FXのレバレッジとは?メリット・デメリットや注意点を徹底解説

「FXのレバレッジとは何なのか?」「上手にレバレッジを活用するコツとは?」このように、疑問を抱いている方は多いのではないでしょうか。

レバレッジは少額資金から大きな資金へと増やしていくための仕組みの一つなので、上手に使いこなせるかが利益を上げ続けるための秘訣です。

そこで本記事では、FXのレバレッジの意味や仕組み、具体的な計算方法、メリットやデメリットなどを交えて徹底解説していきます。

特にFX初心者の方は参考にして頂ければと思います。

FXのレバレッジとは?

FXのレバレッジとは?

FXのレバレッジとは?
レバレッジはテコの原理と同じで、他人資本を利用し自己資金以上の取引ができます。最大限利益を享受できる一方で大きな損失を被るリスクがあるのがFXのレバレッジです。

例えば、元手資金1万でFXを始める場合、国内個人口座で最大レバレッジ25倍で取引をすれば「1万円」×「25倍」=「25万円」となり1万円の証拠金で25万円分の取引を行えます。

 つまり、FXは自分が用意した資金にレバレッジをかけることで、少ない金額からでも大きな取引が行えるところが最大の魅力です。

そのため、中には数万円の資金から数千万円に増やされた方もいれば、会社員をやりながら副業でコツコツ稼ぎ、独立された方もいるのでFXには夢があります。

成功者の多くがFXのレバレッジを上手に活用したことが要因なので、FX取引を始められる方はレバレッジの使い方や考え方を把握しておくことが大切でしょう。

FXで利益を上げるにはレバレッジの使い方も大切になるでしょう。

レバレッジ利用のメリット・デメリット

メリット

FXのレバレッジを利用するメリット・デメリット

レバレッジは資金効率が高い

レバレッジを活用すれば自己資金の何倍もの取引が行えるため、資金効率が高い点が大きなメリットの一つです。

仮に10万円の資金でレバレッジ無しで取引を行い利益が出ても雀の涙程度しか得られませんが、レバレッジをかければ国内個人口座であれば最大25倍もの利益が臨めます。

 例えば、10万円の資金で最大レバレッジ25倍をかけ、10pipsの値動きがあると2,000円の利益が臨めます。

100万円の資金であれば10pipsで20,000円の利益が得られ、1000万円の資金であれば10pipsで200,000円の資金を得ることが可能になります。

このように、FXのレバレッジを上手に活用することができれば、自己資本に応じてレバレッジをかけられ効率的に資金を増やせるのです。

しかし、リスクもしっかり理解した上で取引することをおすすめします。

一度の取引で多くの利益が得られる

FXのレバレッジを利用するメリット・デメリット

短期取引であるスキャルピングトレードやデイトレードでは、レバレッジを活用することで一度の取引で多くの利益を上げられる点がメリットです。

特に稼いでいるトレーダーは資金量が数千万円規模と非常に大きいため、数pipsの利益を得るだけでも数十万円〜数百万円の利益を上げています。

 例えば、2000万円の資金で最大レバレッジ25倍をかけると1pip動くだけで4万円、10pipsで40万円の利益を得ることが可能です。

一つのFX口座だけではなく複数口座で、それぞれ最大レバレッジ25倍で大きな資金を運用されている方が稼いでいるトレーダーに多いです。

とはいえ「資金量が豊富」という条件が大前提なので、自己資本が低いトレーダーはまずはコツコツ資金を増やすことから始めましょう。

少額資金で大きな資金を運用できる

FXのレバレッジを利用するメリット・デメリット

FXのレバレッジでは、少額資金から大きな資金を運用できるところがメリットです。

例えば、FXで100万円分の取引をしたい場合、レバレッジ無しだと100万円の自己資金が必要となりますが、レバレッジを活用すればたったの4万円の自己資金で済みます。

