つみたてNISAのおすすめ口座&銘柄ランキング!銘柄選びのポイントをわかりやすく解説

「つみたてNISAに最適の証券会社は?」
「どの銘柄を積み立てればいい?おすすめについて詳しく知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

つみたてNISAとは商品名ではなく、投資の税金が20年間非課税になる制度のことです。

証券会社によって扱っている銘柄やポイント制度等が異なるため、自分の投資方針に合ったプランを考える必要があります。

この記事では、つみたてNISAを始めようと考えているあなたに向けて、おすすめの銘柄や証券会社、そしてNISAとの違いまでわかりやすくまとめました。

どのようにつみたてNISAを始めればいいかわかりますので、ぜひご覧ください!

なお、つみたてNISAでおすすめの証券口座は「楽天証券」です。

手数料が安くてお得に投資できるだけでなく、取引画面が見やすく、初めて証券会社に登録する人でも使いやすくなっています。

これからつみたてNISAを始めるなら、まず楽天証券に登録すると良いでしょう。

つみたてNISAで銘柄を選ぶ際の3つのポイント

つみたてNISAの投資対象は、ほとんどが投資信託です。

投資信託は、顧客から資金を集めてまとめて運用するファンドのことで、誰でも簡単に分散投資できます。つみたてNISAでは金融庁が厳選した優良な投資信託に投資できるため、初心者でも安心ですよ。

とはいえ、どんな銘柄を選べばいいか悩むと思いますので、以下3つのポイントに沿って銘柄選びのポイントを見ていきましょう。

投資信託選びのポイント
  • 分散されているか
  • 手数料は十分に安いか
  • ファンドは安定しているか

(1)分散されているか

幅広く分散されている投資信託がおすすめです。

投資信託と言っても対象銘柄の範囲はさまざまで、例えば日本のみ、アメリカのみといった銘柄もあります。しかし、特定の国や業種にのみ投資する商品は、その国や業界がダメになると一気に下落してしまいます。

「全世界」や「先進国」など、幅広く投資できる商品を選ぶようにしましょう。

(2)手数料は十分に安いか

次に、信託報酬の安い商品を選ぶのがおすすめです。

投資において、手数料は非常に重要なもの。つみたてNISAは長期目線で積み立てていくものですから、仮に0.5%の違いでも大きな差が生まれます。

つみたてNISAの対象となる投資信託はどれも手数料が格安ですが、それでも少しずつ信託報酬は変わってきます。

できればより手数料の安いファンドを選びましょう。

(3)ファンドは安定しているか

ファンドの安定性も重要になってきます。

安定性を見るなら「純資産総額」を確認すると良いでしょう。純資産総額が大きければ大きいほど、多くの投資家から資金を集めているため、潰れにくいです。

純資産総額が小さいと運用に余裕がなく、コストが高くなったりファンド自体が打ち切られたりするリスクもあります。

純資産総額が少なすぎるファンドは避けるようにしましょう。

つみたてNISAでおすすめの銘柄10選

先に紹介した銘柄選びのポイントを踏まえ、おすすめのつみたてNISA銘柄を10個厳選して紹介します。

つみたてNISAでおすすめの銘柄
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)
  • 野村つみたて外国株投信
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
  • たわらノーロード日経225
  • eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

純資産総額 9,636億円
運用手数料(信託報酬) 0.0968%
トータルリターン(6ヶ月) 16.78%
トータルリターン(1年) 44.52%
トータルリターン(3年) 27.66%

リスクとリターンのバランスを取るなら、おすすめのファンドです。

S&P500とは、米国の最も代表的な指標。

AppleやAmazonなどの最先端企業をメインに、米国のさまざまな銘柄に投資できます。業種のバランスが良く、成長企業が多いためリターンもかなりのものです。

とりあえずひとつ銘柄を選ぶなら、eMAXIS Slim 米国株式を選ぶと良いでしょう。

(2)SBI・全世界株式インデックス・ファンド

純資産総額 90億円
運用手数料(信託報酬) 0.1022%
トータルリターン(6ヶ月) 8.45%
トータルリターン(1年) 31.32%
トータルリターン(3年) 21.45%

