バイナンス(BINANCE)の使い方や日本円での入金方法など徹底解説

仮想通貨を扱うためには、仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。仮想通貨取引所は世界中にあり、バイナンス(BINANCE)はその中でも世界最大級と呼ばれている取引所です。

バイナンスで取引するメリットは多いですが、同時にいくつかデメリットもあるので注意してください。

そこでこの記事では、バイナンスがどのような仮想通貨取引所なのか、特徴について詳しく解説します。また、バイナンスで取り扱っている通貨「バイナンスコイン(BNB)」の特徴や価格推移、将来性も紹介します。

入金方法や口コミ・評判についても触れるので、参考にしてみてください。
バイナンスに送金するならCoincheckがおすすめ

Coincheck

日本円で入金できないバイナンスは、Coincheckを介して仮想通貨で入金がおすすめです。
金融庁の暗号資産交換業者に登録されているCoincheckは、親会社が東証一部上場企業であるマネックスグループ株式会社であることからセキュリティ技術も非常に高く、安心・安全に取引が可能!

バイナンス(BINANCE)とは|基本情報(手数料・レバレッジ)

バイナンス

バイナンスは2017年に香港で設立された仮想通貨取引所です。ユーザー数、取引数のいずれにおいても世界最大級であり、取り扱っている仮想通貨の種類も充実しています。

 取引サービスも豊富にあり、仮想通貨の現物取引だけでなく、レバレッジ取引や先物取引などにも対応しています。

また、独自の仮想通貨である「バイナンスコイン」を発行しているのも特徴です。バイナンスコインを保有しているユーザーは、手数料が割引になるなどのメリットがあります。

バイナンスの基本情報

取引通貨数 300種類以上
レバレッジ 最大125倍
取引所手数料 0.1%
入金手数料 無料
出金手数料 0ドル~

出典:Binance

バイナンスコイン(BNB)の特徴

バイナンスコイン(BNB)は、バイナンスで利用することを想定して作られた仮想通貨です。また、バイナンスコイン(BNB)の発行上限数は約2億枚であり、既に全てのコインが発行済みです。

しかし、定期的にコインを焼却する「バーン」を実施しており、その価値を保っています。

●バイナンスコイン

仮想通貨名 Binance Coin/バイナンスコイン
通貨単位 BNB
発行数上限 200,000,000
公開・取引年 2017年
時価総額 7,314,758,583,009円
現在(2022年3月16日)の価格 45,021.59円

出典:CoinMarketCap

バイナンスコイン(BNB)のメリット

バイナンスで使用することで、手数料が割引されるなどメリットがあります。他にも、少額両替ができるのも大きな特徴です。

仮想通貨はそれぞれ決まった単位でしか両替できないため、両替できずに余ってしまうことがあります。その余った通貨をバイナンスコインに両替すれば、1つのコインに集約できるため利用価値は高くなります。

そのため、バイナンスをメインの取引所にしている人は保有して損はないでしょう。

バイナンスコイン(BNB)の価格推移

バイナンスコインの推移

バイナンスコイン(BNB)は、取引を開始した2017年からしばらく数百円前後の価格で推移していました。

しかし、2017年末から2018年の始めにかけ、仮想通貨のバブルに連動してバイナンスコインの価格も急騰します。その後は一旦下落するものの、1,000円前後の価格で推移します。

2019年になり、新規上場する通貨を安く購入できる「Binance Launchpad」を実施しました。

 このトークンセールに参加するためには、バイナンスコインを保有する必要があるため、再度価格は急騰します。

2021年には再度高騰し、20,000円以上の価格がつくことが多いです。価格が上昇した主な要因は、トークンセールの実施やDeFiブームなどです。

最高で70,000円を突破するまで価格が上昇しましたが、現在では40,000円から50,000円の間を推移しています。

バイナンスコイン(BNB)の将来性

バイナンスは世界最大級の取引所として機能しており、大手の企業との提携なども行っています。

 今後も積極的に事業展開していくと見込まれているため、提携する企業によっては大幅な価格上昇が期待できるでしょう。

また、四半期ごとにバーンを実施しているため、価格が急落する可能性は低いです。過去の推移を見てみると仮想通貨市場全体の動きに大きく影響を受けているため、市場が拡大することで価格が上がると見られています。

