楽天証券の口コミ評判は?メリット&デメリットやSBI証券との比較

「楽天証券にはどんなメリットがあるの?」
「評判はどんな感じ?自分も口座開設した方が良いのか知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

初めての資産運用。証券口座や投資商品がたくさんありすぎて、どの証券口座で何を運用すれば良いのか、悩んでしまう気持ちは非常によくわかります。

結論として、楽天証券は楽天会員のみならず、幅広い投資初心者におすすめできる証券会社です。

この記事では、楽天証券が気になるあなたに向けて、評判やメリット・デメリットについて、わかりやすくまとめています。

楽天証券に登録した方が良いのか5分でわかりますので、ぜひご覧ください!

楽天証券とは?

運営会社 楽天証券株式会社
口座開設数 約600万以上
手数料 10万円まで:0円
50万円まで:0円
100万円まで:0円
*いちにち定額コース
投資信託数 2,687本
NISA/つみたてNISA

楽天証券は、ネット証券でも最大手の証券会社です。

 そもそもネット証券とは?
ネット上でのみ取引できる証券口座。人件費や店舗費用がカットされているため、普通に窓口で株などを購入するのと比べて圧倒的にお得なのが特徴。

同じくネット証券最大手である「SBI証券」と並び、取引手数料はトップクラスに安いです。

さらに、楽天カードを利用して積立すればポイントを受け取れるため、資産運用したい初心者には最適の口座だと言えるでしょう。

楽天証券を実際に使っている人の評判/口コミ

SNS上における楽天証券の口コミをまとめると、次のようになりました。

楽天証券の評判
  • カード積立が改悪された
  • 投資信託の種類が多い
  • 楽天銀行ならスイープ機能がある

以下は実際の口コミです。

【悲報】楽天証券が改悪

2022年9月からクレカ積立での1%付与が0.2%に。みんな大好きオルカンや全米株式を積み立てても0.2%しか付与されません。つみたてNISAをSBIかマネックスに移管したい🥺

詳細は下記参照

引用:Twitter

楽天証券クレカ決済とうとう改悪きましたね💣これで楽天カード積立辞めてSBIとマネックス証券をクレカ積立して後は毎月ETFに定期積立するかな🇺🇸

引用:Twitter

楽天証券では、2022年からクレジットカード積立のポイントが1.0%から0.2%へ大幅改悪されました。これを機に、より還元率の高いSBI証券やマネックス証券に、つみたてNISAを移管する人も多いようです。

つみたてNISA、楽天証券をおすすめする理由

主な理由は下記の5つです。
①投資信託の種類が多い
②楽天カード決済の場合、1%の楽天ポイント
③貯めた楽天ポイントで投資ができる
④最低100円からでも投資できる
⑤マネーブリッジで金利が0.1%

#楽天証券 #ブログ初心者

引用:Twitter

楽天証券は、投資信託数が非常に豊富です。つみたてNISAやNISAにおいても、基本的に困ることはないと考えて良いでしょう。

郵便局から楽天銀行に手数料なして入れるスィープ機能のおかげで、すばやく入金できた。
即スポット購入!一年前は考えられなかった操作にも慣れてきた。😅
#スポット購入
#スィープ機能
#楽天証券

引用:Twitter

楽天証券では、楽天銀行と連携することで自動的に資金をスイープ(移管)してくれます。この機能により、売却益などをいちいち銀行口座に移す手間が要りません。

楽天証券を利用する5つのメリット

証券会社はたくさんありますが、楽天証券を利用するメリットは次の5つです。

楽天証券のメリット
  • 手数料が安い
  • サイトが見やすい
  • ポイント投資できる
  • 取引ツールの性能が高い
  • 投資信託数が多い

それぞれ詳しく解説します。

(1)手数料が安い

楽天証券は、取引手数料が圧倒的に安いです。まず、取引コースには以下の2種類があります。

取引コース
  • 超割コース
  • いちにち定額コース

「超割コース」の手数料は、約定代金が5万円までなら50円、10万円までなら90円です。業界トップの安さに加え、手数料の1%がポイント還元されます。

「いちにち定額コース」では、1日の約定代金が100万円までなら手数料無料になります。

参考までに、他の証券会社と手数料を比較してみましょう。

証券会社 手数料
楽天証券 10万円:0円
50万円:0円
100万円:0円
SBI証券 10万円:0円
50万円:0円
100万円:0円
マネックス証券 10万円:550円
50万円:550円
100万円:550円
松井証券 10万円:0円
50万円:0円
100万円:1,100円