 計算式は「4万円(自己資金)」+「25倍(最大レバレッジ)」=「100万円(取引額)」となります。

つまり、FXのレバレッジを利用すれば、100万円分の取引を行うのに75万円分の必要資金を減らせ、4万円の資金で100万の取引ができてしまうのです。

これがレバレッジの凄さです。FX取引は少額資金からリスクを抑えて始めらる投資なので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

特に「数万円から投資を始めてみたい」という方にピッタリです。

デメリット

損失が大きくなる可能性もある

FXのレバレッジを利用するメリット・デメリット

レバレッジを利用すると最大限に利益が臨める一方で、同等の割合で大きな損失を被る確率が高まるのがデメリットです。

というのも、FXはチャートが上がるか下がるかの予測する二者択一のマネーゲームなので、予測が外れると損失を被ることになります。

 具体的にお伝えすると、例えば10万円の利益を得られる局面と、10万円の損失を被る確率が同じだということです。

つまり、レバレッジは想と反対側に相場が動いた場合でもレバレッジが効いてしまうため、大きな利益が得られる反面損失も大きくなるのす。

時にレバレッジは諸刃の剣になり得るので、資金管理を考慮しリスクリワードを徹底しながらポジションを取ることを意識しましょう。

レバレッジには一長一短があります。

ロスカットになる確率が高まる

FXのレバレッジを利用するメリット・デメリット

レバレッジを高めればその分損失額も大きく膨らむため、ロスカットになる確率が高まる点がデメリットです。

 レバレッジを上げるほど損失額が1.5倍、2.5倍と増えていくため、証拠金維持率を逐一確認していないと強制ロスカットになってしまいます。

なので、「レバレッジを上げる」という判断をする前に「どの程度の損失が出るとロスカットになるのか?」把握してから自身でロスカットラインを引くようにしましょう。

いつもと同じ資金量のままレバレッジだけ上げて取引してしまうと、思いもよらぬ損失を出してしまうので要注意です。

国内口座と海外口座でレバレッジの違い

国内FX口座のレバレッジ

国内FX口座と海外FX口座のレバレッジの違い

金融商品取引業等の法律では、国内FX個人口座での取引において、最大25倍のレバレッジまでと決められています。

 過去には2010年8月より最大50倍のレバレッジに制限され、2011年8月より最大25倍に規制された過去があります。

その大きな理由は「FX取引はリスクが伴うため投資家保護の観点」が挙げられ、FXの取引環境が年々改善されています。

また、2017年9月に金融庁が「最大レバレッジを25倍から10倍に検討している」というニュースも出ていますが、2021年現在まだ規制されていません。

外国為替証拠金取引において金融庁は厳しい制限を設けています。

海外FX口座のレバレッジ

国内FX口座と海外FX口座のレバレッジの違い

一方で海外FX口座のレバレッジは、最大1000倍のレバレッジを利用して取引することが可能です。

海外FX会社が提供する口座は日本国内で成立する法律の適用外なので、このようにレバレッジを25倍以上に設定できるのです。

 とはいえ、海外FX口座は金融庁から警告を受けており、認可を受けていない会社が多いため、信頼性が低い点が大きなデメリット。

例えば、大きく利益を上げたのに出金できなかったり、勝っている人をターゲットにスプレッドを広げたり、税金が高かったりするのでおすすめできません。

そもそも、日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うのは禁止されているので、遥かに高いレバレッジを売りにしているFX会社には気をつけましょう。

