LINE BITMAXの口コミ評判を徹底解説|デメリットや注意点も紹介

「LINE BITMAXってどんな取引所?」「登録した方が良いの?どんな人におすすめか知りたい!」あなたはこんな疑問を持っていませんか?

LINE BITMAXはLINEのアプリ内から気軽に取引できるのが魅力です。取引通貨数は6種類であることから、メジャーな仮想通貨を取引したい人に向いています。
※2022年5月24日時点。

この記事では、LINE BITMAXに登録した方が良い人や、メリットやデメリットを踏まえて詳しくまとめています。

LINE BITMAXの特徴が3分でわかりますので、ぜひご覧ください!

LINE BITMAXとは?どんな人におすすめ?

結論からお伝えすると、LINE BITMAXがおすすめなのは次のような人です。

LINE BITMAXに登録した方がいい人
  • LINEサービスをよく利用している
  • スマホから簡単に取引を行いたい
  • メジャー通貨しか取引しない
  • 仮想通貨貸出サービスを利用したい

LINE BITMAXなら、普段使っているLINEアプリから取引できます。また、LINE Payを利用することで入出金が簡単にできて、手数料も抑えられるため、LINEサービスを普段から使っている人に向いています。

ただし、取扱通貨数が6種類と少ないのがネック。ビットコインやイーサリアムなどメジャーな通貨は取引できるため、メジャー通貨しか取引しないなら問題ありません。
※2022年5月24日時点。ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リンク

また、LINE BITMAXは仮想通貨貸出(レンディング)サービスも行っており、保有している仮想通貨を取引しないときはLINE BITMAXに貸し出して増やすことができます。

もし返却を希望しても、最短当日〜7日に返還を受けられます。他社と違って一定期間固定で貸し出す必要がないため、仮想通貨の価格が変動したらスピーディーに売却ができるメリットがあります。

LINE BITMAXの評判/口コミ

次に、SNSにおけるLINE BITMAXの評判をまとめました。

LINE BITMAXの評判/口コミまとめ

それでは、実際の口コミを見ていきましょう。※引用元:twitter

NFTはLINE ビットマックス全振りで頑張る。楽チンだから。
操作性簡単だから国内の覇権をぜひ取ってほしい。取引機能のUIUX改善されたら本当に素晴らしい

LINE BITMAXではNFT取引が可能です。市場規模はOpenSeaなどと比べて小さいですが、日本語で操作できるので初めてNFTを始めてみたいと言った人には便利ですね。

板取引ないのはクソだけど、
LINE Payから入金できるLINEビットマックスは、メタマスクへの入金そこそこ早いのでは?

LINE BITMAXはLINE Payを使って簡単に入金できるため、その点では利便性が高いと言えるでしょう。

1年間LINEポイントをインデックスにぶっ込んで10%以上成果出たので、来年はBITMAXでLINK買って貸付ガチホするかと思ってやってみたが、板取引がなくて販売所形式のみで、スプレッドで6%もってかれてえげつなさ過ぎる。

LINE BITMAXは販売所のみで取引所がありません。取引所を利用することで手数料(スプレッド)が抑えられるので、他の仮想通貨取引所の開設も検討しましょう。

BITMAXって出金手数料かかるのな。LINE Payくらい無料で出金させろよ

LINE BITMAXはわずかですが、入出金に手数料がかかります。手数料無料の取引所もありますので、頻繁に入出金する人にとっては地味にマイナスポイントですね。

以下は当サイトでおすすめしている仮想通貨取引所の日本円の出金手数料の比較表です。DMM Bitcoin、BITPOINT、GMOコインは出金手数料が無料です。

表は右にスクロールできます。

日本円の出金手数料比較表
名称 Coincheck DMMBitcoin BITPOINT bitFlyer GMOコイン
日本円の
出金手数料
407円(税込) 無料 無料 220円~770円(税込) 無料

出典:各取引所の公式サイト(2022年5月24日時点)

