衛生管理者の難易度は?難しくなった理由や難易度、合格率を徹底解説

衛生管理者は国家資格であり、常時50人以上の労働者が働く事業場では、1人以上の衛生管理者を置くように法律で定められています。

衛生管理者の主な役割は、就労中の労働災害・労働者の健康障がいを防止することです。専門的な知識を有するため、企業からの需要が高く、就職・転職に役立つことは魅力と言えるでしょう。

そこで今回は、衛生管理者の難易度について解説。また、試験が難しくなった理由や合格率も紹介するため参考にしてみてください。

衛生管理者資格を取得するメリットや試験合格のコツも記事内で紹介します。

衛生管理者とはどんな仕事?

衛生管理者

衛生管理者とは、作業環境の衛生管理や労働者の健康管理をするのが主な仕事です。労働者に対しても、衛生教育や健康の保持・増進のための教育なども行っています。

具体的な仕事内容は以下を参考にしてみてください。
衛生管理者の業務内容
  • 健康に異常がある者の発見及び処置
  • 作業環境の衛生上の調査
  • 作業条件、施設等の衛生上の改善
  • 労働衛生保護具、救急用具等の点検及び整備
  • 社員に対する衛生教育、健康相談を行う
  • 社員のけがや病気の際の情報を記録し保存しておく
  • 特定の部署・雇用形態に限定せずに、幅広い層の社員の労働環境を整える
  • 定期的に衛生日誌を付け、職場環境の把握をする
  • 週1回以上の事業場の巡視

衛生管理者は、健康・体調に異常が出た社員の発見と処置を行い、健康診断の重要性を広め受診するように促す立場です。トイレや給湯室、倉庫などの衛生環境も確認し、必要であれば改善をしなければなりません。

日頃から救急箱やAEDについても管理点検を行っています。メンタルヘルス相談やストレスチェックなども衛生管理者の仕事です。

このように衛生管理者の仕事は毎日の点検・管理・記録などの作業から多岐にわたって、労働環境の改善に向けて取り組んでいます

社員が働きやすい環境を作り、安全な衛生環境を守る重要なポジションであるのが分かりますね。

衛生管理者の設置義務

衛生管理者は常時50人以上の労働者が働いている事業場では、必ず設置しなければなりません。衛生管理者の必須人数は労働者の人数により異なっています。

 一つの事業場に専属となるため、複数の事業場との兼任ができないのが特徴です。

事業場には衛生管理者の選任義務があり、選任義務が発生した日から14日以内に衛生管理者を置かなければなりません選任しなかった場合は、50万円以下の罰金が科せられます。(労働安全衛生法第十二条第一項による)

衛生管理者の設置人数は?

事業場の規模によって選任すべき衛生管理者の数は異なります。基本、他の事業場との兼業は出来ませんが、複数の衛生管理者の中に労働衛生コンサルタントがいる場合に限り兼業が許されています。

事業場の労働者数 衛生管理者の必須人数
50人以上200人以下 1人
200人を超え500人以下 2人
500人を超え1,000人以下 3人
1,000人を超え2,000人以下 4人
2,000人を超え3,000人以下 5人
3,000人を超える場合 6人

※参照:厚生労働省

【第一種・第二種】衛生管理者の資格取得難易度・合格率は?

第一種衛生管理者の難易度・合格率

衛生管理者試験を受ける

平成23年度から令和2年度までの第一種衛生管理者の受験者数合格者数合格率を表にまとめると以下の通りです。

開催年 受験者数 合格者数 合格率
令和2年度 43,157名 18,916名 43.8%
令和1年度 68,498名 32,026名 46.8%
平成30年度 67,080名 29,631名 44.2%
平成29年度 65,821名 29,636名 45.0%
平成28年度 61,500名 28,003名 45.5%
平成27年度 55,129名 30,587名 55.5%
平成26年度 53,111名 29,922名 56.3%
平成25年度 54,499名 29,800名 54.7%
平成24年度 55,080名 29,666名 53.9%
平成23年度 54,169名 27,203名 50.2%

上記から、受験者数が大きく減少していることが分かります。そして、合格者数も減っているため合格率も受験者数に伴い下がっているということが考えられるでしょう。

また、平成23年度と令和3年度を比較すると、受験者数は10,000人近く減っています。合格率も50%台をキープしていましたが、平成28年度を境に40%台へ落ち込んでいることも特徴の1つです。

