FXの両建てはどんな手法?メリット・デメリットと利益を出す手法について解説!

「FXの両建てって稼げるの?」「両建てのやり方は?どう活用すればいいか知りたい!」あなたはこんな疑問を持っていませんか?

両建ては、買いと売りのポジションを同時に持つ手法。リスクヘッジとして活用することも可能ですが、手数料面で不利になるため考えなしに行うことはおすすめできません。

この記事では、両建てのメリット・デメリットと具体的な活用方法、そしてリスクが高い理由についてまとめました。

両建てがどんな手法なのか3分でわかりますので、ぜひご覧ください!

FXの両建てとは

両建てとは、買いと売りのポジションを同時に持つことです。

そもそもポジションとは?
注文から決済するまでのこと。注文を入れたときはポジションを持った、決済したときはポジションを手放したという。

両建てをする意味は、リスクヘッジにあります。例えば、買いポジションだけだと相場が下落した際に含み損を抱えてしまいますが、売りポジションも同時に持つことで含み損を抑えられるというわけです。

また、損失より利益が上回っている場合は、単にリスクヘッジするだけでなく利益を確保することもできます。

両建ては複雑な手順が必要なく、初心者でも簡単に実践できます。

FXで両建てするのはリスクが高い

両建ては良い手法に思えますが、初心者が考えなく使うのはおすすめできません。なぜなら、FXにはスプレッドやスワップポイントもあるからです。

そもそもスプレッドとは?
通貨の買値・売値の差のこと。実際の取引では、スプレッドが差し引かれた上でポジションを持つため、マイナスポジションからスタートとなる。

スプレッドは取引のたびにかかります。買い注文だけならスプレッドが取られるのは1回のみですが、両建てをすると買いと売りで2回スプレッドを取られるため、単純に不利です。

また、スワップポイントも考慮しなければなりません。

そもそもスワップポイントとは?
通貨同士の金利差のこと。ポジションを持ったまま日をまたぐと、通貨の金利差に応じたスワップポイントを受け取れる、もしくは引かれる。

ほぼすべての通貨ペアは、買いと売りのスワップポイントの合計がマイナスになります。したがって、両建てで長くポジションを保有すればするほど、スワップポイントが引かれてしまうというわけです。

両建ては手数料面で不利になるため、考えなしに使っても手数料負けしてしまいます。

次項からは、スワップポイントのメリット・デメリットについて、より詳しく解説していきます。

FXで両建てを使う3つのメリット

両建てを利用するメリットは、主に次の3つです。もう少し具体的に解説します。

両建てを使うメリットとは
  • リスクヘッジできる
  • 含み損を抑えられる
  • 税金対策になる

(1)リスクヘッジできる

両建ては為替変動に対するリスクヘッジになります。為替市場の未来は誰にも予想できません。各国の経済指標や要人の発言、そして政策発表などさまざまな要因で変動するため、動きを読んで取引するのは難しいです。

しかし、相場がどう転んでも上昇・下落の2パターンしかないのも事実。両建てを利用すれば、上昇・下落のどちらに転んでも大きな含み損が発生しないため、取引において大きなリスクを負うことがありません。

含み損を抱えてしまった際は、とりあえず両建てで様子を見ることもできます。

(2)含み損を抑えられる

先ほどの続きですが、両建てで含み損を抑えることで長期取引も可能です。例えば、1ドル=110円の時に1,000通貨分の買いポジションを持ったとしましょう。

この際、相場が1ドル=105円になると5千円分の含み損が発生します。

このタイミングで同じ分だけ売りポジションを持ち、さらに1ドル=100円まで下落すると「買いポジションの含み損1万円 – 売りポジションの含み益5千円」となり、含み損を抑えられます。

よって、より少ない証拠金で取引を続行することも可能になるというわけです。

上手くタイミングを合わせれば、含み損を抑えつつ長期戦が可能になります。

(3)税金対策になる

両建てを活用すれば税金を抑えることも可能です。ポジションを決済すると、その時点で利益が確定して課税対象となります。しかし、かといって利確しないとせっかくの利益がなくなってしまうかもしれませんね。

