スタディングの司法書士講座の口コミ評判徹底調査!おすすめな人の特徴

司法書士は、裁判所や法務局へ提出する書類などの作成を行う法律専門の国家資格です。司法書士になるためには、難易度の高い司法試験に合格しなければなりません。

司法書士の資格を取得するには、どの通信講座を受けるのがいいか迷う方も多いのではないでしょうか。費用は抑えて、でもしっかりサポートもしてくれる通信講座を選びたいと思う方もいるでしょう。

今回は短期合格を徹底的に研究した「スタディング」の司法書士講座について講座の内容を解説していきます。

スタディング利用者の口コミや向いている人の特長について合わせて紹介します。

スタディングとはどんな通信講座?

STUDYing(スタディング)

スタディングの特長
  • 効率的に実力を高める7つの「スタディングメソッド」
  • 紙媒体の教材よりも効率的なビデオ・音声講座
  • 他社よりも圧倒的にコストを抑えた価格※1

効率的に実力を高める7つの「スタディングメソッド」

スタディングでは、短期合格者の学習方法を研究・分析し、だれでも同じように効率的に実力を高めることができる「スタディングメソッド」を構築しているのが特徴です。

スタディングメソッドとは?
  • 短期間で集中的に繰り返すと記憶に定着する
  • 丸暗記ではなくイメージやストーリーを活用すると忘れにくい
  • 得点に結びつくことから勉強する
  • スキマ時間を生かして勉強する
  • 問題・過去問は無理に解かずに覚えてしまう
  • 試験本番を想定した練習をする
  • 最後まで完走する

この7つの原則を用いて効率に学べるようになっています。受講者の学習システムも自社で開発され、改良を繰り返されています。

この原則に従って紙媒体の教材ではなく、効率的に学べるオンライン講座であるのが特徴です。

紙媒体の教材よりも効率的なビデオ・音声講座

ビデオ音声講座

1講座あたり30分のビデオ講座や音声講座で、スキマ時間を活かしてスムーズなインプットができるのが特徴です

 板書したり、テキストが手元になくても理解できるように図やイラストの豊富なビデオ講座になっています。

短期間でも記憶に定着するように、イメージやストーリーも入れて忘れにくくしています。ビデオ講座の中で重要ポイントを視覚的に分かりやすいイメージに置き換え、音声を使って聴覚的にも学ぶこともできます。

受講者がスタディングで学ぶと学習履歴が蓄積されるようになっているため、そこからさらにデータを分析してシステム開発に活かしています。

他社よりも圧倒的にコストを抑えた価格※1

スタディングでは通信講座にかかる費用をできるだけ抑えて、低価格で受講できるのが特徴です。「合格に関係ないコスト」を削減しているため安い価格で受講することが可能になっています。

 ITを活用し運営システムを開発したので、コストを大幅に削減することができました。

学びやすく続けやすい内容で、簡単に学習環境が整うオンライン講座を低価格で提供しています。

※1同種の資格講座を提供している業者のうち、当社が販売開始時点で調査した範囲での比較

スタディングの司法書士講座の基本情報

司法書士講座 49,500円~
教材内容
※司法書士総合コース
  • 基本講座
  • WEBテキスト
  • 要点暗記ツール
  • 記述式雛形暗記ツール
  • スマート問題集
  • セレクト過去問集
  • 記述式解法講座
  • 記述式問題/解答例・解説(PDF)
  • 添削指導サービス
添削 あり
質問 なし
サポート制度
  • 学習レポート
  • 学習フロー
  • マイノート機能
  • 勉強仲間機能
  • スタディングアプリ

※参照:スタディング公式サイト

スタディングの司法書士講座が選ばれる理由

STUDying 司法書士講座

スタディングの司法書士講座の特長
  • 短期合格を目指す効率的な学習に最適
  • オンラインで受講が完結
  • 割引やお祝い金制度あり
  • 学習レポートで進捗状況の可視化ができる

短期合格を目指す効率的な学習に最適

机に座らなくても勉強ができる、新しい学習スタイルの講座が特徴です。スキマ時間を活かして学習ができるように、ビデオや音声でインプット学習が可能です。

 マルチデバイスに対応しているのでスマホやPCをフル活用して、通勤時間や移動時間、昼休みにも勉強をすることができます。

短期合格に必要最低限の知識を盛り込んだオンライン版のテキストも魅力の一つです。

Webで閲覧したり、印刷して書き込んだりと柔軟に利用することができます。

オンラインで受講が完結

オンライン

スタディングでは、スマホやタブレットなどを利用したオンライン通信講座です。分かりやすい動画講座や問題演習、記憶をサポートする学習ツールも充実しています。

要点暗記ツール」は口語の論点が箇条書きで記載してあり穴埋め形式で理解を深めることが可能です。このようなツールも全てインターネット環境があれば、いつでも振り返ることができるようになっています。

