40代の平均年収はどれくらい?中央値や男女別・職業別も紹介

40代になると会社で重要な役職についたり、若手社員をまとめたりと責任がある仕事を任されることが増えてきます。しかし、中には今の収入に満足できない方もいるでしょう。

40代からでも年収アップを目指して転職することは可能です。しかし、40代からの転職にはいくつかの注意点もあります。

そこで今回は、40代の平均年収や年収を上げるポイント、転職時に必要なことなどを詳しく解説します。

おすすめの転職エージェントもご紹介するため、ぜひ最後までご覧ください。

40代の平均年収・中央値

40代の平均年収・中央値

厚生労働省の調査※1によると、40代男性の平均年収をもとに割り出した中央値は以下の通りです。

男性 女性
40~44歳 45~49歳 40~44歳 45~49歳
約332万円 約362万円 約248万円 約247万円

※1https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/dl/07.pdf

また、大手転職エージェントでもあるdodaに登録したユーザーのデータ※2を元に、40代の平均年収についてまとめました。ここからは、以下の項目について順に解説していきます。

※2 出典:https://doda.jp/guide/heikin/age/#anc_age_03

40代の平均年収
  • 年齢別の40代の平均年収
  • 職種別の40代の平均年収
  • 業界別の40代の平均年収

年齢別の40代の平均年収(全体・男性・女性)

40代の平均年収・中央値

前途のdodaデータによると、40代の年収は、男性の場合後半になるほど高くなる傾向があります。

 これは40代で責任のある役職・重要なポストに就く機会が増え、収入が上がるからだと考えられます。

女性が重要なポストに就く企業も増えていますが、全体で見ると男性ほど大きな年収の変化は起きていません。

年齢 全体 男性 女性
40歳 492万円 549万円 399万円
41歳 495万円 552万円 401万円
42歳 506万円 567万円 402万円
43歳 503万円 567万円 397万円
44歳 510万円 571万円 406万円
45歳 512万円 575万円 405万円
46歳 516万円 581万円 403万円
47歳 518万円 582万円 406万円
48歳 527万円 593万円 403万円
49歳 549万円 615万円 415万円

男女を比較してみると、男性の年収が大きく変化していることが分かりますね。

職種別の40代の平均年収

40代の平均年収・中央値

職種別の平均年収を見てみると、コンサルティングや企画系、IT系の職種の年収が高い傾向にあります。

また、営業系の職種でも、40代という年齢であれば営業部長などのポストに就く機会が増えると考えられるため、高年収になっています。

職種 平均年収
コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人 705万円
企画/管理系 631万円
技術系(IT/通信) 615万円
営業系 582万円
技術系(電気/電子/機械) 569万円
金融系専門職 555万円
技術系(建築/土木) 516万円
技術系(メディカル/化学/食品) 504万円
クリエイティブ系 468万円
販売/サービス系 405万円
事務/アシスタント系 369万円

職種によっても平均年収に差があることが分かります。

業界別の40代の平均年収

40代の平均年収・中央値

業界によっても40代の平均年収には大きな差が出ています。前途のdodaのデータによると、最も年収が高いのはIT・通信業界であり、次に金融業界です。

業界 平均年収
IT/通信 599万円
金融 581万円
メーカー 553万円
メディカル 540万円
総合商社 538万円
専門商社 522万円
インターネット/広告/メディア 518万円
技術系(メディカル/化学/食品) 501万円
小売/外食 449万円
サービス 443万円

IT分野は職業別・業界別ともに平均年収が高いようですね。

【番外編】東京で働く男性・女性の平均手取り

40代の平均年収・中央値

同じくdodaのデータをもとに、東京都における男女別の平均収入を比較してみましょう。※3dodaのデータによると、東京都で働く男性の平均年収は496万円、女性の平均年収は386万円です。
※3https://doda.jp/guide/heikin/area/

