DMM株とはどんな証券会社?メリット・デメリットや手数料を紹介

「DMM株はどんな証券会社なの?」
「どんな強みがあるの?他の証券会社と比較したメリットやデメリットを知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

DMM株は「DMM.com証券」が運営するネット証券。

取り扱い商品こそ少ないですが、手数料の安さが業界最安値として評判となっています。

今回は、DMM株に興味があるあなたに向けて、メリットや手数料についてもご紹介していきます。

最後まで読めばDMM株の全体像が理解できるでしょう!ぜひ最後までご覧ください。

DMM株とはどのような証券会社?

株式投資に興味のある方であれば、DMM株の名前を聞いたことがあるという方も多いでしょう。

この章では、DMM株がどのような証券会社なのか、どのような商品・サービスを提供しているのかなどを解説していきます。  

DMM株の概要

DMM株はDMM.com証券が運営するネット証券です。DMM.com証券自体は、様々な金融サービスを提供している「DMMグループ」に属しています。

現在では株式投資だけでなく、「DMM FX」「DMM CFD」などのサービスを提供し、金融業界でも注目を集めてきました。

運営企業 株式会社DMM.com証券
開設口座数 80万以上
商品・サービス 国内・米国株式など
手数料 現物取引5万円まで55円〜
取引単位 1株

出典:DMM株公式サイト

DMM株の商品・サービス

DMM株で取り扱っている商品・サービスは国内株式、米国株式のみです。

FXについてはDMM.com証券が提供している「DMM FX」での取り扱いとなりますので、ご注意ください。

DMM株の手数料

利用する証券会社を選ぶ際、多くの人が気にするのが手数料でしょう。手数料をいかに抑えるかが、投資で利益を上げるポイントとなります。

この章ではDMM株の手数料について解説していきます。以下の手数料を詳しくみていきましょう。

DMM株の手数料
  • 現物取引
  • 信用取引
  • 米国株手数料

現物取引

現物取引は自身の現金を株式と引き換える投資方法です。基本的には普通のショッピングと同じという認識で問題ないでしょう。

現物取引には買ってから売るまでの期間に制限がないという特徴があります。DMM株の現物取引の手数料は以下の通りです。

5万円まで 55円
10万円まで 88円
20万円まで 106円
50万円まで 198円
100万円まで 374円
150万円まで 440円
300万円まで 660円
300万円以降 880円

※全て税込

出典:DMM株公式サイト

DMMでは、手数料に対して1%のDMMポイントが付与されるので非常にお得です。

また、25歳以下のユーザーを対象にした手数料実質0円キャンペーンも行われていますので、対象になる方は合わせてご利用ください。

1ヶ月の取引手数料が翌月に口座にキャッシュバックされます。

信用取引

信用取引とは、現金や株式を担保として証券会社に預け、お金や株式を借り入れて取引するシステムです。

信用取引は、現在持っている現金以上の金額の取引が可能といったメリットがあります。DMM株の信用取引の手数料は以下の通りです。

300万円まで 88円
300万円以降 0円

※全て税込

出典:DMM株公式サイト

DMM株の信用取引手数料は一般コースとVIPで変動します。上記で紹介したのは一般コースの手数料です。

VIPコースになると金額に関わらず手数料が無料になるので、DMM株で頻繁に株取引をするという方はVIPコースに入っても良いでしょう。

VIPコースには様々な特典がありますが、入会にはいくつか条件を満たす必要があります。

米国株手数料

最後にDMM株で米国株式の取引手数料を見ていきましょう。

取引手数料 一律0円
為替手数料 1ドルにつき25銭
配当金受取時の為替スプレッド 基準為替レート-1円

※全て税込

出典:DMM株公式サイト

米国株式は、取引手数料が約定金額に関わらず一律で0円に設定されているので、非常にお得です。 米国株式に興味があるという方は、ぜひ利用してみてください。

DMM株の口座開設方法

「これから株式投資を始めたい」「もっと手数料がお得な証券会社を利用したい」といった理由から、DMM株を検討している方も多いでしょう。

この章ではDMM株の口座開設方法についてご紹介していきます。口座開設には以下のようなステップを踏む必要があります。

DMM株の口座開設方法
  • 1.口座開設申し込み
  • 2.本人確認書類の提出
  • 3.口座開設完了
  • 口座開設までにかかる時間は?

