転職のやり方を6STEPで徹底解説!初心者でも失敗しないコツを紹介

初めての転職活動だと、「何から始めたら良いのかわからない」と悩む方も多いのではないでしょうか。

どのくらいの期間が必要なのか、必要な書類や手続きは何か、転職活動をはじめる前に知っておいた方がいいことも多いです。

この記事では、初めての転職でも失敗しないためのコツと、転職の基本的なやり方を6ステップで詳しく解説します。

記事の最後には、転職活動で登録しておくべき転職サイト・転職エージェントも紹介します。

転職活動で悩んでいる方、これから転職活動を始める方などは、ぜひ参考にしてくださいね。

一般的な転職活動のやり方・流れ

一般的な転職活動のやり方・流れ

一般的な転職活動は短い人で2〜3ヶ月、長い人で半年前後かかることが多いです。転職活動に必要な期間は、転職者本人の忙しさや、転職したい業界、条件などによって差があります。

転職活動の主な流れは、大きく6つに分けられます。

転職活動の流れ
  1. 転職活動の準備
  2. 応募書類の作成
  3. 求人に応募する
  4. 面接対策をする
  5. 内定を受ける
  6. 退職の手続きをする

3〜5の過程が、人によっては時間を要するかもしれません。その他の流れは基本的に、業界や年齢を問わず同じになるでしょう。

転職活動の長期化は、体力的にも精神的にもストレスになります。どのくらいの期間がかかりそうなのか、事前に自分でスケジュールを立てておくと安心です。

転職のやり方①転職活動の準備|1~2週間

転職のやり方①転職活動の準備|1~2週間

転職活動の準備は、転職を成功させるために最も重要です。最初のステップでずれてしまうと、後々、「こんなはずじゃなかった…」と後悔してしまうことになりかねません。

転職活動の主な準備
  • 自己分析
  • 情報収集

転職活動の準備として大切なのは、「自己分析」と「情報収集」です。実際に応募する企業を決める前に行うのが、とても重要となります。

まずは自己分析として、「なぜ転職したいのか」「どのような企業に転職したいのか」「転職してどうなりたいのか」「今の企業で満足している点はあるか」などを考えましょう。

自分の考えていることを明確にすることで、今後のステップで矛盾や迷いを減らすことができます。

さらに、自分の経験やスキルの棚卸しをしておくことも、とても重要です。今までの実績や経験など、なるべく具体的に伝えられるものが好ましいでしょう。

転職活動では、自分の今までの経歴や実績などに基づいて、転職先の企業にどのように貢献できるかをアピールする必要があります。

 数値や資格などを用いた実績は、誰にでもわかりやすくて、転職活動で有利に使えるはずです。

そして、情報収集も忘れずに行いましょう。自分の興味のある業界や業種、企業ではどんな求人がでているのか、必須条件はあるのかなど確認してください。

企業のホームページの社員インタビューや社員口コミサイトで、実際の働き方について調査しておくのも良いでしょう。自分が実際に働き出すことを想定してみると参考になりますよ。

失敗しないコツは?

転職のやり方①転職活動の準備|1~2週間

「転職すること」「転職活動をする」ことは全く別物であるということを理解しましょう。

転職に不安を感じている人の多くは、「転職活動=転職すること」と考えてしまっています。

転職活動を始めて、求人を見たり自己分析をしたからといって、すぐに今の会社を辞めなければいけないわけではありません。

 転職経験者に行ったアンケートでは、なんと76%の人が働きながら転職活動をしたと答えています。
※出典:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/3672/

働きながら転職活動をして、良い求人があれば応募するというスタンスで転職活動をすると、焦ることもなく、良い転職ができるでしょう。

転職のやり方②応募書類の作成|2~3週間

転職のやり方②応募書類の作成|2~3週間

想像よりも手がかかって、初心者がつまずきやすいのが応募書類の作成。一般的に転職の際に必要になるのは、履歴書や職務経歴書です。

特に職務経歴書は、書き方によって印象に大きく差ができるもの。選考結果にも影響しやすい書類なので、丁寧に作成するようにしましょう。

 見易さや伝わりやすさを意識することが重要です。

履歴書や職務経歴書のテンプレートは、ネット上や転職サイト転職エージェントのサービスで無料でダウンロードできるものがあるので、活用すると良いでしょう。

フォーマットや記入の規定に従って、相手に伝わりやすい書類を心がけて作成します。余白が目立ってしまったり、バランスが悪いと印象が良くないので丁寧に記入してください。

提出書類は、面接選考に進むためのとても重要な役割を担っています。

失敗しないコツは?