LINE BITMAXの手数料

LINE BITMAXを利用しようと考えている方の多くは、「LINE BITMAXの手数料はどのようになっているのか」と疑問を抱えている方も多いでしょう。

LINE BITMAXでは取引手数料は無料に設定されています。取引手数料は仮想通貨を取引するたびにかかってしまうので、無料なのは魅力的ですね。

また利用する頻度の高い入出金手数料に関しては以下のように設定されています。

入金手数料 出金手数料
銀行口座 無料 400円(税込)
LINE Pay 無料 110円(税込)

LINE BITMAXでは入金手数料は無料ですが、出金する際には手数料がかかってしまいます。

入金手数料が無料になるのはLINE Pay残高からの入金、もしくはLINE Payに登録した銀行口座からのデビット入金をした場合となります。

各銀行所定の振り込み手数料はかかりますのでご注意ください。

LINE Payを利用することによって手数料を最小限に抑えることができますので、LINE Payユーザーの方は積極的に利用することをおすすめします。 

出金はLINE Pay残高への出金となりますので、現金として引き出すにはLINE Payからの出金作業も必要です。

LINE BITMAXで取引する4つのメリット

国内取引所は他にもたくさんありますが、その中でもLINE BITMAXを選ぶメリットは次の4つです。各メリットについて、もう少し具体的に解説します。

LINE BITMAXのメリット
  • LINEアプリから取引できる
  • 少額から投資できる
  • セキュリティが非常に高い
  • レンディングができる

(1)LINEアプリから取引できる

LINE BITMAXは、その名の通りLINEアプリから取引できます。

他の取引所だと、専用のアプリをインストールしなければならないため、余計なアプリを増やしたくないなら最適ですね。外出先で、ちょっとしたスキマ時間に売買することができます。

登録もLINEアプリからできるので、初心者でもサクッと仮想通貨取引を始められますね!

(2)少額から投資できる

LINE BITMAXは、わずか1円から仮想通貨投資を始められます。

LINE Payと連携していれば、残高をLINE BITMAXに入金したり、反対にLINE BITMAXからLINE Payに出金したりできるため、従来の取引所より気軽です。

仮想通貨はリスクがやや高いため、初心者は少額から取引してリスクを抑えると良いでしょう。

なお、すでにLINE Payに登録していれば本人認証なしで簡単に登録できますよ。

(3)セキュリティが非常に高い

LINE BITMAXはセキュリティが非常に高いのも特徴です。まず、顧客資産はコールドウォレットに保管されているため、ハッキングに遭って資金を失ってしまうリスクが抑えられています。

コールドウォレットとは?
ネットワークに繋がっていないウォレット(財布)のこと。ネットに接続しないため、外部からハッキングを受けることがない。

他にも、HSMという技術を用いて秘密鍵を管理しているため、不正に取引が改ざんされるようなことはありません。

数ある取引所の中でも、セキュリティは頑丈だと言えるでしょう。

(4)レンディングができる

LINE BITMAXは、通貨の売買だけでなくレンディングで利益を狙えます。

レンディングとは?
通貨を貸し出して利息を受け取る方法。放置するだけで利益が得られるが、預けた通貨は一定期間戻ってこない。

銀行に預けても、金利はせいぜい年間0.001%程度です。しかし、レンディングを利用すれば年率3〜5%程度は狙えるため、余っている通貨があればぜひ貸し出しましょう。

レンディングについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

取引に自信がなくても利益を狙えるのが初心者に嬉しいポイントです!

LINE BITMAXで取引する3つのデメリット

LINE BITMAXは手軽に利用できる便利な取引所ですが、次のようなデメリットも存在します。より具体的に解説していきます。

LINE BITMAXを利用するデメリット
  • 取扱銘柄数が少ない
  • 取引所がなくスプレッドも広い
  • レバレッジ取引に対応していない

(1)取扱銘柄数が少ない

LINE BITMAXの取扱通貨は、以下の6種類です。※2022年5月24日時点

取扱通貨数
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リンク(LN)

