DeFiとは?利益を生む仕組みやおすすめの取引所5選などを紹介

暗号資産やブロックチェーンなどに関連する技術・仕組みの中でも、「DeFi」と呼ばれるものが注目されています。

DeFiは、従来の金融取引と異なり、低コストで利用できるなどのメリットが多いです。さらに、DeFi関連銘柄を活用することで、売買以外にも利益を得られることも注目されている理由と言えるでしょう。

そのため、暗号資産を使って効率良く利益を得たい人は特徴を押さえておくことがおすすめです。そこでこの記事では、DeFiとはどのようなものか解説します。

DeFiを通じて利益を生む方法や、おすすめ銘柄・取引所も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

DeFiとは何?仕組みを分かりやすく解説

DeFiとは

DeFiとは「Decentralized Finance」の略であり、「分散型金融」という意味です。通常の金融取引の場合、銀行・証券会社・保険会社などの金融機関が仲介して取引が成立しています。

それに対してDeFiは、金融機関を通さずに金融取引をする仕組みです。一般的な取引の場合、契約内容の真正性を担保するために金融機関を仲介させますが、DeFiはブロックチェーン技術を活用します。

 ブロックチェーンを活用すれば、取引データを全て残すことから、改ざんが非常に困難であるため、契約の真正性を担保できるのです。

また、DeFiは無人のサービスで、手数料などの業務コストを削減できるため、DeFiを採用しているシステムは低コストで利用可能なことがメリットと言えるでしょう。

他にも、ブロックチェーンのネットワークにアクセスできれば利用できるため、ウォレットなどのアプリケーションがあれば世界中どこでも使えることも嬉しいポイントです。

DeFiは新しい金融取引の仕組みとして注目されています。

DeFiで利益を生む方法

DeFi銘柄に投資をする

DeFiで利益を生む方法

DeFiを通じて利益を得るためには、DeFi関連銘柄への投資が必要です。世界中には様々な暗号資産の種類があり、その中にはDeFi関連銘柄が含まれています。

国内の取引所でDeFi関連銘柄を扱っていない場合は、海外の取引所を使うことで投資が可能です。そのため、DeFiで利益を得たい人は、DeFi銘柄の投資方法を押さえておきましょう。

ビットコインを購入する

まずは、DeFi銘柄を購入するための通貨を用意しなければなりません。基本的に海外の暗号資産取引所は日本円に対応していないため、送金できる暗号資産を使います。

その際には、ほとんどの取引所で扱っており、代表的な暗号資産である「ビットコイン」を用意する方法がおすすめです。そのため、まずは国内の取引所で口座を開設して、ビットコインを購入しましょう。

海外の取引所へ送金する

ビットコインを購入したら、次に海外の暗号資産取引所の口座を開設します。口座開設が完了したら、購入したビットコインを海外の取引所へ送金してください。

必要分のビットコインを取引所に送ればDeFi銘柄を購入できるようになります。

DeFiのサービスへ資金をPoolする

DeFiのサービスへ資金をPoolする

DeFiのサービスへ資金をPoolすることでも利益を得られます。Poolとは、DeFiのシステムを支える基盤の1つであり、流動性プールとも呼ばれます。

対応している分散型取引所(DEX)に資金を預けておくことで、その分の手数料を通貨として得られる仕組みです。

イーサリアムを購入する

パソコンで投資を行う

DeFiのサービスなどは、イーサリアムのブロックチェーン上で提供されています。そのため、Poolするには通貨としてイーサリアムを購入する必要があります。

 DeFi銘柄を購入するときと同様に、国内の取引所でイーサリアムを購入してください。

なお、国内取引所の口座開設後、必要になる資金を入金しイーサリアムを購入するのが大まかな流れです。

イーサリアムウォレットへ送金する

海外への送金

購入したイーサリアムは取引所内に保管されているため、イーサリアムに対応したウォレットに移しますウォレットは様々なサービスが提供されていますが、代表的なものにはMetaMaskなどがあります。

