GMOコインの評判まとめ!手数料や取扱銘柄、利益を出すコツを解説

「GMOコインってどんな取引所?」
「仮想通貨で利益を出したい!GMOコインに登録すべき?」

こんな疑問を抱いている人も多いでしょう。

GMOコインは、特にレバレッジ取引や手数料の安さに長けた取引所です。

GMOインターネットが提供する取引所で、同社はGMOコインというネット証券も扱っており、金融業界でも幅広いサービスを手掛けています。

この記事では、GMOコインについて知りたいあなたに向けて、概要や評判、メリット・デメリットについて解説しています。

GMOコインがどんな取引所か5分でわかりますのでぜひご覧ください!

GMOコインはどんな人におすすめなのか

GMOコイン

結論からお伝えすると、GMOコインは次のような人におすすめです。

GMOコインに登録した方が良い人
  • レバレッジ取引がメイン
  • 幅広い通貨を使って取引したい
  • 手数料を抑えたい

GMOコインはレバレッジ取引(最大4倍)に対応しています。

また、他の取引所と違ってレバレッジ取引に対応している銘柄も多く、幅広い通貨を取引したい人には最適だと言えるでしょう。

また、ほとんどの手数料が無料になっているのもポイントです。ただし、販売所のスプレッドが広めで、取引所を使って取引する人向けになるでしょう。

総じて、ある程度仮想通貨に慣れている人向けの取引所だと言えます。

GMOコインの基本情報

この項では、GMOコインの基本情報について解説します。

GMOコインの基本情報
  • 手数料
  • 取扱銘柄数
  • 取引方法

それぞれ詳しく解説していきます。

(1)手数料

仮想通貨には、以下4種類の手数料があります。

仮想通貨に関する手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 送金手数料
  • 取引手数料

GMOコインではんと上記の手数料がすべて無料ですので、取引にかかる余計なコストを最低限まで抑えることができます。

ただし、レバレッジ取引の場合は0.04%の手数料がかかるため注意です。取引の際は手数料を加味した上で取引しなければなりません。

また、販売所では手数料と別にスプレッドがかかります。

(2)取扱銘柄数

GMOコインでは以下20種類の仮想通貨を取り扱っています(2022年5月現在)

GMOコインの取扱銘柄
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)

Coincheckの17種類、bitFlyerの15種類と比較すると非常に多くの銘柄を取り扱っています。

この中でレバレッジ取引できるのは以下の8種類。他の取引所よりレバレッジ取引に対応している銘柄が圧倒的に多く、優秀だと言えるでしょう。

レバレッジ取引できる銘柄
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)

これだけの銘柄をレバレッジ取引できるのは他社にないメリットです!
レバレッジ取引についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

(3)取引方法

GMOコインでは以下3つの取引方法を利用できます。

GMOコインの取引方法
  • 取引所
  • 販売所
  • レバレッジ取引

販売所は取引所と通貨をやりとりする方式で、スプレッドがかかりますがいつでも取引可能です。取引所はスプレッドがかからない代わりに、取引相手が見つからないと取引が成立しません。

また、レバレッジ取引では自分の手持ち資金以上の取引ができますが、その分リスクも高くなります、

初心者は取引しやすい販売所が良いですが、本格的に取引するなら取引所を使った方が良いですね。

GMOコインの評判

この項では、SNSからGMOコインの評判を集めてみました。以下は、実際に使っているユーザーの声をまとめたものです。

ユーザーからの評判まとめ
  • 即時入金が遅い
  • 資金力があって安心できる
  • 手数料を抑えられる
  • 送金手数料も無料になる

それぞれ見ていきましょう。

GMOコインでは即時入金となっていますが、反映に時間がかかるケースもあるようです。

GMOコイン等の大手は資金力があります。万が一のことがあっても、補填が受けやすく比較的安心だと言えるでしょう。

GMOコインは細かい手数料を抑えられるのも魅力ですね。

GMOコインでは、海外取引所への送金も無料です。

ただし、現在GMOコインでメタマスクのアドレスが削除される騒動が起こっているため、海外取引所を利用するなら注意しましょう。

GMOコインを利用する6つのメリット

GMOコインは国内でもメジャーな取引所ですが、他の取引所と比べて次のようなメリットがあります。

GMOコインを利用するメリット
  • 少額から取引できる
  • セキュリティが高くて安心できる
  • さまざまな通貨をレバレッジ取引できる
  • 積立投資に対応している
  • ステーキングができる
  • レンディングで運用できる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

