転職は怖い?不安を解消するコツや転職すべき人の特徴などを解説!

転職を決意した瞬間、様々な不安や恐怖を抱く人も多いです。「内定がもらえないかも」「長引いたらどうしよう」などの悩みを抱えている方も多いでしょう。

今回は転職活動に関する不安について解説していきます。不安の解消方法や、転職すべき人の特徴などもまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。

少しでも転職に不安を抱えている方は要チェックです。

転職のどんなところに不安を感じる?

転職する際、漠然とした不安や恐怖を感じる方も多いでしょう。実際転職に対して不安を抱く人も多いようです。

転職のどんなところに不安を感じるのかについて解説していきます。転職で感じる不安は以下のようなものが挙げられます。

転職で感じる不安
  • 自分が満足のいく転職先を見つけられるか
  • 自分の長所やキャリアを適切に評価してもらえるか
  • 現職と転職活動を両立できるか
  • 転職活動がどれだけ長引くか
  • 転職先にうまく馴染めるか
  • 昇給はできるか

自分が満足のいく転職先を見つけられるか

自分の満足のいく転職先を見つけられるかを不安に感じている人は非常に多いです。

転職活動をしていく上で現職と両立して行かなくてはならない場合も多く、誰もが労力に見合った良い転職先を見つけたいことでしょう。

 マイナビニュースによれば「転職に失敗した」と思う人は10%程度だそうです。

出典:マイナビニュース

しかし転職はどれだけ情報収集をしてもわからないことが多いので、あれこれ悩むよりは行動して見ると良いでしょう。

新しいことへの挑戦は誰しも不安を抱えるものです。

自分の長所やキャリアを適切に評価してもらえるか

多くの人が自分の長所や歩んできたキャリアを生かせる仕事に就きたいと思っていることでしょう。

それと同時に「自分の長所やキャリアが評価されなかったらどうしよう」と不安に思う人も多いと思います。

 自分のキャリアに対して過剰に執着することは「キャリアノイローゼ」とも呼ばれています。

しかし仮に就活に失敗したからといって、あなたの長所や積み上げたキャリアが無に帰すことはありません。 胸を張り、自信を持って転職活動に挑んでみてください。

素晴らしいキャリアやスキルを持っていても、転職はゼロからのスタートだという気持ちを持ちましょう。

現職と転職活動を両立できるか

学生時の就職活動と異なり、転職活動は現職の業務をこなしながら行うことも多いです。

面接の日は現職を欠勤・早退しなくてはならない場面も出てくるため周りの目も気になることでしょう。

 転職活動をしたために、現職の同僚から白い目で見られたというケースもあります。

特に初めて転職活動を行う人は、どれだけ大変かがわからないため、抱きやすい不安要素だと言えることでしょう。

両立するためには綿密なスケジュールを組む必要があります。

転職活動がどれだけ長引くか

転職活動のゴールは希望する会社に内定をもらうことですが、そこまでどれほどの時間がかかるかは人によって異なります。

転職活動が長引くと「もしかすると内定がもらえないかもしれない」と不安を感じることでしょう。

 一般的に転職活動にかかる時間の目安は約3ヶ月だと言われています。

また転職活動が長引いていくと、金銭面や生活面での不安も募っていきます。

安心して転職活動を行うために、ある程度の生活防衛費を用意できることが理想です。

転職先にうまく馴染めるか

転職先の人間関係や社風などに馴染めるかどうか不安に思う人は多いです。特に現職の人間関係に問題を抱えている方は尚更だと思います。

 転職したい理由でも人間関係に関する理由はトップに入ってきます。

人間関係が既に出来上がっている場に加わるので、このような悩みを持つことは至極当然のことだと言えるでしょう。

内定を貰った後だと、より不安が浮き彫りになる方も多いですが、気にしないのが1番です。

どこでも良い人、悪い人は一定数います。

昇給はできるか

現職の待遇に不満を持ち、転職を決意する方も大勢います。しかし「また転職先でも同じようなことにならないか」と不安に思う方も多いでしょう。

実際転職したことによって収入が大幅に下がった、なかなか昇給しないというケースも少なくありません。

 転職後に抱く悩みにも待遇・福利厚生に関する悩みは必ずといって良いほど入ってきます。

しかしこの悩みに関しては、仕事が始まらないとどうにもなりません。前向きに転職活動に励みましょう。

待遇に関しては求人サイトで情報収集することができます。

不安でも今すぐ転職活動を始めるべき人の特徴は?