ここで逆ポジションを持つことで、万が一相場が変わってしまったときのリスクヘッジになります。

当然スプレッドやスワップも考慮して、お得になるように考えなければいけません。

FXで両建てを使う3つのデメリット

両建ては場面によっては便利ですが、一方で次のようなデメリットもあります。何度もくりかえしますが、考えなしに両建てを使うのは危険です。使用するにしても、リスクについて必ず理解しておきましょう。

両建てを使うデメリット
  • スプレッドが増える
  • ロスカットされやすくなる
  • スワップポイントがマイナスになる

(1)スプレッドが増える

両建てを行うとスプレッドが多くかかってしまいます。スプレッドというのは、ポジションを持つたびにかかるもの。したがって、買いと売りで2回注文を入れる両建ては、手数料的に損してしまいます。

とはいえ、スプレッドは通貨ペアや業者によって異なります。両建てを多用するなら、スプレッドの控えめな業者を選ぶとより扱いやすくなるでしょう。

そもそも、長期取引が前提であればスプレッドはそこまで気にする必要はありません。

業者によってはスプレッドがかなり重い場合もあるため、手数料負けしないように注意です。

(2)ロスカットされやすくなる

両建てはロスカットされやすくなる点に注意しましょう。なぜなら、ポジションを2重に持つとその分必要証拠金は増えるからです。

両建てを最大限活用するなら、証拠金は多めに用意しておくことが重要になります。また、様子見感覚で両建てを多用していると、その分ロスカットされるリスクも高くなってしまいます。

やはり、考えなしに両建てを利用するのは危険だと言えるでしょう。

(3)スワップポイントがマイナスになる

両建てではスワップポイントが基本的にマイナスになってしまいます。なぜなら、スワップポイントは買いと売りでそれぞれ異なるからです。

ほとんどの通貨ペアでは、買いスワップと売りスワップを合わせるとマイナスになるため、両建てするとスワップポイントが引かれていきます。

したがって、あまり両建てポジションを長期的に保有すると、スプレッドに加えてスワップポイントに食われてしまいかねません。

ただし、口座によってはスワップポイントが活かせるケースもありますので、後ほど解説します。

FXで両建てを上手く活用する2つの方法

両建てはリスクも大きい手法ですが、全く活用できないわけではありません。以下の2つの方法なら、現実的に両建てを活用して利益を出すことも可能です。

スワップポイントの活用方法
  • つなぎ売り
  • スワップポイント

(1)つなぎ売り

つなぎ売りは、決済のときに逆ポジションを保有する手法です。

最もスタンダードな両建ての活用方法だと言えるでしょう。相場に合わせて買いと売りを使い分けていくことで、リスクヘッジをしながら利益を狙うことができます。

例えば、まず買いポジションを保有します。次に、相場が上昇したら買いポジションと同じだけ売りポジションを持ち、下落したら売りポジションを決済。

また上昇したら、最初の買いポジションを決済するという手順です。この手法は含み損を利用して利益を狙える反面、失敗すると大きな損失を負ってしまうというリスクもあります。

まずは少額取引やデモトレードで試してみると良いでしょう。

(2)スワップポイント

次におすすめなのがスワップポイントを使った方法です。

基本的に、買いと売りのスワップは合わせるとマイナスになります。しかし、以下2つの条件を満たしている通貨ペアであれば、両建てポジションを保有するだけで利益を狙うことが可能です。

スワップで利益を狙うのに必要な条件
  • 金利が変動しない
  • 買いと売りのスワップ合計がプラス

例えば、海外業者ですがGemforexのドル円はスワップの合計がプラスになる上に、金利が何年間も変わっていないことで有名です。

 絶対に金利が変わらないという保証はないため、こまめにチェックする必要はあります。特に、近年はスワップが減っている傾向にあるため要注意です。

やり方は非常に簡単で、対象通貨ペアを両建てで保有して放置するだけです。

最初はスプレッドがあるため含み損が発生しますが、次第にスワップポイントが貯まってくるとプラスになっていきます。

証拠金も時間もある程度必要ですが、放置するだけで稼げるのでまとまった資金があるならぜひ試してみてください!

