ジャスミーコインは今後値上がりする?将来性を徹底解説【最新情報】

仮想通貨のジャスミーコインは、個人情報の分散管理を目標とする仮想通貨です。

今までになかった画期的な取り組みではありますが、2022年5月現在は時価総額が小さくて成長段階にある仮想通貨ですので、投資は慎重に検討しなくてはいけません。

この記事では、仮想通貨のジャスミーコインについて、どんな仮想通貨なのか基本的な情報や、ジャスミーに投資すれば儲かるのか、今後の値動きや将来性を徹底解説しています。

ジャスミーを購入すべきか分かりますので、ぜひ最後までご覧ください!
ジャスミーが買える唯一の取引所

BITPOINT

日本国内で唯一ジャスミーが購入できるBITPointは、現物取引や口座開設手数料、即時入金手数料などにかかるべての手数料が無料で利用できます。
また、1,000種類以上も存在する仮想通貨銘柄からビットコインはもちろん、信頼性が高く将来性が期待できるアルトコインなど合計12種類の取引が500円以下から可能。
ジャスミー以外のメジャーな銘柄も豊富に取り扱っているため、初心者はもちろん上級者の方にもおすすめの取引所です。

今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPointキャンペーン情報
  • 3種の暗号資産BTC・ETH・IOSTがもらえる口座開設キャンペーン※1
  • 100,000JMY以上の入金で10名様に10万円相当のJMY(ジャスミー)をプレゼント!※2

※1 期間:2022年4月28日(木)16時 ~ 2022年5月31日(火)16時まで。期間中に、口座開設が完了した方。1,000円相当のBTCか、ETHか、IOSTの合計で3,000円相当をプレゼント

※2 2022年4月25日16時〜2022年5月31日16時/期間中に、100,000JMY以上の入金をされた方/100,000JMYの入金毎に、1口分の当選確率がアップ!抽選で10名に10万円相当のJMYをプレゼント

仮想通貨ジャスミーコインとはどんな仮想通貨?

仮想通貨ジャスミーコインは、「ジャスミー株式会社」によって発行されたトークン(既存のブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨で、ERC20規格に則っています。

ERC20規格とは?
トークンのサービスを統一するための規格。イーサリアムの開発をよりスムーズにするため作られました。

ビットコイン等と同じ「ブロックチェーン技術」に「IoT技術」を掛け合わせ、データの民主化を目指しています。

現在のネット社会では、ユーザーの個人情報が大企業(Google等)に管理されていますよね。このような情報の独占を終わらせて情報を本来持つべき個人に戻す、つまりは分散管理を行うのが目的です。

元々はマイナーなアルトコインのひとつでしたが、2021年に本格的に仮想通貨取引所への上場を進めたことで話題となりました。

従来の仮想通貨と違うジャスミーコインの特徴5つ

従来の仮想通貨と違うジャスミー(JMY)の特徴5つ

 

ジャスミーは従来の仮想通貨と比べ、次のような特徴があります。それぞれ詳しく解説します。

(1)日本で作られた仮想通貨

ジャスミーは日本で作られた珍しい仮想通貨です。

ビットコインやイーサリアムを始め、現在時価総額上位にある銘柄の多くは海外で作られています。しかし、ジャスミーはソニー株式会社の安藤氏が設立した「ジャスミー株式会社」によって開発されました。

当然開発者は日本人で、経営陣の多くはソニー株式会社の関係者です。現状、有名な仮想通貨の中である程度知名度があるのはMONA(モナコイン)くらいです。

将来的に、ジャスミーが日本を代表する仮想通貨と呼ばれるようになるかもしれません。

(2)データの民主化を目指している

ジャスミーはテータの民主化を目指しています。つまりは、企業が情報を独占する現状を変えようというわけですね。

ジャスミー公式サイトには、次のように記載されています。

私たちは個人のデータを再び本来の持つべき個人の手に戻し、セキュアな状態で分散管理する「データの民主化」を実現することを基本思想としています。

引用:ジャスミー

現在、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)などの大企業によって、個人情報が独占されている状態です。

