ビットコインの買い方や注意点、取引所の選び方ポイントなど徹底解説

ビットコインは近年価格もグングン上昇しており、新たな投資対象として世界中から注目を集めています。中には「ビットコインに投資してみたい」と考えている方も多いことでしょう。

ではビットコインはどのようにして買うのかをご存じでしょうか?今回はビットコインの買い方や仮想通貨取引所について解説していきます。

現在のビットコインの価格なども解説していますので、これからビットコインに投資しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

最後まで読めば、ビットコインの買い方が全てわかります!

ビットコインの買い方とは?仮想通貨取引所一択?

これからビットコインの購入を考えている方の中には「ビットコインの買い方ってどうしたらいいか」という疑問を持っている方も多いでしょう。

そこでこの章ではビットコインの買い方について解説していきます。ビットコインの金額にも触れますのでぜひ参考にしてみてください。  

ビットコインとは?

ビットコインは仮想通貨の一種で、多くの人からの信頼によって成立しています。ネット上の通貨という認識でも良いでしょう。

現在仮想通貨の種類は数千にも登っていますが、ビットコインはその中でも1番初めに登場しました。

 ビットコインのアイディアは「Satoshi Nakamoto」という正体不明の学者の論文で発表されました。

通常国が変わると通貨も変化しますので、持っている通貨を両替する必要があります。

しかし仮想通貨を使えばその必要はありません。 またビットコインは現在全仮想通貨の中でトップの時価総額となっており、投資対象としても非常に注目を集めています。

ビットコインで莫大な資産を築いた人も存在しています。

ビットコインは仮想通貨取引所でしか買えない?

ビットコインを購入する方法としては、仮想通貨(仮想通貨)取引所で購入するのが一般的な入手方法です。

 仮想通貨(仮想通貨)取引所でビットコインを購入するためには、口座開設する必要があります。

数年前まではクレジットカードやビットコインATMで購入するという方法もありましたが、現在では難しくなっています。

国内でも仮想通貨(仮想通貨)取引所が続々とオープンしていますので、そちらで購入するのが無難でしょう。  

ビットコインはいくらくらいで買える?

ビットコインの市場価値は著しく上昇しており、現在では1BTC=500万円を余裕で超えています。

今後やすくなる可能性はありますが、しばらくはビットコインを購入するにはある程度の資金力が求められるでしょう。

 価格は上下していますが、下値でも300万円程度です。

仮想通貨の銘柄はビットコイン以外も存在しており、非常に種類が多いです。中には1円以下で購入できる銘柄も存在します。

すぐに大金を用意できない方は、ビットコイン以外の仮想通貨へ投資してみても良いでしょう。

ビットコインへの参入ハードルは高いのが現状です。
しかし、bitFlyerやCoincheckなど、1円や500円から少額のビットコインを購入できる取引所も存在しますので、気になる方は次項のおすすめの仮想通貨取引所の項目をチェックしてください。

おすすめの仮想通貨取引所

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴

Coincheckは、親会社が東証一部上場企業のマネックスグループ。セキュリティ技術が高く、安心安全に取引を行えるでしょう。

特におすすめなのがCoincheckアプリです。シンプルな設計で見た目の使いやすさに優れているのが特徴で一目で使い方が分かるので、投資初心者の方でもすぐに使いこなせるでしょう。

 2021年上半期「国内の仮想通貨取引アプリ」部門では、ダウンロード数No.1※1となっており、ユーザビリティが評判です。

アプリ内では500円から取引可能なので「大きな額を投資するのは怖い」「はじめての投資だからまずはお試しでやりたい」という方にも最適です。

各チャートにはチャット機能が用意されており、投資家のコミュニケーションが活発に行われています。参考にすると良いでしょう。

さらにコインチェックでは仮想通貨取引初心者におすすめなCoincheckつみたてと呼ばれる自動積立サービスがあります。

「毎日チャートは追えない、難しいことは分からない」という方でも、 一定額を毎月自動で投資してくれるので着実に仮想通貨を増やしていきたいという方にもおすすめです。

Coincheckつみたても15通貨※2対応可能で、他の通貨も順次追加が予定されています。

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取引通貨数

17種類

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. LSK(リスク)
  5. XRP(リップル)
  6. XEM(ネム)
  7. LTC(ライトコイン)
  8. BCH(ビットコインキャッシュ)
  9. MONA(モナコイン)
  10. QTUM(クアンタム)
  11. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  12. IOST(アイオーエスティー)
  13. ENJ(エンジンコイン)
  14. OMG(オーエムジー)
  15. PLT(パレットトークン)
  16. XYM(シンボル)
  17. SAND(サンド)
レバレッジ レバレッジなし
送金手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 通常無料
出金手数料 一律407円