先進国をメインに分散投資したいなら、このファンドを選びましょう。

全世界株式ですが、全体の90%が先進国の株式です。費用が安くてリターンも高いため、とりあえず全世界株に投資したい場合の投資先に適しています。

分散投資しながら先進国に重きを置くなら、SBI・全世界株式インデックス・ファンドを選びましょう。

(3)楽天・全米株式インデックス・ファンド

純資産総額 4,733億円
運用手数料(信託報酬) 0.162%
トータルリターン(6ヶ月) 13.87%
トータルリターン(1年) 40.90%
トータルリターン(3年) 27.30%

リターン重視ならおすすめのファンドです。

米国株式をメインに運用しており、AmazonやFacebookを始めとした3,949銘柄に分散投資できます。成長企業も多いため、年率リターンは他のインデックスファンドよりも高めです。

値上がりを重視しているなら、楽天・全米株式インデックス・ファンドが最適だと言えるでしょう。

(4)eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

純資産総額 1,142億円
運用手数料(信託報酬) 0.1144%
トータルリターン(6ヶ月) 10.14%
トータルリターン(1年) 34.10%
トータルリターン(3年) 23.06%

日本を除いた世界中に投資したい人に向いています。

日本以外の先進国をメインに、中国や韓国などの新興国まで幅広く投資できます。現在活躍している企業に投資するなら、良い選択肢だと言えるでしょう。

日本経済に期待できない、または他のファンドですでに日本株に投資している人にもおすすめです。

(5)eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

純資産総額 2,989億円
運用手数料(信託報酬) 0.1023%
トータルリターン(6ヶ月) 12.90%
トータルリターン(1年) 38.35%
トータルリターン(3年) 24.80%

米国をメインにバランスよく投資したい場合におすすめです。

運用資産のおよそ70%が米国株式です。やや価格変動が激しい傾向にありますが、経済大国のアメリカの株が多めに配分されているため、トータルリターンは高めになっています。

外国株で大きなリターンを狙うなら、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスに投資しましょう。

(6)ニッセイ外国株式インデックスファンド

純資産総額 3,731億円
運用手数料(信託報酬) 0.1023%
トータルリターン(6ヶ月) 12.83%
トータルリターン(1年) 38.23%
トータルリターン(3年) 24.76%

コスト面を重視するならおすすめのファンドです。

信託報酬以外のコストは無料で、初期費用や解約に無駄なお金がかかりません。信託報酬も安く、仮につみたてNISAの満額40万円投資しても、年間のコストはわずか400円ほどです。

ローコストで運用したいなら、ニッセイ外国株式インデックスファンドを選びましょう。

(7)野村つみたて外国株投信

純資産総額 507億円
運用手数料(信託報酬) 0.209%
トータルリターン(6ヶ月) 10.12%
トータルリターン(1年) 34.01%
トータルリターン(3年) 23.02%

先進国の中〜大型株に投資するなら最適のファンドです。

MSCI ACWIという指数をベンチマークにしています。先進国株式が中心になっており、半導体業界の新興国株式も含まれているため、有望な株をカバーできます。

先進国株に投資して将来的に大きなリターンを得るなら、野村つみたて外国株投信を選ぶと良いでしょう。

(8)eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

純資産総額 1,312億円
運用手数料(信託報酬) 0.154%
トータルリターン(6ヶ月) 2.88%
トータルリターン(1年) 15.97%
トータルリターン(3年) 10.86%

株式以外にも分散したいならこのファンドを選びましょう。

他のインデックスファンドと異なり、債券やREITも入っているため、株式市場が落ち込んでもある程度損失を抑えられます。

リターンこそ株式に劣るものの、より安定運用を目指すならeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)に投資しましょう。

(9)たわらノーロード日経225

純資産総額 555億円
運用手数料(信託報酬) 0.187%
トータルリターン(6ヶ月) 0.73%
トータルリターン(1年) 6.35%
トータルリターン(3年) 14.79%

