仮想通貨(暗号資産)とは?特徴を初心者にもわかりやすく簡単に解説

この記事を訪れた方は、仮想通貨とは何だろう?気になるけどイマイチよくわからないという状態かもしれません。

ニュースなどで度々仮想通貨の話題が出ることもあり、これまで投資の経験が無い方でも話題性に興味が湧くこともあるでしょう。

しかし、購入したことがないと難しそうに感じてしまい、なかなか投資する機会がないかと考えられます。そこでこの記事では、仮想通貨とはそもそも何かを初心者でもわかりやすく解説します。

また、仮想通貨と暗号資産の違い、仮想通貨の仕組みやメリット・デメリットについても詳しく説明しています。

仮想通貨取引にオススメの取引所も紹介しています。この記事をきっかけに仮想通貨取引を始めてもいいかもしれません!
仮想通貨を始めるならまずはCoincheckがおすすめ

Coincheck

金融庁の暗号資産交換業者に登録されているCoincheckは、親会社が東証一部上場企業であるマネックスグループ株式会社であることからセキュリティ技術も非常に高く、安心・安全に仮想通貨取引が可能。
500円から17種類もの仮想通貨が購入でき、さらに自動積立サービスを利用することで初心者をはじめ毎日チャートを追えない方や初心者も一定額を毎月自動で投資してくれるので着実に増やすことができます。

そもそも仮想通貨とは?わかりやすく解説

仮想通貨(暗号通貨)とは?分かりやすく解説!

仮想通貨とは、デジタルデータとして存在特定の国家が発行していない通貨のことです。日本銀行は、仮想通貨を以下のような特徴を持つものとして定義しています。

仮想通貨の定義(日本銀行公式サイトから引用)
  • 不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる
  • 電子的に記録され、移転できる
  • 法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

    ちなみに、日本の法律では仮想通貨の取扱いは金融庁が認めた取引所だけが行えることになっています。また、価格が需要と供給の関係で変動するのも仮想通貨の特徴と言えるでしょう。

    価格変動のために投資の対象になるのが、電子マネーとの一番の違いかもしれません。

    出典:日本銀行公式サイト

    仮想通貨の将来性が気になる方、今から仮想通貨投資をしても儲かるのか気になる方は、下記の記事に詳しく記載がありますのでご覧ください。

    暗号資産と仮想通貨の違いとは

    暗号資産と仮想通貨の違いを説明

    「仮想通貨と暗号資産の違いが分からない」という方も珍しくありません。紛らわしい言葉なので、当然とも言えるでしょう。

    しかし、実は仮想通貨と暗号資産には違いはありません。別々の存在だということはなく、仮想通貨の別名が暗号資産だということです。

     2019年に政府が仮想通貨の正式名称を「暗号資産」とする旨を発表。そのため、仮想通貨の正式名称は暗号資産です。

    しかし、一般には仮想通貨という呼ばれ方をすることが多いため、混乱の原因になっています。

    ちなみに仮想通貨は暗号通貨と呼ばれることもありますが、こちらも意味は同じです。

    仮想通貨とビットコインの違い

    よく仮想通貨とビットコインは違うものだと認識している人もいますが、基本的には同じものです。ビットコインは仮想通貨の銘柄の1つであり、ビットコインのような銘柄の総称を仮想通貨と呼びます。

    仮想通貨のなかで1番知名度があるのはビットコインであり、知識がない人が違うものだと思ってしまうのも仕方がないでしょう。

    仮想通貨の仕組みとは

    仮想通貨は利用者の信頼の上で成り立っているものです。ではどのような仕組みで利用されているのでしょうか?

