おすすめのネット証券人気比較ランキング!初心者必見【2022年最新】

今から投資や資産運用を始める方は、手数料も安くオンラインで口座開設から取引まで完結するネット証券がおすすめです。

しかし、ネット証券は強みやメリットも少しずつ異なり種類も多いため、どのネット証券口座を開設すればいいかわからないという人も多いでしょう。

そこでこの記事では、初心者にもおすすめのネット証券の特徴を徹底比較。ネット証券の選び方・比較すべき項目や、口座開設数が多いネット証券など項目別人気ランキングも紹介します。

この記事の最後では、投資初心者がよく迷ってしまう質問についてもまとめています。ぜひネット証券選びの参考にしてみてください。

初心者にもおすすめネット証券10選を比較

LINE証券
楽天証券
SBI証券
マネックス証券
松井証券
岡三オンライン証券
auカブコム証券
GMOクリック証券
LINE証券
○
SBI証券
マネックス証券
松井証券
岡三オンライン証券
auカブコム証券
GMOクリック証券
手数料
(約定ごと5万円)
55円税込
55円税込
55円税込
55円税込
0円
108円税込
55円税込
50円税込
手数料
(約定ごと10万円)
99円税込
99円税込
99円税込
99円税込
0円
108円税込
99円税込
97円税込〜
NISA
IPO
投資信託
キャンペーン
最大3,000円相当の株をタダで買える
多数開催中
公式サイトをチェック!
多数開催中
公式サイトをチェック!
多数開催中
公式サイトをチェック!
多数開催中
公式サイトをチェック!
証券総合取引口座開設で現物+信用取引手数料全額キャッシュバック
多数開催中
公式サイトをチェック
-

スマホで利用するなら|LINE証券

LINE証券

おすすめポイント
  • スマホ証券利用率No.1※公式サイト
  • 少額からの投資や積み立てが可能
  • 本人確認などの手続きもスマホ利用で簡単

LINE証券は、ネット証券の中でもスマートフォン利用者向けに作られた証券会社で、業界の中でも比較的新しいサービスです。

サービス自体は新しいものの、証券業界大手の野村不動産グループが共同出資しているため、実績への安心感があります。さらに、取り扱い銘柄に関しても今後増えていくことが期待できるでしょう。

開設口座数 80万以上
NISA
つみたてNISA
IPO実績 2021年よりスタート
利用可能ポイント LINEポイント

今だけ!お得なキャンペーン情報
LINE証券キャンペーン情報
  • LINE証券口座開設+クイズに正解で最大3,000円相当の株がタダで買える! 
  • 口座開設の翌月末まで限定企画!1万円以上の取引で現金1,000円もらえる!

修了期間未定

出典:LINE証券公式

楽天サービスユーザーなら|楽天証券

おすすめのネット証券ランキング2位楽天証券

おすすめポイント
  • 楽天ポイントが貯まる・使える
  • 楽天カードと連帯でポイント率アップ
  • 100万円までの取引なら手数料無料

ECサイト「楽天市場」などのサービスでもお馴染みの楽天が運営する「楽天証券」は、楽天ポイントがお得に使える・貯まるサービスが満載です。

楽天カードと連帯することでポイント率がアップしたり、既に楽天のサービスを利用している人は、お得に投資を始められるでしょう。

開設口座数 600万以上
NISA
つみたてNISA
IPO実績 38社(2020年)
利用可能ポイント 楽天ポイント

今だけ!お得なキャンペーン情報
  • 信用取引口座開設でもれなく200ポイントプレゼントキャンペーン!※1
  • 国内ETF 9銘柄が対象!現物取引 買付手数料80%キャッシュバックキャンペーン※2
  • <エントリー要>【第21回】楽天銀行口座開設+自動入出金設定で1,000円プレゼント※3

※1 期間:2022年5月2日(月)~2022年5月27日(金)

※2 期間:2022年4月28日(木)~2022年5月31日(火)

※3 エントリー期間:2022年5月2日(月)10:00~2022年7月15日(金)23:59 ・期間中に、条件を達成された方に現金1,000円プレゼント ・対象:2022年5月2日(月) 10:00~2022年7月4日9:59までに銀行口座を申込まれた方

