仮想通貨取引所・販売所の違いと特徴を徹底解説!手数料が違う?

仮想通貨を購入する際には仮想通貨取引所、または仮想通貨販売所を利用するのが一般的です。

しかし仮想通貨取引初心者の中には「取引所と販売所、どちらを使うべき?」「どちらにどんなメリットやデメリットがあるの?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

そこで今回は暗号資産取引所・仮想通貨販売所の違いと特徴手数料の違い、メリットデメリットもご紹介します。どちらを使うべきか迷っているという方はぜひ最後までご覧ください。

最後まで読めば、自分がどちらを使えばいいかわかるでしょう。

そもそも仮想通貨取引所・販売所とは?違いはある?

仮想通貨取引所・販売所の違い

仮想通貨取引所・仮想通貨販売所の違いを解説する前に、それぞれがどのような物なのかをしっかり理解しておかなくてはなりません。

この章では仮想通貨取引所・仮想通貨販売所の概要を解説していきたいと思います。  

仮想通貨取引所とは?

仮想通貨取引所とは、ユーザー同士で仮想通貨の売買取引が行える場所です。ユーザー同士で取引をする場合、自分の希望とマッチする相手を探す必要があります。

この時に仮想通貨取引所が仲介役となることで、取引を希望するユーザー同士をスムーズに探すことができるのです。

 株式投資で言う証券会社のような立ち位置となっています。

仮想通貨取引所が間に入って取引が成立した場合、仮想通貨の代金の他に仲介手数料がかかってきます。

仲介手数料は仮想通貨取引所によって額が異なります。

仮想通貨販売所とは?

仮想通貨販売所とはユーザーと仮想通貨取引所が直接取引をできる場所です。お店から商品を購入するというイメージで問題ないでしょう。

ユーザー同士の取引ではないので、自分が購入したい仮想通貨をいつでも入手することができます。

 仮想通貨の価格は仮想通貨取引所が独自で設定しています。

手数料は仮想通貨取引所よりも高めですが、初心者でも購入しやすいようなシステムになっていますので、初めて購入すると言う方にはおすすめです。  

仮想通貨取引所・販売所の主な違いは?

仮想通貨取引所・仮想通貨販売所の主な違いとしては、ユーザーが取引する相手の違いが挙げられます。

仮想通貨販売所は取引相手が仮想通貨取引所になり、取引所が所有している仮想通貨を購入するというシステムになっています。

 いわゆる、一般的なショッピングをする時のような形式です。

一方で仮想通貨取引所で取引する相手は、自分自身のような仮想通貨を売買したいと思っているユーザーです。自分と相手の希望が一致すれば取引は成立します。

仮想通貨取引所が仲介をしてくれるので、取引相手を探すのはそこまで苦労しないでしょう。

仮想通貨取引所を利用するメリット・デメリット

前章では仮想通貨取引所・仮想通貨販売所の概要や主な違いについて解説してきました。ではそれぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

