転職における自己PRとは?ポイントや思いつかない時の対処法も紹介!

自己PRは転職活動において非常に重要な項目で、自信を最大限アピールすることで内定に大きく近づきます。

しかし中には「自分自身にアピールできるポイントがない」「自己PRの作り方がわからない」と悩んでいる方も多いでしょう。

今回は転職における自己PRについて解説していきます。ポイントや思いつかない時の対処法も紹介しますので、最後までご覧ください。

転職に使う自己PRで悩んでいる方は必見です。

転職における自己PRとはどのようなもの?

転職活動で自己PRは至る所で求められます。ではそもそも自己PRとは一体何なのでしょうか?この章では自己PRとは何か、自己紹介と自己PRの違いなどを解説していきます。  

自己PRとは?

自己PRとは自分の得意分野や、会社に貢献できることなどを企業側にアピールする項目です。

 自己PRは面接やエントリーシート、履歴書など至る所で使用します。

自分を採用することによって、企業にどのようなメリットがあるのかを採用担当者は常に意識して評価しています。

自分自身の魅力を最大限発揮できるような文章を考え、採用担当者に興味を持ってもらえるようにしましょう。

自己PRは転職活動において非常に重要です。

自己紹介と自己PRの違い

自己紹介と自己PRを混同して考えてしまう方は非常に多いです。しかし企業側は自己紹介と自己PRを全くの別物と捉えています。

自己紹介は自分自身のことを簡潔に、相手に紹介するというものです。挨拶がてら行われることも多く、第一印象を決定づけるプレゼンだと言えます。

 自己紹介、自己PRを混同してしまうと、評価に大きく影響する場合もあります。

対して自己PRは、自分の経験を掘り下げて相手にPRするというものです。自己紹介よりも深く詳しく話すことが多いです。

自分の強みを強調しつつ、自分がどのように企業に貢献できるのかをアピールしていきます。

具体的なエピソードを交えて話すと、相手に伝わりやすくなります。

なぜ自己PRを求められる?

企業が自己PRを求めてくる理由としては「応募者が自社にフィットするか」「応募者がどのような人材か」などを見極めるためだと考えられます。

高い費用を払って採用をした新人が、すぐに辞めてしまったら損失になってしまうので、企業は長く働き続けてくれる人を求めているのです。

入社後のミスマッチを防ぐためには、面接という限られた時間の中で応募者を深く知る必要があります。

その判断材料として、自己PRを求める企業が多いのです。自己PRだけで合否が決まるわけではありませんが、重要な項目ということは確かです。

自己PRの話し方でコミュニケーション能力を図っている場合もあります。

転職における自己PRの考え方とは?

転職においても自己PRが重要だということを解説してきました。しかし「どうやって作ったらいいのかわからない」と悩んでいる方も多いでしょう。

そこで転職における自己PRの考え方をご紹介していきます。転職の自己PRは以下のような順番で作ってみましょう。

転職における自己PRの考え方
  1. 過去のキャリア・実績をまとめる
  2. キャリア・実績の厳選
  3. 厳選したキャリア・実績を能力・スキルに置き換える
  4. 100〜200文字程度にまとめる

