仮想通貨の積立は初心者こそおすすめ!メリットデメリットも解説

近年新たな投資対象として、仮想通貨が注目を集めています。実際に多大な利益を出し、「億り人」になった人も存在するのです。しかし中には「投資できるだけの資金がない」「投資は怖い」というイメージを持っている方も多いでしょう。

そこで今回は初心者にもおすすめできる仮想通貨の積立について解説していきます。仮想通貨の積立方法やメリット・デメリットも紹介していきますので、興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

お金持ちでなくても、仮想通貨投資は取り組めます!

仮想通貨の積立とは?

暗号資産(仮想通貨)に投資する方法として、積立という方法があります。自動で積立投資を行なってくれるサービスも存在し、初心者でも取り組みやすいでしょう。

では暗号資産(仮想通貨)の積立とは一体どのようなものなのでしょうか?概要を解説していきます。  

決まった日時に一定額を自動で購入する

暗号資産(仮想通貨)の積立とは、決まった日時に一定額を自動で購入する投資方法です。

購入回数を分散することによって、リスクを軽減できる、少額でも始められるといったメリットがあります。

 コインチェック、GMOコイン、bitFlyerなどの取引所でサービスが提供されています。

暗号資産(仮想通貨)自動積立サービスを利用すれば、何もしなくても暗号資産(仮想通貨)の購入・取引を行なってくれますので、非常に楽です。

普段投資のために時間を割けない方、初めて投資を行う方などに人気の投資方法となっています。

今後、サービスの拡大が期待されています。

金額や購入頻度は自身で設定可能

暗号資産(仮想通貨)自動積立サービスを利用すれば、購入頻度や金額などを自信で設定することが可能です。

月1回購入するプランが基本となっています。購入金額は1円〜100万円程度まで設定できますので、無理のないようなプランを選んでみてください。

 取引所によっては、毎日暗号資産(仮想通貨)を購入する「毎日プラン」を利用できます。

少額から暗号資産(仮想通貨)への投資を始めることができるので、今大きな資金を持っていないという場合でも利用できます。

暗号資産(仮想通貨)への投資は、あくまで余剰金から行うことを心がけましょう。

時間をかけてコツコツ積み重ねるのが重要です。

ドル・コスト平均法によってリスク軽減

ドル・コスト平均法とは価格変化が生じる金融商品を、時間を分散し一定金額購入し続けるという投資方法です。

価格が低い時には購入量が増え、価格が高い時には購入量が減ります。継続期間が長くなるほど、価格は平均値に近づいていく傾向にあるのです。

 例えば毎月1万円を投資する場合、値段が5000円の時は2口、2000円の時は5口購入できます。

逆に「一括集中投資」で購入すると、より大きな収益を得ることができる可能性もありますが、大きな損失を生むリスクもあります。

少額をコツコツ積み立てるドル・コスト平均法は一度に得られる収益は少ないですが、安定した収益を得られる可能性もあり、一長一短と言えます。

リスクを極力避けたいのであれば積立を利用しましょう。

積立はいくらから始められる?

