税理士の難易度と合格率とは?自分に最適な受験プランを探そう

税理士試験は税金についての豊富な知識を持つプロフェッショナルです。国家資格の中でも超難関資格ですが税理士になれば独立開業、生涯働けるななどのメリットがあります。

取得するにあたって「税理士の難易度や合格率ってどのくらい?」「税理士試験に合格するにはどのような勉強方法がおすすめ?」などのギモンがあるかもしれません。

そこで本記事では、税理士を目指す方に向けて、税理士資格の取得方法や難易度・合格率、勉強方のポイントや対策方法、おすすめの通信講座について詳しく解説します。

税理士を目指すことを検討されている方は、ぜひ参考にして最短合格を目指しましょう。
税理士を目指すなら「資格の大原」

資格の大原 税理士

税理士官報合格占有率50%を超える資格の大原は、短期合格実現のため日々研究が行われているビジネス国家資格取得者に強い講座です。
サポートやフォロー制度が充実しており、模擬試験の採点や質問メールをもって受講者の弱点を補填し、一人ひとりに寄り添うサポートが定評
最小単価3,000円から受講が可能なので、一度公式HPを要チェックです。

税理士とは?取得方法や試験概要

税理士とは

税理士とは?税理士免許の取得方法や試験概要

税理士とは、税金の幅広い知識を持つスペシャリストです。企業の成長につながる税務・会計業務を通じ、スムーズに納税できるように手助けをする仕事です。

 その専門性の高さから税金に関しての業務は全て税理士の独占業務となっており、平均年収は約958万円と一般労働者の平均年収よりも高めに設定されています。

具体的な仕事内容は大きく分けて2つあり、1つは税理士法人や会計事務所にて税務業務や税務コンサルティングなどの税理士の独占業務に従事することです。

2つ目は一般企業の管理部門で企業の経営が健全に進むように、財務状況を確認しながら自社の税務などを自社内で処理する仕事などが挙げられます。

税理士は実績を積めば将来的に独立開業もできるため、収入面でも恵まれた職業といえます。

税理士資格の取得方法

税理士とは?税理士免許の取得方法や試験概要

税理士資格は国家資格の中でも超難解資格と言われており、他の資格に比べてそう簡単には合格できないのが税理士試験です。

 税理士試験は合計5科目あり平均して約3000時間の勉強をする必要があると言われています。約5年間程度勉強しなければいけません。

税理士資格を取得するには、税理士資格を合格することはもちろんのこと、その後2年間は租税や会計に関する事務の経験を付けます。

その後にやっと1人前の税理士として活躍できるようになるので、早くて20代後半〜30代前半に税理士になる方が多いです。

税理士は会計学2科目と税法3科目、合計5科目に合格しなければいけないため勉強量が非常に多いです。

税理士試験の難易度を合格率から徹底解説

合格率から測る難易度

税理士試験の難易度とは?

結論、税理士試験の合格率は15%〜20%前後です。毎年約3万人の受験者数のうち合格者は5千人前後となっています。

 平成30年は受験者数30,850人•合格者数4,716人•合格率15.3%。令和元年は受験者数29,779人•合格者数5,388人•合格率•18.1%となっています。

また、令和2年は受験者数26,673人•合格者数5,402人•合格率20.3%、直近の令和3年は合格者数5,139人•合格率18.8%です。

ここ10年の合格率を見ると約15〜20%前後を推移しています。10人に2人は合格しますが決して合格率が高いとは言えないデータです。

税理士試験はマークシートはなく、全て記述式なところも難しい要因の一つと言えます。

合格ラインについて

税理士試験の難易度とは?

税理士の合格ラインは、各項目ともに満点の60%です。試験は簿記論や財務諸表論の会計学2科目と、所得税法や相続税法、消費税法などの税法3科目について行われます。

 税理士試験は科目合格制なので1科目ずつ受験することが可能です。会計学2科目、税法3科目と合計5科目に合格した時に初めて税理士資格を取得できます。

税理士試験は税理士に必要な学問と識見、その知識や経験に基づいた応用能力を発揮できるかどうかが判定基準となっています。

各科目ともに合格基準は満点の60%ですが、試験の平均点数が高ければ合格人数を調整することもあります。
出典:「税理士試験の概要」国税庁

勉強・試験合格の難易度

税理士試験の難易度とは?

