社労士におすすめの通信講座7選徹底比較|受講のメリットや選び方も解説

社労士は社労士業務を行う上で必要となる国家資格で、キャリアアップを目指して取得する方も多いです。しかし社労士資格は法律的な知識を必要とするため、独学で合格を目指すにはかなりの労力が必要です。

法律の予備知識がない初学者や、一人で学習を続ける自信がないという方は通信講座を利用することをおすすめします。

今回は社労士通信講座のおすすめ7選を紹介していきます。

社労士の試験学習を通信講座で行うメリットや最適な選び方なども解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

社労士通信講座のおすすめ7選を徹底比較

合格率が過去5年間7%を推移しており難易度が高い社労士試験。膨大な学習時間を要し、特定分野の深い知識まで求められるということもあり、独学で学ぶことは非効率と言わざるを得ないのが現状です。

そんな社労士試験に合格するためには社労士の試験合格や資格取得に強い通信講座の利用をおすすめします。社労士試験対策に強い通信講座は比較的多くありますが、各社によって強みや特長は異なります。

価格帯が安いものから合格率が30%に近い講座も存在しますので、ご自身に合った通信講座を見つけてみてくださいね。

表は右にスクロールできます。

社労士の資格取得におすすめの通信講座
スタディング フォーサイト アガルート LEC東京リーガルマインド 資格のキャリカレ
価格 46,800円 78,800円 79,800円 60,000円円 64,900円

合格率

非公開 29.4% 25% 6.60% 非公開

おすすめポイント

学習はすべてスマホで完結 もし不合格でも全額返金 合格したら受講料全額返金! 割引制度や無料講義が充実 もし不合格でも全額返金
詳細

出典:各種公式サイト
※価格はすべて税込み・2022年7月時点

STUDYing(スタディング)

SATUDYing 社労士

STUDYing(スタディング)がおすすめな理由
  • 受験のプロ早苗先生の講義で質の高い学習ができる
  • 50年分の出題実績を分析したカリキュラムが魅力
  • スライド講義なので動画がインプットのメイン
  • 紙媒体の教材はなくスマホだけで学習を完結できる
  • 学習レポート機能で全ての学習進捗が自動で記録

STUDYingの社労士講座のおすすめポイント

スマホ時代のeラーニング「STUDYing(スタディング)」が手掛ける社会保険労務士講座は、丁寧で分かりやすいビデオ講座と問題練習を最適な順番で学習可能です。

 コースは大きく分けて3つあり、1つ目の社労士合格コースは、基礎知識の習得から試験直前対策の白書、法改正、横断整理まで学習でき、合格に必要な知識の習得と問題演習を行えます。

2つ目の総合コースは、試験前までの総仕上げができる直線対策と合格試験を受講でき、3つ目のフルコースは、社労士試験の科目を身近な事例から理解できる入門講座となっています。

いずれのコースも無理なく短期間で合格できる講座を目指して開発されているので、全くの初心者でも理解しやすい内容です。忙しい人でも短期間で合格を目指すことが可能です。

社会保険労務士講座は、各担体ごとに問題練習ができるカリキュラムなので、インプットとアウトプットを並行しながら効率的に学習できます。

基本情報

主な講座の価格※1
  • 最安:22,000円
    (社労士直前答練・模試コース)
  • 46,800円
    (社労士合格コース:ベーシック)
  • 59,800円
    (社労士合格コース:スタンダード)
  • 74,800円※おすすめ
    (社労士合格コース:フル)
教材の特長
  • 豊富な図解を使ったビデオ・音声講座
  • 検索やメモができるWebテキスト
  • 重要論点を科目別に厳選した過去問題集
サポート体制
  • 勉強仲間機能
  • 学習フロー
  • 学習レポート
  • マイノート機能
  • スタディングアプリ
合格率・合格実績 合格者の声69名掲載中 ※2
学習スタイル オンライン
対応地域 全国

今だけ!お得なキャンペーン情報
STUDYingキャンペーン
  • スタディングの全商品でお使いいただける10%OFFクーポンを進呈!※1

※出典:公式サイト
※1:2022年7月時点
※2:2021年度実績

フォーサイト

フォーサイト 行政書士

フォーサイトがおすすめな理由
  • 全国7.9%に比べて29.4%※1合格率が約3.72倍※1も高い
  • 短期合格が可能なプログラム
  • フルカラーテキストで頭に入りやすい
  • 不合格時の全額返金保証あり

