ビットコイン・仮想通貨の始め方を初心者にわかりやすく解説します

2021年にはビットコインの価格が高騰したこともあり、仮想通貨投資に興味を持つ方も非常に増えている一方、仮想通貨やビットコインを始めたいけれど始め方ややり方が分からないという方も多くなっています。

そこで、今回は仮想通貨(ビットコイン)の始め方や購入する手順仮想通貨の購入に必須のおすすめ取引所について解説します。

「今から購入しても遅くないのか」についても説明しています。ぜひ最後までご覧ください。

仮想通貨取引の始め方|購入手順を徹底解説

仮想通貨取引所の口座を開設する

仮想通貨(ビットコイン)を購入する手順を徹底解説

まずは、取引所の口座を開設していきましょう。取引所によって多少の違いはありますが、口座開設を行うためのステップは、基本的に以下のようになります。

仮想通貨取引所口座開設手順
  • 新規登録画面でメールアドレスを登録する
  • メールアドレスに登録用のメールが届く
  • 移動した画面で個人情報の入力・本人確認書類を提出する
  • 自宅にハガキが届くので、必要なコードを入力する

このような手順で口座を開設することになります。用意するメールアドレスはgmailなどのフリーアドレスでまったく問題ありません。

また、本人確認書類としては、以下のようなものを使用できるのが一般的です。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 在留カード

これらの本人確認書類の中からどれか一つを提出すればOKです。ただ、利用可能な本人確認書類は取引所によって様々です。正確な情報は各取引所にアクセスし確認しましょう。

個人情報の入力・本人確認書類の提出後には口座開設審査が行われます。審査通過すると自宅に届いた書類が届きます。書類に記載の確認番号を入力すれば口座開設完了です。

口座開設時に郵送物の受け取りが不要の取引所もありますよ。

口座に入金する

仮想通貨(ビットコイン)を購入する手順を徹底解説

口座開設が終わったら次に入金をしていきます。入金の手段としては、一般的に以下の方法が利用できます。

銀行振込 銀行ATM・コンビニATMなどから入金する方法
コンビニ入金 取引所で入金手続きをし、コンビニで支払いを済ませる方法
オンラインバンキング入金 オンラインバンキングで入金する方法。リアルタイムで着金することが多い

中でもおすすめなのは、オンラインバンキング入金。取引所によって「即時入金」「クイック入金」など呼び方は様々ですが、24時間いつでもリアルタイムに入金可能なことが多いです。

 オンラインバンキングは入金手数料が無料になることも多いです。

仮想通貨を購入する

仮想通貨(ビットコイン)を購入する手順を徹底解説

入金が完了したら、仮想通貨の購入をします。購入可能な形式は以下の2通りになります。

取引可能な形式
  • 販売所
  • 取引所

販売所は業者と仮想通貨の売買を行いますが、取引所ではユーザー同士で取引をします。

販売所は操作が簡単で使いやすいメリットがあります。一方、スプレッドが発生するため取引コストが高くなるデメリットもあります。

 簡単に仮想通貨を売買できる代わりに、利用料金が多くかかるイメージです。

一方で取引所はスプレッドが無いため、取引コストを抑えられるメリットがあります。しかし、取引画面が若干複雑で、初心者には使いにくい可能性があるのがデメリットと言えます。

それぞれメリット・デメリットを理解して、使い分けるのがベストですね。

仮想通貨やビットコインはいくらから始められる?

投資と聞くと「多額の資金が必要なのではないか」と感じ、始めるのを躊躇してしまう方も多いでしょう。実は仮想通貨への投資は1000〜2000円からでも十分始めることができるのです。

 bitFlyerなど、取引所によっては1円から投資を始めることが可能です。

仮想通貨に投資を行う際は入金・取引手数料などが別で発生しますが、手数料が無料の取引所を利用すればさらに費用を抑えることができます。

「興味はあるけど怖くて手が出せない」という方は、とりあえず1000円程度投資してみて、どんな感じか確かめてみると良いでしょう。

最低購入金額、売買単位は取引所によって異なります。
当サイトでおすすめしている仮想通貨取引所の中で、最低取引額が最小のものからランキングにすると以下のとおりです。