出典:楽天証券公式

ネット証券最大手|SBI証券

初心者にもおすすめのネット証券10選

おすすめポイント
  • 国内株式・個別取引シェアNO.1※公式サイトより
  • IPO実績が豊富
  • 100万円以内の取引なら手数料0円

SBI証券は、グループ全体の開設口座数がなんと720万以上と、国内ネット証券最大手として知られています。ネット証券にも関わらず、取り扱い銘柄数や取引ツールの充実度は歴史ある大手証券会社にも引けを取りません。

現物取引・信用取引ともに、1日100万円以内であれば手数料0円と、ネット証券ならではの手数料の安さも魅力の一つでしょう。

 NISAやiDeCoといった初心者におすすめ投資制度の利用も可能です。

さらに、取引でのポイント利用も可能で、Tポイント・Pontaポイントを投資に使ったり、三井住友カードを利用して積立投信を行うとVポイント付与されるというシステムもあります。

開設口座数 720万以上
NISA
つみたてNISA
IPO実績 85社(2020年)
利用可能ポイント Tポイント / Pontaポイント / Vポイント

今だけ!お得なキャンペーン情報
  • 【手数料最大10,000円還元!】国内株式入庫キャンペーン!※1
  • 米国株式入庫で選べるポイント100ptもれなくプレゼント!キャンペーン※2
  • 【信用取引で現物株式取引もお得に!?】 期間限定 大口優遇 "プラス" キャンペーン※3
  • 【GWから米株デビュー!】買付手数料全額キャッシュバックキャンペーン!※4

その他多数開催中!公式サイトキャンペーン情報をご覧ください

※1 キャンペーンエントリー期間: 2022/5/9(月)~2022/5/31(火)

※2 期間:2022/5/9(月)~2022/6/30(木)

※3 期間:2022/5/2(火)~6/30(木)約定日基準※月間信用新規建約定5億円以上達成で現物株式手数料を全額キャッシュバック

※4 期間:2022/4/29(金)~2022/5/31(火)(現地約定日ベース)


出典:SBI証券公式

外国株投資なら|マネックス証券

おすすめのネット証券ランキング4位マネックス証券

おすすめポイント
  • 米国株や中国株が充実
  • 海外株の取引手数料が安い
  • IPO株の配分が平等当選式

外国株式(米国株・中国株)に興味があるのであれば、口座を持っておきたいマネックス証券。一般的に取引手数料が高くなりやすい外国株式の手数料が0円〜と安いのが特徴です。

さらに、IPO株分配の抽選が平等当選式ということもあり、IPO投資を検討している、当選確率を上げたいという初心者にはおすすめのネット証券会社です。

開設口座数 720万以上
NISA
つみたてNISA
IPO実績 50社(2020年)
利用可能ポイント マネックスポイント

今だけ!お得なキャンペーン情報
マネックス証券キャンペーン情報
  • クイズに挑戦&新規口座開設等で最大2,000円プレゼント!※1


出典:マネックス証券公式

手厚いサポートなら|松井証券

おすすめのネット証券6位松井証券

おすすめポイント
  • 50万円までの現物取引手数料が無料
  • サポート体制が充実していて質問しやすい
  • ロボットアドバイザー対応で安心した資産運用が可能

松井証券は、初心者へのサポートが充実しており、経験がない人にも優しいネット証券会社です。少額取引の手数料や25歳以下の手数料が無料な点も嬉しいポイントです。

さらに、松井証券ではIPO株の取り扱い実績もあり、IPO株の抽選は事前入金なしでも参加が可能です。現状の保有資産が少ないという人でも資金が拘束される心配がないので、利用しやすいでしょう。

開設口座数 130万以上
NISA
つみたてNISA
IPO実績 18社(2020年)
利用可能ポイント 松井証券ポイント

今だけ!お得なキャンペーン情報
松井証券 キャンペーン情報
  • つみたてデビュー応援!総額1億円還元キャンペーン※1


出典:松井証券公式

高機能ツールが魅力|岡三オンライン

岡三オンライン

おすすめポイント
  • 使いやすい取引ツールが豊富
  • ネット証券でありながら総合証券の情報量ある
  • スマホアプリも使いやすく取引が簡単

岡三オンラインは、創業95年の岡三証券のグループ会社です。ネット証券ならではの手数料の安さや手軽さがありながらも、歴史ある証券会社にしかない分析力や情報力を活用できます。