このことから、試験の難易度は以前に比べて高くなったと推測できます。

出典:公益財団法人 安全衛生技術試験協会

第二種衛生管理者の難易度・合格率

衛生管理者試験の難易度を調べる

平成23年度から令和2年度までの第二種衛生管理者の受験者数合格者数合格率も表にまとめました。

開催年 受験者数 合格者数 合格率
令和2年度 22,220名 11,729名 52.8%
令和1年度 33,559名 18,511名 55.2%
平成30年度 32,985名 17,271名 52.4%
平成29年度 31,537名 17,302名 54.9%
平成28年度 29,186名 16,189名 55.5%
平成27年度 25,716名 16,983名 66.0%
平成26年度 25,069名 17,365名 69.3%
平成25年度 26,555名 17,878名 67.3%
平成24年度 26,960名 17,835名 66.2%
平成23年度 25,950名 16,140名 62.2%

第二種衛生管理者については、第一種衛生管理者と比較して合格率は高く、受験者数も平成23年度と令和3年度を見てもそれほど変わりません。

ただし、合格率は平成23年度が62.2%に対して、令和3年度は52.8%であることから、第一種衛生管理者と同じく試験の難易度が高くなったと予想できます。

出典:公益財団法人 安全衛生技術試験協会

衛生管理者の資格取得は難しくなった?

衛生管理者試験を受ける

衛生管理者の資格取得は、年々難しくなっていると聞いたことがある人もいるかもしれません。結論から言うと、資格取得は年々やや難しくなっています

しかし、毎年急に難易度が上がっている訳ではなく、最新情報をチェックしきちんとポイントを押さえて勉強していれば、合格することは決して不可能ではないでしょう。

毎年資格取得が少しずつ難しくなっている原因として、出題傾向が変わったことが挙げられます。衛生管理者の試験内容は、その年の社会情勢・法律改正などが影響するのです。

また、過去問とは異なる内容の問題が出題されるケースもあり、過去と同じような問題が出ると踏み、不合格になってしまった人は少なくありません。

衛生管理者の学習範囲は広いため、試験に出る箇所を絞らないまますべてを勉強することは至難の業と言えるでしょう。対策としては、出来る限り最新の過去問を解くことや常に最新のニュースをチェックすることが有効です。

学習範囲を絞る方法や最新情報の確認は、通信講座を利用することをおすすめします。

 

衛生管理者資格を取得するメリット

衛生管理者資格を取得するメリット

仕事の幅が広がる

現在、総務・労働管理・人事などに関する仕事に就いている場合、衛生管理者の資格があればキャリアアップも目指せる可能性があります。

衛生管理者は国家資格で需要が高く、資格獲得を推奨している企業は少なくありません。資格を持っていることで、特別手当の支給昇給・昇格に繋がるケースもあります。

そのため、試験に合格すれば、受験料や勉強にかかった費用などを回収できるくらいの収入アップが狙えるかもしれません。キャリアアップ・収入アップも目指している人は、ぜひ衛生管理者の資格取得を目指してみましょう。

転職で有利になる

スーツを着た男性

50人以上の職場であれば、衛生管理者を置く必要があることから、多くの企業が衛生管理者の資格保持者を募集しています。

そのため、衛生管理者の資格を持っていると転職で有利になる可能性が高いです。なお、衛生管理者の資格を活かせる職種には、総務・労務管理・設備保守などが挙げられます。

それ以外でも、労働環境を安全に維持するという点から、衛生管理者はほとんどの職種で求められていると言えるでしょう。

衛生管理者の業務は、年齢・性別に関係なく従事できるため、多くの人にとって転職時に有利な資格と考えられます。

衛生管理者の資格取得に必要な勉強時間はどれくらい?

衛生管理者試験の難易度を調べる

衛生管理者の資格取得に必要な勉強時間を平均すると、以下の通りになります。人によって習得スピードは異なるため、あくまで目安として捉えてください。

平均勉強時間
  • 第一種衛生管理者:約100時間
  • 第二種衛生管理者:約60時間

それぞれの勉強時間を月に換算すると、2ヶ月~3ヶ月ほどと考えられ、定期的に勉強して知識を刷り込み続ける必要があります。

2ヶ月~3ヶ月と聞くと短いように感じるかもしれませんが、仕事と掛け持ちしながらの状況では、試験までに時間が意外と足りなくなってしまうケースは珍しくありません。

そのため、決まった勉強時間を設けるための仕組み作りをおすすめします。また、衛生管理者合格のコツとしては、勉強時間の設定に加えて、試験問題の範囲を絞る方法を検討してみてください。

