米ドル円(USD/JPY)は今後どうなる?見通しや変動要因をわかりやすく解説!

ドル円はFXでもっともメジャーで、安定した値動きと流動性を誇る通貨ペアです。2021年末から円安が続いたことで、ドル円が高騰しており、今後も値上がりを期待できるのか気になる人も多いでしょう。

ドル円について、どのような要因で値動きするのか、また今投資した方がいいのかどうか、知りたい方は多いと思います。

この記事では、ドル円の値動き要因や今後の予想、取引における注意点について詳しくまとめました。FX投資の参考にしてみてください。

ドル円の今後について予測を立てられますので、ぜひご覧ください!

米ドル円(USD/JPY)の今後の見通し

米ドル円(USD/JPY)の今後の見通し

まずはドル円の値動きを知るために、現在のチャートと今度の予想について、詳しく解説します。

(1)リアルタイムチャート

ドル円のリアルタイムチャート

  1. 写真は2021年5月4日現在における、ドル円のチャートになります。

現在は、急速に円安が進んでいます。去年までは1ドル = 110円未満で推移してきたのに対し、昨年末にかけて円安となり、1ドル = 130円の大台を突破しています。

過去全体のチャートを見ても、現在は非常に円安だと言えるでしょう。

参考:https://jp.tradingview.com/symbols/USDJPY

(2)横ばいか上昇の可能性が高い

ドル円の今後について断言はできませんが、今後は横ばいになる見立てです。急速な円安によって、政府や銀行による金融政策が講じられることも考えられ、これ以上の上昇は抑えられる可能性があります。

 また、新型コロナウイルスも為替レートに大きな影響を与えるでしょう。コロナの影響が落ち着いて来れば、ドル円の更なる上昇も見込めます。

しかし、新たな変異株が出て猛威を振るうようなことがあれば、横ばいか下落してしまうことも考えられます。

値動きを断言することは不可能ですので、あらゆる動きに対応できるよう取引を進めていくととが重要です。

米ドル円(USD/JPY)の3つの特徴

米ドル円(USD/JPY)の3つの特徴

ドル円の特徴
  • 情報量が多い
  • 値動きが安定している
  • スプレッドが狭い

米ドル円は、通貨ペアの中でももっともメジャーで、他の通貨ペアと比べて次のような特徴があります。それぞれ詳しく解説します。

(1)情報量が多い

ドル円がよく初心者向けと言われるのは、情報量が多いためです。アメリカも日本もトップの先進国。どちらも通過も非常に重要ですので、常に多くの情報が出回っています。

特に、ドルの値動きは他の通貨にも大きな影響を与えます。ユーロドル、ポンドドル等、他のドル系通貨ペアを取引しているなら、アメリカ経済に関するニュースは欠かさずチェックしておきましょう。

情報量が多いのは、初心者が取引する上で有利ですね。

(2)値動きが安定している

値動きが安定している

ドル円は、マイナー通貨ペアと比べて圧倒的に安定感があります。メジャーな通貨ペアだけに取引する人が多く、流動性が高いため、あまり大きな値動きは起こりません。

 流動性の仕組み
多くの人が取引していることで、ちょっとやそっとで値動きが起こりにくくなり、通貨の安定性に繋がる。

リーマンショックなどの金融危機が起こらない限り、1日に1円以上動くことは少ないでしょう。

特にFX取引では、急激な値動きが起こると一気にロスカットを受けるリスクもあるため、ドル円は比較的安心して取引できます。

(3)スプレッドが狭い

ドル円はスプレッドが狭いのも特徴です。スプレッドとは通貨の買値と売値の差のことで、スプレッドが広ければ広いほど、取引にかかるコストは大きくなります。

多くの証券会社では、ドル円のスプレッドは0.2pipsほどです。ユーロ円は0.4〜0.5pips、ポンド円は1.0pips〜ほどなのに比べると、ロースプレッドだと言えるでしょう。

