パレットトークン(PLT)とは?今後の将来性や価格予想を解説!

パレットトークン(PLT)は、エンターテインメント分野に特化した独自のプラットフォームを持つ仮想通貨です。

日本で生まれた仮想通貨であり、取引を開始してから1年も経過しておらず歴史は浅いです。NFTと関連性が高いため、NFT市場の盛り上がりに連動して価格が高めると期待されています。

そこで今回は、パレットトークンの特徴やメリット、将来性について紹介します。

仮想通貨投資の初心者でも扱いやすいことがメリットであり、注目されている仮想通貨の1つといえるでしょう。
パレットトークン(PLT)が唯一買える取引所

Coincheck

2022年5月現在パレットトークン(PLT)を唯一購入できるCoincheckは、国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1
国内最大級の17種類もの仮想通貨銘柄取り扱い、各銘柄が約500円から購入可能!また、Coincheckつみたてを利用すれば月々1万円から積立も可能なので、安定した取引も実現可能。

※対象期間:2022年 データ協力:AppTweak

パレットトークン(PLT)とは

パレットトークン

日本生まれの仮想通貨

パレットトークンは日本の株式会社Hashpaletteが開発・運用しており、2021年7月に取引をスタートした仮想通貨です。

同社はブロックチェーン関連業界で実績がある株式会社HashPortと、漫画を中⼼とした電⼦書籍分野で実績がある株式会社Link-Uにより共同で設立しています。

国内で初めてIEO(Initial Exchange Offering)による資金を調達したことで話題になりました。

 IEOとは、仮想通貨を用いて企業がプロジェクト推進の資金を調達する方法のことです。このIEOにより224億円以上を調達しています。

総発行数(発行上限)は10億枚であり、現在までの発行枚数は約2億3000万枚です。国内では大手仮想通貨取引所である「Coincheck(コインチェック)」に上場しています。

また、パレットトークンはイーサリアム(ETH)上で発行される仮想通貨でもあり、イーサリアムとの相互利用が可能です。

漫画・アニメ・音楽の領域に特化したNFTプラットフォーム

パレットトークンは独自のプラットフォームである「Palette」上で利用される仮想通貨です。

この「Palette」はNFTのプラットフォームであり、漫画・アニメ・音楽などのコンテンツに特化しています。そして、NFTの購入などに公式ウォレットであるパレットトークンを使用します。

 NFTとは「Non Fungible Token」の略であり、ブロックチェーン上で自分がコンテンツを所有していることを証明する技術のことです。

このNFT技術を活用することで、アート・音楽などのデジタルコンテンツをブロックチェーン上で安全に保有できます。

ニュースなどでもNFTが取り上げられることもあり、2021年以降NFT関連で盛り上がることが多いです。

また、「Palette」では、さまざまなコンテンツがNFTとしてデジタル化され、誰でも簡単にNFTコンテンツを所有・売却できます。

NFT市場の課題を解決する目的で開発された

NFT

NFTは現在注目されているトピックの1つですが、市場が拡大するためにはいくつも課題があります。市場が抱える主な課題は次の3つです。

抱える課題
  • スケーラビリティ問題
  • ガス代(手数料)の高騰・不安定性
  • 著作権問題

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーン上の取引が混雑することで、承認時間が長くなってしまいます。ガス代問題とは、イーサリアムのネットワークが混雑することで手数料が高騰したり、不安定になったりする問題です。

著作権問題とは、NFTコンテンツを作成する際に著作権を侵害するケースがあり、管理が困難になっています。

これらの課題を解決するために、パレットトークンは開発されています。

初心者でも扱いやすい

Paletteプラットフォームを利用することで、誰でも簡単にNFTを扱えます。NFTに興味はあるが扱い方がわからない人でも、所有・売買がしやすいです。

また、イーサリアムのブロックチェーン技術を活用したアプリの種類は多いものの、初心者にとって分かりにくいものがほとんどです。

 例えば、ブロックチェーンを利用する際に必要な「ガス代」などの仕組みは理解しにくいものとして挙げられます。

実際に、ネットワークのトランザクションの状況によってガス代は変化し、高騰する可能性もあります。パレットトークンではユーザーのガス代を無料にするなどの対応を行っており、初心者でも気軽に利用可能です。

パレットトークン(PLT)の価格・チャート・推移

パレットトークンの価格推移

パレットトークンの2022年3月11日時点の価格は約27円です。販売開始直後の価格は4.05円でしたがすぐに高騰し、取引を開始した初日に販売価格の約11倍の約46円を記録しています。

その後は、瞬間的に80円を超えましたがすぐに50円ほどまで急落しました。このときNFT関連銘柄としての期待と、Coincheckが取り扱いを始めたことが大きく関係しています。