表は右にスクロールできます。

1位 2位 3位 4位 5位
ビットフライヤー GMOコイン BITPOINT DMMBitcoin
最低取引額 約1円〜 約180円〜 約500円〜 約500円〜 約1,000円〜

※2022/05/13現在の情報を元にランキングを作成しています
※最低取引額が同額の場合、現時点で取扱銘柄数が多い取引所を上位表示しています

仮想通貨やビットコインの購入におすすめ取引所徹底比較!

Coincheck
DMM Bitcoin
BITPoint
コインチェック
DMMビットコイン
BITPOINT
取引所手数料
無料
無料※1
BitMatch取引手数料を除く
無料
販売所手数料
無料
無料
無料
レバレッジ
-
2倍
-
最低取引額
約500円〜
約1000円〜
約500円〜
取引通貨数
17種類
15種類
12種類
キャンペーン
2,500円相当のビットコインプレゼント
2022年6月30日まで
新規口座開設で
もれなく2,000円
プレゼント
2022年5月31日まで
新規口座開設で
3,000円相当
暗号資産を
プレゼント

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴

Coincheckは、親会社が東証一部上場企業のマネックスグループ。セキュリティ技術が高く、安心安全に取引を行えるでしょう。

特におすすめなのがCoincheckアプリです。シンプルな設計で見た目の使いやすさに優れているのが特徴で一目で使い方が分かるので、投資初心者の方でもすぐに使いこなせるでしょう。

 2021年上半期「国内の仮想通貨取引アプリ」部門では、ダウンロード数No.1※1となっており、ユーザビリティが評判です。

アプリ内では500円から取引可能なので「大きな額を投資するのは怖い」「はじめての投資だからまずはお試しでやりたい」という方にも最適です。

各チャートにはチャット機能が用意されており、投資家のコミュニケーションが活発に行われています。参考にすると良いでしょう。

さらにコインチェックでは仮想通貨取引初心者におすすめなCoincheckつみたてと呼ばれる自動積立サービスがあります。

「毎日チャートは追えない、難しいことは分からない」という方でも、 一定額を毎月自動で投資してくれるので着実に仮想通貨を増やしていきたいという方にもおすすめです。

Coincheckつみたても15通貨※2対応可能で、他の通貨も順次追加が予定されています。

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取引通貨数

17種類

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. LSK(リスク)
  5. FCT(ファクトム)
  6. XRP(リップル)
  7. XEM(ネム)
  8. LTC(ライトコイン)
  9. BCH(ビットコインキャッシュ)
  10. MONA(モナコイン)
  11. QTUM(クアンタム)
  12. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  13. IOST(アイオーエスティー)
  14. ENJ(エンジンコイン)
  15. OMG(オーエムジー)
  16. PLT(パレットトークン)
  17. XYM(シンボル)
レバレッジ レバレッジなし
送金手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 通常無料
出金手数料 一律407円

今だけ!お得なキャンペーン情報
Coincheckキャンペーン情報
  • 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン※1

※1 ※2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59 ・期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設 ・口座開設してから72時間以内に入金完了 対象の方全員に2,500円相当のBTCをプレゼント

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。DMM.comグループ全体では年間に2,000億円以上の売上を超える大企業です。

特にDMM Bitcoinは、レバレッジ取引が魅力。国内最多級の21通りもの組み合わせで仮想通貨取引が可能です。土日祝日含め365日LINEやメールでのサポート体制をとっているので、仮想通貨(仮想通貨)初心者でも安心して取引できます。

DMM Bitcoinの独自の注文方法にBitmatch注文という仕組みがあります。

 『BitMatch注文』は、DMM Bitcoinが提示する価格を参考に、30秒間「ミッド(中値)価格」で取引が成立できるシステムです。

取引所のようにマッチングするのは売り手と買い手ですが、約定相手はDMM Bitcoinとなります。通常販売所ではスプレッドがあり、見えない手数料が大きくかかりますが、BitMatch注文なら最小限に抑えられるのです。

