司法試験・予備試験のおすすめ通信講座人気7選比較!選び方も紹介

司法試験・予備試験に合格すると、弁護士をはじめ法律業界への道が開けます。高年収を獲得できる職業でもあることから、試験合格を目指す人は少なくありません。

そこで今回は、司法試験・予備試験のおすすめ人気通信講座を7選ピックアップし、サービス内容等を紹介し比較していきます。また、選び方も解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

通信講座のメリット・デメリットについても触れていくため、あわせてチェックしておきましょう。

司法試験・予備試験通信講座のおすすめ人気通信講座7選を比較

司法試験の難易度が高いことを考えると、独学での学習は不安を感じる方も多いでしょう。そんな方には通信講座を受講することをおすすめします。

通信講座の中には、司法試験合格者占有率47.8%という有力な数字を出している質の高い講座も存在しています。この章では司法試験講座や予備試験講座におすすめの通信講座を徹底比較していきます。

表は右にスクロールできます。

司法試験・予備試験におすすめの通信講座
アガルートアカデミー 資格スクエア スタディング lec東京
価格(税込) 291,060円 550,000円 89,100円 4,580円

サポート体制

  • 質問サポート
    Facebook グループ
  • フォローアップ
    (学習進相談)
  • 講義画面から
    ワンクリックで
    質問可能
  • 学習進捗メール
  • 学習ログ機能
  • 勉強仲間機能
  • スマート問題集
  • 学習フロー、学習レポート
  • 暗記ツール機能など
  • 講師オリジナルゼミ
  • 短答成績リサーチ
  • 司法試験特待生試験など

合格率・合格実績

  • 合格率:47.8%
  • 合格実績: 669名/1,421名
    ※2
    021年度実績
  • 合格率:非公開
  • 合格実績:歴代1位の
    点差をつけて論文1位の
    合格者を輩出
非公開 非公開
詳細

出典:各種公式サイト
2022年6月時点

アガルートアカデミー

アガルートアカデミー 司法試験

アガルートアカデミーのおすすめポイント
  • 業界トップクラスの合格実績
  • 受講相談会も開催
  • 割引制度も充実

アガルートアカデミーの特徴

司法試験講座や予備試験講座におすすめの通信講座、1社目は「アガルートアカデミー」です!アガルートアカデミーは開講から短期間で、高い合格実績と個性的なCMで一躍有名になりました。

アガルートアカデミーの主な特徴としては、業界トップクラスの合格実績です。令和3年度に行われた司法試験合格者の約半数はアガルートアカデミーの受講生でした。

 難易度の高い司法試験でこの結果は驚異的な数値です。

またアガルートでは割引制度も充実しています。「再受講割引制度」「他校乗換割引制度」「家族割引制度」など多種多様です。

司法試験対策講座では早期申し込みで受講料が最大30%OFFになるキャンペーンを開催していますので、積極的に利用していきましょう。

期間限定のアウトレットセールなども行っています。

アガルートアカデミーの司法試験講座の特徴

アガルートアカデミーの司法試験・予備試験講座の特徴としてはそのカリキュラムにあります。司法試験・予備試験には総合対策・過去問対策・論文対策など幅広い分野の学習が必要です。

アガルートアカデミーの司法試験・予備試験講座では、講義でインプット・アウトプットを最適なタイミングで行えるように作られています。

 特に必要な科目は3回繰り返し学習するという方針です。

また試験合格に必要な知識を300時間で習得する入門講義「総合講義300」や、短期集中で短答対策を行う「短答知識完成講座」など各試験に特化した講義が存在します。

それぞれの講義には専門の講師がわかりやすく丁寧に解説してくれるので、受講者からすると非常に心強いでしょう。

他の予備校生と一歩差をつけられるような講義が盛りだくさんです!