    この章では仮想通貨の仕組みについて解説していきます。仮想通貨で特徴的なシステムは以下のようなものが挙げられます。

    仮想通貨の仕組み
    • 電子署名
    • ブロックチェーンによる分散管理体制
    • マイニングによって取引が承認される

    電子署名

    電子署名とはインターネット上で行われる署名を指します。通常何か取引をする際に、署名をすることは多いでしょう。

    仮想通貨の取引を行う際は、電子署名を行うことによって送金トランザクションを作成しています。

     送金トランザクションとは誰から誰にいくら仮想通貨が送金されたかの記録です。

    電子署名を行うことによって、所有者の許可を得て送金しているのが証明され、不正送金を防止しているのです。

    電子署名は仮想通貨の立役者と言えます。

    ブロックチェーンによる分散管理体制

    仮想通貨は特定の管理者がいるわけではなく、ブロックチェーンによって分散管理体制が敷かれているのも大きな特徴です。

     ブロックチェーンとは取引履歴を記録しているオンライン台帳のようなものです。

    ブロックチェーンを使用するメリットとしては、データを改竄するのが不可能だという点です。

    ブロックチェーンは世界中のユーザーによって管理されていますので、記録を改竄するとその事実が世界中に知れ渡ってしまうのです。

    仮想通貨を成立させている根底のシステムと言えます。

    マイニングによって取引が承認される

    仮想通貨の取引をする際は、新しくブロックを作成し、ブロックチェーンに繋ぐという作業が行われます。

    この新しいブロックをブロックチェーンに繋ぐ役割を果たすのがマイニングです。マイニングが行われないと取引は承認されません。

     マイニングをするには大量の電力と専門知識を必要とします。

    マイニングを成功させると報酬として仮想通貨を受け取れるというシステムがあり、新たなビジネスとして注目を集めています。

    報酬を稼ぐためにマイニングを行う人を「マイナー」と呼びます。

    初心者向け|仮想通貨の始め方・やり方

    仮想通貨は新たな投資対象として注目を集めており、中にはこれから始めようと思っている方も多いでしょう。

    そこでこれから投資を始める初心者の方向けに、仮想通貨の始め方・やり方を解説していきます。

    仮想通貨の始め方
    1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
    2. 口座に日本円を入金する
    3. 仮想通貨を購入する

    1:仮想通貨取引所の口座を開設する

    まずは、口座を開設するところからスタートです。口座開設の手順は取引所によって多少異なりますが、おおむね以下の順序で行えます。

    仮想通貨取引所の口座を開設手順
    • 新規登録フォームにメールアドレスを入力し登録ボタンを押す
    • メールボックスに登録確認のフォームが届くので、そこから申し込む
    • 個人情報や本人確認書類を提出する
    • 住所確認のハガキを受け取る
    • 購入可能になる

    どこの仮想通貨取引所でも、このようなステップで口座開設が完了します。詳しい手順は、その仮想通貨取引所のサイトに記載されているので、そちらを確認しながら進めてください。

    仮想通貨取引所によっては、住所確認のハガキを受け取る必要がないこともあります。その場合は、オンラインのみで口座開設が完了します。

    2:口座に日本円を入金する

    初心者でもよくわかる!仮想通貨の始め方・やり方を解説

    口座開設が完了したら、日本円を入金していきましょう。入金方法は取引所によって異なりますが、主に以下のようなものがあります。

    日本円を入金する方法
    • 銀行振込
    • オンラインバンキング入金
    • コンビニ入金

    この中で特にオススメなのは、オンラインバンキング入金です。多くの取引所で24時間リアルタイムに、口座に入金が反映されます。

    ただ、利用できる入金方法は取引所によっても変わるのも事実です。そのため、どういった方法が利用できるかの詳細は、取引所のページで確認してください。

    入金方法によって入金手数料が変わることもあります。コストが安く済む入金方法を選択するようにしましょう。

    3:仮想通貨を購入する

    初心者でもよくわかる!仮想通貨の始め方・やり方を解説

    入金が完了したらいよいよ仮想通貨を購入しましょう。購入方法として、以下の二通りが挙げられます。

    仮想通貨の購入方法
    • 販売所で購入する
    • 取引所で購入する

    この中で、操作がかんたんで初心者にも使いやすいのは、販売所です。そのため、まずは販売所で仮想通貨を購入するといいでしょう。

     販売所にはスプレッドが存在するため、取引コストが大きくなる可能性があります。

    そのため、仮想通貨の取扱いに慣れてきたら取引所での購入にも挑戦することをオススメします。

    仮想通貨取引所は画面が少々複雑で、初心者には難しく感じる可能性もあります。しかし、安価な取引手数料のみで仮想通貨を売買でき、コストカットできるメリットがあります。

