日本生まれの暗号資産モナコイン(MONA)とは?将来性や特徴を解説

「モナコインって将来性はあるのかな?」と気になりませんか?国内の複数の取引所で扱っているため、目にする機会もあり、気になっている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、モナコインの特徴・将来性・メリット・デメリット・オススメの取引所について解説します。

モナコインが気になっている方にオススメの内容です。ぜひ最後までご覧ください。

モナコインとは?特徴を解説!

モナコインとは?特徴を解説!

仮想通貨名 モナコイン
通貨単位 MONA
発行上限枚数 1億512万MONA
時価総額 ¥12,751,117,112
時価総額ランキング 443位
現在の仮想通貨の価格 ¥193.99
モナコインの特徴
  • 日本生まれで日本人にとってなじみ深い
  • 秋葉原周辺では、コミケや飲食店でも利用可能
  • 単位に製作者の名前が使われている。

日本生まれで日本人にとってなじみ深い

モナコインとは?特徴を解説!

モナコインは日本の掲示板2ちゃんねるから生まれた仮想通貨です。アスキーアートのキャラクター「モナー」が名前の由来になっています。

そのため、公式サイトの文面も日本語、関連情報も基本的に日本語で発信されています。仮想通貨の情報は外国語で発信されることが多く、理解が大変なことが多いです。

 専門用語が多いうえに、英語や中国語での発信が基本なので、仮想通貨関連の一時情報を理解するのは大変です。

一方でモナコインは全て日本語で書かれており、非常に理解しやすいのです。

保有者もほとんどが日本人で、取引の9割が国内で行われています。このことから、いかに日本人から親しまれているかがよくわかります。

秋葉原周辺では、コミケや飲食店でも利用可能

モナコインとは?特徴を解説!

モナコインは、秋葉原を中心に実用化されているのも特徴的。飲食店・コミケでは支払い手段として利用できることがあります。

日本国内の特定の地域限定で広く普及している、珍しい発展を遂げている仮想通貨であると言えます。

秋葉原のパソコンSHOPアーク、五反田貸し会議室などで支払いに利用できます。

単位に製作者の名前が使われている。

モナコインとは?特徴を解説!

モナコインはMr.Watanabeと名乗る人物によって開発されたことで知られています。名前はモナコインの単位として使われており、「0.00000001MONA=1watanabe」です。

 ビットコインの単位には「satoshi」という開発者の名前が使われているのと同じような感じですね。

制作者の名前が単位として利用されることは、仮想通貨の中でもそれほど多いことではありません。そのため、このことは、モナコインの特徴の一つと言っていいでしょう。

モナコイン今後の将来性を予想!

モナコインに将来性はある?今後・将来性を予想!

モナコインには将来性があるのでしょうか?未来のことなので断言は難しいですが、今後が期待できる根拠も存在します。

モナコインに将来性があると言える根拠
  • 半減期で価格が上昇する可能性がある
  • 他の仮想通貨には無い個性を持っている

半減期で価格が上昇する可能性がある

モナコインに将来性はある?今後・将来性を予想!

半減期とはマイニングによって得られる報酬が半分になる時期のこと。希少価値が上がるため、仮想通貨の価格が上昇しやすくなります。

モナコインは3年に1回半減期を迎えており、希少価値を保つ仕組みを導入しているのです。

 ちなみに、ビットコインにも半減期が存在し、定期的に新規発行量が減る仕組みになっています。

モナコインはすでに、2017年と2020年に2回の半減期を迎えています。次回の半減期は2023年になると見られており、そこに向けての価格上昇が期待できます。

一般的に、半減期は数か月ほど前から、価格の情報が見られることが多いです。そのため、半減期後はもちろん、半減期の前にも価格が上がるかもしれません。

2023年の半減期が来れば、モナコインの需要が高まる可能性が高いため、期待したいところですね。

他の仮想通貨には無い個性を持っている

モナコイン今後の将来性を予想!