この章では仮想通貨取引所を利用するメリットとデメリットを解説します。 

仮想通貨取引所のメリット

仮想通貨取引所のメリット
  • 手数料が安い
  • 初心者でも注文が簡単

手数料が安い

仮想通貨取引所を利用する利点として代表的なのは、手数料の安さです。仮想通貨販売所は取引所に対しスプレッドがかかるので、負担に感じる方も多いでしょう。

しかし国内で営業している仮想通貨取引所では手数料がほとんどかからない、もしくは無料というところも非常に多いです。

 「Maker手数料」「Taker手数料」がかかる場合があります。

1回分の手数料はそこまで高い訳でなくても、取引回数を重ねるごとにその金額は大きくなっていきますので、なるべく抑えることをおすすめします。

手数料を抑えるのは投資の基本中の基本です。

初心者でも注文が簡単

初心者の中には「いきなり他のユーザーと取引できるか不安」「相手が見つからなかったらどうしよう」と不安を抱えている人も多いでしょう。

仮想通貨取引所では初心者でも簡単に取引相手を探すことができるようなシステムになっていることが多いです。

 初心者向けに丁寧なチュートリアルを掲載している会社もあります。

また相手が見つかれば希望額で売買できるので、仮想通貨のトレードをしたいと思っている方にとっては大きなメリットでしょう。  

仮想通貨取引所のデメリット・課題

仮想通貨取引所のデメリット・課題
  • 流動性が低いと取引が成立しにくい
  • 取り扱い銘柄が少ない

流動性が低いと取引が成立しにくい

仮想通貨取引所の課題としては、流動性が低いと取引が成立しないという点です。

流動性とは?
仮想通貨取引所を利用しているユーザーの数や取引量を指します。

いくら希望価格を出したとしても、その条件にマッチする相手がいなければそもそも取引は成立しません。マイナーな仮想通貨取引所はこのような現象が多いです。

仮想通貨販売所は手数料は高いですが、いつ利用しても確実にお目当ての仮想通貨を購入できますので、取引所のこの点は不便かもしれません。

なるべく大手の仮想通貨取引所を利用することで、ある程度上記の問題を解決できます。

取り扱い銘柄が少ない

仮想通貨取引所の取り扱い銘柄は、販売所に比べると少ない会社がほとんどです。

取り扱い銘柄の数は取引所によって異なりますが、中には販売所で販売している半分ほどしかないということも珍しくありません。

 特にマイナー通貨は取り扱われにくいです。

ビットコインなどの有名銘柄は暗号資産取引所・販売所両方で取り扱われていることがほとんどですので、有名銘柄を購入するのであれば特に問題ないと考えましょう。

マイナー通貨を希望している方は販売所を利用した方が良いですね。

仮想通貨販売所のメリット・デメリット

一見利点ばかりのように見える仮想通貨販売所にも課題はあります。続いては仮想通貨販売所を利用するメリット・デメリットを解説していきます。  

仮想通貨販売所のメリット

仮想通貨販売所のメリット
  • 大きな金額の取引も可能
  • 取引方法がシンプル

大きな金額の取引も可能

仮想通貨販売所を利用するメリットとしては、大きな金額の取引もすぐに行えるという点が挙げられます。仮想通貨販売所では金額がいくら大きくても希望の仮想通貨が必ず購入できます。

