仮想通貨のアービトラージとは?手順&注意点をわかりやすく解説!

「アービトラージってどんな手法?」「アービトラージは稼げるの?やり方を詳しく知りたいなぁ」あなたはこんな疑問を持っていませんか?

アービトラージは、取引所間の価格差を利用して利益を出す方法で、チャート分析のスキルがない初心者でも実践できます。本記事では、アービトラージのやり方やメリット、注意点について詳しく解説します。

アービトラージのやり方が5分でわかりますので、ぜひ最後までご覧ください!

アービトラージとは?

疑問

冒頭から繰り返しになりますが、アービトラージは取引所間の価格差を利用した取引です。

仮想通貨だけでなく、FXなどでも用いられる手法ですね。しかし、円やドルなどの通貨は流通量がすでに多く、価格差はそこまで発生しません。

しかし、仮想通貨は取引量が定まり切っておらず、取引所ごとに価格が違うといったことが往々にして起こり得るのです。

では、具体的なアービトラージの手法を例えで見ていきましょう!

まず、取引所Aで1BTC=100ドル、取引所Bで1BTC=110ドルだったとします。

この時、取引所Aでビットコインを買って取引所Bで売却すれば、10ドルの利益が発生しますね。

これがアービトラージの具体的なやり方です。

アービトラージと聞くと難しそうに感じますが、仕組みはとても簡単なのです!

アービトラージの始め方

アービトラージを始めるには以下のようなステップを踏む必要があります。これからアービトラージを始めようと思っている方は参考にしてみてください。

アービトラージの始め方
  • 仮想通貨取引所で口座を開設
  • 日本円を入金
  • 取引所ごとに価格差をチェック
  • 仮想通貨を購入
  • 価格差のある仮想通貨取引所に送金
  • 仮想通貨を売却

アービトラージを始める際、仮想通貨取引所の口座が複数必要になります。あらかじめ登録しておきましょう。

またアービトラージでは度々送金を行うので手数料を以下に抑えるかが鍵です。

いくつかの仮想通貨取引所を利用して1番手数料が安いところをメインで利用すると良いでしょう。

アービトラージは意外と手間がかかります。

アービトラージの3つのメリット

アービトラージを使った取引には、次の3つのメリットがあります。

アービトラージのメリット
  • 価格変動を待つ必要がない
  • 取引のリスクが少ない
  • 難しい知識が必要ない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)価格変動を待つ必要がない

アービトラージのメリット1つ目は、価格変動を待つ必要がないこと。

普通に仮想通貨を取引して値上がり益を狙う場合、当然ですが値上がりするのを待つ必要がありますよね。それに、価格が上がるのか下がるのか、分析できなければいけません。

しかしアービトラージなら、取引所間の価格差さえ探せば、価格変動を待たずに取引できます。

もし価格差がなくても、複数の取引所に登録してチェックしておけば、どこかで価格差が生じている可能性が高いでしょう。

おすすめの取引所についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ある程度自分の好きなタイミングで取引できるのですね!

(2)取引のリスクが少ない

アービトラージのメリット2つ目は、取引のリスクが少ないこと。

仮想通貨に限らず、値上がり益・値下がり益を狙った取引はハイリスクです。特に、マイナーな銘柄(通称草コイン)は値動きが大きく、買った直後に暴落することも考えられます。

しかし、ービトラージは買ってすぐ売却するため、リスクが少ないのです。

通貨を買った瞬間に暴落しない限り、大損失を負うリスクは少なくて済みますね。

(3)難しい知識が必要ない

アービトラージのメリット3つ目は、難しい知識が必要ないこと。

仮想通貨の値上がり益を狙おうと思うと、豊富な知識が必要不可欠です。値上がりの要因や通貨の持つ将来性についても、深い理解が必要になるでしょう。

しかし、アービトラージは価格差を利用した単純取引ですので、難しい知識は必要ありません。

仮想通貨の買い付け方法、売却方法さえ知っていれば、誰でもできそうですよね!