転職活動をしたいと思っても「自分は今転職するべきなのか」「まだ早いのではないか」と不安に思う方も多いでしょう。

そこで今すぐに転職活動を始めるべき人の特徴を解説します。転職活動を始めるべき人の特徴は以下のようなものが挙げられます。

今すぐ転職活動を始めるべき人の特徴
  • やりたいことが明白
  • 現職の給料・待遇に不満を持っている
  • 労働環境が悪質
  • 人間関係が良好でない
  • 現職に将来性がない

やりたいことが明白

やりたいことが明白で、それに向かって努力できる人は、転職をすることによって理想のキャリアを歩むことができる可能性が高いです。

 理想とするキャリアを求めて転職活動を行う人も非常に多いです。

例えば外国語を仕事で生かしたくても事務職要素が強い部署にいては、思いを実現することは難しいでしょう。

明らかに自分が進みたい道ではない場合、転職を考えてみることをおすすめします。

今現在の状況と、自分の思いを比較してみましょう。

現職の給料・待遇に不満を持っている

現職の給料・待遇に不満を持っている方は転職を考えても良いでしょう。業界ごとの年齢別平均年収をリサーチし、大きく下回っているのであれば要検討です。

不満を抱えながら現職に留まれば仕事へのモチベーションは落ちますし、精神的ダメージも計り知れません。

 給料が低くても福利厚生が充実しており、かなりの恩恵を受けている場合もあります。

仕事に見合った給料・待遇を受けることができれば、仕事への姿勢もさらに前向きになることでしょう。

収入がアップすれば、自己投資して高みを目指すことも可能です。

労働環境が悪質

悪質な労働環境に置かれている方は今すぐにでも転職を考えるべきだと言えるでしょう。

労働環境が悪質だと体調を崩し、仕事に復帰することも難しくなってしまいます。悪質な労働環境で働いていたがために自殺をしてしまった例もあります。

 長時間労働、過剰なサービス残業、パワハラ、セクハラなどは法律に抵触します。

その会社でしかあなたがやりたい仕事ができないわけではありません。体を壊す前に一刻も早く現状を打破しましょう。

何をするにも体が資本です!

人間関係が良好でない

もし嫌がらせやいじめを受けているなどの場合は今すぐにでも転職を考えるべきです。

人間関係に問題を抱えていると、チームとして仕事をすることができませんし、過剰なストレスを抱える原因にもなります。

 厚生労働省の調査によれば、人間関係上の理由で転職した人は男性で7.2%、女性で12.1%いました。

しかし自分の性格などが原因で人間関係が良好でない場合、転職しても同じような状況に陥ってしまう可能性があります。

転職して人間関係の悩みから解放されるとは限りません。

現職に将来性がない

下請け業務しか受けていない、1つの取引先に依存しているといった会社が倒産してしまい、職を失う可能性も否めません。

また業界全体がこれ以上成長の余地がない場合もあります。そうなると会社が倒産するリスクも高まるでしょう。

 需要が著しく減少している、新しい技術の対等によって侵食される恐れがある業界を斜陽産業と言います。

転職を決意する前に、自分が働いている業界の将来性などをリサーチしてみることをおすすめします。

転職活動に不安を感じる人が知っておくべきこととは?

実際に転職活動を決意した際、うまく内定を勝ち取ることができるかどうか不安になってしまいます。

少しでもスムーズに転職活動を進めるために、転職活動に不安を感じる人が知っておくべきことを解説していきます。

転職活動に不安を感じる人が知っておくべきこと
  • 必要な物は事前に準備しておく
  • しっかりスケジュールを立てた上で行う
  • 在職中に同僚などに情報が漏れると立場が悪くなることも

必要な物は事前に準備しておく

転職を決意した瞬間から、転職活動に必要な物の準備に取り掛かりましょう。特別な物は必要ありません。

転職活動に必要な物としては、パソコン、スマホ、メールアドレス、スケジュール管理ツール、活動資金、転職サービスなどが挙げられます。

 メールアドレスはGmailなどのフリーアドレスで問題ありません。

事前にしっかり準備を立てておくことによって、転職活動への不安や恐怖を和らげることにも繋がるでしょう。

直前で慌てることのないようにしましょう。

在籍中、離職後に転職活動を行うメリット・デメリット

在職中に転職活動を行うメリットとしては、経済面での不安が格段に少なくなることです。

しかし転職活動が長引いてしまうと仕事との両立が厳しくなる、綿密なスケジュールを練る必要があるなどのデメリットもあります。

 在職中に転職活動を行っていても、採用担当の評価が変わることはありません。

一方で離職後に転職活動を行うメリットは時間に余裕が持てることです。そのため思う存分転職活動に打ち込めることでしょう。

デメリットとしては金銭的に苦しくなることが多い、離職期間が長いと経歴に傷がつくとなどが挙げられます。

どちらが正解というわけではありません。

在職中に同僚などに情報が漏れると立場が悪くなることも

在職中に転職活動をしているという情報が漏れてしまうと、社内での立場が悪くなってしまう可能性もあります。

現職で良好な人間関係を築いていた場合、不信感を覚えられてしまっても仕方のないことでしょう。

 退職届けの提出〜最終出勤まで1〜3ヶ月の期間がありますので、それまで気まずい思いをするかもしれません。

人の目が気になるという方は、自分が転職活動をしているという情報は絶対漏らさないようにしましょう。

普段の言動、SNSへの投稿へは細心の注意を払いましょう。

転職の不安を解消する方法とは?

