ディープコイン(DEP)とは?今後の将来性や価格推移、特徴を徹底解説

ディープコイン(DEP)は仮想通貨の一種であり、GameFiNFT関連銘柄として注目されています。

また、ゲームやNFTのプラットフォーム・マーケットプレイス(取引場所)でも利用できる通貨で、今後も用途が広がっていくと見られているため、特徴や購入できる取引所を確認しておきたい方も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、ディープコインがどんな仮想通貨なのか特徴を解説するとともに、ディープコインの価格推移今後の将来性も解説します。

ディープコインを唯一扱っているBITPointについても詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。※2022年5月25日現在
ディープコインが買える唯一の仮想通貨取引所「BITPoint」

BITPOINT

現在、日本国内で唯一ディープコインが購入できるBITPointは、現物取引や口座開設手数料、即時入金手数料などにかかるべての手数料が無料で利用できます。
また、1,000種類以上も存在する仮想通貨銘柄からビットコインはもちろん、信頼性が高く将来性が期待できるアルトコインなど合計12種類の取引が500円以下から可能。
ディープコイン以外のメジャーな銘柄も豊富に取り扱っているため、初心者はもちろん上級者の方にもおすすめの取引所です。

今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPOINTキャンペーン
  • 期間中に口座開設で1,000円相当のDEPをプレゼント
  • 口座開設後、期間中に20,000円相当のDEP購入した方に2,000円相当のDEPをプレゼント
  • 合計最大で3,000円相当をプレゼント

キャンペーン期間:2022年5月31日(火)16:00~2022年6月30日(木)16:00

ディープコイン(DEP)とは?

ディープコイン

ディープコインは、ブロックチェーンの技術を使ったゲームのプラットフォーム(土台となる環境)かつ、そこで使われる仮想通貨です。

ディープコインは国内では2022年に初めてBITPointで取り扱いが始まりました。2020年に取引を開始したため、仮想通貨の中でも比較的新しい通貨です。

暗号資産名 ディープコイン/DEAPcoin
通貨単位 DEP
発行数上限 30,000,000,000
公開・取引年 2020年
時価総額 15,165,379,378円
現在(2022年5月25日)の価格 2.08円(最新の価格はこちら

出典:CoinMarketCap

開発に日本人が関わっている

パソコンを操作する女性

ディープコインの運営主体はシンガポールに本拠地を置く「DEA社」であり、そのプラットフォームの開発には日本人が関わっているため、ゲームのプラットフォームは自然な日本語が表示されています。

このように所在地自体は海外であるものの、実質的にディープコインは国内のプロジェクトに近く、扱いやすいことはメリットと言えるでしょう。

GameFiやNFT関連の巨大プラットフォームで利用可能

Game

ディープコインの特徴は、GameFiNFT関連で利用できる通貨であることです。なお、GameFiとはゲームと「DeFi(Decentralized Finance/分散型金融)」を組み合わせた言葉です。

 GameFiはオンラインゲーム上で仮想通貨を得られる仕組みであり、「Play to Earn」とも呼ばれます。

ゲーム内で得た収益・ポイントを仮想通貨に交換できるのが特徴であり、ゲームをプレイして収益を得られる可能性があることは魅力と言えるでしょう。

また、稼いだ仮想通貨(ディープコイン)はNFTのマーケットプレイスでも利用できるため、活用できる幅は広いです。

複数のゲームがローンチされている

2台のパソコン

ディープコインは比較的新しい仮想通貨・プラットフォームですが、既に複数のゲームがローンチ(新しい商品やサービスが世に送りだされること)されています。

新しいプラットフォームの場合、機能・性能が優れていてもコンテンツの数が乏しいことは少なくありません。その点、ディープコインは通貨を利用できる場所・コンテンツを積極的に開発しています。

暗号資産だけでなくゲームに興味があるユーザーを取り込める可能性があるため、今後も期待できる暗号資産です。

日本関連のIPを扱っている

パソコンとスマホ

IPとは「Intellectual Property」の略であり、主にゲーム・アニメのタイトルやキャラクターなどの知的財産のことです。

ディープコインは開発者が日本人であるだけでなく、日本関連のIP(キャラクターや作品)を積極的に取り扱っているため、親しみやすいことも大きな特徴です。

例えば、DEAのNFTマーケットプレイス(PlayMining)では、以下のような人気漫画のNFTが販売されています。PlayMiningの詳細については後述します。

取り扱っている有名漫画のNFTの一例
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ドラゴン桜2
  • インベスターZ
  • 賭博黙示録カイジ

これらのNFTを購入するためにはディープコインが必要です。そのため、ディープコインがゲーム・漫画・アニメファンの注目を集めているのです。

ゲームで稼げる?ディープコインの「PlayMining」とは?

ゲームで稼げる?ディープコインの「PlayMining」とは?