アービトラージの3つのデメリット

アービトラージのアービトラージの仕組みは非常に簡単です。

リスクも少なくて難しい知識も必要ないため、一見素晴らしい方法に思えるかもしれません。しかし、アービトラージにも次のようなデメリットがあります。

アービトラージのデメリット
  • 価格差が生じるまで待たなければいけない
  • 利益は大きくない
  • 取引には時間がかかる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)価格差が生じるまで待たなければいけない

アービトラージのデメリット1つ目は、価格差が生じるまで待つ必要があること。

仮想通貨は、法定通貨と比べれば取引所間の価格差が生じやすいです。とはいえ、まとまった利益を出せるほどの価格差は、そう頻繁に起こるものではありません。

時には、価格差が生じていないかこまめにチェックする必要もあるでしょう。

自分の都合の良いタイミングで価格差が発生するわけではないということですね。

(2)利益は大きくない

アービトラージのデメリット2つ目は、利益は大きくないこと。

アービトラージは、価格差で利益を狙う取引です。しかし、価格差といってもそこまで大きなものにはならず、大半の取引は小さな利益を生むにとどまります。

したがって、アービトラージで十分な利益を上げるためには、何度も取引を繰り返す必要があるのです。

確かにアービトラージはローリスクですが、その分爆益を狙えるような手法ではないのです。

(3)取引には時間がかかる

アービトラージのデメリット3つ目は、取引に時間がかかること。

値上がり益を待つ場合、購入したら価格が上昇するまで放置するだけです。積立投資なら、これよりもっと楽に仮想通貨に投資できます。

一方、アービトラージは価格差を見つけて購入、送金、売却とすべて手作業で行う必要があるため、どうしてもまとまった時間が必要です。

さらに、これに加えて前述の「価格差が生じるまで待つ時間」も発生します。

忙しい人には向かない手法ですね。場合によっては、普通に働いた方が稼げるかもしれません。

アービトラージには4つの方法がある

アービトラージには、主に以下4つのやり方があります。

アービトラージの方法
  • 単純売買する
  • 空売りを利用する
  • 価格差が収まるまで待つ
  • 複数通貨を利用する

それぞれやり方が少しずつ異なります。それぞれ順に見ていきましょう。

(1)単純売買する

アービトラージのやり方1つ目は、単純売買する方法です。

これは今まで説明した通りのやり方ですね。安い方の取引所で通貨を買って、高い方の取引所に送金して売却します。

最も簡単かつ単純な方法と言えるでしょう。

以下はメリット、デメリットをまとめたものです。

メリット・デメリット
  • 少額から取引できる
  • 比較的リスクが大きい

この方法は少ない資金でも実践できるため、初心者にも最適です。

一方で、送金に時間がかかるのがネックです。送金している間に価格差が減る、もしくはなくなってしまった場合、手数料を取られるだけで終わってしまいます。

お手軽ですが、あまり効率的な方法とは言えないわけですね。

(2)空売りを利用する

初心者にもおすすめのネット証券の選び方

アービトラージのやり方2つ目は、空売りを利用する方法。

この方法は、CFD取引を利用します。

 CFD取引とは
実際の通貨ではなく証拠金を用いて、価格差のみで取引を行う。レバレッジを高め、自己資金の何倍もの取引ができるのが特徴。

CFD取引では、通貨を売って利益を出すことも可能です。

したがって、価格の安い取引所で買うと同時に、価格が高い方の取引所で売りを入れます。そして、買った仮想通貨を空売りした取引所に送金し、売却&決済すれば利益を出せます。