販売所形式と取引所形式の良いところを取ったハイブリッド注文方法と言えるでしょう。

DMM Bitcoinの基本情報

取引通貨数

15通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. XRP(リップル)
  5. BCH(ビットコインキャッシュ)
  6. LTC(ライトコイン)
  7. XLM(ステラルーメン)
  8. XEM(ネム)
  9. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  10. QTUM(クアンタム)
  11. OMG(オーエムジー)
  12. MONA(モナコイン)
  13. XTZ(テゾス)
  14. ENJ(エンジンコイン)
  15. XYM(シンボル)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
※BitMatch取引手数料は2円〜
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込 : 無料
    ※銀行手数料の負担あり
  • クイック入金 : 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
DMM Bitcoinキャンペーン情報
  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン※1
  • ハズレなし!最大3,000円がもらえる!はじめてのレバレッジ取引キャンペーン ※2
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン※3


※1 期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分まで

※2 期間:2022年4月28日(木)7:00 ~ 2022年6月1日(水)6:59まで/はじめて3万円以上のレバレッジ取引をされた方の中から抽選にて1等~3等のプレゼント金額が”必ず”当たる

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ

出典:DMM Bitcoin公式サイト

※1 2022年3月現在、国内仮想通貨交換業者のWEBサイト調べ

※3 スマホでスピード本人確認を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

BITPOINT(ビットポイント)の特徴
  • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
  • 各種手数料が無料
  • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの大手にはないアルトコインが取引できるのが最大の特徴です。

 トロン(TRX)エイダ(ADA)ジャスミー(JMY)など大きな話題になった通貨も取り扱っています。

またビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・ベーシックアテンショントークン(BAT)などのレンディング(貸仮想通貨サービス)も可能です。

レンディングをすれば保有通貨を取引所に一定期間貸しておくだけで賃借料を受け取れるので、アルトコインでコツコツ投資をしたい人におすすめです。

この機会にぜひ口座開設をしてお得に仮想通貨を手に入れましょう。

BITPOINTの基本情報

取引通貨数

12通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. BCH(ビットコインキャッシュ)
  4. XRP(リップル)
  5. LTC(ライトコイン)
  6. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  7. TRX(トロン)
  8. ADA(エイダ)
  9. JMY(ジャスミー)
  10. DOT(ポルカドット)
  11. LINK(チェーンリンク)
  12. DEP(ディープコイン)
レバレッジ -
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPointキャンペーン情報
  • 3種の暗号資産BTC・ETH・IOSTがもらえる口座開設キャンペーン※1
  • 100,000JMY以上の入金で10名様に10万円相当のJMY(ジャスミー)をプレゼント!※2

※1 期間:2022年4月28日(木)16時 ~ 2022年5月31日(火)16時まで。期間中に、口座開設が完了した方。1,000円相当のBTCか、ETHか、IOSTの合計で3,000円相当をプレゼント

※2 2022年4月25日16時〜2022年5月31日16時/期間中に、100,000JMY以上の入金をされた方/100,000JMYの入金毎に、1口分の当選確率がアップ!抽選で10名に10万円相当のJMYをプレゼント

bitFlyerの特徴
  • ビットコイン取引量国内6年連続No.1※1
  • 15種類のアルトコインを取引可能
  • 各種取引手数料が無料
  • 1円から仮想通貨を購入できる
  • 7年以上ハッキング0

bitFlyerは株式会社bitFlyerによって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、「ビットコイン取引量国内6年連続No.1」※1となっています。

bitFlyerでは1円から仮想通貨を購入することが可能です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

ビットコインはもちろん、イーサリアムやリップルなどの主要アルトコインも1円から購入できます。

 アルトコインは販売所での取り扱いがメインとなっています。

またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、7年間1度もハッキング被害に遭っていません。利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