国内株のみに投資したいならおすすめのファンドです。

証券や銀行など、全国の金融機関73社の株式で構成されています。信託報酬は非常に安く、一般的なインデックスファンドよりもコストがかかりません。

全世界株式と比べてやや値動きは大きいですが、日本株に一気に投資するならたわらノーロード日経225が良いでしょう。

(10)eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

純資産総額 448億円
運用手数料(信託報酬) 0.154%
トータルリターン(6ヶ月) 3.46%
トータルリターン(1年) 12.57%
トータルリターン(3年) 12.51%

コストを抑えて国内株に投資するなら、このファンドが良いでしょう。

信託報酬が0.154%と非常に安いです。運用はトヨタやソニーなどの有名企業が上位になっているため、国内の有力企業に投資したい人に適しています。

トータルリターンは低めなので、安定運用を目指す人におすすめです。

つみたてNISAでおすすめ証券口座5選

つみたてNISAは証券口座によって少しずつ条件が異なります。特におすすめの証券会社は以下の5つです。

おすすめの証券会社
  • 楽天証券
  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 松井証券
  • auカブコム証券

それぞれ詳しく解説します。

楽天証券

おすすめポイント
  • とにかく扱いやすい
  • 楽天カード決済でポイントが貯まる
  • つみたてNISA銘柄のみを検索できる

扱いやすさなら楽天証券が一番です。

取引画面がとにかく見やすく、初心者でも安心して取引できます。さらに「投信スーパーサーチ」を利用すれば、つみたてNISA銘柄だけに絞って検索可能です。

また、楽天カード決済にすれば100円につき1ポイント貯まるため、長期的に見れば非常にお得に資産運用できます。

証券口座で迷っているなら、楽天証券で間違いありません。

積立方式 毎日or毎月
積立金額 100円から
引き落とし方法 証券口座に入金
銀行引き落とし
クレジットカード決済

出典:楽天証券

SBI証券

おすすめポイント
  • 投資スタイル判断が出来る
  • 三井住友カードで積立するとポイントが貯まる

投資スタイルに悩んでいるなら、SBI証券を選びましょう。

スマホアプリ「かんたん積立アプリ」で投資スタイルの判断ができるため、運用方法をどうしようか悩んでいる人も、適切なサポートを受けられます。

また、三井住友カードで積立することでポイントを受け取れるため、使っているカードによっては楽天証券ではなく、SBI証券もありです。

積立方式 毎日or毎週or毎月
積立金額 100円から
引き落とし方法 証券口座に入金
銀行引き落とし
クレジットカード決済

出典:SBI証券

マネックス証券

おすすめポイント
  • シミュレーションが使える
  • 運用額に応じてマネックスポイントがもらえる
  • ポイントはdポイントやTポイントなどと交換できる

投資方針が決まっていないなら、マネックス証券が最適です。

つみたてNISAとiDecoをシミュレーションできるため、どちらを選ぶべきか迷った際に活用できます。また、運用額に応じてdポイントやTポイントと交換できる「マネックスポイント」を受け取れます。

