エンジンコイン(ENJ)の今後の将来性や高騰理由、価格推移を解説

エンジンコイン(ENJ)は他の暗号資産と違い、独自のプラットフォームを持ち、用途が幅広いのが特徴です。このプラットフォームを活用することで、ゲームを通じて暗号資産を得られたり、NFTを作成できたりできます。

大手企業のバックアップを受けているだけでなく、ゲーム内で稼げることもあり将来性が期待されているのです。今回は、エンジンコインの特徴やメリット・デメリットについて紹介します。

特にNFT関連のニュースと連動することもあり、価格が上がりやすいでしょう。

エンジンコイン(ENJ)とは

暗号資産のエンジンコイン

ゲームで遊びながら稼げる

エンジンコインは、ゲームで遊びながら得られる暗号資産です。

エンジンコインに対応しているゲーム(NFTゲーム)があり、その中では獲得したアイテムを売買・換金するときに暗号資産を得られます。

「ゲーム=カジノ感覚」で暗号資産を稼ぐことができれば、離れるユーザーは少ないため、今後注目される可能性は高いです。

 さらに、まだまだ開発中のエンジン対応のゲームは多く、将来的に既存ゲームのコンテンツが解放されたり、新ゲームが登場したりする予定です。

今まで暗号資産に興味がなかった方でも、ゲームを通じて暗号資産への関心が高まると見込まれています。

同じゲームで稼ぐ方法であるオンラインカジノと比較すると、ゲーム内でオリジナルのアイテムを作成できるのが大きな違いです。

自分で作成したアイテムやキャラクター、土地、建物などを販売することで稼げる可能性があります。

Enjin Platformで利用できる

エンジンコインは「Enjin Platform」という環境で発行される暗号資産です。

 Enjin Platformはシンガポールの企業である「Enjin(エンジン)」が開発・運営しているプラットフォームであり、NFTを発行できます。

NFTとはブロックチェーン上で取り扱われるデジタルデータであり、個々のデータを識別・管理できる仕組みです。Enjin Platformを利用することで、専門知識がなくてもNFTを扱えます。

また、Enjin Platformはオンラインゲームのプラットフォームとして利用されています。つまり、エンジン対応のゲーム内にはNFTアイテムがあり、希少性が高いものであれば売却することで稼げるのです。

他にも、Enjin Platformに対応したゲームであれば、固有のNFTアイテムを別のゲームで共有することもできます。

大手企業との連携

大企業のイメージ画像

エンジンコインは大きな企業と連携している実績があります。例えば、Enjin Platformではマイクロソフトが管理・販売している「マインクラフト」を遊べます。

これは、ブロックチェーン上でマインクラフトをプレイできる「エンジンクラフト」というゲームです。

 マインクラフトは世界で1億人以上のユーザーがおり、エンジンクラフトではゲーム内で作ったアイテムを売買できることから人気があります。

他にも、韓国のサムスンなどとも提携していることから、話題になっている暗号資産の1つです。

メルティングという入手方法がある

Enjin Platformには、メルティングという機能があるのも特徴です。メルティングとは「溶解」という意味であり、既存のNFTデータを溶解させることでエンジンコインを取り出せます。

Enjin PlatformではNFTを作成できますが、需要がなく誰も買い手がつかないケースは考えられます。

この場合にメルティングすることで、不要なNFTをエンジンコインに換えて別の資産に利用できるのです。ただし、メルティングには手数料が発生するので注意が必要です。

エンジンコイン(ENJ)の今後の将来性を徹底解説

エンジンコインの将来性

NFT市場の盛り上がり

現在では、NFTの関心が高まり市場が盛り上がっています。コインデスクのニュースでは、NFT市場は2022年に350億ドル以上、2025年には800億ドル以上に成長すると報道しています。

