【2022年最新】行政書士通信講座おすすめ7選!選び方やメリットも解説

行政書士は幅広い法律の知識を持ち、市民と行政を繋ぐいわば身近な法律家です。やりがいがある点に加えて、独立・開業・就職・転職に有利なことから取得を目指す人は少なくありません。

そこで今回は、行政書士のおすすめ通信講座7選を紹介します。また、通信講座の選び方や利用するメリットも解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

独学と通信口座はどちらがおすすめかという点にも触れていくため、あわせてチェックしておきましょう。

行政書士通信講座おすすめ7選を比較

行政書士の試験問題は、業務に関する法令および一般知識から全部で60問出題されますが、全体の正答率が60%以上でなければ合格できません

法律知識がまったくない状態では1,000時間もの学習時間が必要ともいわれていますが、通信講座を利用するとその約半分の500時間程度で合格を実現できるとされています。

通信講座の中には全国平均の3倍以上の合格率を叩き出している講座もありますので価格はもちろんのことテキストや講師の質も徹底比較してください。

毎年約4万人以上もの方が受験している行政書士の試験は大変人気のある資格ですが、合格率はおよそ10%と非常に低く、難関の資格といっても過言ではありません。

必要勉強時間も、法律の知識があっても計500時間から600時間、知識のない方であれば800時間から1,000時間も必要といわれています。

 そんな行政書士の資格を確実に取得するためには、効率よく、質の良いテキストや講師のもとで学習をするのが一番の近道です。

ここからは、行政書士の資格を確実にものにするために当サイトが徹底比較しておすすめできる通信講座を複数ご紹介します。

価格の比較はもちろんのこと、合格率やテキスト、講師、動画の質などご自身に合った講座を見つけてみてください。

※ランキングは価格の安い順
※価格はすべて税込み

行政書士におすすめの通信講座
フォーサイト
アガルート
スタディング
フォーサイト アガルート スタディング
価格 54,800円 118,800円 49,500円

合格率

非公開 非公開 非公開

おすすめポイント

もし不合格でも全額返金 合格したら受講料全額返金! 破格の値段で学べる
詳細

※2022年6月時点

フォーサイト

フォーサイト 行政書士

フォーサイトのおすすめポイント
  • 低コストでテキストと映像講座どちらも受けられる
  • テキストがフルカラーで見やすく覚えやすい
  • 不合格時の返金制度あり

フォーサイトは、行政書士をはじめさまざまな資格で高い合格率を誇る通信教育サービスです。コストを抑えながら勉強できる点は、利用者にとって大きなメリットと言えます。

 テキストはフルカラーのため見やすく、資格情報として残りやすいです。重要度によって色分けされているためわかりやすさもあります。

また、万が一不合格でも全額返金制度があります。ただし、全額返金制度が適用されるのは「バリューセット3」で条件を満たした場合のみです。

万が一への備えがあるため安心できる点は、受講生にとって非常に魅力的です。

フォーサイトの基本情報

講座数 20種類
行政書士の受講費用(税込)
  • バリューセット1:54,800円
  • バリューセット2:76,800円
  • バリューセット3:94,800円~
支払い方法
  • 代金引換
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • コンビニ決済
  • ショッピングローン
  • Amazon Pay
運営会社 株式会社フォーサイト

出典:フォーサイト

STUDYing(スタディング)

STUDYing 行政書士

STUDYing(スタディング)のおすすめポイント
  • 1回の授業時間が5分~の設定になっている
  • 授業もテストもスマホで完結できる
  • 勉強を続けるためのサポートが充実している

STUDYingは、忙しい社会人向けの通信教育であり、スマホで「いつでもどこでも勉強できる」ことを強みとしています。1回あたりの授業時間は5分程度と短いため取り組みやすいです。