コストを抑えて取引できるのも、ドル円が初心者向けと言われる由縁です。

なお、SBIFXトレードならなんとドル円のスプレッドがかかりません。

スプレッドゼロで取引できるのは非常にお得ですので、スキャルピングなどの短期取引をメインにしている方は、ぜひSBIFXトレードに登録しておきましょう。

米ドル円(USD/JPY)の4つの変動要因

米ドル円(USD/JPY)の4つの変動要因

ドル円の主な変動要因
  • 物価
  • 金融政策
  • 景気
  • 金利

今後の値動きを予測する上で、どのような要因で変動するのか知っておくことは非常に重要だと言えるでしょう。ドル円の主な変動要因は、次の4つです。それぞれ詳しく解説します。

(1)物価

物価は為替レートに大きな影響を与えます。物価とは物やサービスの価格のことで、物価が大きくなると物を買うのに必要なお金が増える = お金自体の価値は下がるようになります。

たとえば、国内で物価が上昇すると日本円の価値が下がるため、相対的にドルの価値が高まってドル円のレートは上昇します。

取引する際は、物価にも敏感になっておく必要があるでしょう。

(2)金融政策

金融政策

各国では、通貨の価値が極端に上がったり下がったりしないようにするため、金融政策でコントロールしています。金融政策の代表例は、次の2つです。

金融政策
  • 金融緩和
  • 金融引き締め

景気が悪くなると、金融緩和によって市場に多くお金を流通させ、通貨の価値そのものは下がります。この状態がいわゆる「インフレ」です。

逆に景気が良くなったら、金融引き締めによってお金の流れを少なくさせ、通貨の価値が向上します。こちらは「デフレ」と呼ばれています。

インフレで通貨の価値が下がり、デフレで上がると覚えておきましょう。

(3)景気

景気と為替レートはリンクしています。景気が良くなると、お金回りが良くなるため個人消費が増えて市場に出回るお金が増え、インフレが起こります。

 前述の通り、インフレが起こると通貨の価値が下がり、為替レートも下落するでしょう。

逆に景気が悪くなると、お金周りが悪くなるため個人消費が減って市場に出回るお金が減り、デフレが起こります。デフレになると、今度は通貨の価値が上がって為替レートが上昇するのです。

ドル円の値動きを考える上で、日米両国の景気についての理解は必須だと言えるでしょう。

(4)金利

金利

金利も景気と同じく、為替レートに関わっています。金利が高いと、利息が大きくなるため企業は設備投資を抑え、お金の価値が上がって為替レートも上昇します。

一方で、金利が低いと企業の設備投資が進んでデフレが起こり、為替レートが下落する流れです。そのため景気の流れを掴むことが大事でしょう。

金利は、住宅ローン等を参考にするとわかりやすいでしょう。

米ドル円(USD/JPY)の過去の大きな値動き

米ドル円(USD/JPY)の過去の大きな値動き

ドル円の過去の値動き
  • リーマンショック
  • アベノミクス
  • コロナショック

米ドル円は経済の流れに影響を受けやすく、過去の値動きで特に大きかったのは以下3つの出来事です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)リーマンショック

2008年、世界有数の投資銀行「リーマン・ブラザーズ」が倒産しました。これによって米ドルの価値は暴落し、日本円の買いが進んだことで、1ドル = 108円の為替レートが1ドル = 104円台まで落ち込みました。

当時、アメリカは住宅バブルの崩壊にも見舞われており、その後もしばらくは円安の状態が続きました。

(2)アベノミクス

アベノミクス

2012年から、アベノミクスと呼ばれる大規模な金融緩和政策が開始しました。金融緩和することにより金利を下げ、個人への貸し出しを低金利で行えるようにしました。

金融緩和が行われると、市場に出回るお金が増えるため、インフレが起こって通貨の価値が下がります。その後、ドル円のレートは2年以上上昇し、最終的には125円台にまで上昇しました。

(3)コロナショック

2019年から新型コロナウイルスが流行し、為替レートに大打撃を与えました。当時1ドル = 107円台だったドル円は1ドル = 112円まで上昇しました。

その後、アメリカの金融緩和によって今度は円高が進み、1ドル = 101円台まで下落しました。このように、波が激しくコロナ禍での為替レートの変動を読むのは非常に困難でした。

2022年5月現在、コロナウイルスはまだ収束していないため、今後も影響を与える可能性があります。

米ドル円(USD/JPY)の買いタイミングは?