こちらは資産運用感覚でスワップが貯まるので、なかなか悪くない手法です!

両建ては禁止されているFX業者もあるので注意

両建ては禁止されている業者もあるため注意しましょう。

もし規約に反した行為を行うと、強制的に口座が凍結されます。こうなると、せっかく利益が出ても出金することができないため、事前に両建てができるのか調べておいた方が無難です。

なお、国内では以下の業者が両建てを利用できます。

国内で両建てを利用できる業者
  • GMOクリック証券
  • DMM FX
  • 松井証券 MATSUI FX
  • みんなのFX
  • 楽天FX

両建てを利用した取引を行うなら、上記の業者を利用すると良いでしょう。

FXで利益を出す上で重要な4つのポイント

初心者はどうしても両建てのような特定の手法に頼ってしまいがちです。

しかし、取引で勝てるようになるためには勝てる方法を自分になりに見つけるしかありません。この項では、FXで勝つためのポイントを4つまとめました。

FXで勝つための4つのポイント
  • 余剰資金から投資する
  • 取引の根拠を決める
  • 取引の分析を行う
  • 自分にあった業者を選ぶ

(1)余剰資金から投資する

投資において余剰資金で投資することは非常に重要です。相場がどう動くか誰にもわかりません。もし負けたら後がない状態で取引すると、冷静な判断や損切りができなくなってしまいます。

「もう少しで相場が変わるかも…」「このままポジションを持っていれば勝てるかも」

このように判断して損切りできず、結局ロスカットに至ってしまう人は後を経ちませんので、必ず失っても問題ないお金で投資しましょう。

取引に慣れるまでは少額投資で十分です!

(2)取引の根拠を決める

取引は必ず根拠を持って行いましょう。FXは相場が上がるか下がるか予測するゲームです。相場が動く要因を何か考えないと、ギャンブルと何ら変わりありません。

さらに言うと、FXには手数料やスプレッド、ロスカットといった要素もあるため、単なる5割の勝負よりも分が悪いです。根拠には次のようなものが挙げられます。

取引の根拠の例
  • ローソク足の形
  • ゴールデンクロス
  • デッドクロス
  • インジケーターやオシレーター

取引の手法は無限大ですので、手探りで良いので自分なりに使いやすい手法を探してみましょう。

ちなみに、根拠は多ければ多いほど取引の成功率が高まります!

(3)取引の分析を行う

取引をしたら必ず分析を欠かさないようにしましょう。取引の根拠を決めることは大事ですが、勝っているのか負けているのかわからないと、勝率アップのための施策を立てられません。

極端な話、分析をしないと勝率の低い手法で戦い続けてしまうことも考えられます。これでは勝てるようにならないことは分かりますよね。

取引の際はまず根拠を決め、そしてその根拠が正しいのか分析を重ねる必要があります。

ちなみに、分析するにはある程度数をこなす必要があることも覚えておきましょう。

(4)自分にあった業者を選ぶ

取引の際は、自分のスタイルにあった業者を選びましょう。業者によって、スプレッドやスワップポイント、取扱通貨ペア等の設定はまったく違うからです。

例えば、短期取引がメインならスプレッドの低い業者を選び、スワップ狙いならスワップポイントを多くもらえる業者を選ばなければなりません。

 業者選びは、いわば戦場を選ぶようなもの。戦うべき場所を間違えると、その時点で不利になってしまいます。

なお、次項ではおすすめのFX業者を紹介しています。

国内だけでもさまざまな業者があって、それぞれ提供しているサービスもまったくの別物。口座をまだ持っていないなら、ぜひ参考にしてくださいね!