アガルートアカデミーの基本情報

主な講座の価格 ※1
  • 最安:10%OFF:291,060円(税込)
    「総合講義300/全7科目」
  • 30%OFF:714,560円(税込)
    「予備試験1年合格カリキュラム」
  • 30%OFF:398,860(税込)
    「論文基礎力養成カリキュラム」
教材の特長
  • インターネットによる配信講義と製本オリジナルテキスト
  • 試聴期間やネット環境を気にせず使えるUSBメモリオプション
  • 8段階の倍速機能搭載
サポート体制
  • 質問サポートFacebook グループ
合格率・合格実績 ※2 合格率:47.8%
合格実績:
669名/1,421名
学習スタイル オンライン
対応地域 全国
各種割引制度・
キャンペーン情報 ※1
  • 【2023年合格目標】カリキュラム早期申込価格:30%OFF
  • 受験生応援セール:10%OFF

※出典:公式サイト
※1. 10%OFFセール:〜2022年7月10日まで,
30%OFFセール:〜2022年6月30日まで
※2. 2021年度実績

資格スクエア

資格スクエア司法試験

資格スクエアのおすすめポイント
  • 特許を取得した革新的学習システム
  • 低コストで効率よく合格を目指す
  • 脳科学とITを使った個別の問題演習

資格スクエアの特徴

資格スクエアでは、最短で合格するためのノウハウをコストを抑えて提供している通信講座です。

 従来の通信教育やeラーニングとは異なり、ITを使い学習効率化をメインとしたカリキュラムになっています。

「資格スクエアクラウド」と「脳科学ラーニング」は特許を取得した学習システムとして支持されているのが特徴です。独自のアルゴリズムを使い、個人の理解度に合わせた問題演習になっているため、着実に理解を深めながら合格を目指すことができるでしょう。

講義はオンラインで行われスマホやタブレットでも視聴できるため、いつでもどこでも学習環境が整いスキマ時間を有効に活用することができるでしょう。

講義で使用するレジュメは画面上に同時に表示され、オンライン上でメモやマーカーを付け加えたり付箋を貼りカスタマイズができるのが魅力です。

講義中の質問は、ワンクリックで講義を視聴しながら質問をすることができるのもポイントですね。

資格スクエアの司法試験講座の特徴

資格スクエア 司法書士

資格スクエアの司法試験講座は、97.7%という高い満足度の講義内容であるのが特徴です。合格から逆算した最短ルートのカリキュラムになっています。

 アウトプット学習に力を入れ、予備試験講座では業界最多の205通の添削が自慢です。

使用する教材は、製本されたテキストかペーパーレスのオンラインレジュメの選択ができます。オンラインレジュメなら場所を問わずいつでも勉強することができるのが魅力です。

学習中のフォローアップ体制も充実しており、月に1回電話で学習方法などの相談をすることができます。視聴した講義や解いた問題数に応じて、他受講生の学習状況と比較することができる「学習進捗メール」も人気です。

一緒に合格を目指す仲間の存在を感じられるので、モチベーションアップにもなるでしょう。

資格スクエアの基本情報

主な講座の価格 ※1
  • 最安:550,000円(税込)
    「選択科目別 添削/講義プラン」
  • 659,780円(税込)
    「合格フルパッケージ製本テキストなしプラン」
  • 319,000円(税込)
    「単品 導入プラン」
教材の特長
  • 製本版orペーパーレススタイルに応じて選べる
  • 合格に必要な能力を逆算して最適解をカリキュラム化
  • 高野講師による基礎講義をはじめ質の高い講義
サポート体制
  • フォローアップ(学習進相談)
  • 講義画面からワンクリックで質問可能
  • 学習進捗メール
  • 学習ログ機能
合格率・合格実績 ※1
  • 合格率:非公開
  • 合格実績:歴代1位の点差をつけて論文1位の合格者を輩出
学習スタイル オンライン
対応地域 全国
各種割引制度・
キャンペーン情報 ※1.2
  • 合格フルパッケージ購入で使える!30,000円引きクーポン 
  • 予備試験初学者のバイブル「予備試験逆算勉強法講座(5万円相当)」

※出典:公式サイト
※1. 2022年6月現在まで
※2. 説明会に参加した方対象

STUDYing

スタディングの司法書士講座

STUDYing(スタディング)がおすすめな理由
  • 20年以上の指導経験を持つ講師による
  • 通勤・通学時間を利用してオンライン動画を受講できる
  • イラスト•図•表などが多く使用され内容が理解しやすい
  • 無駄なく効率的に学習できるカリキュラムが魅力
  • 学習状況の進捗の管理をするシステムで可視化できる