転職のやり方②応募書類の作成|2~3週間

書類の作成は、普段はなかなか行わないものなので、内容やフォーマットなどわからないことも多いでしょう。

また、自分では「良い」と思っていても、他人から見ると不明確な表現があったりもします。そんな時に利用したいのが、転職エージェントです。

 転職エージェントでは、提出書類の作成や添削をサポートのサービスを提供している場合が多くあります。

何人もの転職者の書類を見てきている転職カウンセラーに添削してもらえば、安心できますよね。

転職エージェントはほとんどが無料で利用できるので、活用しやすい点も心強いです。

転職のプロに相談すれば、初めての転職でもスムーズに進めることができるでしょう。

転職のやり方③求人に応募する|1~2週間

転職のやり方③求人に応募する|1~2週間

一通り必要な書類を作成したら、いよいよ求人を探して応募していきます。ここで大切なのが、「むやみやたらに応募しない」ということです。

新卒の就活の時などには、数十社にエントリーシートを応募した経験がある人も少なくないかもしれませんが、中途採用の就活では量より質が重要になります。

 丁寧に作成した書類を厳選した企業に提出しましょう。

なぜ新卒採用の時とそのような差があるのかというと、中途採用の方が新卒採用より募集人数が少なく、即戦力になる人を採用している場合が多いからです。

経験や実績がない新卒採用では、やる気やポテンシャルで採用が決まることがほとんど。一方で中途採用は、今までの社会人経験の中で培ったスキルや実績をもとに判断されます。

中途採用の場合は、自分の実績やスキルにあった企業に厳選してアピールすることが重要です。

そのため、志望動機や自己PRも、応募企業に合わせて書き直す必要があります。細かい作業とはいえ手間がかかることなので、企業厳選して応募した方が効率がいいでしょう。

失敗しないコツは?

転職のやり方③求人に応募する|1~2週間

「譲れるポイント」と「譲れないポイント」を自分の中で明確にしてから、求人探しを始めるようにしましょう。一度求人探しを始めると、すごい数の求人を目にすることになります。

その職種や業種、条件などはさまざまです。多種多様な求人に目を通していると、本来の自分の転職の目的からずれてしまうことがあります。

目的を見失わないように求人探しを進めましょう。

さらに、転職サイト転職エージェントをうまく使い分けることで、より効率的な転職活動が実現できるはずです。

 転職サイトでは、自分の希望条件を細かく絞って求人の検索が可能です。

「残業なし」「週休2休」「出張手当あり」など、自分の希望にあった求人を自由に検索しましょう。

たくさんの求人の全てに目を通す必要がないので助かります。

また、転職エージェントを利用することで、自分の希望条件に合った求人を転職支援のプロに紹介してもらうことができます。自分で探す手間が省けるので、忙しい人にはぴったりです。

転職エージェントでは、ネット上に公開していない非公開求人も数多く扱っており、その多くがネット上に公開すると応募が殺到するような人気企業の求人が多いでしょう。

転職のやり方④面接対策をする|4~5週間

転職のやり方④面接対策をする|4~5週間

転職活動のメインともいえる面接の対策をしていきます。面接対策では、基本的なマナーの確認と想定される質問に対する答えを事前に準備しておきましょう。

まずは、新卒の就活の時に行ったような面接マナーの確認を細かく行います。

 中途採用の就活では、社会人として最低限のマナーがあるのが前提として評価されるのを踏まえて振る舞いましょう。

新卒の就活の時よりも、中途採用面接の方が、面接官の目は厳しいはずです。そのことを忘れずに面接のシュミレーションを行いましょう。

さらに、想定される質問への返答は事前に準備しておくことが大切です。よく聞かれる質問の例を4つ紹介します。

面接でよく聞かれる質問
  • 転職の動機
  • 企業への志望動機
  • 活かせる経験・実績・スキル
  • 面接官への逆質問

これらの質問を想定して、熱意や企業があなたを採用するメリットがわかりやすく伝わる回答を用意しておきましょう。質問の回答に対しての深掘りの質問も想定しておくと安心です。

質問への回答は、シンプルで簡潔に答えると相手に伝わりやすく、印象も良いでしょう。

スキルや実績は、転職先でどのように貢献できるかに絡めて回答するとわかりやすいです。

失敗しないコツは?

