【2022年】ビットコインの価格は今後どうなる?著名人や専門家の意見を解説!

近年新たな投資対象として注目を集めているビットコイン。2021年はビットコインバブルとも言われるほど価格が高騰しました。

しかし中には「今後どうなるのか分からないので不安」「暴落するのではないか」と疑問や不安を抱えている方も多いでしょう。

そこで今回はビットコインの価格は今後どうなるのかについて解説していきます。

著名人や専門家の意見もご紹介していきますので、ビットコインへの投資を躊躇している方はぜひ最後までご覧ください。

最後まで読めば、今後の予想が立てやすくなるでしょう。

2021年のビットコインの動きは?今後はどうなる?

2021年、ビットコインは大きな動きを見せ、世界中から注目を集めていました。

この章では2021年のビットコインの動きをおさらいしましょう。また今後はどうなるのかなども解説していきます。  

2021年5月に下落

2021年初頭はビットコインをはじめとする仮想通貨は、全体的に価格が上昇する傾向にありましたが、5月に一度下落しました。

2021年5月にビットコインの価格が下落した原因としては以下のようなことが考えられます。

ビットコインが下落した理由
  • 中国が仮想通貨関連サービスの提供を禁止
  • 中国がマイニングを規制
  • 実業家イーロン・マスクがビットコインに否定的な立場となった

以上のようなことがビットコインの価格下落を引き起こしたと言われています。  

2021年8月には上昇傾向

2021年、ビットコインをは一度価格が下落しています。同年8月には再び上昇傾向が見られました。

この動きからビットコインは今後も上昇し続けるという見解を見せる専門家も多いです。

ビットコインを法定通貨化する国も出現

特定の国家の影響を受けないという特徴を持つビットコインですが、ついに法定通貨化する国も出現しました。

2021年6月、エルサルバドルがビットコインを法定通貨に定めたのです。このことはニュースで大々的に報道されました。

 国民全員が金融サービスを受けられるようにするという狙いがあります。

政府公認ウォレットのシステムトラブルの影響で、価格が落ちる場面も見られましたが、ポジティブな動きだと言っても良いでしょう。

法定通貨化されたことで、PCやスマホがあれば誰でも金融サービスを利用することができるようになりました。

2021年11月に大型アップデート

2021年11月、ビットコインの大規模な改変で、「taproot」の実装が完了しました。

 ビットコインのアップデートは4年ぶりの出来事です。

taprootが実装されたことにより、プライバシーの向上や手数料の削減といった効果が期待されています。

taprootは実装されましたが、ブロックチェーン全体に伝播するには数年かかる見込みです。

前回アップデート「segwit」に半数が対応するまでに2年かかりました。

今後はどうなる?

ビットコインの今後の動きに関しては、多数の人が様々な予想を立てています。

世界中でビットコイン成長を助長するような動きを見せているものの、今後暴落する可能性も秘めています。

 専門家、実業家、AIまでがビットコインの今後に関する意見を発表しています。

全体を見てみるとビットコインが成長し続けるという意見が多いですが、まだまだリスクのある投資対象だと言えるでしょう。

おすすめの仮想通貨取引所

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴

Coincheckは、親会社が東証一部上場企業のマネックスグループ。セキュリティ技術が高く、安心安全に取引を行えるでしょう。

特におすすめなのがCoincheckアプリです。シンプルな設計で見た目の使いやすさに優れているのが特徴で一目で使い方が分かるので、投資初心者の方でもすぐに使いこなせるでしょう。