独自の取引ツールでは、投資に必要な情報収集から、取引までを一括で行うことができるため、初心者でも簡単に迷うことなく操作することができるでしょう。

開設口座数 280万以上
NISA
つみたてNISA ×
IPO実績 39社(2020年)
利用可能ポイント ×

今だけ!お得なキャンペーン情報
岡三オンライン証券キャンペーン情報
  • 岡三オンライン ウェルカムプログラム!証券総合取引口座開設で現物も信用も取引手数料を全額キャッシュバック※1

※1 終了期間未定


出典:岡三オンライン公式

25歳以下なら|auカブコム証券

初心者にもおすすめのネット証券10選

おすすめポイント
  • KDDIと三菱UFJが共同運営
  • 1日100万円まで手数料無料
  • Pontaポイントが貯まる・使える

KDDIと三菱UFJが共同運営しているauカブコム(旧カブドットコム)は、取引ツールや分析ツールが充実しているネット証券会社として知られています。

1日100万円以内の取引であれば手数料無料とコストも抑えられます。25歳以下であれば、現物取引手数料が無料、デイトレ信用手数料無料とさらにお得に利用ができます。

開設口座数 130万以上
NISA
つみたてNISA
IPO実績 19社(2020年)
利用可能ポイント Pontaポイント

出典:auカブコム証券公式

FX取引にも強い|GMOクリック証券

GMOクリック証券ネット証券

おすすめポイント
  • FX取引高世界一位
    ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月
  • 一日定額プランなら100万円まで手数料無料
  • NISA口座の売買手数料は無料

GMOクリック証券は、FX取引高世界一位のネット証券です。FX取引に興味がある人は、押さえておきたい証券会社でしょう。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

取引手数料も安く、NISA口座は取引手数料が永年無料とお得に取引が可能になっています。さらに、高性能の取引ツールがパソコンからでもスマホからでも利用できるため、ライフスタイルにあった利用が可能です。

開設口座数 47万以上
NISA
つみたてNISA ×
IPO実績
利用可能ポイント ×

出典:GMOクリック証券公式

Tポイント利用なら|SBIネオモバイル証券

初心者にもおすすめのネット証券10選

おすすめポイント
  • Tポイントを利用して株の購入ができる
  • 少額積み立て、IPO投資も少額から可能
  • 手数料定額固定プランあり

ネオモバは、1株からの購入が可能で500円以下でも取引ができるので、初心者でも気軽に投資を始めることができます。

通常100株単位での申し込みが多くまとまった資金がないと始められないというイメージが強い、IPO株の購入もネオモバでは1株から購入可能。初心者には心強いでしょう。

 まずは少額の投資で経験を積みたいという初心者にはおすすめです。

普段から利用している人も多い「Tポイント」での投資や利用することでポイントが付与されるサービスもあり、お得に利用が可能でしょう。

開設口座数 非公開
NISA
つみたてNISA
IPO実績 11社(2020年)
利用可能ポイント Tポイント

出典:SBIネオモバ証券公式

米国株なら|DMM株

初心者にもおすすめのネット証券10選

おすすめポイント
  • 米国株の取引手数料が全て0円
  • 25歳以下は国内現物手数料キャッシュバックで実質無料
  • 最短で即日の口座開設が可能

米国株の取引に興味があるならチェックしておきたいネット証券「DMM株」です。米国株の取引手数料が安いだけでなく、取引ツールも充実していてスマホからもパソコンからも操作が可能です。

取引銘柄数は、大手ネット証券と比較すると若干及びませんが、手数料を安く抑えたいという人にはおすすめです。さらにFXの証拠金に利用できる「FX株券担保サービス」があるので、安心して利用できます。

開設口座数 非公開
NISA
つみたてNISA ×
IPO実績 6社(2020年)
利用可能ポイント DMM株ポイント

出典:DMM株公式

おすすめのネット証券の選び方6つ

初心者にもおすすめのネット証券の選び方

これから株式投資をしていきたいと考えている方がネット証券口座を開設する際に注目したい、ネット証券の選び方は以下のとおりです。

ネット証券の選び方
  • 取引手数料の安さ
  • 投資を検討している商品を扱っているか
  • ツールの使いやすさ
  • 取扱商品数の多さ
  • サポートや学習セミナーが充実しているか
  • 普段利用しているポイントが利用できるか

取引手数料の安さ

投資をする際に、まず注意したいのがコストをなるべく下げるという意識です。投資でかかる手数料は、運用で得た利益から直接マイナスになるということを忘れてはいけません。

