わかりやすく解説|メタバースとは?メリット・活用例も紹介

新たな体験をもたらしてくれるという新技術「メタバース」は、現在世界中から注目を集めています。

エンターテイメントやビジネス面での活躍が期待されており、実際あらゆる分野で既に導入されているのです。

しかし中には「メタバースってどんなものなの?」「メタバースなんて自分には関係ないだろう」と思っている方も多いでしょう。 実はメタバースは私たちの身近に存在し、利用しているのです。

今回はメタバースとはどのようなものなのかについて解説していきます。最後まで読めば、メタバースを一通り理解できることでしょう。

メタバースは今までにない体験をもたらしてくれます!

メタバースとは一体どのようなもの?

メタバースは近年ネットニュースやテレビでも話題になっていますが、実際はどのようなものなのかわからない方も多いでしょう。

この章ではメタバースの概要を解説していきます。  

メタバースとはネット上の仮想空間

メタバースとはインターネット上に存在する「3次元仮想空間」を指します。メタは「高次・超越」、バースは「ユニバース」という意味を組み合わせた造語です。

メタバースではユーザーが自身のアバターを操作することによって、コミュニケーションを取ったり、ビジネスを行ったりすることが可能です。

 世界的な企業もメタバースの開発に踏み切っています。

エンターテイメントやビジネスなどの分野での活用が期待されており、実際メタバース空間でライブが行われた事例もあります。

メタバースは私たちの生活をより豊かにしてくれることでしょう。

メタバースのわかりやすい例

メタバースはインターネット上に存在する「3次元仮想空間」を指しますが、未来的すぎて「自分には関係ない」と思っている方も多いでしょう。

実は私たちは知らず知らずのうちにメタバースに触れており、その技術の恩恵を受けています。メタバースのわかりやすい例としては以下のようなものが挙げられます。

メタバースの例
  • どうぶつの森
  • Minecraft
  • 映画「サマーウォーズ」のOZ

上記のようなサービスを実際に利用した経験の方も多いのではないでしょうか?近年注目されているメタバースはさらに現実世界に近づいたものだという認識で問題ありません。

メタバースの例となり得るものは他にも数多く存在します。

Facebook社の社名変更で注目を集める

メタバースが世間からの注目を集める大きなきっかけとなったのは、大手SNSの運営会社「Facebook」の社名変更でしょう。

2021年10月、Facebook社は社名を「Meta」に変更し、メタバースの開発に注力していくことを発表しました。

 SNSで得られる体験をより高次元なものへとするという目的があります。

この発表は世界中を驚愕させ、メタバースとはどのようなものなのかを人々に認知させることになりました。

実際Meta社は社名変更と同時にVRワークスペースソフトウェア「Horizon Workrooms」をリリースしています。

メタバースの台頭によって働き方が大きく変化するかもしれません。

メタバースとブロックチェーンの関係

ブロックチェーンとはオンライン上での取引履歴を区分けし、一つの鎖のように繋げる新技術です。メタバースとブロックチェーンは切っても切れない関係と言っても良いでしょう。

メタバース空間で取引を行う際、仮想通貨を用いる場合が多く、仮想通貨の根本にはブロックチェーン技術が活用されています。

 メタバース空間での通貨を「トークン」と呼びます。

ブロックチェーンはデータを改竄することが非常に困難という特性を持っており、仮想空間で通貨の価値を維持するという役割を果たしているのです。

ブロックチェーンは新たな社会のネットインフラとなる可能性を秘めています。

メタバースのメリットとは?

ここまでメタバースとはどのようなものなのかについて解説してきました。メタバースの魅力は非常に多いです。

この章ではメタバースのメリットを解説していきます。

メタバースのメリット
  • 非日常的な体験ができる
  • オンラインコミュニケーションの幅が広がる
  • 新たなビジネスを展開できる
  • 企業側はコストカットできる

非日常的な体験ができる

メタバースのメリットとして最も大きいのは、非日常的な体験ができるという点でしょう。VRで仮想空間で活動できるというだけで、今までにない経験というのは間違いありません。