参考までに、他の大手取引所と比較してみましょう。

表は右にスクロールできます。

取り扱い銘柄数ランキング
GMOコイン
Coicheck
DMM Bitcoin
bitFlyer
BITPoint
GMOコイン コインチェック DMMビットコイン bitFlyer BITPOINT
取扱銘柄数
※2022年4月時点
20種類 17種類 19種類 15種類 12種類

取扱銘柄

▼銘柄をチェック
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
BCH(ビットコインキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
XRP(リップル)
XEM(ネム)
XLM(ステラルーメン)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
OMG(オーエムジー)
XTZ(テゾス)
QTUM(クアンタム)
ENJ(エンジンコイン)
DOT(ポルカドット)
ATOM(コスモス)
ADA(カルダノ)
MKR(メイカー)
DAI(ダイ)
LINK(チェーンリンク)
XYM(シンボル)
MONA(モナコイン)
▼銘柄をチェック
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
ETC(イーサリアムクラシック)
LSK(リスク)
XRP(リップル)
XEM(ネム)
LTC(ライトコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
MONA(モナコイン)
XLM(ステラルーメン)
QTUM(クアンタム)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
IOST(アイオーエスティー)
ENJ(エンジンコイン)
OMG(オーエムジー)
PLT(パレットトークン)
SAND(サンド)
▼銘柄をチェック
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
ETC(イーサリアムクラシック)
XRP(リップル)
BCH(ビットコインキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
XLM(ステラルーメン)
XEM(ネム)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
QTUM(クアンタム)
OMG(オーエムジー)
MONA(モナコイン)
XTZ(テゾス)
ENJ(エンジンコイン)
XYM(シンボル)
トロン(TRX)
カルダノ(ADA)
ポルカドット(DOT)
アイオーエスティー(IOST)
▼銘柄をチェック
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
ETC(イーサリアムクラシック)
LTC(ライトコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
MONA(モナコイン)
LSK(リスク) XRP(リップル)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
XLM(ステラルーメン)
XEM(ネム)
XTZ(テゾス)
DOT(ポルカドット)
LINK(チェーンリンク)
XYM(シンボル)
▼銘柄をチェック
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
BCH(ビットコインキャッシュ)
XRP(リップル)
LTC(ライトコイン)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
TRX(トロン)
ADA(エイダ)
JMY(ジャスミー)
DOT(ポルカドット)
LINK(チェーンリンク)
DEP(ディープコイン)

※2022年5月25日現在。銘柄数が同一の場合は当サイトからの申込件数上位順に並べています。

LINE BITMAXは他の取引所と比べると寂しいラインナップのように見えますが、ビットコインやイーサリアムなど主要コインは最低限揃っているため、メジャー通貨から取引したいと考えている初心者なら困らないでしょう。

物足りない場合は、18種類の仮想通貨を取引できアプリの使いやすさが評判のCoincheckと併用するのも一つの手ですよ。

(2)取引所がなくスプレッドも広い

仮想通貨の取引方法には、販売所と取引所があります。

取引所とは?
仮想通貨取引所ではなく、ユーザー同士でやり取りする方法。スプレッドを取られることなく取引できるため、こちらの方がお得。

販売所は仮想通貨取引所とやり取りする方法で、操作は簡単ですがスプレッドを取られます。LINE BITMAXには販売所しかないため、常に高額なスプレッドを取られるのが非常に痛い点です。

初心者がお試しで仮想通貨を買うくらいならともかく、本格的な取引には向きません。

さまざまなアルトコインを取引所で売買したいなら、BITPointがおすすめです!

(3)レバレッジ取引に対応していない

LINE BITMAXはレバレッジ取引に対応していません。

レバレッジ取引とは?
レバレッジをかけることで、自分の手持ち資金の何倍もの取引ができるようになる取引方法。

レバレッジを高めれば、少額から大きな利益を狙うことも可能です。例えば、ビットコイン取引で1,000円利益が出た場合、レバレッジを2倍にしていれば利益も倍の2,000円になります。

とはいえ、レバレッジ取引は初心者にとってリスクが高すぎるため、あまり気にする必要はないかもしれません。

本格的にレバレッジ取引をしたいなら、対応通貨が豊富なGMOコインがおすすめです!