モナコインは、他の仮想通貨には無い独特な発展を遂げているため、今後も独自路線で需要が高まることが期待されます。

特にモナコインが特徴的なのが、投げ銭の文化を根付かせたことでしょう。MONAコインの登場後すぐに、「Ask mona」「tipmona」といった投げ銭のためのツールが登場しました。

 こういったツールの知名度の向上を背景に、投げ銭の文化が根付いていったのです。

モナコインを使った投げ銭は、Twitterでの面白いツイートや掲示板の書き込みに対し、モナコインを送る形で広まっていきました。

また、投げ銭の際には、ただモナコインを送るだけではなく、金額を語呂合わせにし意味を持たせることも。具体的には、以下のような意味を持った金額が、送金されたことがあります。

  • 0.00114114(イイヨイイヨ)MONA
  • 0.004649(ヨロシク)MONA

2021年現在youtube・Twitterなどのライブでは、投げ銭(スーパーチャット)が行われることがよくあります。

もともと投げ銭はモナコインの登場から生まれた文化です。そのため、こういった場面でモナコインが利用されれば、価格が大幅に上がるかもしれません。

ツイッターではビットコインを投げ銭に利用できます。モナコインも使えるようになればビッグニュースになるでしょう。

モナコインのメリット

モナコインのメリット
  • segwitが実装されている
  • モナコインはホワイトリスト入りの仮想通貨である
  • アトミックスワップによる利用の拡大の可能性

segwitが実装されている

モナコインのメリット

Segwitは送金スピードを速めるための技術です。後にビットコインにも導入されましたが、実は初めてこの技術が使われたのはモナコインだったのです。

具体的な仕組みとしては、Segwitはブロックチェーン上のブロック容量を小さくことで、取引の遅延が起こりにくくしています。

 モナコインにSegWitが実装された経緯として、モナコインを発展させようとするコミュニティの後押しがありました。

Segwitが導入されていることにより、モナコインは送金速度が高速です。そのため、決済や送金の手段としての、利用に耐えうる性能を持っていると言えるでしょう。

モナコインは高性能なので、今後決済手段として普及する可能性が十分にあります。

モナコインはホワイトリスト入りの仮想通貨である

モナコインのメリット

ホワイトリストとは、日本国内の仮想通貨取引所に上場している仮想通貨のリストのこと。

現存する10000種類以上の仮想通貨の中で、ホワイトリストに入っているものはほんのわずかです。
※参照 https://coinmarketcap.com/ja/

 日本の取引所は金融庁から監視されていることもあり、ホワイトリストに入っている仮想通貨は限られています。

そのため、モナコインは安全性が確認されており、国内の取引所から見てリスクが小さく扱いやすいと言えます。

実際にすでに複数の国内取引所に上場済みですし、今後もさらにほかの取引でも、取り扱いが始まる可能性も十分にあるでしょう。

今後さらに取扱い取引所が増える可能性もあります。その際には、モナコインの価格が上昇するかもしれません。

アトミックスワップによる利用の拡大の可能性

モナコインのメリット

モナコインには、アトミックスワップという機能が備わっています。アトミックスワップとは、取引所を経由せずに、個人同士で仮想通貨のやり取りができる仕組みのことです。

これまで仮想通貨の交換の際には、取引所を経由する必要がありましたが、アトミックスワップを利用すれば直接のやり取りでも安心できます。
 持ち逃げのリスク無く、個人間で仮想通貨を交換できるのが、アトミックスワップのメリットと言えます。
現状、アトミックスワップの利用はそれほど広がってはいませんが、これから広く利用されるようになる可能性はあります。

そうなれば、アトミックスワップ可能な数少ない仮想通貨として需要が拡大し、価格が上がることもあるでしょう。

モナコインのデメリット

モナコインのデメリット
  • 海外での知名度が低い
  • 開発が進んでいない

海外での知名度が低い

モナコインのデメリット

モナコインは日本で生まれ、国内で投げ銭や支払いなどで利用されています。モナコインの所有者は9割が日本人であり、国内でいかに人気があるかよくわかります。

しかし、所有者の90%が日本人というのは、裏を返せば海外のユーザーは非常に少ないということにもなります。

 モナコインの日本国外での知名度は、決して高いとは言えないのが事実です。

そのため、モナコインの海外での普及が進むかが、今後の鍵になるでしょう。英語での情報発信や、大型の海外取引所への上場があれば、知名度は上がると考えられます。

2021年11月現在、BittrexやCoinEXなどには上場済み。さらに取扱い取引所が増えることが期待されます。

開発が進んでいない

モナコインのデメリット

モナコインは2013年に開発されましたが、更新されていたのは最初の5年間程度。公式サイトで発表されているバージョンアップも、2018年が最後になっています。

仮想通貨の世界では技術の進化は日進月歩です。処理速度が高速な通貨や、様々な機能が付いた通貨が日々生まれています。

 そんな中、数年間アップデートを行わなければ、技術的には周りに大きく後れを取ってしまいます。

もちろん、更新が行われていないのは、理由があってのことだと考えられます。現状、支払いや投げ銭に利用するに当たり、機能の向上は特に必要ないのもしれません。

しかし、今後世界でモナコインが普及するためには、今の時代に合った機能の追加が必要との見方が自然でしょう。

モナコインの更新が再度スタートするかどうかは、今後の価格に影響を与えるでしょう。

モナコインの使い道とは?