それだけでなくメタバース空間では現実世界と同じように空間を探索したり、ショッピングをすることも可能です。

 現実世界ではできないようなこともできてしまいます。

またメタバース空間では自分で作品を作成し、取引することも可能です。自分の表現力次第で楽しみ方は無限に広がります。

現実世界には存在しないサービスが提供されるかもしれません。

オンラインコミュニケーションの幅が広がる

メタバースを利用することでオンラインコミュニケーションの幅が広がります。これまでオンラインコミュニケーションは多くの課題点を抱えていました。

コロナ拡大によってZoomでのオンライン会議などが増えましたが、会話に時差が生まれてしまい、気まずい瞬間が度々訪れます。

 対面の会議よりも生産性が落ちてしまうことも珍しくありません。

しかしメタバースを利用することで、目の前に相手がいるような仮想空間が構築されますので、実際に会議をするのと同じように話をすることができます。

家にいながら人と会って話しているかのような感覚を味わえます。

新たなビジネスを展開できる

メタバースは新たなビジネスを展開できるという可能性を秘めています。オンライン上でのビジネスといえば、ネットショッピングがわかりやすいでしょう。

メタバースを利用するとオンラインショッピングでも、ショップ側と会話をすることが可能で、値段交渉を行うこともできます。

 実際に店舗にいくような感覚でショッピングを行えます。

またメタバース空間では自分の作品を作り、取引することも可能です。クリエイターの活動の幅も広げてくれることでしょう。

新たな価値をメタバース空間で生み出すことができるかもしれません。

企業側はコストカットできる

メタバース空間を利用してビジネスを行うことにより、企業側はコストカットできる可能性があります。

現実世界に店舗を出すと家賃や人件費など様々な維持費がかかってしまうので、ビジネスを続けるだけでも大変です。

 他にも立地問題など検討しなくてはならない課題が山積みです。

しかしメタバース空間にバーチャル店舗を出店してしまえば家賃はかかりません。また実店舗に比べると人手を減らしても問題ないという場合もあるでしょう。

どこにいてもビジネスが行えることが大きな強みとなります。

メタバースのデメリットとは?

メタバースには非常に多くのメリットがあり、魅力的に見えてしまいますが、当然良いことだけではありません。

この章ではメタバースのデメリットを解説していきます。

メタバースのデメリット
  • 機材を揃えなくてはならない
  • 手間がかかる
  • ハッキングのリスク
  • 依存性が強い

機材を揃えなくてはならない

メタバースを利用するには機材を揃えなくてはならないというのが大きなデメリットです。メタバースを利用するにはパソコンとVR機材が必要になります。

パソコンはある程度のスペックを持った物が好ましく、快適にメタバース空間を楽しむためには10万円程度の出費は覚悟しましょう。

 VR機器はまだまだ高価なのが現状です。

スマホでもメタバース空間を楽しむことができますが、パソコンと比べると操作性が悪いです。本格的に楽しむのであればある程度の投資は必要になります。

金銭・知識・技術面でのハードルの高さは否めません。

手間がかかる

メタバースを日常的に利用するには手間がかかります。まずメタバースを始める前にパソコンやVR機器の設定を行わなくてはなりません。

 VRを利用するためにはある程度の空間は必要です。

また設定を既に行っていたとしても、パソコンを立ち上げてVR機器を装着してという手間を面倒だと思う方も多いでしょう。

メタバースの普及にはVR機器のスリム化も必要になってきます。

ハッキングのリスク

メタバースで経済活動を行う際には「ウォレット」の存在が必要不可欠です。このウォレットにはハッキングのリスクがあります。

ウォレットは仮想通貨やメタバース空間で入手した資産を保管する財布のようなもので、ハッキングに遭うと大きな損害を被る恐れがあるのです。

 ウォレットにハッキングされ、仮想通貨を失ったという事例もあります。

ハッキングのリスクを軽減するためには、セキュリティ能力の高いウォレットを選ぶことが重要です。

ユーザー側もパスワードを複雑化する、管理体制を徹底するなどの対策が必要です。

依存性が強い

メタバース空間は非常に没入感が高く、依存してしまう人が増えるのではないかと懸念されています。

メタバース空間では現実世界と同じようにコミュニケーションや経済活動を行えるため、メタバース空間に入り浸ってしまう人も現れるでしょう。

 メタバースを楽しむにはある程度の距離感が必要です。

メタバース空間でコミュニケーションを取れるが故に、現実世界での関係性が希薄になってしまう恐れもあります。のめり込みすぎないように注意しましょう。

メタバースはあくまでコミュニケーションのためのツールだということを認識しましょう。

メタバースは今後普及する?