税理士の試験はマークシートではなく、全て記述式の試験なので非常に難しいです。

マークシートであれば分からない問題が出てきても、提示された選択肢を勘で塗り潰すことができますが記述式は誤魔化すことは一切できません。

 つまり、税理士の試験は知識をインプットするだけのペーパーテストではなく、実践で使えるようなアウトプットができるレベルが求められます。

税理士試験に合格するには早くて2〜3年、人によっては10年以上かかるケースもあるので、非常に難易度が高い試験と言えます。

税理士試験は年齢が高くなればなるほど合格率が低くなるので、一年でも早く若いうちに取得するように努めましょう。

税理士試験の科目別合格率

税理士試験の科目別合格率

税理士試験の科目別合格率は、特に会計科目に関する簿記論、財務諸表論は合格率が高い傾向にあります。

 一方で税法科目である、所得税法と法人税法は合格率が低く10〜15%前後を推移しており、苦手意識を持つ方が多い科目です。

下記の表は平成28年度〜令和2年度の科目合格率です。

科目合格率(%) 令和2年度 令和元年度 平成30年度 平成29年度 平成28年度
簿記論 22.6 17.4 14.8 14.2 12.6
財務諸表論 19.0 18.9 13.4 29.6 15.3
所得税法 12.0 12.8 12.3 13.0 13.4
法人税法 16.1 14.7 11.6 12.1 11.6
相続税法 10.6 11.7 11.8 12.1 12.5
消費税法 12.5 11.9 10.6 13.3 13.0
酒税法 13.0 12.4 12.8 12.2 12.6
国税徴収法 12.2 12.7 10.7 11.6 11.5
住民税 18.1 19.0 13.5 14.3 11.7
事業税 13.1 14.8 11.0 11.9 12.9
固定資産税 13.5 13.7 14.9 13.3 14.6

直近5年間のデータですが、直近数年では相続税法、消費税法、国税徴収法の合格率が低い傾向になっており、簿記論と財務諸表論の合格率が高いことがわかります。

 合格基準は全科目60%以上ですが、合格人数は予め決められています。全体の合格平均点が高ければ、60点以上でもふるい落とされる可能性があるということです。

つまり、受験生の10〜15%以内に入らなければ税理士試験には受かることができません。

競争に勝つことができた人が税理士になれるということです。
出典:「税理士に関する情報」国税庁

税理士に独学で勉強して合格できる?

独学は厳しいのでおすすめしない

税理士に独学で勉強して合格できる?

税理士試験は日本国内でもトップレベルに難しい試験なので、独学で勉強しても合格するのに時間がかかるのでおすすめしません。

 なぜなら、独学だと試験に出やすい傾向の問題が分からなかったり、分からない問題を誰にも相談できないからです。

また、税理士のテキストや問題集はあまり充実しておらず、勉強しようとしても良い教材がないなどの問題があるのも現実です。

なので、独学にこだわるのではなく、しっかりとプロの税理士から学べるような通信講座やスクールに入ることをおすすめします。

独学だと分からない問題を放置して、得意な科目しかやらなくなるなどの問題も生じてくるので注意しましょう。

今人気なのは通信講座

税理士に独学で勉強して合格できる?

最近は難関資格を目指す方が通信講座を利用し、時間と場所にとらわれずインターネット経由で学ぶ方が増えています。

 通信講座は動画でプロの講師が授業をしてくれることに加え質問もすることが可能です。さらに受講料が安いのが大きな魅力と言えます。

以前は予備校に通い100万近くの費用をかけている方が多くいましたが、今では通信講座を利用して数十万程度(20〜50万程度)で学習に取り組む方が増えています。

税理士試験を目指す人におすすめの通信講座3選

毎年3万人の受験者数のうち、合格者はたったの5,000人前後と合格率はここ10年間15〜20%を推移している税理士試験。マークシートではなく全てが記述式となっていることも合格への壁が高い要因の一つです。

税理士の合格ラインは各項目ともに満点の60%となっていることや、人によって学習期間が10年以上かかるケースもあることからも、質の高い教材や講義を受講することが必須といえるでしょう。