基本講座で学んだ内容を覚えるための問題集や出題頻度の高い問題を厳選した過去問題集も人気を集めています。

割引やお祝い金制度あり

スタディングの司法書士講座は、「スキルアップ割引」が対象の講座です。過去にスタディングで受講したことがある方や、現在受講中も方も他のコースをお申し込みの際に割引を受けることができる制度です。

過去に対象コースを受けていて、今回司法書士講座(合格コースコンプリート)を受講する場合、最大6,600円の割引を受けることができます。

 他にも、スタディングを利用して対象試験に合格した方に対して「合格お祝い制度」も実施しています。

「司法書士合格コース」「司法書士総合コース」「司法書士記述式対策コース」の3つうちどれかを受講して合格した場合に、最大10,000円を受け取ることができます

お祝い金制度で、モチベーションアップにも役立ちますね!

学習レポートで進捗状況の可視化ができる

学習レポート

スタディングで学習した内容を可視化できる「学習レポート」があります。学習時間や進捗状況などが自動で集計され、数値とグラフで表示されます。

 自分の学習状況を「見える化」することで、モチベーションアップや学習習慣を身に付けるのにも役に立つでしょう。

スタディングはウェブテキストがメインになっている講座なので、オンライン上で講座の「まとめ」を自由に作ることができる「マイノート機能」があります。

ウェブ上で板書を取りさらにスマホで確認することができるので、学習環境を選ばず復習もできるスタイルが人気です。

「暗記ツール付きクラウド型自習ノート」として利用でき、受講期間が終了してもスタディングを退会するまで使える便利な機能です。

スタディングの司法書士試験は受からない?評判や口コミを解説

オンライン講座

スタディングの講座は低価格で、インターネット環境があれば学習ができるオンライン講座であるのが特徴です。

スタディングの司法書士講座に関する評判について解説していきます。

司法書士講座の良い口コミ

スマホさえあれば学習できます。
ビデオ講座は項目ごとに細かく説明があるため、知っていることはとばせるし、わかりにくいことは繰り返し見ることができます。
見るだけではなく、問題を解くこともできるのですが、そのすべてがスマホで完結するので、本当にスキマ時間で学習ができて助かっています。
引用:みん評
資格取得に最適です!
司法書士の先輩に伺った際にスタディングをオススメされたので受講しました。講座や教材の分かりやすさが全然違うなと思いました。
なので実力に自信が無い方でも取り組めるのではないでしょうか。講座はビデオ講座と音声講座がありますが、どちらもクオリティが高く初心者でも分かりやすい内容でした。
講座や学習の進捗に合わせてテキスト・過去問・暗記ツールを有効活用することで、確実に実力をつけることが出来ています。
引用:みん評
時間が無い人こそやるべき!
インターネットで忙しくても資格を取得できるというフレーズを見て、無料講座を試してみたのがきっかけです。スマホでテレビを見ているような感覚で大事な所だけをしっかり学習できたのがとても印象的でした。
1講座が30分程度で短い時間で学習できるので、会社から帰ってきてからも、「よしやるぞ!」という気持ちで学習できました。
引用:みん評
良い口コミには、スマホで完結する通信講座ならではの学習スタイルについてのコメントが多くありました。時間がない人でも30分程度のビデオ講座なら、テレビ番組を見ているような感覚でスキマ時間を使った学習ができる点が強みでしょう。

ビデオ講座と音声講座の併用や、その他のツールも合わせて利用するとより効果的な学習ができますね。

司法書士講座の悪い口コミ

紙のテキストがないと不便
価格が安いし、スマホ1つあれば勉強できるという魅力的なふれこみだったので受講しました。しかし、テキストが付いていないのでその都度自分で印刷しなければならないのが大変で辞めました。
オプションでテキスト付を選ぶのなら最初からテキストが付いてくる通信講座を受験する方がいいと思いました。
引用:みん評
中身のない講義内容
中身がスカスカでレジュメを棒読みしているだけの講義で残念でした。講義と小テストの問題がリンクしていない点も気になります。独学でテキストを買って学習するか、別の通信講座を検討した方がいいと思いました。
引用:みん評
悪い口コミでは、紙ベースのテキストがない不便さや講義内容にバラつきがあるという口コミが見受けられました。紙のテキストに慣れている方には、PDFデータで閲覧するウェブテキストが使いにくいと感じる方もいるでしょう。

そのような時はあらかじめ紙テキスト付きのコースを受講するか、「冊子型オプション」で紙テキストを付けることもできるので検討してみてください。

スタディングの司法書士講座のコース一覧

講座一覧

スタディングでは5種類の司法書士コースから選択ができます。ベーシックな基礎が学べる講座や、記述式で解法のプロセスを学びたい人、印刷された紙ベースのテキストがセットになったコースもあります。

どれにしようか迷っている人は、ベーシックな「司法書士合格コース」がおすすめです!
講座名 受講料 特徴
司法書士合格コース 49,500円(一括) 基礎からしっかり学びたい方向け
冊子型オプション 22,000円(一括) 印刷された紙テキストで学習したい方向け
司法書士オプション問題集+暗記ツールセット 44,000円(一括) 問題集や暗記ツールを追加したい方向け
司法書士記述式対策コース 49,500円(一括) 記述式問題の解答力を学びたい方向け

※参照:スタディング公式サイト

スタディングの司法書士講座の合格率は?

