調剤薬局事務の資格試験の難易度は?試験の詳細・勉強方法を解説

今、女性に人気の資格が「調剤薬局事務」に関する資格です。あまり社会情勢に左右されず常に一定のニーズがあります。雇用形態が選べて、時間に融通が利くという点が女性ニーズの高い要因の一つといえるでしょう。

調剤薬局事務は未経験でも働くことができますが、資格取得により転職のハードルが下がることは間違いありません。

しかし調剤薬局事務に関する資格は種類が多く、どれを受けるべきか迷ってしまうでしょう。また、調剤薬局事務の資格は独学でとれるのか、難易度について悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回の記事は、調剤薬局事務に関する資格の中から4つをピックアップして、難易度も合わせて紹介いたします。
調剤薬局事務の資格を取るなら
「ユーキャン」がおすすめ!

ユーキャン 調剤薬局事務

現役の調剤薬局事務員がおすすめする調剤薬局事務講座2年連続で1位を獲得しているユーキャンは、受講期間半年で合格に導いてくれます。修了課題含む添削もあり、質問も受け付けてもらえるサポートの手厚さもお客様満足度90.9%を誇る要因の1つです。
フルカラーでかばんに入り、片手で持てる生まれ変わったテキストや、スマホでもゲーム感覚で学べるスマホ学習と充実の学習で確実な合格を目指しましょう。

調剤薬局事務の4つの資格とそれぞれの難易度を徹底解説

調剤薬局事務で勤務する際は、資格がなくても働くことは可能です。ですが、有資格者の方が倍率の高い求人に合格でき、働き始めてからも重宝されるので取得しておくことをおすすめします。

調剤薬局事務に関する資格はすべて民間資格になっているため、主催団体によって名称の異なる資格が存在しています。資格によって難易度にも差が見られます。どの資格を取得しても調剤薬局事務に必要な知識があることを証明することが出来ます。

今回は中でも人気のある資格を4つ紹介しますので、受講する際の参考にしてみてください。
調剤薬局事務の人気資格
  • 調剤薬局事務検定試験 (日本医療事務協会)
  • 医療保険調剤報酬事務士 (医療保険学院検定委員会)
  • 調剤事務管理士 (技能認定振興協会)
  • 調剤報酬請求事務技能認定 (一般財団法人 日本医療教育財団)

調剤薬局事務検定試験 (日本医療事務協会)

調剤薬局事務試験

調剤薬局事務検定試験は、調剤薬局での請求事務業務の基礎的な知識と技能レベルを証明する資格です。自宅での受験が可能な資格で、通信講座であれば約1ヶ月で合格を目指すことが出来ます。

日本医療事務協会が主催する資格で、調剤薬局事務に関する資格の中でも新しい資格のひとつです。

受験資格
  • 認定団体の講座受講者
  • 受験申請のあった高校・専門学校・短期大学・大学等
  • 受験申請のあった一般受験申込み者
試験日 毎月第4日曜日
難易度 60〜80%程度
合格率 学科・実技60%以上で、合計で85%以上
試験内容
  • 学科:マークシート形式15門
  • 実技:レセプト作成2門
認定料
  • 5,500円(一般)
  • 4,950円(団体)
対応講座 たのまな・資格のキャリカレ・日本医療事務協会

日本医療事務協会の公式サイト

医療保険調剤報酬事務士 (医療保険学院検定委員会)

医療保険調剤報酬事務士は、医療保険制度や医薬品に関する基本的な知識をもち、正確に調剤報酬を算定して請求できる資格です。医療保険学院が主催する資格試験で、比較的難易度が低い試験になっています。

3回の中間テストをすべて出した方が対象で、主にレセプト作成に関する試験を在宅で受験します。受験開始日から1年以内は、再受験ができる試験になっています。

受験資格 カリキュラム受講後、講座内3回のテストに合格する
試験日 毎月
難易度 60%程度
合格率 学科・実技60%以上で、合計で85%以上
試験内容
  • 学科:医療保険制度、保険請求業務に関するもの
  • 実技:レセプト作成
認定料 4,500円
対応講座 たのまな

医療保険学院検定委員会の公式サイト

調剤事務管理士 (技能認定振興協会)