FXのレバレッジで注意するべきポイント

レバレッジをいきなり上げない

FXのレバレッジで注意するべきポイント

レバレッジをいきなり大きく上げてしまうと冷静な取引ができなくなり、ルールを無視したトレードになりがちなので要注意です。

レバレッジを上げるとわずかな動きで利益・損失が増えるため、精神的な負荷が強くなりレバレッジに慣れるまで時間がかかります。

 なので、レバレッジを上げる場合は、自分でも分からない程度に上げていくことがコツです。例えば、3倍→4倍→5倍→6倍といったイメージです。

自己資金が増えると同時に毎月レバレッジを徐々に上げていくことが、すんなりとレバレッジに適用できる秘訣なので抑えておきましょう。

つい「もっと稼ぎたい」という気持ちからレバレッジを上げてしまう方がいますが、そういった方は結果を出すことに苦労されています。

急にレバレッジを上げると精神的にキツいので要注意です。

証拠金維持率を常に把握する

FXのレバレッジで注意するべきポイント

レバレッジを上げると証拠金維持率が下がってしまうため、ロスカットや追加証拠金発生が怒る確率が高まるので要注意です。

証拠金維持率とは、時価評価総額に対する必要証拠金の割合を指し、100%を下回ってしまうと強制ロスカットが発動します。

 つまり、自己資金は増やさずレバレッジだけ上げてしまうと損失許容額が狭まるため、ロスカットされる確率も高まるということです。

例えば、100万円の資金で1ドル100円の時に「10万通貨」でポジションを保有した場合、証拠金維持率は250%です。

一方で100万円の資金で1ドル100円の時に「20万通貨」でポジションを保有した場合、証拠金維持率は125%です。

このように、資金量を変えずにレバレッジだけ上げると証拠金維持率が大きく下がるので、時価評価総額を増やしてからレバレッジを上げることをおすすめします。

ポジションを多く持ちすぎない

FXのレバレッジで注意するべきポイント

最大25倍のレバレッジが利用できるからといって、最大限にポジションを保有する必要はありません。

というのも、レバレッジをかけた状態でポジションを保有し過ぎると、どのタイミングで決済すればいいのか分からなくなり損失が大きく膨らむので要注意です。

 特に「一つの通貨ペアでの複数ポジション保有」「複数の通貨ペアでの複数ポジション保有」この2つのケースはリスクが高いのでおすすめできません。

ポジションを多く持てばその分チャンスに恵まれますが、それと同じ割合で損失を被る確率も高まることを決して忘れてはいけません。

トレード手法にもよりますが、理想的なのは一つのポジションを保有し決済が終わるまで待つことです。

待つというのは、自身が決めたロスカットラインにきたら損切りを行う。もしくは、自身が決めた利確ラインにきたら利確するということです。

FXトレーダーは待つのもお仕事の一つです。

初心者におすすめのFX口座3選

DMM FX

初心者におすすめのFX口座3選

DMM FXのおすすめポイント
  • 最短1時間で取引スタートできる
  • FX業界初のLINEからお問合せ可能
  • 通年キャッシュバックキャンペーン実施中
  • 日本最大級の累計80万口座数突破
    ※公式サイトより

DMM.com証券は日本最大級の80万口座以上を誇り、幅広いニーズに対応した取引ツールが魅力のFX口座で初心者から経験者まで愛されています。

 豊富な機能とシンプルな操作性の両方を実現しており、「カスタマイズ性」「取引しやすさ」「分析しやすさ」の3拍子揃っている総合的に評価が高い口座です。

特にスマホ版ツールは最先端技術を集約させた取引ツールなので、安全性はもちろんPCに匹敵するほどの機能性が整っているため、外出先でも気軽にトレードできます。

その他にも、取引画面の「チャート注文」ではチャート分析しながら売買でき、スピーディーな取引ができる点も大きな魅力の一つです。

DMM FXの基本情報

最低取引単位 10,000通貨
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 21通貨ペア
スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
※個人口座の場合
最低入金額 制限なし

出典:DMM FX公式

GMOクリック証券

初心者におすすめのFX口座3選

GMOクリック証券のおすすめポイント
  • 累計約73万口座開設でFX業界2位
  • 高金利スワップポイントでお得に取引可能
  • 三つ星評価の24時間安心サポート体制
  • 2020年友人や同僚に薦めたいネット証券No.1

※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

GMOクリック証券は実績と信頼ある企業であり、かの有名な女優の新垣結衣さんを起用したCMで大人気の日本トップクラスのFX口座です。

特に魅力的なのはコストを抑えて取引できる点です。過去には米ドル/円の通貨ペアで0.2銭→0.1銭、ポンド/円の通貨ペアで1.0銭→0.6銭とスプレッド縮小キャンペーンを実施しました。