おすすめのFX口座5選を徹底比較!

DMM FX

DMM FX

DMM FXのおすすめポイント
  • 口座開設+新規取引数量に応じ最大200,000円キャッシュバック
  • 日本でトップクラスの83万3,000口座数を誇る
  • 最低取引単位10,000通貨から取引可能
  • 各種手数料が無料

DMM FXは日本でトップクラスの83万3,000口座数を誇る、アマチュアトレーダーからプロトレーダーまで大好評のFX口座です

特に充実した取引ツールが素晴らしく、PC版は豊富な機能を備えたハイグレードな取引ツールが魅力です。スマホ版はスピーディーに取引できるよう見やすい設計になっています。

 また、DMM FXは入出金手数料や取引手数料などが一切かからないため、FX初心者でも安心して取引できるところがポイントです。

それに加え、営業日であれば24時間、電話やメールなどでサポートしてくれるので、FX取引で何か分からないことがあればすぐに相談できる点は、FX初心者には嬉しいサービスです。

DMM FXの基本情報

最低取引単位 10,000通貨
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 21通貨ペア
スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 制限なし

今だけ!お得なキャンペーン情報DMM FXキャンペーン情報
  • 新規口座開設+取引で最大200,000円キャッシュバック※1
  • CHF/JPY、NZD/JPY、CAD/JPYスプレッド縮小キャンペーン※2

※1 修了期間未定/2021年2月1日以降に口座開設が完了した方 3か月以内に指定の新規取引数量を満たした方に最大で『200,000円』をキャッシュバック!

※2 期間:2022年3月1日(火)7時00分 ~ 2022年6月1日(水)5時59分まで

※出典:DMM FX公式

GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券のおすすめポイント
  • 新規FX口座開設+新規取引で最大300,000円のキャッシュバック
  • FX取引高世界1位で国内では9年連続1位の取引量
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月
  • 最低取引単位10,000通貨から取引可能
  • 各種手数料が無料

GMOクリック証券はFX取引高世界1位で国内では9年連続1位(2012年~2020年)の取引量を誇る、業界最安水準の手数料体系を実現したFX口座サービスです。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

 PCツールに負けず劣らずのスマートフォン取引ツールは、直感的操作性と分かりやすさが魅力です。GMOクリック証券は「安さ」「使いやすさ」に特化しています。

その他にも業界最狭水準のスプレッド幅や各種取引手数料が0円など、快適なトレード環境を提供してくれている至れり尽くせりなFX会社がGMOクリック証券です。

サポート体制も充実しており24時間無料で相談に乗ってくれます。サービス内容も非常に充実している至れり尽くせりなFX口座です。FX初心者はまずは口座開設しておきましょう。

※スプレッドは原則固定

GMOクリック証券は顧客第一主義が徹底されており、アマチュアからプロまで大人気です。

GMOクリック証券の基本情報

最低取引単位 10,000通貨
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 20通貨ペア
スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 下限なし

今だけ!お得なキャンペーン情報
GMOクリック証券 キャンペーン情報
  • はじめてのFX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック!※1

※1 終了時期未定/FX取引口座の開設月の翌々月末の最終営業日のニューヨーククローズまでに、取引条件を満たした方が対象/アフリカランド、メキシコペソは10万通貨を1万通貨として換算されます

※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

出典:GMOクリック証券公式

LINE FX

LINE FXのおすすめポイント
  • 口座開設+1取引だけで最大5,000円プレゼント
  • 最低取引単位1,000通貨から取引可能
  • 新規口座開設数が業界トップ
  • 各手数料が無料