1.口座開設申し込み

DMM株の口座開設をするには、最初にDMM株公式サイトにアクセスしましょう。公式サイトには「口座開設」という項目があるのでクリックしてください。

クリックするとメールアドレスの登録画面が表示されますので、自分のメールアドレスを入力しましょう。

 入力ミスにはご注意ください。

次に登録したアドレスにURLが記載されたメールが送信されてきます。URLを開き、申込者基本情報を入力していきます。  

2.本人確認書類の提出

申込者基本情報の入力が終わったら本人確認書類+マイナンバーカードの提出を行います。 本人確認書類の提出方法としては以下のような方法があります。

本人確認書類の提出方法
  • スマホでスピード本人確認
  • サイトへのアップロード
  • メール
  • FAX
  • 郵送

短時間で早く口座を開設したいという方はスマホでスピード本人確認がおすすめです。  

3.口座開設完了

本人確認書類を提出した後、問題がなければ郵送書類やWEB上でログインID・パスワードを確認することができます。

それらの情報を確認してログインし、口座に入金を済ませると口座開設は完了です。  

口座開設までにかかる時間は?

DMMの口座開設までにかかる時間としては、どのような方法で申し込みをするかによって異なります。

郵送で口座開設の申込をした場合、書類の郵送にかかる時間もあるので、申し込みから5営業日程度の時間がかかります。

 返送書類を郵送してからの日数なので、もう少し時間がかかるかもしれません。

一方でオンラインで口座開設申込をすると最短で即日口座開設が完了します。早く取引が行いたいという方は、オンラインでの申し込みをおすすめします。

DMM株を利用するメリット

DMM株を利用すると非常に多くのメリットを受けることができます。

この章ではDMM株を利用するメリットを解説していきます。代表的なメリットとしては以下の通りです。

DMM株を利用するメリット
  • 手数料が安い
  • 米国株式に強い
  • 使いやすいツールが揃っている
  • DMMポイントが貯まる
  • 平日24時間対応の手厚いサポート体制

手数料が安い

DMM株を利用する大きなメリットとしては手数料の安さが挙げられます。DMM株の手数料は業界最低水準です。

 国内株式は55円〜、国内株信用取引・米国株式は手数料0円です。

また口座開設や維持にかかる費用も無料なので、お得に利用することができます。

なるべく手数料を減らして、投資の利益を上げたいという方は、ぜひ利用してみてください。

手数料を抑えるのは投資の基本です。

米国株式に強い

近年、米国株式は毎年過去最高値を叩き出しており、多くの投資家からの注目が集まっています。

DMM株はそんな米国株式に強いというメリットがあります。

 AmazonやGoogle、Appleなどの世界的企業の株式を取り扱っています。

米国株式は手数料が無料となっているので、海外の株式への投資を考えている方にはおすすめの証券会社です。

近年は中国株も盛り上がりを見せています。

使いやすいツールが揃っている

DMM株では初心者から上級者まで、幅広いユーザーにとって使いやすいツールが揃っていることでも知られています。

「国内株式・米国株式を1つのツールで取引できる」「スマホからでも取引ができる」といったような好評の声も多いです。

 投資初心者用ツールと上級者向けツールが用意されています。

DMM株がリリースしているツールの多くが無料で利用できます。

自分にとって使いやすいツールを選ぶのは、株式投資をスムーズに進めていく上で非常に重要なので、一度利用してみてはいかがでしょうか?  