 2021年上半期「国内の仮想通貨取引アプリ」部門では、ダウンロード数No.1※1となっており、ユーザビリティが評判です。

アプリ内では500円から取引可能なので「大きな額を投資するのは怖い」「はじめての投資だからまずはお試しでやりたい」という方にも最適です。

各チャートにはチャット機能が用意されており、投資家のコミュニケーションが活発に行われています。参考にすると良いでしょう。

さらにコインチェックでは仮想通貨取引初心者におすすめなCoincheckつみたてと呼ばれる自動積立サービスがあります。

「毎日チャートは追えない、難しいことは分からない」という方でも、 一定額を毎月自動で投資してくれるので着実に仮想通貨を増やしていきたいという方にもおすすめです。

Coincheckつみたても15通貨※2対応可能で、他の通貨も順次追加が予定されています。

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取引通貨数

17種類

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. LSK(リスク)
  5. XRP(リップル)
  6. XEM(ネム)
  7. LTC(ライトコイン)
  8. BCH(ビットコインキャッシュ)
  9. MONA(モナコイン)
  10. QTUM(クアンタム)
  11. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  12. IOST(アイオーエスティー)
  13. ENJ(エンジンコイン)
  14. OMG(オーエムジー)
  15. PLT(パレットトークン)
  16. XYM(シンボル)
  17. SAND(サンド)
レバレッジ レバレッジなし
送金手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 通常無料
出金手数料 一律407円

今だけ!お得なキャンペーン情報
SANDキャンペーン
  • SAND取扱い開始記念キャンペーン!※1

※1 ※2022年5月24日 〜 2022年6月7日 23:59キャンペーン期間中にCoincheckにおいて「SAND」を合計5万円以上購入された方の中から、抽選で10名様に10万円をプレゼント

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。DMM.comグループ全体では年間に2,000億円以上の売上を超える大企業です。

特にDMM Bitcoinは、レバレッジ取引が魅力。国内最多級の21通りもの組み合わせで仮想通貨取引が可能です。土日祝日含め365日LINEやメールでのサポート体制をとっているので、仮想通貨(仮想通貨)初心者でも安心して取引できます。

DMM Bitcoinの独自の注文方法にBitmatch注文という仕組みがあります。

 『BitMatch注文』は、DMM Bitcoinが提示する価格を参考に、30秒間「ミッド(中値)価格」で取引が成立できるシステムです。

取引所のようにマッチングするのは売り手と買い手ですが、約定相手はDMM Bitcoinとなります。通常販売所ではスプレッドがあり、見えない手数料が大きくかかりますが、BitMatch注文なら最小限に抑えられるのです。

販売所形式と取引所形式の良いところを取ったハイブリッド注文方法と言えるでしょう。

DMM Bitcoinの基本情報

取引通貨数

15通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. XRP(リップル)
  5. BCH(ビットコインキャッシュ)
  6. LTC(ライトコイン)
  7. XLM(ステラルーメン)
  8. XEM(ネム)
  9. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  10. QTUM(クアンタム)
  11. OMG(オーエムジー)
  12. MONA(モナコイン)
  13. XTZ(テゾス)
  14. ENJ(エンジンコイン)
  15. XYM(シンボル)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
※BitMatch取引手数料は2円〜
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込 : 無料
    ※銀行手数料の負担あり
  • クイック入金 : 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
DMM Bitcoinキャンペーン情報
  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン※1
  • ハズレなし!最大3,000円がもらえる!はじめてのレバレッジ取引キャンペーン ※2
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン※3


※1 期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分まで

※2 期間:2022年4月28日(木)7:00 ~ 2022年6月1日(水)6:59まで/はじめて3万円以上のレバレッジ取引をされた方の中から抽選にて1等~3等のプレゼント金額が”必ず”当たる

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ

出典:DMM Bitcoin公式サイト

※1 2022年3月現在、国内仮想通貨交換業者のWEBサイト調べ

※3 スマホでスピード本人確認を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

BITPOINT(ビットポイント)の特徴
  • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
  • 各種手数料が無料
  • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの大手にはないアルトコインが取引できるのが最大の特徴です。

 トロン(TRX)エイダ(ADA)ジャスミー(JMY)など大きな話題になった通貨も取り扱っています。

またビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・ベーシックアテンショントークン(BAT)などのレンディング(貸仮想通貨サービス)も可能です。