ディープコインの特徴の一つとして「ゲームで遊びながら稼ぐ」という点が挙げられます。それを実現しているのが「PlayMining」というプラットフォームです。

「PlayMining」は「冒険と探究を通じて報酬を獲得できる、新しい収入のかたち」をコンセプトに掲げており、ゲームの新しい可能性を探っています。

 遊んで稼げるスタイルを「Play To Earn」と呼びます。

「PlayMining」ではゲームのクエストや条件をクリアしたり、ランキング上位に入賞したりするとディープコインがもらえるというシステムになっています。

また「PlayMining」ではゲームによる雇用拡大を目指しており、スカラーシップ制度を利用して50万人の雇用機会創世を計画しています。

ゲームが現実世界にも影響を及ぼし始めています。

ディープコインで遊べるゲームとは?

ディープコインで遊べるゲーム(一例)

ディープコインはゲームをプレイすることで報酬としてもらえます。ではディープコインで遊べるゲームにはどのようなタイトルがあるのでしょうか?

この章ではディープコインで遊べるゲームをご紹介していきます。

JobTribes(ジョブトライブス)

JobTribes(ジョブトライブス)

ディープコインで遊べるゲーム、1つ目はJobTribes(ジョブトライブス)」です。こちらは職業カードでデッキを構成し対戦するトレーディングカードNFTゲームとなっています。

JobTribesには「給料日」が存在しており、ゲーム内で貯めたポイントをディープコインに変換することが可能です。

 ゲーム内ポイントの「PALEcoin」をディープコインに変換することで、BITPOINTに入金することもできます。

またポイントを稼ぐ機会が非常に多く、視聴することでエアドロップを取得できる「PlayMining TV」や最大100,000DEAPcoinを獲得できる「宝くじイベント」、賞金が出る「ランキング戦」などが開催されます。

JobTribesは無料で始めることができますよ。

Lucky Farmer(ラッキーファーマー)

ディープコインで遊べるゲーム、2つ目はLucky Farmer(ラッキーファーマー)」です。Lucky Farmerは農場を舞台にしたメダルプッシャーゲームとなっています。

ゲーム内の農場での作物収穫やスロットを回す、ビンゴに参加することによってディープコインをもらうことができます。

 フレンドと協力してゲームを進めていくことも可能です。

また期間内にメダルの獲得枚数を競うランキング戦も実装されています。上位にランクインすることによってディープコインがもらえるので積極的に参加していきましょう!

ブラウザゲームなので始める手間はさほどかかりません。

ディープコイン(DEP)の価格推移

ディープコイン(DEP)の価格推移

ディープコインは2020年に取引を開始し、2021年の後半までは大きな価格変動なく1円前後で推移しています。そのため、ビットコインやイーサリアムのようなメジャーな通貨と比較すると、基本的な価格は低いです。

しかし、2021年の11月から徐々に価格は上昇し始め、11月後半には最高額である約8円まで急騰します。

 その後は、3円台まで下落した後、2022年1月には再度4円〜5円まで上がりましたが、現在では1〜2円前後で推移しています。

2021年後半に大きく価格が上昇した主な要因は、GameFiやNFT関連のキーワードがニュースなどで取り上げられたことにより、ディープコインのニーズが高まったと考えられています。

また、2022年1月には国内でBITPointがディープコインの取扱いを始めたことも価格が上がった要因の1つでしょう。

ディープコイン(DEP)の将来性

ディープコイン(DEP)の将来性

ディープコインはGameFi・NFT関連銘柄であるため、NFT関連市場の盛り上がりに連動して価格が上昇すると見込まれています。

過去にはNFTコンテンツが話題になったときに、多くのNFT関連銘柄の価格が急騰しました。また、ディープコイン自体は様々なゲームやNFTコンテンツを積極的に開発しています。

 例えば、DEA社ではゲームコンテンツだけでなく「NFTデジタルアイドル」も開発しており、今後の活躍が期待されているコンテンツの1つです。

NFTデジタルアイドルは、いわゆる二次元アイドルであり個性豊かな6人組のユニットでキャラクターだけでなく楽曲も提供します。

このようなコンテンツが注目されることで需要が高まり、価格が伸びると期待されています。他にも、オンラインゲーム内で仮想通貨を稼げる仕組みは、将来性が期待されている分野です。

仮想通貨の中でもGameFiやNFTに強みがある通貨であるため、今後価格が伸びる大きな要因といえるでしょう。

ディープコインの購入方法は?