初めて転職活動に取り組む方は、転職に対して漠然とした不安や恐怖を感じてしまいがちです。

そんな不安や恐怖を抱く向けに転職の不安を解消する方法について解説していきます。

転職の不安を解消する方法
  • 自己分析を念入りに行う
  • 転職経験者に話を聞きにいく
  • 企業リサーチは徹底的に行う
  • 余裕のあるスケジュールを作成する
  • 転職後、役に立つスキルや資格の準備をする
  • 転職先の社員と話す機会ももらう
  • 転職エージェントに相談する

自己分析を念入りに行う

転職に対する不安を解消するためには自己分析が非常に効果的です。自分の長所やスキル、歩みたいキャリア像が曖昧だと、漠然とした不安を抱きやすくなります。

転職活動を行う前に自分の長所や欠点を洗い出し、欠点を補えるような行動を実現していくことが必要です。

 自己分サービスを提供している転職サイト・エージェントも数多くあります。

自己分析でキャリア面だけではなく、プライベートでもどのような人間でいたいかなどを洗い出せば必然的に進むべき道も見えてくることでしょう。  

転職経験者に話を聞きにいく

転職活動に対して不安や恐怖を抱いたら、転職経験者に話を聞きに行くことをおすすめします。

転職経験者に話を聞くことができれば、ネット上にはない転職のリアルな情報を知ることができます。

 ネットで転職経験者の体験談などを見ても良いでしょう。

友人や知人に転職活動経験がある人はいないか探してみましょう。転職エージェントやセミナーを利用するのもおすすめです。

人に話を聞いてもらうだけでも不安や恐怖は和らぎます。

企業リサーチは徹底的に行う

転職活動をしていく上で企業リサーチは必要不可欠です。徹底した準備をしておけば内定に繋がりやすくなります。

また企業の社風や給料、待遇、求められる人物像などが分かれば、対策も練りやすくなることでしょう。

 人間は得体の知れない物に対して不安や恐怖を抱く傾向があります。

企業を徹底的にリサーチすることによって、入社後にイメージとのギャップを防ぐことにもつながります。

社員と直接やりとりできるサービスもありますので、活用してみてください。

余裕のあるスケジュールを作成する

転職活動において余裕のあるスケジュールを作成することは非常に重要です。時間に追われていると不安や焦りを誘発する可能性があります。

そのため気になる企業を見つけたら、どのようなスケジュールで選考が行われるのかしっかり確認しましょう。

 転職活動には履歴書、職務経歴書を作成する必要があります。

面接が平日に行われる場合、現職を休まなくてはならない可能性もありますので、早めに休暇届を提出する必要があります。

必要書類は繰り返し時間をかけて確認するだけで、丁寧な仕上がりになります。

転職後、役に立つスキルや資格の準備をする

転職をしようかどうか悩み始めたら、転職後に役立つスキルや資格の準備をしておくと良いでしょう。

新たなスキルや資格を身につけることで、今まで考えられなかったキャリアを歩めることもあります。

 FPやMOS、TOEICなどの資格は持っていると一目置かれることも多いです。

結果転職せずに現職に残ったとしても、取得したスキルや資格は必ず役に立つことでしょう。

何もせずにいるより、何かしながら悩んだ方が建設的です。

転職先の社員と話す機会ももらう

もし内定をもらった会社に何か不安を感じているのなら、転職先の社員と話す機会をもらうと不安解消につながります。

実際に職場に行き、見聞きすることによってネット上では得られない情報を得ることができるのです。

 企業に対する口コミなどをネットで見ることもできます。

1人で悩んでいるだけでは何も解決しませんので、とにかく前向きに行動することを心がけましょう。

社会人としてのマナーを守っていれば、何も問題はありません。

転職エージェントに相談する

「転職したいけど周りに相談できる人がいない」という方は、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは転職に精通したプロですので、適切なアドバイスをくれることでしょう。