レンディングをすれば保有通貨を取引所に一定期間貸しておくだけで賃借料を受け取れるので、アルトコインでコツコツ投資をしたい人におすすめです。

この機会にぜひ口座開設をしてお得に仮想通貨を手に入れましょう。

BITPOINTの基本情報

取引通貨数

12通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. BCH(ビットコインキャッシュ)
  4. XRP(リップル)
  5. LTC(ライトコイン)
  6. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  7. TRX(トロン)
  8. ADA(エイダ)
  9. JMY(ジャスミー)
  10. DOT(ポルカドット)
  11. LINK(チェーンリンク)
  12. DEP(ディープコイン)
レバレッジ -
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPointキャンペーン情報
  • 3種の暗号資産BTC・ETH・IOSTがもらえる口座開設キャンペーン※1
  • 100,000JMY以上の入金で10名様に10万円相当のJMY(ジャスミー)をプレゼント!※2

※1 期間:2022年4月28日(木)16時 ~ 2022年5月31日(火)16時まで。期間中に、口座開設が完了した方。1,000円相当のBTCか、ETHか、IOSTの合計で3,000円相当をプレゼント

※2 2022年4月25日16時〜2022年5月31日16時/期間中に、100,000JMY以上の入金をされた方/100,000JMYの入金毎に、1口分の当選確率がアップ!抽選で10名に10万円相当のJMYをプレゼント

bitFlyerの特徴
  • ビットコイン取引量国内6年連続No.1※1
  • 15種類のアルトコインを取引可能
  • 各種取引手数料が無料
  • 1円から仮想通貨を購入できる
  • 7年以上ハッキング0

bitFlyerは株式会社bitFlyerによって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、「ビットコイン取引量国内6年連続No.1」※1となっています。

bitFlyerでは1円から仮想通貨を購入することが可能です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

ビットコインはもちろん、イーサリアムやリップルなどの主要アルトコインも1円から購入できます。

 アルトコインは販売所での取り扱いがメインとなっています。

またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、7年間1度もハッキング被害に遭っていません。利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

大手仮想通貨取引所ならではの手厚いサービスが受けられますので、口座を開設しておいて損はない取引所と言えるでしょう。

新規口座開設は最短10分で完了します。

bitFlyerの基本情報

取引通貨数

15種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XTZ(テゾス)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 0.01 ~ 0.15%
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料(BTC)※bitWireを除く 0.0004BTC
入金手数料
  • 住信SBIネット銀行からの入金:無料
  • 住信SBIネット銀行以外からの入金:330 円(税込)
出金手数料
  • 三井住友銀行への出金:220円〜440円(税込)
  • 三井住友銀行以外への出金:550円〜770円(税込)

出典:bitFlyer公式サイト

※1 2016〜2021年Bitcoin日本語情報サイト調べ

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの特徴
  • 取扱銘柄数国内No.1※1 
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
  • 各種手数料が無料

GMOコインは「GMOインターネットグループ」によって運営されている仮想通貨取引所です。

 GMOインターネットグループは東証プライム上場企業で、グループ内で積み上げてきた金融サービスノウハウ・高性能なセキュリティを駆使して、利用者が安心・安全な取引を行えるサービスを目指しています。

GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、取扱銘柄数は国内No.1※1となっています。

ビットコイン・イーサリアム・リップルなどのメジャー銘柄はもちろん、コスモスやダイなど他の取引所ではなかなかみられないようなアルトコインも取り扱っています。

取り扱い銘柄が多いと分散投資の選択肢も広がります。

また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できるつみたて仮想通貨を提供しています。

つみたて仮想通貨は毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれるので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

毎月500円から、ビットコインなど18銘柄に投資することができます。

GMOコインの基本情報

取引通貨数

20種類

  • BTC(ビットコイ)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料
  • 現物取引:Maker:-0.01%
  • Taker:0.05% ・レバレッジ:無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料※銀行手数料の負担あり
出金手数料 無料

出典:GMOコイン公式サイト

※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

ビットコインの今後を左右する要素とは?