今だけ!お得なキャンペーン情報
SANDキャンペーン
  • SAND取扱い開始記念キャンペーン!※1

※1 ※2022年5月24日 〜 2022年6月7日 23:59キャンペーン期間中にCoincheckにおいて「SAND」を合計5万円以上購入された方の中から、抽選で10名様に10万円をプレゼント

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。DMM.comグループ全体では年間に2,000億円以上の売上を超える大企業です。

特にDMM Bitcoinは、レバレッジ取引が魅力。国内最多級の21通りもの組み合わせで仮想通貨取引が可能です。土日祝日含め365日LINEやメールでのサポート体制をとっているので、仮想通貨(仮想通貨)初心者でも安心して取引できます。

DMM Bitcoinの独自の注文方法にBitmatch注文という仕組みがあります。

 『BitMatch注文』は、DMM Bitcoinが提示する価格を参考に、30秒間「ミッド(中値)価格」で取引が成立できるシステムです。

取引所のようにマッチングするのは売り手と買い手ですが、約定相手はDMM Bitcoinとなります。通常販売所ではスプレッドがあり、見えない手数料が大きくかかりますが、BitMatch注文なら最小限に抑えられるのです。

販売所形式と取引所形式の良いところを取ったハイブリッド注文方法と言えるでしょう。

DMM Bitcoinの基本情報

取引通貨数

15通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. XRP(リップル)
  5. BCH(ビットコインキャッシュ)
  6. LTC(ライトコイン)
  7. XLM(ステラルーメン)
  8. XEM(ネム)
  9. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  10. QTUM(クアンタム)
  11. OMG(オーエムジー)
  12. MONA(モナコイン)
  13. XTZ(テゾス)
  14. ENJ(エンジンコイン)
  15. XYM(シンボル)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
※BitMatch取引手数料は2円〜
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込 : 無料
    ※銀行手数料の負担あり
  • クイック入金 : 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
DMM Bitcoinキャンペーン情報
  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン※1
  • ハズレなし!最大3,000円がもらえる!はじめてのレバレッジ取引キャンペーン ※2
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン※3


※1 期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分まで

※2 期間:2022年4月28日(木)7:00 ~ 2022年6月1日(水)6:59まで/はじめて3万円以上のレバレッジ取引をされた方の中から抽選にて1等~3等のプレゼント金額が”必ず”当たる

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ

出典:DMM Bitcoin公式サイト

※1 2022年3月現在、国内仮想通貨交換業者のWEBサイト調べ

※3 スマホでスピード本人確認を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

BITPOINT(ビットポイント)の特徴
  • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
  • 各種手数料が無料
  • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの大手にはないアルトコインが取引できるのが最大の特徴です。

 トロン(TRX)エイダ(ADA)ジャスミー(JMY)など大きな話題になった通貨も取り扱っています。

またビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・ベーシックアテンショントークン(BAT)などのレンディング(貸仮想通貨サービス)も可能です。

レンディングをすれば保有通貨を取引所に一定期間貸しておくだけで賃借料を受け取れるので、アルトコインでコツコツ投資をしたい人におすすめです。

この機会にぜひ口座開設をしてお得に仮想通貨を手に入れましょう。

BITPOINTの基本情報

取引通貨数

12通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. BCH(ビットコインキャッシュ)
  4. XRP(リップル)
  5. LTC(ライトコイン)
  6. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  7. TRX(トロン)
  8. ADA(エイダ)
  9. JMY(ジャスミー)
  10. DOT(ポルカドット)
  11. LINK(チェーンリンク)
  12. DEP(ディープコイン)
レバレッジ -
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPointキャンペーン情報
  • 3種の暗号資産BTC・ETH・IOSTがもらえる口座開設キャンペーン※1
  • 100,000JMY以上の入金で10名様に10万円相当のJMY(ジャスミー)をプレゼント!※2

※1 期間:2022年4月28日(木)16時 ~ 2022年5月31日(火)16時まで。期間中に、口座開設が完了した方。1,000円相当のBTCか、ETHか、IOSTの合計で3,000円相当をプレゼント