DMMポイントが貯まる

DMM株で株取引をしていくと、どんどんDMMポイントが貯まっていきます。貯まったポイントは1ポイント=1円として利用可能です。

 ポイント還元率は利用金額の1%です。

貯まったポイントは証券口座に入れて、再び株式投資に回すこともできますし、そのまま出金することも可能です。

そのためDMMポイントは現金とほぼ同じような扱いになるでしょう。

DMMが運営する他のサービスでポイントを利用することもできます。

平日24時間対応の手厚いサポート体制

DMM株では平日24時間対応のサポート体制を敷いています。問い合わせ方法は電話・LINE・メールフォームの3種類です。

手厚いサポート体制を敷いている証券会社の方が、初心者でも利用しやすくなるでしょう。

また平日24時間対応なので、日中に仕事をしているという方でも不自由なく利用することができます。

公式サイトに初心者向けのコラムが掲載されていますので、そちらもご覧ください。

DMM株のデメリット

非常に多くのメリットを持っているDMM株ですが、いいことばかりだけではありません。

この章ではDMM株のデメリットについて解説していきます。デメリットとしては以下のような点が挙げられます。

DMM株のデメリット
  • 取扱商品が少ない
  • 1日定額手数料コースがない
  • つみたてNISAを取り扱っていない
  • 外国株式は米国株式のみ

取扱商品が少ない

DMM株のデメリットとしては取扱商品が少ないという点が挙げられます。

DMM株で取り扱っている商品は現物株式・信用取引・米国株式のみです。

 多くの証券会社が取り扱っている投資信託や他の国の外国株式は取り扱っていません。

そのため1つの証券会社で様々な金融商品を取引したいと考えている方には不向きな証券会社だと言えるでしょう。

自分の希望に応じて他の証券会社と併用することをおすすめします。

1日定額手数料コースがない

通常多くの証券会社では「ワンショット」「1日定額」など手数料プランをいくつか設けている会社が多いです。

しかしDMM株の手数料はワンショットシステムのみで、1日定額プランなどは存在しません。

 ワンショットとは1約定の金額に応じて手数料が決まるシステムです。

他の証券会社のワンショットよりも、DMM株の方が手数料が安い場合が多いので、そこまで大きなデメリットではないでしょう。

特に1日に100万円以上取引する人にはおすすめです。

つみたてNISAを取り扱っていない

DMM株ではつみたてNISAを取り扱っていません。つみたてNISAに興味がある方も多いため、この点は不便に感じる方も多いでしょう。

 つみたてNISAとは毎年40万円まで20年間利用できる投資サービスです。

しかしNISAは取り扱っているので、節税をしながら投資を行うということも可能です。

NISAでも年間120万円まで非課税で投資を行うことができますので、興味のある方はぜひ利用してみてください。

NISAはつみたてNISAよりも短期集中型の投資です。

外国株式は米国株式のみ

DMM株で取り扱っている外国株式は米国株式のみです。近年中国株式やアジア株式などが急速な成長を見せています。

そのため米国以外の国の株式を取引したいという方も多いでしょう。外国株式を中心に取引したいという方には不向きかもしれません。

米国株式には名だたる有名企業の銘柄が揃っています。

DMM株はどのような人におすすめ?

「DMM株を利用したいけど、自分に使いこなせるか」と利用を迷っているかたも多いでしょう。

DMM株の利用がおすすめできる人は以下のような特徴を持っています。当てはまる方は是非前向きに検討してみてください。

DMM株の利用がおすすめな人
  • 限りなく手数料を抑えたい人
  • 米国株式への投資を考えている人
  • 使いやすいツールを使ってみたい人

DMM株の手数料は業界でも最安水準ですので、手数料を抑えて投資の利益を上げたいという方にはおすすめです。

また外国株式は米国株式しか取り扱っていませんが、世界の超有名企業が揃っていますので、米国株式に興味のある方は、利用してみても良いでしょう。

弱点は他の証券会社と併用して補うのが良いでしょう。

おすすめのネット証券

LINE証券

LINE証券

LINE証券のおすすめポイント
  • 1株数百円という少額資金から投資を始められる
  • スマートフォンで取引しやすい設計になっている
  • 現物取引の手数料は一律無料

コミュニケーションアプリLINEが提供する「LINE証券」は、ネット証券業界最速で100万口座を突破した20代30代の若い男女に人気の証券会社です。

特に1株から投資が始められる単元未満株サービス(いちかぶ)が魅力です。通常1株=100株(数万〜数十万)で取引するところ1株(数百円)から取引可能です。

銘柄によっては数百円程度から投資を始められるので、「今まで投資に興味があったけど、なかなか手が出なかった」という方でも投資始めやすいのでおすすめです。

LINE証券は使い慣れたLINEを通じ、日常生活に溶け込むように投資ができるのでおすすめです。

LINE証券の基本情報

運営会社 LINE証券株式会社
口座開設数 約100万以上
手数料 無料
投資信託数 32銘柄
NISA/つみたてNISA 不可

今だけ!お得なキャンペーン情報
LINE証券 キャンペーン情報
  • 自己資金0円で投資できる!最大1,000円相当の株の購入代金プレゼント!※1
  • いちかぶ取引で1回の取引総額が1万円以上の方に、現金3,000円をプレゼント!※2