大手仮想通貨取引所ならではの手厚いサービスが受けられますので、口座を開設しておいて損はない取引所と言えるでしょう。

新規口座開設は最短10分で完了します。

bitFlyerの基本情報

取引通貨数

15種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XTZ(テゾス)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 0.01 ~ 0.15%
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料(BTC)※bitWireを除く 0.0004BTC
入金手数料
  • 住信SBIネット銀行からの入金:無料
  • 住信SBIネット銀行以外からの入金:330 円(税込)
出金手数料
  • 三井住友銀行への出金:220円〜440円(税込)
  • 三井住友銀行以外への出金:550円〜770円(税込)

出典:bitFlyer公式サイト

※1 2016〜2021年Bitcoin日本語情報サイト調べ

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの特徴
  • 取扱銘柄数国内No.1※1 
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
  • 各種手数料が無料

GMOコインは「GMOインターネットグループ」によって運営されている仮想通貨取引所です。

 GMOインターネットグループは東証プライム上場企業で、グループ内で積み上げてきた金融サービスノウハウ・高性能なセキュリティを駆使して、利用者が安心・安全な取引を行えるサービスを目指しています。

GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、取扱銘柄数は国内No.1※1となっています。

ビットコイン・イーサリアム・リップルなどのメジャー銘柄はもちろん、コスモスやダイなど他の取引所ではなかなかみられないようなアルトコインも取り扱っています。

取り扱い銘柄が多いと分散投資の選択肢も広がります。

また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できるつみたて仮想通貨を提供しています。

つみたて仮想通貨は毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれるので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

毎月500円から、ビットコインなど18銘柄に投資することができます。

GMOコインの基本情報

取引通貨数

20種類

  • BTC(ビットコイ)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料
  • 現物取引:Maker:-0.01%
  • Taker:0.05% ・レバレッジ:無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料※銀行手数料の負担あり
出金手数料 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
GMOコインキャンペーン情報
  • 「販売所」または「つみたて暗号資産」で暗号資産(仮想通貨)を1銘柄につき合計5,000円以上購入した方を対象に、抽選で1万円分のシンボル(XYM)をプレゼント!※1
  • 新規口座開設で、もれなく200円分のビットコイン(BTC)をプレゼント!※2
  • 「販売所」または「つみたて暗号資産」で暗号資産(仮想通貨)を1回以上購入した方から毎日抽選で10名に現金1,000円をプレゼント!※3
  • 暗号資産FXにおいて、1日に600万円以上の新規取引を行った方から抽選で毎日1名様に現金1万円をプレゼント!※3

※1 2022年4月26日(火)12:00 〜 2022年5月25日(水)23:59

※2 2022年4月26日(火)12:00 〜 2022年5月25日(水)23:59

※3 終了時期未定

出典:GMOコイン公式サイト

※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

仮想通貨の代表ビットコインとは何か?特徴を解説!

ビットコインは仮想通貨の代表的な銘柄で、時価総額も全銘柄の中でトップとなっています。この章ではそんな仮想通貨の代表ビットコインの特徴について解説していきます。

ビットコインの特徴
  • 世界で初めて生まれた仮想通貨
  • 発行の上限枚数が存在する
  • 管理者がいない

世界で初めて生まれた仮想通貨

ビットコインとは何か?特徴を解説!

現在世界には7000種類を超える仮想通貨が存在しますが、その中でも初めて生み出されたのがビットコインです。

2008年にサトシ・ナカモトと名乗る人物がとある論文を発表しました。その中では「中央管理者がいないブロックチェーン決済システム」について記載されていました。

 P2Pの技術を決済システムに応用するというアイデアが、当時非常に画期的でした。

サトシ・ナカモトが作成した論文は、ほかの開発者の目に留まります。このことがきっかけになり、ビットコインがこの世に誕生しました。

その後、2009年にはビットコインは正式に世の中で運用が発表され、世界ではじめての仮想通貨が生まれたのです。

2021年現在、仮想通貨は世界中に多数の種類が存在しますが、その中の第1号がビットコインなのです。

発行の上限枚数が存在する

ビットコインとは何か?特徴を解説!