ビットコインを筆頭とする仮想通貨は、些細なことに影響を受け、価格が変動しやすいものです。

この章ではビットコインの今後を左右する要素について解説していきます。現在投資している方は、以下のようなポイントに注目してみてください。

ビットコインの今後を左右する要素
  • 大規模なアップデートによる影響
  • 機関投資家の動き
  • ステラ社のビットコイン売却
  • ビットコイン半減期による影響
  • ビットコインETFの影響
  • ライトニングネットワーク実装
  • ビットコインの法定通貨化

大型アップデートによる影響

ビットコインの今後に影響する要素として、大規模なアップデートの影響がが考えられます。

ビットコインは数年に一度大型のアップデートが行われ、その直後は価格が高騰する傾向があります。

 直近で行われたアップデートとしては2021年11月の「taproot」の実装があります。

大型アップデートの直後はビットコインの価格変動に注目しましょう。  

機関投資家の動き

機関投資家の動きも、仮想通貨の価格変動に大きな影響を与えるでしょう。

 機関投資家とは顧客から資金を預かり、運用する企業を指します。

機関投資家が運用する金額は、個人投資家よりも圧倒的に高い金額です。

機関投資家が積極的に投資してくるときは、ビットコインの価格が高騰しやすくなる可能性がありますので、参考にしてみると良いでしょう。  

テスラ社のビットコイン売却

テスラ社はアメリカに本拠地を置く自動車メーカーで、これまでも度々ビットコインの価格変動に影響を与えてきました。

そのテスラ社が2021年5月にビットコイン決済の利用停止を発表したのです。

 テスラ社はこれまでビットコイン決済を取り入れるなど、肯定的でした。

この発表が出た直後、ビットコインの価格が下がったことから、テスラ社が原因なのではないかという専門家も存在します。  

ビットコイン半減期による影響

ビットコイン半減期とは、新規発行されるビットコインが半分になる時期を指します。

新しいビットコインが減ると希少価値が付与され、価格が高騰しやすいという傾向があります。

 3回目の半減期には1年間で約100万円高騰した実例があります。

次回のビットコイン半減期は2024年ですので、注目しておくことをおすすめします。  

ビットコインETFの影響

ビットコインETFとは、ビットコインの価格変動に連動した上場投資信託を指します。

通常信託と異なり、価格チャート変動に即効性がある、信用取引ができるといった特徴があります。

 上場投資信託とは、東証などに上場している投資信託です。

ビットコインETFは基本的に顧客から集めた資金をもとに投資を行います。

一回の取引で動く額も非常に大きいため、ビットコインETFの動きが活性化されると、ビットコインの価格は変化しやすくなることでしょう。  

ライトニングネットワーク実装

ビットコインにライトニングネットワークが実装されるかどうかも、今後を左右する要素だと言えるでしょう。

ライトニングネットワークとは、仮想通貨の取引をより効率的に進めるための技術です。

ライトニングネットワークの特徴
  • 処理速度アップ
  • マイニング手数料の減少
  • スケーラビリティ問題の改善

ビットコインにライトニングネットワークが実装されれば、取引の効率化が進み、利便性・信憑性も格段にアップするため、価格は高騰することでしょう。  

ビットコインの法定通貨化

近年ビットコインを法定通貨として制定する国も現れました。このような動きが活発になればなるほど、ビットコインの価格は上昇していくと言われています。

実際2021年6月にエルサルバドルがビットコインを法定通貨化した際には、ビットコインの価格が上昇しています。

 エルサルバドルの実例では、システムの不調が原因で、一時的に下落しています。

ビットコインの法定通貨化が進めば、需要が拡大し、利便性・信憑性アップが期待できます。

そうなれば必然的にビットコインの価格も上がっていくことでしょう。

ビットコインの今後の予想価格

ビットコインの今後については様々な人たちが予測を立てています。

この章ではビットコインの今後の予想価格について解説していきます。今回ご紹介する予想価格は以下の3つです。