メタバースはまだまだ不透明な部分も多く、今後普及する可能性があるかは日々議論されています。

メタバース空間でバーチャルショップを展開したり、より密なコミュニケーションを取ったりと普及した時のメリットは絶大です。

 既に世界中で多くの人々が利用しています。

しかし2007年に日本でもサービスが開始された「セカンドライフ」というサービスは、メタバースと同じようなことができましたが、ブームはすぐに過ぎ去ってしまいました。

またパソコンやVR機器などが現状では高価であり、誰でもすぐに購入できるわけではないということから普及はしないという意見も多いです。

普及するにはまだまだ時間がかかるでしょう。

メタバース関連の仮想通貨人気銘柄3選

メタバースでは仮想空間内通貨として仮想通貨が度々用いられます。そのためメタバース関連の仮想通貨銘柄が今後値上がりする可能性があるのです。

この章ではメタバース関連の仮想通貨人気銘柄3選をご紹介していきます。今回ご紹介するのは以下の3つです。

メタバース関連の仮想通貨人気銘柄3選
  • EJN(エンジンコイン)
  • MANA(マナ)
  • SAND(サンド)

EJN(エンジンコイン)

メタバース関連の仮想通貨人気銘柄、1つ目はEJN(エンジンコイン)です!EJNはブロックチェーンプラットフォーム「Enjin platform」で発行されています。

「Enjin platform」はメタバース空間で入手したアイテムなどをNFT化するのに特化したプラットフォームで、お金を稼ぎたいという方に特におすすめです。

 NFTゲームなどを中心にサービスが展開されています。

またEJNを発行しているEnjin社は、大手国内取引所である「Coincheck」と業務提携を行っています。

国内取引所で交換できる数少ないメタバース関連銘柄なので、入手しやすいでしょう。

MANA(マナ)

メタバース関連の仮想通貨人気銘柄、2つ目はMANA(マナ)です!MANAはVRプラットフォーム「Decentralan」で利用できる仮想通貨です。

Decentralanでは現実世界と同じような経済活動をVR空間で行うことを目指しており、大規模な組織が次々と参入の意志を示しています。

 カリブ海に位置する島国「バルバドス」はDecentralan上に大使館を設立すると発表しています。

新たな文化・エンタメの拡張を掲げている「Meta Tokyo」も、Decentralan上にポップアップミュージアムを設立することを明言しています。

大規模な組織が参入すればするほど注目度は高まっていくことでしょう。

SAND(サンドボックス)

メタバース関連の仮想通貨人気銘柄、3つ目はSAND(サンドボックス)です!SANDは人気NFTゲーム「The Sandbox」で利用できる通貨となっています。

The Sandboxは土地や建物、アイテムなどを生成していくゲームで、プレイヤーが作成した物はSANDを利用して取引することができます。

 メタバース空間の土地を不動産として取引することが可能です。

The Sandboxはメタバースサービスの中でもトップレベルの人気を集めており、その中で利用されるSANDは今後需要が高まっていくことが予想されます。

SANDは海外取引所でしか取引できません。

おすすめの仮想通貨取引所3選

メタバースで利用する仮想通貨を入手するには仮想通貨取引所を利用するのが一般的です。しかし取引所には様々な種類があり、どれを利用したら良いのか迷ってしまうことでしょう。

この章ではメタバースを利用する際におすすめの仮想通貨取引所をご紹介していきます。今回ご紹介するのは以下の3社です。

おすすめの仮想通貨取引所3選
  • Coincheck(コインチェック)
  • GMOコイン
  • Binance(バイナンス)

Coincheck(コインチェック)

Coincheckのおすすめポイント
  • 東証一部上場企業の「マネックスグループ」が主要株主
  • 取り扱い銘柄は国内最多
  • 取引手数料・入金手数料は無料

メタバースを利用する際におすすめの仮想通貨取引所、1社目はCoincheck(コインチェック)です!Coincheckは東証一部上場企業であるマネックスグループの子会社によって運営されています。

大手企業がバックについているということだけあって、信頼度は申し分ないでしょう。またセキュリティの高さも抜群です。

 上記でご紹介したEJNが購入できます。

Coincheckの関連サービスとして大手NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」がありますので、メタバースで入手した資産を販売する際に役立つでしょう。

取引手数料が無料なのも嬉しいポイントです。

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取り扱い通貨
  • 16種類
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • IOST(ロスト)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)
各種手数料
  • 取引手数料:無料
  • 入金手数料:銀行振込の場合無料
  • 出金手数料:407円
取引方法 取引所・販売所・レバレッジ取引
スマホアプリの有無

出典:Coincheck公式サイト

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • 満足度の高いサービスを提供
  • GMOグループが運営しているので安全
  • 基本的な手数料は無料

