【3分で解決】米国株の買い方がわかる!おすすめの買い方や銘柄選びのポイントも解説

「米国株ってどうやって買うの?」
「買い付けの手順は?おすすめの買い方や銘柄を選ぶポイントについても知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

米国株を取引するには、証券口座で「外国株取引口座」を開設して、そこで銘柄を選ぶ必要があります。

とはいえ、具体的にどう買付すればいいか、イメージできないと思います。

この記事では、米国株取引を始めたいあなたに向けて、買付の手順や取引のポイントについて解説します。

米国株取引のノウハウが5分でわかりますので、ぜひ最後までご覧ください!

なお、今から米国株取引を始めるなら「SBI証券」がもっともおすすめです。

SBI証券は米国株銘柄数がトップクラスで、手数料も格安と、他社の追随を許さないほど米国株取引に特化しています。

米国株を少しでもお得に取引するなら、SBI証券で間違いないでしょう。

米国株の買い方は?3つの手順を解説

米国株を購入する手順は非常に簡単で、次の3ステップです。

米国株取引の手順
  1. 証券会社で口座開設する
  2. 資金を用意する
  3. 米国株を注文する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)証券会社で口座開設する

まずは証券会社で口座開設しましょう。

証券会社には色々ありますが、おすすめなのはネット証券で口座開設する方法です。ネット証券は人件費等を削ることでコストカットしているため、窓口で買うよりお得に売買できます。

特におすすめなのは次の3社です。

おすすめの証券会社
  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券

基本的に、SBI証券など多くの証券会社は「国内株」と「米国株」で口座が分かれているため、口座開設後に「外国株取引口座」を開設しましょう。

(2)資金を用意する

口座開設したら、次は資金を用意しましょう。

米国株を取引するときは、以下2つの決済方法があります。

米国株の決済方法
  • 円貨決済
  • 外貨決済

円貨決済とは、「円をドルに両替せずに取引時に自動的に交換してもらう方法」のこと。いちいち外貨に両替する手間が省けますが、取引のたびに為替手数料がかかります。

外貨決済は、「自分でドルを買って取引する方法」のこと。為替手数料がかからない代わりに、両替には手間と時間がかかります。

楽をしたいなら「円貨決済」を、手数料を抑えたいなら「外貨決済」を選ぶと良いでしょう。

(3)米国株を注文する

資金を用意したら、お好きな米国株を注文しましょう。

注文手順は次の通りです。

米国株を注文する手順
  1. 株数を入力する
  2. 注文方法と価格を入力する
  3. 取引期間を選択する
  4. 預り区分を選択する
  5. 決済方法を選択する
  6. 取引パスワードを入力する
  7. 注文確認画面で確定する