※2 2022年4月25日16時〜2022年5月31日16時/期間中に、100,000JMY以上の入金をされた方/100,000JMYの入金毎に、1口分の当選確率がアップ!抽選で10名に10万円相当のJMYをプレゼント

bitFlyerの特徴
  • ビットコイン取引量国内6年連続No.1※1
  • 15種類のアルトコインを取引可能
  • 各種取引手数料が無料
  • 1円から仮想通貨を購入できる
  • 7年以上ハッキング0

bitFlyerは株式会社bitFlyerによって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、「ビットコイン取引量国内6年連続No.1」※1となっています。

bitFlyerでは1円から仮想通貨を購入することが可能です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

ビットコインはもちろん、イーサリアムやリップルなどの主要アルトコインも1円から購入できます。

 アルトコインは販売所での取り扱いがメインとなっています。

またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、7年間1度もハッキング被害に遭っていません。利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

大手仮想通貨取引所ならではの手厚いサービスが受けられますので、口座を開設しておいて損はない取引所と言えるでしょう。

新規口座開設は最短10分で完了します。

bitFlyerの基本情報

取引通貨数

15種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XTZ(テゾス)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 0.01 ~ 0.15%
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料(BTC)※bitWireを除く 0.0004BTC
入金手数料
  • 住信SBIネット銀行からの入金:無料
  • 住信SBIネット銀行以外からの入金:330 円(税込)
出金手数料
  • 三井住友銀行への出金:220円〜440円(税込)
  • 三井住友銀行以外への出金:550円〜770円(税込)

出典:bitFlyer公式サイト

※1 2016〜2021年Bitcoin日本語情報サイト調べ

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの特徴
  • 取扱銘柄数国内No.1※1 
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
  • 各種手数料が無料

GMOコインは「GMOインターネットグループ」によって運営されている仮想通貨取引所です。

 GMOインターネットグループは東証プライム上場企業で、グループ内で積み上げてきた金融サービスノウハウ・高性能なセキュリティを駆使して、利用者が安心・安全な取引を行えるサービスを目指しています。

GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、取扱銘柄数は国内No.1※1となっています。

ビットコイン・イーサリアム・リップルなどのメジャー銘柄はもちろん、コスモスやダイなど他の取引所ではなかなかみられないようなアルトコインも取り扱っています。

取り扱い銘柄が多いと分散投資の選択肢も広がります。

また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できるつみたて仮想通貨を提供しています。

つみたて仮想通貨は毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれるので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

毎月500円から、ビットコインなど18銘柄に投資することができます。

GMOコインの基本情報

取引通貨数

20種類

  • BTC(ビットコイ)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料
  • 現物取引:Maker:-0.01%
  • Taker:0.05% ・レバレッジ:無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料※銀行手数料の負担あり
出金手数料 無料

出典:GMOコイン公式サイト

※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

仮想通貨取引所でのビットコインの買い方は?

前章でビットコインの買い方としては、仮想通貨取引所一択だという解説をしてきました。

この章では仮想通貨取引所でのビットコインの買い方について解説していきます。仮想通貨取引所での購入には以下のようなステップが必要です。

仮想通貨取引所でのビットコインの買い方
  • 1.利用する取引所に登録する
  • 2.本人確認書類を提出
  • 3.日本円を入金
  • 4.ビットコインを購入する

ビットコインを買うのに必要なものは?

ビットコインを仮想通貨取引所で購入する際には、以下のようなものが必要になってきます。

ビットコイン購入に必要な物
  • PC、スマートフォン
  • 銀行口座
  • 身分証
  • 住所などの個人情報
  • メールアドレス

どの仮想通貨取引所を利用する際も、上記のようなものは必要となってきますので、登録前に準備しておきましょう。

 

1.利用する取引所に登録する

仮想通貨取引所でのビットコインの買い方、最初のステップは利用する取引所への登録です。

利用登録をするというよりは、銀行口座を開設するといったイメージの方が強いかもしれません。

 仮想通貨取引所は基本的に月額などはかかりません。

仮想通貨取引所への登録は基本的にネットで完結しますので、実際に店舗に出向いたりする必要はありません。

近年様々な仮想通貨取引所がオープンしていますので、自分が使ってみたい取引所に登録してみると良いでしょう。

「取引所」「販売所」の間違いにご注意ください。

2.本人確認書類を提出

仮想通貨取引所でのビットコインの買い方、第2ステップは本人確認書類の提出です。

本人確認書類はどの仮想通貨取引所を利用する場合でも求められます。本人確認書類としては以下のようなものが利用できます。

利用できる本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証(補助書類が必要)