フォーサイトの社労士講座のおすすめポイント

フォーサイトの社労士通信講座を利用した受験者の合格率は、全国7.9%に比べて29.4%の約3.72倍※1と非常に高い実績を誇ります。

 講座で使用する紙テキストはフルカラーで、デジタルだけでは頭に残りにくい情報までインプットしやすくなっています。

バリューセット3を選択した方がもし不合格だった場合、講座料金はすべて返金されて翌年分に充てられる点もうれしいポイントです。

eラーニング「ManaBun(マナブン)」を活用すれば、ライフスタイルに合わせた学習スケジュールを自動で立ててくれます。

基本情報

主な講座の価格※1
  • 最安:57,800円
    (単科講座:基礎講座)
  • 78,800円
    (バリューセット1)
  • 110,800円
    (バリューセット2)
  • 121,800円
    (バリューセット3:通常セット)
  • 133,800円
    (バリューセット3:通常セット+DVD)
教材の特長
  • デジタル・紙の両方に応じた効率的なテキスト
  • コストパフォーマンスに優れた合格に最適な教材
  • eラーニングによる場所を選ばない学習スタイル
サポート体制
  • 質問対応
  • 個別カウンセリング
  • フォローメルマガ
  • 全額返金保証※バリューセット3のみ
  • 教育訓練給付金制度(一般教育訓練)※バリューセット1・2
合格率・合格実績 29.4%(3.72倍) ※2
学習スタイル 通信
対応地域 全国

※出典:公式サイト
※1:2022年7月現在
※2:2021年度実績

アガルートアカデミー

アガルートアカデミー 社労士

アガルートアカデミーがおすすめな理由
  • 合格率が全国平均の約3.16倍も高い
  • 割引セールによってリーズナブルな価格で受講できる
  • 合格時に3万円プレゼントor受講大全額返金特典でモチベーションアップ!
  • Facebookで質問できる

アガルートアカデミーの社労士講座のおすすめポイント

アガルートアカデミーを利用した社労士受験者の合格率は25%と全国平均の約3.16倍と、非常に高い実績を誇ります。

 知識の習得具合などによりカリキュラムがいくつか用意されており、期間限定で割引セールが実施されていることも。

料金を抑えながら満足できる講座を受けたいという方には、アガルートアカデミーがおすすめです。

合格特典として3万円プレゼントか、受講代全額返金を選べるので、勉強のモチベーションアップにもつながるでしょう。

基本情報

主な講座の価格※1
  • 最安:76,780円
    (単科:直前対策パック)
  • 87,780円
    (基礎講義・総合講義)
  • 195,800円~
    (入門総合カリキュラム:フル)
  • 151,800円~
    (入門総合カリキュラム:ライト)
教材の特長
  • 出題カバー率90%以上のテキスト・問題演習
  • 音声D/Lや倍速機能付きのオンライン講義
サポート体制
  • Facebook質問制度(無料・回数無制限)
  • 月1回ホームルーム
  • 定期カウンセリング(オプション)
合格率・合格実績 25%(3.16倍) ※2
学習スタイル 通信
対応地域 全国

※出典:公式サイト
※1:2022年6月現在
※2:2021年度実績

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドのおすすめポイント
  • 講座の種類が豊富
  • 割引システムも充実
  • 大手資格予備校ならではのクオリティ

LEC東京リーガルマインドの社労士講座のおすすめポイント

LEC東京リーガルマインドは資格系予備校としては名門の大手企業となっており、基本的に通学制の講座が多いなかで近年では通信講座の開設にも力を入れています。

 社労士をはじめとする難関国家資格の講座は種類が豊富です。

通学講座がメインですので、通信講座の受講料も他社と比べると高額に設定されています。しかし名門という名にふさわしいカリキュラムが組まれていますので、初学者でも十分合格を目指せるでしょう。