まず注文方法には「成行」と「指値」の2種類があります。

今すぐ買付したいなら「成行」を、特定の価格で買付したいなら「指値」を選びましょう。

なお、取引にかかる金額は株数と手数料によって変わってきますから、購入したい株数に応じた資金を用意しておいてください。

米国株を買う2つの方法

米国株を買う方法には、主に次の2つがあります。

米国株を買う方法
  • バリュー投資
  • グロース投資

それぞれどのような取引方法なのか、詳しく見ていきましょう。

(1)バリュー投資

バリュー投資とは、市場平均に対して割安だと思われる株式を購入する方法です。

判断基準は「PER」や「PBR」になります。

 PERとは
株価収益率のことで、純利益に対する株価の高さを表す指標。

PERが低いと、純利益に対して株価が安い、つまりは割安だと判断できます。

 PBRとは
株価純資産倍率のことで、純資産に対する株価の割合を表す指標。

PBRが低いと、純資産額に対して株価が安い、つまりは割安だと判断できます。

PERやPBRだけで本当に割安かどうか判断できないため、あくまでひとつの指標だと考えておきましょう。

(2)グロース投資

グロース投資とは、成長する見込みのある企業の株に投資して、将来的に利益を得る方法です。

成長企業を見極められれば、あとは株を持っているだけでどんどん値上がりするため、長期的に利益を得られます。

しかし、成長企業は利益を企業の成長に充てている傾向があるため、配当にはあまり期待できません。

しかし、配当を考慮せず、株価の値上がりだけを狙うなら良い方法だと言えるでしょう。

米国株式で銘柄を選ぶ3つのポイント

米国株の銘柄を選ぶときは、以下の3点を意識しましょう。

銘柄選びのポイント
  • 流動性があるか
  • 価格が安定しているか
  • 将来成長する可能性がありそうか

それぞれ詳しく解説します。

(1)流動性があるか

1つ目のポイントは、流動性があるかどうかです。

 流動性とは
株式が流通している数のこと。流動性が高い銘柄は、多くの人が取引しているということになる。

流動性が低い銘柄は、市場に取引している人が少ないために、売買が成立しないというデメリットがあります。

一方、流動性の高い銘柄はいつでも取引が成立しますし、人気が高くて多くの人が取引している可能性が高いのです。

初心者は、流動性の高さも銘柄選定の基準にすると良いでしょう。

(2)価格が安定しているか

情報量のてんびん

2つ目のポイントは、価格が安定しているかどうかです。

価格の不安定な銘柄は、ちょっとしたことですぐ下落してしまうため、精神衛生上あまり良くありません。

初心者はしっかり過去チャートを見て、これまで安定的に成長しているか、金融危機のときの下落幅が少ないか確認しましょう。

価格が安定している銘柄なら、初心者でも心を落ち着けて投資できますよ。

(3)将来成長する可能性がありそうか

3つ目のポイントは、成長性が高いかどうかです。

いくら割安でも配当が高くても、長期的に見て没落しそうな企業に投資していては、損失になってしまいます。

一方、成長性の高い企業に投資すれば、将来的なリターンを期待できますよ。

たとえばAppleは、2007年から株価が47倍以上に成長しており、もし100万円分買っていたとすると、4,700万円になっている計算です。

長期投資を考えるなら、企業の成長性は絶対に見落とせないポイントだと言えるでしょう。

初心者におすすめの米国株銘柄5選

試験 対策

銘柄選びのポイントは解説しましたが、実際にどんな銘柄がおすすめなのか手取り早く知りたいという人も多いでしょう。

そこで、この項では人気の高い米国株を3つ紹介します。

おすすめの米国株銘柄
  • Apple
  • Amazon
  • Coca-Cola

いずれも、言わずと知れた大企業の株ですね。それぞれの特徴について、わかりやすく解説します。

  おすすめ銘柄紹介は、株価の値上がりを期待するものではありません。投資はあくまで自己責任で行ってください。

(1)Apple

今後の成長性に期待するなら、Appleが良いでしょう。

Appleは創業以来、独自のブランドを築き上げて世界中から人気を博し、大きな成長を果たしました。

特に、Apple社の「iPhoneシリーズ」はスマートフォンの中でも圧倒的なシェアを誇り、利用者の支持を得ています。

(2)Amazon

Amazonも成長性の高い企業です。

ネットショッピングのイメージが強いAmazonですが、現在は動画配信サービスやクラウドサービスにも事業拡大しています。

Amazonの株には配当がありませんが、その分しっかり事業投資しているということでもあるので、今後の成長には期待できるでしょう。

(3)Coca-Cola

安定して配当を得たいなら、Coca-Colaもおすすめです。

上記2社と違って業種が「生活必需品」なので、景気によって株価が左右されにくいという強みがあります。

配当も59年連続増配、配当利回りは3%前後と高めなので、高配当株に投資にも適していると言えるでしょう。

他の方法も検討しよう!米国株以外に投資する2つの手段

ここまでは個別株の投資方法について解説しましたが、米国株に投資するには次のような方法もあります。

米国株に投資する方法
  • 投資信託

  • ETF

それぞれどのような投資方法なのか、初心者にもわかりやすく解説します。

(1)投資信託

PCと新聞と眼鏡

投資信託とは、複数の株式や債券などにまとめて投資できる商品です。

まず運用会社が複数銘柄をひとまとめにした「ファンド」を作り、証券会社を通じて投資家からお金を集め、運用しています。

投資信託なら、少額から複数の株式に分散投資できるため、少額資金からコツコツ投資したい初心者には最適です。

(2)ETF

ETFはExchange Traded Fundsの略で、日本語にすると「上場投資信託」です。基本的には投資信託と同じ仕組みだと言えるでしょう。

ETFは配当が高い銘柄や、レバレッジがかけられている銘柄があるのが、投資信託との最大の違いです。

したがって、配当狙い、またはレバレッジをかけてハイリターンな取引をしたいなら、ETFが良いでしょう。

米国株投資を買うなら「NISA口座」もおすすめ

簿記 資格

米国株式に投資するなら、ぜひNISA口座も活用しましょう。

 NISAとは
優遇税制のひとつ。専用口座で取引した商品の運用益が無料になる。

NISAは年間120万円まで、最長5年間投資の運用益が非課税になります。普通に投資すると、一律20.315%の税金がかかるため、非常にお得な制度だと言えるでしょう。