1.過去のキャリア・実績をまとめる

自己PRを作成する最初のステップとして、自分の過去のキャリア・実績をまとめてみましょう。

自己PRを作成するにあたって、材料を集める必要があります。その材料となり得る素材が、自身のキャリアや実績の中にあるのです。

 キャリアの棚卸しと言われることも多いです。

やり方としては、今までやってきた仕事を時系列順に書き出します。その後、その仕事でどのような成果を上げたかを書き出しましょう。

過去にどのようなキャリア・実績を築いてきたかがわかれば、自分のアピールポイントやマッチングする業界・職種などが見えてきます。

初めは小さなことでも良いので、思いつく限り書き出してみましょう。

2.キャリア・実績の厳選

過去のキャリア・実績をまとめたら、それらを厳選するという工程に移ります。応募する企業にどのような能力やキャリアが求められているのか考えてみてください。

どのような能力が求められているのかがわかったら、それに見合ったキャリア・実績を厳選していきます。

 アピールポイントは2〜3つ程度に厳選することをおすすめします。

どんなに素晴らしいキャリア・実績を持っていても、志望企業とマッチしなければ評価を得ることはできません。

希望する会社がどのような人材を求めているのかをリサーチし、その人物像に合わせてアピールすることが重要です。  

3.厳選したキャリア・実績を能力・スキルに置き換える

続いては先ほど厳選したキャリア・実績を能力・スキルに置き換えるという工程を行いましょう。

置き換えた能力・スキルは、面接や履歴書などで見出しのような役割を果たします。厳選したキャリア・実績を達成するために必要だったものを考えると簡単です。

 簡単に言い換えた方が、面接や履歴書などで伝わりやすくなります。

例えば「新規開拓営業を5年間勤め、売り上げを200%アップさせた」というキャリア・実績があるとします。

この場合「新規開拓営業の能力がある」「積極性が高い」「フットワークが軽い」「目標意識が高い」などの能力・スキルに置き換えられるでしょう。

ここまでで材料集めは完了です。

4.100〜200文字程度にまとめる

最後にこれまで集めてきた材料を使用して、自己PR文を作り上げていきます。多くの場合、自己PRは100〜200文字程度が良いと言われています。

最初は1、2で実践してきた過去のキャリア・実績をエピソードを交えて記載しましょう。

 抽象的な長所や学生時代・プライベートのエピソードなどは使わないようにしましょう。

続いて3で集めた能力・スキルが、志望企業でどのように活かせるのかを記載します。

内容を絞り、伝えるテーマを簡潔にまとめようにしましょう。詰め込みすぎると、わかりにくい自己PRになってしまうので要注意です。

気になる点があれば面接の際、採用担当者の方から深掘りしてくれることでしょう。

転職の自己PRを作る際のポイントとは?

ここまで転職活動で使用する自己PRの作成方法について解説してきました。自己PRの完成度が高ければ転職活動の成功率を上げることにも繋がります。

ここでは転職の自己PRを作る際のポイントを解説していきます。自己PRを作成する際のポイントとしては以下のようなものが挙げられます。

転職の自己PRを作る際のポイント
  • 要点を抑えてわかりやすく作成する
  • 数字を使って具体的に
  • エピソードを交えて説得力アップ
  • 詰め込みすぎない
  • 企業が求める人物像に合わせて作成する

要点を抑えてわかりやすく作成する

要点を抑えてわかりやすく作成することは、転職の自己PRを作る際の重要なポイントです。

自己PRでは長々とした文章ではなく、簡潔な内容が求められます。最低限以下のような内容を抑えておけば良いでしょう。

自己PRで抑えるポイント
  • 過去のキャリアや実績
  • 過去のキャリアや実績により、何ができるのか
  • 入社後どのようなことをしたいか

たくさんアピールしたいことがある方だと、詳しく説明したくなると思いますが、そうするとわかりにくい自己PRになってしまいます。

要点を抑えてわかりやすくした上で、話題を統一すると非常にわかりやすい自己PRになることでしょう。

完成したら自分でも読み直してみましょう。

数字を使って具体的に

数字を使用すると、具体的で、より分かりやすい自己PR文になります。売り上げ◯倍増、◯%アップなど数字を使うことを意識してみましょう。

自己PR文に数字を入れ込むことによって、実績やキャリアの説得力がアップするだけでなく、非常にわかりやすい内容になります。

エピソードと交えて使用すると有効な方法です。

エピソードを交えて説得力アップ

転職の自己PR文にエピソードを交えると、分かりやすい内容になるだけでなく、説得力がアップします。

 エピソードは成功談だけでなく、失敗談でも問題ありません。

注意点としてはあくまで自分主体のエピソードに限定して入れ込むということです。他人が主体のエピソードを入れてしまうと、自分の能力をアピールしにくくなってしまいます。

何か使えるエピソードがないか、自身の過去を思い出してみましょう。

詰め込みすぎない

転職の自己PRを作成するにあたって、詰め込みすぎないようにするのは非常に重要なポイントとなっています。

自己PRを詰め込みすぎてしまうと、わかりにくくなってしまい、評価を落とすことにもなりかねません。

 伝える内容が多ければ多いほど、それぞれの印象は弱くなります。

特にアピールしたい内容が多い人だと、1つでも多くの要素を詰め込みたくなる気持ちもわかりますが、アピールポイントは2、3個に絞りましょう。

文字数の目安としては100〜200文字程度に抑えておくのが良いでしょう。

企業が求める人物像に合わせて作成する

企業が求める人物像に合わせて自己PRを作成することは非常に重要です。どんな企業でも「こんな人に入社してもらいたい」という人物像を提示しています。

どんなに素晴らしいスキルやキャリアを持っていたとしても、志望する企業が求める人物像と合っていなければ意味がありません。

 企業が求める人物像は求人情報から知ることができます。

企業研究と自己分析の結果を照らし合わせながら、マッチングするスキルや能力をアピールすると効果的です。

転職の面接で自己PRを求められた場合の注意点とは?