LINE BITMAXではNFTが利用可能になる

2021年6月、独自トークン「LINK」を用いてNFTが利用可能になりました。

そもそもNFTとは?
Non-Fungible-Token(非代替トークン)の略。画像データの取引履歴をブロックチェーンで記録することで、代替不能なコンテンツを生み出す技術。

市場は海外のOpenSeaなどと比べて非常に小さいです。しかし、複雑な手順を踏まずにNFTに触れることができますし、イーサリアムを用いたプラットフォームと違ってガス代もかかりません。

なお、NFTについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、興味のある人はぜひ参考にしてください!

初心者が仮想通貨取引を始める際の4つのポイント

仮想通貨はリスクも大きい投資対象です。特に初心者は、次の4点に注意して取引しましょう。

初心者が取引する際の注意点
  • 余剰資金から投資する
  • メジャー通貨から取引する
  • 取引量の増える時間帯は避ける
  • 慣れてきたら他の取引所も検討する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)余剰資金から投資する

仮想通貨に限らず、投資は余剰資金で行うのが鉄則と言えます。なぜなら、どんな安定した投資方法でも常にリスクは付き物だからです。

株にせよ為替にせよ、将来の値動きはどんな専門家にもわかりません。ましてや、仮想通貨は他の投資対象よりも値動きが激しい傾向にあり、著名人のちょっとした発言で高騰・暴落することも多々あります。

こういったボラティリティの大きさを踏まえ、常に失っても問題ない範囲内での投資を忘れないようにしましょう。

欲張って投資した結果暴落し、泣きを見る人は後を断ちません。

(2)メジャー通貨から取引する

初心者はまずメジャー通貨から取引することをおすすめします。というのも、マイナーなアルトコインは値動きが大きく、リスクも高くなるからです。

確かに、マイナーなコインには夢があります。今まで見向きもされていなかった通貨があるきっかけで注目され、一気に高騰するといったことも珍しくありません。

しかし、高騰した後反動で暴落して戻らないこともありますし、一生底値をウロウロしたまま戻ってこないことも多々あります。

リスクを考えると、ビットコインやイーサリアムなどの方がおすすめです。

(3)取引量の増える時間帯は避ける

LINE BITMAXで取引する際は、取引量の増える時間帯は避けましょう。なぜなら、LINE BITMAXには販売所しかなく、常にスプレッドが発生するからです。

スプレッドは固定ではなく、相場によって変動します。例えば、仮想通貨に関するニュースが発表された際など取引量の増えるタイミングはスプレッドも広がるため、損してしまいます。

逆に、取引が落ち着いているタイミングで取引すれば、スプレッドを抑えることも可能です。

損をしたくないなら、スプレッドには気を遣いましょう!

(4)慣れてきたら他の取引所も検討する

LINE BITMAXに慣れてきたら、他の取引所も検討しましょう。というのも、LINE BITMAXはスプレッドが広すぎます。

さらに取引所もなく取り扱っている仮想通貨の種類も少ないため、取引の快適性においては他の取引所に劣ると言わざるを得ません。

したがって、より本格的に取引するなら他の取引所に乗り換えていきましょう。

例えば、より多くの通貨を扱いたいならCoincheck、取引所メインで売買したいならbitbankといった具合です。なお、次項ではおすすめの仮想通貨取引所を紹介しています。

国内だけで見ても、優秀な取引所はたくさんあります。これから仮想通貨取引を始めるなら、ぜひ参考にしてください!

