メタバースの始め方・やり方とおすすめサービスを紹介|初心者向け

メタバースとは、3次元仮想空間のことです。近年テレビやネットニュースなどで「メタバース」という言葉を聞く日も増えてきました。

メタバースは仮想空間でコミュニケーションを取るだけでなく、ビジネスを行うこともできるため、私たちの生活をより豊かにしてくれることが期待されています。

そんなメタバースの世界に参加するにはどうしたら良いのでしょうか? 今回はメタバースの始め方を中心に解説していきます。

用意する機材やおすすめのサービスなども紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

最初はとっつきにくいかもしれませんが、意外と簡単です。この記事を参考にあなたもメタバースを始めてみましょう。

そもそもメタバースとは?

メタバースの始め方を知る前に、そもそもメタバースがどのようなものなのか知らなくてはなりません。この章ではメタバースの概要を解説していきます。  

メタバースは3次元仮想空間

メタバースとはインターネット上に存在する「3次元仮想空間」を指します。メタは「高次・超越」、バースは「ユニバース」という意味を組み合わせた造語です。

メタバースではユーザーが自身のアバターを操作することによって、コミュニケーションを取ったり、ビジネスを行ったりすることが可能です。

メタバースの例
  • どうぶつの森
  • Minecraft
  • 映画「サマーウォーズ」のOZ

メタバースと聞くと未来的で難しいもののように見えますが、実はメタバースを私たちは利用していると言えるのです。

現在のメタバースではさらに自由度が広がっているという認識で問題ないでしょう。

VRとは違うもの?

メタバースとVRは度々同じようなものとして扱われてしまうことがありますが、全くの別物です。メタバースは3次元仮想空間そのものを指していますが、VRはその仮想空間をより立体的に楽しむための機材です。

 VRはゲームや体験型アトラクションなどでよく利用されています。

メタバースとVRは別物ですが、無関係というわけではありません。VR技術の進歩によって、よりリアリティのあるメタバースが楽しめるようになりました。

メタバースとVRは密接に関わり合っています。

メタバースはどのような場所に導入される?

メタバースは私たちの生活の様々な場所へ導入される可能性を秘めています。まず導入が期待されているのがエンターテイメントです。

こちらに関しては既にゲームやライブなどで導入されており、利用したことがあるという方も多いのではないでしょうか?

 米津玄師やRADWIMPSなどの有名アーティストがバーチャルライブを行っています。

またメタバースはジネス面での活躍も期待されています。バーチャル店舗・オフィスを構えることによって現実世界とはまた違ったビジネスの形が生まれようとしています。

特にバーチャルオフィスはテレワークの推進により注目を集めています。

メタバースの始め方・やり方をわかりやすく解説!

メタバースに興味がある方の中には、「メタバースを始めてみたい!」と感じる方もいるでしょう。この章ではそんな方達のために、メタバースの始め方をご紹介します。メタバースを始めるには以下のような手順を踏みましょう。

メタバースの始め方
  1. 仮想通貨取引所に口座を開設する
  2. ウォレットに送金
  3. メタバースサービスに登録

1.仮想通貨取引所に口座を開設する

メタバースを始めるには最初に仮想通貨取引所に口座を開設します。メタバースのサービスを利用する際は、仮想通貨を利用することが多いです。利用できる仮想通貨はサービスによって異なります。

 仮想通貨取引所によって取り扱っている銘柄は異なりますが、マイナー通貨を利用することは少ないため、大手取引所に登録すれば問題はないでしょう。

仮想通貨取引所の口座を開設するのは無料で行えますので、開設しておいて損はないでしょう。

NFTマーケットプレイスと互換性があると非常に使いやすいです。
NFTマーケットプレイスと互換性があるおすすめの国内取引所

Coincheck NFT

Coincheckが提供するCoincheck NFT(β版)は、国内初の暗号資産交換業者が運営するマーケットプレイスです。ユーザー同士でNFTと暗号資産の交換取引ができます。
NFTの出品・購入にかかるネットワーク手数料(ガス代)は無料であるため、初心者でも気軽に購入できるでしょう。初めてのNFT取引なら、Coincheckの口座を開設して始めるのがおすすめです。

2.ウォレットに送金

仮想通貨取引所で口座を開設したら、続いてはウォレットに送金をします。ウォレットとは仮想通貨やメタバース内で入手した資産を保管する財布のようなものです。

仮想通貨ウォレットの種類を紹介

たとえば手軽なウォレットであれば、Google Chromeの拡張機能で簡単に入手できます。ウォレットへの送金はウォレットの受け取りアドレス・送金額を設定するだけで完了します。