NISA口座は、各種証券会社で開設できますよ。

米国株投資に最適な証券会社を選ぶ3つのポイント

米国株投資を始めるなら、証券会社選びも重要です。

この項では、米国株投資用の証券会社を選ぶポイントについて解説します。

証券会社選びのポイント
  • 取扱銘柄数は十分か
  • 手数料は安いか
  • 情報が発信されているか

それぞれ詳しく解説します。

(1)取扱銘柄数は十分か

できるだけ取扱銘柄数の多い証券会社を選びましょう。

米国株の取り扱いが多い証券会社なら、投資の幅も広げられます。

また、複数の銘柄に分散して投資すれば価格変動リスクも抑えられるため、選択肢は多いに越したことはありません。

(2)手数料は安いか

株式取引では、手数料も重要になります。

仮に株を購入して利益が出ても、手数料が高いとその分差し引かれてしまい、損失になってしまうからです。

特に重要視すべきは次の2つです。

重視すべき手数料
  • 取引手数料
  • 為替手数料

手数料の安い証券会社を選び、余計なコストは極力削減するようにしましょう。

(3)情報が発信されているか

初心者にとって情報発信されているかどうかも重要です。

証券会社は、投資に関する情報を発信していますが、内容は会社によって異なります。

たとえば、ニュース形式だったり、セミナーや動画講義が開催されていたりと、さまざまな方法で情報発信が行われているのです。

よって、自分が情報収入しやすい証券会社を選ぶと良いでしょう。

なお、次項ではおすすめの証券会社を紹介しています。

証券会社ごとの特徴をわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください!

おすすめ証券口座

LINE証券

LINE証券

LINE証券のおすすめポイント
  • 1株数百円という少額資金から投資を始められる
  • スマートフォンで取引しやすい設計になっている
  • 現物取引の手数料は一律無料

コミュニケーションアプリLINEが提供する「LINE証券」は、ネット証券業界最速で100万口座を突破した20代30代の若い男女に人気の証券会社です。

特に1株から投資が始められる単元未満株サービス(いちかぶ)が魅力です。通常1株=100株(数万〜数十万)で取引するところ1株(数百円)から取引可能です。

銘柄によっては数百円程度から投資を始められるので、「今まで投資に興味があったけど、なかなか手が出なかった」という方でも投資始めやすいのでおすすめです。

LINE証券は使い慣れたLINEを通じ、日常生活に溶け込むように投資ができるのでおすすめです。

LINE証券の基本情報

運営会社 LINE証券株式会社
口座開設数 約100万以上
手数料 無料
投資信託数 32銘柄
NISA/つみたてNISA 不可

今だけ!お得なキャンペーン情報
  • LINE証券口座開設+クイズに正解で最大3,000円相当の株がタダで買える!※1
  • 友達紹介プログラム最大50,000ポイントプレゼント!さらいWチャンス10,000ポイントプレゼント※2
  • スプレッド縮小キャンペーン※3
  • 商品デビュー応援キャンペーン現金1,000円プレゼント!さらに今なら条件を満たせば日本株の取引コストが返ってくる!※4

※1 終了期間未定

※2 終了期間未定・招待URLから友だちが口座開設するとあなたに必ず500ポイント!MAX100人口座開設で50,000ポイントGET!

※3 期間:2022年3月1日9:00~2022年7月1日3:00・人気の8通貨ペアのスプレッドを縮小中!

※4 CFD口座開設完了+商品CFD新規取引1回以上・終了期間未定

出典:LINE証券公式サイト  

楽天証券

おすすめのネット証券ランキング2位楽天証券

楽天証券のおすすめポイント
  • 証券口座開設数700万突破
  • 新規口座開設数3年連続No.1を獲得
  • 取引画面が見やすく投資解説が豊富
    ※公式サイトより

楽天経済圏などで国民的に人気を誇る「楽天証券」はJ.D.パワー2021年個人資産運用顧客満足度ネット証券部門No.1を獲得した、業界トップクラスのネット証券です※公式サイトより

