ETH(イーサリアム)とは?今後の値動きと将来性に関する3つのポイント

イーサリアムとは、今やビットコインに次ぐ仮想通貨で時価総額もビットコインの次に高く、DeFiやNFTなどさまざまなプロジェクトに用いられていることから、今後も注目が集まる可能性は高いと言えるでしょう。

そんなイーサリアムが具体的にどんな通貨なのか、またイーサリアムは今後値上がりするのかどうか、買い時はいつか知りたい方が増えています。

本記事では、イーサリアムの特徴や仕組み、そして値動きについて詳しくまとめました。

イーサリアムの魅力が5分でわかります!ぜひ最後までご覧ください。

ETH(イーサリアム)とは?

Ethereum

繰り返しになりますが、イーサリアムはビットコインに次ぐ仮想通貨です。時価総額はビットコインに次ぐ第2位となっています。

2022年5月現在、世界には14,947種類以上の仮想通貨があると言われていますが、その中で2位というのは、非常に人気が高い銘柄だと言えるでしょう。

ビットコインは主に決済に用いられたのに対し、イーサリアムは分散型アプリケーション開発のために生み出されたという違いがあります。

 分散型アプリケーションとは
集権者がおらず、不特定多数の人間が管理を行なっているアプリケーションのこと。

分散型アプリケーション開発の中心として、常に注目される仮想通貨です。

ETH(イーサリアム)の4つの特徴&仕組み

イーサリアムにはさまざまな特徴がありますが、特に知っておきたいのは次の4つです。

イーサリアムの主な特徴
  • スマートコントラクトを採用している
  • dAppsを開発できる
  • 発行上限・枚数に制限がない
  • NFTでも注目されている

上記を読めば、イーサリアムがどのような仮想通貨なのかわかるでしょう。とはいえ、見慣れない単語も多いと思いますので、できる限りわかりやすく解説していきます。

(1)スマートコントラクトを採用している

イーサリアムの特徴1つ目は、スマートコントラクトを採用していること。

スマートコントラクトは、簡単に言えば自動契約です。今までは、保険や不動産の売買等、さまざまな契約が手動で行われてきましたよね。

スマートコントラクトでは、契約の執行条件をブロックチェーンに記録しておいて、指定した条件が満たされれば契約が執行される、という仕組みになっています。

 スマートコントラクトの言語
スマートコントラクトをブロックチェーン時に実現するため、独自のプログラミング言語「Solidity」が用いられています。

例えるなら、自動販売機のようなものですね。自動販売機では、お金を入れればジュースやタバコが出てきますが、これと同じような仕組みをネット上に成立させているのがスマートコントラクトなのです。

スマートコントラクトが広まれば、さまざまな分野で活躍できることは想像に難くないですね!

(2)dAppsを開発できる

イーサリアムの特徴2つ目は、dAppsを開発できること。

 dAppsとは
Decentralized Applicationsの略語。分散型アプリケーションのこと。

現在、ほとんどのアプリケーションは開発者や企業が管理しています。

一方、dAppsはブロックチェーンを用いて管理者のいない非中央集権を実現しており、ネットワークへの参加者によって仕組みが作られていきます。また、大勢が監視しているため不正やサーバーダウンを防ぐこともできるのです。

今後dAppsが広まれば、イーサリアムの需要も拡大するでしょう。

(3)発行上限・枚数に制限がない

イーサリアムの特徴3つ目は、発行上限がないこと。ビットコイン等の仮想通貨には、基本的に発行上限があります。また、そういった仮想通貨は発行されるにつれてマイニングの難易度が高まります。

しかし、イーサリアムは発行上限がありません。すなわち、ビットコインと違ってマイニングの報酬が変わらないため、今後も安定して供給され続けることになるでしょう。

ただし、ビットコインと違って希少性が生まれにくいという点にも留意する必要があります。

イーサリアムは、今後上限が設けられる可能性も示唆されています。

(4)NFTでも注目されている

イーサリアムの特徴4つ目は、NFTで注目されていること。

 NFTとは
Non-Fungible Tokenの略で、代替不能なトークンのこと。

従来のデジタルデータは簡単に複製されてしまうため、ネット上で画像などを保有していても出元がわかりませんでした。一方で、NFTはブロックチェーン上に取引した履歴が残されます。

したがって、NFT上でアート作品を購入すると代替不能なコンテンツとなり、独自の価値を有することになります。

例えば、全く同じ名前・見た目のアート作品でも、NFT上ではそれぞれが個別に識別されるため、同じコンテンツは存在しません。

他にも、コンサートのチケットなどにNFTが流用されています。
なお、NFTについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ETH(イーサリアム)のこれまでの値動き