    売買に慣れている人ほど、取引コストの安い取引所を選びます。難しく感じるかもしれませんが、利用に慣れることも大切です。

    仮想通貨のメリット・デメリット

    新たな投資対象として注目を集めている仮想通貨ですが、メリットもあれば、当然デメリットもあります。この章では仮想通貨のメリット・デメリットについて解説していきます。

    仮想通貨投資のメリット

    仮想通貨投資のメリット
    • 24時間365日いつでも取引できる
    • 大きく儲かる可能性がある
    • 送金・決済手段として利用できる
    • 少額から投資できる

    24時間365日いつでも取引できる

    仮想通貨(暗号通貨)投資のメリット・デメリット

    仮想通貨には、24時間365日いつでも取引できるメリットがあります。FXや株式の場合、取引可能時間が限られており、仕事の都合などでトレードができないこともあるでしょう。

     一方仮想通貨であれば、時間を選ばず取引が可能です。

    大きく儲かる可能性がある

    仮想通貨(暗号通貨)投資のメリット・デメリット

    仮想通貨投資は非常に大きく儲かる可能性があります。仮想通貨は発行される際には、価格が非常に安いため、需要が高まると大幅に価格が上昇することがあるからです。

    ビットコインを例に挙げると、わかりやすいでしょう。2021年12月には1BTC=600万円以上の価値が有りますが、2009年の発行当初価格は0円。全くの無価値だったのです。

     その後初めてマイニングが行われたときに、1BTC=0.07円という価値がつきました。

    2021年現在になってみれば信じられないことですが、ビットコインは発行当初1BTC=1円の価値すらなかったのです。

    しかし、今では常識では考えられないほどに価格が高騰しています。こうした価格上昇の可能性を持っているのが、仮想通貨のメリットでしょう。

    ビットコイン以外にも、様々な仮想通貨が価格を大きく上昇させてきました。今後も価格の暴騰を見せる通貨も出てくるでしょう。

    送金・決済手段として利用できる

    送金・決済手段として利用できるのも仮想通貨の大きなメリットと言えるでしょう。

    ショッピングなどで海外に送金を行う際は、基本的に銀行口座を利用します。しかし銀行口座での送金は時間がかかる上に、手数料も高額です。

     数千円もの手数料が発生することも珍しくありません。

    仮想通貨を利用して、送金・決済すれば、即時に着金し、手数料も抑えられるのです。

    銀行を利用するよりも手軽に取引できます。

    少額から投資できる

    仮想通貨は他の投資よりも少額からスタートできるという魅力があります。

    株やFXに投資するには、多額の資金を必要とする場合も多く、初心者が始めるにはハードルが高く感じてしまうでしょう。

     1株購入するのに数万円必要なのも珍しくありません。

    例として、仮想通貨取引所のCoincheckは500円程度の少額から暗号資産を購入することが可能です。そのため初心者でも参入するのは難しくないでしょう。

    仮想通貨投資のデメリット

    仮想通貨(暗号通貨)投資のメリット・デメリット

    仮想通貨投資のデメリット
    • ボラティリティが大きく損する可能性あり
    • ハッキングリスクがある
    • 税率が他の金融商品より高い場合がある

    ボラティリティが大きく損する可能性あり

    仮想通貨(暗号通貨)投資のメリット・デメリット

    仮想通貨には、ボラティリティ(値動きの幅)が非常に大きいという特徴があります。そのため、大きな利益を出せる可能性がありますが、一方で損失も大きくなることがあり得ます。

    ニュースなどでも、仮想通貨で大損した人についての記事を見たことがあるかもしれません。投資の仕方によっては、資産の大部分を失う可能性があるのが仮想通貨です。

     仮想通貨は価格が半分以下になることがあり得ます。そのため、資産を大きく減らす可能性もあるのです。

    また、草コインと呼ばれる無名な仮想通貨は、さらに値動きが激しい傾向があります。場合によっては仮想通貨の価値が0になることもあり、非常にハイリスクであると言えるでしょう。