出典:ユーキャン

衛生管理者の難易度を他の資格と比較

衛生管理者試験の難易度を調べる

衛生管理者以外の資格取得を考えている方も少なくないでしょう。そこで、第一種衛生管理者・第二種衛生管理者と人気資格の合格率必要な勉強時間有利な職種をまとめてみました。

※表は右にスクロールできます。

例年の合格率 必要な勉強時間 有利になる職種
第一種衛生管理者 43.8% 約100時間 総務・労働管理・人事
第二種衛生管理者 52.8% 約60時間 総務・労働管理・人事
司法書士 3%~4% 約3,000時間 司法書士事務所
行政書士 8%~15% 約600時間~1,000時間 法務・総務
宅地建物取引士 15%〜17% 約300時間~400時間 不動産関係
社会保険労務士 6%~7% 約800時間~1,000時間 経理・財務・人事・総務・法務

第一種・第二種衛生管理者と各資格を比較すると、衛生管理者試験の合格率は圧倒的に高いことが分かります。つまり、年々難易度が上がってきているとはいえ、他の資格より取得しやすいと言えるでしょう。

また、勉強にかけている時間についても他に比べ圧倒的に少ないことから、決して難易度は高くないと予想できます。

出典:アガルートアカデミー

衛生管理者試験の合格のコツは?

過去問を繰り返し解く

テキストに書き込む人

衛生管理者試験を合格するには、とにかく過去問を解くことがおすすめです。参考とするテキストの内容を一通り目を通し、とにかく反復して解くことを意識しましょう。

初めは間違いの連続で合格点に届かないかもしれませんが、次第に頭に入ってきます。そして、問題の傾向を理解することも反復して解くことの狙いです。

一通り解いたら、誤っていた問題をテキストで確認しつつ、理解を深めていく作業に移ります。その際、頻繁に間違う箇所と理解できている箇所を分けましょう。

間違っていた問題を何度もテキストと照らし合わせ理解を深めることで、弱点とされるポイントの克服に繋がります。また、衛生管理者試験だけに限らず、反復することは勉強の基本と言っても過言ではありません。

科目別に分けて勉強する

衛生管理者試験の難易度を調べる

衛生管理者試験の勉強をするにあたって、科目別に分けて知識を習得することも有効です。

衛生管理者の科目
  • 関係法令
  • 労働衛生
  • 労働生理

関係法令

関係法令には、有害業務に係るものとそれ以外の2種類に分けられます。第一種衛生管理者の試験では、それぞれの問題が出題されるため、しっかりと知識を習得しておきましょう。

第二種衛生管理者の場合、有害業務に係るものは出題されません。そのため、第二種衛生管理者を受ける人は、有害業務の範囲を学ぶ必要がないと判断できます。

勉強範囲の必要性を把握することで、効率良く勉強を進めることが可能です。

労働衛生

労働衛生についても、有害業務に係るものとそれ以外に分けられます。第一種衛生管理者の試験ではそれぞれの問題が出題されますが、第二種衛生管理者では有害業務に係るものは出題されません

なお、過去5年間では有害業務に係るものとして、「有害物質の空気中の状態」「化学物質の健康障害等」「有害因子による健康障害」が常に出題されています。

過去のデータからどういった問題が出題されるのか重点的に押さえておきましょう。

労働生理

労働生理は有害業務に関係する種類がなく、第一種衛生管理者・第二種衛生管理者共に出題される問題は同じです。

呼吸・心臓・血液循環などは過去5年で見ても常に出題されているため、押さえておくべきポイントと言えます。

良く出題される問題は、栄養素の消化および吸収・内分泌・筋肉などです。

通信講座を利用する

衛生管理者試験の難易度を調べる

通信講座を活用することも、試験合格へ向けた勉強方法としておすすめです。通信講座を利用する最大のメリットと言えるのは、自宅をはじめ好きな場所で勉強を取り組めることにあります。

さらに、資格取得に必要な知識が動画で分かりやすく解説がされているため、反復して自分のペースで学べる点は魅力です。日常生活のなかで空いた時間を有効活用できるため、忙しい方でも勉強時間を確保しやすいでしょう。