ビットコインには明確な発行上限枚数が存在します。2100万枚が上限に設定されており、これ以上に枚数が増えることはありません。

このことにより、ビットコインはインフレになりにくく、希少価値が保たれる仕組みになっています。

 存在量が決まっており、希少価値が有ることから、ビットコインはデジタルゴールドとも呼ばれています。

ちなみに2021年現在の時点では、まだ2100万枚全ての発行は終わっていません。毎年少しずつ発行され、2040年には2100万枚すべての発行が完了する予定になっています。

現在も新しいビットコインが毎年生み出されています。このビットコインを採掘することをマイニングと言います。

管理者がいない

ビットコインとは何か?特徴を解説!

中央管理者がいないのも、ビットコインの大きな特徴と言えます。通常、通貨というのは中央銀行や政府が発行しています。

そのため、どうしても発行者の影響を受けることがあり、価格が上下することがあります。

 例えば、発行元が発行枚数を増やしたりすると、仮想通貨の価格が下落する可能性があります。

その点、ビットコインは中央管理者がいないため、発行会社の影響を受けることがありません。需要と供給の関係のみで価格がチャートが動き、価格が決定するのです。

そのため発行会社の不祥事などで、突然価格が下落するリスクがありません。

仮想通貨やビットコイン初心者におすすめの勉強方法

仮想通貨への投資を始める際には、ある程度の知識をつけなければなりません。しかしどのような方法で学習したらよいか迷ってしまう方も多いでしょう。

この章では仮想通貨初心者におすすめの勉強方法について解説していきます。以下のような学習方法を試してみてください。

仮想通貨初心者におすすめの勉強方法
  • 実際に取引をしながら学ぶ
  • 書籍で学ぶ
  • YouTubeで学ぶ

実際に取引をしながら学ぶ

実際に取引をしながら、仮想通貨の取引がどのようなものか学ぶというのは非常に有効な方法です。実際に取引をしてみることによって、書籍やサイトに書いてあることを体感で理解することができます。

 最初から大金を注ぎ込むようなことは避けましょう。

特に書籍などで学習するのは難しくて、気持ちが乗らないという方は思い切って初めてみるのも良いかもしれません。

書籍で学ぶ

初心者が仮想通貨について学ぶ方法として、書籍が挙げられます。近年仮想通貨に対する注目が高まっているのに比例して、仮想通貨の解説本の出版も増えてきました。

 初心者向けの書籍も数多くあります。

書籍で学ぶ場合は難しすぎると挫折するため、自分にとってわかりやすく書かれている書籍を購入すると良いでしょう。

漫画で解説している書籍がわかりやすいです。

YouTubeで学ぶ

仮想通貨初心者が1番理解しやすいのはYouTubeの動画で学ぶという方法でしょう。

YouTubeには仮想通貨関連の解説動画が数多くアップロードされており、中には初心者向けの基礎知識を解説してくれているものもあります。

 無料で学べる点も魅力です。

しかしYouTubeにアップされている動画の中には信憑性が欠けるものも多いので、ご注意ください。

税理士やFPなどお金に関する資格を持っている人の動画がおすすめです。

初心者が気になる仮想通貨の使い道は?

初心者の中には「仮想通貨って結局何に使えるの?」と疑問に感じている方も多いでしょう。この章では初心者が気になる仮想通貨の使い道について解説していきます。仮想通貨の使い道としては以下のようなものが挙げられます。

仮想通貨の使い道
  • 買い物での決済
  • 送金手段
  • 寄付
  • 資金調達
  • アプリ開発などのプラットフォーム

買い物での決済

仮想通貨は実際のお金と同じように、買い物での決済に利用することができます。ウォレットアプリで簡単に決済が可能です。

 2014年4月に仮想通貨を正式な決済手段として認可する法律が発表されました。

仮想通貨で決済が可能なお店としてはビックカメラやHIS、メガネスーパーなどが有名です。国内で仮想通貨決済に対応している店舗はまだまだ少ないですが、着実に増えていくことでしょう。