暗号資産(仮想通貨)の積立は、利用するサービスによって異なりますが、最少で1円から始めることができます。

暗号資産(仮想通貨)自動積立サービスの積立額としては1円〜1万円程度が最低金額として設定されていることが多いです。

 コインチェックは1万円、GMOコインは500円、bitFlyerは1円が最低投資金額です。

設定金額は自分の好きなタイミングで変更できるので、無理のない金額を設定するようにしましょう。

暗号資産(仮想通貨)を積立する方法

暗号資産(仮想通貨)の積立投資について解説してきましたが、「積立したいけど、どうしたらいいの?」という疑問を抱えている方も多いでしょう。

この章では暗号資産(仮想通貨)を積立する方法を解説していきます。自分にもできそうだと感じる方法を選んでみてください。

暗号資産(仮想通貨)を積立する方法
  • 手動取引
  • 取引所の積み立てサービスを利用する
  • APIでシステムを構築する

手動取引

手動取引とは、その名の通り手動で暗号資産(仮想通貨)取引所を利用し、暗号資産(仮想通貨)を購入する方法です。

 手動取引ならどの取引所を利用したとしても、積立投資を行えます。

手動取引には価格変動に合わせて投資金額を調整できる、珍しい銘柄の暗号資産(仮想通貨)に投資できるといったメリットがあります。

一方で価格変動に翻弄される、毎月決まった金額を投資する自制心を持つのは難しいというデメリットも存在します。

意志の強い人であれば、自由度の高い投資を行うことができます。

取引所の積み立てサービスを利用する

暗号資産(仮想通貨)の積立を行う方法としては、取引所が提供している自動積立サービスを利用するという方法もあります。

自動積立サービスとは、設定した購入頻度・金額に則って、自動で取引をしてくれるというものです。

 手数料は利用する取引所や価格状況によって変動します。

暗号資産(仮想通貨)自動積立サービスを利用するメリットとしては、手間がかからない、価格変動をさほど気にしなくて良いという点が挙げられます。

しかし自動積立サービスを提供している取引所が少ない、マイナーな銘柄への投資が行えないといったデメリットもあります。

自動積立サービスから暗号資産(仮想通貨)への投資を始める方も多いです。

APIでシステムを構築する

プログラミング知識があるという方は、APIを利用し、自分でシステムを構築するという方法もあります。

暗号資産(仮想通貨)取引所が公開しているAPIを利用すれば、個人でも自動積立投資システムを作ってしまうことも可能です。

 APIとは企業や金融機関が、自社で提供しているサービスのソフトウェアを公開し、共有することを指します。

APIシステムを構築すると自分の好きなようにカスタマイズできる、手数料を抑えられるといったメリットがあります。

その一方で、プログラミング等の専門知識を必要とする、セキュリティも自分で行わなくてはならないといったデメリットもあります。

本格的に暗号資産(仮想通貨)の投資を行なっている方にはおすすめです。

おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所

Coincheck

Coincheckの特徴
  • 取扱仮想通貨が国内No.1
  • 東証一部上場企業が運営
  • 仮想通貨を購入する手数料は無料
  • 高性能なセキュリティ体制
  • 取引しやすいアプリ

Coincheckは東証一部上場企業が運営が運営する、大手仮想通貨取引所です。取扱仮想通貨銘柄が国内No.1ですので、投資したい仮想通貨が見つかることでしょう。

 取り扱っている仮想通貨銘柄の種類は17種類にも上ります。

Coincheckでは仮想通貨への投資はもちろん、売買や報酬受け取りなども全て対応しています。

また手数料が無料な点や、取引しやすいアプリ・ツールなどがリリースされていますので、これから仮想通貨への投資を始める初心者でも安心です。

ビットコインのアプリDL数でも1位を獲得しています。
今だけ!お得なキャンペーン情報
SANDキャンペーン
  • SAND取扱い開始記念キャンペーン!※1

※1 ※2022年5月24日 〜 2022年6月7日 23:59キャンペーン期間中にCoincheckにおいて「SAND」を合計5万円以上購入された方の中から、抽選で10名様に10万円をプレゼント

Coincheckの基本情報

取引仮想通貨数

17種類

  • ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エイジコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ レバレッジなし
送金手数料 無料
取引所手数料 無料
販売所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料
  • コンビニ入金:770〜1,018円
  • クイック入金:770〜1,018円
出勤手数料 407円

出典:Coincheck公式サイト

bitFlyer

bitFlyerの特徴
  • ビットコイン取引量国内No.1
  • 国内最大規模の仮想通貨取引所
  • アルトコインも豊富に取扱
  • 流動性が高いので初心者でも使いやすい
  • 「bitWire」でビットコインをより身近に

bitFlyerは「株式会社bitFlyer」によって運営されている仮想通貨取引所で、ビットコインの取引量が国内でNo.1となっています。
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

 日本での普及率もNo.1となっています。

bitFlyerはビットコインはもちろん、イーサリアムやリップルなどのアルトコインも豊富で、全部で15種類もの仮想通貨を取り扱っています。

手数料も非常に安いので、これから仮想通貨への投資を始めたい初心者にも使いやすいでしょう。

「bitWire」を使えばビットコインを実店舗決済で使用することができます。

bitFlyerの基本情報

取引仮想通貨数

15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • チェーンリンク(LINK)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • パレットトークン(PLT)
  • ポルカドット(DOT)
  • テゾス(XTZ)
  • シンボル(XYM)
レバレッジ 2倍
取引所手数料 無料
販売所手数料 無料
入金手数料
  • クイック入金(住信SBIネット銀行からの入金):無料
  • クイック入金(住信SBIネット銀行以外からの入金):330円
出金手数料
  • 三井住友銀行:220〜440円
  • 三井住友銀行以外:550〜770円

出典:bitFlyer公式サイト

GMOコイン

GMOコインの特徴
  • 取扱銘柄が豊富
  • 口座開設から取引までがスピーディー
  • レバレッジ取引に対応しているアルトコインが多い
  • 各種手数料が無料
  • 大手企業が運営しているので安心

GMOコインは「GMOインターネットグループ」が運営する仮想通貨取引所です。2017年という比較的早い時期から金融庁の認可を受けている老舗となっています。

 GMOコインは2021年度のオリコン顧客満足度でNo.1を獲得しています。

GMOコインは口座開設から取引までが非常にスピーディーに行えるので、気軽に投資を始められるのが特徴です。

またレバレッジ取引に対応しているアルトコインも多く、初心者のみならずヘビーユーザーも使いやすい仕様となっています。

各種手数料が無料なのも非常に大きな魅力です。

GMOコインの基本情報

取引仮想通貨数

15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • エイジコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • ポルカドット(DOT)
  • テゾス(XTZ)
  • カルダノ(ADA)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:GMOコイン公式サイト

暗号資産(仮想通貨)を積立するメリットとは?