バイナンス(BINANCE)で口座を開設する流れ

バイナンスの口座開設の流れ

口座開設に必要なもの

口座を開設するために必要なものは次の3つです。

口座開設に必要なもの
  • 登録用のメールアドレス
  • 本人確認書類
  • スマートフォンなどの端末

まずは、公式サイトにアクセスをして、「登録(Register)」を選択します。

メールアドレスとパスワードを入力して「登録」をクリックすることで、メールアドレス宛に認証コードが届くのでブラウザの画面に入力してください。

認証コードを入力すると、メールアドレスに承認メールが届きます。そのメールに記載されているURLにアクセスします。

セキュリティ認証

アカウントを保護するために、2段階認証を行っています。認証方法は「スマホ認証」「Google認証」の2種類です。

スマホ認証では、メールアドレスだけでなく電話番号を入力することで、SMS認証を行えます。Google認証では、「Google Authenticator」というスマホアプリが必要です。

このアプリとバイナンスを連携させ、表示される数字のキーを入力することで認証が完了します。

本人確認は必須

バイナンスの操作方法

本人確認が必須なので、本人確認書類を提出しないと登録は完了しません。

また、既にアカウントを持っている人でも、本人確認が完了していないと使えない機能があるの注意してください。

 本人確認書類として使えるのは、パスポートや運転免許証、顔写真付きのIDカードなどです。

氏名・住所・生年月日などの情報を入力し、本人確認書類をスマートフォンで撮影し、データとして送信することで提出が完了します。

本人確認まで完了することで口座開設・アカウント作成を終えることができます。

バイナンス(BINANCE)の入金方法

バイナスンスの入金方法

入金方法

バイナンスでは日本円を使えないので、対応している仮想通貨を使い入金するのが一般的です。

そのため、まずは国内の仮想通貨取引所で口座を開設し、ビットコインなどの仮想通貨を購入します。

 仮想通貨を購入したら、送金する手続きを行います。バイナンスへ送金するためにはアカウントが必要です。

ログインした状態で、ウォレットの画面からバイナンスの入金アドレスを表示します。

その入金アドレスを、仮想通貨取引所の出金アドレスに貼り付けることで、バイナンスを入金先として登録できます。あとは、金額を指定して取引を行えば入金は完了です。

入金する際の注意点

バイナンスへ入金するときは、初回の入金額を抑えめにするのがおすすめです。送金先のアドレスにミスがあると、他のユーザーへ送金されてしまいます。

入金する金額が大きいと、その分損失額も大きくなりやすいです。そのため、初回の入金額は少なめにし、しばらく時間が経過した後に管理画面で入金されているか確認しましょう。

しっかりと入金できていれば、その後は安心して手続きできます。また、バイナンスへ送金するときは、送金手数料が安い仮想通貨取引所を利用するのがおすすめです。

利用する度に手数料は発生するため、割高な取引所を使っていると手数料だけが高額になってしまいます。

バイナンス(BINANCE)の送金におすすめ!仮想通貨取引所

これから仮想通貨投資を始めてみようと考えている方にとって、どの仮想通貨取引所を利用するかは大切なポイントになってきます。

現在、金融庁に登録されている安全な仮想通貨取引所は31社存在しますが、ご自身にとって最適な取引所は何を基準に選ぶべきか迷ってしまいますね。

そこで、今回は当サイトでおすすめしている取引所を厳選してピックアップ。

いずれの取引所も特長が異なりますので、徹底比較して開設を検討してくださいね。

※2022年6月時点

おすすめの暗号資産取引所3選

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴

Coincheckは、親会社が東証一部上場企業のマネックスグループ。セキュリティ技術が高く、安心安全に取引を行えるでしょう。

特におすすめなのがCoincheckアプリです。シンプルな設計で見た目の使いやすさに優れているのが特徴で一目で使い方が分かるので、投資初心者の方でもすぐに使いこなせるでしょう。

