ステラルーメン(XLM)の今後はいくらまで上がる?将来性など徹底解説

ステラルーメン(XLM)は、送金スピードが早いため注目を高めつつある暗号資産です。ビットコインなどと比較すると価格は低く安定しており、国際的な送金手段として人気があります。

これから暗号資産への投資を考えている人であれば、ステラルーメンがどのような特徴があるのか押さえておきましょう。

今回は、ステラルーメンの特徴やメリット・デメリットについて紹介します。

現在の状況だけでなく今後の将来性についても解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ステラルーメン(XLM)とは

ステラルーメン

特徴

ステラルーメンは、2014年に誕生した暗号資産の一つです。暗号資産である「リップル」の開発者の1人「ジェド・マケーレブ氏」により開発されたものになります。

ビットコインなどと異なり、「Stellar Development Foundation(SDF/ステラ財団)」という明確な管理主体が存在することが大きな特徴です。

 ステラルーメンは「個人間の送金取引をスムーズに行う」ことを目的に開発されており、今後決済の実用性が高まると見込まれています。

また「ブリッジ通貨」としての役割があることも特徴の1つです。ブリッジ通貨とは2つの通貨の橋渡しができる通貨のことで、両替の手間や時間を短縮できます。

例えば、日本からアメリカに送金するとき、円から米ドルに両替しなければなりません。この両替の手間により送金に数日の時間がかかってしまうことがあります。

しかし、ブリッジ通貨を使うことで、円をステラルーメンに換えてから米ドルにすることで送金がスムーズになります。

決済スピードを高めるなど決済面での実用性が高く、今後注目されると見込まれている暗号資産の一つです。

これまでの価格変動

ステラルーメンの価格は、3月8日時点で約20円です。2014年にブラジルで上場してから現在まで、大きく2回ほど急騰しています。

ビットコインやライトコインなどに比べると、1単位の価格はそこまで高くありません。最も価格が高いタイミングでも約100円ほどであり、低価格な暗号資産といえるでしょう。

ステラルーメン(XLM)の将来性・今後の見通しを予想

ステラルーメンの将来性

世界的に大きな企業と提携している

ステラルーメンは、世界の大企業と提携している実績があります。

 現在でも、IBMや送金会社大手のTRMPO、金融コンサルタントのデロイトなどが提携しており、今後も提携先は増えていくでしょう。

さまざまな企業がステラルーメンを決済手段や送金手段として採用することで、需要が高まり価格も上昇していくと見込まれています。

東南アジア・アフリカのシェアを伸ばしている

他にも、ステラルーメンは先進国以外にも東南アジアやアフリカなどに進出していることも、将来性が期待されている要因です。

ステラルーメンがあれば銀行口座を持たない人でも送金を行えます。

他の暗号資産が普及していないエリアでの活用が進んでおり、世界的なシェア率は徐々に高まっています。

ステラルーメンを扱う国内の取引所が増えている

日本国内では、2019年頃までステラルーメンを取り扱う暗号資産取引所は多くありませんでしたが、現在では大手暗号資産取引所でステラルーメンを扱っています。

 このように、さまざまな取引所での取扱いが増えているということは、国内でも需要が高まっており、日本の投資家が投資しているということです。

今後も、取り扱う取引所が増えることで、価格は上がっていく可能性を秘めています。

ステラルーメン(XLM)の価格・高騰要因について

ステラルーメンの価格変動

これまでのステラルーメンを取り巻くイベントは以下の通りです。

主なイベント
  • 2014年8月:ブラジルで上場
  • 2017年12月:ビットコインバブルにより急騰
  • 2018年9月:IBM社が国際送金手段として採用
  • 2019年5月:ステラ財団CEOにダネル・ディクソン氏が就任
  • 2019年11月:バーン実施
  • 2020年10月:IMFがデジタル通貨の普及を容認

ステラルーメンが誕生した2014年からしばらくは、ほぼ価格に変動はありません。しかし、2017年末にビットコインバブルが起きたことで、さまざまな暗号遺産が連動して価格が急騰しました。

このとき、ステラルーメンの価格は一時的に100円を突破したものの、すぐに下落していきます。

その後、IBMが国際送金手段に採用したことにより、一時的に回復したもののすぐに価格は落ちていきました。

 2019年はバーンを実施するなどさまざまなイベントが起るものの、ほぼ価格に変化がない推移を続けます。

2020年10月頃に国際通貨基金であるIMFがデジタル通貨の普及を容認したことにより、2021年から大きく上昇しています。

以降は再び価格が下降気味になり、2022年に入ってからは20円〜30円の間で推移している状況です。

ステラルーメン(XLM)のメリット

ステラルーメンのメリット

送金スピードが速い

ステラルーメンはさまざまな暗号資産の中でも、送金スピードが早いです。例えば、ビットコインの決済処理には10分ほどの時間がかかりますが、ステラルーメンであれば数秒で完了します。

決済スピードが早いということは、送金の利便性が高いということです。個人間のやり取りだけでなく、ビジネス面でも活用しやすいため、今後需要は高まっていくと考えられています。