自己PRは面接でも求められることも多いです。面接で自己PRを求められた際に、混乱してしまいうまく答えられないという方も多いでしょう。

そこで転職の面接で自己PRを求められた場合の注意点について解説していきます。注意点としては以下のようなものが挙げられます。

転職の面接で自己PRを求められた場合の注意点
  • 結論から述べる
  • 時間を指定される場合も
  • 履歴書に記載した自己PRとかけ離れた内容は避ける
  • 丸暗記での回答は避ける

 

結論から述べる

転職の面接で自己PRを求められた場合は、結論から話出すということを心がけましょう。

自己PRの結論は自分の強みです。強みを最初に述べて、それに付随するエピソードをつけていく方が、話はスムーズです。

 結論から話し出すことによって、自分の主張をより強調することができます。

面接で自己PRを求められた際は「私の長所は◯◯です」「私は〇〇なスキルがあります」などと端的にスタートしましょう。

わかりやすく伝えるという姿勢を忘れないようにしましょう。

時間を指定される場合も

転職の面接では「3分で自己PRをしてください」といったように、時間を指定される場合もあります。

時間を指定された場合でもやることは変わりません。慌てず対処しましょう。

 人間が1分間に話せる語数は、約400文字程度だと言われています。

事前に1分で指定された場合、3分で指定された場合など、いくつかのパターンに分けて自己PRを準備しておくことをおすすめします。  

履歴書に記載した自己PRとかけ離れた内容は避ける

転職の面接で自己PRを求められた場合、履歴書や職務経歴書に記載した自己PRの内容とかけ離れた内容は避けましょう。

あまりにも履歴書や職務経歴書に書かれた内容とかけ離れていると、どちらを伝えたいのか面接官を混乱させることになります。

 履歴書や職務経歴書の内容とかけ離れていると、評価を落とす原因にもなります。

言い回しを若干変えるくらいは問題ありませんが、大筋の内容はしっかり把握し、食い違いがないようにしましょう。

事前に履歴書・職務経歴書の控えをとっておき、再確認しておくと良いでしょう。

丸暗記での回答は避ける

転職の面接に、履歴書・職務経歴書の内容、事前に用意した回答を丸暗記して挑むのは絶対にやめましょう。

応募者のことを評価しようとしている面接官に対して、丸暗記で挑むと不快感を与えてしまうこともあります。

 丸暗記して面接に臨んでも、面接官はすぐに見破ります。

途中で少し間が空いてしまっても評価を落とされることはありません。できるだけ自然な会話を心がけましょう。

丸暗記では自身の魅力が最大限伝わりません。

転職の自己PRが思いつかない時の対処法

自己PRを作成する際「自分にはアピールするようなことはない」と悩んでしまう方も多いことでしょう。

そんな方に向けて転職の自己PRが思いつかない時の対処法を解説していきます。対処法としては以下のような方法が挙げられます。

転職の自己PRが思いつかない時の対処法
  • 失敗した時について思い出す
  • モチベーショングラフを作成してみる
  • 自分の個性を考えてみる
  • 転職エージェントやキャリアアドバイザーに相談する

失敗した時について思い出す

自分の過去を振り返って、失敗した時について思い出してみるのも自己PRを作成する上で有効です。

失敗した時にどのように考えて、どのように改善していったかをしっかりアピールできれば、有効な自己PRとなり得ます。

成功体験をアピールすることだけが自己PRではありません。

モチベーショングラフを作成してみる

もし自己PRの作成に行き詰まったら、モチベーショングラフを作成してみると、自己PRの材料が見つかるかもしれません。

 モチベーショングラフとは出来事に対してモチベーションがどのように変化したかをグラフ化したものです。

モチベーショングラフを作成したら、モチベーションが上がっている時期に注目してみましょう。

モチベーションが高かった時期に取り組んでいた仕事の中に、自己PRで使用できるようなエピソードが出てくるかもしれません。

モチベーショングラフは横軸を時間、縦軸をモチベーションの増減にするとわかりやすいです。

自分の個性を考えてみる

自己PRの作成に悩んだら、自分という人間に個性はないのか立ち返ってみましょう。特に自分の趣味や好きなことを考えてみることをおすすめします。

 一見仕事と関係のない事柄でも、仕事につながるエピソードが見つかることもあります。

趣味がなくても「スマホで写真を撮ることが好き」「お酒が好き」など好きなことは一つくらい見つかるはずです。

好きなことを通じて人柄や、努力した点などが見えて来れば、自己PRとして使用することができます。  

転職エージェントやキャリアアドバイザーに相談する

自己PRを1人で作成することが困難だと感じたら、転職エージェントやキャリアアドバイザーに相談するのも有効です。

第三者に自分の強みはどこか聞いてみると、自分では思いもしなかった項目が挙がるかもしれません。

 相談する際、経歴書やモチベーショングラフなどを持参するとスムーズです。

友人や家族に相談してみても良いですが、転職エージェントやキャリアアドバイザーに相談すると確実です。

転職に関するプロに相談すれば、あなたの強みを見つけてくれるだけでなく、自己PR文の添削なども行ってくれます。

自己PR対策におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 転職支援実績No.1!
    ※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
  • 厳選非公開求人が10万件以上
    ※公式サイトより 2021年10月6日時点
  • 専門コンサルタントがフルサポート!
  • 面接対策などの転職サポートや業界ごとのセミナーが充実している