 授業だけでなく、テストもスマホで完結できます。細かいステップで進捗テストを受けられるため、学んだ知識を整理しやすいです。

また、通信講座は孤独になりがちですが、STUDYingの「勉強仲間機能」を利用すると、同じ行政書士を目指す仲間と励まし合いながら学べます。

勉強を続けるためのサポートが充実している点が、大変魅力的です。

STUDYingの基本情報

講座数 30種類
行政書士の受講費用(税込)
  • 行政書士合格コース:月額4,200円×12回(一括払い49,500円)
  • 行政書士総合コース:月額5,600円×12回(一括払い64,900円)
支払い方法
  • クレジットカード
  • ペイジー支払い
  • コンビニ支払い
  • 銀行振込
  • ローン(分割払い)
  • 後払い(こんど払い byGMO)
運営会社 KIYOラーニング株式会社

出典:STUDYing(スタディング)

たのまな

たのまな 行政書士

たのまなのおすすめポイント
  • 短時間で効率的に勉強できる
  • さまざまなデバイスに対応したオンライン講座が受講できる
  • 回数制限がなくいつでも質問できる

たのまなの特徴として、効率良く勉強できることが挙げられます。行政書士は出題範囲や出題形式が幅広いことから、難関試験に位置付けられているものです。

 講義はすべてオンラインで、自分の好きな時間に勉強できます。講座内容は合格必要得点範囲に絞られており、すべての範囲を勉強する必要がありません。

スマホやパソコンなど、さまざまなデバイスで映像講座を受講できるため、外出先でもちょっとした空き時間で効率的に勉強できます。

質問サポートは回数無制限で、勉強のスケジュールを組み立てるサポートも実施している点が魅力です。

たのまなの基本情報

講座数 250種類以上
行政書士の受講費用(税込) 月額10,000円~(一括払い221,500円)
支払い方法
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • NP後払い
  • 代金引換
  • 教育ローン
  • Amazon Pay
運営会社 ヒューマンアカデミー株式会社

出典:たのまな

資格のキャリカレ

資格のキャリカレ 行政書士

資格のキャリカレのおすすめポイント
  • 初心者でも4か月で一発合格できる可能性がある
  • 万が一不合格ならば全額返金制度がある
  • 行政書士に合格すれば他の2講座を無料で受けられる

資格のキャリカレは、行政書士を開業・高収入・スキルアップを狙える国家資格と捉えており、初心者でも短期間で合格することにフォーカスしています。

 4ヶ月での一発合格を見据えたカリキュラムで構成されている点が特徴です。

不合格でも全額返金制度がある点から、講座に自信を持っていることが伺えます。ただし、返金には条件があるため誰でも適用される訳ではありません。

行政書士に合格すれば、150種類以上ある講座から好きなものを2つ無料で受講できます。

資格のキャリカレの基本情報

講座数 150種類以上
行政書士の受講費用(税込) 49,600円(Web価格39,600円)
支払い方法
  • クレジットカード
  • Amazon Pay
  • コンビニ・ゆうちょ銀行・郵便局での振り込み
  • 代金引換
運営会社 株式会社キャリアカレッジジャパン

出典:資格のキャリカレ

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド 行政書士

LEC東京リーガルマインドのおすすめポイント
  • 通信講座だけでなく通学講座も無料体験できる
  • 申込前に面談で相談できる
  • 幅広いコースの中から自分に合ったものを選べる

LEC東京リーガルマインドは、Web講座だけでなく通学講座も無料で体験できます。どちらも無料で体験したうえで、自分のライフスタイルに合った方を選択可能です。

 スケジュール調整が難しい場合、通学講座を欠席してもWebで受講し直せるため心配いりません。

自分が通信講座と通学講座のどちらが向いているか、どのような授業を受ければ良いか、割引制度はないかなど、申し込み前に面談で相談できます。

初心者向けから学習経験者の強化講座など多岐に渡るため、自分に合ったものを選びやすいです。

LEC東京リーガルマインドの基本情報

講座数 117種類
行政書士の受講費用(税込)
  • パーフェクトコースSP:255,000円~
  • パーフェクトコース:235,000円~
  • スタンダードコース:189,000円~
支払い方法
  • クレジットカード支払い
  • インターネットバンキング・ATM払い
  • 銀行振込
  • コンビニエンス支払い
  • PayPay支払い
  • 教育クレジット分割払い
  • 代金引換
  • GO!GO!ポイント決済
運営会社 株式会社東京リーガルマインド

