銀行員に資格は必要?就職・キャリアアップにおすすめの資格!

「銀行に就職したい」「銀行に転職したい」「銀行でキャリアアップしたい」銀行員を目指すのであれば、金融系の知識を身につけられる資格がおすすめです。

さらに、銀行員は職業柄、非常に多くの業界の方と関わる機会があり、幅広い知識を持っていることが求められます。

そこで当記事では、銀行員が持っておくべきおすすめの資格を解説していきます。

資格取得におすすめの通信講座も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

銀行員になるには資格が必須?

銀行員

結論、銀行員になるために、資格の取得は必須ではありません。資格がなくても銀行員への求人に応募することはできます。

とはいえ、銀行員の方の資格取得が無駄ということでは決してありません。資格を取得するということは、「知識を持っているという証明」になります。

さらに、希望の部署や業務によっては資格が必要になる場合もあります。

 銀行員は入行後も継続的に勉強し、知識を増やしていく必要があるので、資格を持っていると勉強し続けられる人材だというアピールにもなります。

銀行員でも資格があればより専門的知識を持っている証明になり、顧客からも社内でも信頼と評価に繋がり、結果的にキャリアアップにつながる可能性もあります。

就職・転職においても同じで、知識を保有している証明になれば、有利に働く可能性も高くなります。

必須ではありませんが、キャリアアップしたい!周りに差をつけたい!と考える方は資格の取得がおすすめです!

銀行員が取得して損はない資格の選び方

銀行員の資格の選び方
  • 銀行への就職・転職で有利になる資格
  • 業務上で必要な資格
  • キャリアアップ・昇格のために必要な資格
  • メガバンクなどの場合は英語が必要になることも

銀行への就職・転職で有利になる資格

冒頭でも述べた通り、銀行員になるために必須な資格はありません。

ただし、銀行員はさまざまな業界と関わる仕事でもあり、幅広い知識を兼ね備えているとより業務の幅も広がり信頼にも繋がります。

さらに、銀行は入行後にも継続して勉強をしてさまざまな知識を蓄えていく環境でもあります。資格を持っていると、継続して勉強ができる人材というアピールにも繋がり、就職・転職にも有利でしょう。

これから銀行への就職・転職をお考えの方は、このような観点も取り入れて資格選びをしてみてください。

業務上で必要な資格

銀行員になるために必要な資格はありません。しかし、配属先や部署によっては資格が必要な場合もあります。

自分がそのような部署への配属を希望するのであれば、なおさら資格は持っておいたほうが良いでしょう。

 入行するために必要な資格というよりも、入行後に必要な資格というイメージです。

例えば、投資信託や資産運用などの金融商品、保険商品の販売を行うには、証券外務員の資格が必要になります。

また、銀行はさまざまな企業や個人への融資、住宅購入者への融資など、業務上幅広い知識が必要になります。

不動産、人材事業・保険の販売なども行うようになり、事業領域は拡大しています。

キャリアアップ・昇格のために必要な資格

昇格し管理職になれば、求められることは仕事での結果だけではなくなります。銀行の中では課長以上の役職になるには、資格の取得が条件になっている場合もあります。

銀行は行員も多く、管理者になるには監督者としての知識も必要になります。

 役職が上がれば管理する部下の人数も増加します。監督者としての知識を兼ね備えておくことも重要です。

さらに、銀行は企業の機密情報や個人顧客の個人情報なども扱っています。コンプライアンスが特に厳しい環境であるという認識も必要です。

これらの知識と理解度を確認するために資格の取得を求められるケースがあります。

メガバンクの場合は英語力も必要

メガバンクには豊富な人材と資金力、ネットワークもあります。グローバル化を進め、積極的に海外進出し、収益を上げています。そのため、取引先は国内にとどまりません

 メガバンクでは金融知識の他に、英語力を求められる場合もあります。

実際に、三井住友銀行ではすべての総合職行員に対し、TOEICの目標点数800点以上と定めています。

銀行で働くには英語が必須になる日もあまり遠くなさそうですね。

銀行員への就転職におすすめの資格

銀行員への就転職におすすめな資格
  • 証券外務員
  • FP2級
  • 簿記検定 3級・2級
  • TOEIC

証券外務員

証券外務員

証券外務員は、銀行・証券会社・保険会社など金融機関で、金融商品の取引を行うために必要な資格です。

銀行では「預金」「外貨預金」「国債」などが金融商品に含まれます。れらの取引をするのが外務員で、いわゆる営業マンです。

 外務員になるには金融庁に証券外務員として登録する必要があり、それには証券外務員としての資格が必要

証券外務員は受験資格がなく、誰でも受験できる試験です。そのため、銀行によっては、入社までに取得するよう求められる場合もあります。

学生のうちにとっておいても、転職を目指す人でも入行前にとっておいて損のない資格です!
受験資格 なし
試験の形式 正誤問題・五肢選択方式
PCにて受験
合格率(2020年度) 一種:74.6%
二種:68.9%
受験料 10,323円