米ドル円(USD/JPY)の買いタイミングは?

FXの場合、円安でも円高でも利益を出せます。現在は円安になっており、ドル円を買いエントリーした方が利益を出せる環境になっています。

一方、今後ドル円が下落して円高が進んだ場合は、売りにエントリーして利益を狙うこともできるでしょう。

去年からポジションを持っていた方は、大きな利益を得ているでしょう。

円安になるメリット・デメリット

現在は急速な円安が進行しています。為替についてより深く理解し、取引に役立てるためにも、円安になるとどのようなメリット・デメリットがあるのか知っておきましょう。

(1)メリット

メリット

円安のメリットは、海外資産が値上がりすることです。円安になると、海外で日本製品が安くなるため多く売れるようになり、輸出産業が活発化します。

 また、海外からの観光客も増えやすくなるので経済に好影響を与えるでしょう。

米国をはじめとした海外資産に投資しているなら、日本円として持っているよりも相対的に価値が上がるため、保有資産が増えていきます。

円安になったら、資産配分を変えるのも手だと言えるでしょう。

(2)デメリット

デメリット

円安のデメリットは、輸入製品が買いにくくなることです。特に、日本や食品や生活必需品などの多くを輸入に頼っているため、生活にも大きな打撃を与えてしまいます。

また、相対的に日本円の価値が下がるため、海外資産に投資していない方は資産が目減りしてしまう点にも注意です。

どちらかと言うと、円安はデメリットの方が大きいです。海外資産を増やして対策しておきましょう。

米ドル円(USD/JPY)の今後は?円安への対策について

米ドル円(USD/JPY)の今後は?円安への対策について

円安への主な対応策
  • 外貨預金
  • 外国株投資
  • 投資信託

円安は今後も続いていく可能性があります。資産の目減りを防ぐためにも、次のような対策を考えておきましょう。それぞれ詳しく解説します。

(1)外貨預金

もっとも手軽な方法は外貨預金です。日本円をドルに変えて持っていれば、円安になっても資産が増えていくため、安心して資産を蓄えられます。

 株式や投資信託と違い、価格変動リスクが小さいのは利点だと言えるでしょう。ただし、もちろんドル安になると資産が目減りするため要注意です。

一気にすべての預貯金をドルに変えるのではなく、為替レートを見ながら、もっとも最適な配分に調整していく必要があるでしょう。

外貨預金は、円安になったときの避難先だと言えるでしょう。

(2)米国株投資

米国株投資

より利益を狙いたいなら、米国株投資もおすすめです。米国にはAppleやAmazon、Microsoftをはじめとした世界有数の成長株が名を連ねており、安定した成長を見込めます。