手数料は数%であることが多く、数としては決して大きくありません。そのため、投資初心者だと手数料の重大さを見落としがちですが、手数料が高いとその分利益も減ってしまうので注意しましょう。

少額で取引がしたいという初心者にとって手数料は重大な問題です!
当サイトで紹介している人気の主要ネット証券の手数料比較はこちら

投資を検討している商品を扱っているか

ネット証券で口座開設をする際に気をつけたいのが、自分が投資を検討している金融商品を扱っているかという点です。新たにサービスを開始したネット証券などでは、取り扱い銘柄が限られている可能性があります。

投資信託や個別銘柄の取り扱い銘柄数、IPO株の取扱をしているか、さらにNISAやiDeCoなどの資産運用制度が利用できるのかについても確認しておきたいところです。

IPO株を扱っていないネット証券は多いので注意しましょう。
当サイトがおすすめするネット証券では、主にNISA、IPO、投資信託の取り扱いは以下のようになっています。
LINE証券 ○ SBI証券
NISA
iDeCo

IPO



(80銘柄)

投資信託


2,660銘柄)
詳細

ツールの使いやすさ

ネット証券は総合証券とは異なり、PCやスマホアプリ、タブレットといった多様なツールでの閲覧や取引ができることが特長でありメリットです。

株式投資を行うにあたり、取引の際必ず目にして解析・分析を行うためのツールの重要度は非常に高いです。

そんなネット証券各社のツールのクオリティを確かめるには、AppStoreの口コミレビュー数と評価点数が一つの指標になります。

2022年5月現在、当サイトで紹介したおすすめのネット証券の中で最も口コミレビュー数と評判が良いツールをランキングでご紹介します。

表は右にスクロールできます。

証券名称 楽天証券 マネックス証券 LINE証券
アプリ名名称 楽天証券 iSpeed
iSPEED – 楽天証券の株アプリ

マネックス証券アプリ
LINE証券 LINE CFD
AppStore評価

/ 5.8万件の評価

/ 7,391件の評価

/251件の評価

項目名は変更

取扱商品数の多さ

これから株式投資をしたいと考えている初心者の方にとっては、取り扱っている商品数の多さはネット証券を選ぶ上で最も重要な点ではないかもしれませ。

しかし、中級者・上級者となり投資歴が長くなってきた時に興味を持った銘柄が普段利用しているネット証券で取り扱っていれば間口が広がり、試してみるきっかけになることもあります。

現状においても、以下の表のように各ネット証券会社によって取り扱っている商品の数はこんなにも異なります。

表は右にスクロールできます。

SBI証券 楽天証券 GMOクリック証券
国内株式 一般信用取引対(売り) 約3,065銘柄 約3,874銘柄 約167銘柄
海外株式
 
 
 
 
 
米国株式 約5,202銘柄 約4,760銘柄
中国株式 約1,329銘柄 約1,196銘柄
韓国株式 約71銘柄
ロシア株式 約29銘柄
ベトナム株式 約306銘柄
その他海外株式 約237銘柄 約243銘柄
投資信託
 
取扱総数 2633 2586 134
ノーロードファンド 2623 115 115
債券
 
 
国内 7種類 3種類
海外 12種類 19種類 1種類
外貨決済 10通貨 11通貨 6通貨
CFD
 
 
 
 
株価指数 39(ETF含む)
株価指数先物 10(ETN含む)
個別株 81(外国個別株)
商品 7
くりっく株365 ×
 

※2022/05/13現在

SBI証券はSBIグループ証券口座開設数720万を突破した、実績と信頼のある業界トップクラスのネット証券会社です。※公式サイトより

 取扱商品が豊富でIPO銘柄は業界トップの80銘柄、世界各国の外国株式の取扱国数は主要ネット証券No.1とラインナップは業界随一です。

えば、米国株や中国株などの「外国株」、金や銀などの「商品」、海外ETFなどの「上場投資信託」など、どんな金融商品でも購入可能です。

SBI証券は「1株単位」で株の売買が行えるため、数百円程度から投資を始められます。

出典:SBI証券公式

サポートや学習セミナーが充実しているか

初心者がネット証券で投資を始める際に注意しておきたいのが、サポート体制の充実具合です。さらに、初心者向けの学習セミナーなどが開催されていれば、なお良いでしょう。

ネットで口座開設から取引まで全てが完結するようになっているネット証券では、店舗で口座開設をするよりも証券会社の担当者からのサポートが受けづらくなります。

 実店舗で口座を開設すると、営業担当が付きおすすめの銘柄や投資方法を紹介してくれます。

営業担当が付かない分、手数料が安く、気軽に投資ができるというのはネット証券のメリットですが、困った時にネットや電話で質問ができる体制があるかどうかは確認しておいた方が安心でしょう。