イーサリアムは2013年に生み出されました。当初の価格は20円未満でしたが、2021年12月現在の価格はおよそ45万円。なんと、22,500倍ほどもの価値に成長しているのです。

この項では、イーサリアムの大きな値動きについてまとめました。

イーサリアムの主な値動き
  • THE DAO事件で盗まれる
  • 法改正により注目される
  • Defiプロジェクトが話題になる
  • NFTアート分野で注目される

どのような要因で価値が変動してきたのか、詳しく見ていきましょう。

(1)THE DAO事件で盗まれる

2016年、イーサリアムは「The DAO」というプロジェクトに採用されました。

DAOとは「decentralized Autonomous Organization」の略で、イーサリアムを用いた分散型ファンドの構築プロジェクトです。

DAOに採用されたことで、イーサリアムの価格は一時的に上昇しました。しかしその後、プログラムの甘さによってハッキングが発生。大量のイーサリアムが盗まれ、それによってイーサリアムの価格も大幅に下落してしまいました。

後に、開発者によってブロックチェーンが巻き戻されて盗まれたイーサリアムを取り返しています。

(2)法改正により注目される

2017年に改正資金決済法が施行されました。この法律によって、これまで仮想通貨と呼ばれていたものが「仮想通貨」に改められ、さらに正式に金融商品として位置づけられたのです。

 改正資金決済法による影響
この法律の施行により、2017年は仮想通貨元年と称されました。これにより、ビットコインやイーサリアムの価格も上昇しています。

法改正がおこなわれた2017年、イーサリアムは1,000円から10万円近くまで上昇しました。

(3)Defiプロジェクトが話題になる

2020年に入ってから、DeFiプロジェクトが話題になりました。Uniswap等の分散型取引所での取引も活発になり、イーサリアムはDeFiの代表格とも言える銘柄のため、大きく値上がりすることになります。

それまでは新型コロナウイルスの影響で仮想通貨全体の市場が落ち込んでおり、イーサリアムも1万円ほどになっていました。

しかし、DeFiの発展により4万円台まで回復しています。

(4)NFTアート分野で注目される

2020〜2021年にかけて上昇していたイーサリアム。その価格をさらに押し上げたのがNFTの台頭です。

2021年の3月に、NFT上でアート作品が75億円で落札されました。デジタルデータでもあるにもかかわらず、これだけの価格がついたのは衝撃的ですよね。

これは大きな話題を呼び、NFTに用いられているイーサリアムの価格も大きく上昇しました。

ETH(イーサリアム)の将来性に関する7つのポイント

2021年12月現在イーサリアムの価格は、およそ45万円台で推移しています。DeFiプロジェクト発展から継続して上昇を続けてきましたが、今後もさらに値上がりするのか気になるポイントだと思います。

そこで、イーサリアムの価格がなぜ上昇するのかについてまとめてみました。

イーサリアムの価格はなぜ上がるのか?
  • ガス代の削減
  • 消費電力の削減
  • ICOによる資金調達
  • アップデートによる進化
  • イーサリアム企業連合の設立
  • イーサリアムETFの承認
  • Defiプロジェクトの発展

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)ガス代の削減

1つ目のポイントは、ガス代の削減です。イーサリアムはさまざまなプロジェクトで注目されていますが、高額なガス代が懸念されています。現在、イーサリアムで送金を行うと非常に高額なコストがかかります。

しかし、現在ガス代の改善案が考えられており、今後ガス代が下がっていく可能性もあるでしょう。

ガス代が下がれば好意的に捉えられ、価格上昇の要因になるかもしれません。

(2)消費電力の削減

2つ目のポイントは、消費電力の削減です。仮想通貨にはいくつかの承認方式があるのですが、イーサリアムでは「PoW」という方式が用いられています。

 PoWとは
Proof of Workの略。簡単に言うと、コンピューターで計算を行うことで承認される仕組みになっている。

イーサリアムを得るために、世界中でコンピューターを使った計算作業(通称マイニング)が行われていますが、消費電力の増加と環境への影響が問題になっています。

その流れを受け、イーサリアムはPoSへの転換を進めています。

PoSへの転換が成功すれば、環境に優しい通貨として認められるというわけですね。

(3)ICOによる資金調達

3つ目のポイントは、ICOによる資金調達です。

 ICOとは
最近注目の資金調達手段。
事業立ち上げのため独自の暗号通貨を発行、その対価として他の仮想通貨を受け取る仕組みになっている。

ICOでは、イーサリアムが対価として頻繁に用いられています。

今後ICOが広まってくれば、イーサリアムが注目される可能性もありますよね!