LINE BITMAXと徹底比較!おすすめの仮想通貨取引所5選

Coincheck
DMM Bitcoin
BITPoint
bitFlyer
GMOコイン
コインチェック
DMMビットコイン
BITPOINT
ビットフライヤー
GMOコイン
取引所手数料
無料
無料※1
BitMatch取引手数料を除く
無料
約定数量 × 0.01 ~ 0.15% (単位: BTC)
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料
無料
無料
無料
無料
無料
レバレッジ
-
2倍
-
2倍
2倍
最低取引額
約500円〜
約1000円〜
約500円〜
約1円〜
約180円〜
取引通貨数
17種類
19種類
12種類
15種類
20種類
キャンペーン
2,500円相当のビットコインプレゼント
2022年6月30日まで
新規口座開設で
もれなく2,000円
プレゼント
新規口座開設で
3,000円相当
暗号資産を
プレゼント
毎日最大10名に1,000円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム
暗号資産の購入で
現金1,000円
プレゼント
(毎日抽選10名)

これから仮想通貨投資を始めてみようと考えている方にとって、どの仮想通貨取引所を利用するかは大切なポイントになってきます。

現在、金融庁に登録されている安全な仮想通貨取引所は31社存在しますが、ご自身にとって最適な取引所は何を基準に選ぶべきか迷ってしまいますね。

そこで、今回は当サイトでおすすめしている取引所を厳選してピックアップ。

いずれの取引所も特長が異なりますので、徹底比較して開設を検討してくださいね。

※2022年6月時点

おすすめの暗号資産取引所3選

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴

Coincheckは、親会社が東証一部上場企業のマネックスグループ。セキュリティ技術が高く、安心安全に取引を行えるでしょう。

特におすすめなのがCoincheckアプリです。シンプルな設計で見た目の使いやすさに優れているのが特徴で一目で使い方が分かるので、投資初心者の方でもすぐに使いこなせるでしょう。

 2021年上半期「国内の仮想通貨取引アプリ」部門では、ダウンロード数No.1※1となっており、ユーザビリティが評判です。

アプリ内では500円から取引可能なので「大きな額を投資するのは怖い」「はじめての投資だからまずはお試しでやりたい」という方にも最適です。

各チャートにはチャット機能が用意されており、投資家のコミュニケーションが活発に行われています。参考にすると良いでしょう。

さらにコインチェックでは仮想通貨取引初心者におすすめなCoincheckつみたてと呼ばれる自動積立サービスがあります。

「毎日チャートは追えない、難しいことは分からない」という方でも、 一定額を毎月自動で投資してくれるので着実に仮想通貨を増やしていきたいという方にもおすすめです。

Coincheckつみたても15通貨※2対応可能で、他の通貨も順次追加が予定されています。

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取引通貨数

17種類

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. LSK(リスク)
  5. FCT(ファクトム)
  6. XRP(リップル)
  7. XEM(ネム)
  8. LTC(ライトコイン)
  9. BCH(ビットコインキャッシュ)
  10. MONA(モナコイン)
  11. QTUM(クアンタム)
  12. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  13. IOST(アイオーエスティー)
  14. ENJ(エンジンコイン)
  15. OMG(オーエムジー)
  16. PLT(パレットトークン)
  17. XYM(シンボル)
レバレッジ レバレッジなし
送金手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 通常無料
出金手数料 一律407円

今だけ!お得なキャンペーン情報
Coincheckキャンペーン情報
  • 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン※1
  • Coincheckつみたてで3ヶ月間継続して積み立てた方もれなく全員に最大1万円分のビットコインをプレゼント中!※2

※1 2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59 ・期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設 ・口座開設してから72時間以内に入金完了 対象の方全員に2,500円相当のBTCをプレゼント

※2 2022年6月12日 0:00 〜 2022年7月10日 23:59

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。DMM.comグループ全体では年間に2,000億円以上の売上を超える大企業です。

特にDMM Bitcoinは、レバレッジ取引が魅力。国内最多級の21通りもの組み合わせで仮想通貨取引が可能です。土日祝日含め365日LINEやメールでのサポート体制をとっているので、仮想通貨(仮想通貨)初心者でも安心して取引できます。

DMM Bitcoinの独自の注文方法にBitmatch注文という仕組みがあります。

 『BitMatch注文』は、DMM Bitcoinが提示する価格を参考に、30秒間「ミッド(中値)価格」で取引が成立できるシステムです。

取引所のようにマッチングするのは売り手と買い手ですが、約定相手はDMM Bitcoinとなります。通常販売所ではスプレッドがあり、見えない手数料が大きくかかりますが、BitMatch注文なら最小限に抑えられるのです。