モナコインを購入した方は投資対象としてだけでなく、便利に使いたいと思っているでしょう。日本で登場したモナコインは、国内で様々な使い方ができます。

この章ではそんなモナコインの使い道について解説していきます。現在モナコインは国内で以下のような使い道があります。

モナコインの使い道とは?
  • オンライン決済
  • 実店舗で利用する
  • 投げ銭
  • 積立投資

オンライン決済

オンラインショップで買い物をした際に、モナコインで決済できるシステム「ZaifPayment」が登場しています。

こちらで利用できるのはビットコインとモナコインとなっており、決済時に指定のURLにアクセスすることによって支払いが可能です。

モナコイン決済に対応しているオンラインショップの一例
  • ビットコインモール
  • コインギフト

「ZaifPayment」ではビットコインとモナコインに対応していることから、同等の信頼度があると言えます。

今後モナコイン決済に対応していくオンラインショップも続々と増えていくことでしょう。

決済手数料が無料なのも魅力です。

実店舗で利用する

前章でも述べましたが、モナコインは実店舗での決済にも利用することが可能です。

MONAMAPによればモナコインで決済が可能な実店舗は55店舗にも上ります。カフェや美容院、宿泊施設など幅広い店舗で利用が可能です。

 MONA MAPとは一般ユーザーがモナコイン決済ができる店舗をまとめた地図です。

またサブカルチャーの一大イベント「コミケ」でもモナコイン決済が可能なブースが登場しています。

モナコイン決済を利用すれば現金を持ち歩く必要はありません。

投げ銭

モナコインは投げ銭としても利用することができます。投げ銭とはライブ配信者にあげるおひねりのような物です。

近年ライブ配信市場は急成長を見せており、リスナーからの投げ銭で莫大な利益を生むライバーも増えてきました。

 投げ銭をすることでよりライバーと交流しやすくなったり、活動を応援することができます。

普段ライブ配信をよく視聴する方は、モナコインを利用して手軽に投げ銭を行なってみてはいかがでしょうか?

モナコイン投げ銭に対応しているのは「monappy」「AskMona 3.0」です。

積立投資

モナコインは積立投資に利用することもできます。近年モナコインだけでなく、多くの仮想通貨が積立投資サービスを展開しています。

積立投資をすることで損失のリスクを軽減する・少額から投資を始められるといったメリットがあります。

 積立投資とは金額・時間を分散して毎月一定額を投資していくという投資方法です。

最初に購入する銘柄と毎月投資する金額を設定すれば、あとは自動で取引を行なってくれるサービスもありますので、初心者でも安心です。

MONAを購入可能なオススメ取引所を紹介!

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

コインチェックのここがオススメ
  • 豊富な17銘柄の仮想通貨
  • ダウンロード数No.1・取り扱い通貨数No.1※公式より
  • シンプルで直感的に操作できるインターフェイス
  • 積み立て投資やレンディングにも対応

Coincheckは、親会社が東証一部上場のマネックスグループ株式会社です。そのためセキュリティが強固で、安心して仮想通貨の売買が可能です。

取扱い通貨の豊富さも特徴的で、モナコインを含めた17種類の仮想通貨を購入できます。

 取扱い通貨数は、コインチェックが国内№1です。

また、様々な運用方法に対応しているのもコインチェックの魅力です。レンディングや積み立て、ステーキングで、堅実に仮想通貨の数量を増やすこともできます。

アプリの使いやすさも特徴の一つ。シンプルな操作感で、初心者でも簡単に仮想通貨を購入可能です。
取扱い通貨数 17種類
レバレッジ 無し
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 通貨によって変わる
入金手数料 コンビニ入金:770円から(税込み)
クイック入金:770円から(税込み)
出金手数料 407円(税込み)
社名 コインチェック株式会社

※参照 コインチェック公式

今だけ!お得なキャンペーン情報
SANDキャンペーン
  • SAND取扱い開始記念キャンペーン!※1

※1 ※2022年5月24日 〜 2022年6月7日 23:59キャンペーン期間中にCoincheckにおいて「SAND」を合計5万円以上購入された方の中から、抽選で10名様に10万円をプレゼント