SBI証券と並び、手数料はトップクラスに安いですね。

(2)サイトが見やすい

楽天証券は、サイトが圧倒的に見やすいのも初心者に優しいポイントです。

以下は、実際の取引画面になります。

SBI証券は取引画面がごちゃごちゃしている上に、外国株取引をするたびにいちいち別のアカウントへログインしなければなりません。

楽天証券の方がインターフェースがシンプルで、初心者でも買い付けや積立設定がしやすいと言えるでしょう。

ただし、扱いやすさや見やすさに関しては個人差もあります。

(3)ポイント投資できる

楽天証券では、以下の投資商品はポイントで購入できます。

ポイント投資できる商品
  • 投資信託
  • 国内株式
  • バイナリーオプション

バイナリーオプション、個別株はあまり初心者にはおすすめできない商品ですが、投資信託が買えるのは非常に嬉しいですね。

また、投資信託なら毎月5万円までクレジットカードで積立可能で、購入額に対して0.2%のポイント還元を受けられます。

利用者からの口コミにもあった通り、以前と比べてポイントは大幅に減ってしまいましたが、それでも証券会社の窓口よりは全然お得です。

楽天証券は、ネット証券である時点で十分お得だということですね。

(4)取引ツールの性能が高い

楽天証券では、高機能の「MARKET SPEED」というPC用ツールが利用可能です。

このツールだけでも、以下の商品をまとめて取引できます。

MARKET SPEEDで取引できる商品
  • 国内株式
  • 米国株式
  • 為替
  • 日経225先物
  • オプション
  • 海外先物

さらに、20種類以上のテクニカル分析ツール、銘柄ランキングやニュースも見られるため、取引に役立つこと間違いなしです。

本格的に取引する人にとっても、満足いくツールになっています!

(5)投資信託数が多い

就職 資格

楽天証券の投資信託数は、2,687本とトップクラスに多いです。

参考までに、他の証券会社と比較してみましょう。

証券会社 投資信託数
楽天証券 2,687本
SBI証券 2,698本
マネックス証券 1,130本
松井証券 1,183本

特に、NISAやつみたてNISAでは投資信託がメインの投資対象となるため、数が揃っているのは嬉しいですね。

総合的に見ても、初心者の資産運用にかなり適していると言えるでしょう。

楽天証券を利用する3つのデメリット

楽天証券は非常に優れたネット証券ですが、一方で次のようなデメリットもあります。

楽天証券のデメリット
  • 窓口での相談はできない
  • ミニ株投資ができない
  • IPO実績はそこまでない

それぞれ詳しく解説します。

(1)窓口での相談はできない

楽天証券は、窓口でプロに相談することはできません。

そもそもネット証券自体、人件費を抑えて手数料を削減しているというコンセプトなので、これは仕方のないことではあります。

とはいえ、証券会社の窓口で商品を購入しても、高い購入手数料がかかるだけです。

それに、最近ではさまざまな本やYouTubeなどでおすすめの投資商品が紹介されていますから、自分で勉強して投資してみるのも良いでしょう。

自分で投資知識を身に付けた方が、騙されるリスクも減らせますよ。

(2)ミニ株投資ができない

楽天証券は、ミニ株投資ができないのもネックです。

 ミニ株とは
少ない単位数から取引できる株のこと。本来、株の取引単位は100株だが、ミニ株なら1株からでも取引できるため、少額から購入可能。

ミニ株投資ができないため、現物株式を購入する際にはある程度まとまった資金が必要になります。

ただし、投資信託であれば少額から購入できるため、最初からつみたてNISAなどがメインならそこまで問題はありません。

そもそも、初心者に個別株はあまりおすすめできない選択肢です。
どうしてもミニ株投資したい方は、楽天証券と同じく手数料が安くミニ株を取り扱っているSBI証券で口座開設しましょう。

(3)IPO実績はそこまでない

楽天証券は、IPO実績も他の証券会社より劣ります。

 IPO投資とは
これから上場(IPO)する予定の未上場株に投資し、大きな利益を狙う投資方法のこと。

参考までに、IPO実績を他の証券会社と比較してみました。

証券会社 実績(2021年度)
SBI証券 122件
SMBC日興証券 80件
楽天証券 74件
マネックス証券 65件

他の証券会社と同じく、IPO実績においてはSBI証券に大きく水を開けられています。よって、IPO投資をする場合はあくまでサブ口座という扱いになるでしょう。

とはいえ、証券会社全体で見れば十分な実績でもありますね。

楽天証券とSBI証券はどちらを選ぶべきか

楽天証券とSBI証券は、同じ人気のネット証券ということもあって比較されることが多いです。

この記事を読んでいるあなたも、どちらで口座開設すべきか悩んでいるのではないでしょうか?