 2021年上半期「国内の仮想通貨取引アプリ」部門では、ダウンロード数No.1※1となっており、ユーザビリティが評判です。

アプリ内では500円から取引可能なので「大きな額を投資するのは怖い」「はじめての投資だからまずはお試しでやりたい」という方にも最適です。

各チャートにはチャット機能が用意されており、投資家のコミュニケーションが活発に行われています。参考にすると良いでしょう。

さらにコインチェックでは仮想通貨取引初心者におすすめなCoincheckつみたてと呼ばれる自動積立サービスがあります。

「毎日チャートは追えない、難しいことは分からない」という方でも、 一定額を毎月自動で投資してくれるので着実に仮想通貨を増やしていきたいという方にもおすすめです。

Coincheckつみたても15通貨※2対応可能で、他の通貨も順次追加が予定されています。

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取引通貨数

17種類

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. LSK(リスク)
  5. FCT(ファクトム)
  6. XRP(リップル)
  7. XEM(ネム)
  8. LTC(ライトコイン)
  9. BCH(ビットコインキャッシュ)
  10. MONA(モナコイン)
  11. QTUM(クアンタム)
  12. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  13. IOST(アイオーエスティー)
  14. ENJ(エンジンコイン)
  15. OMG(オーエムジー)
  16. PLT(パレットトークン)
  17. XYM(シンボル)
レバレッジ レバレッジなし
送金手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 通常無料
出金手数料 一律407円

今だけ!お得なキャンペーン情報
Coincheckキャンペーン情報
  • 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン※1
  • Coincheckつみたてで3ヶ月間継続して積み立てた方もれなく全員に最大1万円分のビットコインをプレゼント中!※2

※1 2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59 ・期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設 ・口座開設してから72時間以内に入金完了 対象の方全員に2,500円相当のBTCをプレゼント

※2 2022年6月12日 0:00 〜 2022年7月10日 23:59

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。DMM.comグループ全体では年間に2,000億円以上の売上を超える大企業です。

特にDMM Bitcoinは、レバレッジ取引が魅力。国内最多級の21通りもの組み合わせで仮想通貨取引が可能です。土日祝日含め365日LINEやメールでのサポート体制をとっているので、仮想通貨(仮想通貨)初心者でも安心して取引できます。

DMM Bitcoinの独自の注文方法にBitmatch注文という仕組みがあります。

 『BitMatch注文』は、DMM Bitcoinが提示する価格を参考に、30秒間「ミッド(中値)価格」で取引が成立できるシステムです。

取引所のようにマッチングするのは売り手と買い手ですが、約定相手はDMM Bitcoinとなります。通常販売所ではスプレッドがあり、見えない手数料が大きくかかりますが、BitMatch注文なら最小限に抑えられるのです。

販売所形式と取引所形式の良いところを取ったハイブリッド注文方法と言えるでしょう。

DMM Bitcoinの基本情報

取引通貨数

19通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. XRP(リップル)
  5. BCH(ビットコインキャッシュ)
  6. LTC(ライトコイン)
  7. XLM(ステラルーメン)
  8. XEM(ネム)
  9. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  10. QTUM(クアンタム)
  11. OMG(オーエムジー)
  12. MONA(モナコイン)
  13. XTZ(テゾス)
  14. ENJ(エンジンコイン)
  15. XYM(シンボル)
  16. TRX(トロン)
  17. カルダノ(ADA)
  18. ポルカドット(DOT)
  19. アイオーエスティー(IOST)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
※BitMatch取引手数料は2円〜
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込 : 無料
    ※銀行手数料の負担あり
  • クイック入金 : 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
DMM Bitcoinキャンペーン情報
  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく"即時"2,000円をプレゼントキャンペーン※1
  • 400名に当たる!最大1万円プレゼント!入金&取引キャンペーン※2
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン(第10弾)※3


※1 期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分まで

2022年5月25日(水)7時00分~2022年7月1日(金)6時59分

2022年6月1日(水)~2022年7月29日(金)土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始となります。

詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ

出典:DMM Bitcoin公式サイト

※1 2022年3月現在、国内仮想通貨交換業者のWEBサイト調べ

※3 スマホでスピード本人確認を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

BITPOINT(ビットポイント)の特徴
  • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
  • 各種手数料が無料
  • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの大手にはないアルトコインが取引できるのが最大の特徴です。

