証券アナリストの難易度・合格率|取得までの勉強時間や方法を徹底解説

証券アナリストは金融分野のプロフェッショナルの資格です。取得した暁には、株式等の金融商品の投資を検討している顧客に対して助言やサービスを行えます。

しかし目指すにも、「証券アナリストになるための勉強方法とは?」「証券アナリストの資格取得までのスケジュールとは?」など気になるポイントがあると思います。

そこで本記事では、証券アナリストの資格取得を目指す方に向けて、難易度や合格率、試験の対策方法やおすすめの通信講座について詳しく解説します。

証券アナリストを目指されている方は、ぜひ参考にして最短合格を目指しましょう。
確実に証券アナリストの資格を取るなら

LEC東京リーガルマインド

証券アナリストを受験するためには「日本証券アナリスト協会」の通信講座の受講が必須。LEC東京リーガルマインドなら、第1次レベル試験と第2レベル試験いずれの出題分野も徹底分析のうえ組み立て直し、直感的な理解ができる講座を7万円で受講できます
過去問の解説と確認テストもついているので、初めて出題分野を学習する方や数学が苦手な方、学習時間の確保が困難な方にもおすすめです。

証券アナリストとは?取得方法や試験概要

証券アナリストとは

証券アナリストとは?取得方法や試験概要

証券アナリストとは、企業の価値を分析する人です。株式を例に挙げると「会社の実力を見極めて今の株価が、その会社の実力を本当に表しているのか」を分析するのが主な仕事です。

 具体的には「株価に影響する要因」などを調べて、企業の経営状態や収益力などの分析・調査を行い、まとめたレポートである「アナリストレポート」を作成します。

そのデータなどをエビデンスとして、企業の運用担当者はアナリストの分析を参考にして株式の売買をしています。その結果、何十億円、何百億円とお金が動いているのです。

証券アナリストは深い専門知識と高い論理観を身に付けた金融・投資のプロフェッショナルです。

証券アナリストの取得方法

証券アナリストとは?取得方法や試験概要

証券アナリストの資格を取得するためには、公益社団法人日本証券アナリスト協会が実施している通信講座に申し込まなくては受験資格を得ることができません。

 逆にいえば、日本証券アナリスト協会が実施している通信講座さえ受けていれば学歴や年齢は不問です。

また、証券アナリストの取得方法は関門があります。1つ目は日本証券アナリスト協会の試験の全科目合格が必須である点です。

通信講座を受講すれば翌年以降3年間に実施される試験を受けることが可能で、第1次レベルの講座は6回、第2次レベルの講座は3回のチャンスがあります。

第2次レベルの講座を受けるためには第1次試験の3科目の合格が必須です。

合格した後、合格年を含めて3年以内に第2次レベル講座の受講をしなければいけません。

そして、第2次レベル合格者は「証券分析業務等の実務経験3年以上」「証券分析に関する学識、経験、能力を十分に備えた者」に該当すれば、証券アナリストの資格を取得できます。

期間内に受講しなければ、受講資格を剥奪されてしまうので注意しましょう。

証券アナリストの難易度・合格率は?

合格率から測る難易度

合格率から測る難易度

証券アナリストの合格率は2022年のデータによれば、1次試験は約48.6%2次試験は約52.1%という結果になっています。

 2019年•2020年など過去6年分のデータによると1次試験は約50%、2次試験は約50%の通過率となっており5割の合格率という結果です。

1次試験と2次試験には大きな差はないので、計画的にしっかり勉強できれば短期間のうちに合格できる資格といえます。

証券アナリストは他の資格に比べて高い合格率を誇るため難しくありませんが、第1次試験は原則年2回しか行われないため気を抜かずに勉強しましょう。

2021年は2,618名の受験者のうち、1,390名が合格しているので受かる確率が高いです。

■1次試験の合格率推移

証券アナリストの試験の合格率<1次試験>
年度
2022年 48.6%
2021年 51.8% 53.8%
2020年 中止 55.0%
2019年 47.3% 52.6%
2018年 51.3% 51.2%
2017年 48.2% 51.6%

■2次試験の合格率推移

証券アナリストの試験の合格率<2次試験>
年度 合格率
2022年
2021年 52.1%
2020年 53.4%
2019年 45.0%
2018年 49.2%
2017年 47.5%
出典:「試験データ」日本証券アナリスト協会

合格ラインについて

証券アナリストの難易度とは?

証券アナリストの合格ラインの目安はどのくらいか気になる方も多いと思います。実は1次試験•2次試験の合格ラインは残念ながら公表されていません。

 大学模試の偏差値のように基準がないことに困惑する方もいるかもしれませんが、過去問やネットでの口コミ、受験者の意見などもとに考察すると合格ラインが見えてきます。

1次試験は6割程度の点数を取れば合格、2次試験は5割程度の点数を取って合格している方もいるようです。満点を目指して勉強すれば確実に合格できる資格と言えるでしょう。

公式が出している合格ラインではないので、あくまでも参考程度に目安として考えてください。

勉強・試験合格の難易度

証券アナリストの難易度とは?