以下はメリット、デメリットをまとめたものです。

メリット・デメリット
  • 価格変動のリスクがほとんどない
  • 証拠金が必要になるため、必要資金が増える

単純売買と違ってすぐに売りを入れられるため、価格変動リスクは小さいです。

しかし、通貨を売る際にも証拠金が必要になるため、必要資金が増えてしまいます。

こちらの方が効率的ですが、アービトラージに慣れるなら単純取引から始めると良いでしょう。

(3)価格差が収まるまで待つ

アービトラージのやり方3つ目は、価格差が収まるまで待つ方法。

基本的には先ほどのやり方と同じですが、価格が収束するのを待ってから決済することで、取引所間で送金する手間をなくすことができます。

以下はメリット、デメリットをまとめたものです。

メリット・デメリット
  • レバレッジを高められる
  • ロスカットのリスクがある

価格差を待つため、レバレッジをかけて利益を高められます。

しかし、一方で待っている間にロスカットされてしまったり、追証が発生したりするリスクがあるため、値動きが大きい銘柄の場合は要注意です。

 追証(おいしょう)とは
口座資金がマイナスになった際、追加で証拠金を請求されること。
急激なレート変動でロスカットが間に合わなかった場合、追証が発生してしまう。

ハイリターンですが、その分リスクも高いと言えるでしょう。

(4)複数通貨を利用する

アービトラージのやり方4つ目は、複数通貨を利用する方法。

貨によっては、順繰りに交換しているだけで利益が得られることがあります。

例えば、1BTCで2ETHを購入し、2ETHで200円を交換、そして200円で2BTCを購入するといった具合です。

このような状況はあまり発生しませんが、もし見つけられれば簡単に利益を狙えます。

以下はメリット、デメリットをまとめたものです。

メリット・デメリット
  • 取引手数料をカットできる
  • 利益を出せるタイミングが見つからない

この取引は同じ取引所内で行うため、送金手数料がかかりません。

しかし、実際に利益を出せるタイミングはそう多くはないため、利益を出せるタイミングを見つけ出せる仕組みが必要です。

このやり方は難しいため、基本的には2番、3番のやり方を実践してみると良いでしょう。

アービトラージを行うのに必要なツールは?

アービトラージで利益を出すには、価格差の発生を知らせてくれるツールが必要です。

したがって、以下のようなツールを利用すると良いでしょう。

アービトラージにおすすめのツール
  • coinchoice
  • Cryptopippi

「coinchoice」のホームページでは、各取引所の価格をリアルタイムで見られます。

また、スマホなら「Cryptopippi」も良いでしょう。こちらも取引所ごとのレートが一目でわかるようになっており、外出先でも気軽に開けるのが嬉しいポイントです。

アービトラージを行う際の3つの注意点

アービトラージを行う際は、次の3点に注意しましょう。

アービトラージの注意点
  • まとまった資金を用意する
  • 詐欺に引っかからないようにする
  • 複数の取引所に登録する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)複数の取引所に登録する

1つ目の注意点が、複数の取引所に登録すること。

アービトラージを行う際は、必ずしも価格差が生じているとは限りません。少しでも多く取引のタイミングを発見するためにも、できるだけ複数の取引所に登録しましょう。

また、取引所ごとに送金手数料も変わってくるため、使いながら把握していく必要があります。

おすすめの取引所については、この後紹介しています!

(2)まとまった資金を用意する

2つ目の注意点が、まとまった資金を用意すること。

前述の通り、アービトラージは複数の取引所に登録する必要があります。そして、各取引所に資金を入金しなければならないため、想像以上にまとまった額の資金が必要です。

送金には手数料がかかるため、少額取引だと手数料負けしてしまいます。

しっかり利益を出そうと思ったら、数百万円ほど用意しましょう。

少額からアービトラージをしてもあまり旨味はありません。

(3)詐欺に引っかからないようにする

3つ目の注意点が、詐欺に引っかからないようにすること。

アービトラージで通貨の価格差をチェックするのは大変です。そこで自動売買ツールが役立つのですが、残念ながら高額ツールの詐欺が横行しています。

「確実に利益を上げられる」
「初心者でも簡単に月収〇〇万円」

このような謳い文句には要注意です。

業者の目的はツールの販売代金ですので、くれぐれも甘い言葉に乗せられないようにしましょう!