 手数料は高めに設定されていますので、大きな金額を取引する場合はご注意ください。

一方で仮想通貨取引所で大きな金額の取引をしようと思っても、その条件にマッチしないとそもそもの取引が成立しません。

金額が大きいと取引相手も限られてしまいます。

取引方法がシンプル

仮想通貨販売所の取引方法は「買う」「売る」の2パターンのみと非常にシンプルです。そのため初心者でも安心して利用することができるでしょう。

 取引方法はどの仮想通貨販売所でも似たようなものです。

また近年ではスマホアプリの開発が進み、スマホ1台で仮想通貨を売買できるようになりました。

仮想通貨を初めて取引する場合は、最初確実・簡単に買える仮想通貨販売所を利用し、慣れてきたら手数料の安い仮想通貨取引所を利用するのがおすすめです。

まずは仮想通貨取引がどのようなものか実戦から学んでいきましょう。

仮想通貨販売所のデメリット・課題

仮想通貨販売所のデメリット・課題
  • 手数料が高い
  • 販売所によって取り扱い銘柄に差がある

手数料が高い

仮想通貨販売所は、取引所よりも手数料が格段に高くついてしまいます。

手数料については繰り返しの説明になってしまいますが、仮想通貨販売所で仮想通貨を購入すると手数料やスプレッドといった諸経費がかかってしまいます。

スプレッドとは?
購入価格・売却価格の差額を指します。

仮想通貨販売所の公式サイトを見てみると「手数料無料」と記載してあるところも多いですが、実際はスプレッドがかかるので諸経費がかからないという訳ではありません。

スプレッドは仮想通貨販売所の収入源となっています。

仮想通貨販売所によって取り扱い銘柄に差がある

先ほど仮想通貨販売所は取引所よりも取り扱っている銘柄が多いと解説しましたが、全ての仮想通貨販売所がそうだという訳ではありません。

中には取り扱い銘柄が少ない仮想通貨販売所も存在します。特に知名度の低い仮想通貨などは取り扱っている販売所が限られてきますので注意が必要です。

 取り扱い銘柄は仮想通貨販売所の公式サイトなどで確認できます。

取り扱い銘柄が少ない仮想通貨販売所も存在しますが、利用頻度の高いとされるビットコインやイーサリアムは、ほとんどの販売所で取り扱っています。

そのためメジャー通貨を利用したいのであれば、どの仮想通貨販売所を利用しても不便を感じることはないでしょう。

アルトコインへの投資を考えている方は、事前に取り扱い銘柄をチェックしておきましょう。

仮想通貨取引所・販売所が向いている人の特徴

ここまで仮想通貨取引所・仮想通貨販売所の違いやメリット・デメリットなどを解説してきました。

この章では仮想通貨取引所・仮想通貨販売所が向いている人の特徴をそれぞれご紹介していきます。どちらを利用しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。  

仮想通貨取引所が向いている人の特徴

仮想通貨取引所が向いている人の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

仮想通貨取引所が向いている人の特徴
  • 仮想通貨取引に慣れている人
  • 短期でトレードを行いたい人
  • なるべく手数料を抑えたいという人

仮想通貨取引所で取引相手を探すためには、取引板を読んだりといった作業が必要なので、ある程度仮想通貨の取引経験がある人の方が使いやすいでしょう。

また仮想通貨取引所は、販売所よりも手数料が低めに抑えられるメリットがあります。そのため短期間で頻繁にトレードを行う方はよりお得に取引ができるでしょう。

仮想通貨取引所の口座を開設する際はキャンペーンなどを利用するとお得です。

仮想通貨販売所が向いている人の特徴

続いて仮想通貨販売所が向いている人の特徴です。以下に当てはまる人は仮想通貨販売所を利用してみることをおすすめします。

仮想通貨販売所が向いている人の特徴
  • 仮想通貨投資初心者
  • 様々な種類の仮想通貨(アルトコイン)を取引したい人
  • 今すぐ取引を行いたい人

仮想通貨販売所は取引方法が非常にシンプルなので、仮想通貨投資初心者でも使いやすいでしょう。

仮想通貨取引所の場合、取引相手を見つけなければなりませんが、販売所ではその必要がありません。確実に希望の暗号資産を買うことができるのですぐに取引を開始できます。

状況に合わせて暗号資産取引所・販売所を使い分けることをおすすめします。

取扱通貨別|仮想通貨取引所・販売所を比較

仮想通貨を取引してみようと思ったら、投資してみたい仮想通貨の銘柄を取り扱っている仮想通貨取引所・販売所で取引しないといけません。

この章では、当サイトがおすすめする仮想通貨取引所・販売所でどの通貨を取り扱っているかまとめました。仮想通貨取引所選びの参考にしてください。

表は右にスクロールできます。

名称 Coincheckコインチェックsq DMM Bitcoin BITPOINT bitFlyer GMOコイン
取引所取扱銘柄

BTC(ビットコイン)
ETC(イーサリアムクラシック)
MONA(モナコイン)
PLT(パレットトークン)

ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
トロン(TRX)
エイダ(ADA)
アイオーエスティー(IOST)

BTC(ビットコイン)

ETH(イーサリアム)

XRP(リップル)

XLM(ステラルーメン)

MONA(モナコイン)

BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
BCH(ビットコインキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
XRP(リップル)
XEM(ネム)
XLM(ステラルーメン)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
QTUM(クアンタム)
XYM(シンボル)
FCR(FCRコイン)
MONA(モナコイン)
販売所取扱銘柄 BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
LSK(リスク)
XRP(リップル)
XEM(ネム)
LTC(ライトコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
MONA(モナコイン)
XLM(ステラルーメン)
QTUM(クアンタム)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
IOST(アイオーエスティー)
ENJ(エンジンコイン)
OMG(オーエムジー)
SAND(サンド)
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
XRP(リップル)
LTC(ライトコイン)
ETC(イーサクラシック)
BCH(ビットコインキャッシュ)
XLM(ステラルーメン)
OMG(オーエムジー)
ENJ(エンジンコイン)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
MONA(モナコイン)
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
BCH(ビットコインキャッシュ)
XRP(リップル)
LTC(ライトコイン)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
TRX(トロン)
ADA(エイダ)
JMY(ジャスミー)
DOT(ポルカドット)
LINK(チェーンリンク)
DEP(ディープコイン)
IOST(アイオーエスティー)
BTC(ビットコイン)
XRP(リップル)
XYM(シンボル)
ETH(イーサリアム)
LINK(チェーンリンク)
XTZ(テゾス)
DOT(ポルカドット)
XLM(ステラルーメン)
XEM(ネム)
ETC(イーサリアムクラシック)
LTC(ライトコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
MONA(モナコイン)
LSK(リスク)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
BCH(ビットコインキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
XRP(リップル)
XEM(ネム)
XLM(ステラルーメン)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
OMG(オーエムジー)
XTZ(テゾス)
QTUM(クアンタム)
ENJ(エンジンコイン)
DOT(ポルカドット)
ATOM(コスモス)
XYM(シンボル)
FCR(FCRコイン)
MONA(モナコイン)
ADA(カルダノ)
MKR(メイカー)
DAI(ダイ)
LINK(チェーンリンク)

※2022年6月1日確認時点

おすすめの仮想通貨取引所5選を徹底比較

Coincheck
DMM Bitcoin
BITPoint
bitFlyer
GMOコイン
コインチェック
DMMビットコイン
BITPOINT
ビットフライヤー
GMOコイン
取引所手数料
無料
無料※1
BitMatch取引手数料を除く
無料
約定数量 × 0.01 ~ 0.15% (単位: BTC)
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料
無料
無料
無料
無料
無料
レバレッジ
-
2倍
-
2倍
2倍
最低取引額
約500円〜
約1,000円〜
約500円〜
約1円〜
約180円〜
取引通貨数
18種類
20種類
14種類
17種類
22種類
キャンペーン
1,500円相当のビットコインプレゼント
2022年9月30日まで
新規口座開設で
もれなく2,000円
プレゼント
新規口座開設で
3,000円相当
暗号資産を
プレゼント
毎日最大10名に1,000円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム
暗号資産の購入で
現金1,000円
プレゼント
(毎日抽選10名)

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴

Coincheckは、親会社が東証一部上場企業のマネックスグループ。セキュリティ技術が高く、安心安全に取引を行えるでしょう。

特におすすめなのがCoincheckアプリです。シンプルな設計で見た目の使いやすさに優れているのが特徴で一目で使い方が分かるので、投資初心者の方でもすぐに使いこなせるでしょう。

 2021年上半期「国内の暗号資産取引アプリ」部門では、ダウンロード数No.1となっており、ユーザビリティが評判です。

公式サイトより。対象期間:2021年 データ協力:AppTweak

アプリ内では500円から取引可能なので「大きな額を投資するのは怖い」「はじめての投資だからまずはお試しでやりたい」という方にも最適です。

各チャートにはチャット機能が用意されており、投資家のコミュニケーションが活発に行われています。参考にすると良いでしょう。
※出典:PRTIMES

さらにコインチェックでは暗号資産取引初心者におすすめなCoincheckつみたてと呼ばれる自動積立サービスがあります。

「毎日チャートは追えない、難しいことは分からない」という方でも、 一定額を毎月自動で投資してくれるので着実に仮想通貨を増やしていきたいと言う方にもおすすめです。

また、NFTマーケットである「Coincheck NFT(β版)」も展開。人気の「The Sandbox」「CryptoSpells」「Sorare」など、さまざまなタイトルのNFTを取り扱っています。

Coincheckつみたても15通貨対応可能で、他の通貨も順次追加が予定されています。
公式サイトより。BTC, ETH, ETC, LSK, XRP, XEM, LTC, BCH, MONA, XLM, QTUM, BAT, IOST, ENJ, OMG 

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取引通貨数

18種類

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. LSK(リスク)
  5. XRP(リップル)
  6. XEM(ネム)
  7. LTC(ライトコイン)
  8. BCH(ビットコインキャッシュ)
  9. MONA(モナコイン)
  10. XLM(ステラルーメン)
  11. QTUM(クアンタム)
  12. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  13. IOST(アイオーエスティー)
  14. ENJ(エンジンコイン)
  15. OMG(オーエムジー)
  16. PLT(パレットトークン)
  17. XYM(シンボル)
  18. SAND(サンド)
レバレッジ -
仮想通貨入金手数料 無料
仮想通貨送金手数料(一例) BTC:0.0005BTC
ETH:0.005ETH
XRP:0.15XRP
取引所手数料 Taker手数料:0.000%
Maker手数料:0.000%
販売所手数料