運営上の意思決定が速い

ステラルーメンは非営利団体である「ステラ財団」が開発・運営しています。運営元が非営利団体であり利益を得る活動は禁止されているため、透明性・信頼性がある暗号資産となります。

管理者が存在することにより、運営方針を決めやすいといえるでしょう。また、ステラルーメンは中央集権体制であり、運営者同士の意思疎通がしやすいのも特徴です。

意思決定に携わる人数が少ないため、意思決定のスピードも早くなるのです。

低コストな国際送金が可能

海外送金

ステラルーメンは個人間の送金を円滑に進める目的で開発されました。決済の処理速度が早いことと、ブリッジ通貨としての役割により低コストな国際送金を実現しています。

 法定通貨同士の送金では、銀行を介するのが一般的です。この場合、為替手数料などが高くなり着金までに数日かかってしまいます。

そこで、国際送金にステラルーメンを使うことで手数料を大幅に削減することが可能です。

手数料が安い

処理速度が早く運用の負担が少ないため、手数料も必然的に安くなります。

「送金速度が早い」「国際送金が可能」「手数料が安い」という3つの要素が揃っているため、決済手段として優れているのです。

例えば、個人間・法人間で何度も送金を行うと、手数料が高くついてしまうでしょう。そこで、送金手段・決済手段にステラルーメンを採用することで、手数料を安く抑えることができます。

少額の送金を繰り返し行いたい個人のトレーダー・投資家から人気が高いです。

ステラルーメン(XLM)のデメリット

ステラルーメンのデメリット

オリジナリティがない

ステラルーメンは「オリジナリティがない」仮想通貨といわれています。例えば、ステラルーメンは送金スピードが早いですが、同等のスピードである暗号資産は他にもあります。

他にも、ステラルーメン以外にもリップルは同じブリッジ通貨であり、送金スピードも早いです。

つまり、ステラルーメンのメリットを持つ暗号資産は他にも存在するため、独自性がなく価値が高まりにくいと考えられています。

リップルと性格やイメージが似ていることもあり、リップルの価格が急落すると連動して下落する可能性もあります。

希少価値が高まりにくい

ステラルーメンはビットコインなどの暗号資産と異なり、マイニングのような仕組みがなくステラ財団から全数量発行されています。

また、最初に発行された量は1000億枚であり、上限に達するまで毎年1%ずつ増えていく仕組みです。徐々に発行量を増やすことで価値の急騰・急落を防ぎ、安定して運用できるようにしています。

 しかし、毎年ステラルーメンの総量が増えるため、希少性が薄くなり価格は上がりにくいです。

そこで、過去にステラルーメンは、総量が増えすぎず価格を高めるために「バーン(焼却)」によって、意図的に総量を減らす取り組みを実施しました。

しかし、バーンを実施した後でも価格に大きな変動は見られなかったため、結果として希少性をアピールできなかったといえるでしょう。

 

ステラルーメン(XLM)が買えるおすすめ取引所5選

Coincheck

Coincheck

Coincheckのおすすめポイント
  • マネックスグループが運営する取引所
  • 500円の少額から取引可能
  • 取扱い暗号資産の種類が豊富
  • スマホアプリはシンプルで使いやすい

Coincheckは、東証一部に上場しているマネックスグループの子会社である「コインチェック株式会社」が運営している暗号資産取引所です。

マネックスグループの傘下に加わったこともあり、以前よりも安全性は高まっています。

 取り扱っている暗号資産の種類は17個と充実しており、500円から取引できます。

スマホ用のアプリでも取引でき、シンプルな画面で扱いやすいです。

定額を毎月積み立てする「Coincheckつみたて」などのサービスも提供しています。
取引通貨数

17種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)
  • PLT(パレットトークン)
  • XYM(シンボル)
レバレッジ レバレッジなし
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 通常無料(銀行手数料はお客様負担)
出金手数料 一律407円

今だけ!お得なキャンペーン情報
Coincheckキャンペーン情報
  • 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン※1

※1 ※2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59 ・期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設 ・口座開設してから72時間以内に入金完了 対象の方全員に2,500円相当のBTCをプレゼント

出典:Coincheck

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • サポート体制が充実しており安心感がある
  • セキュリティ体制も堅牢
  • レバレッジ取引に対応
  • 各種手数料は無料で利用できる

DMM BitcoinはDMMグループが運営している暗号資産取引所であり、セキュリティ強度が高いです。

サポート体制が充実しており、土日祝日を含む365日いつでもメール・LINEによる問い合わせを受け付けています。

 さまざまな手数料が無料であるため、気軽に取引できるのも魅力です。

さらにレバレッジ取引にも対応しており、資金の2倍相当の取引も行えます。

高い技術力に裏付けされたセキュリティで安心感があるでしょう。
取引通貨数

14通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • XRP(リップル)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • XEM(ネム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • QTUM(クアンタム)
  • OMG(オーエムジー)
  • MONA(モナコイン)
  • XTZ(テゾス)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • XYM(シンボル)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
※BitMatch取引手数料は2円〜
入金手数料 振込入金手数料:無料(銀行手数料はお客様負担)
クイック入金手数料:無料
出金手数料 出金手数料:無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
DMM Bitcoinキャンペーン情報
  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン※1
  • ハズレなし!最大3,000円がもらえる!はじめてのレバレッジ取引キャンペーン ※2
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン※3