転職のやり方④面接対策をする|4~5週間

Web面接を想定した対策をしておくのも大切です。近年、採用面接にWeb面接を導入する企業も増えています。

Web上だと細かな表情や感情が伝わりにくいことがあるので、意識しましょう。画面越しの会話に慣れていない人は、友人や家族に協力してもらって練習しておくと安心です。

対面のコミュニケーションにはない、ラグや音声の変化に慣れておくのが大切です。

Zoomなどのテレビ電話システムを使う企業も多いので、基本的な操作方法や、明るく映る位置、綺麗な背景など、事前にしっかりと確認しておきましょう。

転職のやり方⑤内定を受ける|1~2週間

転職のやり方⑤内定を受ける|1~2週間

面接を受けて内定をもらったら、その内定を受けるかを決めましょう。通常、1週間前後で内定を受けるか受けないか決める必要があります。

複数の企業で選考が進んでいる場合は、内定を受けるかの返事を1週間以内にしなければいけないことを考慮して、最終面接の日程を調整する必要があります。

 あらかじめ志望度を整理して、最終面接の日程を調整しましょう。

転職のやり方⑤内定を受ける|1~2週間

内定が出てからだと、ゆっくり悩んでいる時間があまりないので、最終面接に進んだ時点である程度、どこの企業に転職したいか、優先順位がつけられているとスムーズです。

どの企業に転職するか迷ってしまった場合は、「転職のやり方①」で考えておいた「譲れない条件」と「譲れる条件」をもとに、優劣をつけましょう。

 感情ではなく、条件を見て冷静に判断すると良いでしょう。

さらに、中途採用と、新卒採用の内定受諾の大きな違いは、中途採用では、場合によっては採用条件の交渉が可能ということです。

労働条件や給与に関しては特に、納得のいく内容かどうかをしっかり確認しましょう。給与は、残業費を含むのか含まないのかなど、表記がわかりにくい場合は採用担当に直接確認します。

せっかく転職するのだから、納得のいく条件で転職しましょう。

失敗しないコツは?

転職のやり方⑤内定を受ける|1~2週間

内定を受ける前には必ず、企業の社風を確認するようにしましょう。いざ転職してみたら「サービス残業まみれだった」「古臭いトップダウンの文化だった」ということになったら大変です。

社風を調べるときにおすすめなのが、「転職口コミサイト」と呼ばれるような、実際に働いている社員の企業に関する口コミが読めるサイトです。

 「OpenWork」や「転職会議」などが有名です。

匿名での投稿なので、かなり赤裸々に書かれている投稿も多くあります。あまりにも酷い口コミばかりの企業は、どんなに条件が良くても再検討した方が良いでしょう。

転職のやり方⑥退職の手続きをする|~1週間

転職のやり方⑥退職の手続きをする|~1週間

転職先が決まったら、今の会社を退社する手続きをしましょう。手続きがうまくいかず、時間がかかってしまったりすると、次の会社の入社日をずらすということにもなりかねません。

職場によっては、同僚への引き継ぎや、周りの人の退職時期などと重ならないように配慮が必要な場合もあります。実際に退職する1〜2ヶ月前には、上司に退職を申し出ましょう。

失敗しないコツは?

転職のやり方⑥退職の手続きをする|~1週間

スムーズに退社の手続きを進めるためには、事前にスケジュールを立てて交渉することも大切です。人材が不足している職場などでは、引き止められることも想定しておきましょう。

引き止められたときの反論も事前に用意しておくと良いでしょう。

最初に登録するべき転職サイト・転職エージェント

ここでは、転職を考えたときに、どんな方にもおすすめな転職サイト・転職エージェントを紹介します。

登録や閲覧、エージェントとのやりとりは全て無料です。転職に向けて大体の方向性を掴むためにも、ぜひ登録することをおすすめします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 転職支援実績No.1!
    ※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
  • 業界でもトップクラス!非公開求人が18万件以上!
    ※公式サイトより 2021年10月6日時点
  • 求人募集は全国に渡る
  • 面接対策などの転職サポートや業界ごとのセミナーが充実している