 トロン(TRX)エイダ(ADA)ジャスミー(JMY)など大きな話題になった通貨も取り扱っています。

またビットコインキャッシュ(BCH)・ライトコイン(LTC)・ベーシックアテンショントークン(BAT)などのレンディング(貸仮想通貨サービス)も可能です。

レンディングをすれば保有通貨を取引所に一定期間貸しておくだけで賃借料を受け取れるので、アルトコインでコツコツ投資をしたい人におすすめです。

この機会にぜひ口座開設をしてお得に仮想通貨を手に入れましょう。

BITPOINTの基本情報

取引通貨数

12通貨

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. BCH(ビットコインキャッシュ)
  4. XRP(リップル)
  5. LTC(ライトコイン)
  6. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  7. TRX(トロン)
  8. ADA(エイダ)
  9. JMY(ジャスミー)
  10. DOT(ポルカドット)
  11. LINK(チェーンリンク)
  12. DEP(ディープコイン)
レバレッジ -
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPOINTキャンペーン
  • 期間中に口座開設で1,000円相当のDEPをプレゼント
  • 口座開設後、期間中に20,000円相当のDEP購入した方に2,000円相当のDEPをプレゼント
  • 合計最大で3,000円相当をプレゼント

キャンペーン期間:2022年5月31日(火)16:00~2022年6月30日(木)16:00

bitFlyerの特徴
  • ビットコイン取引量国内6年連続No.1※1
  • 15種類のアルトコインを取引可能
  • 各種取引手数料が無料
  • 1円から仮想通貨を購入できる
  • 7年以上ハッキング0

bitFlyerは株式会社bitFlyerによって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、「ビットコイン取引量国内6年連続No.1」※1となっています。

bitFlyerでは1円から仮想通貨を購入することが可能です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

ビットコインはもちろん、イーサリアムやリップルなどの主要アルトコインも1円から購入できます。

 アルトコインは販売所での取り扱いがメインとなっています。

またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、7年間1度もハッキング被害に遭っていません。利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

大手仮想通貨取引所ならではの手厚いサービスが受けられますので、口座を開設しておいて損はない取引所と言えるでしょう。

新規口座開設は最短10分で完了します。

bitFlyerの基本情報

取引通貨数

15種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XTZ(テゾス)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 0.01 ~ 0.15%
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料(BTC)※bitWireを除く 0.0004BTC
入金手数料
  • 住信SBIネット銀行からの入金:無料
  • 住信SBIネット銀行以外からの入金:330 円(税込)
出金手数料
  • 三井住友銀行への出金:220円〜440円(税込)
  • 三井住友銀行以外への出金:550円〜770円(税込)

今だけ!お得なキャンペーン情報
bitFlyerキャンペーン情報
  • 毎日最大 10 名様に 1,000 円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム※1

※1 2020 年 7 月 1 日(水)午前 00 時 00 分~終了期間未定

出典:bitFlyer公式サイト

※1 2016〜2021年Bitcoin日本語情報サイト調べ

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの特徴
  • 取扱銘柄数国内No.1※1 
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
  • 各種手数料が無料

GMOコインは「GMOインターネットグループ」によって運営されている仮想通貨取引所です。

 GMOインターネットグループは東証プライム上場企業で、グループ内で積み上げてきた金融サービスノウハウ・高性能なセキュリティを駆使して、利用者が安心・安全な取引を行えるサービスを目指しています。

GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、取扱銘柄数は国内No.1※1となっています。

ビットコイン・イーサリアム・リップルなどのメジャー銘柄はもちろん、コスモスやダイなど他の取引所ではなかなかみられないようなアルトコインも取り扱っています。

取り扱い銘柄が多いと分散投資の選択肢も広がります。

また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できるつみたて仮想通貨を提供しています。

つみたて仮想通貨は毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれるので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

毎月500円から、ビットコインなど18銘柄に投資することができます。

GMOコインの基本情報

取引通貨数

20種類

  • BTC(ビットコイ)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料
  • 現物取引:Maker:-0.01%
  • Taker:0.05% ・レバレッジ:無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料※銀行手数料の負担あり
出金手数料 無料

今だけ!お得なキャンペーン情報
GMOコイン キャンペーン情報
  • 暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たる!※1
  • 暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる※1