ビットコインの今後の予想価格
  • 2022年の予想価格
  • 2025年の予想価格
  • 著名人による予想

2022年の予想価格

多くの人々がビットコインの2022年予想価格を様々な分析方法で予想しています。

おおよその2022年の予想価格としては以下のようになっています。

2022年の予想価格
  • 高値:10万ドル
  • 下値:3.5万ドル

出典:マネクリ

2022年はビットコインがより身近なものになっていくと考えられています。

仮想通貨による納税や給与受取、ビットコインが還元されるクレジットカードの台頭など、日本でも環境が整いつつあるのです。

ビットコインが「仮想通貨」として意識されることなく、自然と遊びや新たな稼ぎ方として注目集まるでしょう。

NFTの登場も仮想通貨の普及に一役買っています。

2025年の予想価格

続いては2025年の予想価格です。2025年のビットコイン予想価格は様々な格付け機関やAIなどが発表しています。

2025年のビットコイン予想価格に関するそれぞれの見解は以下の通りです。

2025年の予想価格
  • Coin Price Forecas:13万3,806.12ドル
  • Digitalcoin:14万3,138ドル

2021年末のビットコインの価格が50,000ドル程度なので、両者ともあと4年で3倍弱の金額がつくという予想を立てています。

これは相当期待を込めた予想だと言えるでしょう。

TokenInsightも2020年の予想を立てていましたが、これは大きく外れています。

著名人による予想

多くの投資家や評論家などの著名人はビットコインに関する予想を数多く打ち立ててきました。簡単にご紹介していきます。

著名人による予想
  • ジョン・マカフィー:ビットコインは3年以内に50万ドルに到達する(2017年7月)
  • ソニー・シン:ビットコインは2019年内に15,000〜20,000ドルになる(2019年)
  • トーマス・リー:ビットコインは2020年3月までに1000万円に到達する(2019年)

以上、著名人によるビットコインに関する予想をご紹介してきました。まだまだ多くの予想がありますが、いずれも大きく外れています。

専門家や投資家などビットコインに精通している人でも予想するのが難しいことから、ビットコインがいかに不安定なものか分かるでしょう。

ビットコインに対してポジティブな予想を立てる人が多くみられました。

ビットコイン以外の主要仮想通貨の今後は?

仮想通貨の代表格といえばビットコインですが、ビットコイン以外の銘柄は今後どうなっていくのでしょうか?

この章ではビットコイン以外の主要仮想通貨の今後について解説していきます。今回取り上げる銘柄は以下の通りです。

ビットコイン以外の主要仮想通貨の今後
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(XEM)
  • モナコイン(MONA)

イーサリアム(ETH)

イーサリアムはビットコインの次に時価総額が大きい仮想通貨の銘柄で、2022年現在、成長が期待できる銘柄の1つです。

実際近年最高値を立て続けに更新しており、ビットコインとはまた違った値動きをしていました。

 イーサリアムの消費電力はビットコインの10分の1なことから環境にやさしい仮想通貨と言われています。

イーサリアム財団が消費電力を99%削減する仕組みを導入することを発表したことにより、さらに注目されているのです。

新しい仮想通貨ファイナンス「DeFi」の影響も大きいです。

リップル(XRP)

リップルは2021年にIPOが実施されるのではないかと言われていましたが、結局これは実現しませんでした。

またリップル社は米証券取引委員会から2020年に訴訟されています。この判決が2022年に下されるのではないかと言われています。

 この訴訟により価格は30%ダウンしました。

リップルが今後どうなっていくのかは、この裁判の判決によって大きく変わってくることでしょう。

不安定な価格変動を見せているリップルですが、2021年には急激に高騰した事例もあるので希望がないわけではありません。

IPOは2022年の実施に期待が集まっています。

ライトコイン(LTC)