STUDYingの特徴

STUDYingの特徴としてあげられるのが「スタディングメソッド」の原則です。人の能力を最大限に引き出し、最短で習得できるカリキュラムを提供している通信講座です。

 短期合格者の勉強方法を研究・分析し効率的に学習を進めるための勉強方法を構築しているのが特徴です。

短時間で学習ができるように1講座30分程度のビデオ講座か音声講座で学習することができます。最適な順番で学べるように学習フロー機能がついているので、ガイドに従って学習を進めるだけで簡単に効率的な学びができるのがポイントです。

スタディングで学んだ学習データをから、勉強法や行動履歴を分析しコンテンツの開発・学習システムの開発に活かしています。

合格までの長い勉強時間を支えるのが「学習レポート」機能です。自分の学習時間や講座の完了数をグラフで可視化することができる機能です。

学習した成果を実感できるので学習期間中のモチベーションアップにもなるでしょう。

STUDYingの司法試験講座の特徴

スタディング司法試験

STUDYingの司法試験講座は、始めやすい価格設定であるのがポイントで、一括で89,100円~受講することができます。

 効率的な学習ができるように、スマホやPCさえあれば学習が完結するオンライン講座であるのが特長です。

日常生活の中で学習する習慣が身につくように、ビデオ講座だけでなく音声のみでの聴講にも対応しています。他にも「スマート問題集」機能では、問題を解くたびにマイページに成績が記録されていくので、進捗状況も分かりやすい工夫がされています。

間違った問題はまとめて出題され復習ができるので、効果的に得点アップを目指せるでしょう。

司法試験で必要な論文式試験の対策も本試験のパターンを分かりやすく解説し、答案の書き方をしっかり身に付けることができます。

STUDYingの基本情報

主な講座の価格※1
  • 最安:89,100円(分割例:3,900円×24回)(税込)
    「予備試験合格コース(基礎)」
  • 119,000円(分割例:5,300円×24回)(税込)
    「司法試験合格コース(総合)」
教材の特長
  • 法律初学者でも分かりやすい動画講義
  • 段階的なアウトプット学習
  • スキマ時間で勉強できる
サポート体制
  • 勉強仲間機能
  • スマート問題集
  • 学習フロー、学習レポート
  • 暗記ツール機能など
合格率・合格実績 非公開
学習スタイル オンライン
対応地域 全国
各種割引制度・
キャンペーン情報※1
最大20,000円の合格お祝い金を贈呈

※出典:公式サイト
※1:2022年6月現在

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド 司法書士

LEC東京リーガルマインドのおすすめポイント
  • コースが豊富に用意されている
  • 割引システムも充実
  • 大手資格予備校ならではのクオリティ

LEC東京リーガルマインドの特徴

司法試験講座や予備試験講座におすすめの通信講座、2社目は「LEC東京リーガルマインド」です!LEC東京リーガルマインドは資格系予備校としては名門の大手企業となっています。

名門と名高いLEC東京リーガルマインドでは司法試験講座は特に力が入っている講座であり、自分のレベルや学びたい内容に合わせてコースを選ぶことができます。

 初学者向け、学習経験者向け、米国司法試験など様々なコースが用意されています。

名門資格予備校として有名なだけあって、教材のわかりやすさは業界トップクラスです。通信講座としては受講料が高額ですが、カリキュラムのクオリティやサポートの手厚さは業界トップレベルですので、本気で合格したい方は是非受講してみてください。

割引システムが充実していますので、うまく活用してみてください。

LEC東京リーガルマインドの司法試験講座の特徴

LEC東京リーガルマインドの司法試験講座の特徴

LEC東京リーガルマインドの司法試験・予備校講座の特徴としては、試験に必要な科目の指導を1人の講師が担当するという点です。

全ての科目を1人の講師が担当することによって、科目同士の関連性などを意識しながら指導をすることが可能なので、難解な内容でも理解しやすくなります。

 講師は試験対策のエキスパートなので安心です。

またLEC東京リーガルマインドの司法試験・予備試験講座では「3Step学習法」が採用されています。こちらは総合科目・短答科目・論文科目の3教科で基礎学習→実践学習といったような段階を踏んで学習するシステムです。

ただでさえ難解な司法試験・予備試験学習も段階を踏んで学習レベルを上げることで理解しやすくなります。

開講40年の歴史が詰まったカリキュラムです!

