PTS取引(夜間取引)におすすめ証券会社|メリット・デメリット

「PTS取引(夜間取引)がおすすめの証券会社はどこ?」「PTS取引(夜間取引)って一体何なの?」このように疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。

PTS取引(夜間取引)は普段仕事などで忙しくても、このシステムを利用すれば、夜間にマーケットの動向をチェックしながら取引することが可能となります。

そこで今回は、PTS取引(夜間取引)のメリット・デメリット、PTS取引を始める方法、おすすめの証券会社について詳しく解説します。

日中忙しくて株取引できないと悩んでいる方は、PTS取引(夜間取引)を検討してみてください。

PTS取引とは

PTS取引とは

PTS取引は英語で「Proprietary Trading System」の頭文字で、日本後では私設取引システムと呼ばれています。

 通常の東京証券取引所が開いている時間外でも民間の証券会社を介すれば、15時以降の夕方や夜間でも日中忙しい方も世界中の経済ニュースを見ながらじっくり取引可能です。

また、基本的に東京証券取引所が開いている「午前9時〜午後11時30分」「午後12時30〜午後15時」は信用取引と現物取引どっちも取引可能です。

夜間の「午後17時〜23時59分」の間は株式現物取引は取引できますが信用取引はできません。もしも信用取引をする場合は信用取引口座開設する必要があります。

PTS取引のメリット

時間帯を気にせず取引可能(夜間取引)

PTS取引のメリット

PTS取引の醍醐味は、夕方でも夜間でも時間を気にすることなく取引ができることがメリットです。

 株取引は基本的には午前9時〜15時までの間に行いますが、PTS取引は市場が閉まった15時〜23時59分まで取引可能です。

平日は日中仕事で忙しくて株取引ができない方や、副業として株取引で利益を上げたいと考えている人にはピッタリの投資方法です。

東京証券取引所が開く前、昼休み、東証の大引後、夜間取引と東証が空いていない時間に取引ができます。

通常の売買手数料より安い

PTS取引のメリット

実はPTS取引は通常の取引よりも売買手数料が安くなるため、コストを抑えて取引できるのがメリットです。

 大手ネット証券会社のSBI証券の場合は、一般的な取引所手数料よりも安く設定されており、注文の約定代金が5万円までであれば手数料が(税込51円)です。

その他にも、国内上場のETF(上場投資信託)、ETN、REIT、インフラファンドの信用取引手数料は無料となっています。

このようにPTS取引に関する手数料は、SBI証券に限らずほとんどのネット証券会社は手数料を安く設定されています。

各社によって手数料体系は若干異なるので注意しましょう。

信用取引が可能

PTS取引のメリット

PTS取引が可能なネット証券会社の中には、平日は信用取引が可能なところもあるのがメリットです。

信用取引は現金や株式を担保にして、株式の購入代金を借りて株式を売買できる取引のことです。

 今現在資金が少ない方でも株取引ができる仕組みです。持っているお金よりも大きな額の取引を行うためハイリスク・ハイリターンです。

信用取引はリスク管理が一番大切になるため、まずは現物取引に慣れてきてから少額ずつ始めることをおすすめします。

PTS取引の信用取引の場合は、現物株よりも取引できる時間帯が短いので注意しましょう。

希望価格での発注や約定がしやすい

PTS取引のメリット

PTS取引では、売買する際の価格の刻み幅(単位)が細かく設定されているので、希望価格での発注や約定がしやすいです。

 TOPIX100構成銘柄(東証一部上場銘柄の中で流動性の高い大型株100銘柄)で構成された株価指数は、株価の価格ごとに予め刻み幅が決められています。

例えば、株価が5,000円=1万円以下の場合は1円単位、1万円〜3万円以下は5円単位というようなイメージです。

発注する時はどの程度の価格なのかチェックした上で、よく検討して設定しましょう。

指標発表後もすぐに取引可能

PTS取引のメリット

重要指標が発表されたタイミングは大きく値が動きますが、その指標発表後でもすぐに取引が可能です。

 東京証券取引所の時間外で起きたニュースが出た場合、先回りして取引ができるのが大きなメリットです。

例えば、日経平均株価が大きく動いている場合は、夕方や次の日の朝方に株価に大きな影響があります。

また、ダウ平均株価が大きく動いている場合は、翌日の日経平均株価に影響を受けるため、夕方から朝方にかけて取引できるのは大きなメリットです。

重要指標発表後に値上がり前に株を購入することができます。

PTS取引のデメリット

注文方法が少ない

PTS取引のデメリット

PTS取引は実は指値注文しか利用することができません。成行注文や逆指値注文は残念ながら不可能なので気をつけましょう。

 特にPTS取引では市場参加者が少なく流動性が低いタイミングで取引をするため、約定しづらいなどのデメリットがあるので要注意。

指し値注文は外的要因などで急に相場が急変した時に、損失が大きく膨れ上がってしまう危険性があるので気をつけて取引しましょう。

約定力を上げるにはキリがいい価格で購入したり、取引量の多い銘柄に投資するなどの工夫をすることが大切です。

銘柄の取扱いが限られている

PTS取引のデメリット

実はPTS取引では銘柄の取扱いが限られているため、「あの銘柄に投資をしたい!」と思っても、諦めなければいけない場合があります。

 PTS取引で取扱いのある銘柄はネット証券会社によっても多少異なりますが、基本的には「東証マザーズ」「JASDAQ」「東証1部上場」「東証2部上場」の銘柄は取引可能です。

