中小企業診断士の年収はどのくらい?資格取得方法についても解説

中小企業診断士は、企業の経営診断の業務に従事し、幅広い知識で経営者にアドバイスを行う経営コンサルタントです。国家資格のひとつとして社会的な信頼度も高く、目指したいと考えている人も多いのではないでしょうか?

今回は、「中小企業診断士について詳しく知りたい」という方へ向けて、年収や仕事内容、資格取得方法について詳しく解説します。

さらに中小企業診断士が平均年収より高い理由や、おすすめの通信講座も併せて紹介するので参考にしてみてください。
中小企業診断士の資格を取得するなら「STUDYing」

スタディング 中小企業診断士

毎年多くの受講生が短期間で合格し、多くの分野で活躍するのに一役買っているSTUDYingの中小企業診断士講座は、現在仕事をしていて忙しい人や短期間で確実に合格を目指す方にとって最適な無駄のない勉強法を提案
最小価格48,400円で受講が可能なうえ、受講を迷う方はセミナーや過去問、実際の講座を無料で利用できるお試しもあるので気になる方は要チェックです!

中小企業診断士とは

資料を読み込む中小企業診断士の様子

中小企業診断士とは、名前の通り中小企業の経営課題に対応するために、様々な角度から診断や助言が行う職業のことです。

日本版のMBA(経営学修士)とも言われており、経営コンサルタントとして、マネジメントスキルを身につけキャリアップしたい人が習得に励みます。

 中小企業診断士の資格を取得すれば、企業経営の全体を幅広い知識で診断できたり、問題解決策を立案できる能力が身に付いたりするため、収入アップも期待できます。

また主に企業の成長戦略策定や実行のためのアドバイスが業務ですが、企業と行政・金融機関等のパイプ役としてサポートするのも業務の一つです。

企業経営に関わる知識を横断的に身につけ中小企業診断士の資格を取得できれば、キャリアアップや転職、独立・開業する際にも大きな強みになるでしょう。

最近では企業内でコンサルティング能力があると、有利な職種に就けるのでおすすめの資格です。

中小企業診断士の具体的な仕事内容

中小企業診断士が仕事をしている様子

中小企業の具体的な仕事内容は、大きく分けて「企業の診断及び経営の助言」「講演」「執筆活動」と3つあります。

「企業の診断及び経営の助言」は、依頼を受けた企業の現状を把握して課題を見つけ、今後課題をどう解消していくのかアドバイスする仕事です。

 知識を生かした企業経営者などを対象に講演活動し、経営に役立つためのサポート業務も行っています。

「執筆活動」は、自分の専門分野に関する執筆を行うことで、知識を社会に広める仕事です。コンサルティングの依頼の増加を期待できます。

中小企業診断士の仕事は主にコンサルティング業務ですが、経営に対する専門性や中小企業診断士特注の視点をもった幅広い仕事もあります。

中小企業診断士の仕事内容は、主に経営の診断及び経営に関する助言や、現状分析を踏まえた企業の成長戦力のアドバイスがメインです。

中小企業診断士の年収

STUDYingのアンケートによると、中小企業診断士の年収は以下のように分布しています。

構成比(%)
300万円以内 12.2
301~400万円以内 8.8
401~500万円以内 10.3
501~800万円以内 19.9
801~1,000万円以内 10.9
1,001~1,500万円以内
16.3
1,501~2,000万円以内
7.5
2,001~2,500万円以内
4.1
2,501~3,000万円以内
1.9
3,001万円以上
6.0

出典:STUDYingアンケート調査

上記からわかるように、中小企業診断士の年収平均相場は501~800万円程度だといえます。しかし年収800万円以上が約半数を占めていることもあり、実績次第ではかなりの高収入も期待できるでしょう。

 また企業に勤めるのか、開業するのかによっても年収は大きく左右されます。

中小企業診断士の働き方はさまざまで、大企業のコンサルティング業務を行っている人もいれば、週に数日だけ軽く働いている人もいます。

とはいえ国税庁「民間給与実態統計調査」のデータによるとサラリーマンの平均年収は433万円なので、どんな働き方をしていても比較的収入の高い職業です。

中小企業診断士の資格を取得するなら「STUDYing」

スタディング 中小企業診断士

毎年多くの受講生が短期間で合格し、多くの分野で活躍するのに一役買っているSTUDYingの中小企業診断士講座。
現在仕事をしていて忙しい方や、短期間で確実に合格を目指す方にとってスマホ1台あれば完結できる最適な無駄のなさでいつでもどこでもスキマ時間に学習可能
最小価格48,400円で受講が可能なうえ、受講を迷う方はセミナーや過去問、実際の講座を無料で利用できるお試しもあるので気になる方は要チェックです!