送金先を間違ってしまうと、せっかく購入した仮想通貨を失ってしまうので、入力の際はしっかり確認しましょう。

仮想通貨を取り扱う上でウォレットは必要不可欠です。

3.メタバースサービスに登録

ウォレットに登録したら最後にメタバースサービスへの登録を行います。メタバースのプラットフォームはいくつか存在しますので、自分の好きなものを選んでください。

 登録は必要情報を入力し、ウォレットを接続するだけでOKです。

メタバースサービスに登録後、自身の分身であるアバターを作成します。このアバターを作成するだけでも楽しいものです。ここまで準備すればメタバースを楽しむための準備は完了です。今まで味わったことのない体験を楽しんでみてください。

登録自体は無料で行えるサービスが多いです。

メタバースを始めるのにおすすめの仮想通貨取引所を徹底比較

メタバースを始めるためには仮想通貨を購入する必要があります。仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所を利用するのが一般的です。

この章ではメタバースを始めるのにおすすめの国内仮想通貨取引所をご紹介していきます。

メタバースを始めるのにおすすめの国内仮想通貨取引所
  • Coincheck
  • GMOコイン

Coincheck

コインチェック

Coincheck(コインチェック)のおすすめポイント
  • 大手企業「マネックスグループ」の子会社が運営しているので安心
  • 高性能で使いやすいスマホアプリ
  • 取引手数料が無料!

メタバースを始めるのにおすすめの国内仮想通貨取引所、1社目は「Coincheck(コインチェック)」です!Coincheckは東証一部上場企業であるマネックスグループの子会社によって運営されています。

大手企業がバックについているということだけあって、信頼度は申し分ないでしょう。またセキュリティの高さも抜群です。

 マネックスグループは大手証券会社を運営していることでも有名です。

Coincheckではメタバース空間でよく利用される仮想通貨「ETH(イーサリアム)」や「EJN(エンジンコイン)」を購入することが可能です。

また「Coincheck NFT」もグループ内で運営されているため、メタバース空間で入手した資産を取引したい時にも便利です。

取引手数料が無料なのも嬉しいポイントです。

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取引通貨数

18種類

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. LSK(リスク)
  5. XRP(リップル)
  6. XEM(ネム)
  7. LTC(ライトコイン)
  8. BCH(ビットコインキャッシュ)
  9. MONA(モナコイン)
  10. XLM(ステラルーメン)
  11. QTUM(クアンタム)
  12. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  13. IOST(アイオーエスティー)
  14. ENJ(エンジンコイン)
  15. OMG(オーエムジー)
  16. PLT(パレットトークン)
  17. XYM(シンボル)
  18. SAND(サンド)
レバレッジ -
仮想通貨入金手数料 無料
仮想通貨送金手数料(一例) BTC:0.0005BTC
ETH:0.005ETH
XRP:0.15XRP
取引所手数料 Taker手数料:0.000%
Maker手数料:0.000%
販売所手数料

取引手数料:無料
手数料相当額:0.1〜5.0%
(カバー先又は当社取引所の価格に対して)
※価格の急変時や市場の流動性などにより、上記を超える手数料相当額を含んだ売買価格を提示する場合があります。

日本円入金手数料

銀行振込:通常無料(振込手数料はお客様負担)
コンビニ入金:770〜1,018円
クイック入金:770〜円

日本円出金手数料 407円

出典:Coincheck公式

今だけ!お得なキャンペーン情報
コインチェックキャンペーン
  • 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン※1

※1 2022年7月1日 00:00〜2022年9月30日 23:59 ・期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設 ・口座開設してから72時間以内に入金完了 対象の方全員に1,500円相当のBTCをプレゼント

出典:Coincheck公式サイト

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • 大手企業のGMOグループが運営
  • 全ビットコイン・アルトコインが1000円から購入可能
  • 多種多様なサービスで初心者から上級者まで満足できる

メタバースを始めるのにおすすめの国内仮想通貨取引所、2社目は「GMOコイン」です!GMOコインは証券・FXなどのサービスに積極的に参入している「GMOインターネットグループ」が運営しています。