調剤薬局事務資格2

調剤事務管理士は、調剤報酬に関する基礎知識・仕組みを理解し、調剤報酬の計算・レセプト作成の知識を証明する資格です。技能認定振興協会主催の資格で、医療機関での認知度が高い有名な資格です。

受験資格がなく、どなたでも受講することが可能で、在宅で試験を受講することができます。

受験資格 なし
試験日 年6回(奇数月の第4日曜日)
難易度 60%程度
合格率 学科・実技60%以上で、合計で85%以上
試験内容
  • 学科:マークシート形式10門
  • 実技:マークシート形式2門、レセプト作成
認定料 6,500円
対応講座 ソラスト・ユーキャン・大栄オンライン講座

技能認定振興協会の公式サイト

 調剤報酬請求事務技能認定 (一般財団法人 日本医療教育財団)

 調剤報酬請求事務技能認定は、調剤報酬請求事務などの知識・技能レベルを有することを証明する資格です。所定の教育訓練ガイドラインに沿ったカリキュラムを受講した後で、修了試験に合格した方に対して技能を認定しています。

一般財団法人 日本医療教育財団が主催している資格で、履歴書に書くことができる最難関の試験です。

受験資格 カリキュラム受講後、テストに合格
試験日 毎月第4土曜日
難易度 高め
合格率 学科・実技各得点90%以上
試験内容
  • 学科:三肢択一式
  • 実技:調剤報酬明細書の作成・点検
認定料 3,000円
対応講座 たのまな・資格のキャリカレ・日本医療事務協会

一般財団法人 日本医療教育財団公式サイト

調剤薬局事務の資格を取るなら
「ユーキャン」がおすすめ!

ユーキャンの調剤薬局事務講座

かばんに入り、片手で持てる500mlペットボトルサイズでぎゅっとコンパクト+フルカラーでまとめられた新しいテキストと、スマホでも読めるテキストで満足度驚異の90.9%を誇るユーキャンの調剤薬局事務講座は、ゲーム感覚で楽しく学べる学習を進めるたびにバッジをゲットしてゲーム感覚ですすめることもでき、いつの間にか合格もゲット!
Webテストで弱点を分析してくれるから、苦手な分野を優先的に対策できます。

調剤薬局事務の試験内容は?

調剤薬局事務に関する資格は、たくさんあることが分かりました。資格試験の特徴としてあげられるのが、試験会場にテキストの持ち込みが可能で自宅で受験ができる場合があるところです。自分のタイミングに合わせて受験ができるのが特徴です。

試験は学科と実技の二部構成になっています。資格によって異なりますが、試験開催日が毎月や年2回など多く、短期間で合格を目指せるものもあります。

調剤薬局事務の資格は、合格率が60〜90%程度のものが多いです。

独学でもOK?調剤薬局事務の勉強方法3パターン比較

勉強方法

調剤薬局事務の資格取得に関する勉強方法を3パターンに分けてみました。ライフスタイルや取りたい資格の合格率なども参考にするといいでしょう。それぞれの勉強法について特徴を紹介します。

調剤薬局事務の勉強方法
  • 独学で学ぶ
  • 通学制スクールに通う
  • 通信講座で学ぶ

独学で学ぶ

調剤薬局事務の資格は独学で取れる資格と、取りづらい資格があります。独学で受験する場合、約3〜4ヶ月ほどあれば合格を目指せる資格が多いです。ただ、自分で学習スケジュールを組んで勉強しなければなりません。

「調剤報酬請求事務技能認定」「調剤薬局事務検定試験」「医療保険調剤報酬事務士」などは、受験資格が厳密に定められているので、独学で受験することが難しい資格です。

 独学で学ぶことのメリットとしては、費用を抑えて学ぶことができるのと時間に融通が利く点です。

通学制スクールに通う

通学制スクールに通うという方法も資格取得に向けた近道です。紹介した3つの中では、最短で合格を目指すことが出来ます。学校に通う時間をとることが可能な方にはおすすめの勉強方法です。最短1ヶ月、平均して2ヶ月あれば資格取得ができるでしょう。