出典:国税庁「民間給与実態統計調査」

【年代別】中小企業診断士の平均年収 

20代の平均年収

20代中小企業診断士の様子

平均年収.jp独自のデータによると、20代の中小企業診断士の平均年収は300万円前後です。月収にして20~25万円程度なので、一般的なサラリーマンとほぼ変わりないといえます。

 中小企業診断士としての実績があればその分年収は高くなりますが、経営コンサルティング業界は年功序列なので若いうちはうまくいかないことも。

早いうちから自分のブランド力を高めていけば、徐々に仕事が舞い込むようになるので、20代は下積み時代として頑張る必要がありそうです。

20代の中小企業診断士は希少で需要も高いため、目指すなら早い方が良いといいでしょう。

出典:平均年収.jp

30代の平均年収

30代中小企業診断士の様子

平均年収.jp独自のデータによると、30代の中小企業診断士の平均年収は340万円前後です。月収にして27.8万円ほどになるでしょう。

 営業としての経験やノウハウ、提案実績などを積んでいくことで顧客が増え、年収アップを期待できる世代です。

また、30代になるとコンサルタントとして求められる基礎能力や論理的思考能力など、企業の業務効率化を図る改善策や具合的対処法などを発見できるスキルが身に付きます。

なかには大手企業で経験値をつけ独立し、平均年収の倍以上を稼ぐ30代の中小企業診断士もいます。

出典:平均年収.jp

40代の平均年収

40代中小企業診断士の様子

平均年収.jp独自のデータによると、40代の中小企業診断士の平均年収は380万円~450万円程度です。月収に換算して32~35万円ほど。

 役職に就いたり、独立して案件を多数受注できたりすれば、年収1,000万円以上も不可能ではありません。

またキャリアアップとして大手企業や商工会議所など転職すれば、さらに収入は上がると予想できます。

ただし中小企業診断士は実力で収入が決まる職業でもあるので、常に向上心を持って取り組む必要がありそうです。

出典:平均年収.jp

中小企業診断士が平均年収より高い理由

前述したようにサラリーマンの平均年収は433万円なので、中小企業診断士は他の職業よりも高収入だといえるでしょう。ここでは、中小企業診断士の年収が平均より高い理由について解説します。

国家資格なので専門性があるから

国家資格の勉強中を示した様子

中小企業診断士は国家資格なので専門性が高く、その点で年収が平均を上回っていると考えられます

 中小企業診断士の合格率は20~30%前後で、比較的難易度の高い資格です。

このような合格率の低い資格は取得できる人が限られているため、希少性が高さが給料にも反映されやすいと考えられます。

さらに資格手当などで毎月数万円程度が給料に上乗せされる設定の企業も多数見受けられます。

中小企業診断士は専門性が求められるが故に、平均年収よりも上回わっているのでしょう。

※出典:中小企業診断士協会

独立開業している割合が高いから

独立・開業した中小企業診断士の様子

中小企業診断協会のアンケートによると、現在独立している中小企業診断士の割合は48.9%と約半数を占めています。

 30代で資格を取得して実績やノウハウを付け、40代で中小企業を主体に経営コンサルタントとして活躍しているのでしょう。

独立すると「公的業務」と「民間業務」の仕事を請け負うケースが多く、公的業務では行政から委託された業務を行い安定した収入を得られます。

中小企業診断士として収入アップを目指すには、独立も視野に入れる必要がありそうです。

出典:中小企業診断協会のアンケート

平均年収の高い年代が多い

中小企業診断士の年収推移

中小企業診断士の資格保有者は、40〜60代のベテラン会社員が多くの割合を占めています。

 そのため元々給料の高い人が中小企業診断士として働いていることも、平均年収が高い理由の一つです。

中小企業診断士の資格取得方法

中小企業診断士の勉強をする様子

中小企業診断士が資格を取得するには、まず一般社団法人中小企業診断協会が実施する第1次試験への合格が必須です。

 令和3年度(2021年度)中小企業診断士第1次試験の合格率は36.4%と、約3人に1人の割合で合格していることになります。

第1次試験合格後は、いずれか2つの方法により中小企業診断士として登録されます。

中小企業診断士として登録される方法
  1. 当協会が実施する第2次試験合格後、実務補習を修了するか、診断実務に従事する。
  2. 中小企業基盤整備機構または登録養成機関が実施する養成課程を修了する。