割引システムが充実していますので、うまく活用してみてください。

基本情報

主な講座の価格※1
  • 最安:33,000円~
    (直前ベーシックパック)
  • 225,000円~
    (合格コース:通学・Webフォロー付き/通信と通学・Web動画・音声D/L・スマホ)
  • 245,000円~
    (しっかり基礎+合格コース:通学・Webフォロー付き/通信と通学・Web動画・音声D/L・スマホ)
教材の特長
  • 要点を覚えるだけでなく法的な分析も理解できるテキスト
  • 過去問対策がスマホで効率的に学べる
  • スマホでも見れる紙レジュメ付き
サポート体制
  • 学習中の応援メッセージ(不定期配信):通信生のみ
  • 通信制ホットライン
  • 自習室の利用可
  • 教えてチューター
  • 一般常識メルマガ
  • 教育訓練給付金(一般教育訓練)
合格率・合格実績 合格者体験記を掲載 ※2
学習スタイル
  • 通信
  • 通学
対応地域
  • 通学:全国
  • 通信:全国

※出典:公式サイト
※1:2022年6
月現在
※2:2021年度実績

今だけ!お得なキャンペーン情報
LEC東京リーガルマインド キャンペーン
  • 8月末までがお得!期間中にお申込するだけで、大幅割引・特典がうけられるチャンス!※1

    資格のキャリカレ

    資格のキャリカレ 社労士

    資格のキャリカレのおすすめポイント
    • お得な受講料
    • スピード合格に特化したカリキュラム
    • 合格したら2講座目が無料で受講できる
    • 万が一不合格の場合受講料全額返金

    資格のキャリカレの社労士講座のおすすめポイント

    資格のキャリカレはお得な受講料と充実したサポート体制に定評のある通信講座となっています。他社では比較的高額な社労士講座も、資格のキャリカレであれば約65,000円で受講することができます

     不合格の際の返金保証などもついているので、非常にお得です。

    資格のキャリカレでは短期合格を実現できるようなカリキュラムとなっており、受験生を多方面からサポートしてくれます。

    合格実績が公表されていないため少々の不安は残りますが、実際に利用して合格を勝ち取った口コミなども多いので、クオリティーは問題ないでしょう。

    受講料はStudyinに次ぐお得さとなっています。

    基本情報

    主な講座の価格※1
    • 最安:74,900円※ネット申し込みで1万円割引
      (社会保険労務士合格指導講座)
    教材の特長
    • テキストと過去問題集に重要ポイントを集約
    • 映像講義はスマホも対応で1講義10分~60分に時短化
    • 過去20年分の問題を徹底分析した過去問題集
    サポート体制
    • 全額返金保証
    • 無料質問サポート
    • 添削指導あり
    • 長期学習サポート
    • 就職・転職サポート
    合格率・合格実績 合格者の声を掲載 ※1
    学習スタイル 通信
    対応地域 全国

    ※出典:公式サイト
    ※1:2022年7月現在

    ユーキャン

    ユーキャン 社労士

    ユーキャンのおすすめポイント
    • 過去10年間で2,549名が合格
    • 初学者でも学びやすい
    • 最大12ヶ月間のサポート期間
    • 圧倒的な知名度と信頼度

    ユーキャンの社労士講座のおすすめポイント

    ユーキャンでは幅広い通信講座を取り扱っており、もちろん社労士講座も開設しています。最大1年間サポートをしてくれるので初学者でも安心して学習に取り組むことができるでしょう。

     ユーキャン公式サイトで講座の「相性診断」が行えますので、受講前に受けてみることをおすすめします。

    ユーキャン最大の特徴としてはその合格実績です。ユーキャンの社労士講座では10年間で累計2500名もの合格者を輩出しています。

    長年の通信講座運営で編み出した独自のカリキュラム・教材がその合格実績を作り出しているのでしょう。

    ユーキャンではビジネスから趣味まで多種多様な講座を受講することが可能です。

    基本情報

    主な講座の価格※1
    • 最安:79,000円
      (社会保険労務士(社労士)合格指導講座:一括払い)
    • 79,680円
      (社会保険労務士(社労士)合格指導講座:分割払い)
    教材の特長
    • 重要度と出題頻度を記載したテキスト
    • 必要な要素がまとまっているのでノートに書き写す手間なし
    • Web動画・Webテストがスマホで受けられる
    サポート体制
    • 教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象
    • 質問対応(1日3問まで)
    • 添削指導あり(11回)
    • 指導サポート期間延長
    • 学びオンラインプラス
    合格率・合格実績 過去10年間で2,549名合格※1
    学習スタイル 通信
    対応地域 全国