証券アナリストの試験は、マークシート形式の選択問題で出題されます。記述問題などの試験に比べると受けやすい試験となっています。

 出題問題は「計算問題」や「正誤問題」これらのパターンが多いです。毎回大きな変化は見られませんが、数字だけ異なる形式で出される傾向があります。

ポイントは基本問題や類似問題が出題されることが多いので、このタイプの問題を確実に解けるようにすることがカギとなってきます。

数学が苦手な方でも過去問を学べば出題される内容は似ているため、一つずつクリアしていけば克服することは可能です。

金融の専門知識が多く出題されるので専門的な内容にまず慣れることから始めましょう。
確実に証券アナリストの資格を取るなら

LEC東京リーガルマインド

証券アナリストを受験するためには「日本証券アナリスト協会」の通信講座の受講が必須。LEC東京リーガルマインドなら、第1次レベル試験と第2レベル試験いずれの出題分野も徹底分析のうえ組み立て直し、直感的な理解ができる講座を7万円で受講できます
過去問の解説と確認テストもついているので、初めて出題分野を学習する方や数学が苦手な方、学習時間の確保が困難な方にもおすすめです。

証券アナリスト試験の勉強時間

証券アナリストになるための勉強時間

証券アナリスト試験の勉強時間

証券アナリストになるための勉強時間は、人それぞれの脳が情報を解析する速度は異なりますが、平均で約200時間程度と言われています。

 平均200時間であれば、1日2時間勉強したとして月に約60時間。集中して取り組めば3ヶ月〜5ヶ月程度の勉強で証券アナリストの資格を取得できます。

特に今現在金融業界で活躍されている方は実務で学べることが多いので、金融業界の方であれば短期間で合格を目指すことができるでしょう。

インプットした情報をアウトプットすることで記憶の定着率が高まるので試してみましょう。

科目別勉強法

証券アナリスト試験の勉強時間

各科目の重点分野は、「証券分析とポートフォリオ分析」「財務諸表分析•株式価値評価」「ミクロ経済•マクロ経済」これらの項目は重点的に学んでおきましょう。

 特に「証券分析とポートフォリオ分析」では、重点分野が多く、他の項目よりも出題範囲が多いので重点的に勉強することが大切です。

具体的には、ファンダメンタル分析、株式分析、デリバティブ分析、債権分析、ポートフォリオ・マネジメントこの部分を中心に対策することで効率的に勉強できます。

試験に出やすい部分を重点的に復習することで、試験の点数を効率的に上げられるのでおすすめです。

証券アナリスト試験の勉強方法

証券アナリストの勉強方法

通信講座で効率的に学ぶ

最近は難しい資格でもオンラインを通じて学べる環境が整ってきたことから、通信講座が人気を博しています。

しかし、証券アナリストの通信講座はどこでも開催されているものではないため、厳選された会社でしか受けることができません。

 しかし、通信講座を受講すれば、試験合格に特化した教材で学べるので、無駄な部分を学ぶ必要はなく、試験で出される傾向が高い問題を解くことが可能です。

独学だとどの部分が頻繁に出題されるか分からないため、後々「無駄に勉強してしまった部分が多かった…」といった事態に陥りがちです。

一方で通信講座は講座で効率良く勉強できることに加え成績も伸ばしやすいです。受講料は約4万円〜15万円程度となっているので検討してみてください。

証券アナリストの過去問

証券アナリスト試験の勉強方法

証券アナリストの過去問題集は、日本証券アナリスト協会のマイページから、過去5年分の問題集と解答がダウンロード可能です。

ちなみに、このマイページは1次試験の講座に申し込みをしてからログインできるので注意しましょう。

 過去問を見ると頻繁に出題される問題を把握できたり、苦手な問題や得意な問題など自分の弱点を知ることができます。

このように、実際に過去問を解いてみることで新しい発見があったり、効率良く学習できたりするのが大きなメリットです。

証券アナリストの試験は、特に過去問に似た問題が出題されることが多いので抑えておきましょう。
また、たとえばLEC東京リーガルマインドの通信講座を受けると過去問の解説と確認テストを詳細に受けることが可能なので、独学よりさらに確実な知識と最短ルートで資格を取得できる可能性が高まります。

証券アナリストの資格を確実に取得するためにおすすめな通信講座

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドのおすすめポイント
  • 重要な箇所を重点的に学ぶので短期間でも合格可能!
  • インプットと過去問演習が充実
  • 割引制度が充実している

LEC東京リーガルマインドの証券アナリスト講座の特長

証券アナリスト取得におすすめ通信講座、1つ目は「LEC東京リーガルマインド」です!LEC東京リーガルマインドは名門として有名な資格系予備校となっています。

証券アナリスト講座も開講されており、家にいながら通学制コースと同等のクオリティの講義を受けることが可能です。

 通信講座はWEB講座・DVD講座があります。

LEC東京リーガルマインドの証券アナリスト講師陣

LECの東京リーガルマインドの証券アナリスト講座の講師陣は、公認会計士のや経営管理修士の先生をはじめ、東大名誉教授や明治大学専任教授、弁護士で中小企業診断士1級FPの先生など粒ぞろいです。