販売所形式と取引所形式の良いところを取ったハイブリッド注文方法と言えるでしょう。

DMM Bitcoinの基本情報

取引通貨数

19通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. XRP(リップル)
  5. BCH(ビットコインキャッシュ)
  6. LTC(ライトコイン)
  7. XLM(ステラルーメン)
  8. XEM(ネム)
  9. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  10. QTUM(クアンタム)
  11. OMG(オーエムジー)
  12. MONA(モナコイン)
  13. XTZ(テゾス)
  14. ENJ(エンジンコイン)
  15. XYM(シンボル)
  16. TRX(トロン)
  17. カルダノ(ADA)
  18. ポルカドット(DOT)
  19. アイオーエスティー(IOST)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
※BitMatch取引手数料は2円〜
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込 : 無料
    ※銀行手数料の負担あり
  • クイック入金 : 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
DMM Bitcoinキャンペーン情報
  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン※1
  • 400名に当たる!最大1万円プレゼント!入金&取引キャンペーン※2
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン(第10弾)※3


※1 期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分まで

2022年5月25日(水)7時00分~2022年7月1日(金)6時59分

2022年6月1日(水)~2022年7月29日(金)土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始となります。

詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ

出典:DMM Bitcoin公式サイト

※1 2022年3月現在、国内仮想通貨交換業者のWEBサイト調べ

※3 スマホでスピード本人確認を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

BITPOINT(ビットポイント)の特徴
  • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
  • 各種手数料が無料
  • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの大手にはないアルトコインが取引できるのが最大の特徴です。

 トロン(TRX)エイダ(ADA)ジャスミー(JMY)など大きな話題になった通貨も取り扱っています。

またビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・ベーシックアテンショントークン(BAT)などのレンディング(貸仮想通貨サービス)も可能です。

レンディングをすれば保有通貨を取引所に一定期間貸しておくだけで賃借料を受け取れるので、アルトコインでコツコツ投資をしたい人におすすめです。

この機会にぜひ口座開設をしてお得に仮想通貨を手に入れましょう。

BITPOINTの基本情報

取引通貨数

12通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. BCH(ビットコインキャッシュ)
  4. XRP(リップル)
  5. LTC(ライトコイン)
  6. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  7. TRX(トロン)
  8. ADA(エイダ)
  9. JMY(ジャスミー)
  10. DOT(ポルカドット)
  11. LINK(チェーンリンク)
  12. DEP(ディープコイン)
レバレッジ -
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPOINTキャンペーン
  • 期間中に口座開設で1,000円相当のDEPをプレゼント
  • 口座開設後、期間中に20,000円相当のDEP購入した方に2,000円相当のDEPをプレゼント
  • 合計最大で3,000円相当をプレゼント

キャンペーン期間:2022年5月31日(火)16:00~2022年6月30日(木)16:00

bitFlyerの特徴
  • ビットコイン取引量国内6年連続No.1※1
  • 15種類のアルトコインを取引可能
  • 各種取引手数料が無料
  • 1円から仮想通貨を購入できる
  • 7年以上ハッキング0

bitFlyerは株式会社bitFlyerによって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、「ビットコイン取引量国内6年連続No.1」※1となっています。

bitFlyerでは1円から仮想通貨を購入することが可能です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

ビットコインはもちろん、イーサリアムやリップルなどの主要アルトコインも1円から購入できます。

 アルトコインは販売所での取り扱いがメインとなっています。

またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、7年間1度もハッキング被害に遭っていません。利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