2次試験では、中小企業診断士に必要な応用能力を有するかどうかを判定目的とし、筆記試験及び口述試験が実施されます。無事合格できれば、次は中小企業診断士実務補習です。合格者を対象に15日間の実習方式で実施されます。

第1次試験、第2次試験とも年1回の実施なので、長期の計画的な学習が必要です。

※出典:中小企業診断士協会

中小企業診断士の資格取得におすすめの通信講座徹底比較

中小企業診断士講座を開講している通信講座は非常に多く、どの通信講座が良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。まずは中小企業診断士のおすすめ通信講座をご紹介していきます。

各社それぞれ特長が異なりますので、価格はもちろんのこと、開催されている講座や講義を行う講師陣、テキストの質など徹底比較して検討してみてくださいね。

中小企業診断士の試験申込者数は2001年度には1万人強でしたが、2020年には2万人を超える人気の資格となっています。

 国家資格でもあるため難易度は比較的高いですが、通信講座を利用しての学習で合格率50%も夢ではありません。

中小企業診断士の講座は各社様々な講座を提供していることが特長ですので、本気で資格取得を考えられる際は様々な講座を比較検討してみてください。

当サイトがおすすめする中小企業診断士に強い通信講座は以下のとおりです。

表は右にスクロールできます。

中小企業診断士の資格取得におすすめの通信講座
名称 STUDYing アガルートアカデミー sq フォーサイト LEC東京 クレアール
価格
  • 1次2次合格コース:
    一括48,400円~
  • 直前対策講座
    ¥25,300
  • 合格模試:
    ¥4,290
  • 総合カリキュラム:
    69,800円
  • 総合講義 全科目:
    59,800円
    ※科目別の販売あり
  • 2次試験過去問解析講座:
    32,780円
月々3,800円×18回
(送料別)
  • 1次2次プレミアム
    1年合格コース:
    264,000円
  • 1次ストレート合格コース:
    220,000円
  • 1次2次ストレート
    合格パーフェクトコース:
    250,000円
  • 合格目標 1次合格
    パーフェクトコース:130,000円
  • 2次合格パーフェクト
    コース:
    120,000円
特長
  • スキマ時間を活かした学習
  • も分かりやすいビデオ/音声講座
  • 学習ツール「学習マップ」で
    知識を整理・体系化
  • 講義はオンラインで完結
  • 講義時間は各科目コンパクトに集約
  • 比較的短い単元区切りで効率的
  • 全国平均合格率の1.37倍、
    50%の合格率
  • 学習スケジュールを自動作成
  • 最短8か月で合格が目指せる
  • メールサポート体制
  • 10年分の過去問をダウンロード可能
  • 初学者〜上級者用講座を用意
  • オリジナル教材で無駄なく
    効率よく学習
  • 完全通信制、教材はpdf配信
  • 質問をメール・FAX・
    電話で受け付け
  • リーズナブルな価格帯
詳細

※出典:各通信講座公式サイト・2022年7月時点

STUDYing

スタディング 中小企業診断士

STUDYingのおすすめポイント
  • 隙間時間でも学習しやすいスマホ学習スタイル
  • 低価格でバッチリ学べる
  • 教材は全てデジタル化

STUDYingの中小企業診断士講座はスマホ学習に特化した学習システムとなっており、講義の視聴はもちろん、ノート取り・テキストの閲覧などもスマホでできるので、スマホ1台で学習が完結できるので、いつでも勉強することができます。

 学習スケジュールの管理なども行ってくれます。

またSTUDYingの特徴としては、低コストで受講できることにあります。教室を持たず、テキストもデジタル化しているのでその分コストを削減できているのです。

通勤時間や家事のちょっとした空き時間にも学習しやすくなっています。

STUDYingの中小企業診断士講座の特長

STUDYingの中小企業診断士講座は、短期間で国家試験に合格した人たちの学習方法を徹底的に研究して作られています。
そのため隙間時間の短い時間でも効率的に学習することができるのです。
 独自のAIがあなたに最適な学習を提供してくれます。
またSTUDYingの中小企業診断士講座では、「1次2次合格コース」「直前対策講座」「合格模試」などさまざまなコースが用意されています。
特に合格模試では、模試受験者の全国順位が発表されますので、自分の現在地が確認できます。