出典:LEC東京リーガルマインド

ユーキャン

ユーキャン 行政書士

ユーキャンのおすすめポイント
  • 行政書士に向いているかどうか診断できる
  • 5月までの申込で5,000円割引キャンペーンを受けられる
  • 必要に応じてオプションを付けられる

ユーキャンの特徴として、通信講座を申し込む前に自分が行政書士に向いているか診断できる点が挙げられます。

 診断は簡単な質問に5つ答えるだけですぐに完了するため、気軽にチェックしてみてください。

ユーキャンは期間限定でキャンペーンを行っており、2022年5月31日までの申し込みで行政書士講座が5,000円引きとなるキャンペーンを実施中です。

必要に応じてオプションを付けられるため、より自分に合った方法で学べます。

ユーキャンの基本情報

講座数 155種類
行政書士の受講費用(税込) 月額3,910円×15回(一括払い58,000円)
支払い方法
  • クレジットカード
  • 払込用紙での支払い
運営会社 株式会社ユーキャン

出典:ユーキャン

資格の大原

資格の大原 行政書士

資格の大原のおすすめポイント
  • レベルや所要時間によってコースを選べる
  • 教育ローンを利用できる
  • 勉強スペースが整っている

資格の大原は受講コースが幅広く、行政書士だけも初心者向けから学習経験者向けまであり、自分のレベルに合ったものを選びやすくなっています。

 「行政書士講座 時間の達人シリーズ」はトータル30時間で全範囲を学習できるため、忙しい社会人でも安心して最後まで受講可能です。

資格の大原では教育ローンを組むことができ、毎月3,000円から支払い計画を立てられるため出費を抑えられます。

勉強するスペースも整っており、自習室やラウンジも利用可能です。

資格の大原の基本情報

講座数 33種類
行政書士の受講費用(税込)
  • 行政書士入門合格コース(Web通信):193,000円
  • 行政書士入門合格コース(DVD通信):213,000円
支払い方法
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • コンビニ決済
  • 教育ローン
運営会社 学校法人大原学園

出典:資格の大原

行政書士通信口座の選び方

行政書士通信講座を受ける

選び方のポイント
  • 自分のライフスタイルや目的に合った勉強ができるか
  • 合格率
  • 予算・キャンペーン内容

自分のライフスタイルや目的に合った勉強ができるか

行政書士の通信講座と一言で表しても、その内容はさまざまです。基礎からじっくり時間をかけて勉強する講座もあれば、ピンポイントで特定の分野に絞ったものもあります。

 合格を目的として勉強範囲を狭めたものなど、目的に合ったものを選ぶことが大切です。

また、仕事や通学などと両立して勉強をする人は少なくないため、空き時間でも勉強ができるか、質問したらすぐ返答あるかなど、ライフスタイルから選ぶことも意識しましょう。

フルオンラインであれば場所を選ばず勉強でき、テキストを利用する講座であれば家でじっくり勉強できるなど、無理なく継続できる通信講座を検討してみてください。

合格率

行政書士通信講座を受ける

当然のことながら、通信講座は行政書士に合格するために利用します。そのため、通信講座の合格率がどれくらいなのかは非常に重要です。

 フォーサイトによると、2021年度の行政書士試験合格率は38.0%と発表されています。全国平均が11.18%となるため、およそ3.4倍という実績です。

いかに合格率が高いかという点も、通信講座を選ぶ際はぜひチェックしておきましょう。

出典:フォーサイト

予算・キャンペーン内容

通信講座を選ぶうえで、予算を考慮して決めたい人は少なくありません。割安で受講したい場合、全コースを一括で契約することをおすすめします。

それぞれのコースを個別で申し込むよりも、多くの通信講座では一括払いの方が割安になる傾向にあるのです。

また、苦手分野だけを通信講座で勉強したいという人は、総合コースではなく分野ごとのコースを受講することで、金銭的・時間的にも効率良く勉強に打ち込めます。

 多くの通信講座ではキャンペーンが実施されているため、うまく利用してください。

例えば、「新年度に申し込めば10%オフ」「無料映像の範囲が広くなる」など、申し込みのタイミングによってお得になる可能性があります。

キャンペーンには有効期限や条件なども設けられているため、事前にしっかりチェックしておきましょう。

通信口座で行政書士の勉強をするメリット

行政書士通信講座を受ける

通信講座で勉強をするメリットとして、主に以下が挙げられます。利用する意欲にも繋がるため、ぜひチェックしておきましょう。

主なメリット
  • 通学の手間や時間を省ける
  • スキマ時間や移動時間でも勉強できる
  • 最新のプログラムで勉強できる
  • 孤独を感じず勉強を続けられる