このイーサリアムウォレットを使えば、パソコンなどのブラウザ上でイーサリアムを管理・保管できるので、暗号資産取引を行う際には便利に使えるでしょう。

保有しているイーサリアムをウォレットに移す際に、手数料が発生するケースもあることは注意したいポイントです。

DeFiとイーサリアムウォレットをリンクさせる

イーサリアムウォレット

イーサリアムウォレットへの送金が完了したら、ウォレットとDeFiサービスを紐づけましょう。サービスによって方法は異なりますが、DeFiサービスの「App」というメニューから連携できるものが多いです。

なお、リンクさせたら預ける資金(この場合はイーサリアム)を選択し、Poolすれば完了です。

DeFi関連のおすすめ銘柄

イーサリアム(ETH)

イーサリアム

イーサリアムはビットコインと並び、代表的な暗号資産の1つです。DeFiは基本的にイーサリアムのブロックチェーン技術を利用しているため、DeFiのベースになっています。

 DeFi関連銘柄の中でも特に人気があり、国内でも多くの取引所が扱っています。

また、様々なサービスのプラットフォームを提供していることもあり、今後も需要が高まると見込まれている暗号資産の1つです。

暗号資産名 イーサリアム/Ethereum
通貨単位 ETH
発行数上限
公開・取引年 2015年
時価総額 50,167,501,707,060円
現在(2022年4月6日)の価格 417,150.83円

出典:CoinMarketCap

ユニスワップ(UNI)

様々な種類のコイン

ユニスワップはDEX(分散型取引所)の1つであり、そこで使われる暗号資産です。

 24時間利用できるだけでなく、非営利目的に運営されているため、手数料がかからないことも大きな特徴と言えるでしょう。

なお、取引所ではトークン取引の自動化を目標としており、暗号資産の種類は1,500種類以上も扱っています。

暗号資産名 ユニスワップ/Uniswap
通貨単位 UNI
発行数上限 1,000,000,000
公開・取引年 2020年
時価総額 935,862,602,388円
現在(2022年4月6日)の価格 1,358.42円

出典:CoinMarketCap

アイオーエスティー(IOST)

暗号資産

アイオーエスティーは、独自のコンセンサスアルゴリズムを採用している暗号資産の1つです。

 採用しているコンセンサスアルゴリズムの種類はPoB(Proof of Believability)というものであり、高速な処理と非中央集権を実現しています。

現在の価格は低いですが、DeFi関連銘柄のニーズが高まることで急騰する可能性があるためチェックしておきましょう。

暗号資産名 アイオーエスティー/IOST
通貨単位 IOST
発行数上限 90,000,000,000
公開・取引年 2018年
時価総額 78,304,618,125円
現在(2022年4月6日)の価格 4.22円

出典:CoinMarketCap

おすすめの取引所5選

Coincheck

Coincheck

Coincheckのおすすめポイント
  • マネックスグループが運営する暗号資産取引所なので信頼できる
  • 取引所の取引手数料は無料
  • 500円から暗号資産を購入できる
  • 取り扱っている暗号資産の通貨数も多い
  • 暗号資産に関するさまざまなサービスを提供

Coincheckは、マネックスグループであるコインチェック株式会社が運営する暗号資産取引です。

 暗号資産の販売所としてだけでなく、積立・NFT・貸暗号資産など様々なサービスを提供しています。

また、取引に関する手数料は無料なので利用しやすいでしょう。取り扱っている暗号資産の種類は豊富であり、少額から取引できるため便利です。

暗号資産の売買以外のサービスも充実しているので、自分のスタイルに合わせて利用できます。
取引通貨数

17種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)
  • PLT(パレットトークン)
レバレッジ
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 通常無料
出金手数料 一律407円

出典:Coincheck

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • レバレッジ取引できる取引所の中では、取り扱い通貨数が多い
  • 取引手数料は無料なので気軽に利用できる
  • 365日いつでも問い合わせ可能
  • 高い技術力で資産をしっかりガードするため安心感がある
  • 簡単に口座開設できる

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営している取引所であり、レバレッジ取引を行える取引所の中では取り扱い通貨数が多いことが特徴です。