ディープコインの購入方法(2022年5月25日時点)
  • 1.BITPOINTの口座を開設
  • 2.BITPOINTに入金
  • 3.ディープコインを購入する

ゲーム内のアイテムやNFT作品を購入したりできるディープコインですが、どのように購入できるのか気になる方も多いはず。

この章ではディープコインの購入方法を解説していきます。

1.BITPOINTの口座を開設

ディープコインを購入するには、最初にBITPOINTの口座を開設する必要があります。BITPOINTの口座を開設する際には、公式サイトにアクセスしましょう。

公式サイトにアクセスし「かんたん口座登録はこちら」というボタンをクリックしてください。その後は基本情報入力→認証コード・パスワード設定→本人確認という流れになります。

 PC・スマホどちらからでも口座開設は可能です。

本人確認には運転免許証やマイナンバーカードが必要になります。事前に手元に用意しておきましょう。登録後、BITPOINT側で審査が行われ、通過すれば無事に口座開設は完了です。

キャンペーン期間中に口座開設するとよりお得です。
今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPOINTキャンペーン
  • 期間中に口座開設で1,000円相当のDEPをプレゼント
  • 口座開設後、期間中に20,000円相当のDEP購入した方に2,000円相当のDEPをプレゼント
  • 合計最大で3,000円相当をプレゼント

キャンペーン期間:2022年5月31日(火)16:00~2022年6月30日(木)16:00

2.BITPOINTに入金

BITPOINTの口座開設が完了したら、口座に日本円を入金しましょう。入金方法は「銀行振込」「即時入金」の2種類から選ぶことが可能で、即時入金でしたらアプリからでも行えます。

 即時入金に対応しているのはPayPay銀行・住信SBIネット銀行・イオン銀行です。

即時入金を利用すると手数料が無料になるので、対応しているネットバンクを利用している方は即時入金がおすすめです。

入金後、反映に時間がかかる場合があります。

3.ディープコインを購入する

3.ディープコインを購入する

口座に無事入金ができたら、いよいよディープコインを購入していきます。アプリの場合は「ディープコイン」を選択した後、購入金額を設定し、「買う」をタップすると購入が完了します。

ここまで完了するとゲームやNFTなどに利用することができます。

ディープコイン(DEP)が唯一買えるおすすめ取引所BITPoint

Bit Point

BITPointのおすすめポイント

国内の暗号資産取引所の中で、唯一ディープコインを扱っているのがBITPointです。現物取引手数料、法定通貨の即時入金サービス、仮想通貨の入出金手数料など各種手数料が無料であるため、使いやすいでしょう。

 BITPointは、株式会社リミックスポイントが運営している暗号資産取引所であり、他社で扱っていないアルトコインを扱っているのが特徴です。

また、セキュリティ強度は高く、ユーザーの暗号資産はコールドウォレットに保管しているのでハッキング被害を受けにくいです。

加えて、保有している暗号資産を貸すことで、保有資産を増やせるサービスも提供しているため、持っている暗号資産を有効活用できることも見逃せないでしょう。

少額(500円)から取引できるので、初心者でも始めやすいことも特徴です。
今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPOINTキャンペーン
  • 期間中に口座開設で1,000円相当のDEPをプレゼント
  • 口座開設後、期間中に20,000円相当のDEP購入した方に2,000円相当のDEPをプレゼント
  • 合計最大で3,000円相当をプレゼント

キャンペーン期間:2022年5月31日(火)16:00~2022年6月30日(木)16:00

取引通貨数

12通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • TRX(トロン)
  • ADA(エイダ)
  • JMY(ジャスミー)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
  • DEP(ディープコイン)
レバレッジ 現在、新規口座開設一時受付停止
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:BITPoint

ディープコインに関するよくある質問

ディープコイン(DEP)とは?
ディープコインとは、ブロックチェーンの技術を使ったゲームのプラットフォームかつそこで使われる暗号資産のことです。比較新しい暗号資産であり、国内では2022年に初めてBIT Pointで取り扱いが始まりました。
ディープコイン(DEP)の特徴は?
ディープコインはGameFiやNFT関連のプラットフォームで利用することができるので、ゲームしながら収益を得る可能性があるのが特徴です。また、開発に日本人が携わっているので、本拠地がシンガポールではありますがゲームのプラットフォームは自然な日本語となっています。
ディープコイン(DEP)の将来性はどうなの?
ディープコインはNFT関連市場の盛り上がりに連動すると見込まれます。ディープコイン自体様々なゲームやNFTコンテンツを積極的に開発しており、価格が伸びると期待されています。
ディープコイン(DEP)はどこで買えるの?
ディープコインが買えるのはBIT Pointだけです。手数料無料で、セキュリティ強度が高いのでハッキング被害を受けにくく取引しやすいのが魅力です。

まとめ

今回は、暗号資産の1つであるディープコインについて解説しました。ディープコインは、ゲーム・漫画・アニメなどと関連性が高いことが特徴です。

また、ゲームのプラットフォームとしても注目されており、オンラインゲーム内で暗号資産を稼げることは今後に期待できるポイントと言えるでしょう。

GameFiやNFT関連銘柄の中でも日本向けの暗号資産なので、興味がある人はぜひチェックしてみてください。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事