取引手数料:無料
手数料相当額:0.1〜5.0%
(カバー先又は当社取引所の価格に対して)
※価格の急変時や市場の流動性などにより、上記を超える手数料相当額を含んだ売買価格を提示する場合があります。

日本円入金手数料

銀行振込:通常無料(振込手数料はお客様負担)
コンビニ入金:770〜1,018円
クイック入金:770〜円

日本円出金手数料 407円

出典:Coincheck公式

今だけ!お得なキャンペーン情報
コインチェックキャンペーン
  • 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン※1

※1 2022年7月1日 00:00〜2022年9月30日 23:59 ・期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設 ・口座開設してから72時間以内に入金完了 対象の方全員に1,500円相当のBTCをプレゼント

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。

 DMM.comグループ全体では年間に2,000億円以上の売上を超える大企業。仮想通貨事業以外にも電子書籍、FX事業など様々な幅広いジャンルで事業展開しています。

特にDMM Bitcoinは、レバレッジ取引が魅力。国内最多級の23通りもの組み合わせで暗号資産取引が可能です。

土日祝日含め365日LINEやメールでのサポート体制をとっているので、仮想通貨初心者でも安心して取引できるところがメリットです。

DMM Bitcoinの独自の注文方法にBitmatch注文という仕組みがあります。

『BitMatch注文』はDMM Bitcoinが提示する価格を参考に、30秒間「ミッド(中値)価格」で取引が成立できるシステムです。

 取引所のようにマッチングするのは売り手と買い手ですが、約定相手はDMM Bitcoinとなります。

通常販売所ではスプレッドがあり見えない手数料が大きくかかりますが、BitMatch注文なら最小限に抑えられるのです。

販売所形式と取引所形式の良いところを取ったハイブリッド注文方法と言えるでしょう。

DMM Bitcoinの基本情報

取引通貨数

20通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. XRP(リップル)
  5. BCH(ビットコインキャッシュ)
  6. LTC(ライトコイン)
  7. XLM(ステラルーメン)
  8. XEM(ネム)
  9. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  10. QTUM(クアンタム)
  11. OMG(オーエムジー)
  12. MONA(モナコイン)
  13. XTZ(テゾス)
  14. ENJ(エンジンコイン)
  15. XYM(シンボル)
  16. TRX(トロン)
  17. カルダノ(ADA)
  18. DOT(ポルカドット)
  19. IOST(アイオーエスティー)
  20. ZPG(ジパングコイン)
レバレッジ 2倍
仮想通貨入金手数料 無料(マイナーへの手数料はお客様負担)
仮想通貨出金手数料 無料
販売所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
レバレッジ手数料 ポジション金額の0.04% / 日のレバレッジ手数料がロールオーバー時に発生
BitMatch取引手数料 詳細はこちら
取引所手数料 -
日本円入金手数料 振込入金手数料:無料(銀行手数料はお客様負担)
クイック入金手数料:無料
日本円出金手数料

無料

出典:DMM Bitcoin公式サイト

今だけ!お得なキャンペーン情報
DMM bitcoinキャンペーン
  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン※1
  • ハズレなし!最大3,000円がもらえる!はじめてのレバレッジ取引キャンペーン※2
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン(第11弾)※3


※1 期間:2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

※2 2022年8月1日(月)7:00 ~ 2022年9月1日(木)6:59

※3 2022年8月1日(月)~2022年9月30日(金)土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始となります。

詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

BITPOINT(ビットポイント)の特徴
  • ジャスミーなど大手にないが魅力的なアルトコインを取り扱う
  • 手数料が比較的安い|各種主要手数料が無料
  • 取引ツールが豊富
  • レンディングなど様々な投資方法に対応

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの大手にはないアルトコインが取引できるのが最大の特徴です。