この項では、それぞれがおすすめな人について詳しく解説していきます。

(1)楽天証券がおすすめな人

楽天証券がおすすめなのは、次のような人です。

楽天証券で口座開設した方が良い人
  • 証券口座開設が初めて
  • 楽天銀行や楽天カードを使っている
  • 個別株投資の予定はない

楽天証券は、扱いやすいインターフェースが魅力です。

証券口座を持つのが初めてという投資初心者でも、買い付けや積立設定を迷わずに行えるでしょう。

また、楽天銀行とのスイープ機能、楽天カードを使った積立投資のポイント還元が強みなので、楽天系サービスを多く使っている人向けの口座ですね。

ミニ株は取り扱っていないため、個別株投資をするなら他の証券会社を選んだ方が良いでしょう。

(2)SBI証券がおすすめな人

SBI証券がおすすめなのは、次のような人です。

SBI証券で口座開設した方が良い人
  • 外国株をメインに取引する
  • IPO投資を考えている
  • 海外ETFを積立設定したい

SBI証券は外国株の取扱数が圧倒的です。

また、IPO投資の実績も他の証券会社よりずっと優れており、抽選確率を大きく高めることができます。

また、海外ETFの積立設定に対応しているのも、痒い所に手が届くポイントですね。

 ETFとは
Expart Traded Funds(上場投資信託)の略。国内以外の株式にも分散投資できるのが魅力。

ETFの中には、配当に優れている銘柄(SPYD等)もたくさんあるため、配当金目当てで積立投資したいならSBI証券を選ぶと良いでしょう。

どちらも優れた証券会社なので、目的に応じて両方開設するのもおすすめです。
SBI証券に関しては、こちらの記事でより詳しく解説しています。

投資初心者はつみたてNISAから始めるのがおすすめ

楽天証券でこれから取引を始める人は、つみたてNISAから始めましょう。

この項では、初心者におすすめの銘柄やつみたてNISAの始め方について順に解説します。難しい手続き等は必要ないので、ぜひ参考にしてください。

(1)つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、優遇税制のひとつです。

投資の運用益が年間40万円まで、最長20年間非課税になります。本来、投資の運用益には一律で20.315%の税金がかかりますから、非常にお得な精度だと言えるでしょう。

投資対象は、限られた投資信託のみです。しかし、どれも日本の金融庁が厳選した商品なので、初心者でも安心して投資できます。

(2)つみたてNISAの投資方法

つみたてNISAで投資信託を積立する際は、インデックスファンドがおすすめです。

 インデックスファンドとは
各国の経済指標であるインデックス指数と連動するように運用されているファンドのこと。

特に有名なのは、S&P500という指数です。

この指数は、アメリカ経済全体の成長を示しており、設定されてから長期的に大きなリターンを上げています。

このように、信頼性の高いインデックスファンドに投資することで、長期的に安定運用を狙えますよ。

(3)つみたてNISAのおすすめ銘柄

これからつみたてNISAを始めるなら、以下の3銘柄がおすすめです。

つみたてNISAのおすすめ銘柄
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド
  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

どれもリターンが高く、幅広い株式に投資できるため初心者にもおすすめの銘柄です。どれかひとつを購入しておけば、資産運用としては安定するでしょう。

つみたてNISAのおすすめ銘柄に関しては、以下の記事でより詳しく解説しています。

なお、次項ではおすすめの証券口座について解説しています。楽天証券以外にも、おすすめできる証券会社はたくさんあるため、ぜひ参考にしてください!