 また、GMOクリック証券は2016年からスタートしたサービスですが、世界No.1の取引高&9年連続日本No.1の取引高を実現しています。

FX取引ツールは初心者でも分かりやすく、使いやすい設計になっているため、FXを始めるのであれば必ず開設しておくべき口座の一つと言ってもいいでしょう。

GMOクリック証券の基本情報

最低取引単位 10,000通貨
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 20通貨ペア
スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
※個人口座の場合
最低入金額 下限なし

出典:GMOクリック証券公式

※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

外為どっとコム

外為どっとコム CPLP

外為どっとコムのおすすめポイント
  • 創業からFX一筋19年の老舗企業
  • 三つ星評価の安心・安全なサポート体制
  • FX積立では約100円から外貨が持てる
  • 口座開設数が累計50万口座突破
    ※公式サイトより

外為どっとコムはお客様第一主義が徹底された、長い歴史と実績を持つFX口座サービスを提供している老舗企業です。

 特に最低取引単位1,000通貨(最小約4,000円)からFXを始められるとあって、コストを抑えて取引できる点が大きな魅力です。

その他にも、FXの基礎知識を身に付けられるコンテンツやウェビナー、公式YouTubeチャンネル、先輩トレーダーのノウハウを知れるマネ育チャンネルなどが充実しています。

そのため、学びながら実践に移せるため投資スキルがつく速度が早いです。FXをこれから始められる方にとっては、最高の取引環境が提供されている口座と言えます。

外為どっとコムの基本情報

最低取引単位 1,000通貨
取引手数料
無料
取扱通貨ペア数 30通貨ペア
スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
※個人口座の場合
最低入金額 1,000円〜

出典:外為どっとコム公式

よくある質問

FXのレバレッジとは?
てこの原理と同じです。自己資本以外の他人資本を利用することで最大限に利益を享受できる一方、損失という同等のリスクを背負うのがFXのレバレッジです。
FXのレバレッジのメリットとは?
少額資金からでもレバレッジを活用すれば大きな資金を運用できる点。短期取引のスキャルピングでは含み損が発生せず、一度の取引で一瞬にして大きな利益を得られる点がメリットです。
FXのレバレッジのデメリットとは?
レバレッジをかけて上手くいけば大きく利益が得られますが、反対に損失も同じ割合でレバレッジがかかっているため、損失額も大きく増えてしまうのがデメリットです。
国内FX口座と海外FX口座のレバレッジの違いとは?
国内FX個人口座の場合は、日本の法律上最大25倍までのレバレッジが上限です。一方で海外FX口座は日本の法律は適用されないので、最大1000倍のレバレッジで取引を行えます。
FXのレバレッジの計算方法とは?
「時価評価総額」÷「(現在の為替レート)×(ポジション数量)」=「レバレッジ」この計算式にそれぞれ数字を当てはめることで、レバレッジを導き出せます。
FXのレバレッジで注意するべきこととは?
レバレッジを急に上げると耐性が付いていないため精神的にキツイ。証拠金維持率を気にせずレバレッジを上げロスカットになる。ポジションを保有し過ぎて身動きが取れなくなるなどの注意点があります。
初心者におすすめのFX口座とは?
初心者には、まず日本最大級の口座数を誇るDMM FXと、女優の新垣結衣さんがCMをする知名度の高いGMOクリック証券と、FX一筋19年の実績と歴史のある外為どっとコムの3つの口座がおすすめです。

まとめ

本記事では、FX初心者に向けてレバレッジの意味や仕組み、使い方やメリット・デメリット、おすすめのFX口座について詳しく解説させて頂きました。

FX取引では資金管理を考慮しながらレバレッジを上手に活用し、コツコツ利益を伸ばすのが相場で勝ち残る秘訣であり、勝ち組トレーダーはレバレッジの付き合い方が上手です。

いきなり大きなレバレッジで取引するのはリスクが高いので、これからFXを始める方はまずはレバレッジを抑えながら取引を重ね、慣れてきたら徐々に上げて取引してみましょう。

口座開設は無料なので、この機会に試してみてください。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事