ネットに強い会社というだけあって、強固なセキュリティ・運営体制を強みとしており、安心して利用することができます。

 オリコン顧客満足度ではNo.1を獲得しています。

またGMOコインではビットコイン・アルトコインを全22種類も取り扱っており、上級者から初心者まで幅広いニーズを満たしてくれることでしょう。

NFTマーケットプレイス「adam by GMO」を運営している会社ですので、メタバースで稼ぎたいという方にもおすすめです。

投資用の口座としては申し分ないでしょう。

GMOコインの基本情報

取引通貨数

22通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. BCH(ビットコインキャッシュ)
  4. LTC(ライトコイン)
  5. XRP(リップル)
  6. XEM(ネム)
  7. XLM(ステラルーメン)
  8. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  9. QTUM(クアンタム)
  10. ENJ(エンジンコイン)
  11. XTZ(テゾス)
  12. OMG(オーエムジー)
  13. DOT(ポルカドット)
  14. ATOM(コスモス)
  15. XYM(シンボル)
  16. MONA(モナコイン)
  17. ADA(カルダノ)
  18. MKR(メイカー)
  19. DAI(ダイ)
  20. LINK(チェーンリンク)
  21. FCR(FCRコイン)
  22. DOGE(ドージコイン)
レバレッジ 2倍
仮想通貨入金手数料 無料(マイナーに支払う手数料はお客様負担)
仮想通貨出金手数料 無料
販売所手数料 無料
取引所(現物取引)手数料

Maker:-0.01%
Taker:0.05%

Maker:-0.03%
Taker:0.09%

日本円入金手数料
  • 銀行振込:無料
    ※振込手数料の負担あり
  • 即時入金:無料
日本円出金手数料 無料(大口出金:400円)

出典:GMOコイン

今だけ!お得なキャンペーン情報
GMOコイン キャンペーン情報
  • 暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たる!※1
  • 暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる※1

※1 終了期間未定

出典:GMOコイン公式サイト

おすすめのメタバースサービスは?

ここまでメタバースについて解説してきましたが「どのメタバースサービスを使ったら良いの?」と悩んでいる方も多いでしょう。

この章ではおすすめのメタバースサービスをご紹介していきます。今回ご紹介するメタバースサービスは以下の5つです。

おすすめのメタバースサービス
  • Decentraland
  • The Sandbox
  • Enjin Network
  • Axie Infinity
  • Clucter

Decentraland

おすすめのメタバースサービス、1つ目は「Decentraland」です。Decentralandは非営利団体「Decentraland Foundation」によって運営されています。

Decentralandではメタバース空間の探索はもちろん、ユーザーの好きなように創作活動を楽しめる「クリエイター機能」が実装されています。

 作成したアイテムやアバター衣装はNFTとして取引することが可能です。

ゲームとして楽しむこともできますが、クリエイター機能をフル活用してお金を稼ぐこともできます。

仮想通貨「MANA」を利用して取引を行います。
仮想通貨MANAは2022年6月14日現在国内取引所での取り扱いはありません。そのため国内取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所に送金する必要があります。

The Sandbox

おすすめのメタバースサービス、2つ目は「The Sandbox」です!The Sandboxは2022年後半にリリースが予定されているメタバースサービスとなっています。

The Sandboxでは先ほどご紹介したDecentralandと同様に、プレイヤーがメタバース空間で自由にアイテムや土地を取引できるという特徴があります。

 スマホゲームとして先行リリースされており、世界中で4,000万DLを突破しています。

「Minecraft」のようなクリエイティブゲームが好きな方はハマること間違いないでしょう。

対応するのは仮想通貨「SAND」となっています。

サンドボックス(SAND)は、2022年5月24日からCoincheckが取り扱いを開始しています。

サンドボックス(SAND)取引が唯一できる国内取引所

CoincheckSANDを取引するなら、国内で唯一取り扱いがあるCoincheckに登録しましょう。

金融庁の暗号資産交換業者に登録されているCoincheckは、親会社が東証一部上場企業であるマネックスグループ株式会社であることからセキュリティ技術も非常に高く、安心・安全に取引が可能です。

Enjin Network

おすすめのメタバースサービス、3つ目は「Enjin Network」です!Enjin Networkは仮想通貨「EJN」を発行している会社によって運営されています。

Enjin Networkはメタバース空間で入手したアイテムなどをNFT化するという、メタバースサービスとしては少々異なる特徴を持っています。

 対応しているゲームタイトルは約40種類と非常に豊富です。

メタバース空間の資産をNFT化するだけでなく、超ビッグタイトル「Minecraft」と提携した「エンジンクラフト」というゲームをプレイすることも可能です。

現在、エンジンコインを取り扱う仮想通貨取引所は下記の3つです。

表は右にスクロールできます。

エンジンコイン取扱おすすめの取引所
名称 Coincheck DMM Bitcoin GMOコイン bitpoint
コインチェック DMMビットコイン GMOコイン BITPOINT
取扱銘柄数 18種類 19種類 22種類 16種類