LINE証券 ○ SBI証券
主なサポート LINEのトークルームで
AIが24時かいつでも回答
毎月多数セミナー開催
・チャットサポート

・セミナー、オンラインセミナー
随時開催中
・チャットサポート
・電話サポート

詳細

普段利用しているポイントが利用できるか

ネット証券の多くでは、ポイントを利用して投資ができたり、投資をすることでポイントを獲得できるサービスを提供しています。

普段買い物で貯めているポイントが利用できる証券会社を利用すれば、投資をしながらお得に買い物ができたり、さらには買い物で貯めたポイントで投資をすることができるので便利でしょう。

TポイントやPontaポイントなど、自分が利用しているポイントが利用できる証券会社を見つけましょう。
LINE証券 ○ SBI証券
ポイント投資
LINEポイント

楽天ポイント


・Tポイント
・Pontaポイント
・Vポイント

詳細

NISA・つみたてNISAにおすすめのネット証券

楽天証券

おすすめのネット証券ランキング2位楽天証券

おすすめポイント
  • 100円からつみたてが可能
  • 毎月だけでなく、毎日つみたても可能
  • 楽天カードと連帯でポイントが貯まる

積み立てのスタイルが柔軟に選択できるのが「楽天証券」です。100円からの積み立てが可能で、少額から積み立てを始めたいという人にも嬉しいサービスです。

さらに、一般的な毎月積み立ての他にも、毎日積み立ても可能なので、少額を毎日積み立てるということも可能です。楽天カードで決済することでポイントも貯められるので、お得に利用できるでしょう。

出典:楽天証券公式

表は右にスクロールできます。

つみたてNISAを始めるならおすすめのネット証券
名称 ○ SBI証券 マネックス証券
特徴
  • 楽天ポイントが貯まる&使える
  • 100円から積立できる
  • 積立頻度を選べる
  • 投資信託の取扱いは172本※2021年6月10日時点
  • NISA口座開設数No.1
  • 三井住友カードで積立するとポイントがもらえる
  • 手数料0円
  • つみたてNISAの専用画面で管理しやすい
  • マネックスポイントがもらえる
  • 引き落とし手数料は0円
  • 投資信託の取扱いは152本※2021年11月10日時点
  • ー度申し込めば自動購入

スマホ管理がおすすめのネット証券

LINE証券

気軽に始めたい初心者向けのネット証券

おすすめポイント
  • スマホ証券利用率No.1
    ※スマホ証券6サービスを対象としたインターネット調査より、ショッパーズアイ社調べ(2021/7/14-15、全国の20-69歳男女、サンプル数1,664)。※スマホ証券はPayPay証券(株)の登録商標です。
  • 直感的でシンプルなアプリデザイン
  • LINE PayやLINEポイントに対応

普段から使っているチャットアプリ「LINE」の延長で利用が可能な「LINE証券」はスマートフォンでの操作のしやすさから、気軽に使えるのが特徴です。

スマホ利用率No.1と、ネット証券業界最短で100万口座を突破していることからも、その人気が伺えます。

※スマホ証券6サービスを対象としたインターネット調査より、ショッパーズアイ社調べ(2021/7/14-15、全国の20-69歳男女、サンプル数1,664)。※スマホ証券はPayPay証券(株)の登録商標です。

LINE PayやLINEポイントで入出金ができるので、普段からLINEサービスを使う人には特に適しているでしょう。

出典:LINE証券公式

本格的に投資をしたい方におすすめのネット証券

取引可能銘柄の幅が広い|SBI証券

本格的に始めたい初心者向けのネット証券

おすすめポイント
  • 国内株式・個別取引シェアNo.1※公式サイトより
  • IPO実績が豊富
  • 100万円以内の取引なら手数料0円

ネット証券最大手の「SBI証券」なら、投資知識があまりない初心者でも安心して利用できるサポート体制、さらに本格的に投資を始めた際にも満足できる銘柄数・サービス充実具合といえるでしょう。