    ※出典:公式サイト
    ※1:2022年7月現在

    クレアール

    クレアールのおすすめポイント
    • オリジナルの教材と戦略で最短合格
    • 不合格の場合は、受講期限が1年間延長
    • お祝い金制度も完備

    クレアールの社労士講座のおすすめポイント

    クレアールは社労士のような難関資格でも短期合格を目指す「非常識合格法」が有名な通信講座です。「非常識合格法」とは、クレアールが開講以降着実に積み上げてきたノウハウを活用した独自の学習システムです。

     このカリキュラムにより短期間での合格を実現しています。

    またクレアールの「セーフティーコース」を申し込むと、万が一社労士試験に不合格となってしまった場合、通信講座の受講期限が1年間延長されます。

    それだけでなく今まで受けていたサービスに加えて、他のコースの映像授業を閲覧することが可能になります。

    クレアールを受講するなら万が一に備えてセーフティーコースを申し込んでおくことをおすすめします。

    基本情報

    主な講座の価格※1
    • 最安:221,100円
      (社会科目先行学習型・一発合格ストレート15カ月BコースWEB)
    • 234,000円
      (全科目先行学習型・一発合格ストレート15カ月AコースWEB)
    • 280,000円
      (全科目先行学習型・一発合格ストレート15カ月セーフティAコースWEB)
    教材の特長
    • 早見再生・音声D/L可能なマルチデバイス対応の講義動画
    • 講義・過去問にQRコード付きで検索が可能
    • スマホ・PCで学べるWebテスト
    サポート体制
    • 回数無制限の質問対策
    • 月1メルマガ配信
    合格率・合格実績 236名合格※2
    学習スタイル 通信
    対応地域 全国

    ※出典:公式サイト
    ※1:2022年7月現在
    ※2:2021年度実績

    社労士の通信講座を受講するメリット

    社労士の試験勉強をしようと思っている人の中には、学習方法で迷っている方も多いでしょう。では通信講座にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

    この章では社労士の通信講座を受講するメリットについて解説していきたいと思います。主なメリットとしては以下のような点が挙げられます。

    通信講座での資格取得がおすすめな理由

    中でも特筆すべき項目についてピックアップして解説します。

    通学よりも費用を抑えられる

    社労士の通信講座を受講するメリットとしては、通学制の予備校に通うよりも費用を抑えることができるという点です。社労士は法律の専門知識が必要で、範囲も広いので予備校などに通うと非常に多くの費用が必要となります。

     中には40万近くかかってしまう予備校もあります。

    その点、通信講座であれば5〜8万円程で受講できる講座が多いので、予備校に通う1/4程度の料金で学習に取り組めます。

    受講料は通信講座によって異なりますのでご注意ください。

    いつでもどこでも学習できる

    通信講座は基本的にPC・スマホなどの端末で映像授業を受けながら学習していくので、基本的にいつでもどこでも学習することができます。

    そのため予備校のようにまとまった時間を必ずしも確保しなければならない訳ではなく、自分の生活スタイルに合わせて学習できるのです。

     忙しい社会人や学生におすすめです。

    予備校はまとまった時間を確保することができても、近くに校舎がない場合、通学時間がかかってしまいます。

    まずは近くに予備校がないか調べてみましょう。

    サポート体制が充実している会社が多い

    通信講座は基本的に映像授業で学習していくため「分からない点があったらどうしたら良いのか」と不安に感じる方も多いでしょう。

    多くの通信講座では受講者が効率的に学習を進められるようなサポート体制が用意されている場合が多いです。

     サポート内容も受講前に確認しましょう。

    サポート内容は様々で質問サポート・添削サポートは定番です。また中には合格者から話を聞ける座談会を開催しているというところもあります。

    通信講座を受講するのであればサポートも有効活用しましょう。

    社労士の通信講座を受講するデメリット

    予備校よりも低価格で受講でき、時間・場所の制限がない通信講座ですが、デメリットも当然存在します。この章では社労士の通信講座を受講するデメリットについて解説していきます。主なデメリットとしては以下の通りです。