おすすめのネット証券口座

LINE証券

LINE証券

LINE証券のおすすめポイント
  • 1株数百円という少額資金から投資を始められる
  • スマートフォンで取引しやすい設計になっている
  • 現物取引の手数料は一律無料

コミュニケーションアプリLINEが提供する「LINE証券」は、ネット証券業界最速で100万口座を突破した20代30代の若い男女に人気の証券会社です。

特に1株から投資が始められる単元未満株サービス(いちかぶ)が魅力です。通常1株=100株(数万〜数十万)で取引するところ1株(数百円)から取引可能です。

銘柄によっては数百円程度から投資を始められるので、「今まで投資に興味があったけど、なかなか手が出なかった」という方でも投資始めやすいのでおすすめです。

LINE証券は使い慣れたLINEを通じ、日常生活に溶け込むように投資ができるのでおすすめです。

LINE証券の基本情報

運営会社 LINE証券株式会社
口座開設数 約100万以上
手数料 無料
投資信託数 32銘柄
NISA/つみたてNISA 不可

今だけ!お得なキャンペーン情報
LINE証券 キャンペーン情報
  • 自己資金0円で投資できる!最大1,000円相当の株の購入代金プレゼント!※1
  • いちかぶ取引で1回の取引総額が1万円以上の方に、現金3,000円をプレゼント!※2

その他お得なキャンペーン情報も含めた詳細はこちらをチェック

※1 2022年7月8日まで増額中!終了期間未定。LINE証券の口座開設後、簡単なクイズに2問答えるだけ!1問以上の正解で対象銘柄から好きなものを選べます。エントリー必要。

※2 口座開設後のクイズに1問以上正解していることが条件。いちかぶ取引のみ。通常時の特典は3,000円。

出典:LINE証券公式サイト  

楽天証券

おすすめのネット証券ランキング2位楽天証券

楽天証券のおすすめポイント
  • 証券口座開設数700万突破
  • 新規口座開設数3年連続No.1を獲得
  • 取引画面が見やすく投資解説が豊富
    ※公式サイトより

楽天経済圏などで国民的に人気を誇る「楽天証券」はJ.D.パワー2021年個人資産運用顧客満足度ネット証券部門No.1を獲得した、業界トップクラスのネット証券です※公式サイトより

 貯まった楽天ポイントを利用して、楽天証券で米国株高配当ETF、投資信託、国内株式などに投資ができます。ポイントは「1ポイント=1円」から使用可能です。

楽天証券利用者の75%以上は投資初心者であり、20代〜60代まで幅広い世代に人気のネット証券です。特に投資初心者または楽天経済圏を重視する方におすすめの証券会社です。

いきなり現金を入れて投資することに抵抗がある方は、楽天ポイントを利用して投資してみましょう。
また、楽天カードと連帯することでポイント率がアップしたり、既に楽天のサービスを利用している人はお得に投資を始められるでしょう。

楽天証券の基本情報

運営会社 楽天証券株式会社
口座開設数 約700万以上
手数料 10万円まで:0円
50万円まで:0円
100万円まで:0円
*いちにち定額コース
投資信託数 2,687本
NISA/つみたてNISA

今だけ!お得なキャンペーン情報
楽天証券キャンペーン情報
  • <エントリー要>【第21回】楽天銀行口座開設+自動入出金設定で1,000円プレゼント※1

出典:楽天証券公式サイト

SBI証券

初心者にもおすすめのネット証券10選

SBI証券のおすすめポイント
  • 証券口座開設数業界トップ800万突破
  • 100万以下の取引の場合は手数料無料
  • 投資信託の銘柄数は2,500銘柄以上

大手SBIグループが提供する「SBI証券」は、2021年みんなの株式ネット証券比較ランキング第1位を獲得した実績と信頼のある国内トップのネット証券です。※公式サイトより

 証券口座開設数は800万を突破し預かり資産残高ともにネット証券トップです。また、ユーザー満足度も非常に高く国内株式個人取引シェアN.o1を獲得しています。

また、取引手数料が業界最安水準で、1日定額プランでは1日300万円までの取引であれば売買手数料0円で取引できたり、25歳未満のユーザーも現物株の売買手数料が0円です。

SBI証券は総合的に高い評価を得ているので、投資を始められる方は口座開設しておきましょう。

SBI証券の基本情報

運営会社 SBIホールディングス
口座開設数 約800万以上
手数料 10万円:0円
50万円:0円
100万円:0円
投資信託数 2,698本
NISA/つみたてNISA

出典:SBI証券公式サイト

マネックス証券

おすすめのネット証券ランキング4位マネックス証券

マネックス証券のおすすめポイント
  • 米国株の取引チャンスを逃さない機能を提供!
  • マネックスポイントを活用できる!
  • 高性能なツールを豊富に用意!