その他お得なキャンペーン情報も含めた詳細はこちらをチェック

※1 2022年7月8日まで増額中!終了期間未定。LINE証券の口座開設後、簡単なクイズに2問答えるだけ!1問以上の正解で対象銘柄から好きなものを選べます。エントリー必要。

※2 口座開設後のクイズに1問以上正解していることが条件。いちかぶ取引のみ。通常時の特典は3,000円。

出典:LINE証券公式サイト  

楽天証券

おすすめのネット証券ランキング2位楽天証券

楽天証券のおすすめポイント
  • 証券口座開設数700万突破
  • 新規口座開設数3年連続No.1を獲得
  • 取引画面が見やすく投資解説が豊富
    ※公式サイトより

楽天経済圏などで国民的に人気を誇る「楽天証券」はJ.D.パワー2021年個人資産運用顧客満足度ネット証券部門No.1を獲得した、業界トップクラスのネット証券です※公式サイトより

 貯まった楽天ポイントを利用して、楽天証券で米国株高配当ETF、投資信託、国内株式などに投資ができます。ポイントは「1ポイント=1円」から使用可能です。

楽天証券利用者の75%以上は投資初心者であり、20代〜60代まで幅広い世代に人気のネット証券です。特に投資初心者または楽天経済圏を重視する方におすすめの証券会社です。

いきなり現金を入れて投資することに抵抗がある方は、楽天ポイントを利用して投資してみましょう。
また、楽天カードと連帯することでポイント率がアップしたり、既に楽天のサービスを利用している人はお得に投資を始められるでしょう。

楽天証券の基本情報

運営会社 楽天証券株式会社
口座開設数 約700万以上
手数料 10万円まで:0円
50万円まで:0円
100万円まで:0円
*いちにち定額コース
投資信託数 2,687本
NISA/つみたてNISA

今だけ!お得なキャンペーン情報
楽天証券キャンペーン情報
  • <エントリー要>【第21回】楽天銀行口座開設+自動入出金設定で1,000円プレゼント※1

出典:楽天証券公式サイト

SBI証券

初心者にもおすすめのネット証券10選

SBI証券のおすすめポイント
  • 証券口座開設数業界トップ800万突破
  • 100万以下の取引の場合は手数料無料
  • 投資信託の銘柄数は2,500銘柄以上

大手SBIグループが提供する「SBI証券」は、2021年みんなの株式ネット証券比較ランキング第1位を獲得した実績と信頼のある国内トップのネット証券です。※公式サイトより

 証券口座開設数は800万を突破し預かり資産残高ともにネット証券トップです。また、ユーザー満足度も非常に高く国内株式個人取引シェアN.o1を獲得しています。

また、取引手数料が業界最安水準で、1日定額プランでは1日300万円までの取引であれば売買手数料0円で取引できたり、25歳未満のユーザーも現物株の売買手数料が0円です。

SBI証券は総合的に高い評価を得ているので、投資を始められる方は口座開設しておきましょう。

SBI証券の基本情報

運営会社 SBIホールディングス
口座開設数 約800万以上
手数料 10万円:0円
50万円:0円
100万円:0円
投資信託数 2,698本
NISA/つみたてNISA

出典:SBI証券公式サイト

マネックス証券

おすすめのネット証券ランキング4位マネックス証券

マネックス証券のおすすめポイント
  • 米国株の取引チャンスを逃さない機能を提供!
  • マネックスポイントを活用できる!
  • 高性能なツールを豊富に用意!