暗号資産(仮想通貨)を積立すると、通常の投資とは違った恩恵を得ることができます。

この章では暗号資産(仮想通貨)を積立するメリットを解説していきます。暗号資産(仮想通貨)の積立には以下のようなメリットがあります。

暗号資産(仮想通貨)を積立するメリット
  • リスクが減る
  • 少額からの投資が可能
  • 自動運用が可能
  • 自分のペースで取引ができる

リスクが減る

暗号資産(仮想通貨)を積立する最大のメリットとしては、リスクの軽減が挙げられます。

1度に大きな金額を投じると、価格の暴落が起きた時の損失が一気に訪れます。積立をしながら投資をするとこのようなリスクを軽減できるのです。

 複数の投資先に資産を分散するのが基本ですが、積み立ての場合1箇所でも問題ありません。

これから暗号資産(仮想通貨)に投資したいと考えている方は、自動で積立投資を行なってくれるサービスを利用すると良いでしょう。  

少額からの投資が可能

少額からの投資が可能なのも、暗号資産(仮想通貨)を積立する魅力です。GMOコインやコインチェックなどでは500円から投資を始めることができます。

お試しで投資をやってみたい人、これから投資について勉強したい人には魅力的な話でしょう。

 自動積立サービスによっては1円からでも投資できます。

暗号資産(仮想通貨)の投資には興味があるけど、資金が心もとないという方には特におすすめな方法だと言えます。

 

自動運用が可能

暗号資産(仮想通貨)の自動積立サービスを利用すれば、特に何もしなくても投資を行うことができます。

 最初に設定を行い、口座にお金を入れておくだけで準備は完了です。

通常投資を行う場合は情報収集をしたり、チャートを常にチェックしたりと多大な労力を割かなければなりません。

しかし暗号資産(仮想通貨)の積立にはそのような作業が一切必要ありませんので、初心者でも取り組みやすいでしょう。

仕事や勉強で時間を取れないという方におすすめです。

自分のペースで取引ができる

暗号資産(仮想通貨)の積立は自分のペースで取引することができます。サービスによって異なる特徴があるので、自分に合ったものを選べます。

 サービスによっては入会特典が用意されている場合もあります。

例えば安定した利益に重点を置く場合は、取引量の多い銘柄を多めに購入したり、スリルを楽しみたい人は、マイナーな銘柄に投資したりと選択肢は豊富です。

このように自分の懐事情や生活スタイルに合わせて投資を行えるのも、暗号資産(仮想通貨)積立の魅力と言えるでしょう。

初心者でも気軽に始められます。

暗号資産(仮想通貨)を積立するデメリットとは?