特徴

約500円から購入可能!
・最短10秒でスマホ
から購入できる
・月々1万円から
自動積立できて
安定した投資が実現

・初心者、上級者で選べる
2つの取引モード
・数百円から始められる!
・有人LINEアカウントで
365日安心サポート

・国内最大級の銘柄取扱数
レバレッジ対応なので
資金効率が良い
取り引きが実現!
自動売買ができる!
・最低500円から自動購入&
積立ができる

・仮想通貨取引量国内No.1
・セキュリティ対策国内No.1
・AppStoreでのアプリ評価&
利用者の支持が高い!
TradingViewで60種以上の
テクニカル分析が可能

詳細
※2022年7月時点

Axie Infinity

おすすめのメタバースサービス、4つ目は「Axie Infinity」です!Axie Infinityは2018年にベトナムで生まれたメタバースサービスとなっています。

Axie Infinityの内容としては「Axie」と呼ばれるモンスターを集め、対戦させるゲームとなっています。またAxieを特定のエリアに配置し、素材を作ってアイテムを生成するといった遊び方もあります。

 日本人プレイヤーも非常に多いメタバースゲームとなっています。

ゲーム内通貨でETHが利用できるため、どの仮想通貨取引所を利用してもプレイしやすく、日本円への換金も簡単にできます。

海外ではAxie Infinityで生計を立てている人も存在します。

Clucter

おすすめのメタバースサービス、5つ目は「Clucter」です!Clucterは「引きこもりを加速する」というコンセプトを掲げています。

そのコンセプト通りClucterのメタバース空間を探索することはもちろん、ライブに参加したり、ビジネスを行ったりすることも可能です。

 渋谷を再現したメタバース空間も存在します。

パソコンがなくてもスマホとVRゴーグルさえあれば利用可能なので、試しにメタバース空間を体験してみたいという方にも最適でしょう。

Clucteは無料で登録できます。

メタバースを始める際に必要なもの・機材とは?

メタバースを始めるにあたって「高性能な機材を必要とするのではないか」と思っている方も多いでしょう。

メタバースを本格的に楽しみたいという方は、パソコン・VRゴーグルが必要です。高スペックなパソコンを利用する方が望ましいですが、普段使いのパソコンでも問題ありません。

 VRゴーグルと接続できるか事前に確認しましょう。

スマホでもメタバースは利用できますが、できることならパソコンを準備することをおすすめします。

スマホに対応しているメタバースもありますが、まだまだ少ないのが現状で、パソコンの方が操作性に優れています。

試しにスマホでも利用できるメタバースを利用してみるのも良いでしょう。

メタバースに関するよくある質問

メタバースとはどのようなものですか?
メタバースとはインターネット上に存在する「3次元仮想空間」を指します。メタは「高次・超越」、バースは「ユニバース」という意味を組み合わせた造語です。
メタバースについての詳細はこちらからチェックしてください。
メタバースはVRとは違うのですか?
メタバースとVRは全くの別物です。メタバースは3次元仮想空間そのものを指していますが、VRはその仮想空間をより立体的に楽しむための機材です。
メタバースはスマホでも利用できますか?
スマホに対応しているメタバースもありますが、まだまだ少ないのが現状で、パソコンの方が操作性に優れています。ですのでパソコンで利用することをおすすめします。
メタバースを始めるのに必要なもの・機材はありますか?
メタバースを本格的に楽しみたいという方は、パソコン・VRゴーグルが必要です。
メタバースの始め方を教えてください。
メタバースの始めるには仮想通貨取引所に口座を開設する→ウォレットに送金→メタバースサービスに登録の手順を踏みましょう。
詳しい始め方はこちらからチェックしてください。
おすすめのメタバースサービスはありますか?
おすすめのメタバースサービスとしてはDecentraland、The Sandbox、Enjin Network、Axie Infinity、Clucterなどが挙げられます。

まとめ

今回はメタバースの始め方やおすすめのメタバースサービスなどを解説してきました。メタバースは3次元の仮想空間のことで、パソコン・スマホとVRゴーグルがあれば始めることができます。

仮想空間での取引を行う上で仮想通貨のウォレットが必要となりますが、基本的には無料で取得可能です。メタバースは今までにない新たな体験を味わうことができますので、ぜひ一度試してみてください。

意外と簡単に始められることがお分かりいただけたでしょう!

関連記事

仮想通貨(暗号資産)銘柄別
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事