STUDYingの基本情報

主な講座の価格 ※1
  • 最安:14,300円(税込)
    「1次試験 科目別コース【2023年度試験対応】」
  • 48,000円(税込)(分割例:月々4,100円×12回〜)
    「1次2次合格コース【2023年度試験対応】」
  • 58,300円(税込) (分割例:月々5,000円×12回)
    「職業訓練給付制度 1次2次合格コース コンプリートコース」
教材の特長
  • 短期ストレート合格カリキュラム
  • 学習マップで知識を理解・体系化
  • チェックテスト(記憶フラッシュ)
サポート体制
  • 実践フォローアップ講座
  • AIによる学習サポート
  • 過去問セレクト講座
合格率・合格実績 ※2
  • 1次合格率:42.5%
  • 2次合格率:18.4%
  • 1次×2次:7.8%
学習スタイル オンライン
対応地域 全国

    今だけ!お得なキャンペーン情報
    STUDYing 行政書士キャンペーン情報
    STUDYing 中小企業診断士キャンペーン情報
    • 今すぐ試せる!無料セミナー、無料講座|メールアアドレスとパスワードを設定して送信し、送られてきたメール内リンクをクリックするとマイページで無料セミナーと講座が無料で受講できる!※1
    • 2023年度早期スタート応援キャンペーン!2022年7月31日まで受講料11,000円OFF※2

    ※出典:公式サイト
    ※1:2022年6月現在
    ※2:2020年度実績

    アガルートアカデミー

    アガルートアカデミー 中小企業診断士

    アガルートアカデミーのおすすめポイント
    • 高水準の合格実績
    • 割引制度が充実している
    • 実力派講師が勢揃い

    アガルートアカデミーの中小企業診断士の特長

    アガルートは2015年創業と非常に歴史の浅い通信講座ですが、高い合格率・充実したサポート体制で一躍有名になりました。

     日本コンシューマーリサーチの資格予備校支持率・口コミ評価・サポート体制の3部門でNo.1を獲得しています。

    「必要なものを必要なだけ」というスローガンの通り、膨大な情報を全て網羅するのではなく、重要なポイントを確実に習得する講義・テキストを作成しています。

    教材をダウンロードしていつでもどこでもeラーニングを行うことも可能です。

    アガルートアカデミーの中小企業診断士講座の特長

    アガルートの中小企業診断士講座では「総合講義/総合カリキュラム」「2次試験過去問解析講座」のコースが展開されています。
    「2次試験過去問解析講座」では最新5年分の2次試験過去問を分析し、上位2割に食い込むための方法を解説する講義です。
     中小企業診断士の2次試験の模範解答が公開されていませんので、2次試験対策をしたい方には最適でしょう。
    「総合講義/総合カリキュラム」は中小企業診断士の1次試験対策に加えて、「2次試験過去問解析講座」が受講できるコースです。
    初学者や短期合格を目指す方にはこちらのコースがおすすめです。

    アガルートアカデミーの基本情報

    主な講座の価格※1
    • 最安:8,250円(税込)
      「2次試験過去問解析講座(単年度)」
    • 30%OFF:53,746円(税込)
      「総合カリキュラム」
    • 119,746円(税込
      「総合カリキュラム+添削オプション」
    教材の特長
    • 過去問で出た問題が網羅された内容
    • 合格に必要な知識を効率的にインプット
    • 講義動画は1チャプター10〜40分
    • 見やすいフルカラーテキスト
    サポート体制
    • 添削オプションで講師による添削指導
    • 講義動画のしおり機能
    • 進捗機能をパーセンテージで確認
    合格率・合格実績※2
    • 合格率(1次試験/2次試験)
      36..4%/18.4%
    • 合格実績(1次試験/2次試験)
      ・16,057名→5,839名合格
      8,757名→1,600名合格
    学習スタイル オンライン
    対応地域 全国

    ※出典:公式サイト
    ※1:2022年6月現在 (30%OFFセール:〜2022年7月20日まで)
    ※2:2021年度実績

    フォーサイト

    フォーサイト 中小企業診断士

    フォーサイトのおすすめポイント
    • 業界トップクラスの合格実績
    • 最短での合格を目指すカリキュラム
    • 充実したサポート体制

    フォーサイトの特長

    フォーサイトは高い合格率を誇っているのが主な特徴で、2021年の行政書士では38%宅建では82%社労士では29.4%の合格率を叩き出しています。合格率が高い講座では全国平均の4倍近い合格者を輩出しています。