 トロン(TRX)エイダ(ADA)ジャスミー(JMY)など大きな話題になった通貨も取り扱っています。

またビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)ベーシックアテンショントークン(BAT)などのレンディング(貸暗号資産サービス)も可能です。

レンディングをすれば保有通貨を取引所に一定期間貸しておくだけで賃借料を受け取れるので、アルトコインでコツコツ投資をしたい人におすすめです。

取り扱い通貨は少ないので、他の取引所と併用するのがおすすめです。

BITPOINTの基本情報

取引通貨数

14通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. BCH(ビットコインキャッシュ)
  4. XRP(リップル)
  5. LTC(ライトコイン)
  6. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  7. TRX(トロン)
  8. ADA(エイダ)
  9. JMY(ジャスミー)
  10. DOT(ポルカドット)
  11. LINK(チェーンリンク)
  12. DEP(ディープコイン)
  13. IOST(アイオーエスティー)
  14. KLAY(クレイ)
レバレッジ -
仮想通貨入金手数料 無料
仮想通貨出金手数料 無料
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
日本円入金手数料 即時入金サービス:無料
入金:お客様負担(振込手数料実費分)
日本円出金手数料 お客様負担(振込手数料実費分)

出典:BITPOINT公式サイト

今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPOINTキャンペーン
  • キャンペーン期間中に、口座開設・入金・購入が完了した方に合計3,000円相当のDEPがもらえる!

キャンペーン期間:2022年8月1日(月)16:00 ~ 2022年8月31日(水)16:00

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴
  • ビットコイン国内取引量6年連続No.1※1
  • 140カ国の取引所の中でNo.1※2のセキュリティ
  • 当サイト独自調査でも利用者数第1位

※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
※2 Sqreen社調べ。20181月発表、世界140の仮想通貨取引所を対象に調査。

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内ビットコイン取引量6年連続No.1の大手仮想通貨取引所。

三菱UFJキャピタル・三井住友海上キャピタル・みずほキャピタルなどが出資している信頼性の高い会社(株式会社bitFlyer)が運営しています。

当サイトが独自に調査した仮想通貨取引所の利用に関するアンケートでは、bitFlyer(ビットフライヤー)の利用者数が1位でした。(全体の26%)

bitFlyer(ビットフライヤー)はセキュリティ技術がとても高く、「仮想通貨取引所対象のセキュリティ調査」で世界No.1の実績があります。
Sqreen 社調べ。2018年1月発表、世界140の仮想通貨取引所を対象に調査。

 一部仮想通貨では、秘密鍵を複数必要とするマルチシグに対応しており、強固な仕組みとなっています。

またお客さまの資産はコールドウォレットで保管。オフラインで保管されているのでハッキングのリスクもありません。

脆弱性チェックやウイルスチェックも定期的に行っており、セキュリティを重視した取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

取引通貨数

17通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. LTC(ライトコイン)
  5. BCH(ビットコインキャッシュ)
  6. MONA(モナコイン)
  7. LSK(リスク)
  8. XRP(リップル)
  9. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  10. XLM(ステラルーメン)
  11. XEM(ネム)
  12. XTZ(テゾス)
  13. DOT(ポルカドット)
  14. LINK(チェーンリンク)
  15. XYM(シンボル)
  16. MATIC(ポリゴン)
  17. MKR(メイカー)
レバレッジ 2倍

仮想通貨送付手数料(一例)
※bitWire を除く

BTC:0.0004BTC
ETH:0.005ETH
XRP:無料

販売所手数料 無料
取引所手数料 約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
日本円入金手数料 クイック入金(住信SBIネット銀行から):無料
クイック入金(住信SBIネット銀行以外):330円(税込)/件
日本円出金手数料 三井住友銀行の場合:220円(税込)
三井住友銀行以外の場合:550 円(税込)

出典:ビットフライヤー公式

今だけ!お得なキャンペーン情報
bitFlyerキャンペーン
  • ポリゴン、メイカー取扱開始記念!エントリー後、販売所にて仮想通貨を購入いただいた方の中から抽選で 15 名様に最大 5 万円が当たる!※1