ライトコインはビットコインの弱点を補強するようなシステムを導入した仮想通貨です。

2022年開始早々、Flare Networksが、ライトコインを統合することを発表しています。ライトコイン財団はこれを良いニュースとして見ているそうです。

 2020年にPayPalが仮想通貨に進出した際は、価格が上昇しています。

ライトコインは送金スピードをアップさせることに成功した仮想通貨ですが、今後送金スピードに特化した仮想通貨が新たに開発される可能性もあります。

その場合ライトコインと競合する存在となるため、急激に価格が高騰することはないのではないかという声も寄せられています。  

ネム(XEM)

ネムは2015年に開発された新型の決済・送金プラットフォーム「NEM」の中で利用されている仮想通貨です。

所々で高騰する傾向は見られましたが、2018年に発生したコインチェックへのハッキングにより、ネムが不正に大量流出しました。

 このハッキングでネムの価格は大幅に下落しています。

ネムは2021年にカタパルトアップデートが実装され、ネム保有者にはシンボルと呼ばれる新たな仮想通貨が配布されます。

またDeFi市場・NFTへの参入、ハードフォーク計画などが発表されており、これからの成長に期待ができるでしょう。

日本市場ではまだシンボルの取引はおこなわれておりません。

モナコイン(MONA)

モナコインは掲示板サイト「2ちゃんねる」で開発された、日本製の仮想通貨です。ビットコインと同じような値動きをする特徴があります。

2020〜2021年にかけてビットコインの価格が上昇したタイミングで、モナコインも同じように価格が高騰していました。

 現在の価格は下火傾向にあります。

サービスの拡張、取り扱っている取引所の増加などが見込めれば、今後に十分期待できる仮想通貨と言えるでしょう。

今後はどうなる?ビットコインを買うのに最適な時期は?

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、今後十分に高騰する期待が持てることから、これから投資を始めようと思う方もいるでしょう。

この章ではビットコインなどの仮想通貨を買うのに最適な時期について解説していきます。

ビットコインを買うのに最適な時期
  • 価格が下落した時期
  • ビットコインに関する良いニュースが出た時

価格が下落した時期

ビットコインの下落した時期に購入するのはチャンスだといえます。ビットコインの価格が暴落すると売り注文が殺到し、相場が下落するからです。

 事実ビットコイン価格が数日で20%下落した時に、売り注文が殺到しました。

ビットコインは長期的に成長していくと考えられるため、適正価格は非常に高額となっています。

もしビットコインの価格が下落したときは安く購入できるチャンスであるため、高騰したときに大きな利益を獲得できる可能性があるのです。  

ビットコインに関する良いニュースが出た時

ビットコインに関する良いニュースが出たときも、ビットコインを購入する絶好の機会だと言えます。

ビットコインに関する良いニュースが発表されると需要が増えるため、価格が高騰する傾向があります。

 すぐに上昇トレンドが終わってしまうこともあります。

ただしビットコインの価格上昇傾向が見られた後は、下落することが多いので注意が必要です。

ビットコインの価格が上昇すると、他の銘柄も上昇する傾向があります。

ビットコインは今後暴落する可能性はある?