アービトラージで利益を出すためのコツ

アービトラージで利益を出そうと思った場合、ただ闇雲に取り組んでも効果は薄いでしょう。利益を出すためにはいくつかコツがあるのです。

この章ではアービトラージで利益を出すためのコツをご紹介していきます。以下のようなポイントを押さえてみてください。

アービトラージで利益を出すためのコツ
  • 手数料を可能な限り抑える
  • 資金を分散させる
  • 価格変動が激しい時を狙う

手数料を可能な限り抑える

アービトラージで利益を出すために最も必要なのは、手数料を可能な限り安く抑えるという点です。

仮想通貨の売買、送金には手数料がかかります。場合によっては差額よりも手数料が高くなってしまう場合もあるのです。

 仮想通貨取引所によって手数料が異なります。

例えばアービトラージによって500円の利益を得たとします。しかし仮想通貨の売買、送金手数料で500円以上かかってしまっては損失になってしまいます。

アービトラージを行う際には一連の取引にかかる手数料をしっかり計算し、損失になってしまわないようにしましょう。

手数料が安い取引所を探すのが1番早いです。

資金を分散させる

アービトラージを行う際は、資金を常に分散させておくことをおすすめします。これは売買のタイミングを逃さないためです。

もし買い時の仮想通貨があったとしても、その取引所に残高がなければ、購入することはできません。

 仮想通貨の価格は常に変動しており、数秒で状況が一転することも珍しくありません。

また資金を分散させておくとリスクを軽減することも可能です。資金をストックしておく取引所が倒産してしまった場合、お金は戻ってきません。

1箇所に資金を集中させてしまうと、その取引所が倒産してしまった場合、大きな損失を被る可能性があるのです。

ハッキングを受けたことによって倒産に追い込まれた取引所も存在します。

価格変動が激しい時を狙う

仮想通貨で価格差が生まれやすいのは、激しく価格変動をしている時です。

仮想通貨の価格が暴落・急騰していたら市場で一気に取引が行われたという状況になります。

 当然取引所でも取引量が増えるので、価格差が発生しやすくなります。

一方で仮想通貨の相場が安定しているときは、価格変動が起きにくいので、価格差は生まれにくいです。

アービトラージで利益を狙う場合には、仮想通貨の相場が激しく変動している時を見逃さないようにしてください。

アービトラージを禁止している取引所はある?

現在のところ、アービトラージを禁止している取引所はありません。

したがって、どの取引所を選んでも大丈夫です。しかし、FXではアービトラージを禁止している業者もありますので、今後規約が変更される可能性もあります。

また、仮想通貨の流通量自体安定してくると、アービトラージ自体が難しくなってしまうかもしれません。
なお、おすすめの取引所は次項で解説しています。これからアービトラージを始めるあなたは、ぜひ参考にしてください。

おすすめ仮想通貨取引所

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴

Coincheckは、親会社が東証一部上場企業のマネックスグループ。セキュリティ技術が高く、安心安全に取引を行えるでしょう。

特におすすめなのがCoincheckアプリです。シンプルな設計で見た目の使いやすさに優れているのが特徴で一目で使い方が分かるので、投資初心者の方でもすぐに使いこなせるでしょう。

 2021年上半期「国内の仮想通貨取引アプリ」部門では、ダウンロード数No.1※1となっており、ユーザビリティが評判です。

アプリ内では500円から取引可能なので「大きな額を投資するのは怖い」「はじめての投資だからまずはお試しでやりたい」という方にも最適です。

各チャートにはチャット機能が用意されており、投資家のコミュニケーションが活発に行われています。参考にすると良いでしょう。

さらにコインチェックでは仮想通貨取引初心者におすすめなCoincheckつみたてと呼ばれる自動積立サービスがあります。

「毎日チャートは追えない、難しいことは分からない」という方でも、 一定額を毎月自動で投資してくれるので着実に仮想通貨を増やしていきたいという方にもおすすめです。

Coincheckつみたても15通貨※2対応可能で、他の通貨も順次追加が予定されています。

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取引通貨数

17種類

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. LSK(リスク)
  5. XRP(リップル)
  6. XEM(ネム)
  7. LTC(ライトコイン)
  8. BCH(ビットコインキャッシュ)
  9. MONA(モナコイン)
  10. QTUM(クアンタム)
  11. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  12. IOST(アイオーエスティー)
  13. ENJ(エンジンコイン)
  14. OMG(オーエムジー)
  15. PLT(パレットトークン)
  16. XYM(シンボル)
  17. SAND(サンド)
レバレッジ レバレッジなし
送金手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 通常無料
出金手数料 一律407円

今だけ!お得なキャンペーン情報
SANDキャンペーン
  • SAND取扱い開始記念キャンペーン!※1

※1 ※2022年5月24日 〜 2022年6月7日 23:59キャンペーン期間中にCoincheckにおいて「SAND」を合計5万円以上購入された方の中から、抽選で10名様に10万円をプレゼント

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。DMM.comグループ全体では年間に2,000億円以上の売上を超える大企業です。

特にDMM Bitcoinは、レバレッジ取引が魅力。国内最多級の21通りもの組み合わせで仮想通貨取引が可能です。土日祝日含め365日LINEやメールでのサポート体制をとっているので、仮想通貨(仮想通貨)初心者でも安心して取引できます。

DMM Bitcoinの独自の注文方法にBitmatch注文という仕組みがあります。

 『BitMatch注文』は、DMM Bitcoinが提示する価格を参考に、30秒間「ミッド(中値)価格」で取引が成立できるシステムです。

取引所のようにマッチングするのは売り手と買い手ですが、約定相手はDMM Bitcoinとなります。通常販売所ではスプレッドがあり、見えない手数料が大きくかかりますが、BitMatch注文なら最小限に抑えられるのです。