数年前は仮想通貨は本人確認なしで購入することができました。しかし犯罪防止目的でこのようなシステムになったのです。

本人確認書類を提出する際は、必ず有効期限が切れていないか確認するようにしましょう。

本人確認を求めてこない取引所は絶対に使わないでください。

3.日本円を入金

仮想通貨取引所でのビットコインの買い方、第3ステップは日本円の入金です。

先ほど開設した口座に日本円を入金しないと仮想通貨を購入することはできません。

仮想通貨取引所の口座に日本円を入金する方法としては以下のような方法あります。

入金方法
  • 銀行からの入金
  • コンビニでの入金
  • クイック入金、ペイジーなどのネットバンキングでの入金

コンビニや銀行で入金をすると手数料がかかりますが、ネットバンキングを利用すれば無料になります。

また外出の必要がありませんので、仮想通貨取引所への入金はネットバンキングがおすすめです。

  

4.ビットコインを購入する

仮想通貨取引所でのビットコインの買い方、最後のステップはビットコインを購入します。

ビットコインの購入方法は仮想通貨取引所によって異なりますが、多くの仮想通貨取引所では以下のような取引方法があります。

主な取引方法
  • 取引所取引
  • 販売所取引
  • レバレッジ取引
  • 仮想通貨FX

初めてビットコインを購入するという方は、取引所取引の「現物取引」がおすすめです。

レバレッジ取引や仮想通貨FXはリスクが高まりますので、初心者は手をだなさい方が良いでしょう。

販売所で取引すると高額な手数料が発生します。

ビットコインの買い方での注意点・ポイント

ここまでビットコインの買い方について解説してきました。仮想通貨にはある程度のリスクがあり、注意しないと大きな損失を受ける可能性があります。

この章ではビットコインの買い方での注意点・ポイントについて解説します。事前に把握し、リスクに備えましょう。

ビットコインの買い方での注意点・ポイント
  • リスクがあることを理解する
  • レバレッジ取引には手を出さない
  • 国内の取引所を利用する
  • 怪しい取引には要注意
  • 分散投資を心がける

リスクがあることを理解する

ビットコインをはじめとする仮想通貨には莫大な利益を出せる可能性がある一方で、大きな損失を被るリスクも存在します。

そのためリスクがあるということをしっかり理解した上で、投資を行う必要があるでしょう。

 仮想通貨は価格変動が激しい投資対象としても知られています。

仮想通貨の市場はまだまだ発展途上で、些細な影響で価格が暴落する危険性があります。

リスクを理解した上で、極限までリスクを減らせるような取り組みを行うことが重要です。

あくまで余剰金を投資することを心がけましょう。

レバレッジ取引には手を出さない

レバレッジ取引とは、元手以上の金額の仮想通貨を購入できるシステムです。仮に100万円しか入金していなくても200万円分の仮想通貨を購入できます。

仮に入金額の2倍の金額をレバレッジ取引した場合、利益が出た場合収益は2倍になりますが、損失も2倍になってしまいます。

 ほとんどの仮想通貨取引所では上限を2倍に設定しています。

2倍ならさほどリスクがないように感じる方もいるでしょうが、価格変動で徐々に削られていき、気づけば元手を超えていたという話は珍しくありません。

レバレッジ取引を行う際は、仕組みや情報収集を徹底して行い、リスクを理解した上で取り組みましょう。  

 

国内の取引所を利用する

ビットコインに投資する際は、国内で運営されている仮想通貨取引所を利用することをおすすめします。

国内では金融庁が認可している取引所が存在しており、比較的安全性が高いと言えます。

 現在金融庁の認可を受けている取引所は27箇所あります。

出典:仮想通貨交換業者登録一覧

金融庁の認可を受けていない取引所を「みなし業者」と呼び、セキュリティなどの面で不安要素があります。

利用していたみなし業者が営業停止処分を受けて、取引できなくなったということもあるのでご注意ください。

みなし業者がハッキングを受け、倒産した例もあります。

怪しい取引には要注意

ビットコインが新たな投資対象として注目を集めていくにつれ、それを利用した詐欺被害も報告されるようになりました。

 警視庁が注意喚起を呼びかけるほどです。

中にはセミナーを開催し、参加者に存在しない仮想通貨への投資を迫るといった手口も報告されています。

「絶対に儲かる」といったような甘い言葉に乗せられて、仮想通貨への投資を行うことの内容にご注意ください。

投資に100%はあり得ません。

分散投資を心がける

ビットコインをはじめとする仮想通貨に投資する際、なるべくリスクを避けるような取り組みを行うのが好ましいです。

特に初心者は分散投資を行うことをおすすめします。分散投資は複数の取引所や銘柄に資産を分散して投資して、リスクを回避する方法です。

 分散投資は投資の基本と言われています。

資産を1箇所に集中して投資してしまうと、投資対象の価格が下がった際に、その分だけ損失を受けます。

しかし複数の投資対象を持つことで、そのうちの1つが下落しても全体が下落しない限り、傷は浅く済みます。

積立投資も分散投資の一種です。

ビットコインの買い方は取引所がおすすめ!選ぶポイントは?