(1)少額から取引できる

GMOコインは少額投資できるのも魅力です。

最低入金額はわずか1,000円で、積立投資も500円からと手頃。他の仮想通貨取引所と比べても、投資のハードルは低いと言えるでしょう。

特に、仮想通貨はリターンが大きい分リスクも高い投資方法です。初心者が少額から投資できるのは嬉しいポイントですね。

あまり資金を持っていない人に最適だと言えるでしょう。

(2)セキュリティが高くて安心できる

仮想通貨はネットワーク上のみに存在する通貨。それゆえに、常にハッキングを受けるリスクがあります。

しかし、GMOコインのセキュリティは国内随一です。

顧客の仮想通貨はホットウォレットではなく、ネットワークから切り離されたウォレットに保管されており、ハッキングの心配はありません。

他にも2段階認証やログイン通知などセキュリティを強く意識しており、他の取引所と比べても十分なセキュリティだと言えるでしょう。

安心して資産を預けられるかどうかは非常に重要なポイントですね!

(3)さまざまな通貨をレバレッジ取引できる

GMOコインならさまざまな通貨をレバレッジ取引できます。

他社ではレバレッジ取引に対応していなかったり、対応していても取扱銘柄数が圧倒的に少なかったりすることも多いです。しかし、GMOコインなら以下の8銘柄でレバレッジ取引が可能。

レバレッジ対応銘柄
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)

国内取引所なので、ある程度信頼性のある銘柄しか取引できないのも安心できますね!
おすすめの仮想通貨銘柄についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

(4)積立投資に対応している

GMOコインは積立投資にも対応しています。

本来、一定のタイミングで資産を取引すると値動きのリスクがありますが、定期的に買い付けていくことにより購入価格が均され、リスクを分散できます。

いわゆる「ドルコスト平均法」と呼ばれる投資方法ですね。

GMOコインでは500円という少額から積立投資が可能。ちょっと試しにビットコインでも積み立てしてみたいという人には、最適だと言えるでしょう。

積立投資なら、初心者でも比較的安心して投資できますね!

(5)ステーキングができる

仮想通貨で利益を得る方法は、何も売買だけではありません。中にはステーキングといって、仮想通貨を預けることで報酬を受け取る方法もあります。

いわゆる「ステーキング」と呼ばれる売買方法です。

GMOコインはステーキングに対応しているため、放置で利益を得ることも可能。海外取引所と違って複雑な手段を必要としないため、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ただし、現状でステーキングに対応するのはXTZ(テゾス)のみです。

(6)レンディングで運用できる

ステーキング以外にも、放置で利益を出す方法があります。それが仮想通貨をレンタルして運用するレンディングです。

GMOコインではレンディングにも対応しており、こちらも放置するだけで簡単に仮想通貨を増やすことができます。忙しいという人は、ステーキングやレンディングを活用して資産運用してみると良いでしょう。

いろいろ利益を出す方法が揃っているのが嬉しいポイントですね!
レンディングについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

GMOコインを利用する3つのデメリット

GMOコインはメリットも多いですが、一方で次のようなデメリットもあります。

GMOコインのデメリット
  • 最低出金額が高い
  • スプレッドが広い
  • 売買規制がある

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

(1)最低出金額が高い

GMOコインは最低出金額が1万円と高いのがネックです。

Coincheckは1円から、BITPointは1,000円から出金できるため、それらの取引所と比べると気軽に出金できません。

せっかく少額取引できるのに、これは少し残念なポイントですね。

とはいえ、GMOコインは出金時の手数料がかからないため、ある意味仕方ないといえるでしょう。

ある程度まとまった額での出金を想定しておきましょう。

(2)スプレッドが広い

GMOコインはスプレッドもやや広めです。

 スプレッドとは
通貨の買値と売値の差のこと。手数料のようなもので、取引の際はスプレッドが差し引かれた上で取引が行われる。

スプレッドは販売所でのみ発生します。したがって、GMOコインで仮想通貨取引をするなら取引所を使って取引する方が良いでしょう。

ただし、取引所は相手がいないと売買が成立しません。

ビットコインやイーサリアムのようなメジャーな通貨ならともかく、マイナーはアルトコインだとなかなか取引できない可能性もあります。

売買が増えるとスプレッドも広がるため、できるだけ取引量の少ない時間帯で取引するのも手です。

(3)売買規制がある

GMOコインでは、売買規制が発生することもあります。

例えば、仮想通貨市場が急激に下落したり、高騰したりすると売買規制が入り、取引できないこともあります。値動きを狙っていたのに、取引を規制されてしまうのは悲しいですよね。