    社労士の通信講座を受講するデメリット
    • 自身でモチベーションを維持しなければならない
    • 時間管理が必要
    • 孤独感がある

    自身でモチベーションを維持しなければならない

    社労士の通信講座を受講する特に大きなデメリットとしては、自身でモチベーションを維持しなくてはならないという点です。

    通信講座は学習サポートなどは用意されていますが、基本的には教材が送られてきて、自分で学習をしなければなりません。

     最後まで続けられず、挫折する方も多いです。

    予備校は講師やメンターなどのスタッフが常駐している上に、自習室などの設備が完備されていますので、理想の学習環境が手に入ります。

    自分でモチベーションを維持することは簡単なことではありませんが、コントロールできるようになれば、今後の学習・仕事で大きいに役立つ能力になります。

    ある程度の意志の強さは必要でしょう。

    時間管理が必要

    通信講座で社労士試験の学習をする際は、自分で時間を管理する必要があります。通信講座には標準学習期間という学習時間の目安が公表されています。

    しかしこれは順調に学習した場合の時間で、怠けたり理解に時間がかかってしまうと学習時間は増えていくことになります。

     予備校の場合はスケジュールが厳格に決められているので、遅れる可能性は低くなります。

    通信講座を受講する際は内容を確認し、自分が無理なく進められるようにスケジュールを組むことが重要です。自分でスケジュールを作成・管理することによって、タスク管理能力を向上させることができます。

    進度に合わせてスケジュールを変更する柔軟性も必要です。

    孤独感がある

    予備校に通っていると相談に乗ってくれるスタッフや共に学習している仲間たちがいますが、通信講座の場合そうはいきません。通信講座は基本的に1人で学習しますので、孤独感を感じる方も多いです。

     孤独感を感じさせないようなサポートを実施している通信講座もあります。

    孤独感は挫折にも繋がりますので、可能であれば学習仲間を見つけた方が孤独感を感じにくくなります。学習を通じてできた仲間は共に励まし合えるだけでなく、喜びも分かち合えるかけがえのない友人になれることでしょう。

    最近では通信講座受講者でコミュニティを作ることが可能な講座もありますので、仲間がいるほうが心強い方はそちらを利用するのもおすすめですよ。

    社労士試験対策は独学・通信講座どちらがおすすめ?

    社労士試験対策は通信講座がおすすめだと解説してきましたが、中には「独学では難しい?」と考える方もいることでしょう。

    社労士試験は法律の専門知識を必要とし、範囲も広いので法律の予備知識がない人が独学で学習するのはあまりおすすめできません。

     独学の方が通信講座よりも費用は安く済みます。

    通信講座では効率的に学習できるように作られた教材を利用できるだけでなく、質問・添削サポートなども実施されています。

    今現在法律に関する知識がほとんどないのであれば、通信講座を利用して基礎からじっくりと学習していくのがおすすめです。

    全て1人でやり切る強い意志があるのであれば、独学も良いでしょう。

    資格取得のための通信講座受講者によるアンケート調査結果

    当サイトでは、現在および過去に資格取得のために通信講座を受講した経験がある方限定で独自のアンケート調査を実施。直近で受講した通信講座についてのリアルな声をご紹介します。

    設問
    1. 資格取得のために受講している/していた通信講座を選んだ理由はなんですか?(複数回答可)
    2. 資格取得のために通信講座の受講方法はどのような方法が多かったですか?
    3. 資格取得のために通信講座で学習した頻度は平均どれくらいでしたか?
    4. 資格取得のために受講した通信講座を利用した1日の学習時間は平均してどの程度でしたか?
    5. 資格取得のために通信講座を利用した満足度はどのくらいですか?
    6. 資格取得のために利用した通信講座で感じる/感じたことで当てはまるものを教えて下さい。
    7. 資格取得のための通信講座を受講して資格の取得ができましたか?