Enjin Platformでは、専門的な知識がなくてもNFTを扱えるのが大きな特徴です。

今までもNFT関連のニュースに連動して価格が上昇した過去があり、これからNFT市場が盛り上がれば十分に将来性は期待できるでしょう。

コインデスク公式サイト

世界的な大きな企業と提携

既にエンジンコインは大きな企業と提携しており、その際に価格が上昇した経緯があります。

独自性が高いプラットフォームを持ち、将来性が期待されるNFT市場と親和性が高いため、関心を持つ企業は今後増えていくでしょう。

 これから大手企業がエンジンコインと提携するニュースが報道されたときに、エンジンコインの価格の上昇が期待できます。

暗号資産と相性が良いIT企業やゲーム開発企業などと提携し、バックアップを受け続けることができれば将来性はあると判断できます。

人気ゲームのリリース

Enjin Platformを使ったゲームがリリースされ、多くのユーザーにプレイされることで、エンジンコインの認知度も高まっていくと見られています。

マインクラフトに続くような人気ゲームが登場すれば、エンジンコインの需要はさらに高まり、比例して価格も上昇しやすいです。

 暗号資産に関心がなくてもゲーム内でオリジナルアイテムを作れる、作ったアイテムを売買できるという仕組みに興味を持つ人は多いと言えます。

このようなことから、エンジンコインの価格は今後上昇しやすいと考えられます。エンジンコインの価値が高まれば、扱う取引所の数も増えてさらに価格は高くなるでしょう。

エンジンコイン(ENJ)の価格推移を調査!高騰の理由は?

エンジンコインの価格推移

2022年3月9日時点でのエンジンコインの価格は、約160円です。取引を開始した2017年から2021年に入るまでは、10円~50円ほどの価格で推移をしています。

2021年1月からはコインチェックで取り扱いが始まり、3月にはGMOが取り扱いを開始しました。

そのこともあり、2021年4月には300円台後半まで伸び、その後は下降していますが、10月頃から再度上昇しています。

 同じタイミングでアメリカの大手暗号資産取引所であるコインベースがエンジンコインの取り扱いを始めたことも、大きく影響しています。

2021年後半からはNFTマーケットが注目されるのに比例して、エンジンコインの価格も上昇する傾向にあります。このように大手暗号資産取引所での取り扱いと、NFT関連のニュースに連動する傾向があるのです。

エンジンコイン(ENJ)の価格上昇が期待できるポイント

Enjin Platformというオリジナリティ

エンジンコインにはEnjin Platformがあり、他の暗号資産にない特徴がを持っています。

特にNFTを発行できゲームに活用できるプラットフォームであるため、用途が広い暗号資産であるといえるでしょう。これからNTFやゲームを入口に、エンジンコインに興味を持つユーザーは増えると見込まれます。

暗号資産の需要が高くなることで、今後価格上昇が期待できます。

既存のユーザー数が多い

エンジンコインの公式サイトによると、既にウォレットのインストール数は230万以上(※)です。日本国内の大手暗号資産取引所が取り扱いを始めたのが2021年ですが、世界中には多くのユーザーがいます。

また、暗号資産の技術を使った優れたプラットフォームを構築しているため、ユーザーだけでなく開発者の関心も高いです。

出典:公式サイト

マインクラフトが遊べる

マインクラフト

エンジンコイン(Enjin Platform)では、世界的に人気があるマインクラフトを遊べます。大人から子供まで遊べるだけでなくユーザーは1億人以上もいるゲームです。

 ユーザー同士でアイテムを売買できるエンジンクラフトの存在がさらに広まれば、マインクラフトから流れる可能性は高いです。

さらに、Enjin Platformを使ったゲームであれば、同じアイテムを共有できる特性もあるため、これからゲーム関連の大手企業の参入も期待できます。

エンジンコイン(ENJ)を購入できるおすすめ取引所3選

Coincheck

Coincheck

Coincheckのおすすめポイント
  • 取引手数料は無料で便利
  • 500円と少額から取引できる
  • 取り扱い暗号資産は17種類と充実
  • シンプルで使いやすいスマホアプリをリリース

Coincheckは、東証一部上場企業のマネックスグループ株式会社の子会社が運営している暗号資産取引所です。取り扱っている暗号資産は17種類もあり、さまざまな取引を行えます。

 最小取引金額は500円であるため、少額からでも取引できます。

スマホアプリはシンプルで使いやすい点も、Coincheckの大きな魅力の1つです。

コインチェックはマネックスの傘下に加わったことで安全性が増しています。
取引通貨数

17種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)
  • PLT(パレットトークン)
レバレッジ レバレッジなし
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 通常無料(銀行手数料はお客様負担)
出金手数料 一律407円

出典:Coincheck

今だけ!お得なキャンペーン情報
Coincheckキャンペーン情報
  • 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン※1
  • Coincheckつみたてで3ヶ月間継続して積み立てた方もれなく全員に最大1万円分のビットコインをプレゼント中!※2

※1 2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59 ・期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設 ・口座開設してから72時間以内に入金完了 対象の方全員に2,500円相当のBTCをプレゼント