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

ビットフライヤーのココがオススメ
  • BTCの取引量が国内№1
    ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
  • アカウント作成手数料が無料
  • かんたん操作で取引できる
  • 15種類の仮想通貨を100円から売買可

ビットフライヤーは、ビットコインの取引量が国内№1の取引所。100円から仮想通貨を購入できるため、初心者でも気軽に投資を始められます。

セキュリティの高さに特徴があり、2014年の創業以来一度もハッキング被害に遭っていません。

 ハッキングの被害を経験している取引所が多い中、顧客資産を盗まれたことが無いのは、高く評価できます。

また、取引画面の使いやすさもビットフライヤーの魅力と言えます。PCブラウザ版・スマホアプリいずれもシンプルなレイアウトで、迷うことなく仮想通貨を購入できます。

初心者でも使いやすいのが、ビットフライヤーの大きな特徴と言えるでしょう。
取扱い通貨数 15種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
※別途スプレッドがあります。
取引所手数料 約定数量×0.01%~0.15%(単位BTC )
仮想通貨の送金手数料 通貨により異なる
入金手数料 銀行振込手数料 : 各銀行所定
クイック入金手数料
・住信SBIネット銀行から:無料
・住信SBIネット銀行以外から:330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)
社名 株式会社bitFlyer

※参照 ビットフライヤー公式

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのココがオススメ
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1※公式より
  • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
  • 取引手数料・出金手数料が無料
  • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能

様々なジャンルのサービスを展開するDMMグループの仮想通貨取引所。金融サービスの運営経験も豊富なため、セキュリティが万全で安心して仮想通貨取引ができます。

 DMMグループは、FXブローカーや証券会社も運営しています。

また、取引ツールの使いやすさにも特徴があります。スマホアプリでもPCブラウザ版に匹敵する機能を持ち、様々な分析ツールを使ってトレード戦略を建てることができます。

サポートの充実度も特徴的です。土日も含めた365日、問い合わせフォーム・LINEで疑問点を解消できます。
取扱い通貨数 12種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料 クイック入金:無料
振込入金:無料(銀行手数料は利用客負担)
出金手数料 無料
社名 株式会社DMM Bitcoin

※参照 DMM Bitcoin公式

今だけ!お得なキャンペーン情報
DMM Bitcoinキャンペーン情報
  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン※1
  • ハズレなし!最大3,000円がもらえる!はじめてのレバレッジ取引キャンペーン ※2
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン※3


※1 期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分まで

※2 期間:2022年4月28日(木)7:00 ~ 2022年6月1日(水)6:59まで/はじめて3万円以上のレバレッジ取引をされた方の中から抽選にて1等~3等のプレゼント金額が”必ず”当たる

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

よくある質問

モナコインの購入にオススメな取引所を教えてください。
コインチェック・DMM Bitcoin・ビットフライヤーがオススメです。いずれもシンプルな操作間で、モナコインを購入できます。
モナコインの特徴を教えてください。
日本生まれで日本人の馴染み深く、秋葉原を中心に発展しており、独自の発展を遂げているのが特徴と言えるでしょう。
モナコインに将来性はあるのでしょうか。
将来性はあるでしょう。モナコインは複数国内取引所に上場しており、投げ銭などほかの仮想通貨には無い個性を持っているからです。
モナコインのメリットを教えてください。
Segwitが実装されている、ホワイトリストに入っている、アトミックスワップを利用できるといったメリットがあります。
モナコインのデメリットを教えてください
海外での知名度が低く、2018年で開発が止まっているのがデメリットと言えます。今後のモナコインの動向に注目したいところです。
モナコインはいつ値上がりしますか?
未来のことは何とも言えませんが、2023年に半減期を迎えるため、そこで大きく価格が上昇するかもしれません。
モナコインをレバレッジ取引できる取引所はありますか?
DMM Bitcoinはモナコインのレバレッジ取引を扱っています。レバレッジ取引をしたい場合は、DMM Bitcoinを使うといいでしょう。

まとめ

この記事では、モナコインの特徴将来性メリット・デメリットオススメの取引所3選について紹介しました。

モナコインは、Segwitの実装やアトミックスワップによって、今後の将来性が高い可能性があります。

気になっている場合は、国内の取引所で気軽に購入できるので、投資してみるのもいいでしょう。

まずは今回紹介した取引所の口座を、作ってみるところから始めてみましょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事