LEC東京リーガルマインドの基本情報

主な講座の価格※1
  • 最安:4,580円(税込)〜
    「【2021春生】入門講座 科目別」
  • 1,102,870円(税込)
    「2年合格コース 通信Web・音声DL・スマホ可(模試のみ受験会場)」
  • 1,160,000円(税込)
    「2年合格コース 通学(Webフォロー付き)音声DL・スマホ可・答練・模試会場

〜教材の特長
  • ニーズに合わせた初学者者向けと学習経験者向けの講座
  • 司法試験・予備試験の短答・論文対策から、法律全般を網羅したLECの書籍
  • 講師ごとのオリジナル講座
サポート体制
  • 講師オリジナルゼミ
  • 短答成績リサーチ
  • 司法試験特待生試験など
合格率・合格実績 非公開
学習スタイル オンライン
対応地域
  • オンライン:全国
  • 通学:全国
各種割引制度・
キャンペーン情報※1
  • 早期割引で対象コースが15%OFF 
  • 矢島講師担当講座 再受講割引40%OFF
  • 会員限定割引クーポンなど

出典:LEC東京リーガルマインド公式サイト
※1:2022年6月現在

伊藤塾

伊藤塾

伊藤塾のおすすめポイント
  • 司法試験合格者の88.8%が伊藤塾の生徒
  • Zoomで受講できる無料ガイダンスがある
  • 給付金制度あり

伊藤塾の強みは合格実績にあり、2021年予備試験ルートからの司法試験合格者のうち88.8%が有料講座受講生です。受験者数と照らし合わせると、5人に4人が伊藤塾の生徒となります。

伊藤塾は定期的にガイダンスを行い、入塾を検討している人がイメージを持てる機会が多いです。ガイダンスはZoomで配信されるため、遠方に住む人や忙しく会場に行けない人でも受講できます。

 伊藤塾で学習する場合は、給付金が支給される可能性がある点も魅力です。

一部講座は厚生労働大臣の指定する「一般教育訓練給付制度」の対象になるため、条件を満たすことで10万円が支給されます。

お得に受講するため、ぜひ自分が対象か否かチェックしてみてください。

伊藤塾の基本情報

講座数 6種類
主な講座ジャンル 法律関係
司法試験・予備試験の受講費用(税込)
  • 司法試験入門講座 2年合格コース(伊藤塾長クラス):1,148,000円~1,188,000円
  • 司法試験入門講座 2年合格コース(横山/本田/山本・佐藤クラス):1,148,000円~1,188,000円
  • 司法試験入門講座予備試験1年合格コース:1,148,000円
支払い方法
  • クレジットカード(一括払い)
  • 銀行振込
  • 教育クレジット(オリコ・JACCS)
  • コンビニ決済
  • ATM決済(ペイジー)・銀行ネット決済(ネットバンキング)
運営会社 株式会社法学館

出典:伊藤塾

資格の学校TAC Wセミナー

Wセミナー

Wセミナーのおすすめポイント
  • ターゲットが法律関係の4つに絞られている
  • 自分のレベルに合ったコースを選べる
  • 一問一答アプリでアウトプット学習がいつでもどこでもできる

Wセミナーは、法律関係かつ難関資格とされている司法試験・司法書士・国家総合職・外務専門職の4つにターゲットを絞っており、より専門性の高い講師・学習プランが揃っています。

司法試験・予備試験に関するコースは3つあり、それぞれ100回以上の映像授業を受講可能です。

 基礎力を養う・短期間合格を目的にする・時間をかけて司法試験・予備試験に関する知識を蓄えるものなどがあり、自分の目的に合わせて選択できます。

コースはオールインワンとなっており、Wセミナーの教材だけで学習が完結することが想定されています。他のサービスを併用することによる、無駄な出費や時間の浪費といった心配がありません。