※1 期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分まで

※2 期間:2022年4月28日(木)7:00 ~ 2022年6月1日(水)6:59まで/はじめて3万円以上のレバレッジ取引をされた方の中から抽選にて1等~3等のプレゼント金額が”必ず”当たる

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

出典:DMM Bitcoin

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerのおすすめポイント
  • 大手企業出資の信頼性が高い取引所
  • 各手数料が無料で使いやすい
  • 1円から取引できる
  • 安全性が高いセキュリティ体制を構築

bitFlyerは株式会社bitFlyerが運営しており、三菱UFJキャピタル・三井住友海上キャピタル・リクルートなどが出資しています。

大きな企業の後ろ盾があるため、信頼性が高い暗号資産取引所といえるでしょう。

 堅牢なセキュリティが強みであり、7年以上もハッキングの被害を受けておらず、安全性は高いです。

取り扱い暗号資産の種類は充実しており、1円から取引できます。

他にも「かんたん積立」など積立運用サービスも実施しています。
取引通貨数

15通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • LSK(リスク)
  • XRP(リップル)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • XEM(ネム)
  • XTZ(テゾス)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
  • XYM(シンボル)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料(住信SBIネット銀行から入金の場合)
出金手数料 3万円未満:税込220円(三井住友銀行から入金の場合)

出典:bitFlyer

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • GMOインターネットグループが運営している取引所
  • さまざまな手数料が無料
  • セキュリティ強度が高く信頼性は抜群
  • 最短10分で口座開設が可能

GMOコインは、GMOインターネットグループが運営している暗号資産取引所です。インターネット事業だけでなく金融サービスを提供しているGMOグループが運営しているため、セキュリティ強度が高く安全性も高いです。

 取引銘柄数が豊富であり、ステラルーメンなどさまざまな投資を行えます。

さらに、最短10分で口座を開設して取引を始められるのも大きな魅力です。

スマホアプリを使うことで、より手軽に取引できるでしょう。
取引通貨数

20通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 銀行振込:無料
※振込手数料の負担あり
即時入金:無料
出金手数料 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
GMOコインキャンペーン情報
  • 「販売所」または「つみたて暗号資産」で暗号資産(仮想通貨)を1銘柄につき合計5,000円以上購入した方を対象に、抽選で1万円分のシンボル(XYM)をプレゼント!※1
  • 新規口座開設で、もれなく200円分のビットコイン(BTC)をプレゼント!※2
  • 「販売所」または「つみたて暗号資産」で暗号資産(仮想通貨)を1回以上購入した方から毎日抽選で10名に現金1,000円をプレゼント!※3
  • 暗号資産FXにおいて、1日に600万円以上の新規取引を行った方から抽選で毎日1名様に現金1万円をプレゼント!※3

※1 2022年4月26日(火)12:00 〜 2022年5月25日(水)23:59

※2 2022年4月26日(火)12:00 〜 2022年5月25日(水)23:59

※3 終了時期未定

出典:GMOコイン

bitbank

ビットバンク

ビットバンクのおすすめポイント
  • 業界最狭クラスの販売所スプレッド
  • チャートは24時間365日リアルタイムに更新
  • 60種類以上のテクニカル分析が可能
  • 堅牢なセキュリティで安全性も高い

bitbankは、「ビットバンク株式会社」が運営する暗号資産取引所です。チャートや取引は24時間365日リアルタイムで更新されます。

 60種類以上のテクニカル分析を行えるため、本格的な相場分析も可能です。

また、セキュリティ強度が高く第三者機関による評価を受けているため、信頼性が高く安心して使えます。ビットバンクの口座開設は3分で完了するほど簡単なので、気軽に取引できるでしょう。

「売りたいときに売りやすく、買いたいときに買いやすい」がキャッチコピーです。
取引通貨数

15通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • MONA(モナコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XLM(ステラルーメン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XYM(シンボル)
  • LINK(チェーンリンク)
  • MKR(メイカー)
  • BOBA(ボバネットワーク)
  • ENJ(エンジンコイン)
レバレッジ 無し
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker-0.02%
Taker0.12%
入金手数料

振込入金:振込手数料のみ

即時入金:無料

出金手数料 550円/770円(3万円以上)

出典:ビットバンク

まとめ

今回は、暗号資産の1つであるステラルーメンについて解説しました。ステラルーメンは送金スピードが早く、国際送金時にメリットがある暗号資産です。

手数料が安く利便性は高いですが、オリジナリティがなく価格が上がりにくいのがデメリットといえるでしょう。

ステラルーメンへの投資を考えている人は、特徴を押さえて自分に合った取引所で購入してみてください。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事