リクルートエージェントは、転職支援実績業界No.1※(1)の転職エージェントです。転職といえばリクルートエージェントという人もいるほど、高い知名度を誇ります。

その知名度は、幅広い世代、業界・業種や地域の求人を扱っていることが大きな要因です。転職活動を始めたばかりで、条件があまり絞れていない、色々な求人を見て決めたいという人には便利でしょう。

無料で登録できるので、求人を見るためだけに使っても大丈夫です。

さらに、リクルートエージェントでは各業界に精通したキャリアコンサルタントから転職のサポートを受けることができます。

その転職のサポートは、求人紹介だけに留まらず、面接対策、提出書類の添削、未経験の転職者向けに業界知識を深めるためのセミナーなども開催しています。

※(1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェントの基本情報

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス 転職エージェント・求人検索・提出用書類添削・面接対策
公開求人数 129,061件※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

doda転職エージェントの特徴
  • 業界最大級!約10万件の求人情報を保有※公式サイトより
  • 「キャリアアドバイザー」と「採用プロジェクト担当」のダブルの転職サポート
  • 「エグゼクティブ」や「バイリンガル」など属性別専門のコンサルタントが在籍※公式サイトより

dodaでは、大手から中小企業、ベンチャー企業までさまざまな企業の求人を扱っています。業種や職種もさまざまで、求人が見つからないと悩むことは少ないでしょう。

dodaの転職エージェントサービスでは、「キャリアアドバイザー」と「採用プロジェクト担当」のダブルサポート制度がとられているのが特徴的です。

年代や業界に関わらず、1人1人に合ったサポートを受けることができます。

転職後のキャリアややりがい、可能性についてアドバイスをくれる専任の「キャリアアドバイザー」と、各企業の担当として人事目線でサポートしてくれる「採用プロジェクト担当」。

2つの目線からのサポートを受けることで、目先の求人応募のみにとらわれず、転職後の人生やキャリアに沿った転職活動を行うことができます。

dodaの基本情報

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス 転職エージェント・求人検索・スカウトサービス・Web履歴書
公開求人数 100,418件※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://doda.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴
  • 徹底した情報収集による他社にはないマッチング力※公式サイトより
  • 多様な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 夜間や土曜日でも回数や期間に制限なく相談できるサポート体制
  • 全国の支店にて対面で面談できる
  • 20代・第二新卒向けの求人が多い
  • 中小企業の求人に強い

マイナビエージェントは、多様な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、業界ごとの特化型転職エージェントも兼ね備えていることが特徴です。

夜間や土曜日でも回数や期間に制限なく転職相談が可能。働きながらの転職活動で日中や平日は時間が取れないという人には心強いサービスです。

一般的なエージェントでは、サポート期間が3ヶ月前後に限定されていることも少なくありません。

20代や第二新卒向けの求人を多く扱っているのもマイナビエージェントの特徴です。経験が浅く、まだ実績やスキルが浅くても応募できる求人も多く揃っています。

マイナビエージェントの基本情報

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス エージェントサービス・履歴書添削・面接対策・無期限のサポート
公開求人数 30,309件※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://mynavi-agent.jp/

よくある質問

自己PRとはなんですか?
自己PRとはとは自分の得意分野や、会社に貢献できることなどを企業側にアピールする項目を指します。
転職における自己PRと自己紹介の違いはなんですか?
自己紹介は自分自身のことを簡潔に、相手に紹介するというものです。対して自己PRは、自分の経験を掘り下げて相手にPRするというものです。
転職の自己PRを作成するポイントを教えてください。
転職の自己PRを作成する上で重要なポイントとしては、簡潔にまとめる、企業が求める人物像に合わせて作成する、詰め込みすぎないなどが挙げられます。
転職活動で使用する自己PRが思いつきません。どうしたら良いでしょうか?
自己PRが思いつかない場合、失敗した時について思い出す、自分の個性を考えてみる、転職エージェントやキャリアアドバイザーに相談するといった対処法がおすすめです。

まとめ

今回は転職における自己PRについて解説してきました。転職においても自己PRは非常に重要な項目です。

自己PRで自身のことを最大限アピールすることができれば、内定に大きく近づけます。

自己PRで悩んでいる方は、周りの人に相談してみると良いでしょう。

この記事を参考に、自分なりの自己PRを作ってみてください。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事