また、Wセミナーはインプットよりアウトプットを重視している点が特徴です。学んだ知識をアウトプットするためのツールとして、一問一答アプリが提供されています。

少しずつアウトプットすることで、知識を頭にすり込んでいくことが可能です。

資格の学校TAC Wセミナーの基本情報

講座数 72種類
主な講座ジャンル
  • 会計
  • 法律
  • 公務員・教員
  • 経営・労務
  • 不動産・建築・設備
  • 医療
  • 情報処理・パソコン
  • 金融
司法試験・予備試験の受講費用(税込)
  • 超速逐条予備フルパック(全160回):639,000円~
  • 超速逐条総合パック(全121回):529,000円~
  • 超速基礎力完成パック(全101回):449,000円~
支払い方法 クレジットカード
運営会社 TAC株式会社

出典:Wセミナー

加藤ゼミナール

加藤ゼミナール

加藤ゼミナールのおすすめポイント
  • 新スタイルの講義で合格をサポート
  • 予備試験オンライン受講相談を実施中
  • 合格に向けた学習スケジュールを参考にできる

加藤ゼミナールでは、インプットとアウトプットを統合した新スタイルの講義で合格までをサポートしてくれます。

担当する一流の講師陣により、初心者でも知識を効率良く習得できるスタイルで講義を実施している点が特徴です。

 最短合格のために必要な講義はどれなのか、自分に合った勉強法やスケジュールはどういったものかなどを、専任スタッフが相談に乗ってくれます。

1on1の個別相談となるため、気になった些細なことでも質問しやすいです。相談は無料で受け付けているため、ぜひ活用してみましょう。

合格に向けた学習スケジュールも公開されているため、参考にできます。

加藤ゼミナールの基本情報

講座数 3種類
主な講座ジャンル 法律関係
司法試験・予備試験の受講費用(税込)
  • 予備試験合格パック:498,000円~
  • 司法試験・予備試験対策パック2022:420,000円
  • 令和3年予備試験7科目解説講座(単年度販売):12,000円
支払い方法
  • クレジットカード
  • 銀行振込
運営会社 株式会社加藤ゼミナール

出典:加藤ゼミナール

司法試験・予備試験通信講座の選び方

司法試験・予備試験を受ける

使用する教材

使用する教材は、各通信講座で異なります。テキストは図を多く使用している・見た目がカラフル・ページ数が少なくコンパクトなど、それぞれのサービスで特徴が分かれやすいです。

映像においても、1チャプタの再生時間や対応デバイスなどに違いがあります。教材は学習に必要不可欠なツールであり、自分に合っているものを使わなければ勉強が進めにくいです。

多くの通信講座は無料で体験できるサービスがあるため、申し込み前に一度試してみましょう。

カリキュラム

通信講座のカリキュラムは、サービスや受講者のレベルによって大きく異なります。

スキマ時間に講義の動画視聴を目的としている場合は数分、じっくり基礎から学習することを目的としている場合は30分以上など、1チャプタ単位が異なるケースは少なくないのです。

一方で、短期間合格を目指す場合は、トータルのチャプタ数が少なく構成されているカリキュラムもあります。自分の進め方・知識量に合うものを見つけましょう。

フォロー制度

通信講座は、映像を観たりテキストの問題を解いたりと、一人で進める時間が多いです。自分のペースで進められるものの、悩みや相談事を一人で抱え込みやすいという反面もあります。

 そのような状況を解決するために、通信講座のフォロー制度は非常に重要です。

料金やカリキュラムに関するものから、学習が思うように進まないという個人的な相談まで、気軽に話せる相手がいることは孤独になりがちな通信講座において必要不可欠と言えます。

合格実績

利用を検討している司法試験・予備試験通信講座は、どういった合格実績を誇っているかは非常に重要です。そのため、事前に試験合格率や合格者数などをリサーチしておきましょう。

合格者が多いということは、それだけ講師や講義の質が高い、受講生が知識を習得できていることの表れと言っても過言ではありません。

司法試験・予備試験は通信講座・独学・予備校どれがおすすめ?