特に苦手な方が多いとされている計算問題などは、講師陣が計算の課程を丁寧に解説してくれることで、体感的に学習をすすめることが可能です。

理解が飛躍的に進み、結果全体の学習を効率化することが可能となっています。

LEC東京リーガルマインドの証券アナリスト教材

LEC東京リーガルマインドの証券アナリスト講座では過去10年以上の試験から出題傾向を徹底分析し、カリキュラムに活用しています。

 そのため、基礎知識も頻出項目を重点的に解説しているので、効率的に学習することが可能です。予想問題の的中率も高いので、積極的に活用していきましょう。

また、特に多くの方が苦手とする計算問題については、日本証券アナリスト協会の推薦図書でもある「証券アナリストのための数学再入門(著者:金子誠一・佐井りさ)」を使用しています。

これにより、より集中的に解説を受けられ、確実に知識と得点力を身につけ、自信を持って証券アナリストの学習に進むことができるカリキュラムになっています。

LEC東京リーガルマインドの基本情報

価格 70,000円(税込)
サポート体制
  • 質問メール
  • セミナー
合格実績 非公開
教育訓練給付金制度対象講座

今だけ!お得なキャンペーン情報
LEC東京リーガルマインド キャンペーン
  • 8月末までがお得!期間中にお申込するだけで、大幅割引・特典がうけられるチャンス!※1

    出典:LEC東京リーガルマインド

    資格の学校TAC

    資格の学校TACのおすすめポイント
    • 資格試験のエキスパート講師が多数在籍
    • 戦略的なカリキュラムで短期合格を目指す
    • 充実したサポート体制

    証券アナリスト取得におすすめ通信講座、2つ目は「資格の学校TAC」です!TACは通学制の資格予備校ですが、近年では通信講座にも力を入れています。

    証券アナリスト講座では、資格対策のエキスパート講師が合格に役立つノウハウを教えてくれると評判になっています。

     通信講座ではTACオリジナルのスマートテキストも利用できます。

    資格の学校TACでは通信講座としては珍しい「自習室の利用サポート」を行っています。TACでは講義で利用されていない教室を自習室として解放しています。

    予備校を構えている通信講座ならではのサービスと言えるでしょう。サポート期間内であれば通信講座受講生でも利用できますので、ぜひ活用してみてください。

    全国の校舎で利用が可能ですので近くに校舎がないか探してみてください!

    資格の学校TACの基本情報

    価格 162,000円(税込)〜
    サポート体制
    • 質問メール
    • オンライン相談会
    • i-support
    • 自習室利用可
    合格実績 非公開
    教育訓練給付金制度対象講座

    出典:TAC公式サイト

    証券アナリストの難易度・合格率に関するよくある質問

    証券アナリストとは?

    証券アナリストは、証券会社や運用会社などの金融機関で、企業の経営状態や収益力などの調査・分析を行い、アナリストレポートとして作成し助言をする職業です。

    証券アナリストの難易度は高い?
    証券アナリストの資格取得の難易度は高くもなく低くもない平均的な難易度となっています。計画的に資格の勉強に取り組めば、1次試験・2次試験共に合格できるでしょう。
    証券アナリストの合格率とは?
    証券アナリストの合格率は、過去6年間のデータをもとに算出すると1次試験50%、2次試験50%です。合格ラインは1次試験5割以上、2次試験6割以上が基準となっています。
    証券アナリスト資格を取得する方法とは?
    証券アナリストになるには日本証券アナリスト協会の全科目合格が必須です。1次試験•2次試験に合格し、証券分析業務等の業務経験3年以上または、証券分s形に関する学識、経験、能力を充分に備えた者が資格取得できます。
    証券アナリストを取得するメリットとは?
    証券アナリストを取得するメリットは、付加価値として自身の実績や実力をアピールできたり、スキルアップや今後のキャリアアップにも活かすことができます。
    証券アナリストを目指す人におすすめの通信講座とは?
    おすすめの通信講座は、実績と分かりやすさ、学習サポートが充実している「ユーキャン」、豊富な講座数と手厚い就職サポートが魅力の「たのまな」、国家資格や高難易度の資格で高い合格率を誇る「Foresight(フォーサイト)」が最適です。

    まとめ

    ここまで本記事では、証券アナリストの合格率や難易度、試験の対策方法や勉強時間、おすすめの通信講座などについて詳しく解説してきました。

    金融業界では証券アナリストの需要が年々増えているので、キャリアアップを図るには最適な資格だと言えるでしょう。

    証券アナリストの合格率は1次試験•2次試験と共に約50%前後なので、他の資格と比べ難易度は低いですが、独学は難しい資格でもあります。

    通信講座であれば受講形態が自由で講師のレベルも高いです。積極的に利用して効率的に学べば最短最速で資格取得ができるので検討してみてください。

    今後のキャリアアップに活かしたい方は、ぜひ証券アナリストの資格に挑戦してみてください。

    関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事