LINE FXは、スマートフォンのチャットアプリであるLINE株式会社が提供するFX口座サービスです。

LINEと聞くと連絡手段の一つのイメージがありますが、LINEは積極的に様々な金融関連のサービスを提供しており、お金と人との距離を近づけています。

 最近は将来の不安からか若い人達が積極的に投資をするようになり、LINE FXを利用して投資をされる方が年々増えてきました。

そのため、2020年の3月にLINE FXがプレスリリースされ、9月までの6ヶ月の期間で新規口座開設数が業界トップ君臨し鳴り物入りでFX業界にきました

スマートフォンで投資ができるカジュアルさが受け、特に20〜30代の若い人に大人気です。

最小約4,000円程度からFXを始められるのでオススメです。

LINE FXの基本情報

最低取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 23通貨ペア
スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 制限なし

LINE FXのキャンペーン情報
新規口座開設と1取引で最大5,000円プレゼント中、好評につきキャンペーン期間が終了時期未定に!
さらに期間限定で期間中の口座開設と取引量に応じて最大5万円のキャッシュバックキャンペーン開催中!
※米ドル/円の通貨ペアは対象外
※終了時期未定

出典:LINE FX公式

外為どっとコム

外為どっとコム

外為どっとコムのおすすめポイント
  • 新規口座開設+取引量に応じて最大30万円キャッシュバック
  • 最低取引単位1,000通貨から取引可能
  • 取り扱い通貨ペアが30種類と豊富
  • 各種手数料が無料

外為どっとコムは口座開設数が55万件を突破しており、DMM FX・GMOクリック証券・外為オンラインなどの大手企業に次いで第4位となっています。

業界最狭水準のスプレッド、取引ツールが充実しているなどの魅力があり、初心者から上級者まで幅広い層に利用されています。

 創立は2002年なので、20年の歴史をもつ老舗企業です。

外為どっとコムではサポート体制も充実しており、WEB問い合わせは365日24時間利用可能です。何かわからないことがあった場合や緊急時にすぐにサポートを受けられるのは大きなメリットでしょう。

現在新規口座開設+取引で最大30万円がキャッシュバックされるキャンペーンを開催しているので、これからFXを始めようと思っている方にはおすすめです。

1,000通貨単位からの少額投資も可能なので初心者には最適です。

外為どっとコムの基本情報

最低取引単位 1,000通貨〜
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 30通貨ペア
スプレッド※原則固定、例外あり 米ドル/円(非公開)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 制限なし

今だけ!お得なキャンペーン情報
外為どっとコムキャンペーン情報
  • 新規口座開設+1万通貨の取引を1回で2,000円キャッシュバック!さらに取引量に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーン実施中!※1
  • 新スマホアプリ限定キャンペーン、取引数量に応じて最大100万円キャッシュバック※2
  • 過去平均値の30%上乗せで、業界最高水準のスワップポイントを提供キャンペーン※3
  • 高金利通貨のお取引で最大100万相当のFXポイントをプレゼント!※4

※1 終了期間未定。ロシアルーブル/円に限り、上記適用条件の10倍の新規取引数量が必要です。(10,000通貨=ロシアルーブル/円:1Lot、その他通貨ペア:10Lot)

※2 期間:2022年5月2日(月)午前7時00分~2022年6月4日(土)午前5時55分※指定7通貨ペアの新規注文の取引量に応じて、最大100万円キャッシュバック

※期間:2022年5月2日(月)午前7時00分~2022年6月4日(土)午前5時55分※「南アフリカランド/円」(ZAR/JPY)、「トルコリラ/円」(TRY/JPY)、「メキシコペソ/円」(MXN/JPY)の買ポジションに対し、期間中の各営業日の取引終了時刻をまたぐ度にその時点での数量、および当日のスワップポイント付与日数に応じて一定金額のスワップポイントを上乗せ。

※期間:2022年4月4日(月)午前7時00分~2022年6月4日(土)午前5時55分※指定通貨ペアの新規注文の取引量に応じて、最大100万円相当のFXポイントをプレゼント※FXポイントをお受け取りになるためには事前に『らくらくFX積立』の口座開設が必要です