司法試験・予備試験を受ける

独学や予備校のメリット・デメリット

スタイル メリット デメリット
独学
  • 自分のペースで学べる
  • 隙間時間を活用しやすい
  • 好きな場所で勉強できる
  • 相談相手がいない
  • モチベーションの維持が大変
予備校
  • 最新の情報・資源が豊富
  • 切磋琢磨できるライバルがいる
  • モチベーションを維持しやすい
  • 授業についていけない可能性がある
  • スケジュール調整が難しい

独学の場合

独学の場合は、やはり自分のペースかつ好きな場所で勉強できる点は大きなメリットです。一方で、個人で進めるため相談相手がいない、モチベーションの維持が大変といったデメリットもあります。

予備校の場合

予備校は、最新の情報・資源が豊富で学ぶための環境が整っていること、切磋琢磨できるライバルがいるためモチベーションを維持しやすい点はメリットです。

しかし、自分のレベルに合っていなければ授業についていけない可能性がある、通学するためスケジュールの調整が難しいなどのデメリットもあります。

時間の節約できる通信講座がおすすめ

通信講座は、自宅やカフェなど好きな場所で学べるため、通学の必要がありません。つまり、時間の節約に繋がるのです。

映像で学べる講座を提供していることが多いため、移動時間や寝る前のちょっとした空き時間など、いわゆるスキマ時間を活用して効率良く勉強を進められます。

通信講座のメリット・デメリット

主なメリット

通信講座での資格取得がおすすめな理由

通信講座の一番のメリットは、自分のペースで学習できる点です。DVDやWeb配信での映像を観ながら学習できるため、対応するデバイスがあればいつでもどこでも学習できます。

また、映像授業は自分のペースで観られるというメリットもあります。分からない箇所だけを巻き戻すことや、じっくりメモを取りたいときはストップさせることも可能です。

 繰り返し再生できるため、何度も聞いて覚えたいという人は通信講座を検討してみてください。

そして、通信講座は通学しなくて良いというメリットもあります。通学は学習の仕組化ができる点は魅力です。

しかし、忙しいときやモチベーションが下がったときは、通うことが難しくなり途中で断念してしまうケースもゼロではありません。

通学の手間を省くことで移動時間を節約でき、かつその分を学習時間に使えます。

主なデメリット

司法試験・予備試験を受ける

デメリット
  • 飽きてしまい勉強が続きにくい
  • モチベーションの維持が大変

通信講座には学習相談などのサポートがあるとは言え、原則として自己管理が必要です。自分でスケジュールを立てて時間を作り、学習し続けなけば合格は難しいでしょう。

自分で時間を自由に使えることは、メリットであると同時にデメリットでもあります。誰からも管理されない状況でのモチベーション維持は簡単ではありません。

 学習をスタートした初期は高いモチベーションでも、一人で長期間維持することは難しいです。

自分だけでスケジュール管理やモチベーション維持をすることに自信が無い人は、相談サービス付きの通信講座をおすすめします。

資格取得のための通信講座受講者によるアンケート調査結果

当サイトでは、現在および過去に資格取得のために通信講座を受講した経験がある方限定で独自のアンケート調査を実施。直近で受講した通信講座についてのリアルな声をご紹介します。

設問
  1. 資格取得のために受講している/していた通信講座を選んだ理由はなんですか?(複数回答可)
  2. 資格取得のために通信講座の受講方法はどのような方法が多かったですか?
  3. 資格取得のために通信講座で学習した頻度は平均どれくらいでしたか?
  4. 資格取得のために受講した通信講座を利用した1日の学習時間は平均してどの程度でしたか?
  5. 資格取得のために通信講座を利用した満足度はどのくらいですか?
  6. 資格取得のために利用した通信講座で感じる/感じたことで当てはまるものを教えて下さい。
  7. 資格取得のための通信講座を受講して資格の取得ができましたか?

それぞれの設問に対する回答と回答率をご紹介します。

資格取得のために受講している/していた通信講座を選んだ理由はなんですか?(複数回答可)

Q2 直近の資格取得のために受講している/していた通信講座を選んだ理由はなんですか?(複数回答可)

資格取得のために受講している通信講座を選んだ理由で最も多かったのは、「テキストや教材が充実していたから」と答えた方が43.7%でした。次いで「講義内容が有意義だったから」が40.0%を占めています。

アンケート結果から、合格への鍵となる教材や講義内容がいかに大切であるかが分かります。

 通信講座によってテキストや教材に特徴があるので、自分にあった教材内容であるか確認することが大切です。

オンライン講座でスマホやPCでのみ学習したい人向けの講座もあります。

無料で資料請求やお試しができる場合がほとんどですので、受講前に試してみるといいでしょう。
アンケート結果の内訳▼(複数回答可)

総数 (%)
n 542 100.0%
価格が安価だったから 173 31.9%
講座のテキストや教材が充実していたから 237 43.7%
講師陣に期待できたから 140 25.8%
講義内容が有意義だったから 217 40.0%
キャンペーン内容に魅力を感じたから 146 26.9%
添削や質問などサポート体制が充実していたから 109 20.1%
受講者の合格率が高かったから 55 10.1%
その他 45 8.3%

資格取得のために通信講座の受講方法はどのような方法が多かったですか? 