通信講座用に分かりやすくまとめられたテキストも用意されているため、1人での勉強でも知識を身に付けやすいです。

衛生管理者の資格取得におすすめの通信講座3選

衛生管理者の資格取得におすすめの通信講座3選

第一種の合格率は約10年前には約50%だったのに対し、令和2年度は43.8%、第二種の合格率も62.2%から52.8%にまで落ち、年々難易度が高くなり資格取得が難しくなってきている衛生管理者。

資格取得のために必要な勉強時間も約60時間から100時間といわれており、確実にモノにするなら効率的な学習が外せません

そのためには、衛生管理者の資格を確実に取得でき、ご自身のペースで効率よくスムーズに学習が可能な通信講座の利用をおすすめします。

衛生管理者の資格取得のためのノウハウを持った質の良い講座のみ厳選してご紹介します。

第一種衛生管理者の過去10年の合格率は50%台から43%まで落ちており、また受験者数も10年前と比較すると約1万人ほど減った1万8,916名となっています。以前よりも試験の難易度も上がっていると推測されています。

 しかし、毎年急に難易度があがってるわけではないため、確実に合格をモノにしたい方は年々変わりつつある出題傾向や過去問にいち早く対応して指導をしてくれる通信講座の利用をおすすめします。

試験内容はその年の社会情勢や法律改正といった最新のニュースにも敏感になっておかなければクリアすることができません。

当サイトが特におすすめする、過去問対策もバッチリでかつ比較的安価で充実したサポートも受けられる講座を厳選してご紹介します。

表は右にスクロールできます。

衛生管理者の資格取得におすすめの通信講座
アガルート
資格のキャリカレ
ユーキャン
アガルート 資格のキャリカレ ユーキャン
価格 20,680円 38,500円(第一種・二種) 39,000円

合格率

非公開 非公開 非公開

おすすめポイント

コスパが非常に良い 不合格時の全額返金保証付き サポートが充実
詳細

出典:各種公式サイト
※ランキングは価格の安い順
※価格はすべて税込み、特に表記がない場合第一種のみで比較・2022年7月時点

アガルートアカデミー

アガルートアカデミー衛生管理者

アガルートアカデミーのおすすめポイント
  • 最短30日で試験合格を目指せる
  • 受験指導の経験豊富な講師陣
  • 合格に直結したオリジナルテキスト

アガルートアカデミーの衛生管理者講座のおすすめポイント

アガルートアカデミーの衛生管理者講座は、短期間で第一種・第二種ともに合格を目指すカリキュラムになっています。通常の場合、試験対策に必要な勉強時間は第一種で100時間、第二種が60時間と言われています。

 アガルートアカデミーでは、最短30日で合格を目指すカリキュラムになっているのが特長です。

出題傾向を反映させ過去問を最大限に活用した問題集と豊富なイラストで理解を助ける内容のテキストが魅力です。合計8回分の過去問題集がセットになっているので、試験を意識した実践的な内容で学ぶことができます。

講義動画はオンラインで配信することで、スキマ時間を使った効率的な学習が可能です。1チャプター10分~20分の短い講義動画で、音声のダウンロードや8段階の倍速機能に対応しています。

講義を担当する講師は受験指導の経験も豊富で試験に精通している講師ですので、試験に出題されやすい内容を分かりやすく指導してくれます。

講師が監修し作成したオリジナルテキストでしっかりポイントをおさえて学ぶことができるでしょう。

基本情報

主な講座の価格※1
  • 最安:9,680円(税込)〜
    (特例第一種試験対策講座)
  • 16,280円(税込)
    (第二種試験対策講座)
  • 20,680円(税込)
    (第一種試験対策講座)
教材の特長
  • 試験の出題頻度の高い内容をまとめた効率的なテキスト
  • 実践的なオンライン講義動画
  • 8回分の充実した過去問題集
サポート体制
  • 質問サポートFacebookグループ
合格率・合格実績 非公開
学習スタイル 通信
対応地域 全国

今だけ!お得なキャンペーン情報
アガルートアカデミー 衛生管理者キャンペーン情報
  • 対象講座受講社が視聴期限内に実施される衛生管理者試験に合格したらAmazonギフト券コード5,000円分進呈!※1

※出典:公式サイト
※1:2022年6月時点

ユーキャン

ユーキャン衛生管理者

ユーキャンのおすすめポイント
  • 学習時間は1日30分からと取り組みやすい
  • 長期間をかけてじっくりと学習したい人におすすめ
  • 月々3,300円(税込)からとコスパが良い