    とはいえ、無茶な投資の仕方をしなければ、人生を狂わせるほどのマイナスにはなりません。余剰資金で投資するようにしましょう。

    ハッキングリスクがある

    仮想通貨(暗号通貨)投資のメリット・デメリット

    仮想通貨取引所のハッキングリスクがあるのも、仮想通貨のデメリットと言えます。仮想通貨の取引所では、過去にたくさんのハッキングが発生してきました。

    仮想通貨取引所には多額の資金が預け入れられているため、ハッカーからすれば格好の標的なのです。

     実際に日本でもハッキング事件は起こっています。最も有名なのは、2018年に起こったコインチェック事件でしょう。

    コインチェック事件では、当時580億円相当のネムが盗まれました。日本国内で起こった盗難事件として、今後も語りづがれることになりそうです。

    過去に事件が起こったのは、コインチェックのセキュリティの甘さが原因でした。現在はセキュリティは大幅に改善されています。
    とはいえ、仮想通貨取引所のセキュリティに絶対はありません。今後もハッキングの可能性があることは理解し付き合っていく必要があるでしょう。

    税率が他の金融商品より高い場合がある

    仮想通貨は税率が他の金融商品より高い場合があるというデメリットもあります。

    株やFXなどの投資で得た利益に対する税率は一律で20.315%に設定されているのに対して、仮想通貨は雑所得となるため税率が変動します。

     雑所得の税率は15〜55%となっています。

    そのため同じ投資で利益を上げたとしても、株やFXよりも手元に残る資金が少なくなってしまうのです。

    今後、法改定によって税率が固定される可能性もあります。

    初心者におすすめ|仮想通貨取引所5選徹底比較

    Coincheck
    DMM Bitcoin
    BITPoint
    bitFlyer
    GMOコイン
    コインチェック
    DMMビットコイン
    BITPOINT
    ビットフライヤー
    GMOコイン
    取引所手数料
    無料
    無料※1
    BitMatch取引手数料を除く
    無料
    約定数量 × 0.01 ~ 0.15% (単位: BTC)
    Maker:-0.01%
    Taker:0.05%
    販売所手数料
    無料
    無料
    無料
    無料
    無料
    レバレッジ
    -
    2倍
    -
    2倍
    2倍
    最低取引額
    約500円〜
    約1000円〜
    約500円〜
    約1円〜
    約180円〜
    取引通貨数
    17種類
    15種類
    12種類
    15種類
    20種類
    キャンペーン
    2,500円相当のビットコインプレゼント
    2022年6月30日まで
    新規口座開設で
    もれなく2,000円
    プレゼント
    2022年5月31日まで
    新規口座開設で
    3,000円相当
    暗号資産を
    プレゼント
    -
    暗号資産の購入で
    現金1,000円
    プレゼント
    (毎日抽選10名)

    Coincheck(コインチェック)

    コインチェック

    Coincheck(コインチェック)の特徴

    Coincheckは、親会社が東証一部上場企業のマネックスグループ。セキュリティ技術が高く、安心安全に取引を行えるでしょう。

    特におすすめなのがCoincheckアプリです。シンプルな設計で見た目の使いやすさに優れているのが特徴で一目で使い方が分かるので、投資初心者の方でもすぐに使いこなせるでしょう。