Q3 直近の資格取得のために通信講座の受講方法はどのような方法が多かったですか? 

資格取得のための通信講座の受講方法については、すべてネット上で学習を進めた」という方が48.3%でほぼ半数を占めています。

近年のインターネット利用率は89.8%でそのうちの6割以上がスマホを利用しています。

 時代の流れに合わせて、通信講座もスマホやPC、タブレット端末で学習ができるようになっているのが特徴です。

通勤時間などのスキマ時間を使って、効率的な学習が可能です。インターネット環境さえあれば場所を問わずに学習することができます。

講座によってDVD対応の通信講座もあるので、自宅学習時にはこちらも役に立ちますね。
アンケート結果の内訳▼

総数 (%)
n 542 100.0%
すべてネット上で学習を進めた  262 48.3%
一部ネット上で学習を進めた  181 33.4%
すべて郵便を利用した  85 15.7%
その他 14 2.6%

資格取得のために通信講座で学習した頻度は平均どれくらいでしたか?

Q4 直近の資格取得のために通信講座で学習した頻度は平均どれくらいでしたか?

資格取得のために通信講座で学習した頻度は、「週2~3日」と答えた人が最も多く52.0%を占めました。「週1日」の回答が19.6%で次に多い割合を占めています。

 会社に行きながら、また家事や育児をしながら自分のペースで学習を進められるのが通信講座の強みです。

週2~3日の学習時間でも合格を目指すことが可能です。学習期間の延長サポートを無料で行っている講座もあります。受講期間中に忙しくなってしまった場合にも、対応してもらえるので安心でしょう。

取得したい資格の受験日と通信講座の受講期間を確認して、無理のない範囲で学習を進めていくことが大切です。
アンケート結果の内訳▼

総数 (%)
n 542 100.0%
週1日  106 19.6%
週2~3日  282 52.0%
週4~5日  100 18.5%
週6~7日 54 10.0%

資格取得のために受講した通信講座を利用した1日の学習時間は平均してどの程度でしたか?

Q5 直近の資格取得のために受講した通信講座を利用した1日の学習時間は平均してどの程度でしたか?

通信講座を利用した1日の学習時間の平均については、多くの人が「1時間以上3時間未満」と回答しており62.9%という結果になりました。「1時間未満」と答えた人は20.5%です。

取得する資格によって勉強時間に差がありますが、1日30分程度の学習時間でも取得が目指せるのが特徴です。

 1日にまとまった時間が取れない人やスクールに通学するのが難しい方は、通信講座の受講がおすすめです。

在宅で学習が完結する点や、1日の中で空いた時間を使って細かく学習を進められる点がポイントです。

毎日短時間でもいいので学習を続けることが大切です。
アンケート結果の内訳▼

総数 (%)
n 542 100.0%
1時間未満  111 20.5%
1時間以上3時間未満  341 62.9%
3時間以上5時間未満  67 12.4%
それ以上 23 4.2%

資格取得のために通信講座を利用した満足度はどのくらいですか?

Q6 直近の資格取得のために通信講座を利用した満足度はどのくらいですか?