(4)アップデートによる進化

4つ目のポイントは、アップデートによる進化です。現在のイーサリアムは、実は完成形ではありません。当初から、アップデートを何度も繰り返して改良を重ね、その果てに完成すると決められています。

なお、イーサリアムのアップデートは以下の4段階です。

イーサリアムのアップデート
  • フロンティア
  • ホームステッド
  • メトロポリス
  • セレニティ

現在は最終段階である「セレニティ」の真っ最中です。

イーサリアムは、アップデートのたびに値上がりの可能性を秘めていると言っても良いでしょう。

(5)イーサリアム企業連合の設立

5つ目のポイントは、企業連合が設立されたことです。

 イーサリアム企業連合とは
スマートコントラクトを活用することを目的に設立された組合。現在150社以上が加入している。

イーサリアム企業連合には、MicrosoftやMasterCard、トヨタ自動車などの超有名企業も含まれています。つまり、それだけの価値がイーサリアムにはあるといえるでしょう。

イーサリアムの価値の大きな裏付けになりますね!

(6)イーサリアムETFの承認

6つ目のポイントは、イーサリアムETFの承認です。

 ETFとは
Expert Traded fundsの略。いわゆる上場投資信託のこと。

米国では、イーサリアムのETFが検討されています。これが承認されれば、今まで仮想通貨に手を出さなかった個人投資家等も注目する可能性があり、さらに需要が高まることでしょう。

イーサリアムETFが承認されれば、株や投資信託と同じように購入できるようになります!

(7)Defiプロジェクトの発展

7つ目のポイントは、DeFiプロジェクトの発展です。イーサリアムはDeFiプロジェクトの進捗に大きく左右されます。現に、2020年はDeFiが注目されたことからイーサリアムも一気に高騰しましたね。

スマートコントラクトで金の貸し借りができるプラットフォームを実現したのがDeFiです。

しかし、まだまだ発展途上の市場ですので、今後発展する可能性は非常に高いでしょう。さらに、それに追従する形でイーサリアムの価格上昇も期待できます。

イーサリアムを購入するタイミングを図るなら、DeFiの動向は要チェックです!

ETH(イーサリアム)の今後の価格予想と買い時

まず、アップデート時期は非常に重要です。先ほど解説した通り、イーサリアムは計4回のアップデートによって完成します。今後アップデートが行われるのは確実ですし、その際には価格上昇する可能性が非常に高いでしょう。

早ければ今年中のアップデートもありそうです。買い時を逃さないようにしたいですね!

また、DeFiプロジェクトやNFTの発展も同じくらい重要です。これらのプラットフォームは、まだ利用者が多いとはいえません。

しかし、いずれもイーサリアムが中核になっているため、一般に流通すればイーサリアムも大きく注目されることになるでしょう。

イーサリアムの買い時を図るなら、それに付随するプロジェクトの観察も必要になります。

イーサリアムの購入におすすめの仮想通貨取引所徹底比較

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴

Coincheckは、親会社が東証一部上場企業のマネックスグループ。セキュリティ技術が高く、安心安全に取引を行えるでしょう。

特におすすめなのがCoincheckアプリです。シンプルな設計で見た目の使いやすさに優れているのが特徴で一目で使い方が分かるので、投資初心者の方でもすぐに使いこなせるでしょう。

 2021年上半期「国内の仮想通貨取引アプリ」部門では、ダウンロード数No.1※1となっており、ユーザビリティが評判です。

アプリ内では500円から取引可能なので「大きな額を投資するのは怖い」「はじめての投資だからまずはお試しでやりたい」という方にも最適です。

各チャートにはチャット機能が用意されており、投資家のコミュニケーションが活発に行われています。参考にすると良いでしょう。

さらにコインチェックでは仮想通貨取引初心者におすすめなCoincheckつみたてと呼ばれる自動積立サービスがあります。

「毎日チャートは追えない、難しいことは分からない」という方でも、 一定額を毎月自動で投資してくれるので着実に仮想通貨を増やしていきたいという方にもおすすめです。

Coincheckつみたても15通貨※2対応可能で、他の通貨も順次追加が予定されています。

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取引通貨数

17種類

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. LSK(リスク)
  5. XRP(リップル)
  6. XEM(ネム)
  7. LTC(ライトコイン)
  8. BCH(ビットコインキャッシュ)
  9. MONA(モナコイン)
  10. QTUM(クアンタム)
  11. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  12. IOST(アイオーエスティー)
  13. ENJ(エンジンコイン)
  14. OMG(オーエムジー)
  15. PLT(パレットトークン)
  16. XYM(シンボル)
  17. SAND(サンド)
レバレッジ レバレッジなし
送金手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 通常無料
出金手数料 一律407円