ですが、外国株式やETF(上場投資信託)はPTS取引では非対応の銘柄が多いので、デメリットに感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、最近はPTS取引を利用して株取引をする方が増えてきているので、今後需要が増えてきたタイミングで外国株式やETF(上場投資信託)などの取扱いが可能になるかもしれません。

外国株式やETFの中で「どうしてもこの銘柄に投資をしたい!」という場合はPTS取引はおすすめできません。

流動性が低い傾向がある

PTS取引のデメリット

東京証券取引所が閉まった後は、当然のことながら市場参加者が少ないため閑散相場になります。すると、流動性が低いことで注文しづらくなるのがデメリットです。

 なぜなら、市場に人が少ないとあなたが「買いたい」と思っても、「売りたい」と思ってくれる人が少ないため、注文した価格で取引が成立しづらいのです。

特に夕方や夜間での取引不人気の銘柄での取引、そもそも取引量が少ない株の取引などの場合は、ボラティリティが低く取引のしにくさがより顕著に出てきます。

PTS取引は基本的に時間外の取引なので、その分取引が難しいと考えていいでしょう。

夜間取引NGのネット証券会社もある

PTS取引のデメリット

実はPTS取引の中にも夜間取引がNGのネット証券会社もあるので、口座開設をする際は詳細を確認してから申し込むようにしましょう。

 というのも、元々は市場の時間外での取引が目的でしたが、PTS取引の利便性から一つの取引市場として活用する場合が増えてきました。

そのため、ネット証券会社の中にはPTS取引の反対注文を確認した後、より有利な約定ができるSOR注文などを利用するケースも増えています。

従って「PTS取引=夜間取引」が全てではなく、ネット証券会社によってもそれぞれの特徴があるということを覚えておきましょう。

PTS取引のやり方

証券会社を選択する

PTS取引のやり方

PTS取引のやり方としては、まずは自分に合った証券会社を見つけることから始めてみましょう。

 PTS取引対応のネット証券会社は「LINE証券」「SBI証券」「楽天証券」などの証券会社がありますが、どれを利用するか詳細を確認してください。

例えば「楽天証券」の場合は「ジャパンネクストPTS(JNX)」と「チャイエックスPTS(Chi-X)」の両方が利用できます。

ちなみに、「ジャパンネクストPTS(JNX)」とは、「デイタイム:8時20分〜16時」「夜間取引:17時〜23時59分」両方の時間帯で取引できるネット証券会社のことです。

一方でチャイエックスPTS(Chi-X)はデイタイムの8時20分〜16時のみの時間帯しか取引できません。

必要事項を記載し書類を提出する

PTS取引のやり方

PTSの取引をするネット証券会社を選択したら、次にホームページ上で口座開設ボタンを押してください。

 公式サイトに入ると必要事項等に個人情報などを記載する一覧が出てくるので、記載漏れがないように丁寧に入力していきましょう。

そして、全て記入したら次に本人確認書類をアップロードして、スマートフォンで口座開設の手続きを行います。(書類提出も可能ですが時間がかかります)

本人確認書類は、マイナンバーカードや運転免許証、保険証や住民票などが求められるので、予め準備しておくことが大切です。

記載漏れや提出物の不備がある場合、メールや電話で再提出を求められるので要注意です。

郵便を受け取る

PTS取引のやり方

口座申込みをして手続きが全て完了後、数日もしくは1週間前後にあなたの自宅にて書留郵便を受け取りましょう。

 その書類の中には、ログインIDやパスワードなどが記載されているので、ホームページのログイン画面にそれぞれ入力してください。

そして、国内株式の取引ページで、「JNX(ジャパンネクストPTS」)」「Chi-X(チャイエックスPTS)」を指定しましょう。

夜間取引とデイタイム取引を行う場合は、楽天証券がおすすめです。

PTS取引におすすめのネット証券会社

LINE証券

LINE証券

LINE証券のおすすめポイント
  • リリース開始2年2ヶ月で100万口座突破
  • 1株数百円から投資を始められる
  • 業界最小水準の取引コストが魅力
    ※公式サイトより

コミュニケーションアプリLINEが提供するLINE証券は、1株数百円から株取引ができる手軽さで若者に大人気で、業界最速で100万口座を突破したネット証券会社です。