    それぞれの設問に対する回答と回答率をご紹介します。

    資格取得のために受講している/していた通信講座を選んだ理由はなんですか?(複数回答可)

    Q2 直近の資格取得のために受講している/していた通信講座を選んだ理由はなんですか?(複数回答可)

    資格取得のために受講している通信講座を選んだ理由で最も多かったのは、「テキストや教材が充実していたから」と答えた方が43.7%でした。次いで「講義内容が有意義だったから」が40.0%を占めています。

    アンケート結果から、合格への鍵となる教材や講義内容がいかに大切であるかが分かります。

     通信講座によってテキストや教材に特徴があるので、自分にあった教材内容であるか確認することが大切です。

    オンライン講座でスマホやPCでのみ学習したい人向けの講座もあります。

    無料で資料請求やお試しができる場合がほとんどですので、受講前に試してみるといいでしょう。
    アンケート結果の内訳▼(複数回答可)

    総数 (%)
    n 542 100.0%
    価格が安価だったから 173 31.9%
    講座のテキストや教材が充実していたから 237 43.7%
    講師陣に期待できたから 140 25.8%
    講義内容が有意義だったから 217 40.0%
    キャンペーン内容に魅力を感じたから 146 26.9%
    添削や質問などサポート体制が充実していたから 109 20.1%
    受講者の合格率が高かったから 55 10.1%
    その他 45 8.3%

    資格取得のために通信講座の受講方法はどのような方法が多かったですか? 

    Q3 直近の資格取得のために通信講座の受講方法はどのような方法が多かったですか? 

    資格取得のための通信講座の受講方法については、すべてネット上で学習を進めた」という方が48.3%でほぼ半数を占めています。

    近年のインターネット利用率は89.8%でそのうちの6割以上がスマホを利用しています。

     時代の流れに合わせて、通信講座もスマホやPC、タブレット端末で学習ができるようになっているのが特徴です。

    通勤時間などのスキマ時間を使って、効率的な学習が可能です。インターネット環境さえあれば場所を問わずに学習することができます。

    講座によってDVD対応の通信講座もあるので、自宅学習時にはこちらも役に立ちますね。
    アンケート結果の内訳▼

    総数 (%)
    n 542 100.0%
    すべてネット上で学習を進めた  262 48.3%
    一部ネット上で学習を進めた  181 33.4%
    すべて郵便を利用した  85 15.7%
    その他 14 2.6%

    資格取得のために通信講座で学習した頻度は平均どれくらいでしたか?

    Q4 直近の資格取得のために通信講座で学習した頻度は平均どれくらいでしたか?

    資格取得のために通信講座で学習した頻度は、「週2~3日」と答えた人が最も多く52.0%を占めました。「週1日」の回答が19.6%で次に多い割合を占めています。

     会社に行きながら、また家事や育児をしながら自分のペースで学習を進められるのが通信講座の強みです。

    週2~3日の学習時間でも合格を目指すことが可能です。学習期間の延長サポートを無料で行っている講座もあります。受講期間中に忙しくなってしまった場合にも、対応してもらえるので安心でしょう。

    取得したい資格の受験日と通信講座の受講期間を確認して、無理のない範囲で学習を進めていくことが大切です。
    アンケート結果の内訳▼

    総数 (%)
    n 542 100.0%
    週1日  106 19.6%
    週2~3日  282 52.0%
    週4~5日  100 18.5%
    週6~7日 54 10.0%

    資格取得のために受講した通信講座を利用した1日の学習時間は平均してどの程度でしたか?

    Q5 直近の資格取得のために受講した通信講座を利用した1日の学習時間は平均してどの程度でしたか?

    通信講座を利用した1日の学習時間の平均については、多くの人が「1時間以上3時間未満」と回答しており62.9%という結果になりました。「1時間未満」と答えた人は20.5%です。

    取得する資格によって勉強時間に差がありますが、1日30分程度の学習時間でも取得が目指せるのが特徴です。

     1日にまとまった時間が取れない人やスクールに通学するのが難しい方は、通信講座の受講がおすすめです。

    在宅で学習が完結する点や、1日の中で空いた時間を使って細かく学習を進められる点がポイントです。

    毎日短時間でもいいので学習を続けることが大切です。
    アンケート結果の内訳▼

    総数 (%)
    n 542 100.0%
    1時間未満  111 20.5%
    1時間以上3時間未満  341 62.9%
    3時間以上5時間未満  67 12.4%
    それ以上 23 4.2%

    資格取得のために通信講座を利用した満足度はどのくらいですか?

    Q6 直近の資格取得のために通信講座を利用した満足度はどのくらいですか?