ここでは、当サイトが厳選した税理士試験に強く、評判や合格率、質が高い通信講座をご紹介します。
価格はもちろんのこと、合格率やテキストを含む教材や講師陣の質、講義の満足度といった項目でも徹底比較してご自身に合った講座を見つけてくださいね。

士業系の資格の中では比較的合格率が高いとはいえ、例年の合格率は20%を切る結果が続いていることからも、独学で学習を進めるよりは断然、税理士の資格取得学習に長けた通信講座を利用して学習を進めることが一番の近道です。

 例えば資格の大原の税理士資格コースを利用した受講生の合格率は驚異の50.2%と、資格の大原受講生の2人に1人は合格を掴んでいる結果となっています。

最安で3,000円から受講することができ、各分野の全国統一公開模擬試験を受けることも可能。圧倒的な受験者数を誇るため、全国レベルで自身の実力を測ることができます。

税理士におすすめの通信講座
資格の大原
STUDYing
LEC東京リーガルマインド
資格の大原 スタディングSTUDYing LEC東京リーガルマインド
主な講座の価格
  • 最安:3,000円(税込)
    「全国統一公開模擬試験 」
  • 230,000円(税込)
    「初学者一発合格コース」
  • 158,000円(税込)
    「【時間の達人】初学者
    短期合格コース」
  • 最安:一括:13,200円
    「直前対策講座 法人税法
    [2023年度合格目標]」
  •  一括:59,800円(税込)
    分割:月々5,100円×12回から
    「簿材2科目セット
    [2023年度合格目標]

  • 一括:49,800(税込)

  • 最安:2,750円(税込)
  • 225,500円(税込)
  • 33,000円(税込)

合格率

  • 合格率:50.2%
  • 合格実績:294名
合格実績:168名合格など
  • 簿記論:16.5%
  • 財務諸表論23.9%
  • 所得税法:12.6%
  • 法人税法:12.8%
    合格率はこちら

サポート体制

  • 講師とマンツーマンの
  • 電話・来校で質問回答
  • 欠席サポート
  • 就職・転職サポート
  • 学習フロー
  • 学習レポート
  • マイノート機能など
  • 無料体験入学・
  • Web・電話で質問
  • インターネット質問チューナー
詳細

※出典:各社公式サイト・すべて2022年7月時点
※ランキングは合格率が高い順・価格はすべて税込み

資格の大原

資格の大原 税理士

資格の大原の特長
  • 税理士官報合格者が約50%!※公式サイトより
  • 経験豊富な講師陣が多数在籍している
  • サポート・フォロー制度が充実している
  • 多彩な学習スタイルから最適なものを選べる