 米国株として保有していれば、円安になっても資産が目減りしにくいです。

ただし、株式投資はリスクもつきものです。初心者のうちは少額投資を心掛け、さまざまな株式に分散するなどしてリスクを抑えるようにしましょう。

株式なら配当や優待がもらえるのも利点ですね。

(3)投資信託

投資初心者には、投資信託もおすすめです。投資信託とは、株や債券、REITなど複数の金融商品をひとまとめにして販売している商品を指します。

 投資信託なら、少額から簡単に分散投資できるため、リスクを抑えたい初心者にとって最適の選択肢です。

なお、次項ではおすすめのFX口座について紹介しています。同じドル円でも、口座によって取引コストやツールの使いやすさは異なるため、ぜひ参考にしてください。

投資信託は、株や債券のバラエティパックとも言えるでしょう。

おすすめのFX口座

DMM FX
GMOクリック証券
LINE FX
外為どっとコム
外貨ex byGMO
DMM FX
GMOクリック証券
LINE FX
外為どっとコム
外貨ex byGMO
特典
キャンペーン
新規口座開設と取引で最大20万円キャッシュバック
口座開設&取引条件を満たした方に最大30万円キャッシュバック
新規口座開設+取引で最大合計5万5,000円お得!
1回取引するだけで抽選で最大30万円プレゼント!
新規口座開設で
15万円キャッシュバック
取引手数料
無料
無料
無料
無料
無料
最低取引単位
10,000通貨
10,000通貨
1,000通貨
1,000通貨
1,000通貨
最低入金額
制限なし
下限なし
制限なし
1,000円
制限なし
通貨ペア数
21通貨ペア
20通貨ぺア
23通貨ペア
30通貨ペア
24通貨ペア

DMM FX

DMM FX

DMM FXのおすすめポイント
  • 口座開設+新規取引数量に応じ最大200,000円キャッシュバック
  • 日本でトップクラスの83万3,000口座数を誇る
  • 最低取引単位10,000通貨から取引可能
  • 各種手数料が無料

DMM FXは日本でトップクラスの83万3,000口座数を誇る、アマチュアトレーダーからプロトレーダーまで大好評のFX口座です

特に充実した取引ツールが素晴らしく、PC版は豊富な機能を備えたハイグレードな取引ツールが魅力です。スマホ版はスピーディーに取引できるよう見やすい設計になっています。

 また、DMM FXは入出金手数料や取引手数料などが一切かからないため、FX初心者でも安心して取引できるところがポイントです。

それに加え、営業日であれば24時間、電話やメールなどでサポートしてくれるので、FX取引で何か分からないことがあればすぐに相談できる点は、FX初心者には嬉しいサービスです。

DMM FXの基本情報

最低取引単位 10,000通貨
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 21通貨ペア
スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 制限なし

今だけ!お得なキャンペーン情報DMM FXキャンペーン情報
  • 新規口座開設+取引で最大200,000円キャッシュバック※1
  • NZD/JPY、CAD/JPYスプレッド縮小キャンペーン※2

※1 修了期間未定/2021年2月1日以降に口座開設が完了した方 3か月以内に指定の新規取引数量を満たした方に最大で『200,000円』をキャッシュバック!

※2 縮小期間:2022年6月1日(水)6時00分 ~ 2022年12月1日(木)6時59分

※出典:DMM FX公式

GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券のおすすめポイント
  • 新規FX口座開設+新規取引で最大300,000円のキャッシュバック
  • FX取引高世界1位で国内では9年連続1位の取引量
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月
  • 最低取引単位10,000通貨から取引可能
  • 各種手数料が無料

GMOクリック証券はFX取引高世界1位で国内では9年連続1位(2012年~2020年)の取引量を誇る、業界最安水準の手数料体系を実現したFX口座サービスです。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

 PCツールに負けず劣らずのスマートフォン取引ツールは、直感的操作性と分かりやすさが魅力です。GMOクリック証券は「安さ」「使いやすさ」に特化しています。

その他にも業界最狭水準のスプレッド幅や各種取引手数料が0円など、快適なトレード環境を提供してくれている至れり尽くせりなFX会社がGMOクリック証券です。

サポート体制も充実しており24時間無料で相談に乗ってくれます。サービス内容も非常に充実している至れり尽くせりなFX口座です。FX初心者はまずは口座開設しておきましょう。

※スプレッドは原則固定

GMOクリック証券は顧客第一主義が徹底されており、アマチュアからプロまで大人気です。

GMOクリック証券の基本情報

最低取引単位 10,000通貨
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 20通貨ペア
スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 下限なし

今だけ!お得なキャンペーン情報
GMOクリック証券 キャンペーン情報
  • はじめてのFX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック!※1