日本医療事務協会が主催の「調剤薬局事務講座(通学)」は、3日間のスクーリングに参加することで学ぶことが可能です。

すぐに資格が必要な方、仕事と両立を考えている方は、検討してみるといいでしょう。

通信講座で学ぶ

通信講座は、勉強する時間も受講期間も自分のペースで進めることができる点が最大の強みでしょう。受講期間は約2〜3ヶ月あれば十分に合格を目指せます。テキストだけの勉強方法のみならず、DVDを使用した講義の視聴やスマホで読めるテキストがある通信講座もあります。

通信講座の場合、サポート体制に不安を持っている方も多いことでしょう。充実したサポート体制で、資格取得まで支えてくれるところがほとんどです。

質問や相談に回数制限がなく、マンツーマンのサポート体制で見守ってくれる講座もあるので安心して学習に取り組むことが可能です。

調剤薬局事務の資格取得におすすめな通信講座

調剤薬局事務の資格には、独学で取得可能な資格と独学では取得困難なものがあります。具体的には以下のようになっています。

独学で取得可能な資格
  • 調剤事務管理士
  • 調剤事務実務士
  • 調剤報酬請求事務専門士
独学では取得不可能な資格
  • 調剤薬局事務資格(JADP)
  • 調剤報酬請求事務技能認定
  • 調剤薬局事務検定試験
  • 医療保険調剤報酬事務士

ご自身がどの資格を取得したいのかをまず定め、それぞれの資格に合った勉強方法を知り、取り組むことが重要です。しかし、これら調剤薬局事務の資格に最短かつ確実に合格を掴む方法として通信講座の利用が挙げられます。

当サイトがおすすめする調剤薬局事務の試験に強い講座はいずれも標準学習期間は1ヶ月から3ヶ月に定められており、受講可能な期間は最長8ヶ月までサポートしてくれます。

 独学では不可能な添削や中間テストの実施も行ってくれ、疑問点があれば質問ができるサポート体制も万全です。

講座によっては全国に在籍するアドバイザーによる就職・転職のサポートを行ってくれたり、コミュニティサイトで同じ資格取得を目指す仲間と繋がることでモチベーションを上げることも可能。

講座によって特徴がそれぞれありますので、徹底比較してご自身に合った講座を見つけてみてくださいね。

表は右にスクロールできます。

調剤薬局事務の資格取得におすすめの通信講座
名称 ユーキャン たのまな まなびネット
ユーキャン たのまな まなびネット
受講料
  • 34,000円(一括払い)
  • 34,540円(分割払い)
  • 33,600円(一括払い)
  • 34,923円(分割払い)

36,667円(一括払い)

標準学習期間 3ヶ月  2ヶ月  1ヶ月 
受講期間 6ヶ月 6ヶ月 4ヶ月 ※最長8ヶ月まで無料延長可能
教材内容
  • メインテキスト:3冊
  • 副教材:薬価基準・点数早見表・
    接遇マナーハンドブック
    添削課題関係書類ほか
  • メインテキスト:2冊
  • 副教材:学習サポート資料・
    レセプトセット、
    DVD、薬価基準抜粋、
    添削課題(中間テスト)3回分ほか
  • メインテキスト:2冊
  • 副教材:問題演習、
    保険薬早見表、ほか
詳細
※2022年7月時点・すべて税込価格

ユーキャン

ユーキャン 調剤薬局事務

ユーキャンのおすすめポイント
  • 調剤薬局事務講座で第一位受賞!
  • お客様満足度90.9%※1
  • メインテキストは2冊で充実した内容
  • 合格後の就活サポートもあり
  • スマホやPCで外出先でも学べる

ユーキャンは、お客様満足度90.9%※1現役の調剤薬局事務がおすすめする調剤薬局事務講座で2年連続一位※2を受賞しました。わかりやすい、フルカラーのメインテキストはカバンに入るコンパクトサイズなのも魅力です。

働きだしてからも使えるように、電話応対や接客マナーが学べるサブテキスト「接遇マナーハンドブック」もついています。レセプト作成の「実技問題対策テキスト」は試験に出題されやすいテーマで実務に役立ちます。