資格の大原の特長

資格の大原は全国に校舎を構える大手資格予備校です。ビジネス国家資格を中心に、キャリアアップに繋がるような資格講座が揃っています。

資格の大原は経験豊富な講師陣が多数在籍しています。毎年の試験を分析し、短期合格を実現させるために日々研究が行われています。

 受講者一人一人に寄り添う指導で好評を得ています。

資格の大原はサポート・フォロー制度が充実しているのも特徴です。模擬試験の採点、質問メールなど受講者の弱点を補填するサポートが豊富。

また使われていない教室を自習室として利用できます。通信講座受講生でも利用できますので積極的に利用しましょう。

校舎は全国展開なので、最寄りの校舎をリサーチしてみましょう。

資格の大原の税理士コースの特長

資格の大原の税理士コースは高い合格率を誇っています。2021年税理士官報合格者の50.2%が資格の大原の受講生でした。

これほど高い合格率は優秀な講師陣が多数在籍・指導することで実現しています。資格の大原税理士講座では人気講師の教室講義を、家にいながら視聴することが可能です。

 消費税法・財務諸表論・法人税法などそれぞれの科目の専門講師が指導してくれます。

また資格の大原の税理士講座はコースも豊富。「直前対策パック」「模擬試験パック」など受講者のニーズに合わせた学習を提供しています。

科目ごとの学習コースも完備されているので、苦手科目だけを受講するのもおすすめです。

税理士コースの概要

主な講座の価格※1
  • 最安:3,000円(税込)
    「全国統一公開模擬試験 」
  • 230,000円(税込)
    「初学者一発合格コース」
  • 158,000円(税込)
    「【時間の達人】初学者短期合格コース」
教材の特長
  • 各科目1番人気の講師の映像講義
  • 講義時間60分の「時間の達人シリーズ」
  • 初学者でも合格できるカリキュラム
  • 効率的に学習ができるオリジナル教材
サポート体制
  • 講師とマンツーマンのサクセスミーティング
  • 電話・来校で質問回答
  • 欠席サポート
  • 就職・転職サポート
合格率・合格実績
  • 合格率:50.2%
  • 合格実績:294名※2
学習スタイル
  • 勉強通学
  • 映像通学
  • Web通信
  • 資料通信
対応地域 全国

※出典:公式サイト
※1:2022年6月現在 (複数科目セット割引:〜2023年7月31日まで)
※2:2021年度実績

STUDYing

STUDYing 税理士

STUDYingの特徴
  • 2021年の税理士試験の合格者は168名!※公式サイトより
  • PC・スマホで気軽に学習できる
  • 受講費が安い
  • 割引制度が充実

STUDYingの特徴

STUDYingはスマホ学習に特化した通信講座です。隙間時間で効率的に学習し、短期合格を目指せます。講義→問題→復習という流れを徹底することにより、短期間でもしっかり記憶を定着させるのです。

 講義動画は30分〜1時間程度で、倍速再生が可能です。

またSTUDYingは他社と比べても受講料金が非常に安いのも特徴です。STUDYingでは紙のテキストを発行せず、全て電子テキストを利用します。

そのためコストを削ることに成功しており、低価格を実現しているのです。

税理士講座は20万円を超えることも珍しくありません。

STUDYingの税理士コースの特長

STUDYingの税理士コースは科目ごとに細かく分かれています。法人税法・消費税法・国税徴収法など自分が学習したい科目だけ受講するのも有効です。

STUDYingの税理士講座は初学者〜学習経験者まで、それぞれのレベルに合わせたコースが開講されているので、自分のレベルに合ったものを選びましょう。

 試験前に不安が残る方は「直前対策講座」がおすすめです。

またSTUDYingの税理士講座は割引制度もあります。 現在「簿財2科目アドバンスパック」「簿財2科目パーフェクトパック」の2講座を11,000円OFFで購入できます。

割引は度々行われていますので、さらに費用を抑えたいという方は要チェックです。

税理士コースの概要

主な講座の価格※1
  • 最安:一括:13,200円円
    「直前対策講座 法人税法[2023年度合格目標]」
  •  一括:59,800円(税込)
    分割:月々5,100円×12回から
    「簿材2科目セット[2023年度合格目標](2022年度合格コース付)」
  • 一括:49,800(税込)
    分割:4,200円×12回〜
    「法人税法[2023年度合格目標](2022年度合格コース付)」
教材の特長
  • スマート問題集・倫理暗記ツール
  • スマホの基本講座でスキマ時間学習
  • 実践問題形式のトレーニング
サポート体制
  • 学習フロー
  • 学習レポート
  • マイノート機能など
合格率・合格実績 合格実績:168名合格など ※2
学習スタイル オンライン
対応地域 全国

※出典:公式サイト
※1:2022年6月現在(〜7月31日まで)
※2:2021年度実績

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド 税理士

LEC東京リーガルマインドの特徴
  • 各税理士科目の専門講師が徹底指導!
  • 学習サポートが充実している
  • 自社作成のわかりやすいテキスト
  • 無料の体験講義動画を配信