売買規制が怖いなら、他の取引所を利用した方が良いでしょう。

GMOコインで初心者が利益を出すための3つのコツ

GMOコインで取引する際は、次の3点に注意しましょう。

初心者が利益を出すコツ
  • 余剰資金で投資する
  • まずはメジャーなコインで投資する
  • いきなりレバレッジ取引をしない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)余剰資金で投資する

仮想通貨に限らず、投資は必ず余剰資金で行いましょう。

なぜなら、将来的にどのように値動きするか誰にもわからないからです。特に仮想通貨は、株式や為替以上に変動リスクが大きいため、下手に投資するとあっという間に資金を失ってしまいます。

しかしもし下落しても、失っても問題ない余剰資金での投資であれば、冷静に対処できるでしょう。

投資にはリスクもあることを理解しておきましょう。

(2)まずはメジャーなコインで投資する

初心者はまずメジャーなコインから投資を始めましょう。

メジャーなコインとは、主にビットコインやイーサリアムですね。マイナーなアルトコインは値動きが激しい傾向にあり、値動きに振り回されかねません。

時価総額が大きくて安定性のある通貨なら、比較的落ち着いて投資できます。

ただし、国内取引所には金融庁のホワイトリストに入っている銘柄しか上場していません。したがって、あまり変なコインに投資してしまう可能性は低いと言えるでしょう。

国内取引所で取引する時点で、ある程度の安全性は確保されています。
おすすめの仮想通貨についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

(3)いきなりレバレッジ取引をしない

レバレッジ取引は初心者におすすめできません。

なぜなら、大きなリターンを狙える分リスクも高いからです。レバレッジを高めれば同じ値動きでも利益を何倍にも伸ばせますが、同じだけ損失も大きくなります。

また、レバレッジ取引はいわゆる信用取引ですので、口座資金にマイナスが生じると追証が発生してしまいます。

 追証とは
口座残高がマイナスになった際、マイナス分を補填するため追加で証拠金を請求されること。

初心者は販売所や取引所での取引から慣れていった方が良いでしょう。

投資の世界において、リスクとリターンは表裏一体というわけですね。

なお、次項ではおすすめの仮想通貨取引所を紹介しています。

何も国内取引所はGMOコインだけではありません。他にも優秀な取引所はありますので、ぜひ自分に合った取引環境を見つけてみてください!

おすすめ仮想通貨取引所

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴

Coincheckは、親会社が東証一部上場企業のマネックスグループ。セキュリティ技術が高く、安心安全に取引を行えるでしょう。

特におすすめなのがCoincheckアプリです。シンプルな設計で見た目の使いやすさに優れているのが特徴で一目で使い方が分かるので、投資初心者の方でもすぐに使いこなせるでしょう。

 2021年上半期「国内の仮想通貨取引アプリ」部門では、ダウンロード数No.1※1となっており、ユーザビリティが評判です。

アプリ内では500円から取引可能なので「大きな額を投資するのは怖い」「はじめての投資だからまずはお試しでやりたい」という方にも最適です。

各チャートにはチャット機能が用意されており、投資家のコミュニケーションが活発に行われています。参考にすると良いでしょう。

さらにコインチェックでは仮想通貨取引初心者におすすめなCoincheckつみたてと呼ばれる自動積立サービスがあります。

「毎日チャートは追えない、難しいことは分からない」という方でも、 一定額を毎月自動で投資してくれるので着実に仮想通貨を増やしていきたいという方にもおすすめです。

Coincheckつみたても15通貨※2対応可能で、他の通貨も順次追加が予定されています。

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取引通貨数

17種類

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. LSK(リスク)
  5. XRP(リップル)
  6. XEM(ネム)
  7. LTC(ライトコイン)
  8. BCH(ビットコインキャッシュ)
  9. MONA(モナコイン)
  10. QTUM(クアンタム)
  11. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  12. IOST(アイオーエスティー)
  13. ENJ(エンジンコイン)
  14. OMG(オーエムジー)
  15. PLT(パレットトークン)
  16. XYM(シンボル)
  17. SAND(サンド)
レバレッジ レバレッジなし
送金手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 通常無料
出金手数料 一律407円