大手仮想通貨取引所ならではの手厚いサービスが受けられますので、口座を開設しておいて損はない取引所と言えるでしょう。

新規口座開設は最短10分で完了します。

bitFlyerの基本情報

取引通貨数

15種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XTZ(テゾス)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 0.01 ~ 0.15%
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料(BTC)※bitWireを除く 0.0004BTC
入金手数料
  • 住信SBIネット銀行からの入金:無料
  • 住信SBIネット銀行以外からの入金:330 円(税込)
出金手数料
  • 三井住友銀行への出金:220円〜440円(税込)
  • 三井住友銀行以外への出金:550円〜770円(税込)

今だけ!お得なキャンペーン情報
bitFlyerキャンペーン情報
  • 毎日最大 10 名様に 1,000 円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム※1

※1 2020 年 7 月 1 日(水)午前 00 時 00 分~終了期間未定

出典:bitFlyer公式サイト

※1 2016〜2021年Bitcoin日本語情報サイト調べ

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの特徴
  • 取扱銘柄数国内No.1※1 
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
  • 各種手数料が無料

GMOコインは「GMOインターネットグループ」によって運営されている仮想通貨取引所です。

 GMOインターネットグループは東証プライム上場企業で、グループ内で積み上げてきた金融サービスノウハウ・高性能なセキュリティを駆使して、利用者が安心・安全な取引を行えるサービスを目指しています。

GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、取扱銘柄数は国内No.1※1となっています。

ビットコイン・イーサリアム・リップルなどのメジャー銘柄はもちろん、コスモスやダイなど他の取引所ではなかなかみられないようなアルトコインも取り扱っています。

取り扱い銘柄が多いと分散投資の選択肢も広がります。

また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できるつみたて仮想通貨を提供しています。

つみたて仮想通貨は毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれるので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

毎月500円から、ビットコインなど18銘柄に投資することができます。

GMOコインの基本情報

取引通貨数

20種類

  • BTC(ビットコイ)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料
  • 現物取引:Maker:-0.01%
  • Taker:0.05% ・レバレッジ:無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料※銀行手数料の負担あり
出金手数料 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
GMOコイン キャンペーン情報
  • 暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たる!※1
  • 暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる※1

※1 終了期間未定

出典:GMOコイン公式サイト

※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

LINE BITMAXについてよくある質問

LINE BITMAXはどんな取引所?
初心者が手軽に取引できる取引所です。
仮想通貨の種類は少ないですが、普段使っているLINEアプリから取引できて、入出金もLINE Payでスムーズに行えます。
LINE BITMAXの取扱銘柄数は?
2022年4月現在、6種類の仮想通貨を取り扱っています。
CoincheckやbitFlyerなど、他の取引所と比べると非常に少ないですが、ビットコインなどメジャーだけ通貨を取引するなら問題ありません。
LINE BITMAXの手数料は安い?
BitPointの手数料は平凡です。
入手金はLINE Payを使っても110円かかりますし、取引所がなく常に高額なスプレッドがかかります。
本格的な取引にはまるっきり向いていないと言えるでしょう。
LINE BITMAXのデメリットは?
スプレッドが広いうえに取引所がない点です。
LINE BITMAXで取引する限り、常に高額なスプレッドを取られます。
多額の仮想通貨を購入する、頻繁に取引するといった人は別の取引所を使った方が賢明です。

まとめ

LINE BITMAXは、仮想通貨入門に最適の取引所です。

普段使っているLINEアプリから取引できますし、入出金もLINE Payから行えるため、気軽に投資を始められます。セキュリティが強固で、安心して資金を預けられるのもポイントですね。

とはいえ、取引所に対応していない上にスプレッドも広く、取扱通貨も少ないなど、他の取引所と比べて劣る部分が多いのも事実です。

これらの特徴を踏まえ、LINE BITMAXがおすすめなのは次のような人です。

LINE BITMAXに登録した方が良い人
  • LINEサービスをよく利用している
  • スマホから簡単に取引を行いたい
  • ビットコインなどメジャー通貨しか取引しない

LINE BITMAXなら、初心者でも簡単に仮想通貨取引を始められます。

LINEをよく利用していて、ビットコインやイーサリアムだけ取引したい、とりあえず仮想通貨に触れてみたいという人は、ぜひLINE BITMAXに登録してみましょう!

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事