※1 終了期間未定

出典:GMOコイン公式サイト

※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

バイナンス(BINANCE)の口コミ・評判

バイナンスの評判

良い口コミ

良い口コミ・評判
  • 取扱い通貨の種類が多くて助かる
  • 手数料が安くて嬉しい
  • 直観的に使える

    取り扱い通貨の種類が非常に多く、国内の仮想通貨取引所と比較しても桁違いに豊富です。

    海外で話題になっている仮想通貨や、新しく取引を開始して将来性がある仮想通貨があっても、国内の仮想通貨取引所では購入できない可能性があります。

    そのような仮想通貨でも、バイナンスであれば取り扱っていることが多いため、コアな投資家から人気があります。また、「手数料が安いので手軽に使える」という意見が多いです。

     取引手数料は一律で分かりやすく0.1%なので、手数料を気にせずに取引できるでしょう。

    それ以外にも、日本のサイトのようにホームページが作られているため「直観的に使える」という評判も多いです。

    海外の仮想通貨取引所ですが、日本語に対応しており言語の不自由さを感じないので使いやすいと言われています。

    また、スマートフォンアプリをリリースしているなど、初心者でも簡単に取引できる点も評価されています。

    イマイチな口コミ

    バイナンスの評判を調べる人

    悪い口コミ・評判
    • 日本円が使えない
    • 危ない印象がある
    • 注文できないことがある

    イマイチな口コミが最も多いのが「日本円が使えない」ことです。世界最大級の取引所として有名であり、使いやすさなどを期待する人は多いです。

    しかし、日本語に対応していても日本円には対応していないことが「残念」と感じてしまいます。

    また、初心者の場合、バイナンスの口座に入金する手順が複雑に感じることから「使いにくい」と感じることも少なくありません。

     他にも世界最大級とはいえ海外の取引所なので、「危ない」という印象を持っている人もいます。

    ハッキングや詐欺通貨などの危険性があるため、不安に感じやすいです。

    また、バイナンスに限ったことではなく、海外の仮想通貨取引所ではよくあることですが、「注文できない」ということが起ります。

    注文が遅くなったり、注文が反映されるのが遅くなったりすることがあるため、ユーザーのイマイチな口コミに繋がっています。

    バイナンス(BINANCE)のメリット

    バイナンスのメリット

    取扱通貨数が豊富

    取り扱っている通貨数が豊富であり、公式サイトのマーケット情報では300種類以上の仮想通貨の情報が随時更新されています。

    日本国内の大手仮想通貨取引所の取り扱い通貨数は15種類前後であるため、スケールの違いが分かるでしょう。

     国内の仮想通貨取引所では取引できない暗号通貨も多く、バイナンスを使うことで入手できる可能性は高いです。

    例えば、将来性が期待できる仮想通貨の情報を手に入れたとしても、日本の取引所では購入できないケースは少なくありません。その場合でも、バイナンスであれば取り扱っている可能性は高いといえるでしょう。

    日本語対応している

    海外の仮想通貨取引所ですが、ホームページは日本語に対応しており使いやすいです。海外の仮想通貨取引所を使う場合、大手の取引所でも外国語で表示されているケースが多く、扱いづらいです。

    また、日本語に対応している取引所でも、日本語に直訳したような表現が多いため、内容が分かりにくいと感じやすいでしょう。

    日本語に対応しているだけでなく、自然な日本語の表現なので利用しやすいです。

    レバレッジが最大125倍

    レバレッジのイメージ

    レバレッジを最大125倍までかけて取引することができます。仮想通貨を購入するための資金が少ない場合でも、多く購入することができ大きく稼げる可能性があります。

     つまり、1万円の資金で125万円分の仮想通貨の取引が可能です。国内の取引所はレバレッジ取引に対応していないことが多く、対応している場合でも2倍までであるケースがほとんどです。