暗号資産(仮想通貨)の積立には多くのメリットがありますが、当然デメリットも存在します。

この章では暗号資産(仮想通貨)を積立するデメリットについて解説していきます。こちらもしっかり把握しておきましょう。

暗号資産(仮想通貨)を積立するデメリット
  • 大きく増えるわけではない
  • 資産を減らしてしまうリスクもある
  • 税率が高い

大きく増えるわけではない

暗号資産(仮想通貨)を積立するデメリットとしては、一攫千金が狙いにくいというのが大きいでしょう。

大きな利益を得ようと思った場合、価格変動の激しい銘柄に、巨額の資金を投じる必要があるため、積立とは真逆の方法を取らなくてはなりません。

 積立投資サービスは価格変動を最小限にして、安定的な収益を目指すものが多いです。

しかし大きく収益を得ようすると、ハイリスクハイリターンの賭けをしなくてはならず、大きな損失を生む可能性もあります。

安定をとるか、大きな収益を取るのかじっくり検討し、リスクを理解した上で取り組む必要があるでしょう。

大きな収益を得たい人は、通常の暗号資産(仮想通貨)取引を行いましょう。

資産を減らしてしまうリスクもある

低リスクで、安定した収益を得ることができる暗号資産(仮想通貨)積立ですが、必ずしも資産が増えるわけではありません。

暗号資産(仮想通貨)の価格が下がってしまった場合は、損失を出してしまう可能性もあります。

 一時的な下落に惑わされることなく、長期的な目線を持つことが重要です。

損をしてしまうリスクもあることを十分に理解し、自分の生活を圧迫するほどの資金を投資しないように注意しましょう。

投資に100%はあり得ません。

税率が高い

暗号資産(仮想通貨)の積立で収益を得た場合、確定申告を行う必要があります。暗号資産(仮想通貨)の収益は法律上「雑所得」として扱われます。

税率としては収益額の5〜45%+住民税10%です。合計すると最大55%になり、半分以上の収益を支払う可能性もあるのです。

 累進課税制度により、収益が大きければ大きいほど支払額は増えていきます。

確定申告を怠ると延滞税などの処分が下る可能性があるので、収益を得たら確実に確定申告を行いましょう。

株やFXと比べると暗号資産(仮想通貨)の税金はまだ不確定な部分も多く、これからの法整備に期待したいものです。

損失を負った場合は、所得税を軽減することができます。

暗号資産(仮想通貨)を積立する際のポイント

暗号資産(仮想通貨)のみならず、投資を行うと自分の資産を大きく減らしてしまうリスクもあります。

この章では暗号資産(仮想通貨)を積立する際のポイントについて解説していきます。投資を行う時は以下のような点に注意しましょう。

暗号資産(仮想通貨)を積立する際のポイント
  • 生活余剰金を投資する
  • リスクを分散することを意識する
  • 時間をかける

生活余剰金を投資する

暗号資産(仮想通貨)に限った話ではありませんが、投資を行う際は生活余剰金を使うようにしましょう。

余剰金を超えて投資してしまうと、余裕がなくなり正常な判断ができなくなってしまうため、より収益を出しにくい状況に追い込まれます。

 投資金額の目安としては、資産の10%程度だとされています。

「最悪なくなってしまっても問題ない」と思える程度の金額を自身で設定し、それを超えることのないように注意しましょう。

また株や投資信託など、他の投資と並行して行う場合は、それぞれのウエイトを調整することをおすすめします。

無理な投資は破産につながります。

リスクを分散することを意識する

暗号資産(仮想通貨)に投資する際は、リスクを軽減することを意識しましょう。リスク軽減には分散投資がおすすめです。

資産を1箇所に投資してしまうと、その投資対象の値段が下がった時、大きな損失を生むリスクを抱えてしまいます。

 他の投資対象を複数持つこともおすすめです。

暗号資産(仮想通貨)の場合は、複数の銘柄・取引所を利用することでリスクを分散することができます。

どんな方法を利用しても100%利益を出せるということはありません。

時間をかける

暗号資産(仮想通貨)の積立を行う際は長期的な視点を持つことが非常に重要です。

短期的に大金をつぎ込めば大きな収益を得られる可能性がある一方で、大損失を抱える可能性もあります。

 自動積立サービスは長期的に投資を行い、安定した収益を得ることを目的に提供されています。

暗号資産(仮想通貨)は日々価格変動しており、1日で数十%変動することも珍しくありません。

時間をかけてコツコツ投資を行えば、一時的に損をしてしまっても、長期的に見れば利益を得られる場合も多いです。

よくある質問

暗号資産(仮想通貨)の積立とはどのようなものですか?
暗号資産(仮想通貨)の積立とは、決まった日時に一定額を自動で購入する投資方法です。
暗号資産(仮想通貨)の積立はいくらから始められますか?
利用するサービスによって異なりますが、1円〜1万円程度が最低金額として設定されていることが多いです。
暗号資産(仮想通貨)の積立のメリットを教えてください。
暗号資産(仮想通貨)の積立のメリットとしてはリスクが減る、少額からの投資が可能、自動運用が可能などがあります。
暗号資産(仮想通貨)の積立のデメリットを教えてください。
暗号資産(仮想通貨)の積立のデメリットとしては大きく増えるわけではない、資産を減らしてしまうリスクもある、税率が高いなどがあります。

まとめ

今回が暗号資産(仮想通貨)の積立について解説してきました。

一定期間に一定額を投資する暗号資産(仮想通貨)の積立は、大きな利益を生むことはできませんが、リスクを分散できる、少額から始められるといったメリットがあります。

しかし暗号資産(仮想通貨)の積立をしたからといって絶対儲かるわけではなく、価格変動状況によっては資産を減らすリスクもあるのです。

暗号資産(仮想通貨)の積立を行う際は、メリット・デメリット・リスクを理解した上で慎重に行う必要があると言えるでしょう。

極力リスクを減らしたいという方は、ぜひ積立投資を行なってみてください!

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事