 貯まった楽天ポイントを利用して、楽天証券で米国株高配当ETF、投資信託、国内株式などに投資ができます。ポイントは「1ポイント=1円」から使用可能です。

楽天証券利用者の75%以上は投資初心者であり、20代〜60代まで幅広い世代に人気のネット証券です。特に投資初心者または楽天経済圏を重視する方におすすめの証券会社です。

いきなり現金を入れて投資することに抵抗がある方は、楽天ポイントを利用して投資してみましょう。
また、楽天カードと連帯することでポイント率がアップしたり、既に楽天のサービスを利用している人はお得に投資を始められるでしょう。

楽天証券の基本情報

運営会社 楽天証券株式会社
口座開設数 約700万以上
手数料 10万円まで:0円
50万円まで:0円
100万円まで:0円
*いちにち定額コース
投資信託数 2,687本
NISA/つみたてNISA

今だけ!お得なキャンペーン情報
楽天証券キャンペーン情報
  • <エントリー要>【第21回】楽天銀行口座開設+自動入出金設定で1,000円プレゼント※1

出典:楽天証券公式サイト

SBI証券

初心者にもおすすめのネット証券10選

SBI証券のおすすめポイント
  • 証券口座開設数業界トップ800万突破
  • 100万以下の取引の場合は手数料無料
  • 投資信託の銘柄数は2,500銘柄以上

大手SBIグループが提供する「SBI証券」は、2021年みんなの株式ネット証券比較ランキング第1位を獲得した実績と信頼のある国内トップのネット証券です。※公式サイトより

 証券口座開設数は800万を突破し預かり資産残高ともにネット証券トップです。また、ユーザー満足度も非常に高く国内株式個人取引シェアN.o1を獲得しています。

また、取引手数料が業界最安水準で、1日定額プランでは1日300万円までの取引であれば売買手数料0円で取引できたり、25歳未満のユーザーも現物株の売買手数料が0円です。

SBI証券は総合的に高い評価を得ているので、投資を始められる方は口座開設しておきましょう。

SBI証券の基本情報

運営会社 SBIホールディングス
口座開設数 約800万以上
手数料 10万円:0円
50万円:0円
100万円:0円
投資信託数 2,698本
NISA/つみたてNISA

今だけ!お得なキャンペーン情報
SBI証券 キャンペーン情報
  • 6月に口座開設された方限定!2ファンド買付で必ず100円、最大1万円もらえるキャンペーンを実施中!※1
  • 米国株式入庫で選べるポイント100ptもれなくプレゼント!キャンペーン※2
  • 【信用取引で現物株式取引もお得に!?】 期間限定 大口優遇 "プラス" キャンペーン※3
  • SBI証券へ投信のお引越し(入庫)を検討中の方は要チェック!10万円以上の投信のお引越し(入庫)&お取引で最大100,000ポイントがもらえるチャンス※4

その他多数開催中!公式サイトキャンペーン情報をご覧ください

出典:SBI証券公式サイト

マネックス証券

おすすめのネット証券ランキング4位マネックス証券

マネックス証券のおすすめポイント
  • 米国株の取引チャンスを逃さない機能を提供!
  • マネックスポイントを活用できる!
  • 高性能なツールを豊富に用意!

マネックス証券は、米国株の取引チャンスを逃さないための機能として、最大12時間取引が可能な時間外取引を実施しています。これにより、日中でも米国株の取引が可能です。

また、特典として米国ETF買付手数料が実質無料・米国株為替手数料(買付時)が無料・米国株デビュー応援として最大3万円キャッシュバックなど、さまざまなサービスがあります。

 マネックス証券では、マネックスポイントを上手に貯めて使うことで、投資に取り組みやすい点が特徴です。

マネックスポイントは株式手数料や暗号資産に交換ができる他、dポイント・Amazonギフト券・T-POINT・Pontaポイントなどにも交換できます。

株式投資に活用できるツール・アプリが豊富に揃っているため、自身の投資スタイルに合わせたものを選択可能です。

パソコン・スマートフォン・タブレットなど、さまざまな端末で使用できるアプリやツールが揃っています。
運営会社 マネックス証券株式会社
主な取引ツール
  • マネックストレーダー
  • 銘柄スカウター
  • マルチボード500
  • フル板情報ツール
  • チャートフォリオ
  • マーケットボード
  • マーケットライダー
  • マーケットライダープレミアム
主な手数料(税込)
  • 現物取引:最低55円~(取引毎手数料コース)
  • 信用取引:最低99円~(取引毎手数料コース)
  • 一日定額手数料コース:一日何回取引をしても最低550円(約定金額100万円以下)
  • 米国株:最低0ドル~
投資信託数 1,244件
NISA/つみたてNISA