※1 終了時期未定/FX取引口座の開設月の翌々月末の最終営業日のニューヨーククローズまでに、取引条件を満たした方が対象/アフリカランド、メキシコペソは10万通貨を1万通貨として換算されます

※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

出典:GMOクリック証券公式

LINE FX

LINE FXのおすすめポイント
  • 口座開設+1取引だけで最大5,000円プレゼント
  • 最低取引単位1,000通貨から取引可能
  • 新規口座開設数が業界トップ
  • 各手数料が無料

LINE FXは、スマートフォンのチャットアプリであるLINE株式会社が提供するFX口座サービスです。

LINEと聞くと連絡手段の一つのイメージがありますが、LINEは積極的に様々な金融関連のサービスを提供しており、お金と人との距離を近づけています。

 最近は将来の不安からか若い人達が積極的に投資をするようになり、LINE FXを利用して投資をされる方が年々増えてきました。

そのため、2020年の3月にLINE FXがプレスリリースされ、9月までの6ヶ月の期間で新規口座開設数が業界トップ君臨し鳴り物入りでFX業界にきました

スマートフォンで投資ができるカジュアルさが受け、特に20〜30代の若い人に大人気です。

最小約4,000円程度からFXを始められるのでオススメです。

LINE FXの基本情報

最低取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 23通貨ペア
スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 制限なし

LINE FXのキャンペーン情報
新規口座開設と1取引で最大5,000円プレゼント中、好評につきキャンペーン期間が終了時期未定に!
さらに期間限定で期間中の口座開設と取引量に応じて最大5万円のキャッシュバックキャンペーン開催中!
※米ドル/円の通貨ペアは対象外
※終了時期未定

出典:LINE FX公式

外為どっとコム

外為どっとコム

外為どっとコムのおすすめポイント
  • 新規口座開設+取引量に応じて最大30万円キャッシュバック
  • 最低取引単位1,000通貨から取引可能
  • 取り扱い通貨ペアが30種類と豊富
  • 各種手数料が無料

外為どっとコムは口座開設数が55万件を突破しており、DMM FX・GMOクリック証券・外為オンラインなどの大手企業に次いで第4位となっています。

業界最狭水準のスプレッド、取引ツールが充実しているなどの魅力があり、初心者から上級者まで幅広い層に利用されています。

 創立は2002年なので、20年の歴史をもつ老舗企業です。

外為どっとコムではサポート体制も充実しており、WEB問い合わせは365日24時間利用可能です。何かわからないことがあった場合や緊急時にすぐにサポートを受けられるのは大きなメリットでしょう。

現在新規口座開設+取引で最大30万円がキャッシュバックされるキャンペーンを開催しているので、これからFXを始めようと思っている方にはおすすめです。

1,000通貨単位からの少額投資も可能なので初心者には最適です。

外為どっとコムの基本情報

最低取引単位 1,000通貨〜
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 30通貨ペア
スプレッド※原則固定、例外あり 米ドル/円(非公開)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 制限なし

今だけ!お得なキャンペーン情報
外為どっとコムキャンペーン情報
  • 新規口座開設+1万通貨の取引を1回で2,000円キャッシュバック!さらに取引量に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーン実施中!※1
  • 20周年記念!感謝の総額1億円キャンペーン※2

※1 終了期間未定。ロシアルーブル/円に限り、上記適用条件の10倍の新規取引数量が必要です。(10,000通貨=ロシアルーブル/円:1Lot、その他通貨ペア:10Lot)

※2 2022年4月4日(月)午前7時00分~2022年7月2日(土)午前5時55分

出典:外為どっとコム公式サイト

外貨ex byGMO

外貨ex byGMO

外貨ex byGMOのおすすめポイント
  • 新規口座開設+取引で最大15万円キャッシュバック
  • 口座開設申し込みは最短5分で完了
  • FXを学べるコンテンツが豊富
  • 各種手数料が無料