出典:外為どっとコム公式サイト

外貨ex byGMO

外貨ex byGMO

外貨ex byGMOのおすすめポイント
  • 新規口座開設+取引で最大15万円キャッシュバック
  • 口座開設申し込みは最短5分で完了
  • FXを学べるコンテンツが豊富
  • 各種手数料が無料

外貨ex byGMOは「GMOインターネットグループ」によって運営されているFXサービスです。24種類の通貨ペアを各種手数料無料で取引できるため、初心者にも使いやすいでしょう。

 新規口座申し込みは最短5分で完了するので、すぐにでもFX取引を始めたいという方にはおすすめです。

外貨ex byGMOではFXに関するコンテンツ外貨exアカデミーを配信しています。ここでしか読めないFXレポートや著名トレーダーのコラムなど内容は豊富です。

またマルチデバイス対応の取引ツール「外貨exが無料で利用することができます。手軽にFX取引をしたいという方は要チェックです。

現在キャッシュバックキャンペーンも開催されていますので、公式サイトをチェックしてみてください!

外貨ex byGMOの基本情報

最低取引単位 1,000通貨〜
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 24通貨ペア
スプレッド※原則固定、例外あり 米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 制限なし

今だけ!お得なキャンペーン情報
  • 新規口座開設&取引金額で最大15万円キャッシュバック!※1
  • 取引に応じで毎月現金キャッシュバックキャンペーン中!FXの取引をするたび毎月最大100万円が取引額に応じて返ってくる!※2

※1 口座開設申込期間:2022年4月1日(金)~2022年6月30日(木) / 取引対象期間:口座開設完了月の翌々月最終営業日ニューヨーククローズ

※2 終了時期未定

出典:外貨ex byGMO公式サイト

FXの両建てに関するよくある質問

両建てはどんな手法?
買いと売りのポジションを同時に持つ手法です。
本来であれば、相場が思った方と逆に動くとその分損失が膨らみますが、両建てを利用すれば含み損を抑えながら取引できます。
両建てはどんどん使った方が良いの?
両建てを考えなしに使うのはおすすめできません。
なぜなら、スプレッドは2回取られてしまいますし、スワップポイントも基本的にマイナスになるからです。
リスクヘッジはできても、手数料負けしてしまっては意味がありませんよね。
両建てってどんな業者でも使えるの?
業者によっては禁止されていることもあります。
もし禁止されているのに両建てを使うと、口座が凍結されて利益が出金できなくなってしまうため、絶対にやめてください。
両建てを使うなら、両建てが禁止されていない業者を利用しましょう。
両建てが使える業者にはどのようなものがあるの?
以下の国内業者は両建てが禁止されていません。
GMOクリック証券
DMM FX
松井証券 MATSUI FX
みんなのFX
楽天FX
ただし、規約は変更されることもあり得ます。トラブルを避けるため、登録前には必ず各業者の規約をチェックしておきましょう。
両建て以外で簡単に勝てる方法はある?

残念ながら楽して勝てる手法はありません。
しかし、自分なりに取引の根拠を考えて取引・分析を繰り返していくことで勝てる手法が見つけられるようになります。
まずは少額からで良いので、取引しながら勝てる手法を探っていきましょう。

まとめ

両建ては買いと売りのポジションを同時に持つ手法です。一見リスクヘッジできそうに思えますが、考えなしに行うことはおすすめできません。

両建てをすると2重でスプレッドを取られますし、スワップポイントもマイナスになるため長期保有すると損失が拡大します。それに、両建てしていても相場が大きく動くと、ロスカットされてしまうかも知れません。

このように、両建てはリスクも大きい手法なのです。なお、スワップポイントを活用した手法には次のようなものがあります。

スワップポイントの活用方法
  • つなぎ売り
  • スワップポイント

両建ては業者によっては禁止されている場合もあります。そもそも、業者を選ぶポイントは両建ての可否だけではありません。スプレッドやスワップなどの条件を考慮し、自分にあった業者を選びましょう!

※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事