     2021年上半期「国内の仮想通貨取引アプリ」部門では、ダウンロード数No.1※1となっており、ユーザビリティが評判です。

    アプリ内では500円から取引可能なので「大きな額を投資するのは怖い」「はじめての投資だからまずはお試しでやりたい」という方にも最適です。

    各チャートにはチャット機能が用意されており、投資家のコミュニケーションが活発に行われています。参考にすると良いでしょう。

    さらにコインチェックでは仮想通貨取引初心者におすすめなCoincheckつみたてと呼ばれる自動積立サービスがあります。

    「毎日チャートは追えない、難しいことは分からない」という方でも、 一定額を毎月自動で投資してくれるので着実に仮想通貨を増やしていきたいという方にもおすすめです。

    Coincheckつみたても15通貨※2対応可能で、他の通貨も順次追加が予定されています。

    Coincheck(コインチェック)の基本情報

    取引通貨数

    17種類

    1. BTC(ビットコイン)
    2. ETH(イーサリアム)
    3. ETC(イーサリアムクラシック)
    4. LSK(リスク)
    5. XRP(リップル)
    6. XEM(ネム)
    7. LTC(ライトコイン)
    8. BCH(ビットコインキャッシュ)
    9. MONA(モナコイン)
    10. QTUM(クアンタム)
    11. BAT(ベーシックアテンショントークン)
    12. IOST(アイオーエスティー)
    13. ENJ(エンジンコイン)
    14. OMG(オーエムジー)
    15. PLT(パレットトークン)
    16. XYM(シンボル)
    17. SAND(サンド)
    レバレッジ レバレッジなし
    送金手数料 無料
    取引所手数料 無料
    入金手数料 通常無料
    出金手数料 一律407円

    今だけ!お得なキャンペーン情報
    SANDキャンペーン
    • SAND取扱い開始記念キャンペーン!※1

    ※1 ※2022年5月24日 〜 2022年6月7日 23:59キャンペーン期間中にCoincheckにおいて「SAND」を合計5万円以上購入された方の中から、抽選で10名様に10万円をプレゼント

    DMM Bitcoin

    DMM Bitcoin

    DMM Bitcoinの特徴

    DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。DMM.comグループ全体では年間に2,000億円以上の売上を超える大企業です。

    特にDMM Bitcoinは、レバレッジ取引が魅力。国内最多級の21通りもの組み合わせで仮想通貨取引が可能です。土日祝日含め365日LINEやメールでのサポート体制をとっているので、仮想通貨(仮想通貨)初心者でも安心して取引できます。

    DMM Bitcoinの独自の注文方法にBitmatch注文という仕組みがあります。

     『BitMatch注文』は、DMM Bitcoinが提示する価格を参考に、30秒間「ミッド(中値)価格」で取引が成立できるシステムです。

    取引所のようにマッチングするのは売り手と買い手ですが、約定相手はDMM Bitcoinとなります。通常販売所ではスプレッドがあり、見えない手数料が大きくかかりますが、BitMatch注文なら最小限に抑えられるのです。

    販売所形式と取引所形式の良いところを取ったハイブリッド注文方法と言えるでしょう。

    DMM Bitcoinの基本情報

    取引通貨数

    15通貨

    1. BTC(ビットコイン)
    2. ETH(イーサリアム)
    3. ETC(イーサリアムクラシック)
    4. XRP(リップル)
    5. BCH(ビットコインキャッシュ)
    6. LTC(ライトコイン)
    7. XLM(ステラルーメン)
    8. XEM(ネム)
    9. BAT(ベーシックアテンショントークン)
    10. QTUM(クアンタム)
    11. OMG(オーエムジー)
    12. MONA(モナコイン)
    13. XTZ(テゾス)
    14. ENJ(エンジンコイン)
    15. XYM(シンボル)
    レバレッジ 2倍
    販売所手数料 無料
    取引所手数料 現物取引:無料
    レバレッジ取引:無料
    ※BitMatch取引手数料は2円〜
    主な通貨の送金手数料 無料
    入金手数料
    • 銀行振込 : 無料
      ※銀行手数料の負担あり
    • クイック入金 : 無料

    今だけ!お得なキャンペーン情報
    DMM Bitcoinキャンペーン情報
    • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン※1
    • ハズレなし!最大3,000円がもらえる!はじめてのレバレッジ取引キャンペーン ※2
    • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン※3


    ※1 期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分まで

    ※2 期間:2022年4月28日(木)7:00 ~ 2022年6月1日(水)6:59まで/はじめて3万円以上のレバレッジ取引をされた方の中から抽選にて1等~3等のプレゼント金額が”必ず”当たる

    ※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

    詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ

    出典:DMM Bitcoin公式サイト

    ※1 2022年3月現在、国内仮想通貨交換業者のWEBサイト調べ

    ※3 スマホでスピード本人確認を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合

    BITPOINT(ビットポイント)

    BITPOINT

    BITPOINT(ビットポイント)の特徴
    • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
    • 各種手数料が無料
    • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

    BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社が運営する取引所です。

    BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの大手にはないアルトコインが取引できるのが最大の特徴です。