    取引の種類や条件などによって上限が設定されていますが、それでも国内の取引所よりも大きいレバレッジをかけられます。

    24時間365日のサポート体制が整っている

    24時間365日体制のサポートを実施しています。そのため、操作面や取引などで不安点・疑問点があっても解決しやすいです。実施している主なサポートは次の通りです。

    主なサポート内容
    • AIボット
    • FAQページでの検索
    • サポートチームとのライブチャット

    世界的に大きな取引所であり、ユーザー数も多いので、その分FAQページが充実しています。AIボットに情報を提供すると、適切な解決策を提案してくれます。

    また、FAQページでは自分で回答を探すこともできるため、軽度な問題であればすぐに解決できるでしょう。

    それでも解決しない難しい問題であれば、ライブチャットを使うことでオペレーターの力を借りることもできます。

    手数料が安い

    バイナンスは手数料が安いこともメリットの1つです。仮想通貨の取引では手数料の総額が高くなってしまうことが多く、利益が相殺されてしまうことは少なくありません。

     入金手数料は無料、出金手数料は仮想通貨の種類で変わりますが取引手数料は一律0.1%です。

    国内の仮想通貨取引所と比較しても手数料は安いので少額でも気軽に取引できます。バイナンスコインを取引手数料に利用することで0.05%まで下げることができます。

    バイナンス(BINANCE)のデメリット

    日本円は入金できない

    日本円で入金できない

    国内のユーザーにとって、バイナンスを利用する最大のデメリットは日本円が使えないことです。現時点では、日本円や国内銀行からの入金はできません。

     後述しますが、入金するためには一度仮想通貨に換えるなどの手間が発生します。

    海外の仮想通貨取引所ではよくあることですが、急いでいるときなどに時間がかかるのは大きな痛手になるでしょう。

    クレジットカードを使い仮想通貨を購入できますが、手数料は割高なのでおすすめしません。特に初心者であれば、入金を難しく感じやすいです。

    仮想通貨の取引規制を受けるリスクがある

    バイナンスは過去に2度、日本の金融庁から警告を受けたことがあります。日本国内で仮想通貨の交換サービスを提供するためには、金融庁の許可を得なければなりません。

    金融庁は海外の仮想通貨取引所に対して厳しく対処しており、過去に大手の取引所の登録・利用が禁止になったことがあります。

    ホームページが日本語対応しているなど、日本向けにサービスを展開していますが、警告に対応していません。そのため、金融庁の取り締まりが厳しくなると、取引規制を受けて利用できなくなるリスクがあります。

    国内の取引所で扱っていない通貨を取引している状態で、取引規制を受けてしまえば大きな損失になります。

    ハッキングの危険性がある

    ハッキングの危険性

    バイナンスなど海外の仮想通貨取引所を利用する際は、ハッキングの危険性を考えることが大切です。仮想通貨取引所は大きな金額を扱っているため、犯罪者に狙われています。

     海外の仮想通貨取引所であれば国内の仮想通貨取引所と違い、実施しているセキュリティ対策の内容などが分かりにくいでしょう。

    世界最大級の取引所であるため、セキュリティ対策は行っていますが、2019年にハッキングの被害を受けています。

    十分に対応しているとはいえ、世界中のハッカーから狙われているのは事実であり、注意する必要があります。

    仮想通貨取引所に関する独自アンケート調査

    バイナンスの送金のために開設する国内仮想通貨取引所選びに迷っている方のために、当サイトで独自アンケートを実施しました。ぜひ参考にしてみてください。

    Q 仮想通貨取引をするにあたって主にどの取引所を利用していますか?

    利用している取引所

    アンケート回答の内訳

    表は右にスクロールできます。

    1位 2位 3位
    ビットフライヤー GMOコイン Coincheck
    割合 26% 21.5% 19.2%

    独自アンケート調査の詳細はこちら

    全体の約4分の1の方がbitFlyerを使っている結果になりました。続いて、GMOコインやCoincheckも全体の2割ほどが利用しています。

    1位のbitFlyerは、世界的に見てもトップクラスの安全性が魅力。初心者でも安心してお金を預けられます。

    Q 仮想通貨取引所を選ぶ際に重要視したことはなんですか?

    取引所選びで重要視したこと

    アンケート回答の内訳

    暗号資産選び
    で重要視したこと
    割合
    会社の信用度 31.5%
    手数料やスプレッドの安さ・狭さ 11.4%
    取引高の高さ 10.0%
    ツールやアプリの使いやすさ 10.0%
    扱っている仮想通貨の種類の多さ 8.7%
    管理体制 8.7%
    最低取引価格の安さ 4.1%
    流動性の高さ 3.7%
    レバレッジ取引ができるか 1.8%
    その他 10.0%

    独自アンケート調査の詳細はこちら

    仮想通貨取引所を決める際に重要視したところはなにか調査をしたところ、「会社の信用度」を重視する人が1番多い結果となりました。

    仮想通貨はそもそもがリスクの高い投資と言われているので、金融庁の登録を受けた安全性の高い国内取引所を選ぶことをおすすめします。

    当サイトでおすすめしている仮想通貨取引所はすべて金融庁の登録を受けた取引所であるため、どの取引所を選んでも間違いないでしょう。

    特に安全性やセキュリティを重視して仮想通貨取引所を選ぶのであれば、bitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです。