その後、8月後半にかけて再度上昇し100円近くまで高騰しました。

仮想通貨の市場全体に連動して下落

しかし、9月以降は仮想通貨全体の市場に連動して下落傾向が続きます。その理由として、中国が仮想通貨関連の事業を全面的に禁止すると発表したからです。

 中国はビットコインのマイニングのシェアを半分以上占めるといわれていましたが、中国政府はマイニングを禁止しました。

この影響を受けて、2021年9月から10月にかけて仮想通貨関連の市場は大きく落ち込んだのです。

下落トレンドを今も引きずっている

下落トレンド

下落トレンドは2022年3月まで続いており、20円~30円付近で推移しています。

ビットコインやイーサリアムなどの取引数が多く、価格水準が高い仮想通貨が回復することで、パレットトークンも本来の価格に戻ると考えられます。

今後の推移は未知数

パレットトークンは仮想通貨の中で比較的新しく、取引を開始してから1年も経過していません。今後の推移への判断材料はまだまだ少ないため、これからの価格推移は未知数です。

ここまでの動きを見ると、取引を開始し始めた時期(初動)は将来的な期待から高騰していると判断できます。

NFT市場と関連性が高いこともあり、将来性は十分期待できる仮想通貨といえます。

パレットトークン(PLT)の魅力

手数料が安い

仮想通貨は、取引をする際に手数料が発生します。例えば、イーサリアムでは取引する際に「ガス代」が発生し、高騰すると数百円から数千円になることもあるのです。

 パレットトークンは手数料が安定しており、低価格であるため利用しやすいのが魅力です。

エンターテインメント分野で活用するために開発された仮想通貨であり、手数料が高騰する要因になるアプリケーションは利用しません。そのことにより、手数料の安定化と低価格化を実現しています。

仮想通貨自体の価格以外に発生する費用が小さいため、仮想通貨初心者でも取り扱いやすいでしょう。

イーサリアム(ETH)と相互運用が可能

クロスチェーン技術

パレットトークンは「クロスチェーン技術」を採用しているのも大きな特徴です。クロスチェーン技術とは、異なるブロックチェーン同士を相互運用できる技術のことです。

イーサリアムとの関連性が高く、同じブロックチェーン技術を活用していますが、ブロックチェーン自体は異なります。

 クロスチェーン技術の採用で、イーサリアムでの運用が可能です。Paletteプラットフォームで作成したNFTをイーサリアムなどで扱えます。

このクロスチェーンに対応するブロックチェーンの種類は、今後も増える見込みであるためより便利になりやすいです。

また、クロスチェーンを利用することで取引所を経由せずに仮想通貨のやり取りを行えます。そのことにより、ハッキングのリスクを低減したり、手数料を削減したりできるようになっています。

ステーキングサービスを受けられる

パレットトークンでは、ステーキングサービスを受けられることも大きな魅力です。

ステーキングサービスとは、対象の仮想通貨を保有しブロックチェーンのネットワークに参加することで報酬を受け取れる仕組みのことです。

仮想通貨投資の場合、価格が安いときに購入し、価格が上がったときに売却することで利益を得られます。

 ステーキングサービスを利用すれば、その仮想通貨を保有すると報酬を得られるため、新しい仮想通貨の増やし方として注目されています。

これは、銀行にお金を預けて金利を得る流れと似た仕組みです。現状の銀行の金利よりも仮想通貨のステーキングによる還元の方が大きいため、資産運用の手段としても考えられています。

ただし、ステーキングサービスを利用するメリットは多いですが、一方で注意点もあります。例えば、通貨そのものが暴落してしまえば大きな損失に繋がるでしょう。

また、取引所が閉鎖した場合にも仮想通貨を失ってしまう可能性があります。

パレットトークン(PLT)の今後を予想!将来性は?

パレットトークンの将来性

ユーティリティ性が高い

パレットトークンはユーティリティ性(実用性)が高いため、さまざまなシーンで利用できます。現状では次の用途でパレットトークンを使えます。

主な用途
  • NFT発⾏⼿数料の⽀払い
  • パレットチェーンのノード運⽤報酬の⽀払い
  • パレットコンソーシアムのメンバーへの委任
  • NFTの購⼊
  • パレットトークン保有による権利の付与
  • サブスクリプション決済

今後もパレットトークンの用途の範囲が広がると見込まれており、需要は高まりやすいです。パレットトークンの需要が高まることで価格も高まりやすいでしょう。

他社サービスへの採用で価格変動が期待できる

パレットトークンのプラットフォームや技術は実用性が高く、企業も注目しています。そのため、パレットトークンの技術が他社サービスに採用されることで、価格の上昇が期待されています。

実際に、2021年11月にNFTのマーケットプレイス「studio 15 market for NFT」にパレットの技術が採用されたことが発表されました。その結果、価格は大きく上昇しています。