今だけ!お得なキャンペーン情報
SANDキャンペーン
  • SAND取扱い開始記念キャンペーン!※1

※1 ※2022年5月24日 〜 2022年6月7日 23:59キャンペーン期間中にCoincheckにおいて「SAND」を合計5万円以上購入された方の中から、抽選で10名様に10万円をプレゼント

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。DMM.comグループ全体では年間に2,000億円以上の売上を超える大企業です。

特にDMM Bitcoinは、レバレッジ取引が魅力。国内最多級の21通りもの組み合わせで仮想通貨取引が可能です。土日祝日含め365日LINEやメールでのサポート体制をとっているので、仮想通貨(仮想通貨)初心者でも安心して取引できます。

DMM Bitcoinの独自の注文方法にBitmatch注文という仕組みがあります。

 『BitMatch注文』は、DMM Bitcoinが提示する価格を参考に、30秒間「ミッド(中値)価格」で取引が成立できるシステムです。

取引所のようにマッチングするのは売り手と買い手ですが、約定相手はDMM Bitcoinとなります。通常販売所ではスプレッドがあり、見えない手数料が大きくかかりますが、BitMatch注文なら最小限に抑えられるのです。

販売所形式と取引所形式の良いところを取ったハイブリッド注文方法と言えるでしょう。

DMM Bitcoinの基本情報

取引通貨数

15通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. XRP(リップル)
  5. BCH(ビットコインキャッシュ)
  6. LTC(ライトコイン)
  7. XLM(ステラルーメン)
  8. XEM(ネム)
  9. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  10. QTUM(クアンタム)
  11. OMG(オーエムジー)
  12. MONA(モナコイン)
  13. XTZ(テゾス)
  14. ENJ(エンジンコイン)
  15. XYM(シンボル)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
※BitMatch取引手数料は2円〜
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込 : 無料
    ※銀行手数料の負担あり
  • クイック入金 : 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
DMM Bitcoinキャンペーン情報
  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン※1
  • ハズレなし!最大3,000円がもらえる!はじめてのレバレッジ取引キャンペーン ※2
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン※3


※1 期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分まで

※2 期間:2022年4月28日(木)7:00 ~ 2022年6月1日(水)6:59まで/はじめて3万円以上のレバレッジ取引をされた方の中から抽選にて1等~3等のプレゼント金額が”必ず”当たる

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ

出典:DMM Bitcoin公式サイト

※1 2022年3月現在、国内仮想通貨交換業者のWEBサイト調べ

※3 スマホでスピード本人確認を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

BITPOINT(ビットポイント)の特徴
  • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
  • 各種手数料が無料
  • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの大手にはないアルトコインが取引できるのが最大の特徴です。

 トロン(TRX)エイダ(ADA)ジャスミー(JMY)など大きな話題になった通貨も取り扱っています。

またビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・ベーシックアテンショントークン(BAT)などのレンディング(貸仮想通貨サービス)も可能です。

レンディングをすれば保有通貨を取引所に一定期間貸しておくだけで賃借料を受け取れるので、アルトコインでコツコツ投資をしたい人におすすめです。

この機会にぜひ口座開設をしてお得に仮想通貨を手に入れましょう。

BITPOINTの基本情報

取引通貨数

12通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. BCH(ビットコインキャッシュ)
  4. XRP(リップル)
  5. LTC(ライトコイン)
  6. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  7. TRX(トロン)
  8. ADA(エイダ)
  9. JMY(ジャスミー)
  10. DOT(ポルカドット)
  11. LINK(チェーンリンク)
  12. DEP(ディープコイン)
レバレッジ -
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPointキャンペーン情報
  • 3種の暗号資産BTC・ETH・IOSTがもらえる口座開設キャンペーン※1
  • 100,000JMY以上の入金で10名様に10万円相当のJMY(ジャスミー)をプレゼント!※2

※1 期間:2022年4月28日(木)16時 ~ 2022年5月31日(火)16時まで。期間中に、口座開設が完了した方。1,000円相当のBTCか、ETHか、IOSTの合計で3,000円相当をプレゼント

※2 2022年4月25日16時〜2022年5月31日16時/期間中に、100,000JMY以上の入金をされた方/100,000JMYの入金毎に、1口分の当選確率がアップ!抽選で10名に10万円相当のJMYをプレゼント

bitFlyerの特徴
  • ビットコイン取引量国内6年連続No.1※1
  • 15種類のアルトコインを取引可能
  • 各種取引手数料が無料
  • 1円から仮想通貨を購入できる
  • 7年以上ハッキング0

bitFlyerは株式会社bitFlyerによって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、「ビットコイン取引量国内6年連続No.1」※1となっています。

bitFlyerでは1円から仮想通貨を購入することが可能です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

