXでは高い価格で売った通貨を安く買い戻すことでも利益を得られます。1ドル100円のタイミングで売って1ドル90円のタイミングで買い戻すことで、1ドルにつき10円の利益を獲得可能になります。また、スワップポイントは低金利となる日本円を売り、高金利となる国の通貨を購入することで得られる仕組みです。通貨ペアのポジションを解消しない、つまり売り買いなどの決済をしない限り継続的に蓄積されていきます。そのため、長期的な投資では非常に重要です。
FXの特徴・メリットは?

24時間取引可能、少額から始められる、金利差で利益が得られる、預けた資金の何倍もの取引ができる、コストをかけずに利用可能といった特徴やメリットがあります。

FXと株の違いは?

両者の違いとして、FXは外国為替の取引により利益を生むため投資対象は通貨です。一方で、株の場合は通貨ではなく企業に投資をします。また、取引可能な時間についてもFXは24時間可能な点に比べ、株は時間制限があるため幅広い人が利用しにくいとも言えるでしょう。レバレッジについても、FXは最大25倍に対して株は1倍です。取引に必要な最低資金もFXは数百円から可能ですが、株は数万円からとなります。そのため、株よりもFXの方が初心者向けの投資だと言えます。

まとめ

この記事では、FXとは何かが初心者にもわかりやすいよう、仕組み・特徴・利益を得る方法などを解説しました。

FXとは外国為替のことで、各国の通貨を取引してその差額により利益を得る仕組みです。24時間取引ができることや少額から始められるなど、初心者向けという特徴があります。

慣れるまではデモトレードにより取引が可能なため、ぜひ活用してみてください。
東証一部上場企業に10年勤務。得意先に車で移動中に交通事故に遭い、企業の福利厚生に関心を持ったことをきっかけにファイナンシャルプランナー資格の勉強を始める。資格取得後は保険会社に転職し、生命保険・損害保険の販売に従事。その後ファイナンシャルプランナーとして独立、現在では個人相談の他、金融関連の執筆やセミナーをメインに活動している。
監修記事一覧

小野

編集・著者
小野

2016年よりFXをはじめとする金融ジャンルのコンテンツ制作などに従事。ユーザーの方に正確でフレッシュな情報提供を行うために、各口座の公式サイトや金融庁などの情報をはじめ、一次情報としての取材アンケート調査の実施に努めています。

執筆記事一覧

おすすめの記事