ただし、額面から以下のように保険料や税金などが差し引かれるため、実際には金額が下がることにご注意ください。

額面から主に引かれるもの
  • 健康保険料
  • 厚生年金保険料
  • 雇用保険料
  • 介護保険料
  • 所得税
  • 住民税

なお、上記でご紹介した業種別・業界別の年収よりも低く感じられるかもしれませんが、ここでご紹介した東京都の平均年収は、40代以外の年代も含まれています。

40代で年収を上げるための方法4つ

40代で年収を上げるためには

先程の表の通り、40代は年収を上げやすい年齢です。しかし、勤めている環境によっては40代になっても年収が上がりにくかったり、平均年収より下回ってしまったりするでしょう。

そこで、ここからは40代で年収を上げるための方法を紹介します。

40代で年収を上げるための方法
  • 結果を出して昇給を目指す
  • 資格を取得してキャリアアップする
  • 副収入を増やす
  • 転職をするなら早めに

結果を出して昇給を目指す

40代で年収を上げるためには

最も基本的な方法は、今の仕事で成果・結果を出して会社に認められることです。近年では、年功序列よりも成果主義の企業が増えていることもあり、成果に応じて昇給・昇進の評価が良くなります。

年収アップを目指すのであれば、まずは今いる環境で結果を残せるように頑張ってみてみましょう。

資格を取得してキャリアアップする

40代で年収を上げるためには

今いる会社で年収アップを目指すのであれば、資格を取得するのも効果的な方法です。

資格を取得することで業務範囲が増えたり、責任がある役職に就けたりすることで年収アップが見込めます。企業によっては資格手当を支給しているところもあるでしょう。

企業・職種によって制度は異なりますが、資格の取得によるアドバンテージは年収アップに良い影響を与えます。

副収入を増やす

40代で年収を上げるためには

勤めている会社の制度を確認する必要がありますが、すぐに収入を増やしたいのであれば副業を始めるのも1つの手段です。

休日にアルバイトをして月に5万円ほど稼ぐことができれば、年収にすると60万円アップする計算になります。

 会社の制度によって副業を禁止していることもあるためご注意ください。

休日・夜間のアルバイト以外にも、近年注目されているクラウドソーシングサービスを利用して、在宅ワークを副業にすることも可能です。

無理をして体を壊さないよう、自己管理をしっかり行いましょう。

転職をするなら早めに

40代で年収を上げるためには

手っ取り早く年収を上げる方法に「転職」があります。業界や職種、勤めている会社によって年収を上げにくいケースもあるので、思い切って転職し、環境を一気に変えてしまうのも有効でしょう。

転職をするのであれば早めに行動するのがおすすめです。

 40代であれば今までの経歴・経験などのキャリアが評価されるので、年収を上げられる可能性があります。

ただし、実績がなければ転職で年収アップが期待できないこともあるため、無計画に転職をすることは控えましょう。

年齢が高くなると、求人数が少なくなるのが注意点です。

転職で年収を上げるためには?

転職で年収を上げるためには?

40代でも、転職が成功すれば年収を上げられる可能性はあります。

しかし、転職をすれば必ずしも年収が上がるとは限りません。そこで、ここからは転職で年収を上げるための方法を紹介しましょう。

転職で年収を上げる方法
  • 規模が大きな企業へ転職する
  • 地方ではなく大都市圏に転職する

規模が大きな企業へ転職する

転職で年収を上げるためには?

転職で年収を上げるためには、賃金が高い企業を見極めることが大切です。

規模が大きい企業の方が賃金のベースも高い傾向にあるため、少しでも規模が大きい企業への転職が年収アップの近道といえるでしょう。

ただし、規模が大きければ要求される能力・スキルも高くなりやすいでしょう。

地方ではなく大都市圏に転職する

転職で年収を上げるためには?