    アンケート調査の概要

    調査概要 仮想通貨に関するアンケート
    調査方法 インターネットリサーチ
    調査対象 仮想通貨取引経験のある20〜60代以上の方
    調査対象者数 221名(男性167名 女性54名)
    調査実施日 2021年12月9日
    調査対象地域 日本
    調査実施会社 株式会社ジャストシステム
    ファストアスク

    バイナンス(BINANCE)でよくある質問

    バイナンス(BINANCE)とは?

    2017年に香港で設立された仮想通貨取引所です。ユーザー数、取引数のいずれにおいても世界最大級であり、取り扱っている仮想通貨の種類も充実しています。
    取引サービスも豊富にあり、仮想通貨の現物取引だけでなく、レバレッジ取引や先物取引などにも対応しています。

    バイナンス(BINANCE)の使い方(入金方法)は?

    バイナンスでは日本円を使えないので、対応している仮想通貨を使い入金するのが一般的です。そのため、まずは国内の仮想通貨取引所で口座を開設し、ビットコインなどの仮想通貨を購入します。

    仮想通貨を購入したら、送金する手続きを行います。バイナンスへ送金するためにはアカウントが必要です。ログインした状態で、ウォレットの画面からバイナンスの入金アドレスを表示します。

    その入金アドレスを、仮想通貨取引所の出金アドレスに貼り付けることで、バイナンスを入金先として登録できます。あとは、金額を指定して取引を行えば入金は完了です。

    バイナンス(BINANCE)のメリットは?
    取り扱い通過数が豊富、日本語対応している、24時間365日サポート対応している、手数料が安いなどの点がメリットとして挙げられます。
    またレバレッジを最大125倍までかけて取引することができるので、仮想通貨を購入するための資金が少ない場合でも、多く購入することができ大きく稼げる可能性があります。
    バイナンス(BINANCE)のデメリットは?
    日本円で入金できない、仮想通貨の取引規制を受けるリスクがある、ハッキングの可能性があることなどのがデメリットとして挙げられます。
    日本人のバイナンス(BINANCE)の利用は禁止されている?
    現在、日本人のバイナンス(BINANCE)の利用は、法律違反ではありません。また、日本人の新規登録も停止していません。ですが、今後法律が変わる可能性はゼロではないでしょう。
    また、許可を得ずに金融商品取引業者が日本人居住者に営業活動を行うことは禁止とされているため、日本人利用者ではなく業者側は罰則対象となる可能性があります。
    バイナンス(BINANCE)の送金におすすめの仮想通貨取引所は?

    Coincheck(コインチェック)は親会社が東証一部上場企業のマネックスグループなのでセキュリティ技術が高く、安心安全に取引を行えます。DMM Bitcoinは、レバレッジ取引が魅力で国内最多級の23通りもの組み合わせで仮想通貨取引が可能です。土日祝日含め365日LINEやメールでのサポート体制をとっているので、仮想通貨(仮想通貨)初心者でも安心して取引できます。

    バイナンス(BINANCE)コインの将来性は?

    今後も積極的に事業展開していくと見込まれているため、提携する企業によっては大幅な価格上昇が期待できるでしょう。
    また、四半期ごとにバーンを実施しているため、価格が急落する可能性は低いです。過去の推移を見てみると仮想通貨市場全体の動きに大きく影響を受けているため、市場が拡大することで価格が上がると見られています。

    まとめ

    今回は、仮想通貨取引所の中でも規模が大きいバイナンスについて解説しました。世界最大級の仮想通貨取引所であり、取り扱い仮想通貨の数が非常に多いです。

    手数料は安く取引時の負担は小さいですが、日本円を取り扱っていないなどのデメリットがあります。

    手間はかかりますが、国内の取引所を活用することでバイナンスの口座へ送金できます。そのため、バイナンスを活用したい方は口座開設の方法や入金方法を押さえておきましょう。

    国内で扱っていないレアな仮想通貨を購入できますが、注意点を意識して利用することが大切です。

    関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事