Case Study

高瀬教頭先生

鈴木教頭先生

東洋大学附属牛久高等学校 様

「SLAP」の導入経緯およびご感想について、東洋牛久のご担当者様にお伺いいたしました。

どのような経緯から、SLAPを検討されたのでしょうか?

鈴木教頭先生

コロナウイルスの影響で授業配信をしなければいけないという課題に対し、本校はライブ配信、動画撮影やPowerPointをMPEG4にしたものをYouTubeにアップするなど様々手法で対応していました。しかしながら受講履歴がとれるのはもちろん、PowerPointなら誰でも作成でき、その教材を生徒の視聴まで簡単にできるのがSLAPの良いと思ったところで、他のツールで埋められなかった点をカバーできそうなイメージを持てた。また、セキュリティも問題なく、管理面でもよかった。

その中でなぜSLAPを導入しようと思ったのか?
他のツールで足りていない点を、SLAPでどの様に補おうとお考えになられましたか?

受講履歴がとれることが一番のポイントだった。当初PowerPointを動画に変換して、Google Classroomに載せていた。こちらだと課題に着手したか、していないかは把握できるが、SLAPでとれる情報のような何時にどのくらいの時間を掛けて課題を実施したか?までは分らなかった。リアルタイムで実施するほうがいい点もあるが、リアルタイムだと途中で止まってしまうことや資料の切り替えがうまくいかないなどかなりリスクがある。
いつでも視聴できるオンデマンドは保険としてあったほうがいいと思った。
他社のシステムの場合既存のコンテンツなどを使うので、1から教材が作れて先生が作ったものが授業になる点もよかった。(価値になるし、学校や先生の特長になる)

導入後に気づいた問題、課題はありますでしょうか?

高瀬教頭先生

ICT導入したときに授業の内容自体を変えていかないといけないという点に不安があり、ノウハウを持ってないといけないだろうと思うところ。それには動画がいいのかPowerPointがいいのか?PowerPointだと作成を凝るけど、文書が多くなり見づらかったり、絵だけではわからなかったり、言葉を入れたほうがいいのかなど、課題も見えてきた。課題などのノウハウを、SLAPを導入することで新しいICTの形というのが学校側でもみえてくる。

SLAP導入後の変化など有りますでしょうか?

鈴木教頭先生

受講の仕方などを事前に指示していたが、SLAPの授業後、ノート点検してみるとSLAPで実施した授業の方が従来の授業よりも生徒はノートをしっかり取っている。 SLAPでは通常の授業よりも3倍くらいノートに書かせていたが、殆どの生徒がしっかりノートが取れている。
自分のペース学習を進められるので効果があったのかもしれない。
オンデマンドだと生徒がノートをちゃんと作ってくれるだろうか?と不安だったが、通常の授業よりしっかりノートを作っており意外だった。
意外とオンデマンド(デジタル)+ノート(アナログ)のハイブリッド学習は思わぬ良い結果につながっている。その他、試験が近づいてきており、生徒から再受講できるかという質問もきており、復習ができる点についてもよかった。

今後はSLAPをどのように活用しようと考えていらっしゃいますか?アイディア等有りましたら教えてください。

鈴木教頭先生

新任先生もSLAPを使うことでベテランの先生の授業を空いた時間で学ぶこともでき、いいところも勉強できる。
研修授業など、新任の先生も授業が入っているので見られないこともあるが、いつでも見られる使い方もできるかもしれない。

高瀬教頭先生

海外研修などもあり、1年くらい留学している生徒もいれば、不登校になってしまう生徒もいる中で、SLAPのようなオンデマンドシステムがあれば、リアルタイムで授業に参加できなかったとしても、いつやったという記録が残るため今後単位確定がしやすくなる。
留学などすると、せっかくいい経験をしてきているのに、英語は伸びるけどその他の学習ができないため1年戻して勉強してもらうか、英語入試などでしかできなくなってしまう。
これからの時代はオンデマンドにより留学していても学習ができ、さらに留学やボランティアなど様々なことを経験している方が生徒の強みになると考えています。

今後SLAPに実装して欲しい機能はありますでしょうか?

高瀬教頭先生

今後プログラミングの授業をやっていかないといけない中で、「双方向」でレポートを出させる機能。今はSLAPで学習して課題レポートはクラスルームでということもできるが、クラスルームだけでよくてSLAPに費用を出してまで導入するかという流れになってしまう可能性もある。できればSLAPだけで完結できればいい。他システム連動や(質問やレポートなど)「双方向」がないのが残念。DBで類似の質問などまとめて回答できれば。(AIなど)FAQやノウハウ集などできれば、教員側も楽になったり、新任の先生が質問を授業に組み込めたりできる。

03-6427-7380

受付時間 9:00~18:00
(土日祝日除く)