マネックス証券は、米国株の取引チャンスを逃さないための機能として、最大12時間取引が可能な時間外取引を実施しています。これにより、日中でも米国株の取引が可能です。

また、特典として米国ETF買付手数料が実質無料・米国株為替手数料(買付時)が無料・米国株デビュー応援として最大3万円キャッシュバックなど、さまざまなサービスがあります。

 マネックス証券では、マネックスポイントを上手に貯めて使うことで、投資に取り組みやすい点が特徴です。

マネックスポイントは株式手数料や暗号資産に交換ができる他、dポイント・Amazonギフト券・T-POINT・Pontaポイントなどにも交換できます。

株式投資に活用できるツール・アプリが豊富に揃っているため、自身の投資スタイルに合わせたものを選択可能です。

パソコン・スマートフォン・タブレットなど、さまざまな端末で使用できるアプリやツールが揃っています。
運営会社 マネックス証券株式会社
主な取引ツール
  • マネックストレーダー
  • 銘柄スカウター
  • マルチボード500
  • フル板情報ツール
  • チャートフォリオ
  • マーケットボード
  • マーケットライダー
  • マーケットライダープレミアム
主な手数料(税込)
  • 現物取引:最低55円~(取引毎手数料コース)
  • 信用取引:最低99円~(取引毎手数料コース)
  • 一日定額手数料コース:一日何回取引をしても最低550円(約定金額100万円以下)
  • 米国株:最低0ドル~
投資信託数 1,244件
NISA/つみたてNISA

今だけ!お得なキャンペーン情報
マネックス証券キャンペーン情報
  • クイズに挑戦&新規口座開設等で最大2,000円プレゼント!※1


出典:マネックス証券

松井証券

おすすめのネット証券6位松井証券

松井証券のおすすめポイント

松井証券1918年(大正7年)に創業したネット証券のパイオニアです。日本初のインターネットでの株取引を開始した実績があり、多くの投資家に信頼されています。

 松井証券は手数料が安いのが有名で、ボックスレート(定額制)であれば売買回数に関係なく50万円以内の取引であれば無料です。

また、スマートフォンアプリの「株アプリ」と「株touch」は、PC版に匹敵するほどの機能性と操作性を兼ね備えており、手軽にスマホから売買できるとあって大人気です。

老舗のネット証券を利用して、安心・安全に投資を始めたい方におすすめです。

松井証券の基本情報

運営会社 松井証券株式会社
口座開設数 約120万以上
手数料 10万円:0円
50万円:0円
100万円:1,100円
200万円:2,200円
300万円:3,300円
500万円:5,500円
1,000万円:11,000円
*現物取引
投資信託数 1,183本
NISA/つみたてNISA

今だけ!お得なキャンペーン情報
松井証券 キャンペーン情報
  • つみたてデビュー応援!総額1億円還元キャンペーン※1


出典:松井証券公式サイト

よくある質問

楽天証券はどんな人におすすめ?
資産運用初心者におすすめです。
投資信託数がトップクラスで、楽天カードで積立設定すればポイント還元を受けられます。もちろんつみたてNISAにも対応していますから、初心者でも安心です。
楽天証券のメリットは?

扱いやすいことがメリットだと言えるでしょう。
インターフェースが他の証券会社よりシンプルで、証券口座が初めての初心者でも、買い付けや積立設定がやりやすいです。

楽天証券のデメリットは?

ミニ株に対応していないところです。
楽天証券で個別株投資となると、ある程度纏まった金額が必要になります。ただ、個別株はリスクが高いので、そもそも初心者にはおすすめできません。

楽天証券とSBI証券、どちらがおすすめ?
初心者なら楽天証券がおすすめです。
最近ではクレジットカード積立のポイントはSBI証券の方が高くなりました。しかし、微々たる差ですし、扱いやすさなら楽天証券に軍配が上がります。

まとめ

楽天証券は、投資初心者にぴったりの証券会社です。

手数料、投資信託数はトップクラスで、当然つみたてNISAにも対応しています。楽天カードを用いて積立設定すればポイント還元を受けられるのも魅力です。

最近はポイント改悪が話題になりましたが、以前優秀な証券会社であることは変わらないでしょう。

特に、次のような人は楽天証券で口座開設するのがおすすめです。

楽天証券で口座開設した方が良い人
  • 証券口座開設が初めて
  • 楽天銀行や楽天カードを使っている
  • 個別株投資の予定はない

なお、何から始めればいいか迷っているなら、つみたてNISAがおすすめです。

本来かかる20.315%の税金が免除されますし、投資対象も優良な投資信託ばかりなので、初心者でも安心して投資できます。

資産運用を始めるなら、ぜひ楽天証券でつみたてNISA口座を開設しましょう!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事