ジャスミーでは、個人データを個人の元に戻して分散管理する「データの民主化」をしようと考えています。

データの民主化という取り組みは今までになかった動きですね。

(3)SKG/SGの2つのコアサービスがある

(3)SKG/SGの2つのコアサービスがある

ジャスミーにはSKG/SGという2つのコアサービスがあります。

「SKC (Secure Knowledge Communicator)」は、さまざまなデータを個人のものとして管理できるサービスのこと。具体的には、上記の3つのサービスに分けられます。

「SG (Smart Guardian)」とは、IoTデバイスを独自のブロックチェーンに記録するシステムのこと。

分散管理型のストレージと独自のブロックチェーンで、情報を安全に管理できます。

(4)ロードマップが定められている

ジャスミーには次のようなロードマップが定められています。

ジャスミーのロードマップ
  1. 普及期
  2. 価値成長期
  3. エコシステム拡大期
  4. データマーケットプレイス確立期

最終的には、ジャスミーの提供するプラットフォーム上で安全に情報が共有・管理されることを目的としています。

仮想通貨にとって、将来性があるかどうかは重要なポイント。実現するかは別として、しっかりロードマップが定められていて安心できます。

少なくとも、なんの目的もなく作られた通貨でないことはわかるでしょう。

個人データで報酬を得られる

ジャスミーコインの特徴としては個人データで報酬を得られるという点です。通常の仮想通貨で報酬を得るためには、価値のある商品を保有している必要があります。

しかしジャスミーコインでは労働や商品を提供する必要はなく、私たちが持っている「個人データ」に価値を見出しているのです。

 誰もが価値のあるデータを保有しており、報酬を獲得できるというシステムです。

ジャスミーコインでは上記のような経済圏を築くために4段階のロードマップを公開しており、段階的に普及を進めています。

ジャスミーコインのロードマップは公式サイトで掲載されています。

仮想通貨ジャスミーコインの懸念点2つ

ジャスミーコインは今後の成長が期待されている仮想通貨(仮想通貨)の1つですが、その将来を心配する声もあります。

この章ではジャスミーコインの懸念点について解説していきます。考えられる懸念点としては以下のようなものが挙げられます。

ジャスミーコインの懸念点
  • 違法に仮想通貨(仮想通貨)を販売していたという噂
  • 計画の多くが実験段階

違法に仮想通貨(仮想通貨)を販売していたという噂

ジャスミーコインには過去、違法に仮想通貨(仮想通貨)を販売していたという噂が広がっていました。

日本では仮想通貨取引所以外の業者が仮想通貨の販売を行うと違法になります。そのためジャスミーコインが違法に取引をしているという噂が流れたのです。

 ジャスミーコインはこの件を公式に完全否定しています。

このような噂が流れた理由としては「ジャスミーと提携している」というような嘘をつき、不正な取引を持ちかけた業者が存在することが考えられます。

ジャスミーコインが違法販売していたという事実は全くのデマですが、公式の声明を知らない人は、マイナスのイメージを持っている人もいるでしょう。

ジャスミーコインではこのような行為に対しては然るべき対応をとるという姿勢を見せています。

計画の多くが実験段階

ジャスミーコインは数多くの素晴らしいプロジェクトを発表しています。それが評判となり価格が高騰した事例もあります。

しかし素晴らしいプロジェクトを発表しているのですが、そのプロジェクトはほとんど実験段階だというのが現状です。

 プロジェクトが実現するという確証はありません。

ジャスミーコインの開発陣には非常に優秀な人材が揃っていますが、だからと言ってプロジェクトが全て実現するとは限りません。

プロジェクトがどれほど実現するかどうかは、ジャスミーコインの今後を大きく左右することでしょう。

プロジェクトが実現しないと価格が暴落する可能性もあります。

仮想通貨ジャスミーコインの現在のチャート

2022年5月現在、ジャスミーの価格は1JYM = 2円前後です。ジャスミーは2019年に開発されました。

2021年2月に最高値である565円を更新しましたが、その後は中国の規制などで仮想通貨全体が落ち目だったこともあり、大幅に下落。2021年6月から年明けまでは10円以下で停滞しています。