メタバースを利用する際におすすめの仮想通貨取引所、2社目はGMOコインです。GMOコインは証券・FXなどのサービスに積極的に参入している「GMOインターネットグループ」が運営しています。

ネットに強い会社というだけあって、強固なセキュリティ・運営体制を強みとしており、安心して利用することができます。

 オリコン顧客満足度ではNo.1を獲得しています。

今回ご紹介したようなメタバース関連銘柄は取引できませんが、GMOコインの関連サービスとしてNFTマーケットプレイス「adam by GMO」があります。

こちらもCoincheckと同様、メタバース空間で入手した資産を取引したい時に、スムーズに出品することができます。

スマホアプリの使いやすさには定評があり、メイン口座としては十分でしょう。

GMOコインの基本情報

取り扱い通貨
  • 20種類
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
各種手数料
  • 取引手数料:無料
  • 入金手数料:無料
  • 出金手数料:無料
取引方法 取引所・販売所・レバレッジ取引
スマホアプリの有無

出典:GMOコイン公式サイト

Binance(バイナンス)

Binanceのおすすめポイント
  • 取引できるアルトコインが多い
  • 手数料が一律で設定されている
  • 取引量が非常に多い

メタバースを利用する際におすすめの仮想通貨取引所、3社目はBinance(バイナンス)です!Binanceはマルタ島に本拠地を置く仮想通貨取引所です。

ユーザー数、月間取引高で世界トップレベルの数字を残しています。 取り扱っているアルトコインの種類も非常に多く、NFTへの参入にも積極的な姿勢を見せています。

 CHZやTHETAなどメタバースでメタバース関連銘柄も取り扱っています。

海外に拠点を置いているBinanceですが、残念なことに日本在住者は登録することができません。 海外に住んでいる方であれば、国内で取り扱いのないメタバース関連銘柄を取り扱っていますのでおすすめです。

手数料が非常に安いので、メインバンクとして活躍してくれるでしょう。

Binanceの基本情報

取り扱い通貨
  • 30種類
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • USDT(テザー)
  • EOS(イオス)
  • BNB(バイナンスコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • TRX(トロン)
  • ADA(エイダコイン)
  • XMR(モネロ)
  • LINK(チェーンリンク)
  • XMR(モネロ)
  • NEO(ネオ)
  • IOTA(MIOTA)
  • ATOM(コスモス)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • XEM(ネム)
  • ZEC(ジーキャッシュ)
  • ONT(オントロジー)
  • DOGE(ドージコイン)
  • DeFiトークン
  • DOT(ポルカドット)
  • SOL(ソル)
  • SHIB(芝コイン)
  • Polygon(ポリゴン)
  • CHZ(チリーズ)
  • THETA(シータ)
  • GameFiトークン
  • FTM(ファントム)
各種手数料
  • 取引手数料:無料
  • 入金手数料:無料
  • 出金手数料:無料
取引方法 取引所・販売所・レバレッジ取引
スマホアプリの有無

出典:Binance公式サイト

よくある質問

メタバースとはなんですか?
メタバースとはインターネット上に存在する「3次元仮想空間」を指します。メタは「高次・超越」、バースは「ユニバース」という意味を組み合わせた造語です。
メタバースのメリットはありますか?
メタバースのメリットとしては非日常的な体験ができる、オンラインコミュニケーションの幅が広がる、新たなビジネスを展開できる、企業側はコストカットできるなどが挙げられます。
メタバースのデメリットを教えてください。
メタバースのデメリットとしては機材を揃えなくてはならない、手間がかかる、ハッキングのリスク、依存性が強いなどが挙げられます。
メタバースの活用例を教えてください。
メタバースはエンターテイメントやビジネスなどの分野での活用が期待されており、実際メタバース空間でのライブやバーチャル店舗の出店などの事例があります。
メタバースは本当に普及するでしょうか?
メタバースはまだまだ不透明な部分も多く、今後普及する可能性があるかは日々議論されています。普及するかどうかを一概に判断することはできないでしょう。

まとめ

今回はメタバースとはどのような物なのかについて解説してきました。メタバースは現実世界と同じように活動できる、3次元仮想空間です。

エンターテイメントやビジネスでの活用が期待されており、世界中の大手企業が開発に乗り出しています。

これから普及が進み、私たちの生活をより便利にしてくれる可能性を秘めていますので、今からしっかり知識をつけておきましょう。

普及するかは不明ですが、注目度が高いのは確かです!
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事