 転職エージェントでは企業とのマッチング、書類の添削、待遇などの交渉も行ってくれます。

転職活動を始めたいと思ったら、最初に転職エージェントを頼ると不安を抱えにくくなります。

転職エージェントは基本的に無料で利用できます。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 転職支援実績No.1!
    ※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
  • 厳選非公開求人が10万件以上
    ※公式サイトより 2021年10月6日時点
  • 専門コンサルタントがフルサポート!
  • 面接対策などの転職サポートや業界ごとのセミナーが充実している

リクルートエージェントは、転職支援実績業界No.1※(1)の転職エージェントです。転職といえばリクルートエージェントという人もいるほど、高い知名度を誇ります。

その知名度は、幅広い世代、業界・業種や地域の求人を扱っていることが大きな要因です。転職活動を始めたばかりで、条件があまり絞れていない、色々な求人を見て決めたいという人には便利でしょう。

無料で登録できるので、求人を見るためだけに使っても大丈夫です。

さらに、リクルートエージェントでは各業界に精通したキャリアコンサルタントから転職のサポートを受けることができます。

その転職のサポートは、求人紹介だけに留まらず、面接対策、提出書類の添削、未経験の転職者向けに業界知識を深めるためのセミナーなども開催しています。

※(1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェントの基本情報

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス 転職エージェント・求人検索・提出用書類添削・面接対策
公開求人数 129,061件※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

doda転職エージェントの特徴
  • 業界最大級!約10万件の求人情報を保有※公式サイトより
  • 「キャリアアドバイザー」と「採用プロジェクト担当」のダブルの転職サポート
  • 「エグゼクティブ」や「バイリンガル」など属性別専門のコンサルタントが在籍※公式サイトより

dodaでは、大手から中小企業、ベンチャー企業までさまざまな企業の求人を扱っています。業種や職種もさまざまで、求人が見つからないと悩むことは少ないでしょう。

dodaの転職エージェントサービスでは、「キャリアアドバイザー」と「採用プロジェクト担当」のダブルサポート制度がとられているのが特徴的です。

年代や業界に関わらず、1人1人に合ったサポートを受けることができます。

転職後のキャリアややりがい、可能性についてアドバイスをくれる専任の「キャリアアドバイザー」と、各企業の担当として人事目線でサポートしてくれる「採用プロジェクト担当」。

2つの目線からのサポートを受けることで、目先の求人応募のみにとらわれず、転職後の人生やキャリアに沿った転職活動を行うことができます。

dodaの基本情報

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス 転職エージェント・求人検索・スカウトサービス・Web履歴書
公開求人数 100,418件※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://doda.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴
  • 徹底した情報収集による他社にはないマッチング力※公式サイトより
  • 多様な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 夜間や土曜日でも回数や期間に制限なく相談できるサポート体制
  • 全国の支店にて対面で面談できる
  • 20代・第二新卒向けの求人が多い
  • 中小企業の求人に強い

マイナビエージェントは、多様な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、業界ごとの特化型転職エージェントも兼ね備えていることが特徴です。

夜間や土曜日でも回数や期間に制限なく転職相談が可能。働きながらの転職活動で日中や平日は時間が取れないという人には心強いサービスです。

一般的なエージェントでは、サポート期間が3ヶ月前後に限定されていることも少なくありません。

20代や第二新卒向けの求人を多く扱っているのもマイナビエージェントの特徴です。経験が浅く、まだ実績やスキルが浅くても応募できる求人も多く揃っています。

マイナビエージェントの基本情報

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス エージェントサービス・履歴書添削・面接対策・無期限のサポート
公開求人数 30,309件※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://mynavi-agent.jp/

よくある質問

転職に漠然とした不安を抱えています。どうしたら解消できますか?
転職に不安を抱えている場合、とにかく何か行動してみることをおすすめします。企業のリサーチ、資格の勉強、経験者へのヒアリングなどを行うと良いでしょう。
転職活動は離職してから行うべきですか?それとも在職中に並行して行っても良いのでしょうか?
転職活動に決まりはありません。自分が取り組みやすい方を選択してみて下さい。
転職活動には何が必要ですか?
転職活動で必要な物としてはパソコン、スマホ、メールアドレス、スケジュール管理ツール、活動資金、転職サービスなどが挙げられます。
転職活動を行う際のポイントや注意点はありますか?
余裕を持ったスケジュールを作成する、情報は多角的に捉えるといったところに注意してみてください。

まとめ

今回は転職に関する不安について解説してきました。転職したい方、特に初めて転職活動に取り組む方は漠然とした不安や恐怖を覚えることでしょう。

しかし悩んでばかりでは何も始まりません。少しでも前向きな気持ちを持って、行動してみましょう。

皆さんの転職活動が成功することを祈っています。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事