ビットコインの買い方として、ほとんどの人が仮想通貨取引所を利用します。しかし仮想通貨取引所の種類は多く「どれを使ったら良いのかわからない」という方も多いでしょう。

そこでこの章では仮想通貨取引所を選ぶポイントについて解説していきます。以下のようなポイントに注目すると良いでしょう。

仮想通貨取引所を選ぶポイント
  • 扱っている仮想通貨の銘柄
  • セキュリティの強度
  • 利用者数
  • 手数料・スプレッドの価格

扱っている仮想通貨の銘柄

仮想通貨取引所を選ぶ際、取り扱っている仮想通貨の銘柄に注目しましょう。

基本的にどの取引所を利用してもビットコインは扱われていますが、その他の仮想通貨となると取り扱っていない可能性もあります。

 取り扱っている仮想通貨の銘柄は取引所の公式サイトで公表されています。

まずは自分が投資を検討している仮想通貨が取り扱われているのかを事前に確認することをおすすめします。  

 

セキュリティの強度

仮想通貨取引所を選ぶ際、セキュリティの強度は非常に重要な項目となっています。

取引所は多額の資金が集まっていますので、ハッカーから狙われやすいのです。

 国内でもハッキングによって仮想通貨が不正流出した事例もあります。

取引所がハッキングを受けると、自分が保有していた仮想通貨が0になってしまう可能性もあります。

またハッキングによって取引所が倒産し、今後の取引が不可能になるといった可能性もあるのです。

近年では全体的にセキュリティが向上している傾向があります。

利用者数

仮想通貨取引所を選ぶ際は、その取引所にどれほどの利用者がいるのかと言った点にも注目しましょう。

 利用者数は「流動性が高い・低い」とも表現されます。

利用者数が少ない取引所を利用してしまうと、仮想通貨を取引したくても、取引相手が見つからないといった事態に陥る可能性があります。

基本的に大手の仮想通貨取引所を利用していれば問題はないでしょう。

ネット記事などを参考にするとわかりやすいです。

手数料・スプレッドの価格

仮想通貨取引所を利用していると手数料やスプレッドがかかってくる可能性があります。

手数料・スプレッドは仮想通貨取引で得られる収益に大きく関係してきますので、押さえておくことをおすすめします。

 スプレッドとは仮想通貨の販売額と収益額の差額を指します。

特に頻繁に取引をする人にとっては、手数料が高いとその分収益が下がってしまうので重要です。

手数料やスプレッドの価格を比較しているネット記事などもありますので、参考にしてみると良いでしょう。

スプレッドは販売所のみで発生します。

よくある質問

ビットコインの買い方としてはどのような方法がありますか?
ビットコインの買い方としては仮想通貨取引所で購入するのが一般的です。
ビットコインを買う際どの取引所を利用すれば良いですか?
初心者がビットコインを買う際は大手取引所の利用をおすすめします。GMOコインやCoincheckなどが良いでしょう。
ビットコインを買う際の注意点やポイントはありますか?
ビットコインを買う際の注意点としてはリスクがあることを理解する、レバレッジ取引には手を出さない、分散投資を心がけるなどが挙げられます。
取引所を選ぶポイントを教えてください。
仮想通貨取引所を選ぶ際のポイントとしては扱っている仮想通貨の銘柄、セキュリティの強度、利用者数、手数料・スプレッドの価格といった点に注目してみてください。
ビットコインはいくらで買えますか?
現在では1BTC=約500万円程度で取引されています。価格変動しても500万円前後を行き来しているので、まとまったお金は必要です。
ビットコインを買うのに必要なものはありますか?
ビットコインを買うには仮想通貨取引所への登録が必要です。登録するためにはPC・スマートフォン、銀行口座、身分証、住所などの個人情報、メールアドレスが必要となります。

まとめ

今回はビットコインの買い方について解説してきました、現在ビットコインを購入するには仮想通貨取引所の利用が必須となっています。

仮想通貨取引所は身分証、PC・スマホなどの端末があれば誰でも利用できるので、ビットコインへの投資を考えている方はぜひ登録してみてください。

投資にはリスクがつきものですので、その点はお忘れなく。

関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事