LEC東京リーガルマインドの特徴

LEC東京リーガルマインドは法律系資格の名門予備校として有名です。通学がメインですが、近年では通信講座にも力を入れています。

学習サポートが充実しているので、挫折しやすい通信講座でも安心です。

 無料体験講義・インターネット質問フォロー・スコアオンラインなど数多くのサポートが実施されています。

またLEC東京リーガルマインドは講師陣の実力にも定評があります。LEC東京リーガルマインドでは各科目のスペシャリストが多数在籍しています。

過去問の分析なども徹底的に行われており、予想問題の的中率も非常に高いです。

税理士試験の問題は毎年10問以上を的中させています。

LEC東京リーガルマインドの税理士コースの特長

LEC東京リーガルマインドの税理士コースは自社作成のテキストがわかりやすいのが特徴です。税理士コースでは「簿財横断テキスト」が利用されています。

こちらは簿記論・財務諸表論の2科目同時合格を目指すことを目的に作成されています。

重要度をA〜Cの3段階にランク付け複雑な情報をわかりやすくする図表など効率的な学習に必要な情報が全て詰まっているのです。

 短期間合格を目指すテキストになっているので、重要なところは重点的に学習するシステムです。

また講師陣には優秀な人材を多数揃えており、並木秀明(財務諸表論)・富田茂徳(簿記論・財務諸表論)など心強いメンバーばかりです。

講師歴が10年を超えるようなベテランが多数在籍しています。

税理士コースの概要

主な講座の価格※1
  • 最安:2,750円(税込)
    「全国公開模試」
  • 225,500円(税込)
    「初学者向け:23簿財横断プレミアムコース(全104回)(Web受講)」
  • 33,000円(税込)
    「直前対策パック(Web受講)」
教材の特長
  • 選べる受講プラン
  • 知識以外の受験ノウハウを伝授してくれる講師陣
  • 簿財一体型の「簿財横断テキスト」
  • 税理士本試験で、LEC税理士講座の直前期に実施した模試の答練が多数的中
サポート体制
  • 無料体験入学・お試しWeb受講制度
  • Web・電話で質問
  • インターネット質問チューナー
合格率・合格実績※2
  • 簿記論:16.5%
  • 財務諸表論23.9%
  • 所得税法:12.6%
  • 法人税法:12.8%

その他合格率はこちら

学習スタイル オンライン
対応地域 全国

※出典:公式サイト
※1:2022年6月現在(割引:〜2023年7月31日まで)
※2:2021年度実績

税理士試験の難易度に関するよくある質問

税理士とは?

税理士とは税金に関する豊富な知識を持っているスペシャリストです。企業経営の健全化を推進させたり、税務・会計業務を通じてスムーズに納税できるように手助けするお仕事です。

税理士試験の難易度とは?
税理士試験の難易度は非常に高いレベルとなっており、合格率は10%〜20%が平均で最低でも3000時間(年数にして約4〜5年)の勉強時間が必要となるため、超難解資格と言われています。
税理士試験に受かるには何年かかる?
税理士試験に受かる年数は公的な統計データはありませんが、通信講座などでは2〜3年程度のプランで提示しているところも多いです。税理士試験は5科目あるので2〜3年で受かる人は少ない傾向があります。
税理士はどうやってなるの?
税理士になるには、約5年間税理士の勉強をして年に1度行われる税理士試験に合格することはもちろん、その後2年以上の租税や会計に関する事務の経験をしてやっと一人前の税理士として活躍できるようになります。
税理士の資格を取得するメリットとは?
税理士の資格を取得するメリットは、実績を積み上げることで独立・開業ができる。就職・転職に有利になる。平均年収約958万円と頑張り次第で数千万円と稼ぐことが可能。学歴に関わらず活躍できるなどが挙げられます。
税理士試験を目指す人におすすめの通信講座とは?
過去10年間で15342名の合格者を排出した高い実績のある「U-CAN(ユーキャン)」、受講生へのフォロー体制や実績が評価されている「たのまな」、高難易度の資格で高い合格率を輩出している「フォーサイト(Foresight)」が税理士試験におすすめの通信講座です。

まとめ

国家資格の中でも超難解資格だと言われる税理士資格を取得できれば、年収が1000万円以上を超えたり、将来自分で独立開業できるなど可能性が広がります。

税理士資格の合格率は20%前後と低く、最低でも3000時間の勉強は必要です。他の資格と比べて非常に難易度は高いため独学で学ぶのは難しい資格でもあります。

通信講座であれば試験に出る問題を重点的かつ効率的に学ぶことができるので、税理士になりたい方は通信講座を検討してみることをおすすめします。

税理士資格は魅力も将来性も高い資格なので、通信講座を利用して資格取得に挑戦してみてください。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事