同じ仕事であったとしても、地域によって年収が異なることもあります。地方に比べると大都市圏の方が年収が高くなり、求人の数も多くなるのが一般的です。

よって、年収アップを目指すのであれば、働く場所を変えてみるのも有効でしょう。

ただし、都市圏は収入が高い分、地方に比べると家賃などの物価も高い傾向にあります。

40代で転職を成功させるために必要なこと3つ

40代で転職を成功させるために必要なこと

40代では20代・30代と求められることが変わってくるので、転職を成功させるためには十分に対策する必要があります。

ここからは、40代で転職する際に必要なものを紹介します。

40代で転職を成功させるために必要なこと
  • 転職活動前の準備を徹底して行う
  • 自己分析を行い目標にあった企業に応募する
  • 転職エージェントを活用する

転職活動前の準備を徹底して行う

40代で転職を成功させるために必要なこと

転職活動を始める前に、まずは自分の経歴・キャリアの棚卸しを行いましょう。

40代は、経験などが重点的に評価されるので、転職先では自身のどのような能力が求められるのか、考えながら整理していくのがおすすめです。

 一般的には、40代になるとチームや部署をまとめあげるマネジメントのポジションが求められるケースが多いです。

したがって、自分の能力やスキル、実績だけでなくマネジメントの経験についても整理しておくことをおすすめします。

40代だと、一般的にはリーダーシップを求められるケースが多いです。

自己分析を行い目標にあった企業に応募する

40代で転職を成功させるために必要なこと

40代向けの求人には、管理職クラスのポストを募集するケースが増えてきます。それに従い、年収を増やす機会も自ずと多くなることが考えられるでしょう。

 自身の能力に見合わないような高収入求人に高望みをし過ぎると、なかなか応募先が見つからなくなってしまいます。

転職活動では自己分析が重要ですが、自身の能力を整理しキャリアの棚卸しを行うだけでなく、自分に合った仕事の内容を考えることも大切です。

自分の能力と求められているものがマッチする案件を見つけるのも、転職を成功させる近道です。

転職エージェントを活用する

40代で転職を成功させるために必要なこと

40代で転職に失敗してしまうと、その後の人生に大きな影響を与えるリスクがあります。そこで、少しでも成功率を上げるためにおすすめなのが「転職エージェント」の活用です。

 転職エージェントを活用すれば、1人で転職活動をするよりも効率が良く、結果的に満足いくケースが多いでしょう。

多くの転職エージェントは無料で利用できるため、いくつかのエージェントを比較しながら目的に合ったサービスを使ってみると良いでしょう。

プロのアドバイスを受けられるのは大きなメリットですね。

40代の転職で転職エージェントがおすすめの理由は?

40代の転職で転職エージェントがおすすめの理由

40代で転職を成功させるためには、転職エージェントを利用してサポートを受けるのがおすすめです。

転職エージェントは、優秀な人材を契約している企業に紹介し、紹介料を受け取ることで成り立っています。

 転職エージェントの特徴を把握してうまく使いこなすことで、希望を叶えやすくなるでしょう。

ここからは、40代で転職エージェントを利用するのがおすすめな理由を、転職エージェントの特徴とあわせて紹介します。

転職エージェントがおすすめの理由
  • 希望に合った求人を紹介してもらえる
  • 一般公開されていない非公開求人がある
  • 応募書類の添削や面接対策をしてもらえる

希望に合った求人を紹介してもらえる

40代の転職で転職エージェントがおすすめの理由

転職エージェントを利用した場合、自分で求人を探すのではなく人材サービスのプロフェッショナルが希望に合った求人を探してくれます。

サービスに登録・申込をすると、まずは担当者であるコンサルタントと面談を行います。その面談では、主に今までの経歴や自己PRに繋がること、転職の希望条件を相談します。