外貨ex byGMOは「GMOインターネットグループ」によって運営されているFXサービスです。24種類の通貨ペアを各種手数料無料で取引できるため、初心者にも使いやすいでしょう。

 新規口座申し込みは最短5分で完了するので、すぐにでもFX取引を始めたいという方にはおすすめです。

外貨ex byGMOではFXに関するコンテンツ外貨exアカデミーを配信しています。ここでしか読めないFXレポートや著名トレーダーのコラムなど内容は豊富です。

またマルチデバイス対応の取引ツール「外貨exが無料で利用することができます。手軽にFX取引をしたいという方は要チェックです。

現在キャッシュバックキャンペーンも開催されていますので、公式サイトをチェックしてみてください!

外貨ex byGMOの基本情報

最低取引単位 1,000通貨〜
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 24通貨ペア
スプレッド※原則固定、例外あり 米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 制限なし

今だけ!お得なキャンペーン情報
  • 新規口座開設&取引金額で最大15万円キャッシュバック!※1
  • 取引に応じで毎月現金キャッシュバックキャンペーン中!FXの取引をするたび毎月最大100万円が取引額に応じて返ってくる!※2
  • いつものお取引にキャッシュバック!月間最大100万円!※3

※1 口座開設申込期間:2022年4月1日(金)~2022年6月30日(木) / 取引対象期間:口座開設完了月の翌々月最終営業日ニューヨーククローズ

※2 終了時期未定

※3 2022/4/4~2022/6/30

出典:外貨ex byGMO公式サイト

よくある質問

ドル円はどんな通貨ペア?
ドル円はもっともメジャーな通貨ペアです。
他の通貨と違って値動きが安定していて、出回っている情報量も多いため、初心者向けの通貨ペアだと言えるでしょう。
ドル円の値動きは今後どうなる?
今後の値動きは断言できません。
しかし、今後は横ばいになる可能性が高いとされています。円安が進みすぎると経済にも打撃を与えるため、政府や銀行によって何らかの措置が講じられるでしょう。
とはいえ、コロナウイルスの影響もあるため、値動きについて予測するのは難しいです。
さらに円安が進むの?どう対策すればいい?
円安の対策については、海外資産の保有を検討しましょう。
外貨預金や米国株、投資信託などの海外資産に投資すれば、いくら円安が進んでも、資産が目減りすることはありません。
今まですべての資産を日本円にしていた方は、資産管理を見直すべきだと言えるでしょう。
円安になるとどんなメリットがあるの?
円安になると、海外資産の価値が相対的に高まります。
米国株や投資信託、外貨預金などを持っていた方は、去年から今年にかけて、大きく資産が増えたことでしょう。
円安になるとどんなデメリットがあるの?
円安になると、生活必需品や食品などの値段が上がります。
日本は、生活の多くを輸入品に頼って生きているため、日本円の価値が上がると輸入品の値段が高くなるのです。
生活を安定させるためにも、海外資産への投資を検討した方が良いでしょう。
ドル円はどんな要因で値動きするの?
ドル円は物価や景気、金利などと連動します。
また、極端に景気が悪くなると政府や銀行によって金融緩和・金融引き締めが行われ、これによって変動することも考えられます。
ドル円を取引するなら、日米両国のニュースを欠かさずチェックしましょう。

まとめ

ドル円は今後横ばいになる可能性が高いとされています。現在は急速な円安が進んでおり、政府や銀行の金融政策によって、これ以上の上昇は抑えられると考えられます。

ただし、新型コロナウイルスが影響を与える可能性もあり、断言はできません。ドル円のレートが気になる方は、以下の変動要因を押さえておきましょう。

値動きを確実に読むことは、どんなプロの投資家でもできません。リスクを抑えて取引するためにも、どのようにレートが変動しても良いように取引を進めていきましょう。

経済の流れをよく掴み、今後のドル円の動きを予測できるようになりましょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事