今後底値から上がってこない可能性もあるため、将来性を見据えた投資判断が必要になります。

仮想通貨ジャスミーコインのこれまでの値動きの要因4つ

ジャスミー(JMY)のこれまでの値動きの要因4つ

ジャスミーはこれまでに幾度も高騰・暴落を繰り返してきました。特に大きな値動きの要因となったのは、次の4つの出来事です。

それぞれ詳しく解説します。

(1)取引所への上場で最高値を記録

2021年2月、ジャスミーはMEXCという取引所へ上場しました。

当初、ジャスミーとしては初の上場だったので盛り上がりを見せ、投資家が殺到したことで最高値を記録しています。その後も以下の取引所で上場が続きました。

ジャスミーが上場した取引所
  • Gate.io
  • Jubi
  • Hoo
  • Bittrex

現在も、当初の最高値である565円を更新できていません。

(2)仮想通貨の下火により下落

ジャスミーは複数の取引所へ上場を果たしたことで、一時は注目を浴びました。しかし、その後はじわじわと下落していき、ビットコインの暴落に釣られてついに20円台を切ってしまいます。

アルトコインは、ビットコインの影響を根強く受けるもの。この下落は、ジャスミーに限らず多くの通貨が被った損害です。

(3)中国の規制によってさらに下落

2021年5月、中国当局は国内での仮想通貨サービスを全面禁止にしました。

それだけでなく、国内のビットコインのマイニング業者が強制的に電力供給を停止されて廃業に追い込まれ、仮想通貨全体に強烈な打撃を与えました。

ジャスミーの場合も例外ではなく、ビットコインや他のアルトコインと共に下落して10円台を切ってしまいます。

(4)BITPointへの上場

資格 試験

2021年10月、ジャスミーは国内取引所のBITPointに上場を果たしましたが、国内取引所への進出はこれが初です。

これまで、ジャスミーを購入するには海外取引所を利用する必要がありました。海外取引所はリスクもあってハードルが高かったため、初心者でも取引しやすくなったと言えるでしょう。

仮想通貨ジャスミーコインの将来性に関する4つのポイント

ジャスミー(JMY)の将来性に関する4つのポイント

 

ジャスミーを取引する人は、将来値上がりするのかどうか気になるでしょう。ジャスミーの将来性を考える際は、上記4つのポイントが重要になります。

もう少し具体的に解説します。

(1)ロードマップの実現

ジャスミーのロードマップが実現すれば、それが評価されて価格が上昇する可能性があります。ロードマップをもう一度おさらいしてみましょう。

ジャスミーのロードマップ
  1. 普及期
  2. 価値成長期
  3. エコシステム拡大期
  4. データマーケットプレイス確立期

まず、普及期ではコアであるSKG/SGの技術により、プラットフォームを利用するユーザーをの取り込みを開始。その次の価値成長期では、ユーザー数の更なる拡張やデータ量の増加を目指していきます。

エコシステム拡大期では個人データの価値を定着させ、ユーザーがデータを積極的に提供する状況を生み出すことで、データマーケットプレイスを実現させるという狙いです。

ロードマップの進捗によって、価格にも変化が現れるかもしれません。

(2)取り扱う取引所の増加

現在、国内でジャスミーを扱っているのはBITPointのみです。

しかし、今後より多くの国内取引所に上場すれば、より注目されて価格に影響を与えると予想されます。特に、Coincheck等の大手取引所へ上場すれば、価格に大きな影響を与えるでしょう。