 ユーキャンの調剤薬局事務講座は、最短で3ヶ月で合格へ導いてくれます。

スマホやPCで使える「合格デジタルサポート」機能があります。テキストの内容を読むだけでなく、学習スケジュールの管理やWEBテストで弱点問題の対策をすることが出来ます。

条件を満たしていれば一般教育訓練給付制度で最大20%が支給されますので、公式サイトから簡易診断してみましょう。

取得できる資格 調剤薬局事務検定試験
標準学習期間 3ヶ月 
受講期間 6ヶ月
添削 あり(修了課題含む)
質問 あり(1日3問まで)
講座費用
  • 34,000円(一括払い)
  • 34,540円(分割払い)

教材内容

  • メインテキスト:3冊
  • 副教材:薬価基準・点数早見表・接遇マナーハンドブック・添削課題関係書類ほか
支払い方法
  • 教材・商品に同封の払込用紙(郵便局・ゆうちょ銀行・コンビニ・LINEpay請求書払い)
  • クレジットカード(Visa・Mastercard・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナースクラブ)

※参照:ユーキャン

※12021/2〜2022/1 回答していただいた956名。7段階評価で「とても満足」「満足」「まあ満足」と回答した方の合算値
※22020年10月期_日本マーケティングリサーチ機構調べによるブランド名のイメージ調査

たのまな

たのまな 調剤薬局事務

たのまなのおすすめポイント
  • 2ヶ月で資格取得が目指せる
  • 全国51人のアドバイザーによる就職・転職サポート
  • コミュニテイサイトで仲間と繋がれる
  • DVD付きの充実した教材内容

たのまなでは最短2ヶ月で調剤薬局事務の資格取得を目指せます。3回分の添削課題やDVDもついているので、効率的に学習を進めることが可能です。

転職・就職の際も「就職アドバイザー」に個別で相談をすることができるのが特徴です。

受講中の質問や相談もメール・FAX・郵便で対応しているので、都合の良い方法で相談ができる点がポイントです。学習中の悩みを共感したり、情報交換をしたりする場としてコミュニティーサービスがあります。

一緒に頑張る仲間と繋がることで、モチベーションアップにも役立っています。

取得できる資格 医療保険調剤報酬事務士
標準学習期間 2ヶ月
受講期間 6ヶ月
添削 あり(3回)
質問 あり
講座費用
  • 33,600円(一括払い)
  • 34,923円(分割払い)

教材内容

  • メインテキスト:2冊
  • 副教材:学習サポート資料・レセプトセット、DVD、薬価基準抜粋、添削課題(中間テスト)3回分ほか
支払い方法
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • NP後払い
  • 代金引換
  • 教育ローン
  • Amazon Pay

※たのまな

まなびネット

まなびネット

まなびネットのおすすめポイント
  • 45年以上の医事教育で培ったノウハウ
  • 通信と通学を選ぶことができる
  • 技能認定資格の取得が可能
  • 無料学習サポートあり

ニチイのまなびネットは、医療・介護・福祉に特化した通信(通学)講座です。なんといっても、カリキュラムの内容の濃さが魅力的です。全国にある8,000件の契約医療機関での事例をカリキュラムに生かしています。

 無料学習サポートでは、最長8ヶ月まで無料で受講期間の延長ができるのが特徴です。

学習スタイルを通信コースと通学コースからも選べるので、自分に合う方法で受講することが可能です。講座終了後に「調剤報酬請求事務技能認定」資格を取得でき、キャリアアップにも役立つでしょう。

資格取得後の就業もしっかりサポートしてくれます。ニチイのもつ全国ネットワークで、医療・介護の分野で希望に合う会社を紹介することができます。

取得できる資格 調剤報酬請求事務技能認定
標準学習期間 1ヶ月
受講期間 4ヶ月 ※最長8ヶ月まで無料延長可能
添削
質問 あり
講座費用

36,667円(一括払い)

資格認定料

3,000円(税込)

教材内容

  • メインテキスト:2冊
  • 副教材:問題演習、保険薬早見表、ほか
支払い方法
  • 払込票決済(コンビニ・ゆうちょ銀行)
  • コンビニ決済
  • クレジットカード(Visa・Mastercard・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナースクラブ)