ユーキャンの衛生管理者講座のおすすめポイント

ユーキャンの衛生管理者講座は、第一種コース・第二種コースを選択することができます。

 第一種は最短6か月、第二種は最短4カ月で合格が目指せるカリキュラムになっているのが特徴です。

テキストは1日4~5ページ取り組むのが目安になっているので、ムリなく学習を続けることができるでしょう。イラストや図解を豊富に掲載したテキストで、記憶に残りやすい仕様です。

添削課題はそれぞれのコースで4回ずつ用意してあります。テキストの理解度を確認することができ、講師からの個別でアドバイスを受けることができます。

スマホやPCでも学習が可能な「学びオンラインプラス」を活用すれば、会社の休憩時間や通勤中などのスキマ時間で動画を視聴することができます。

1日数分程度のスキマ時間を効率よく利用できるのでおすすめです。

基本情報

主な講座の価格※1
  • 最安:39,000円(税込・一括)〜
    (衛生管理者講座:第一種コース)
  • 39,000円(税込・一括)〜
    (衛生管理者講座:第二種コース)
教材の特長
  • 過去5年分の出題傾向を分析した短期速習テキスト
  • スキマ時間で勉強できる
  • スマホやPCに対応したオンライン講義
サポート体制
  • 質問対応サービス(1日3問までの上限あり)
  • 添削(4回)
  • 最新情報のお知らせサービス
  • 指導サービス延長(第一種:12か月まで 第二種:8カ月まで)
合格率・合格実績 非公開
学習スタイル 通信・オンライン
対応地域 全国

※出典:公式サイト
※1:2022年6月時点

LEC東京リーガルマインド

LEC衛生管理者

LEC東京リーガルマインドのおすすめポイント
  • DVD通信かWeb通信を選べる
  • LEC東京リーガルマインドオリジナルを含む書籍が豊富
  • 先輩受講生や合格者が相談に乗ってくれる

LEC東京リーガルマインドの衛生管理者講座のおすすめポイント

LEC東京リーガルマインドの衛生管理者講座は、DVD通信かWeb通信を選ぶことができます。

 Web通信を選択した場合、講義動画をスマホやPCなどから視聴が可能です。

音声のダウンロードができるので、映像が見れない場面での学習にも最適です。テキストや板書はPDFで添付されるので、手元にテキストを用意する必要がありません。

LECで実際に使用しているテキストを代理店でも購入ができる位、充実した内容になっています。

Online StudySPでは、先輩受講生や合格者からアドバイスを受けることができたり学習の進捗状況やスケジュール管理も可能です。

基本情報

主な講座の価格※1
  • 最安:16,300円(税込)
    (Web通信・音声DL・スマホ配信:第二種)
  • 18,330円(税込)
    (DVD通信:第二種)
  • 25,460円(税込)
    (Web通信・音声DL・スマホ配信:第一種)
  • 30,560円(税込)
    (DVD通信:第一種)
教材の特長
  • LEC専任講師のオリジナルテキスト
  • Online StudySPを使った学習
サポート体制
  • 講師によるオリジナル講義
  • Online StudySP
合格率・合格実績 非公開
学習スタイル 通信・オンライン
対応地域 全国

今だけ!お得なキャンペーン情報
LEC東京リーガルマインド キャンペーン
  • 8月末までがお得!期間中にお申込するだけで、大幅割引・特典がうけられるチャンス!※1

    ※出典:公式サイト
    ※1:2022年6月時点

    資格のキャリカレ

    キャリカレ衛生管理者

    資格のキャリカレのおすすめポイント
    • ネットからの受講申し込みで10,000円割引
    • 一人でも勉強しやすい教材と万全な試験対策
    • 不合格の場合は受講料を全額返金

    資格のキャリカレの衛生管理者講座のおすすめポイント

    資格のキャリカレの衛生管理者講座は、第一種・第二種共通のカリキュラムになっています。最短1か月というスピードで合格を目指すことができます。

     12カ月間しっかりと学習サポートをしてくれるため、自分のペースで学習を続けることが可能です。

    Webでも学習ができるので、毎日のスキマ時間を使って繰り返し復習ができ忙しい方にも安心でしょう。初学者にも学びやすいように、試験での出題頻度がマークで表示されています。