ビットコインはもちろん、イーサリアムやリップルなどの主要アルトコインも1円から購入できます。

 アルトコインは販売所での取り扱いがメインとなっています。

またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、7年間1度もハッキング被害に遭っていません。利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

大手仮想通貨取引所ならではの手厚いサービスが受けられますので、口座を開設しておいて損はない取引所と言えるでしょう。

新規口座開設は最短10分で完了します。

bitFlyerの基本情報

取引通貨数

15種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XTZ(テゾス)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 0.01 ~ 0.15%
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料(BTC)※bitWireを除く 0.0004BTC
入金手数料
  • 住信SBIネット銀行からの入金:無料
  • 住信SBIネット銀行以外からの入金:330 円(税込)
出金手数料
  • 三井住友銀行への出金:220円〜440円(税込)
  • 三井住友銀行以外への出金:550円〜770円(税込)

出典:bitFlyer公式サイト

※1 2016〜2021年Bitcoin日本語情報サイト調べ

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの特徴
  • 取扱銘柄数国内No.1※1 
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
  • 各種手数料が無料

GMOコインは「GMOインターネットグループ」によって運営されている仮想通貨取引所です。

 GMOインターネットグループは東証プライム上場企業で、グループ内で積み上げてきた金融サービスノウハウ・高性能なセキュリティを駆使して、利用者が安心・安全な取引を行えるサービスを目指しています。

GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、取扱銘柄数は国内No.1※1となっています。

ビットコイン・イーサリアム・リップルなどのメジャー銘柄はもちろん、コスモスやダイなど他の取引所ではなかなかみられないようなアルトコインも取り扱っています。

取り扱い銘柄が多いと分散投資の選択肢も広がります。

また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できるつみたて仮想通貨を提供しています。

つみたて仮想通貨は毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれるので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

毎月500円から、ビットコインなど18銘柄に投資することができます。

GMOコインの基本情報

取引通貨数

20種類

  • BTC(ビットコイ)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料
  • 現物取引:Maker:-0.01%
  • Taker:0.05% ・レバレッジ:無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料※銀行手数料の負担あり
出金手数料 無料

出典:GMOコイン公式サイト

※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

よくある質問

GMOコインはどんな取引所?
レバレッジ取引に長けた取引所です。最大4倍のレバレッジで8種類の仮想通貨をレバレッジ取引することができます。
レバレッジ取引のメリットは?
レバレッジ取引は、自分の手持ち資金の何倍もの取引ができます。例えば手持ち資金10万円、レバレッジ4倍の場合、40万円分の取引が可能です。
レバレッジ取引のデメリットは?
リスクが高いことです。レバレッジを高めればリターンは高まりますが、同じだけリスクも高くなります。したがって、初心者にはあまりおすすめできません。
GMOコインの取扱銘柄数は?
2021年12月現在、15種類の仮想通貨を取り扱っています。他の取引所と比べると平均的だと言えるでしょう。
GMOコインの手数料は安い?
GMOコインはほぼ全ての手数料が無料ですので、非常にお得です。ただしスプレッドはやや広めの傾向にあります。
GMOコインの主なメリットは?
手数料が無料である点です。送金や入出金に手数料がかからないため、非常に扱いやすい取引所だと言えるでしょう。
GMOコインの主なデメリットは?
最低出金額が1万円と高めである点です。とはいえ、1万円以上なら手数料もかかりませんし、こまめに出金しない人ならそこまで気にならないでしょう。

まとめ

GMOコインはレバレッジ取引に長けた取引所です。

レバレッジ取引に対応している通貨は8種類。他の取引所よりも圧倒的に多い上に、送金や入出金などの各種手数料も無料で、非常に扱いやすくなっています。

スプレッドがやや広いのはネックですが、販売所を避けたり取引量の少ないタイミングを選んだりすれば問題ありません。

最後に、GMOコインのメリットをおさらいしましょう。

GMOコインを利用するメリット
  • 少額から取引できる
  • セキュリティが高くて安心できる
  • さまざまな通貨をレバレッジ取引できる
  • 積立投資に対応している
  • ステーキングができる
  • レンディングで運用できる

GMOコインは国内でもトップクラスに有名な取引所。

もちろんセキュリティも十二分に高いため、初心者でも安心して利用できます。これから仮想通貨取引を始めるなら、ぜひGMOコインに登録してみてください!

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事