 この「studio 15 market for NFT」は国内のTikTokクリエイターが利用できるマーケットプレイスです。

今後も、パレットの技術を活用する企業が増えてくることで、価格は上昇すると見込まれています。

特に漫画・アニメ・音楽など、エンターテインメント分野の企業が参入する可能性は高いでしょう。

NFTの盛り上がりで価格変動に寄与する可能性あり

イーサリアムのブロックチェーン

パレットトークンはNFTと関連性が高い仮想通貨です。そのため、NFTが普及し市場が盛り上がることで、価格も連動して上昇する可能性が高いです。

Paletteプラットフォーム上でNFTコンテンツを取引し、仮想通貨であるパレットトークンで売買します。するとNFTが普及することでPaletteプラットフォームの需要が高まり価格が上昇しやすいです。

 パレットトークンが登場した2021年は、NFTが注目を集めている時期ということもあり、初動は高い価格で推移しました。

同じようにNFTが注目されるニュースが報道されるたびに、価格は上昇すると期待されています。

パレットトークン(PLT)を唯一購入できる取引所を紹介!

2022年5月8日現在、パレットトークンを日本国内で購入できる仮想通貨取引所は「Coincheck」のみです。

「パレットトークンに興味がある」「パレットトークンを購入したい」という人は、コインチェックの口座を開設する必要があります。

仮想通貨取引所によって手数料やサービスの内容は異なるため、特徴を押さえておくのがおすすめです。

ここからは、Coincheckがどのような取引所か紹介します。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck
Coincheckのおすすめポイント
  • 取り扱っている仮想通貨は17種類と豊富
  • 500円と少額から取引可能
  • シンプルで使いやすいアプリで操作できる
  • 取引手数料は無料で使いやすい

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。コインチェック株式会社は、2018年に東証一部上場企業のマネックスグループ株式会社になり、今まで以上に安全性が高まっています。

 最小取引金額は500円であり、少額から取引したい人でも利用しやすいでしょう。

パソコンのブラウザ上だけでなく、スマホのアプリでも操作できます。特にアプリの取引画面は使いやすいため、知識がない人も簡単で手軽な取引が可能です。

取り扱っている仮想通貨の種類は充実しており、国内で唯一パレットトークンに対応しています。なお、他にも、以下のCoincheck独自となるサービスを提供しています。

独自サービス
  • コインチェックでんき
  • 貸仮想通貨サービス

特に、仮想通貨の積み立てである「Coincheckつみたて」を利用することで、安定した仮想通貨投資を行えるでしょう。

最小取引金額が小さいため、初心者でも使いやすいです。
取引通貨数

17種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)
  • PLT(パレットトークン)
レバレッジ レバレッジなし
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 通常無料(銀行手数料はお客様負担)
出金手数料 一律407円

出典:Coincheck

今だけ!お得なキャンペーン情報
Coincheckキャンペーン情報
  • 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン※1
  • Coincheckつみたてで3ヶ月間継続して積み立てた方もれなく全員に最大1万円分のビットコインをプレゼント中!※2

※1 2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59 ・期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設 ・口座開設してから72時間以内に入金完了 対象の方全員に2,500円相当のBTCをプレゼント

※2 2022年6月12日 0:00 〜 2022年7月10日 23:59

パレットトークン(PLT)の買い方

パレットトークンを購入する方法は、「IEOで購入する」もしくは「仮想通貨取引所で購入する」といった2つがあります。

以前までは、IEOでも購入できましたが、現在では終了しているため取り扱っている仮想通貨取引所で購入するしかありません。

ただし、今後再びパレットトークンがIEOを実施する可能性は十分に考えられます。

 仮想通貨取引所で購入する場合は、その取引所の口座を開設する必要があります。

口座を開設したら、口座ページから日本円を入金してください。入金が完了したら現物取引でパレットトークンを購入でき、数量や金額を指定するだけで完了します。

なお、利用する取引所によって、最低取引金額や取引の操作性が変わってくるので注意しましょう。

まずは、パレットトークンを購入できる取引所を探してみるのがおすすめです。

パレットトークンのステーキング方法

パレットトークンのステーキングに必要なもの

パレットトークンのステーキングを行うには以下のものが必要です。

パレットトークンのステーキングに必要なもの
  • PLT(パレットトークン)
  • ETH(イーサリアム)
  • 「PLTウォレット」アプリ

パレットトークン・イーサリアムはCoincheckで購入できます。PLTウォレットアプリは無料でDL可能です。

1.ウォレットの作成

1.ウォレットの作成

まず最初に仮想通貨取引所で購入したパレットトークン・イーサリアムを保管するウォレットを作成しましょう。

PLTウォレットアプリはパレットトークンとイーサリアムを自由に移動できる「クロスチェーン機能」が搭載されており、非常に便利です。

ウォレット作成の手順は以下の通りです。

ウォレット作成手順
  1. アプリをインストール
  2. 「作成する」をタップ
  3. 「PLT」「ETH」の選択肢が出てくるので、「ETH」を選択
  4. ウォレット名・パスワードの入力(好きなものでOK)
  5. 「作成する」をタップして開設完了