何となく決めていた転職先も、コンサルタントに相談することで希望する内容が明確になってくるでしょう。

一般公開されていない非公開求人がある

40代の転職で転職エージェントがおすすめの理由

転職エージェントは一般に公開されていない非公開求人を多く保有しています。

 非公開求人とは、一般公開すると応募が殺到するような好条件の求人や、企業の戦略に関わる重要なポストの求人のことです。

このような求人は1人で転職活動をしていると見つけにくく、年収アップを目指せる内容のものも含まれているケースがあります。

転職エージェントを介さなければ出会えない求人のため、積極的に利用したいですね。

応募書類の添削や面接対策をしてもらえる

40代の転職で転職エージェントがおすすめの理由

転職エージェントは好条件の求人を探してきてくれるだけではありません。その後のサポートも充実しているケースが多いです。

 紹介してくれた求人に応募する際には、履歴書や職務経歴書などの応募書類を提出します。

その際に、担当のコンサルタントに応募書類の添削をしてもらうことも可能です。

職務経歴書は書類選考後の面接でも使われるため、添削してもらった質の高い書類で選考に臨むことができるでしょう。

十分に対策をした上で面接に臨むので、自信を持って当日を迎えられるでしょう。

40代で年収アップを目指すのにおすすめな転職エージェント

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴
  • 転職者の年収アップ率67.1%!
    ※2018年9月時点 自社調べ
  • 転職支援実績25万人!
    ※公式サイトより
  • 転職エージェント満足度調査3年連続1位を獲得
    ※2019年~2021年 オリコン顧客満足度調査
  • 求人件数50,000件以上!
    ※公式サイトより

パソナキャリアでは、専任のキャリアカウンセラーが付いて、先々のキャリアの見通しを立てた上で転職先を選ぶことができ、30〜40代の転職者には心強いサービスです。

求人紹介中心で目先の転職のアドバイスしかしてくれない一般的な転職カウンセラーと比較して、丁寧で親身になってくれる対応に安心できるという口コミも見られます。

転職者の年収アップ率は67.1%と、キャリアアップが期待できます。

パソナキャリアの基本情報

運営会社 株式会社パソナ
主なサービス キャリアカウンセリング・応募書類アドバイス
公開求人数 45,000件以上※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://www.pasonacareer.jp/

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチのおすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上!※公式サイトより
  • 厳選された企業15,500社以上!累計)※公式サイトより
  • 公開求人数は約127,000件※公式サイトより
  • ハイキャリア転職のプロフェッショナルであるヘッドハンター約4,600人が在籍、スカウトが直接届く
  • 登録するハイキャリア人材は138万人以上!

30〜40代の経験やスキルを活かしたハイクラス転職者に向いているのが、ビズリーチです。年収1000万の求人が3分の1を占めているなど、求人の質にはこだわりがあるでしょう。※公式サイトより

ビズリーチに登録しておくと、ハイクラス求人の紹介が受けられる他、ヘッドハンターや企業から直接求人のスカウトが受けられます。

自分で求人応募しなくてもスカウトを受け取って転職活動が進むので、働きながらの転職でも安心です。

ビズリーチの基本情報

運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス

プラチナスカウト・求人紹介・ヘッドハンター情報閲覧

公開求人数 127,000件※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://www.bizreach.jp/

ミドルの転職

ミドルの転職

ミドルの転職のおすすめポイント
  • 管理職・マネージャーなどの厳選求人が125,000件以上!※公式サイトより
  • 年収1,000万円以上の求人14,000件以上※公式サイトより
  • 登録者の平均年齢45歳!ミドル世代専用ハイクラス向けの転職支援サービス

ミドルの転職は、30〜40代のキャリアアップを目指して転職する人向けのハイクラス求人を中心に扱っている転職エージェントです。

求人の内容は、管理職やマネージェーなどの好条件なものに厳選されており、キャリアアップを目指すミドル世代には心強いでしょう。

ハイクラス求人に出会えるチャンスが広がります。

ミドルの転職の基本情報

運営会社 エン・ジャパン株式会社
主なサービス スカウト・求人検索
公開求人数 125,714件※2021年10月時点
拠点 全国

出典:https://mid-tenshoku.com/

まとめ

今回は、40代の平均年収や転職を成功させるためのポイント、おすすめのエージェントなどをご紹介しました。

40代で経験・キャリアを積んできた方であれば、転職をして年収アップを目指せるかもしれません。

少しでも転職の成功率を高めるためには、充実したサポートを受けられる転職エージェントの利用がおすすめです。

転職を希望している方は、今一度自分のキャリアプランを整理し、年収アップに向けて具体的な行動を起こしてみましょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事