公共料金の支払いなども行えます。

送金手段

仮想通貨は送金手段としても非常に優秀です。仮想通貨誕生以前は海外に送金する際、銀行を利用するのが一般的でした。しかし銀行から海外に送金すると、手数料が非常に高い、着金までにかなり時間がかかるなどデメリットも非常に多いです。

 海外に送金すると数千円の手数料と1週間程度の時間がかかります。

仮想通貨で送金すれば、即時に着金し、手数料もかなり抑えられるので、非常に便利です。

アプリがあればいつでもどこでも送金できます。

寄付

仮想通貨には有効な寄付の手段としての側面もあります。あまり知られていませんが、法定通貨での寄付にはさまざまな問題があります。

法定通貨での寄付の問題点
  • 寄付金の使い道がわからない。
  • 無事に必要な人の手元に届いているのかわからない。
  • 手数料が高い

その点、仮想通貨を利用して寄付すれば、これらの問題を一斉に解決できます。実際、本格導入に期待されている状態です。NPO法人や赤十字では既に、ビットコインを利用した寄付を受け付けているという事例もあります。  

資金調達

仮想通貨は資金調達の手段としても非常に便利です。株式会社では株式を販売し、資金を集めるのが一般的な方法でした。

しかし仮想通貨が登場すると、企業が独自のトークンを発行し、投資家が仮想通貨を用いてそのトークンを買うという構図になりました。

 無価値なトークンを発行して仮想通貨を騙し取る事案も発生しています。

このようなトークンを所有していると、発行元の企業のサービス・商品を利用できたり、売却することで利益を上げることが可能です。

このような資金調達の方法を「ICO」と呼びます。

アプリ開発などのプラットフォーム

仮想通貨は取引だけではなく、アプリ開発などのプラットフォームとしても利用することができます。

仮想通貨は新たな技術を使用して作られているので、その技術を応用することによって、アプリやシステムなどを作ることができるのです。

 仮想通貨「イーサリアム」は既にゲームのシステムとして利用されています。

プラットフォームとして利用できる仮想通貨は他にも存在しており、ビジネスや行政などへの活用も期待されています。

仮想通貨は今から始めても大丈夫?

仮想通貨(ビットコイン)は今から始めても大丈夫?

未来のことなので断言はできませんが、仮想通貨投資は、今からでも十分儲かる可能性があるでしょう。儲かると考えられる理由は以下の通りです。

例:仮想通貨の代表ビットコイン投資が今からでも遅くない理由
  • ビットコインの価格は上昇し続けている
  • 売りから入る取引もできる
  • ビットコイン以外にも様々な仮想通貨が存在する

ビットコインの価格は上昇し続けている

現に、ビットコインの価格が上昇し続けているというのが、最初の理由です。2021年下半期、1BTC=750万円前後。時間の問題で、1BTC=1000万円に到達しそうな勢いです

数年前には、ビットコインが1BTC=100万円に到達し騒がれていたことを考えれば、今の価格は驚くべきと言えます。

 ビットコインにはいつの時代も悲観派がいますが、彼らの予想を裏切り、ビットコインの価格はどんどん上がり続けています。

そのため、今後もさらにビットコインの価格が上がり続けても、全くおかしくありません。

ちなみに、専門家の中には「ビットコインは2027年に1BTC=1億円、2031年には1BTC=10億円に到達する」という予測をする人もいます。

これが実現すれば、ビットコインは向こう10年間で、価格が100倍以上になる計算になります。

売りから入る取引もできる

仮想通貨(ビットコイン)は今から始めても大丈夫?