    資格取得のために通信講座を利用した満足度については、54.8%の人が「満足」17.2%の人が「大変満足」と回答しています。通信講座を利用して、全体の70%以上方が満足している結果になっています。

     通信講座ではビジネスやキャリアアップのための資格だけでなく、趣味や教養の幅が広がる資格も多く開講されているのが特徴です。

    自宅で過ごす時間が増えた今こそ、新しい趣味を見つけるために通信講座を利用するのもおすすめです。趣味から副業・開業へつながることもあります。

    就職・転職・開業サポートもあるのでアフターフォローも安心です。
    アンケート結果の内訳▼

    総数 (%)
    n 542 100.0%
    大変満足 93 17.2%
    満足 297 54.8%
    どちらともいえない 130 24.0%
    不満 16 3.0%
    大変不満 6 1.1%

    資格取得のために利用した通信講座で感じる/感じたことで当てはまるものを教えて下さい。

    Q7 直近の資格取得のために利用した通信講座で感じる/感じたことで当てはまるものを教えて下さい。

    資格取得のために利用した通信講座で感じることについては、「効率よく学ぶことができた」44.8%、「場所や時間を選ばず学ぶことができた」38.6%を占めています。

     通信講座の場合、短い学習時間でも効率的に最短合格が目指せるように工夫されています。

    各試験・資格に精通した講師陣が最適なカリキュラムで講座を開講しているのが特徴です。資格によっては、1つの講座で2つの資格取得が目指せる講座もあります

    スマホアプリを使って外出時も学習できる工夫がされています。

    時間や場所を選ばず学べる点も通信講座が支持されている理由になっています。
    アンケート結果▼
    総数 (%)
    n 542 100.0%
    場所や時間を選ばず学ぶことができた  209 38.6%
    効率よく学ぶことができた 243 44.8%
    比較的安価な受講料で学ぶことができた 188 34.7%
    学習の結果が目に見えた 151 27.9%
    自分のレベルに合わせた講座が受けられた 145 26.8%
    講師への質問や添削が役に立った 91 16.8%
    サポート体制に支えられた 63 11.6%
    資格が取れる  92 17.0%
    その他 18 3.3%

    資格取得のための通信講座を受講して資格の取得ができましたか?

    Q8 直近の資格取得のための通信講座を受講して資格の取得ができましたか?

    通信講座を受講して資格の取得ができたかについては、「はい」と回答した方が83.0%という結果になりました。通信講座の利用者のほとんどが希望資格に合格できています。

    通信講座と独学は同じではないの、と思う方もいるでしょう。

     通信講座は受講期間中にサポートを受けられる点が強みです。

    疑問点をメール・電話・郵送などで聞くことができたり、個別カウンセリングや添削を受けることが可能です。自分では気づけなった点を指摘してもらえたり、学習中の悩み相談も承っています。

    講師と2人3脚で合格を目指すことができるでしょう。
    アンケート結果の内訳▼(複数回答可)

    総数 (%)
    n 542 100.0%
    はい 450 83.0%
    いいえ 92 17.0%

    社労士におすすめの通信講座に関するよくある質問

    社労士の通信講座はどこがおすすめですか?
    社労士の通信講座はStudying、フォーサイト、アガルート、クレアール、LEC東京リーガルマインド、資格のキャリカレ、ユーキャンなどをおすすめします。
    社労士の通信講座を受講するメリットを教えてください。
    社労士の通信講座を受講するメリットとしては通学よりも費用を抑えられる、いつでもどこでも学習できる、サポート体制が充実している会社が多いなどが挙げられます。
    社労士の通信講座を受講するデメリットはありますか?
    社労士の通信講座を受講するデメリットとしては自身でモチベーションを維持しなければならない、時間管理が必要、孤独感があるなどが挙げられます。
    社労士資格を取得するのには独学・通信講座どちらがおすすめですか?
    社労士試験は非常に難易度が高いので初学者の場合は通信講座がおすすめです。法律に関する予備知識があるのであれば、独学も良いでしょう。

    まとめ

    今回は社労士通信講座のおすすめ7社を紹介してきました。近年では多くの通信講座で社労士講座を開講しています。

    カリキュラムや料金、サポート内容は通信講座によって異なりますが、自分に合った通信講座を選ぶことが合格への近道です。

    今回ご紹介した通信講座は社労士資格取得を目指す人におすすめできる会社ばかりですので、通信講座を選ぶ際の参考にしてみてください。

    通信講座を選ぶ際は様々な情報を元に、総合的に判断しましょう。

    関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事