販売所形式と取引所形式の良いところを取ったハイブリッド注文方法と言えるでしょう。

DMM Bitcoinの基本情報

取引通貨数

15通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. XRP(リップル)
  5. BCH(ビットコインキャッシュ)
  6. LTC(ライトコイン)
  7. XLM(ステラルーメン)
  8. XEM(ネム)
  9. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  10. QTUM(クアンタム)
  11. OMG(オーエムジー)
  12. MONA(モナコイン)
  13. XTZ(テゾス)
  14. ENJ(エンジンコイン)
  15. XYM(シンボル)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
※BitMatch取引手数料は2円〜
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込 : 無料
    ※銀行手数料の負担あり
  • クイック入金 : 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
DMM Bitcoinキャンペーン情報
  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン※1
  • ハズレなし!最大3,000円がもらえる!はじめてのレバレッジ取引キャンペーン ※2
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン※3


※1 期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分まで

※2 期間:2022年4月28日(木)7:00 ~ 2022年6月1日(水)6:59まで/はじめて3万円以上のレバレッジ取引をされた方の中から抽選にて1等~3等のプレゼント金額が”必ず”当たる

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ

出典:DMM Bitcoin公式サイト

※1 2022年3月現在、国内仮想通貨交換業者のWEBサイト調べ

※3 スマホでスピード本人確認を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

BITPOINT(ビットポイント)の特徴
  • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
  • 各種手数料が無料
  • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの大手にはないアルトコインが取引できるのが最大の特徴です。

 トロン(TRX)エイダ(ADA)ジャスミー(JMY)など大きな話題になった通貨も取り扱っています。

またビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・ベーシックアテンショントークン(BAT)などのレンディング(貸仮想通貨サービス)も可能です。

レンディングをすれば保有通貨を取引所に一定期間貸しておくだけで賃借料を受け取れるので、アルトコインでコツコツ投資をしたい人におすすめです。

この機会にぜひ口座開設をしてお得に仮想通貨を手に入れましょう。

BITPOINTの基本情報

取引通貨数

12通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. BCH(ビットコインキャッシュ)
  4. XRP(リップル)
  5. LTC(ライトコイン)
  6. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  7. TRX(トロン)
  8. ADA(エイダ)
  9. JMY(ジャスミー)
  10. DOT(ポルカドット)
  11. LINK(チェーンリンク)
  12. DEP(ディープコイン)
レバレッジ -
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPointキャンペーン情報
  • 3種の暗号資産BTC・ETH・IOSTがもらえる口座開設キャンペーン※1
  • 100,000JMY以上の入金で10名様に10万円相当のJMY(ジャスミー)をプレゼント!※2

※1 期間:2022年4月28日(木)16時 ~ 2022年5月31日(火)16時まで。期間中に、口座開設が完了した方。1,000円相当のBTCか、ETHか、IOSTの合計で3,000円相当をプレゼント

※2 2022年4月25日16時〜2022年5月31日16時/期間中に、100,000JMY以上の入金をされた方/100,000JMYの入金毎に、1口分の当選確率がアップ!抽選で10名に10万円相当のJMYをプレゼント

bitFlyerの特徴
  • ビットコイン取引量国内6年連続No.1※1
  • 15種類のアルトコインを取引可能
  • 各種取引手数料が無料
  • 1円から仮想通貨を購入できる
  • 7年以上ハッキング0

bitFlyerは株式会社bitFlyerによって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、「ビットコイン取引量国内6年連続No.1」※1となっています。

bitFlyerでは1円から仮想通貨を購入することが可能です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

ビットコインはもちろん、イーサリアムやリップルなどの主要アルトコインも1円から購入できます。

 アルトコインは販売所での取り扱いがメインとなっています。

またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、7年間1度もハッキング被害に遭っていません。利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

大手仮想通貨取引所ならではの手厚いサービスが受けられますので、口座を開設しておいて損はない取引所と言えるでしょう。

新規口座開設は最短10分で完了します。

bitFlyerの基本情報

取引通貨数

15種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XTZ(テゾス)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 0.01 ~ 0.15%
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料(BTC)※bitWireを除く 0.0004BTC
入金手数料
  • 住信SBIネット銀行からの入金:無料
  • 住信SBIネット銀行以外からの入金:330 円(税込)
出金手数料
  • 三井住友銀行への出金:220円〜440円(税込)
  • 三井住友銀行以外への出金:550円〜770円(税込)