リクルートエージェントは転職業界では最大手で、規模と紹介実績ともに業界トップです。好条件な非公開求人も多数扱っており、長年の実績から、企業側からも信頼されている転職サイトです。
※公式サイトより

求人の種類も多岐に渡り、さまざまな職種や業界の求人を扱っており、視野を広く持って転職活動をしたいという人には活用しやすいでしょう。

転職エージェントとしてのサービスも兼ね備えており、業界大手の実績を持つ経験豊富なコンサルタントから転職のサポートを受けることができます。

リクルートエージェントの転職サービスは求人紹介にとどまらず、面接対策や、未経験の転職者向けに業界知識を深めるためのセミナーも開催しています。

リクルートエージェントの基本情報

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス 転職エージェント・求人検索・提出用書類添削・面接対策
公開求人数 129,061件※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

doda転職エージェントの特徴
  • 業界最大級!約10万件の求人情報を保有※公式サイトより
  • 「キャリアアドバイザー」と「採用プロジェクト担当」のダブルの転職サポート
  • 「エグゼクティブ」や「バイリンガル」など属性別専門のコンサルタントが在籍※公式サイトより

dodaでは、大手から中小企業、ベンチャー企業までさまざまな企業の求人を扱っています。業種や職種もさまざまで、求人が見つからないという心配はないでしょう。

求人サイトの検索機能にも長けており、他のサイトと比較しても条件を詳しく絞れたり、自分にあった求人が見つけ易いようになっています。

 dodaは転職エージェントの機能も兼ね備えており、転職サイトに登録するとエージェントからのサポートが受けられるようになります。

転職エージェントのサービスでは、一般に求人を公開していない企業の非公開求人なども紹介してもらうことができます。

さらに、サイトに登録している履歴書を見た企業から直接スカウトが受け取れるという機能もあり、1つのサイトでさまざまなサービスの利用が可能です。

dodaの基本情報

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス 転職エージェント・求人検索・スカウトサービス・Web履歴書
公開求人数 100,418件※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://doda.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴
  • 徹底した情報収集による他社にはないマッチング力※公式サイトより
  • 多様な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 夜間や土曜日でも回数や期間に制限なく相談できるサポート体制
  • 全国の支店にて対面で面談できる
  • 20代・第二新卒向けの求人が多い
  • 中小企業の求人に強い

20代・第二新卒向けの求人が多いことが特徴のマイナビエージェント。若手人材の転職や、中小企業の求人に強い転職サイトです。転職エージェントのサービスでは、熱心なコンサルタントから丁寧なサポートが受けられるという口コミも多いようです。

第二新卒を含めた若手の転職は、初めてでわからないことも多いので、実績のあるコンサルタントのサポートを受けながら転職活動が進められるのは心強いでしょう。

30代以上、大手への転職を考えている人にとっては、条件に合う求人が少ない可能性もあることを押さえておいたほうが良さそうです。

マイナビエージェントの基本情報

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス エージェントサービス・履歴書添削・面接対策・無期限のサポート
公開求人数 30,309件※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://mynavi-agent.jp/

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 転職支援実績No.1!
    ※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
  • 厳選非公開求人が10万件以上
    ※公式サイトより 2021年10月6日時点
  • 専門コンサルタントがフルサポート!
  • 面接対策などの転職サポートや業界ごとのセミナーが充実している

リクルートエージェントは、転職支援実績業界No.1※(1)の転職エージェントです。転職といえばリクルートエージェントという人もいるほど、高い知名度を誇ります。

その知名度は、幅広い世代、業界・業種や地域の求人を扱っていることが大きな要因です。転職活動を始めたばかりで、条件があまり絞れていない、色々な求人を見て決めたいという人には便利でしょう。

無料で登録できるので、求人を見るためだけに使っても大丈夫です。

さらに、リクルートエージェントでは各業界に精通したキャリアコンサルタントから転職のサポートを受けることができます。

その転職のサポートは、求人紹介だけに留まらず、面接対策、提出書類の添削、未経験の転職者向けに業界知識を深めるためのセミナーなども開催しています。

※(1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェントの基本情報

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス 転職エージェント・求人検索・提出用書類添削・面接対策
公開求人数 129,061件※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

doda転職エージェントの特徴
  • 業界最大級!約10万件の求人情報を保有※公式サイトより
  • 「キャリアアドバイザー」と「採用プロジェクト担当」のダブルの転職サポート
  • 「エグゼクティブ」や「バイリンガル」など属性別専門のコンサルタントが在籍※公式サイトより