     トロン(TRX)エイダ(ADA)ジャスミー(JMY)など大きな話題になった通貨も取り扱っています。

    またビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・ベーシックアテンショントークン(BAT)などのレンディング(貸仮想通貨サービス)も可能です。

    レンディングをすれば保有通貨を取引所に一定期間貸しておくだけで賃借料を受け取れるので、アルトコインでコツコツ投資をしたい人におすすめです。

    この機会にぜひ口座開設をしてお得に仮想通貨を手に入れましょう。

    BITPOINTの基本情報

    取引通貨数

    12通貨

    1. BTC(ビットコイン)
    2. ETH(イーサリアム)
    3. BCH(ビットコインキャッシュ)
    4. XRP(リップル)
    5. LTC(ライトコイン)
    6. BAT(ベーシックアテンショントークン)
    7. TRX(トロン)
    8. ADA(エイダ)
    9. JMY(ジャスミー)
    10. DOT(ポルカドット)
    11. LINK(チェーンリンク)
    12. DEP(ディープコイン)
    レバレッジ -
    販売所手数料 無料
    取引所手数料 無料
    主な通貨の送金手数料 無料
    入金手数料 無料

    今だけ!お得なキャンペーン情報
    BITPointキャンペーン情報
    • 3種の暗号資産BTC・ETH・IOSTがもらえる口座開設キャンペーン※1
    • 100,000JMY以上の入金で10名様に10万円相当のJMY(ジャスミー)をプレゼント!※2

    ※1 期間:2022年4月28日(木)16時 ~ 2022年5月31日(火)16時まで。期間中に、口座開設が完了した方。1,000円相当のBTCか、ETHか、IOSTの合計で3,000円相当をプレゼント

    ※2 2022年4月25日16時〜2022年5月31日16時/期間中に、100,000JMY以上の入金をされた方/100,000JMYの入金毎に、1口分の当選確率がアップ!抽選で10名に10万円相当のJMYをプレゼント

    bitFlyerの特徴
    • ビットコイン取引量国内6年連続No.1※1
    • 15種類のアルトコインを取引可能
    • 各種取引手数料が無料
    • 1円から仮想通貨を購入できる
    • 7年以上ハッキング0

    bitFlyerは株式会社bitFlyerによって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、「ビットコイン取引量国内6年連続No.1」※1となっています。

    bitFlyerでは1円から仮想通貨を購入することが可能です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

    ビットコインはもちろん、イーサリアムやリップルなどの主要アルトコインも1円から購入できます。

     アルトコインは販売所での取り扱いがメインとなっています。

    またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、7年間1度もハッキング被害に遭っていません。利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

    大手仮想通貨取引所ならではの手厚いサービスが受けられますので、口座を開設しておいて損はない取引所と言えるでしょう。

    新規口座開設は最短10分で完了します。

    bitFlyerの基本情報

    取引通貨数

    15種類

    • BTC(ビットコイン)
    • ETH(イーサリアム)
    • ETC(イーサリアムクラシック)
    • LSK(リスク)
    • FCT(ファクトム)
    • XRP(リップル)
    • XEM(ネム)
    • XTZ(テゾス)
    • LTC(ライトコイン)
    • BCH(ビットコインキャッシュ)
    • MONA(モナコイン)
    • XLM(ステラルーメン)
    • BAT(ベーシックアテンショントークン)
    • DOT(ポルカドット)
    • LINK(チェーンリンク)
    レバレッジ 2倍
    販売所手数料 0.01 ~ 0.15%
    取引所手数料 無料
    主な通貨の送金手数料(BTC)※bitWireを除く 0.0004BTC
    入金手数料
    • 住信SBIネット銀行からの入金:無料
    • 住信SBIネット銀行以外からの入金:330 円(税込)
    出金手数料
    • 三井住友銀行への出金:220円〜440円(税込)
    • 三井住友銀行以外への出金:550円〜770円(税込)

    出典:bitFlyer公式サイト

    ※1 2016〜2021年Bitcoin日本語情報サイト調べ

    GMOコイン

    GMOコイン

    GMOコインの特徴
    • 取扱銘柄数国内No.1※1 
    • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
    • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
    • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
    • 各種手数料が無料