 特に投資初心者でも投資ができる分かりやすい取引画面や仕組み、シンプルなデザインと直感的な操作性が初心者から経験者まで幅広いユーザーに支持されています。

LINE証券はLINEアプリから手軽に投資ができるため、普段の生活に自然と溶け込むように投資活動ができるので、投資を始めるハードルが低いのがLINE証券の魅力です。

LINE証券の「いちかぶ(単元未満株)」では、平日の21時まで取引可能です。
開設口座数 80万以上
NISA
つみたてNISA
IPO実績 2021年よりスタート
利用可能ポイント LINEポイント

出典:LINE証券公式

SBI証券

SBI証券

SBI証券のおすすめポイント
  • 国内株式個人取引シェアNo.1を獲得※公式より
  • 口座開設数720万口座突破!
  • 1日100万円迄の現物取引は売買手数料無料
  • 1日300万円迄の現物・信用取引は手数料無料

大手企業のSBIグループが提供するSBI証券は、2021年みんなの株式ネット証券ランキング7年連続総合第1位を獲得した、実績と信頼のあるネット証券会社です。※公式サイトより

 特に業界最安水準の取引手数料が魅力です。1日定額プランでは最大1日300万円の取引まで手数料無料。25歳未満の若い方であれば現物取引の取引手数料が無料になります。

また、PTS取引(夜間取引)も取引金額の大小に限らず売買手数料は無料で、投資信託の販売手数料も無料です。ユーザーの満足度が高く最も多くの投資家に利用されています。

取り扱う金融商品やサービスのラインナップも業界トップクラスです。
開設口座数 720万以上
NISA
つみたてNISA
IPO実績 85社(2020年)
利用可能ポイント Tポイント / Pontaポイント / Vポイント

出典:SBI証券公式

楽天証券

楽天証券

楽天証券のおすすめポイント
  • 口座開設数700万口座突破!
  • 業界屈指の銘柄数2,672本
  • 20代〜60代まで幅広い世代に人気

楽天証券J.Dパワー2021年個人資産運用顧客満足度ネット証券部門第1位を獲得した、20代〜60代幅広い世代人気のネット証券会社です。※公式サイトより

 特に業界トップクラスの銘柄数2.672本を取り扱っていたり、残高に応じて楽天ポイントがザクザク貯まるのが大きな特徴です。

また、投資信託の積み立てサービスでは月々100円から分散投資を始めることが可能です。カード/銀行からの引き落としが可能です。

楽天証券のみ「ジャパンネクストPTS(JNX)」と「チャイエックスPTS(Chi-X)」の時間帯に取り次ぐことができるので、PTS取引をするなら一番おすすめです。

ちなみに、「ジャパンネクストPTS(JNX)」とは、「デイタイム:8時20分〜16時」「夜間取引:17時〜23時59分」両方の時間帯のことです。

株取引で貯まったポイントは、楽天市場や楽天トラベル、投資信託の購入・積立購入などで利用可能です。
開設口座数 700万以上
NISA
つみたてNISA
IPO実績 38社(2020年)
利用可能ポイント 楽天ポイント

出典:楽天証券公式

よくある質問

PTS取引とは?

PTS取引は東京証券取引所が閉まる15時以降の夕方や夜間でも取引可能な私設取引システムです。日中忙しくて取引できない方でもニュースを見ながらじっくり取引可能です。

PTS取引のメリットとは?
PTS取引は証券取引所がしまった後でも取引ができることや、一般的な取引所を利用するよりも手数料が割安であること、取引所価格に比べて有利な価格で売買できることなどがメリットとして挙げられます。
PTS取引のデメリットとは?
PTS取引は夕方や夜間に取引が行われることから市場参加者が少なく流動性が低いため約定しにくいです。夜間は買い注文を出しても売り注文を出してくれる投資家が必ずいるとは限りません。
PTS取引のやり方・始め方とは?
PTS取引のやり方は一般的な取引と同様に、各ネット証券会社の取引画面やツールの株式取引メニューより行います。現物取引もしくは信用取引かを選択し、PTSJを選んで注文を入力すれば取引ができます。
PTS取引におすすめのネット証券会社とは?
1株数百円から株取引ができる手軽さで若者に大人気の「LINE証券」。日本トップクラスの口座開設数800万口座を誇る「SBI証券」。20代〜60代と国民的人気を誇るネット証券「楽天証券」がおすすめです。

まとめ

ここまで本記事では、PTS取引(夜間取引)の基本情報やメリット・デメリット、PTS取引の始め方やおすすめの証券会社について詳しく解説しました。

PTS取引は投資家の利便性向上に繋がったり、日中忙しくて株取引できない方でも夜間に取引が可能なので副業にもおすすめである理由を理解していただけたと思います。

特に東京証券取引所が開いている9時〜15時の間に株取引できない方に最適な投資方法なので、PTS取引に興味がある方は、この機会に検討してみてください。

自分の合った証券会社を利用してPTS取引を行いましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事