dodaでは、大手から中小企業、ベンチャー企業までさまざまな企業の求人を扱っています。業種や職種もさまざまで、求人が見つからないと悩むことは少ないでしょう。

dodaの転職エージェントサービスでは、「キャリアアドバイザー」と「採用プロジェクト担当」のダブルサポート制度がとられているのが特徴的です。

年代や業界に関わらず、1人1人に合ったサポートを受けることができます。

転職後のキャリアややりがい、可能性についてアドバイスをくれる専任の「キャリアアドバイザー」と、各企業の担当として人事目線でサポートしてくれる「採用プロジェクト担当」。

2つの目線からのサポートを受けることで、目先の求人応募のみにとらわれず、転職後の人生やキャリアに沿った転職活動を行うことができます。

dodaの基本情報

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス 転職エージェント・求人検索・スカウトサービス・Web履歴書
公開求人数 100,418件※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://doda.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴
  • 徹底した情報収集による他社にはないマッチング力※公式サイトより
  • 多様な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 夜間や土曜日でも回数や期間に制限なく相談できるサポート体制
  • 全国の支店にて対面で面談できる
  • 20代・第二新卒向けの求人が多い
  • 中小企業の求人に強い

マイナビエージェントは、多様な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、業界ごとの特化型転職エージェントも兼ね備えていることが特徴です。

夜間や土曜日でも回数や期間に制限なく転職相談が可能。働きながらの転職活動で日中や平日は時間が取れないという人には心強いサービスです。

一般的なエージェントでは、サポート期間が3ヶ月前後に限定されていることも少なくありません。

20代や第二新卒向けの求人を多く扱っているのもマイナビエージェントの特徴です。経験が浅く、まだ実績やスキルが浅くても応募できる求人も多く揃っています。

マイナビエージェントの基本情報

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス エージェントサービス・履歴書添削・面接対策・無期限のサポート
公開求人数 30,309件※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://mynavi-agent.jp/

よくある質問

おすすめの転職方法は?
今の仕事を続けながら転職活動を進めて、転職先が決まったら退職するというのがスムーズでしょう。
転職経験者にしたアンケートで70%以上の転職者が働きながら転職活動をしていた70%以上の転職者が働きながら転職活動をしていたというデータも出ています。焦らず転職を進められるので良いでしょう。
一般的な転職活動の期間は?
2ヶ月から半年くらいが一般的でしょう。転職活動にかかる期間は、転職したい業界や業種、転職者の年齢やこだわりによって異なります。
転職活動を始める上で準備するべきことは?
「自己分析」と「情報収集」に取り組みましょう。転職活動をする上で、自分の希望する条件や、自分が持っている実績やスキルの棚卸しをしておくのが重要です。
さらに、転職したい業界や企業について調べたり、求人に目を通しておくとその後の転職活動がスムーズに進むでしょう。
書類作成の際のコツは?
フォーマットや書式に間違いがないようにインターネット上や転職エージェントでダウンロードできる無料のテンプレートなどを利用しましょう。
提出書類の仕上がりによって、選考の通過率や印象に大きく差が出るので、わかりやすいように丁寧に作成してください。
求人応募する際のコツは?
量より質を重視して、厳選した求人に応募していきます。新卒採用と違い、採用人数が限られている中途採用では、1つ1つの企業に丁寧なアピールが必要です。
自分の持っているスキルや実績が、どう転職先の企業に貢献できるのかをわかりやすく選考書類を通して伝えましょう。
面接対策のコツは?
基本的なマナーの確認と、想定される質問に対する答えを用意しておきましょう。転職動機・志望動機・実績やスキルなどは、必ず準備が必要です。
自分の熱意や、企業に自分を採用するメリットが伝わりやすい回答を用意しておくようにしましょう。
内定を受けるときのコツは?
内定を受けるかどうかの返事をするまでの期間は、1週間前後であることを押さえておきましょう。
志望している企業の最終面接が近くなるように事前に日程を調整しなければなりません。

まとめ

初めての転職はわからないことも多く迷ってしまうでしょう。実際に転職活動を始める前に、必要な期間や、やるべき事を確認しておくことでスムーズに転職を進めることができます。

しっかりと事前に準備をして、効率よく転職活動を進めましょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事