ただし、ポイントの倍率は楽天証券やSBI証券よりも低めです。

積立方式 毎日or毎月
積立金額 100円から
引き落とし方法 証券口座に入金
銀行引き落とし

出典:マネックス証券

松井証券

おすすめポイント
  • スマホから積立設定できる
  • 取り扱っている銘柄が多い
  • 保有額に応じて現金やポイントがもらえる

スマホから投資したいなら松井証券がおすすめです。

最大の特徴は「投信アプリ」から積立設定できること。取り扱っている銘柄数も多く、対象銘柄に限っては保有額に応じてポイントや現金を受け取ることができます。

パソコンを持っていない、もしくは設定が面倒な人は松井証券に登録すると良いでしょう。

積立方式 毎日or毎週or毎月
積立金額 100円から
引き落とし方法 証券口座に入金
銀行引き落とし

出典:松井証券

auカブコム証券

おすすめポイント
  • 投資信託の種類が多い
  • 銘柄選びに役立つサイトを公開している

銘柄数の多さで選ぶならauカブコム証券がおすすめです。

つみたてNISA対応の投資信託を多く取り扱っています。

また、銘柄選びに悩んでいる人向けに「FUNDS DRESS」というサイトを公開しており、初心者が銘柄を選ぶ際に役立ちます。

積立方式 毎日or毎月
積立金額 100円から
引き落とし方法 証券口座に入金
銀行引き落とし

出典:auカブコム証券

そもそもつみたてNISAとは

つみたてNISAは、投資額の全額が非課税になる制度。

同じ優遇税制に「NISA」というものもあり、次のような違いがあります。

NISA 積立NISA
非課税になる年数 5年 20年
1年あたりの非課税限度額 120万円 40万円

取扱商品の幅はNISA口座の方が多いです。

また、つみたてNISAは毎年の積立額が小さい分、年数が長めでトータルの非課税枠も多くなっています。

投資信託以外にも投資したい、毎月10万円以上積み立てしたいなら、NISA口座を選ぶのも良いでしょう。

つみたてNISAを利用する際の3つの注意点

つみたてNISAを選ぶ際は、以下の3点に注意しましょう。

つみたてNISAの注意点
  • 商品が限られている
  • 非課税枠には上限がある
  • 一度使った枠は復活しない

それぞれ詳しく解説します。

(1)商品が限られている

つみたてNISAは投資できる商品がかなり限られます。

実際には、ほぼ投資信託しか選択肢がありません。NISA口座ならより幅広い商品に投資できるため、投資信託だけでは物足りないという人には向かないでしょう。

投資スタイルによってNISA、つみたてNISAのどちらを選ぶべきか変わってきます。

(2)非課税枠には上限がある

つみたてNISAの非課税枠は年間40万円まで。

月で割ると、およそ毎月33,000円ずつしか積み立てられません。それ以上の額を投資したい人は一般口座を使うか、iDecoへの投資などを考えましょう。

なお、NISA口座とつみたてNISAはどちらか片方のみで、併用することはできません。

NISAからつみたてNISAは併用不可ですが、途中で切り替えることは可能です。

(3)一度使った枠は復活しない

つみたてNISAの枠は一度使うと復活しません。

例えば、投資信託Aに40万円投資して、それを売却して投資信託Bに投資し直したとしても、こちらは非課税にならないので注意です。

せっかくの非課税枠ですから、じっくり考えた上で投資することをおすすめします。

非課税枠はとても貴重ですから、どのファンドを積み立てるかよく考えた方が良いです。

よくある質問

つみたてNISAとは?
年間40万円まで、20年間の運用益が非課税になる制度です。
通常、投資の利益には一律20.315%の税金がかかりますから、これをなしにできるつみたてNISAは非常にお得だと言えるでしょう。
つみたてNISAの銘柄選びのポイントは?
初心者はより分散性の高い銘柄がおすすめです。
多くの国や業種に投資できる銘柄は、安定性が高くて下落リスクが低いため、長期的な運用に適しています。
つみたてNISAで証券会社を選ぶポイントは?
最も重要なのは銘柄数です。
つみたてNISAで投資できる銘柄は限られているため、取り扱い商品が少ないと投資しづらいと感じてしまいます。他には、ポイントが溜まってお得に投資できるところがおすすめです。

まとめ

つみたてNISAは20年間、毎年40万円まで投資の利益が非課税になる制度です。

普通に資産運用すると、利益に対して20.315%の税金がかかります。

つみたてNISAはこの税金をなしにできるので、非常にお得な制度。これから投資を始める人は、つみたてNISAから始めるのが最も賢明だと言えるでしょう。

銘柄選びの際は、以下の3点を意識することをおすすめします。

投資信託選びのポイント
  • 分散されているか
  • 手数料は十分に安いか
  • ファンドは安定しているか

なお、最もおすすめの証券会社は楽天証券です。

手数料が業界最安値クラス、運用でポイントがもらえる上に、他の証券口座よりも圧倒的に扱いやすいインターフェースが魅力です。

これからつみたてNISAを始めるなら、ぜひ楽天証券で口座開設しましょう!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事