資格取得のために通信講座を利用した満足度については、54.8%の人が「満足」17.2%の人が「大変満足」と回答しています。通信講座を利用して、全体の70%以上方が満足している結果になっています。

 通信講座ではビジネスやキャリアアップのための資格だけでなく、趣味や教養の幅が広がる資格も多く開講されているのが特徴です。

自宅で過ごす時間が増えた今こそ、新しい趣味を見つけるために通信講座を利用するのもおすすめです。趣味から副業・開業へつながることもあります。

就職・転職・開業サポートもあるのでアフターフォローも安心です。
アンケート結果の内訳▼

総数 (%)
n 542 100.0%
大変満足 93 17.2%
満足 297 54.8%
どちらともいえない 130 24.0%
不満 16 3.0%
大変不満 6 1.1%

資格取得のために利用した通信講座で感じる/感じたことで当てはまるものを教えて下さい。

Q7 直近の資格取得のために利用した通信講座で感じる/感じたことで当てはまるものを教えて下さい。

資格取得のために利用した通信講座で感じることについては、「効率よく学ぶことができた」44.8%、「場所や時間を選ばず学ぶことができた」38.6%を占めています。

 通信講座の場合、短い学習時間でも効率的に最短合格が目指せるように工夫されています。

各試験・資格に精通した講師陣が最適なカリキュラムで講座を開講しているのが特徴です。資格によっては、1つの講座で2つの資格取得が目指せる講座もあります

スマホアプリを使って外出時も学習できる工夫がされています。

時間や場所を選ばず学べる点も通信講座が支持されている理由になっています。
アンケート結果▼
総数 (%)
n 542 100.0%
場所や時間を選ばず学ぶことができた  209 38.6%
効率よく学ぶことができた 243 44.8%
比較的安価な受講料で学ぶことができた 188 34.7%
学習の結果が目に見えた 151 27.9%
自分のレベルに合わせた講座が受けられた 145 26.8%
講師への質問や添削が役に立った 91 16.8%
サポート体制に支えられた 63 11.6%
資格が取れる  92 17.0%
その他 18 3.3%

資格取得のための通信講座を受講して資格の取得ができましたか?

Q8 直近の資格取得のための通信講座を受講して資格の取得ができましたか?

通信講座を受講して資格の取得ができたかについては、「はい」と回答した方が83.0%という結果になりました。通信講座の利用者のほとんどが希望資格に合格できています。

通信講座と独学は同じではないの、と思う方もいるでしょう。

 通信講座は受講期間中にサポートを受けられる点が強みです。

疑問点をメール・電話・郵送などで聞くことができたり、個別カウンセリングや添削を受けることが可能です。自分では気づけなった点を指摘してもらえたり、学習中の悩み相談も承っています。

講師と2人3脚で合格を目指すことができるでしょう。
アンケート結果の内訳▼(複数回答可)

総数 (%)
n 542 100.0%
はい 450 83.0%
いいえ 92 17.0%

司法試験・予備試験におすすめの通信講座に関するよくある質問

通信講座の選び方について教えてください。
通信講座を選ぶ際には、教材・カリキュラム・フォロー制度・合格実績などを事前にチェックしてみてください。自分に合った教材で学習することはもちろん、合格までのフォロー制度の充実さや合格実績を参考にするのがおすすめです。 
司法試験・予備試験の学習で通信講座を受講するメリットは何ですか?
一番に挙げられるのが、自分のペースで学習ができる点です。在宅で学習が完結するのがメリットです。スマホやPCでの学習に対応している講座が多く、スキマ時間を使った学習ができたり何度も復習して学ぶことができるでしょう。ほかにも質の良い講師やテキストが使用できる点も挙げられますが、選び方についてはこちらをチェックしてにてください。
司法試験・予備試験におすすめの通信講座をお教えてください。
アガルートアカデミーがおすすめです。合格実績が高いことで定評があります。インターネットによる講義動画配信や効果的にインプット・アウトプットができるカリキュラム内容も魅力の一つです。司法試験対策講座では、受講料割引も行っていますのでぜひチェックしてみてください。ほかにも魅力的で試験に強い通信講座を紹介しています。こちらからチェック!
独学や予備校で学ぶこともできますか?
できます。独学の場合自分のペースで学習を進めることができますが、悩みを相談する相手がいない点がデメリットです。予備校だとその点はカバーできますが、忙しい社会人の方はスケジュールの調節が難しいことがあります。

まとめ

この記事では、司法試験・予備試験のおすすめ人気通信講座を7選ピックアップして紹介し、選び方についても解説しました。

各通信講座で内容やカリキュラムは異なるため、事前にリサーチし自分に合うものを選びましょう。また、使用する教材が使いやすいか、フォロー制度が整っているかなども要チェックです。

実績として、試験の合格率についてもリサーチすることをおすすめします。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事