    スマホでARアイコンを読み取れば、アプリ「eスキップ」からすぐに質問することができて便利です。

    万が一不合格だった場合は、受講料の全額返金制度もあるので気軽にチャレンジすることができます。

    基本情報

    主な講座の価格※1
    • 最安:48,500円(税込)
      (衛生管理者第一種・第二種)
    教材の特長
    • 試験の出題頻度が分かるマーク付き
    • 分からない箇所は、アプリで質問が可能
    サポート体制
    • 不合格時の全額返金
    • 無料質問サポート(上限なし)
    • 添削指導
    • SNSで疑問や悩みに返答
    • 修了後の就職・転職もサポート
    • 2講座目を無料で受講できる
    合格率・合格実績 非公開
    学習スタイル 通信
    対応地域 全国
    各種割引制度・
    キャンペーン情報※1
    • 受講料最大半額!学習応援キャンペーン
    • LINEともだち登録で10%OFFクーポン

    今だけ!お得なキャンペーン情報
    資格のキャリカレ
    • 19日間限定のお得なチャンス!!人気の講座が最大20%OFF!※1

    ※出典:公式サイト
    ※1:2022年6月現在

    オンスク.jp

    オンスク衛生管理者

    オンスク.jpのおすすめポイント
    • 問題演習もWEB上で完結する講座内容
    • 低料金で複数学べるウケホーダイもあり
    • インプット学習に最適な動画での講義

    オンスク.jpの衛生管理者講座のおすすめポイント

    オンスク.jpの衛生管理者講座は、一般社団法人日本衛生管理者ネットワークの講師が担当するオンライン講座です。

     講義動画・問題演習・教材がすべてWEB上でダウンロードできるのが特徴です。

    学習状況の進捗管理もWEBで見ることができるので効率よく学べるでしょう。

    過去問題から出題傾向を徹底的に分析しているのもポイントです。

    基本情報

    主な講座の価格※1
    • 最安:1,078円(税込・月額)
      (ウケホーダイライト)
    • 1,628円(税込・月額)
      (ウケホーダイスタンダード)
    • 8,140円(税込・一括)
      (ウケホーダイスタンダード:6か月パック)
    • 11,880円(税込・一括)
      (ウケホーダイスタンダード:9か月パック)
    • 15,400円(税込・一括)
      (ウケホーダイスタンダード:12か月パック)
    教材の特長
    • 項目ごとにポイントを解説した講義動画
    • 出題傾向を分析し過去問題集
    • 音声・スライドもダウンロード可能な講義動画
    サポート体制
    • みんなの学習相談
    • 情報マガジン
    • 独学あるある
    合格率・合格実績 非公開
    学習スタイル オンライン
    対応地域 全国
    各種割引制度・
    キャンペーン情報※1

    なし

    ※出典:公式サイト
    ※1:2022年6月現在

     

    衛生管理者の難易度や合格率に関するよくある質問

    衛生管理者の難易度と合格率は?
    衛生管理者の合格率は43.8%と高い数字ではありません。約5年前までは合格率50%以上をキープしていましたが、現在では合格率から分かるように、難易度も高くなっています。
    衛生管理者はどのくらいの時間勉強すれば資格が取れる?

    第一種衛生管理者は約100時間、第二種衛生管理者は約60時間ほどの時間がかかると言われています。それぞれの勉強時間を月に換算すると、2ヶ月~3ヶ月ほどと考えられ、定期的に勉強して知識を刷り込み続ける必要があります。

    衛生管理者の仕事を取得するメリットは?
    まず、資格を持つことで仕事の幅が広がります。例えば現在、総務・労働管理・人事などに関する仕事に就いている場合、衛生管理者の資格があればキャリアアップも目指せる可能性があります。

    衛生管理者は国家資格で需要が高く、資格獲得を推奨している企業は少なくありません。資格を持っていることで、特別手当の支給昇給・昇格に繋がるケースもあります。

    まとめ

    この記事では、衛生管理者の難易度や難しくなった理由について解説しました。

    難易度が上がり難しくなった考えられる理由としては、衛生管理者の試験内容は社会情勢や法律改正が影響するため、出題傾向が変わったことが挙げられます。

    しかし、難易度が上がっていたとしても、衛生管理者試験合格に向けた通信講座を利用することで、試験に合格することは充分に可能でしょう。

    これから衛生管理者試験の取得を目指す方は、効率的に学べる通信講座を活用してください。

    関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事