今だけ!お得なキャンペーン情報
マネックス証券キャンペーン情報
  • クイズに挑戦&新規口座開設等で最大2,000円プレゼント!※1


出典:マネックス証券

松井証券

おすすめのネット証券6位松井証券

松井証券のおすすめポイント

松井証券1918年(大正7年)に創業したネット証券のパイオニアです。日本初のインターネットでの株取引を開始した実績があり、多くの投資家に信頼されています。

 松井証券は手数料が安いのが有名で、ボックスレート(定額制)であれば売買回数に関係なく50万円以内の取引であれば無料です。

また、スマートフォンアプリの「株アプリ」と「株touch」は、PC版に匹敵するほどの機能性と操作性を兼ね備えており、手軽にスマホから売買できるとあって大人気です。

老舗のネット証券を利用して、安心・安全に投資を始めたい方におすすめです。

松井証券の基本情報

運営会社 松井証券株式会社
口座開設数 約120万以上
手数料 10万円:0円
50万円:0円
100万円:1,100円
200万円:2,200円
300万円:3,300円
500万円:5,500円
1,000万円:11,000円
*現物取引
投資信託数 1,183本
NISA/つみたてNISA

今だけ!お得なキャンペーン情報
松井証券 キャンペーン情報
  • つみたてデビュー応援!総額1億円還元キャンペーン※1


出典:松井証券公式サイト

よくある質問

米国株はいくらから取引できる?
最低取引額は銘柄によって異なります。
ただし、米国株は日本株のように「単元株」という概念がないため、少額から取引できます。
例えば、株価2,100円の株であれば、2,100円 + 手数料で購入可能です。
米国株は何株から買うのが良いの?
購入する株式数は資金に応じて決めましょう。
あまり無理に投資すると、下落したときが辛くなってしまうため、あくまで余剰資金での投資が必須です。
米国株投資に限らず、投資には常にリスクが付き物なので、失っても問題ない範囲のお金で挑みましょう。
米国株はどんな買い方をすれば良い?
主にバリュー投資とグロース投資というやり方があります。
バリュー投資は、割安の株を見つけて買付する方法で、すぐに利益を出しやすいです。
一方、グロース投資は利益が出るまで時間がかかりますが、高いリターンを期待できます。
米国株の銘柄選びのポイントは?
初心者は安定性の高い銘柄がおすすめです。
過去チャートなどを見て、比較的ボラティリティ(値動きの大きさ)が少ない銘柄を選ぶようにすると、落ち着いて投資できますよ。
米国株はどの証券会社で取引すべき?

もっともおすすめなのはSBI証券です。
手数料・取扱銘柄数共に業界トップクラスです。楽天証券やマネックス証券も良いですが、米国株投資に限ってはSBI証券にかないません。

米国株でおすすめの決済方法は?
手数料と取るか、手間を取るかで変わってきます。
手数料を取るなら、自分でドルを購入して取引する「外貨決済」を、手間を惜しむなら勝手に両替してくれる「円貨決済」を選びましょう。
米国株を分散投資するときのポイントは?

分散投資するのであれば、業種が重要です。
たとえば、投資する企業の業種が「自動車」ばかりに偏っていた場合、自動車産業が傾けばすべての株が下落してしまう可能性があります。

したがって、リスクを抑えるのであれば、さまざまな業種の株にバランス良く投資しましょう。

まとめ

米国株を取引するには、まず証券口座の開設が必須です。

証券会社にも色々ありますが、もっともおすすめなのは「ネット証券」で取引することです。ネット証券は手数料が優れており、ネットからでも簡単に投資できます。

証券会社の窓口は、人件費などの費用が乗っていて手数料が割高になってしまうため、お得に取引するならネット証券を活用しましょう。

なお、おすすめのネット証券は次の3社です。

おすすめのネット証券
  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券

米国株取引をメインにするなら、SBI証券がもっともおすすめです。

SBI証券は米国株の取り扱い銘柄数がトップクラスで、手数料も格安です。さらに、一部の米国株は手数料が無料になるため、利用しない手はありません。

米国株を取引したいなら、ぜひSBI証券で口座開設しましょう!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事