※2 2022年6月12日 0:00 〜 2022年7月10日 23:59

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 大手企業が運営している取引所
  • さまざまな手数料が無料で使いやすい
  • 365日対応の充実したサポート
  • レバレッジ取引ができる

DMM BitcoinはDMMグループが運営している暗号資産取引所です。さまざまな分野で活躍しており、そこで培った高度なセキュリティ体制により安心して取引できます。

 LINEやメールによるサポートは、365日体制で対応していることも安心感があるポイントです。

レバレッジ取引ができる他、各手数料が無料など使いやすいサービスを提供しています。

資金の2倍相当の取引も行えるのは大きな魅力でしょう。
取引通貨数

14通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XLM(ステラルーメン)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • XTZ(テゾス)
  • OMG(オーエムジー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • XEM(ネム)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • MONA(モナコイン)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
※BitMatch取引手数料は2円〜
入金手数料 振込入金手数料:無料(銀行手数料はお客様負担)
クイック入金手数料:無料
出金手数料 出金手数料:無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
DMM Bitcoinキャンペーン情報
  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン※1
  • 400名に当たる!最大1万円プレゼント!入金&取引キャンペーン※2
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン(第10弾)※3


※1 期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分まで

2022年5月25日(水)7時00分~2022年7月1日(金)6時59分

2022年6月1日(水)~2022年7月29日(金)土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始となります。

出典:DMM Bitcoin

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • GMOグループが運営している取引所
  • セキュリティ強度が高く安心
  • 各種手数料が無料
  • 取引銘柄数が豊富

GMOコインは名前の通り、インターネット業界で実績がある「GMOインターネットグループ」が運営している暗号資産取引所です。

GMOグループは金融サービスも提供しており、そのノウハウを活かしたセキュリティ強度が高いです。

 各種手数料が無料なので、手軽に使いやすいサービスを提供しています。

最短10分で口座開設し取引を開始できるスピード感があり、早く利用したい人にとっては魅力の1つと言えるでしょう。

スマホアプリを使って簡単に取引ができます。
取引通貨数

20通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 銀行振込:無料
※振込手数料の負担あり
即時入金:無料
出金手数料 無料

出典:GMOコイン

今だけ!お得なキャンペーン情報
GMOコイン キャンペーン情報
  • 暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たる!※1
  • 暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる※1

※1 終了期間未定

エンジンコイン(ENJ)を保有するメリット・デメリット

メリット:ゲームを通じて暗号資産を得られる

エンジンコインは通常の暗号資産とは違い、投資以外の方法で通貨を得られます。Enjin Platformを使っているゲームであれば、ゲームを通じてエンジンコインを手に入れることが可能です。

従来のゲームでは、プレイヤーがどれだけゲームに情熱を注ぎ時間と労力をかけたとしても、現実世界への見返りはほとんどありません。

このエンジンコインであれば、ゲームに熱中すればするほど現実社会で価値あるものを受け取れる可能性があります。

 Enjin Platformを使ったものは、基本的にオンラインゲームであり、他のユーザーとアイテムの売買を行えます。

現在、注目される「メタバース空間」を使っていることもあり、NFTや仮想空間関連の銘柄として将来性が期待されているのです。

既に世界的に有名なゲームでエンジンコインを得られていますが、今後は日本国内でもEnjin Platformを使ったゲームが登場する可能性は高いです。

また、エンジンコインはゲーム内で利用できる通貨でもあります。そのため、投資などに関心がなくてもゲームに興味があれば、保有する価値は十分にあります。

ゲーム好きであれば保有して損はない暗号資産といえるでしょう。

デメリット:ゲームに興味がない人はモチベーションを維持しづらい

デメリット

エンジンコインはゲームに興味がある人に適した暗号資産です。そのため、反対にゲームに興味がない人であれば、エンジンコインに対する価値を感じにくいでしょう。

 エンジンコインのターゲット層は他の暗号資産よりも狭いため、大きなイベントが起きないと価格は劇的に変動しません。

そのため、暗号資産を金融商品として扱っている人の場合、エンジンコイン以外に投資した方がメリットが大きくなります

まとめ

今回は、暗号資産の1つであるエンジンコインについて解説しました。

エンジンコインはEnjin Platformという独自のプラットフォームを持ち、ゲーム内でNFTを作成・売買することができます。

大手企業もエンジンコインに提携している背景や、NFT市場の盛り上がりに連動して価格が上昇する性格を考えると、将来性が期待できる暗号資産の1つといえるでしょう。

オンラインゲームと相性が良いため、ゲームに興味がある人におすすめの暗号資産です。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事