※1 実施期間:2022年8月2日(火)~8月25日(木)午後11時59分

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの特徴

GMOコインは、「GMOインターネットグループ」が運営する仮想通貨取引所です。2017年と割と早い時期から金融庁から認可を受けており、信頼できる取引所です。

GMOコインの取扱銘柄数は、2022年4月27日時点で国内最多の20種類を達成し、さらに2021年度オリコン顧客満足度調査の「現物取引」部門で1位を獲得しています。

 「取引のしやすさ」「手数料の妥当性」「提供情報の充実さ」など多くの項目で1位の信頼を勝ち取っています。

これは、最小取引数量が少ないことや、各種手数料が無料であること、また流動性が高く取引したいタイミングで約定できるなどが理由です。

ユーザーファーストの取引所なので、できるだけ損をしないように作られていると言えます。
2022年7月6日からは新たにドージコインの取引が開始されました。当サイトでおすすめしている取引所のなかでは初なので、ドージコインが気になっている人はGMOコインで口座開設しましょう。

GMOコインの基本情報

取引通貨数

22通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. BCH(ビットコインキャッシュ)
  4. LTC(ライトコイン)
  5. XRP(リップル)
  6. XEM(ネム)
  7. XLM(ステラルーメン)
  8. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  9. QTUM(クアンタム)
  10. ENJ(エンジンコイン)
  11. XTZ(テゾス)
  12. OMG(オーエムジー)
  13. DOT(ポルカドット)
  14. ATOM(コスモス)
  15. XYM(シンボル)
  16. MONA(モナコイン)
  17. ADA(カルダノ)
  18. MKR(メイカー)
  19. DAI(ダイ)
  20. LINK(チェーンリンク)
  21. FCR(FCRコイン)
  22. DOGE(ドージコイン)
レバレッジ 2倍
仮想通貨入金手数料 無料(マイナーに支払う手数料はお客様負担)
仮想通貨出金手数料 無料
販売所手数料 無料
取引所(現物取引)手数料

Maker:-0.01%
Taker:0.05%

Maker:-0.03%
Taker:0.09%

日本円入金手数料
  • 銀行振込:無料
    ※振込手数料の負担あり
  • 即時入金:無料
日本円出金手数料 無料(大口出金:400円)

出典:GMOコイン

今だけ!お得なキャンペーン情報
GMOコイン キャンペーン情報
  • 暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たる!※1
  • 暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる※1

※1 終了期間未定

よくある質問

暗号資産取引所とはなんですか?
暗号資産取引所とは、ユーザー同士で暗号資産の売買取引が行える場所です。
暗号資産販売所とはなんですか?
暗号資産販売所とはユーザーと暗号資産取引所が直接取引をできる場所です。
暗号資産取引所・販売所の主な違いはなんですか?
暗号資産取引所・販売所の主な違いとしては、ユーザーが取引する相手の違いが挙げられます。
暗号資産取引所を利用する利点を教えてください。
暗号資産取引所の利点としては手数料が安い、初心者でも注文が簡単、注文方法が豊富などが挙げられます。
暗号資産販売所を利用する利点はありますか?
暗号資産販売所を利用する利点としては大きな金額の取引も可能、取引方法がシンプルなどが挙げられます。
暗号資産取引所が向いている人はどんな人ですか?
暗号資産取引所が向いている人の特徴としては暗号資産取引に慣れている人、短期でトレードを行いたい人、なるべく手数料を抑えたいという人などが挙げられます。
暗号資産販売所が向いている人の特徴を教えてください。
暗号資産販売所が向いている人の特徴としては暗号資産投資初心者、様々な種類の暗号資産を取引したい人、今すぐ取引を行いたい人などが挙げられます。

まとめ

今回は仮想通貨取引所・販売所の違いについて解説してきました。 仮想通貨取引所・仮想通貨の主な違いとしては取引相手の違いが挙げられます。

暗号資産取引所ではユーザー同士が取引をします。 一方で販売所はユーザーと取引所が取引をする場所となっています。

それぞれ利点・課題があるので、どちらか1つだけを使うのではなく、状況によって使い分けることをおすすめします。

暗号資産取引所・販売所を使いこなし、投資効率を上げていきましょう!

関連記事

仮想通貨(暗号資産)銘柄別
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事