基本的にはアプリに表示される指示に従えば簡単に作成することができます。

2.取引所からPLT・ETHを送金する

ウォレットを作成したら取引所で購入したパレットトークン、イーサリアムをウォレットに移しましょう。

Coincheckの送金機能で簡単に行えます。送金時にはSMS認証が必要な場合があります。

 この時ウォレットの宛先が必要ですが、PLTウォレットアプリに記載してありますので、コピペしましょう。

SMS認証が完了すると必要事項の入力画面に移ります。間違いのないよう入力しましょう。 これで送金は完了です。同じ手順でパレットトークンの送金を行います。

同じ手順でパレットトークンの送金を行います。

3.ブリッジ

ブリッジとは異なる通貨を変換することです。送金が完了したらイーサリアムチェーンからパレットチェーンへのブリッジを行います。

 ブリッジの手数料はETHが必要ですので、手数料分のETHを送金しておきましょう。

ブリッジの手順は以下の通りです。

ブリッジの手順
  1. 画面下中央部の「ブリッジ」をタップ
  2. 必要事項の入力
  3. 確認画面が表示されるので、間違いなければ「確認」をタップ
  4. パスワードを入力し「送信」をタップ
  5. パレットチェンに反映されていれば完了

ブリッジ作業を行わないとステーキングすることができないので、確実に行うようにしましょう。

4.ステーキングの実行

ブリッジを行ったらいよいよステーキングを行います。ステーキングの手順としては以下の通りです。

ステーキングの手順
  1. 「ステーク」をタップ
  2. ステーキングするパレットトークンの金額を入力
  3. ノード欄の「Hashpalette」「HashPort」どちらかを選択
  4. ステークをタップ
  5. 確認画面で金額とノードを確認し、問題なければ「確認」をタップ
  6. パスワードを入力し「送信」をタップ

ここまでの手順を終えて、ウォレット画面の「ロックアップ数量」に申請したパレットトークンの数量が表示されていれば完了です。

5.報酬の受け取り

ステーキング申請が完了すると、3日程度のロックアップ期間を経てステーキングが始まります。

 「マイステーキング」からステーキングの状況を確認できます。

報酬を受け取るには以下のような手順を踏みましょう。

報酬の受け取り手順
  1. 「受け取り可能」をタップ
  2. 「受け取り申請」をタップ
  3. パスワードを入力し「送信」をタップ

受け取った報酬がウォレットに反映されていれば、報酬の受け取りは完了です。

パレットトークンのステーキングはかなり複雑ですが、しっかり行うことによってより資産を増やせるので、積極的に行いましょう。

送金やブリッジで手数料を払っているので、途中でやめてしまうと損してしまいます。

パレットトークンに関するよくある質問

パレットトークンとはどのような仮想通貨ですか?
パレットトークンは日本の株式会社「Hashpalette」が開発・運用しており、2021年7月に取引をスタートした仮想通貨です。漫画・アニメ・音楽の領域に特化したNFTプラットフォーム「Palette」で利用することができます。
パレットトークンの価格はいくらですか?
パレットトークンの2022年3月11日時点の価格は約27円です。販売開始直後の価格は4円程度だったので、約7倍になっています。
パレットトークンにはどのような魅力がありますか?
パレットトークンの魅力としては手数料が安い、ETHと相互運用が可能、ステーキングサービスを受けられるなどが挙げられます。
パレットトークンはどこで購入できますか?
パレットトークンは「Coincheck」で購入できます。Coincheckは国内で唯一パレットトークンを取り扱っている仮想通貨取引所です。
ステーキングとはなんですか?
ステーキングサービスとは、対象の仮想通貨を保有しブロックチェーンのネットワークに参加することで報酬を受け取れるシステムを指します。
パレットトークンのステーキングのやり方を教えてください。
パレットトークンのステーキングを行うにはウォレットの作成→取引所からPLT・ETHを送金→ブリッジ→ステーキングの実行→報酬の受け取りといった手順を踏みましょう。

まとめ

今回は、仮想通貨の1つであるパレットトークンについて解説しました。パレットトークンは「Palette」というプラットフォームを持ち、NFTコンテンツを保有しやすいのが特徴です。

ブロックチェーン上のやり取り時に発生するガス代(手数料)がかからないため、初心者でも利用しやすい点は大きな魅力と言えるでしょう。

現在(2022年3月10日時点)では、まだ取引を開始してから1年も経過していない新しい仮想通貨であり、将来性が期待されています。

NFT関連銘柄に興味がある人は、パレットトークンがどのような仮想通貨かチェックしておくのがおすすめです。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事