     中小企業診断士の合格率は50%です。

    フォーサイトでは満点を目指すのではなく、合格点を最短で取るカリキュラムを実施しています。

    教材にもそのシステムが反映されており、図解でわかりやすいテキスト・専用スタジオで収録された講義など受講者を徹底サポートしてくれます。

    テキスト・講義をダウンロードしてeラーニングを行うことも可能です。

    フォーサイトの中小企業診断士講座の特長

    中小企業診断士の合格には約1年の学習時間が必要だと言われていますが、フォーサイトでは重要なポイントを重点的に学習し、合格点を目指すカリキュラムになっているので、短期間での合格が可能です。
     最短8ヶ月で合格した事例があります。
    フルカラーでわかりやすいテキストと、専門講師による講義で初学者でも短期間での合格を目指せます。

    フォーサイトの基本情報

    椅子な講座の価格※1
    • 最安:32,800円(税込)
      「スピード合格講座 2022年試験対策(2次試験対策)」
    • セット価格:63,800円(税込)
      「バリューセット1スピード合格講座 2023年試験対策(1次試験対策)」
    • セット価格:77,800円(税込)
      「バリューセット1スピード合格講座 2023年試験対策(1次・2次試験対策)」
    教材の特長
    • eラーニング「ManaBun(マナブン)」自分のペースで学べる
    • 移動時間などのスキマ時間で勉強できる
    • 8ヶ月で合格できる
    • フルカラーテキスト
    サポート体制
    • 専任スタッフによる充実質問受付
    • 個別カウンセリング
    • 月に1度のメルマガ配信
    合格率・合格実績※2 合格率:50%(1次試験)
    学習スタイル オンライン
    対応地域 全国
    各種割引制度・
    キャンペーン情報※1
    • 合格者特典でAmazonギフトコード最大2,000円分プレゼント
    • オリジナル合格セットプレゼント

    ※出典:公式サイト
    ※1:2022年6月現在
    ※2:2021年度実績

    LEC東京リーガルマインド

    LEC東京リーガルマインド 中小企業診断士

    LEC東京リーガルマインドのおすすめポイント
    • 講座の種類が豊富
    • 割引システムも充実
    • 大手資格予備校ならではのクオリティ

    LEC東京リーガルマインドの特長

    LEC東京リーガルマインドは法律系資格取得を目指している方であれば知らない人はいないでしょう。LEC東京リーガルマインドは通学制の予備校ですが、予備校で行われている講義を通信講座として配信しています。

     中小企業診断士をはじめとする法律・ビジネス系資格講座の種類は豊富です。

    LEC東京リーガルマインドは通学講座がメインですので、通信講座の受講料も今回ご紹介した他社と比べると高額に設定されています。

    しかしその金額に見合った高クオリティの講義や教材を取り揃えていますので、本気で合格を目指す方におすすめです。

    割引制度が充実しているので積極的に利用しましょう。

    LEC東京リーガルマインドの中小企業診断士の特長

    LEC東京リーガルマインドの中小企業診断士講座では、実力派講師が数多く在籍しています。
    日本商業コンサルタント協会員であり強烈でわかりやすい講義を繰り広げる金城順之介、苦手意識を持つ受験生が多い「財務・会計」科目を克服させる後藤博など個性あふれる講師が勢揃い。
     どの講師も実績がある人たちなので、初学者でも安心です。
    それに加えて独自の合格ノウハウがつまったテキストを利用しますので、講義の理解度がグッと上ります。

    LEC東京リーガルマインドの基本情報

    主な講座の価格※1
    • 最安:早割:190,000円(一般価格:210,000円)
      「1次ストレート合格コース【通信Web】」(初学者向け)
    • 早割:224,000円(一般価格:264,000円)
      「1次2次プレミアム1年合格コース【通信Web】」(初学者向け)
    • 115,500円(税込)
      「2級以上合格コンパクトコース【通信Web】」(学習経験者向け)
    教材の特長
    • 学習時間と傾向分析を考えた問題
    • LECの誇る実務家講師陣
    • Web動画・音声・DVD
    サポート体制
    • 1次・2次直前対策講座
    • 模擬試験
    • 合格祝賀・交流会
    合格率・合格実績※2 合格率:21.7%
    学習スタイル
    • 通学
    • オンライン
    対応地域
    • 通学:池袋・水道橋・千葉・名古屋・梅田
    • オンライン:全国
    各種割引制度・
    キャンペーン情報※3
    • 早割キャンペーン
    • マイページ会員限定割引きクーポン