通学の手間や時間を省ける

通学講座と比べ、通信講座は労力や時間を節約できます。通信講座の場合は決まった時間に会場へ行く必要があるため、スケジュールを調整するだけでも一苦労です。

それに比べて、通信講座であれば自分の好きなタイミングで勉強ができるだけでなく、通学の手間や時間を省けます。

 節約した時間でより多くの範囲を勉強できるため、忙しい人でも効率的に勉強に打ち込めるのです。

ただし、通信講座は自分でスケジュールを立てなければならないため、自己管理能力が必要となります。

「契約したものの勉強せずに終わってしまったと」いう状況に陥ると本末転倒です。質問サポートなどをうまく活用しつつ、勉強を継続する工夫をしましょう。

スキマ時間や移動時間でも勉強できる

行政書士通信講座を受ける

通信講座は、スマホやパソコンなどさまざまなデバイスに対応しているため、隙間時間・移動時間でも勉強がしやすく、仕事との両立も難しくありません。

昼休みや在宅ワークの合間など、仕事と両立できるよう自分なりのスケジュールを立てやすいため、無理なく勉強を続けられます。

電車内の移動時間なども利用できるため、「家が遠くて通学できない」という人でも心配いりません。

最新のプログラムで勉強できる

通信講座のプログラムは、効率的に合格できるように工夫がなされています。初めから出題される問題や授業内容が絞られているため、莫大な範囲をすべて勉強する手間が省けるのです。

 行政書士の試験は毎年出題内容や範囲が異なるため、常に最新情報をゲットしておく必要があります。

その点、通信講座は自分に代わって常に最新の情報をチェックし反映してくれるため、受講者は自分の勉強に集中しやすいのです。

孤独を感じず勉強を続けられる

独学の場合は自由が利くというメリットがある一方で、相談相手がいない孤独感や自分でスケジュール・モチベーションを管理する責任感が付きまといます。

その点、通信講座を利用すれば、サポーターに質問や悩み相談でき効率良く勉強を進められるため孤独感を感じにくいです。

自分だけで勉強を続ける自信が無いという人は、通信講座の利用をおすすめします。

行政書士は独学と通信口座どちらがおすすめ?

行政書士通信講座を受ける

行政書士の勉強には大きく分けて独学と通信講座があり、結論から挙げると、どちらがおすすめかは人により異なります。以下を考慮し、自分に合った方法を取り入れてみてください。

注目ポイント
  • 費用面
  • 効率面

費用を安く抑えたい人は、独学がおすすめです。独学で経費が必要となるのは、テキスト代・筆記用具代・場合によってはカフェなどの場所代などが挙げられます。

通信講座の予算は講座によって異なりますが、少なくとも50,000円はかかると考えておくと良いでしょう。

 費用を抑えるため苦手分野だけ通信講座を利用し、他は独学など併用もおすすめです。

そして、効率を重視したい人は通信講座がおすすめです。通信講座は勉強範囲があらかじめ絞られているというメリットがあります。

また、通信講座は勉強を続けていくためのサポートも充実しているため、独学よりモチベーションを維持しやすいという特徴があります。

一度の受験で合格したい人は、合格率の高い通信講座を利用すれば何度も受験する手間が省ける可能性が期待できるでしょう。

まとめ

この記事では、行政書士のおすすめ通信講座7選を紹介し、選び方や利用するメリットも解説しました。

各通信講座によって料金が異なり、かつサポート内容にも特徴があります。自分に合ったスタイルで学べること、かつ合格率も意識して利用先を選びましょう。

通学の手間や時間を省ける点は、通信講座の大きなメリットです。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事