 365日体制のサポートなどのサービスが充実しており、初心者でも利用しやすいでしょう。

また、DMMグループで培われた高い技術力により、セキュリティ強度が高く、安心・安全の体制のもと取引できることも取引を始めたての初心者には魅力と言えます。

簡単に口座開設できるので、早く取引を行いたい人にもおすすめです。
取引通貨数

14通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XLM(ステラルーメン)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • XTZ(テゾス)
  • OMG(オーエムジー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • XEM(ネム)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • MONA(モナコイン)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
※BitMatch取引手数料は2円〜
入金手数料 振込入金手数料:無料(銀行手数料はお客様負担)
クイック入金手数料:無料
出金手数料 出金手数料:無料

出典:DMM Bitcoin

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerのおすすめポイント
  • 各種手数料は無料なので気軽に使える
  • 7年以上もハッキングの被害がない強固なセキュリティ体制を誇る
  • 15種類もの暗号資産を1円から購入できる
  • 最短10分で口座開設できる
  • ポイント利用や積立など様々なサービスを提供している

bitFlyerは、株式会社bitFlyerが運営している暗号資産取引所であり、7年以上もハッキング0というセキュリティ体制が魅力のサービスと言えるでしょう。

 取引の際にかかる各種手数料は無料なので、気軽に売買を始めやすいです。

なお、取り扱っている暗号資産の種類は14種類もあり、それぞれ1円から購入できます。「かんたん積立」サービスもあり、1円単位の少額から暗号資産を自動積立できることも特徴です。

他にも、Tポイントをビットコインに交換できるため、眠っていたポイントを有効活用できます。

最短10分で口座開設できることもメリットの1つです。
取引通貨数

14通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • XEM(ネム)
  • XTZ(テゾス)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料(住信SBIネット銀行から入金の場合)
出金手数料 3万円未満:税込220円(三井住友銀行から入金の場合)

出典:bitFlyer

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • 最短10分で口座開設できる
  • 各種手数料が無料で利用しやすい
  • 信頼と実績のGMOインターネットグループが運営している
  • 堅牢なセキュリティと管理体制で安心して利用できる
  • 全20種類の暗号資産を取引できる

GMOコインは、インターネットと金融サービスで信頼と実績がある、GMOインターネットグループが運営しています。

 取引に必要な各種手数料は無料であり、コストを抑えて売買できるのも魅力です。

また、高い技術力による堅牢なセキュリティと管理体制なので、安心して利用できます。取り扱い銘柄は全部で20種類もあり、好きな通貨を選んで取引できるでしょう。

最短10分で口座開設できるため、すぐに取引を始められます。
取引通貨数

20通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 銀行振込:無料
※振込手数料の負担あり
即時入金:無料
出金手数料 無料

出典:GMOコイン

bitbank

ビットバンク

bitbankのおすすめポイント
  • 国内の取引所の中でも取引量が多い
  • セキュリティ強度が高い
  • 60種以上のテクニカル分析が利用できる
  • 取り扱い銘柄は14種類と豊富

bitbankは、ビットバンク株式会社が運営している暗号資産取引所です。2014年の開設からビットコインで培った高い技術力が特徴であり、セキュリティ対策は万全です。

 保有している資産はオフラインのコールドウォレットに保管されており、ハッキングの被害を受けにくくなっています。

他にも、マルチングなどハッキング対策も行っているので安心して取引できるでしょう。加えて、60種以上のテクニカル分析ができるため、上級者でも納得して本格的な分析ができます。

取り扱い銘柄は14種類と多いため、好きな暗号資産に投資できることも魅力です。
取引通貨数

14種類

  • BTC(ビットコイン)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • MONA(モナコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XLM(ステラルーメン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XYM(シンボル)
  • LINK(チェーンリンク)
  • MKR(メイカー)
  • BOBA(ボバネットワーク)
レバレッジ
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.02%
Taker:0.12%
入金手数料 無料
出金手数料 550円/770円(3万円以上)

出典:bitbank

まとめ

今回は、DeFiの仕組みや特徴について解説しました。

イーサリアム以外のDeFi関連銘柄は国内取引所で扱っていることが少ないため注意が必要です。また、DeFiサービスに資金をPoolして利益を得る場合も、海外の取引所を使う必要があります。

しかし、DeFiは従来の金融取引の仕組みよりもメリットが多いため、今後も注目したい技術と言えるでしょう。

効率良く暗号資産で利益を得たい場合は、DeFiがどのようなものかぜひチェックしてみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事