    その他にも期間限定割引多数

    ※出典:公式サイト
    ※1:各コースの一般価格より、2022年6月末まで:30,000円OFF、7月末まで20,000円OFF、8月末まで10,000円OFF
    ※2:2017年度実績
    ※3:早割:2022年6月末まで

    クレアール

    クレアール

    クレアールのおすすめポイント
    • オリジナルの教材と戦略で最短合格
    • 不合格の場合は、受講期限が1年間延長
    • お祝い金制度も完備

    クレアールの特長

    クレアールは独自に学習システム「非常識合格法」が好評となっている通信講座で、長年の開講実績から生み出した「非常識合格法」は様々な講座で活用されており、短期間での試験合格を実現しています。

     中小企業診断士講座でもこの学習システムが採用されています。

    クレアールで特筆すべき点は「セーフティーコース」の存在でしょう。このコースに加入すると万が一試験に落ちてしまった場合、1年分のサポート期間が延長されるというものです。

    2年計画で中小企業診断士試験の合格を目指す方や、一発合格に自信がない人にもおすすめな通信講座となっています。

    サポート延長に追加料金は発生しません。

    クレアールの中小企業診断士講座の特徴

    クレアールの中小企業診断士には、受講者のニーズに合わせたコースが3種類用意されています。

     「1次・2次総合コース」「1次対策コース」「2次対策コース」の3種類です。

    初学者であれば1次・2次総合コースの受講がおすすめです。無理のない学習計画で、中小企業診断士の合格を目指します。

    学習経験者は、それぞれの試験対策に特化した「1次対策コース」「2次対策コース」が良いでしょう。 特に2次試験では模範解答が公開されていないので、独学では限界があります。

    クレアールの基本情報

    主な講座の価格※1
    • 7,000円(税込)
      「2022年合格 1次試験対策 単科講座 Web通信」
    • 最安:214,000円(税込)
      「2023年合格 1次2次ストレート合格パーフェクト夏コースWEB通信(1次5科目+2次)」
    • 120,000円(税込)
      「2023年合格 2次試験対策Web通信」
    教材の特長
    • クレアール独自の効率的学習法「非常識合格法」
    • マルチデバイス対応Web通信
    • リーズナブルな受講料
    サポート体制
    • クレアール活用ガイド
    • 合格者VOICE
    合格率・合格実績 非公開
    学習スタイル オンライン
    対応地域 全国
    各種割引制度・
    キャンペーン情報※1
    • 最大50%OFF&お祝い金5,000円インセンティブ(2023年合格 1次2次ストレート合格パーフェクト夏コースをご受講の方)など

    その他にも期間限定の割引多数

    ※出典:公式サイト
    ※1:2022年6月現在

    中小企業診断士の年収に関するよくある質問

    中小企業診断士の平均年収はいくらですか?
    平均年収の相場は501万円~800万円程度です。企業に勤めるのか、開業するのかによっても年収が変わりますが、年収800万円以上が約半数を占めているので、高収入が期待できるでしょう。
    中小企業診断士の年収が高い理由を教えてください。
    中小企業診断士は国家資格で専門性が高い点が考えられます。会社によっては、資格手当などで毎月数万円程度が給料に上乗せされる場合もあります。
    独立・開業することも可能な点から、年収が高くなっています。
    中小企業診断士の年収は年代ごとに変動はありますか?
    あります。20代の平均年収は300万円前後、30代の平均年収は340万円前後、40代になると平均年収は380万円~450万円まで上がります
    役職についたり、独立する人が多いので年代が上がると年収が高くなる傾向があります。
    中小企業診断士になるためのおすすめの通信講座はありますか?
    STUDYingがおすすめです。スマホ学習に特化したオンライン講座である点が特徴で、インターネット環境さえあればどこでも学習することができます。
    14,300円~受講することができる安さも魅力です。

    まとめ

    本記事では、中小企業診断士の基本情報や年代別の平均年収、一般会社員の平均年収と比べて高い理由などについて詳しく紹介しました。

    企業規模や独立しているかどうかなどによっても年収に差はありますが、全体的に高収入の割合が高い職業なので、ぜひ中小企業診断士を目指してみてはいかがでしょうか。

    将来的に独立を考えている人やコンサルティングの仕事をしたい人におすすめの資格です。

    関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事