今だけ!お得なキャンペーン情報
SANDキャンペーン
  • SAND取扱い開始記念キャンペーン!※1

※1 ※2022年5月24日 〜 2022年6月7日 23:59キャンペーン期間中にCoincheckにおいて「SAND」を合計5万円以上購入された方の中から、抽選で10名様に10万円をプレゼント

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。DMM.comグループ全体では年間に2,000億円以上の売上を超える大企業です。

特にDMM Bitcoinは、レバレッジ取引が魅力。国内最多級の21通りもの組み合わせで仮想通貨取引が可能です。土日祝日含め365日LINEやメールでのサポート体制をとっているので、仮想通貨(仮想通貨)初心者でも安心して取引できます。

DMM Bitcoinの独自の注文方法にBitmatch注文という仕組みがあります。

 『BitMatch注文』は、DMM Bitcoinが提示する価格を参考に、30秒間「ミッド(中値)価格」で取引が成立できるシステムです。

取引所のようにマッチングするのは売り手と買い手ですが、約定相手はDMM Bitcoinとなります。通常販売所ではスプレッドがあり、見えない手数料が大きくかかりますが、BitMatch注文なら最小限に抑えられるのです。

販売所形式と取引所形式の良いところを取ったハイブリッド注文方法と言えるでしょう。

DMM Bitcoinの基本情報

取引通貨数

15通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. XRP(リップル)
  5. BCH(ビットコインキャッシュ)
  6. LTC(ライトコイン)
  7. XLM(ステラルーメン)
  8. XEM(ネム)
  9. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  10. QTUM(クアンタム)
  11. OMG(オーエムジー)
  12. MONA(モナコイン)
  13. XTZ(テゾス)
  14. ENJ(エンジンコイン)
  15. XYM(シンボル)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
※BitMatch取引手数料は2円〜
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込 : 無料
    ※銀行手数料の負担あり
  • クイック入金 : 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
DMM Bitcoinキャンペーン情報
  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン※1
  • ハズレなし!最大3,000円がもらえる!はじめてのレバレッジ取引キャンペーン ※2
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン※3


※1 期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分まで

※2 期間:2022年4月28日(木)7:00 ~ 2022年6月1日(水)6:59まで/はじめて3万円以上のレバレッジ取引をされた方の中から抽選にて1等~3等のプレゼント金額が”必ず”当たる

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ

出典:DMM Bitcoin公式サイト

※1 2022年3月現在、国内仮想通貨交換業者のWEBサイト調べ

※3 スマホでスピード本人確認を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

BITPOINT(ビットポイント)の特徴
  • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
  • 各種手数料が無料
  • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの大手にはないアルトコインが取引できるのが最大の特徴です。

 トロン(TRX)エイダ(ADA)ジャスミー(JMY)など大きな話題になった通貨も取り扱っています。

またビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・ベーシックアテンショントークン(BAT)などのレンディング(貸仮想通貨サービス)も可能です。

レンディングをすれば保有通貨を取引所に一定期間貸しておくだけで賃借料を受け取れるので、アルトコインでコツコツ投資をしたい人におすすめです。

この機会にぜひ口座開設をしてお得に仮想通貨を手に入れましょう。

BITPOINTの基本情報

取引通貨数

12通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. BCH(ビットコインキャッシュ)
  4. XRP(リップル)
  5. LTC(ライトコイン)
  6. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  7. TRX(トロン)
  8. ADA(エイダ)
  9. JMY(ジャスミー)
  10. DOT(ポルカドット)
  11. LINK(チェーンリンク)
  12. DEP(ディープコイン)
レバレッジ -
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPointキャンペーン情報
  • 3種の暗号資産BTC・ETH・IOSTがもらえる口座開設キャンペーン※1
  • 100,000JMY以上の入金で10名様に10万円相当のJMY(ジャスミー)をプレゼント!※2

※1 期間:2022年4月28日(木)16時 ~ 2022年5月31日(火)16時まで。期間中に、口座開設が完了した方。1,000円相当のBTCか、ETHか、IOSTの合計で3,000円相当をプレゼント