SBI証券はネット証券でありながら、大手証券会社にも引けを取らない株式銘柄や投資信託の取引数で知られていますが、IPO株の取り扱い数も充実しているので、興味のある人にはいいでしょう。

 100万円以内の取引の手数料が無料というのも初心者には嬉しいポイントです。

本格的に投資を始めるつもりがあるという場合には、ある程度の取引銘柄が揃っている方が後々選択の幅が広がっていいでしょう。

出典:SBI証券公式

ランキングで選ぶおすすめネット証券

口座開設数が多いネット証券ランキング

口座開設数が多いほど、たくさんの人がそのネット証券を利用していると言えます。たくさんの人に支持されている実質的な人気ランキングと捉えることもできます。

1位は約720万口座の開設数を突破したSBI証券でした。

表は右にスクロールできます。

  1位 2位 3位
名称 SBI証券 ○ マネックス証券
口座開設数 約720万口座

約700万口座

約210万口座

※2022年5月18日確認時点

取り扱い銘柄数が多いネット証券ランキング

投資の幅を広げたいと思ったとき、取り扱い銘柄が限られていると口座を作り直したり、資金を移動するのに手間がかかるでしょう。

ここでは国内株、外国株、投資信託など、取り扱い銘柄が豊富なネット証券ランキングを作成しました。

表は右にスクロールできます。

1位 2位 3位
SBI証券 楽天証券 GMOクリック証券
国内株式 一般信用取引対(売り) 約3,065銘柄 約3,874銘柄 約167銘柄
海外株式
 
 
 
 
 
米国株式 約5,202銘柄 約4,760銘柄
中国株式 約1,329銘柄 約1,196銘柄
韓国株式 約71銘柄
ロシア株式 約29銘柄
ベトナム株式 約306銘柄
その他海外株式 約237銘柄 約243銘柄
投資信託
 
取扱総数 2633 2586 134
ノーロードファンド 2623 115 115
債券
 
 
国内 7種類 3種類
海外 12種類 19種類 1種類
外貨決済 10通貨 11通貨 6通貨
CFD
 
 
 
 
株価指数 39(ETF含む)
株価指数先物 10(ETN含む)
個別株 81(外国個別株)
商品 7
くりっく株365 ×
 

※2022/05/18現在。いずれも税込

手数料で比較!おすすめネット証券

SBI証券

手数料で比較!おすすめネット証券

SBI証券のおすすめポイント
  • 1日100万円まで現物取引の手数料無料
  • 25歳以下は現物株の売買手数料が0円
  • 1株単位(数千円〜1万円)で株の売買可能

SBI証券は口座開設数720万を突破した日本No.1の口座数を誇るネット証券会社です。また「2021年みんなの株式ネット証券比較ランキング総合第1位」を獲得した実績もあります。

実際に国内株式個人売買代金を40%占めており国内で1位2位を争っています。口座開設は無料ですから、投資を始める初心者は必ず予め口座開設をしておきましょう。

 大きな特徴は「株の売買手数料の安さが日本トップクラス」な点です。1日100万円まで手数料0円(現物取引)、1日300万円まで手数料無料(信用取引と合わせて)

東京証券取引所には約4,000銘柄が上場しています。そのうちの98%近くは100万円以下で購入可能なので、SBI証券を利用すれば手数料が一切かからず株を購入できます。

また、「単株未満株」では1株からでも投資(数百円〜1万円程度)を始められるので、少額資金から投資を始めたい人にとっては最適なネット証券です。

SBI証券は実績と信頼のある会社なので、若い人からシニアまで幅広い世代で人気です。

出典:SBI証券公式サイト

表は右にスクロールできます。

現物取引手数料比較
約定代金

SBI証券 楽天証券

auカブコム証券

スタンダートプラン ポイント 超割コース ポイント
5万円まで 55円 手数料の1.1%







55円 手数料の1%













99円
10万円まで 99円 99円
20万円まで 115円 115円 198円
50万円まで 275円 275円 275円
100万円まで 535円 535円 1,089円
150万円まで 640円 640円 1,584円
3,000万円
まで
1,013円 1,013円 4,059円
3,000万円超 1,070円 1,070円 手数料の2%
※超割大口優遇コース
 