BITPointにしか上場していない今を狙えば、大きな値上がりを期待できるかもしれません。

(3)データマーケットプレイスとしての価値向上

やはり最も重要なのは、データマーケットプレイスの価値向上ですね。

極端な話、ジャスミーの目指している「データの分散化」が大衆に受け入れられず、プロジェクトが挫折してしまえば値上がり益は狙えません。

ジャスミーは開発スピードがやや遅めです。

したがって、投資する際はデータマーケットプレイスがどのくらい浸透しているのか、将来性を見極める必要があります。

ジャスミーに限らず、将来性のない通貨にお金は集まりません。

(4)IoTの発展

(4)IoTの発展

ジャスミーコインの将来性に関するポイントとして、IoTの発展が挙げられます。ジャスミーコインはIoTプラットフォームとしての発展が期待されているのです。

 IoTとは家電などをインターネットに接続することで、暮らしを便利にする技術です。

IoTが発展していけば、個人情報を安全に管理できるプラットフォームとしてジャスミーコインに注目が集まる可能性もあります。

ジャスミーコインを唯一取り扱っている仮想通貨取引所

ジャスミーを取り扱っている国内取引所は、現在BITPointのみです。ジャスミーを取引したい場合、BITPointで口座開設しましょう。以下にBITPointの特徴を説明します。

 海外取引所でもジャスミーを扱っているところはありますが、海外の取引所は金融庁の許可を受けておらず、資金が守られる保証がないためおすすめできません。

※2022年5月確認時点

BITPoint(ビットポイント)

おすすめ仮想通貨取引所7選

BITPoint(ビットポイント)の特徴
  • 東証2部上場企業の子会社が運営
  • 各種手数料が無料
  • 他の取引所が対応していない珍しい通貨を扱っている
  • 500円以下から取引を始められる

BITPoint(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社が運営する取引所です。

特に珍しい通貨を取り扱っているのが特徴です。ジャスミーを始め、TRX(トロン)やADA(エイダコイン)などの珍しいコインを取り扱っており、すでにCoincheck等の口座を持っている人でも登録する価値は十分にあると言えるでしょう。

500円以下から取引を始められるので、「最初は不安だから少額で取引がしたい」という場合でも問題ありません。

BITPointの基本情報

取引通貨数

12通貨
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
BCH(ビットコインキャッシュ)
XRP(リップル)
LTC(ライトコイン)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
TRX(トロン)
ADA(エイダ)
JMY(ジャスミー)
DOT(ポルカドット)
LNK(チェーンリンク)
DEP(ディープコイン)

レバレッジ 2021年12月中旬をもって終了
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPointキャンペーン情報
  • 3種の暗号資産BTC・ETH・IOSTがもらえる口座開設キャンペーン※1
  • 100,000JMY以上の入金で10名様に10万円相当のJMY(ジャスミー)をプレゼント!※2

※1 期間:2022年4月28日(木)16時 ~ 2022年5月31日(火)16時まで。期間中に、口座開設が完了した方。1,000円相当のBTCか、ETHか、IOSTの合計で3,000円相当をプレゼント

※2 2022年4月25日16時〜2022年5月31日16時/期間中に、100,000JMY以上の入金をされた方/100,000JMYの入金毎に、1口分の当選確率がアップ!抽選で10名に10万円相当のJMYをプレゼント

出典:BITPoint公式サイト

初心者がジャスミーコインを取引する際の3つのポイント

仮想通貨取引には一定のリスクがあります。初心者がジャスミーを取引する際は、以下3つのポイントに注意しておきましょう。

ジャスミーを取引する際の3つのポイント
  • 余剰資金で投資する
  • 将来性を考えた上で投資する
  • 情報を細かくチェックしておく

(1)余剰資金で投資する

投資は必ず余剰資金で行いましょう。

将来どうなるか分からないのが、投資の怖いところです。増して、仮想通貨はまだまだ将来性が未知数な分野ですので、生活資金まで投入してしまうのは非常に危険だと言えるでしょう。