※2 2022年4月25日16時〜2022年5月31日16時/期間中に、100,000JMY以上の入金をされた方/100,000JMYの入金毎に、1口分の当選確率がアップ!抽選で10名に10万円相当のJMYをプレゼント

bitFlyerの特徴
  • ビットコイン取引量国内6年連続No.1※1
  • 15種類のアルトコインを取引可能
  • 各種取引手数料が無料
  • 1円から仮想通貨を購入できる
  • 7年以上ハッキング0

bitFlyerは株式会社bitFlyerによって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、「ビットコイン取引量国内6年連続No.1」※1となっています。

bitFlyerでは1円から仮想通貨を購入することが可能です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

ビットコインはもちろん、イーサリアムやリップルなどの主要アルトコインも1円から購入できます。

 アルトコインは販売所での取り扱いがメインとなっています。

またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、7年間1度もハッキング被害に遭っていません。利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

大手仮想通貨取引所ならではの手厚いサービスが受けられますので、口座を開設しておいて損はない取引所と言えるでしょう。

新規口座開設は最短10分で完了します。

bitFlyerの基本情報

取引通貨数

15種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XTZ(テゾス)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 0.01 ~ 0.15%
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料(BTC)※bitWireを除く 0.0004BTC
入金手数料
  • 住信SBIネット銀行からの入金:無料
  • 住信SBIネット銀行以外からの入金:330 円(税込)
出金手数料
  • 三井住友銀行への出金:220円〜440円(税込)
  • 三井住友銀行以外への出金:550円〜770円(税込)

出典:bitFlyer公式サイト

※1 2016〜2021年Bitcoin日本語情報サイト調べ

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの特徴
  • 取扱銘柄数国内No.1※1 
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
  • 各種手数料が無料

GMOコインは「GMOインターネットグループ」によって運営されている仮想通貨取引所です。

 GMOインターネットグループは東証プライム上場企業で、グループ内で積み上げてきた金融サービスノウハウ・高性能なセキュリティを駆使して、利用者が安心・安全な取引を行えるサービスを目指しています。

GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、取扱銘柄数は国内No.1※1となっています。

ビットコイン・イーサリアム・リップルなどのメジャー銘柄はもちろん、コスモスやダイなど他の取引所ではなかなかみられないようなアルトコインも取り扱っています。

取り扱い銘柄が多いと分散投資の選択肢も広がります。

また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できるつみたて仮想通貨を提供しています。

つみたて仮想通貨は毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれるので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

毎月500円から、ビットコインなど18銘柄に投資することができます。

GMOコインの基本情報

取引通貨数

20種類

  • BTC(ビットコイ)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料
  • 現物取引:Maker:-0.01%
  • Taker:0.05% ・レバレッジ:無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料※銀行手数料の負担あり
出金手数料 無料

出典:GMOコイン公式サイト

※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

よくある質問

イーサリアムはどんな仮想通貨?
ビットコインに次ぐ仮想通貨です。
スマートコントラクトという技術を用いており、ブロックチェーン上で自動で契約を済ませることができます。
イーサリアムの単位は?
イーサリアムの単位は「ETH」です。
例えば、100ETHは100イーサリアムと数えられます。
イーサリアムとビットコインの違いは?
両者は主に目的が異なります。
ビットコインは決済手段や送金手段として、イーサリアムは新たなプラットフォーム開発を目的に用いられています。
イーサリアムの買い時は?
買い時をはっきり示すことはできません。
なぜなら、将来の値動きは誰にもわからないからです。
しかし、イーサリアムはDeFiやNFTと深い関わりがあるため、イーサリアムの将来性について知るならこれらの技術に触れてみるのが一番でしょう。

まとめ

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額を誇る仮想通貨です。大きな特徴は、スマートコントラクトというシステムです。スマートコントラクトは、ブロックチェーン上に執行条件を記録し、条件が満たされれば執行されるという仕組み。

この技術を用いて、DeFiやNFTといったプロジェクトに活用されています。最後に、DeFiの価格上昇の要因についておさらいしておきましょう。

イーサリアムの将来性に関するポイント
  • ガス代の削減
  • 消費電力の削減
  • ICOによる資金調達
  • アップデートによる進化
  • イーサリアム企業連合の設立
  • イーサリアムETFの承認
  • Defiプロジェクトの発展

イーサリアムはまだまだアップデートによる進化を残しており、今後も値上がりする可能性は高いです。購入を考えているなら、DeFiやNFTなどの関連プロジェクトの動向をチェックし、買い時を逃さないようにしましょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事