出典:bitFlyer公式サイト

※1 2016〜2021年Bitcoin日本語情報サイト調べ

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの特徴
  • 取扱銘柄数国内No.1※1 
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
  • 各種手数料が無料

GMOコインは「GMOインターネットグループ」によって運営されている仮想通貨取引所です。

 GMOインターネットグループは東証プライム上場企業で、グループ内で積み上げてきた金融サービスノウハウ・高性能なセキュリティを駆使して、利用者が安心・安全な取引を行えるサービスを目指しています。

GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、取扱銘柄数は国内No.1※1となっています。

ビットコイン・イーサリアム・リップルなどのメジャー銘柄はもちろん、コスモスやダイなど他の取引所ではなかなかみられないようなアルトコインも取り扱っています。

取り扱い銘柄が多いと分散投資の選択肢も広がります。

また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できるつみたて仮想通貨を提供しています。

つみたて仮想通貨は毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれるので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

毎月500円から、ビットコインなど18銘柄に投資することができます。

GMOコインの基本情報

取引通貨数

20種類

  • BTC(ビットコイ)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料
  • 現物取引:Maker:-0.01%
  • Taker:0.05% ・レバレッジ:無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料※銀行手数料の負担あり
出金手数料 無料

出典:GMOコイン公式サイト

※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

よくある質問

アービトラージとは
取引所間の価格差を利用する取引です。
例えば、Coincheckが1BTC=100ドル、bitFlyerが1BTC=102ドルだったとしましょう。
この時、Coincheckでビットコインを買ってbitFlyerで売却することで、2ドルの利益を得られます。
実際には、よりまとまった額を取引して大きな利益を狙います。
アービトラージは誰でもできる?
アービトラージは初心者でも可能です。
難しいチャート分析の知識は入りませんし、取引所間の価格差を見極めて売買するだけのシンプルな手法です。
アービトラージにおすすめの取引所は?
メジャーな取引所ならどこもおすすめです。
具体的には、CoincheckやbitFlyer、DMMBitcoin、GMOコインの4社が国内でもメジャーな取引所ですね。
当サイトでもそれぞれの特徴を解説していますので、一通り登録を済ませておきましょう。
価格差を見極めるにはどうやったらいい?
各取引所をいちいち確認するのは非効率ですから、ツールを利用しましょう。
パソコンなら「coinchoice」というサイトを、スマホなら「Cryptopippi」というアプリから各取引所の価格をチェックできますよ。
アービトラージで利益を出すポイントは?

1番のポイントはまとまった資金を用意することです。
アービトラージはリスクが小さいのがメリットですが、その分1回あたりの利益は小さくなりがち。したがって、ある程度大口取引が必要です。
目標額にもよりますが、数百万円程度の資金が必要になるでしょう。

アービトラージはスキマ時間でもできる?
アービトラージは忙しい人には向かない方法です。
価格をこまめにチェックする必要がありますし、購入や売却、そして送金も手動で行う必要があるため、どうしても手間がかかってしまいます。
より気軽に仮想通貨に投資したいなら、積立投資がおすすめです。
アービトラージの注意点は?

最も注意すべきはツールの販売詐欺ですね。
SNSやコミュニティなどでは、悪質なツールの勧誘が行われています。
仮想通貨に限らず、FXやバイナリーオプション等でもこのような詐欺が横行していますので、くれぐれもご注意ください。

まとめ

アービトラージは、取引所間の価格差を利用した取引です。

例えば、取引所Aが1BTC=100ドル、取引所Bが1BTC=110ドルで販売していたとします。

このとき、取引所Aでビットコインを買って取引所Bで売れば、10ドルの儲けになります。

アービトラージはシンプルでわかりやすいのが魅力ですね!

アービトラージを行う際には、以下の3点に注意しましょう。

アービトラージの注意点
  • まとまった資金を用意する
  • 詐欺に引っかからないようにする
  • 複数の取引所に登録する

アービトラージは、値上がり益を狙った取引と違ってチャート分析等が必要ありません。これから仮想通貨取引を始めるなら、ぜひ検討してみてください!

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事