まなびネット

ソラスト

ソラスト

ソラストのおすすめポイント
  • 日本初の医療事務専門教育機関という実績
  • 動画やオンラインを使った選べる学習スタイル
  • 学びやすいサポート体制の完備
  • スマホで課題の提出・学習

ソラストは日本初の医療事務専門教育機関としてスタートした実績を持っています。全国に600ある介護事業所、1,500以上の医療機関との提携を通して、現場で活躍できるスキルを提供する通信講座です。

ソラストでは、最短1ヶ月で「調剤事務管理士」の資格取得を目指すことが出来ます。「ソラスタディ」という独自のオンライン学習システムがあります。動画で学習し、WEBでテストを受け、オンラインでレポートの提出が可能です。

受講期間が1年間あるので、自分のペースで学習できる点が強みでしょう。

医療・福祉系の仕事を掲載した求人サイトもあるため、資格取得後のサポートも充実しています。

取得できる資格 調剤事務管理士
標準学習期間 1ヶ月
受講期間 3ヶ月 ※最大12ヶ月
添削 あり
質問 あり
講座費用

29,800円(一括払い)

教材内容

  • メインテキスト:2冊
  • 副教材:トレーニングブック、資料ブック、薬価表、レセプト書き方、ほか
支払い方法
  • コンビニ決済
  • クレジットカード(Visa・Mastercard・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナースクラブ)

株式会社ソラスト

調剤薬局事務の仕事や働き方は?

調剤薬局事務の働き方

女性に人気の高い調剤薬局事務の資格、その仕事内容や働き方について紹介します。調剤薬局事務の主な仕事内容は、処方箋を持ってくる患者様の対応や、会計業務、をメインにレセプトの作成や医薬品の管理・発注などの薬剤師のサポートを行います。

WordやExcelなどの一定のパソコンスキルがあれば、未経験でも目指せる仕事です。女性に人気の理由の一つとして、「働きやすさ」があげられます。雇用形態が選べるのでライフイベントに合わせて働くスタイルを変えることができますね。

 調剤薬局事務は、将来性があり安定して長く働くことができます。高齢化社会が進んでいくと、さらに需要が高まっていくでしょう。

調剤薬局事務として働きながら、薬に関する知識や社会保険制度も身につくのでやりがいがある仕事です。

調剤薬局事務の資格に関するよくある質問

調剤薬局事務の資格でおすすめの資格はありますか?
技能認定振興協会主催の「調剤事務管理士」です。調剤報酬に関する基礎知識・仕組・調剤報酬の計算・レセプト作成の知識を身につけることが出来ます。受験資格がないのも特徴です。
その他おすすめの調剤薬局事務の資格についてはこちらからチェックしてください。
調剤薬局事務の資格試験の難易度について教えて下さい
資格によって難易度が異なります。最難関試験は、一般財団法人 日本医療教育財団主催の「調剤報酬請求事務技能認定」です。調剤報酬請求事務などの知識・技能レベルを証明する資格で、唯一履歴書に書くことができる資格です。
調剤薬局事務各種の難易度の詳細はこちらからチェックしてください。
調剤薬局事務の試験の内容について知りたいです
試験は学科と実技の二部構成になっています。試験会場にテキストの持ち込みが可能で自宅で受験ができるタイプの試験もあります。暗記の試験ではなく、きちんと内容を理解しているかという点がポイントの試験内容です。
調剤薬局事務の資格取得におすすめの通信講座はありますか?
おすすめは「ユーキャン」です。現役の調剤薬局事務がおすすめする調剤薬局事務講座で2年連続1位を受賞した実績をもっています。スマホでもテキストが読め、コンパクトなサイズ感なのも、人気の理由のひとつです。

まとめ 

調剤薬局事務の資格について紹介しました。医薬分業がスタートして以来、薬局の数は今後も更に増えていくことでしょう。民間試験なので数多くの資格がありますが、難易度が高すぎるものばかりではありません。

調剤薬局事務は未経験でもチャレンジしやすい資格ですので、これから資格取得を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。本記事では、学習スタイルの中でも通信講座で調剤薬局事務を学べる講座を4社紹介しました。

キャンペーンとの併用で更にオトクに利用できる講座もありますので、公式サイトからチェックしてみてください。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事