※2022/05/18現在。いずれも税込

米国株投資におすすめネット証券

楽天証券

おすすめのネット証券ランキング2位楽天証券

楽天証券のおすすめポイント
  • 米国株取扱銘柄数が4,768銘柄と豊富
  • スマホアプリ「iSPEED」で米国株取引ができる
楽天証券はJ.D.パワー2021年個人資産運用顧客満足度ネット証券部門第1位を獲得した証券会社です。若者からお年寄りまで幅広い年齢層から支持されています。※公式サイトより
 楽天証券は米国株式4,768銘柄、海外ETF402銘柄と業界トップクラスです。米国株投資をするならオススメのネット証券会社です。
スマホアプリ「iSPEED」で米国株取引ができるのも魅力。銘柄情報の確認と、注文〜管理も可能です。
楽天証券は楽天ポイントが取引件数や金額によってポイントが付与されるのでオススメです。

マネックス証券 

おすすめのネット証券ランキング4位マネックス証券

マネックス証券のおすすめポイント
  • 米国株の取扱数が5,001銘柄と豊富
  • 米国株デビュー応援プログラムで最大3万円キャッシュバック

マネックス証券は米国株の取扱数が5,001銘柄以上と業界トップクラスの水準で、新規上場銘柄もスピーディーに追加します。※公式サイトより

米国株専用スマホアプリ「トレードステーション」は、レーダースクリーン・チャート分析・チャート発注等の機能があり、高性能な取引ツールです。

投資情報の提供も充実しており、プロによる米国株情報発信や市場の相場見通しを無料で閲覧できます。
手数料も最低0米ドル~最大22米ドル(税込)とお手頃。さらに米国株取引から20日間の取引手数料(税別)を最大3万円キャッシュバックする米国株デビュー応援プログラムを実施しています。

表は右にスクロールできます。

SBI証券 マネックス証券 楽天証券
米国株取扱数 約5,202銘柄 5,001銘柄 約4,760銘柄
取引手数料 約定代金の0.495%
最低0~最大22米ドル
約定代金の0.495%
最低0~最大22米ドル
約定代金の0.495%
最低0~最大22米ドル