マネックス証券は、米国株の取引チャンスを逃さないための機能として、最大12時間取引が可能な時間外取引を実施しています。これにより、日中でも米国株の取引が可能です。

また、特典として米国ETF買付手数料が実質無料・米国株為替手数料(買付時)が無料・米国株デビュー応援として最大3万円キャッシュバックなど、さまざまなサービスがあります。

 マネックス証券では、マネックスポイントを上手に貯めて使うことで、投資に取り組みやすい点が特徴です。

マネックスポイントは株式手数料や暗号資産に交換ができる他、dポイント・Amazonギフト券・T-POINT・Pontaポイントなどにも交換できます。

株式投資に活用できるツール・アプリが豊富に揃っているため、自身の投資スタイルに合わせたものを選択可能です。

パソコン・スマートフォン・タブレットなど、さまざまな端末で使用できるアプリやツールが揃っています。
運営会社 マネックス証券株式会社
主な取引ツール
  • マネックストレーダー
  • 銘柄スカウター
  • マルチボード500
  • フル板情報ツール
  • チャートフォリオ
  • マーケットボード
  • マーケットライダー
  • マーケットライダープレミアム
主な手数料(税込)
  • 現物取引:最低55円~(取引毎手数料コース)
  • 信用取引:最低99円~(取引毎手数料コース)
  • 一日定額手数料コース:一日何回取引をしても最低550円(約定金額100万円以下)
  • 米国株:最低0ドル~
投資信託数 1,244件
NISA/つみたてNISA

今だけ!お得なキャンペーン情報
マネックス証券キャンペーン情報
  • クイズに挑戦&新規口座開設等で最大2,000円プレゼント!※1


出典:マネックス証券

松井証券

おすすめのネット証券6位松井証券

松井証券のおすすめポイント

松井証券1918年(大正7年)に創業したネット証券のパイオニアです。日本初のインターネットでの株取引を開始した実績があり、多くの投資家に信頼されています。

 松井証券は手数料が安いのが有名で、ボックスレート(定額制)であれば売買回数に関係なく50万円以内の取引であれば無料です。

また、スマートフォンアプリの「株アプリ」と「株touch」は、PC版に匹敵するほどの機能性と操作性を兼ね備えており、手軽にスマホから売買できるとあって大人気です。

老舗のネット証券を利用して、安心・安全に投資を始めたい方におすすめです。

松井証券の基本情報

運営会社 松井証券株式会社
口座開設数 約120万以上
手数料 10万円:0円
50万円:0円
100万円:1,100円
200万円:2,200円
300万円:3,300円
500万円:5,500円
1,000万円:11,000円
*現物取引
投資信託数 1,183本
NISA/つみたてNISA

今だけ!お得なキャンペーン情報
松井証券 キャンペーン情報
  • つみたてデビュー応援!総額1億円還元キャンペーン※1


出典:松井証券公式サイト

よくある質問

DMM株とはどのような会社ですか?
DMM株は、DMM.com証券が運営するネット証券です。DMM.com証券自体は様々な金融サービスを提供しているDMMグループに属しています。
DMM株の口座を開設する手順を教えてください。
DMM株の口座を開設する手順としては口座開設申し込み→本人確認書類の提出→口座開設完了です。オンライン申し込みであれば最短即日で取引が行えます。
DMM株の口座を開設するにはどれくらいの日数がかかりますか?
DMMの口座開設までにかかる時間としては、どのような方法で申し込みをするかによって異なります。郵送で口座開設5営業日程度、オンラインで口座開設申込をすると最短で即日口座開設が完了します。
DMM株を利用するメリットはなんですか?
DMM株を利用するメリットとしては手数料が安い、米国株式に強い、使いやすいツールが揃っている、DMMポイントが貯まる、平日24時間対応の手厚いサポート体制などが挙げられます。
DMM株のデメリットを教えてください。
DMM株のデメリットとしては取扱商品が少ない、1日定額手数料コースがない、つみたてNISAを取り扱っていない、外国株式は米国株式のみなどが挙げられます。
DMM株はどんな人に向いていますか?
限りなく手数料を抑えたい人、米国株式への投資を考えている人、使いやすいツールを使ってみたい人はDMM株の利用を検討してみると良いでしょう。

まとめ

今回はDMM株とはどのような証券会社なのか、利用するメリット、手数料などについて解説してきました。

DMM株の手数料は業界最安水準となっており、普段よく株取引を行うという方には非常におすすめです。

またDMM株の口座は無料で開設でき、オンライン申込を利用すれば最短で即日取引を開始することができます。

投資初心者にも十分おすすめできる証券会社のため、気になる方はぜひ口座を開設してみてはいかがでしょうか?

DMM株を利用して便利な投資生活を送りましょう!
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事