多くの専門家や著名人がビットコインに対してポジティブな立場をとっている一方で、今後暴落するという見解を見せている人も存在します。

この章ではビットコインが今後暴落する可能性を解説していきます。ビットコインが暴落する原因としては以下のようなことが考えられます。

ビットコインが暴落する可能性
  • 世界情勢の変化
  • ビットコインの大量売却
  • ビットコインに関する規制

ビットコインは近い将来暴落するという見方を示す専門家も

多くの人たちが「ビットコインの価格は高騰し続ける」と予想する中、「近い将来必ず暴落する」といった見解を示す専門家も存在します。

主な理由としては投資する人は無限ではないからです。

現在は投資対象として注目を集めているため、投資をする人たちが増え続けています。

 2021年はビットコインバブルとも言われています。

買い手が多くなっていけばその分取引の頻度も増えていくため、価格は高騰していく傾向にあります。 しかしこの現象にはいつか限界がきます。

投資をする人が増えない・減り続ければビットコインの価格は間違いなく暴落することでしょう。

日本のバブルも上記の理由で崩壊しています。

世界情勢の変化

ビットコインが暴落する可能性として、国際情勢の変化が考えられます。

現在はビットコインを法定通貨化する国も出現しており、追い風が吹いています。

しかし2021年6月のエルサルバドルが行ったビットコインの法定通貨化では、一時的に値段が下落しています。

 1日で10%以上も価格が下落しました。

これはエルサルバドル政府公認ウォレット「CHIVO」のシステムエラーが原因だと言われています。

このようにビットコインは国際情勢の変化に非常に影響を受けやすく、場合によっては暴落する可能性もあるでしょう。

ビットコインに関するアプリや取引所に不具合が起こると下落する傾向があります。

ビットコインの大量売却

ビットコイン市場はFXや株式などの市場に比べるとまだまだ小さく、発展途上の市場です。

そのため大量売却などが起こると価格変動が起こる傾向があります。

 仮想通貨は際限なく価格が下降します。

特にまとまった金額の売りが入ると、売りが売りを呼び、価格が一気に下落するのです。

実際2021年に大量の売りが入ったことによって、一時的に約400万円も暴落するという事態が起きています。  

ビットコインに関する規制

特定の国家がビットコインに関する規制を発表すると、価格が下落する傾向があります。

これは2021年中国がマイニング規制を発表した際に現実となりました。

中国国内ではマイニングで必要とする大量の電力を補うべく、違法な炭鉱発掘が相次ぎ、それを防ぐためにマイニングを規制しました。

 マイニングとは仮想通貨取引に必要な計算を行うことで、報酬を得るビジネスです。

2019年にも中国はマイニングに関する規制を行っており、その際も価格が下落しています。

今後ビットコインをはじめとする仮想通貨を規制する国家が現れた場合、暴落の一途を辿ることも十分考えられるのです。

ビットコインに投資する際は、国際情勢に注目すると良いでしょう。

よくある質問

2021年のビットコインの主な動きを教えてください。
2021年のビットコインの価格は上昇傾向にありましたが、5〜6月にかけて一時下落しました。8月からは再び上昇傾向にあります。また4年ぶりのアップデートが実施されたのも特筆すべき動きです。
ビットコインの価格変動を左右する要素はありますか?
ビットコインの価格変動を左右する要素としては大型アップデートによる影響、機関投資家の動き、ビットコイン半減期による影響、ビットコインの法定通貨化などが挙げられます。
ビットコインは今後高騰しますか?
ビットコインの今後に関してはポジティブな意見を示す専門家・投資家が多いです。しかし100%高騰するとは言い切れません。
ビットコインが暴落する可能性はありますか?
ビットコインが暴落する可能性は十分あり得ます。国際情勢の変化、大量売却、ビットコインに関する規制などが原因となって暴落する可能性も否めません。
2022年のビットコイン予想価格を教えてください。
2022年のビットコイン予想価格は高値:10万ドル、下値:3.5万ドル程度に収束すると言われています。

まとめ

今回はビットコインの今後の価格について解説してきました。

2021年のビットコインは成長を続け、肯定的な見解を見せる人も多く見られます。

その一方で、仮想通貨は些細なことに影響を受け価格変動をしやすい傾向があり、近い将来暴落するという専門家も存在します。

未来のことは誰もわかりませんので、専門家や著名人の意見を参考にしながら、最終決定は自身で行う必要があるでしょう。

来年以降のビットコインの動きに注目です!

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事