ネット証券と総合証券の違い

ネット証券と総合証券の違い
  • 実店舗があるかないか
  • 営業担当者が付くかつかないか
  • 自己判断かコンサルタントがいるか

実店舗があるかないか

ネット証券と総合証券の違いは実店舗を持っているかいないかです。ネット証券はインターネット内で売買をするため実店舗はありません。

一方で総合証券は顧客対応窓口が設けられている店舗が多いです。総合証券は人件費や施設維持費などの経費に大きく影響するため、手数料が高い傾向があります。

 ただ、実店舗の場合は担当の方との相談ができたり、選択できる注文方法が多いです。店頭窓口、コールセンター、インターネットの3つの注文方法が可能です。

一方で実店舗のないネット証券だと手数料は安いですが、相談できる相手がいなかったり、注文方法はインターネットとコールセンターのみの利用になります。

特に「直接担当者と話をして相談に乗ってもらいたい」と考えている人は総合証券で、自分で悩みを解決できるタイプはネット証券がいいでしょう。

分からないことも大半は検索すれば出てくるため、最近はネット証券が主流になっています。

営業担当者が付くかつかないか

ネット証券と総合証券の違い

ネット証券と総合証券の違いは、営業担当者があなた個人に付くかつかないかです。当然ネット証券は顧客に営業担当者はつきません。

そのため、IPO(新規公開株)などのお得な情報があっても、総合証券から連絡は来ないためチャンスを逃してしまう確率が高いです。

 一方でネット証券の場合は顧客一人ひとりに営業担当がつくため、直接お電話でお得な株の情報を教えてくれてチャンスを掴むことができます。

また、ネット証券のお問い合わせの場合は基本的にAIチャットやメール、コールセンターのオペレーターが全て対応する形になっています。

総合証券の場合はあなたに営業担当が付くので、この専任担当者を窓口となって、メールやお電話、店頭窓口での相談、新商品の案内や投資運用のアドバイスが貰えます。

自己判断かコンサルタントがいるか

ネット証券と総合証券の違い

ネット証券と総合証券の違いは、自分自身の判断で投資をするのか、もしくはコンサルタントの判断で投資するかの違いがあります。

ネット証券の場合は当然ですが、自分1人で銘柄の動向をチェックしたり、どのタイミングで売買するのかをエントリーから決済まで全て行います。

 取引は全てインターネット内で行われ、情報収集源はインターネットの検索、投資ブログ、本、投資仲間からの助言などが一般的です。

ネット証券の対面取引コースでは、投資に不安を感じたら専任担当者に相談すれば適切なアドバイスを貰えるので安心して投資できます。

特に投資の知識は難しい単語だらかで全く分からない方も多いです。そんな方は、総合証券を利用してコンサルタントに話を聞いた方が早いかもしれません。

自分にとって最適な証券会社はネット証券なのか総合証券なのか、メリットとデメリットを考慮した上で判断しましょう。

おすすめのネット証券に関するよくある質問

NISAとはなんですか?
NISAとは少額投資非課税制度を利用した税制優遇のことを言います。基本的に配当金や値上がり益で出した投資利益の税金は20.315%ですが、NISAを利用すれば5年間は非課税を受けることができる仕組みです。
手数料でおすすめのネット証券はどこですか?
手数料でおすすめのネット証券はSBI証券です。1日定額プランでは100万円まで手数料が無料かつ新商取引手数料が完全無料です。特に信用取引を始めたい方、コストを最小限に抑えて投資を始めたい方におすすめです。
スマホアプリでおすすめのネット証券は?
楽天証券の「iSPEED(アイスピード)」です。特にテクニカル指標が充実しており、株価やチャート、各種指標やニュースなどをスマホの1画面で最大100銘柄を同時に表示できたりと、外出先でも手軽に取引できるのがおすすめです。
米国株の取引におすすめのネット証券は?
米国株取引におすすめのネット証券は、米国株取扱数が約4000銘柄と豊富に取り扱う楽天証券がおすすめです。また、米国株以外にも投資信託商品は2,660銘柄、海外ETF402銘柄と金融商品が多数揃っています。
初心者にもおすすめのネット証券は?
総合力が高い「SBI証券」は、投資初心者の利用にもおすすめできます。取り扱い銘柄数も多く、初心者におすすめの投資制度「NISA」や「iDeCo」の利用も可能です。

ネット証券らしく、手数料も安く抑えられるので少額から投資を始めたいという初心者にも安心でしょう。

普段買い物で利用しているポイントを活用できるネット証券は?
楽天市場など、楽天が運営しているサービスを使っている人であれば「楽天ポイント」が貯まる・使える、楽天証券がおすすめです。

ポイント利用できるネット証券はたくさんありますが、楽天証券のポイント還元率はとても高いことで知られています。

初心者が手軽に投資を始められるネット証券は?
手軽に投資を始めるのであれば、普段使い慣れているスマートフォンでの操作ツールが充実しているネット証券がいいでしょう。

「LINE証券」は、有名チャットアプリの「LINE」が提供しているサービスなので、チャットアプリとも連動させて利用することができます。

本格的に投資を始めたい初心者におすすめのネット証券は?
「SBI証券」は、初心者から経験者までどんな人にもおすすめできるネット証券です。取り扱い銘柄数や、投資方法も豊富なので、とりあえず1口座作っておきたい証券会社でしょう。
ネット証券を選ぶ際に、取り扱い銘柄を確認しておいた方がいいのはなぜ?
ネット証券の中には、ここ数年で新たにサービスを始めたという証券会社も多く、そのような証券会社は取り扱っている銘柄がまだ多くないという場合があるので注意が必要です。
ネット証券を選ぶ際に確認しておきたい、ポイント利用制度とは?
ネット証券の多くでは、普段買い物で利用したり貯めたりしているポイントを活用して投資ができたり、投資をしながらポイントを貯めることができるサービスがあります。
投資知識がない初心者がネット証券選びで気をつけるべきポイントは?
ネット上で口座開設や取引が完結するネット証券を初心者が利用する際には、サポート制度の充実や、知識を得られるセミナーが充実しているかを確認しておくと安心です。

まとめ

この記事では、初心者にもおすすめのネット証券とその選び方や、手軽に始めたい人向け・本格的に投資を始めたい人向けのネット証券について紹介しました。

初めての証券口座の開設はわからないことも多いですが、証券会社によって扱っている銘柄や使えるサービスが異なるのでしっかり確認した上で口座開設に進みましょう。

疑問を解消して、準備が整ってから投資を始めるといいですね。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事