ビットコインで稼ぐ方法として、「安い価格で購入し値上がり後に売る」という手段を連想する方は多いです。

しかし、ビットコイン投資で稼ぐ方法はこれだけではありません。売りから入り、価格下落後に利益確定する方法もあるのです。

 売りから入る取引では、下落相場で利益を出せます。

そのため、例えビットコインの価格があまり上昇しなかったとしても、利益を出すことは可能です。ちなみに、売りから入る取引はビットコインFXで行うことができます。

ビットコインFXを取り扱っている業者では、レバレッジを掛けた取引ができることも多いです。

日本国内では最大2倍レバレッジで取引ができます。資金効率を上げ利益を増やせるかもしれません。
2022/05/13現在、当サイトがおすすめする仮想通貨取引所の中でレバレッジ取引が可能な取引所をレバレッジ取引が可能な銘柄数が多い順にランキングで紹介します。

表は右にスクロールできます。

1位 2位 3位
DMMBitcoin GMOコイン ビットフライヤー
レバレッジ取引可能銘柄

15通貨
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
ETC(イーサリアムクラシック)
XRP(リップル)
BCH(ビットコインキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
XLM(ステラルーメン)
XEM(ネム)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
QTUM(クアンタム)
OMG(オーエムジー)
MONA(モナコイン)
XTZ(テゾス)
ENJ(エンジンコイン)
XYM(シンボル)

10通貨
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
BCH(ビットコインキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
XRP(リップル)
XEM(ネム)
XLM(ステラルーメン)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
XTZ(テゾス)
OMG(オーエムジー)

1通貨

BTC(ビットコイン)

※2022/05/13現在

ビットコイン以外にも様々な仮想通貨が存在する

仮想通貨(ビットコイン)は今から始めても大丈夫?

最近仮想通貨に興味を持った方の多くは、「仮想通貨=ビットコイン」という認識をしています。しかし、実際には2021年現在7000以上の種類が存在します。

それだけ、投資できる対象は豊富なのです。そのため、「ビットコインに投資するのはもう遅い」と思うのであれば、別の仮想通貨を選択することも可能です。

 イーサリアムやリップル、エイダコインなど、将来を期待されている仮想通貨は色々と存在します。

もしビットコイン以外の仮想通貨が気になるのであれば、いくつかの取引所の口座を作ってみるといいでしょう。

取引所によって取扱い通貨は異なるので、色々な仮想通貨が存在していることが、すぐに分かります。

ただ、すべての仮想通貨に将来性があるとは限りません。通貨について情報収集した上で、投資対象を決めるべきですね。

仮想通貨の始め方に関するよくある質問

仮想通貨購入におすすめの取引所を教えて下さい。
コインチェック・DMM Bitcoin・GMOコインがおすすめです。アプリからかんたんに仮想通貨を購入可能です。
ビットコインとは何ですか?どんな特徴がありますか?
ビットコインは世界で始めて作られた仮想通貨です。管理者が存在せず、発行上限枚数が設定されているといった特徴があります。
仮想通貨取引を始めるにはどうすればいいですか?
取引所の口座を開設し、入金後に注文することで、仮想通貨を購入できます。まずは口座開設からスタートしましょう。
ビットコイン取引は今から始めても大丈夫ですか?
ビットコインは今後さらに値上がりする可能性があり、売りから入る取引もできます。今から始めても、十分に利益を出すチャンスがあるでしょう。
ビットコインの価格はどこまで上がるのでしょうか?
正確なことは誰にも分かりませんが、1BTC=1億円や1BTC=10億円に達すると予測する専門家も存在しています。
仮想通貨はクレジットカードで購入できますか?
国内取引所は、クレジットカードでの入金を受け付けていません。入金方法としては、銀行振込・オンラインバンキング・コンビニ払いなどが利用できます。
仮想通貨投資にはリスクはありますか?
仮想通貨に限らず、投資にはリスクがつきものです。投資対象やタイミングによっては、資金を失うリスクも存在することは理解しておきましょう。

まとめ

この記事では仮想通貨の特徴・投資の始め方・購入する手順・おすすめ取引所などについて解説しました。

仮想通貨の価格はこれからさらに伸びる可能性が十分にあり、売りから入るトレードもできるので今から投資を始めても十分に稼ぐチャンスがあるでしょう。

しかしリスクがあることは十分理解しておきましょう。今回の記事を参考にまずは少額からビットコインを購入してみるのもいいでしょう。

まずは取引所の口座を開設するのがスタートです。今回紹介した取引所はどこも使いやすくおすすめできます。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事