CoinMarketTop

チャートを見れば分かりますが、ジャスミーはこれまで何度も下落を繰り返していて、今後値上がりする保証はありません。

冷静に投資判断するため、失っても問題ない範囲内で投資を行いましょう。

(2)将来性を考えた上で投資する

ジャスミーを買うなら将来性を考えて投資しましょう。ジャスミーはまだまだ発展途上の通貨。この通貨を購入するということは、データの分散化というプロジェクトそのものに投資するのと同じことです。

したがって、ジャスミーの将来性がないと考えるのであれば、無理に投資する必要はありません。他にも将来性のある仮想通貨はたくさんあるため、別の通貨を探した方が良いでしょう。

マイナー通貨の値上がりを狙うなら、将来性が最も重要です。

(3)情報を細かくチェックしておく

仮想通貨投資をするなら情報収集が重要です。

ビットコインやイーサリアム等のメジャーなコインならともかく、マイナーなアルトコインはいつ高騰・暴落するかわかりません。開発者のちょっとした発言で、大幅に高等することも下落することも考えられます。

ジャスミーに投資する際は、常に開発者状況や仮想通貨のニュースをチェックしておきましょう。

自力で情報収集できない人は、マイナーなコインに手を出すべきではありません。

仮想通貨ジャスミーコインに関するよくある質問

ジャスミーはどんな仮想通貨?
データの分散化を目的とした通貨です。
現状、大企業が独占している個人データを本来持つべき個人に戻し、分散管理できるプラットフォームを目指しています。
ジャスミーに投資するメリットは?
ジャスミーはまだまだ発展途上の通貨です。
しかし、データマーケットプレイスが一般的に普及すればジャスミーも注目されるようになり、大きな値上がり益を狙える可能性があります。
ジャスミーに投資するデメリットは?
将来性が不安定なことです。
ジャスミーは過去565円の最高値を更新していますが、現在はそれよりも遥かに安い10円前後。将来性がないと判断されれば、二度と値上がりしないリスクもはらんでいます。
ジャスミーは将来的に値上がりするの?
将来の値動きを断言することはできません。
しかし、ジャスミーにはロードマップが用意されています。ロードマップの通りに開発が進んでプラットフォームを利用するユーザーが増えれば、値上がりする可能性はあります。
ジャスミーの現在価格はどうなっているの?

2022年1月現在、10円前後で推移しています。
2月には最高値を更新したものの、6月以降は仮想通貨全体が落ち込んだこともあって大幅に下落し、それ以降回復の兆しは見えていません。

ジャスミーへの投資はリスクが高い?
ややリスクが高いと言えるでしょう。
ジャスミーは将来性があるとはいえ、価格が上昇するかどうかは誰にもわかりません。
安定投資を求めるのであれば、ビットコインやイーサリアムなどのメジャー通貨への投資を優先した方が良いでしょう。

まとめ

ジャスミーはデータの分散化を目指して開発された通貨です。

現状、個人データのほとんどはGoogleなどの大企業が握っています。しかし、ブロックチェーンを用いてデータを所有者の元に戻すことで、より安全なデータ管理ができるプラットフォームを作るのが目的です。

ジャスミーに投資するなら、データの分散化に将来性を見出す必要があるでしょう。

なお、ジャスミーの将来の値動きに関するポイントは以下の3つです。

ジャスミーの将来性に関するポイント
  • ロードマップの実現
  • 取り扱う取引所の増加
  • データマーケットプレイスとしての価値向上

ジャスミーに限らず、仮想通貨取引には情報収集が重要です。

ジャスミーに関する情報をしっかり集めながら、将来性があるかどうか考えた上で投資判断を行いましょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事