合格率

一般的に司法書士試験の合格率は、4%~5%と低く難関試験の一つです。合格率が4%~5%の試験ではありますが、受験資格が設けられていないので受験時点で受験生の学力が必ずしも一定とは限りません。

そのため、合格率をそれほど気にする必要はないでしょう。

 ちなみに、スタディングを含めその他の通信講座でも司法書士試験の合格率を公表していません。

通信講座では、正確な試験結果を集計するのが難しく試験を受けたかどうかに関しても信ぴょう性が低いことから合格実績の公表を控えていると思われます。

スタディングの公式サイトでは合格者のコメントを見ることができるので、多くの受講生が受けていることが分かるでしょう。

スタディングの司法書士講座がおすすめな人

おすすめな人

スタディングの司法書士講座がおすすめな人
  • 通信講座の受講費用を抑えて受験したい人
  • スマホやPCを利用したオンライン講座が受講できる人
  • 普段の生活が忙しくスキマ時間をフル活用したい人

通信講座の受講費用を抑えて受験したい人

スタディングの通信講座の特徴は受講料の安さです。他社と比較しても低価格で受講することができます。司法書士講座の場合、49,500円から受講が可能です。

受講料の安さの理由として、通常の場合紙ベースのテキストが付かないことと、講師による質問サービスがない点があげられます。

 紙ベースのテキストがなくても理解しやすく工夫されたビデオ講座と、「勉強仲間機能」で同じ資格を目指す仲間同士励ましあうことができるような体制が整っているのが特徴です。

紙テキストがいい方向けに、別途オプションも用意してあります。

司法書士講座のコースはオプションの異なる数種類の講座を用意していますので、自分に合った講座を選んでみてください。

スマホやPCを利用したオンライン講座が受講できる人

スタディングの学習方法の特徴は、スマホやPCを使ったオンライン講座です。普段からスマホやPCなどで作業することが慣れている人には使いやすいと感じる講座でしょう。

 司法書士試験の学習がすべてオンライン上で完結する点が最大の魅力です。

テキストは動画内で閲覧したり、PDFデータでも確認ができます。問題集や過去問題もWebアプリでテストができるので、テキストがなくても学習できるようになっています。

ビデオ講座を閲覧しながらオンライン上でメモが取れたり、スタディングアプリで講義動画をダウンロードするとコース・科目ごとに自動で整理されるので、いつでも講義を視聴することができます。

普段の生活が忙しくスキマ時間をフル活用したい人

司法書士の試験を受けるために、まとまった学習時間が取れない人もスタディングの通信講座なら確実に合格を目指すことができます。動画を見て学ぶ「オンライン講座」になっているので、スキマ時間をフルに活用することができるでしょう。

 ビデオ講義は1講座30分程度で視聴できるボリュームなので、通勤時間や寝る前など短い時間でインプットできるのが特徴です。

運転中で動画が見れないシーンや子育てで手が離せない時も、音声講座で耳で聞いて学習することもできるので、状況に応じた学習ができます。

映像と音声を両方使って効率的に学習できるのが特徴です。

司法書士試験の概要について

試験概要

司法書士試験は、筆記試験と口述試験の2段階試験になっています。ここでは試験の概要を紹介します。

受験資格 なし
申込方法
  • 法務局の窓口
  • 郵送
受験申請受付期間
(出願期間)
毎年4月末から5月中旬までの10日間程度
受験日
  • 筆記試験:毎年7月の第一日曜日
  • 口述試験:毎年10月
受験料 8,000円
筆記試験科目
【午前の部】
9:30~11:30
マークシート形式:35問
筆記試験科目
【午後の部】
13:00~16:00
  • マークシート形式:35問
  • 一部記述式:2問

口述試験科目
※筆記試験合格者のみ

口述式:1人約5分
※面接官2名が受験生1人に口頭で回答を求める
合格率(令和3年度) 5.14%

※参照:法務省_司法書士試験

まとめ

難易度の高い国家資格のひとつである「司法書士」についてスタディングの通信講座の内容や特徴、評判について紹介しました。費用を抑えながら最短で合格を目指すにはスタディングの司法書士講座がおすすめです。

従来の通信講座と大きく違う点が、スマホやPCさえあればどこでも学習が完結する「オンライン講座」であるところでしょう。スマホ学習に適した講座内容になっているので時間の取れない方にも効率よく合格を目指せる講座です。

普段からスマホやPCの利用頻度が多い方や、スキマ時間で学習したい方に向いている通信講座です。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事