    GMOコインは「GMOインターネットグループ」によって運営されている仮想通貨取引所です。

     GMOインターネットグループは東証プライム上場企業で、グループ内で積み上げてきた金融サービスノウハウ・高性能なセキュリティを駆使して、利用者が安心・安全な取引を行えるサービスを目指しています。

    GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、取扱銘柄数は国内No.1※1となっています。

    ビットコイン・イーサリアム・リップルなどのメジャー銘柄はもちろん、コスモスやダイなど他の取引所ではなかなかみられないようなアルトコインも取り扱っています。

    取り扱い銘柄が多いと分散投資の選択肢も広がります。

    また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できるつみたて仮想通貨を提供しています。

    つみたて仮想通貨は毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれるので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

    毎月500円から、ビットコインなど18銘柄に投資することができます。

    GMOコインの基本情報

    取引通貨数

    20種類

    • BTC(ビットコイ)
    • ETH(イーサリアム)
    • ETC(イーサリアムクラシック)
    • BCH(ビットコインキャッシュ)
    • LTC(ライトコイン)
    • XRP(リップル)
    • XEM(ネム)
    • XLM(ステラルーメン)
    • BAT(ベーシックアテンショントークン)
    • OMG(オーエムジー)
    • XTZ(テゾス)
    • QTUM(クアンタム)
    • ENJ(エンジンコイン)
    • DOT(ポルカドット)
    • ATOM(コスモス)
    • XYM(シンボル)
    • MONA(モナコイン)
    • ADA(カルダノ)
    • MKR(メイカー)
    • DAI(ダイ)
    • LINK(チェーンリンク)
    レバレッジ 2倍
    販売所手数料 無料
    取引所手数料
    • 現物取引:Maker:-0.01%
    • Taker:0.05% ・レバレッジ:無料
    主な通貨の送金手数料 無料
    入金手数料 無料※銀行手数料の負担あり
    出金手数料 無料

    出典:GMOコイン公式サイト

    ※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

    仮想通貨とは?よくある質問

    仮想通貨の購入にオススメの取引所はどこですか?
    Coincheck、DMM Bitcoin、bitFlyerがオススメの取引所です。いずれも初心者にも使いやすくデザインされています。
    仮想通貨とはいったいなんですか?
    デジタルデータとして存在し、特定の国家が発行していない通貨です。日本の金融庁も仮想通貨の定義を発表しています。
    暗号資産と仮想通貨の違いは何ですか?
    呼ばれ方が違うだけで全く同じものです。日本の金融庁では、正式名称を暗号資産としています。
    仮想通貨取引はどのように始めればいいのでしょうか?
    取引所の口座を開設し、入金後に仮想通貨を購入しましょう。詳しくは各取引所のホームページを確認してください。
    仮想通貨投資にはどのようなメリットがありますか?
    24時間365日取引でき、大きく儲かる可能性がある点がメリットと言えるでしょう。
    仮想通貨投資にはどのようなデメリットがありますか?
    ボラティリティが大きく損する可能性がある点や、取引所にハッキングのリスクがある点がデメリットと言えます。
    今から仮想通貨取引を初めても儲かるのでしょうか?
    儲かる可能性はあります。ビットコインはまだまだ値上がりするポテンシャルがありますし、他にも将来性が期待できる仮想通貨は存在するからです。

    まとめ

    この記事では、仮想通貨(暗号資産)とはそもそも何かや、始め方、仮想通貨と暗号資産の違い、仮想通貨のメリット・デメリット、オススメの取引所5選を紹介しました。

    今回の記事で仮想通貨のことについて、概要をご理解いただけたかと思います。しかし、仮想通貨について深く理解するには。実際に所有し取り扱ってみるのが一番です。

    仮想通貨取引所では、最小で100円から仮想通貨を購入することも可能です。そのため、興味がある場合は取引所を開設し、まずは少額から購入してみるといいでしょう。

    無理の無い範囲で購入してみると、仮想通貨のことがよく分かってくるでしょう。まずは取引所の口座を作ることから始めましょう。

    関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事