出典:日本証券業協会「外務員資格試験制度

FP技能士2級

FPとはファイナンシャルプランナーの略で、いわゆる「金融・お金の専門家」です。税金や生命保険・相続対策・資産運用をはじめとするお金全般の知識が必要な資格です。

金融知識があることの証明にもなり、これから銀行員を目指す方にはおすすめの資格の1つです。

 仕事だけではなく、実生活でも使える知識が得られる資格です。

FP技能士には3級からありますが、実際に仕事に活かせられるのは2級以上です。従って、就職や転職で評価の対象になるのも2級以上でしょう。

FP技能士の資格取得をする方は2級以上を目指しましょう。

FP技能士資格2級概要

FP技能士の資格試験は日本FP協会と金融財政事情研究会(きんざい)が行う2種類があります。

どちらで受験しても大きな差はありませんので、当記事では日本FP協会の概要を記載します。

受験資格

以下のいずれかに該当する者

  • 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
  • 3級FP技能検定の合格者
  • FP業務の2年以上実務経験を有する者
  • 厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
試験の形式 学科:マークシート形式
実技:記述式
合格率(2021年9月試験) 学科:50.56%
技能:60.26%
受験料 学科:4,200円
技能:4,500円

出典:日本FP協会「2021年実施2級FP技能検定試験結果

簿記検定3級・2級

簿記 資格

簿記検定は年間年間50万人が受験する人気の資格の1つです。企業の会計や財務に関する基本的な知識を習得することができます。

簿記の資格は金融業界はもちろんのこと、さまざまな業界において汎用性の高い資格でもあります。

 汎用性の高い資格なので、就職でも有利に働く可能性が高いです。

企業の経理や会計、財務状況を読み取ることができるため、銀行においても十分活かせる資格です。

大学生でも取りやすい資格の1つで、汎用性も高いのでおすすめです!

簿記検定

受験資格 なし
試験の形式 選択式+入力式
合格率(2021年6月試験) 3級:28.9%
2級:24.0%
受験料 3級:2,850円
2級:4,720円

出典:日本商工会議所「受験者データ

TOEIC

TOEIC 資格

TOEICは銀行員に限らず、どの業界においてもスコアを持っていて損のない資格の1つです。銀行においては、メガバンクでは特にグローバル化が進み英語力が必須になりつつあります。

 中にはTOEICの点数を募集条件に入れる企業も入ってきていますので、必須資格と言えます。

また、TOEICは何度でも挑戦することができ、最高得点があなたのスコアとなります。

その際、2回目以降は1年後の同月から3ヶ月間に実施されるテストを受験すれば、割引価格で受けられるので、納得がいかなければ、再チャレンジすることができます。

1回目がダメでも、もう一度勉強して再チャレンジできます。
まずは700点以上取得を目指しましょう。
受験資格 なし
試験の形式 リスニング・リーディング各100問
マークシート形式
平均スコア(2021年11月28日午後) 595.8点
受験料 7,810円

出典:TOEIC公式「 Listening & Reading Test 公式データ・資料

出世やキャリアアップへ!銀行員が取得すべき資格

銀行員におすすめ資格
  • 銀行業務検定
  • 内部管理責任者
  • 宅地建物取引士
  • 中小企業診断士

銀行業務検定

銀行業務検定

銀行業務検定とは、銀行員・証券会社・保険などの金融機関の職員を対象に、業務を行う上で必要な実務知識、技能応用力の習得レベルを測定、向上を目的とした試験です。

銀行業務検定では、さまざまな試験が各銀行業務ごとに行われており、現在では、法務・財務・税務・年金アドバイザー・信託・証券・融資・外為をはじめとする23系統36種目の試験が行われています。

 銀行業務ごとに細かく試験が分けられており、銀行員として必要な知識が得られる試験です。

試験種目によってはコンピューターを利用したCBT方式の試験も実施されています。

受験資格の制限はありません。しかし、あくまでも対象は金融業の従事者としているため、実務未経験者は勉強量がかなり必要となります。

年間約29万人が受験応募する(公式より)銀行員としては受験すべき試験です!
受験資格 なし
試験の形式 記述式・択一式 ※種目による
合格率(2020年10月試験) 法務2級:35.26%
外為3級:63.66%
※種目による
受験料 3,300円~9,900円 
※種目による

出典:銀行業務検定協会「スコープ

内部管理責任者 

銀行 内部管理責任者

内部管理責任者は各支店の管理状況や外務員が法令遵守の上で業務を行っているかなどを厳しくチェックする役割を担っています。

そのため、各支店の支店長などもチェックの対象となるため、一般的には内部管理責任者には総務部門の総務課長が任命されます。

 内部管理責任者になるには、資格が必要になります。

こちらの資格は誰でも受験できるものではなく、本人の申し込みではなく、日本証券業協会に属している銀行を通して受験申し込みを行う必要があります。

銀行員で管理職を目指す方にはおすすめの資格です。
受験資格
  • 日本証券業協会の協会員の使用人で、一種外務員の資格を保有している者
  • 申し込みは個人ではなく所属する会社を通して申し込み
試験の形式 PCを利用しての試験
合格基準 500点満点のうち350点以上(7割以上)
受験料 原則所属する会社が支払い

出典:日本証券業協会

宅地建物取引士

宅地建物取引士 資格

宅地建物取引士(宅建)は、不動産の売買・賃貸業務などにおいて、契約内容、重要事項の説明などを行うことができる国家資格です。

不動産の資格ですが、銀行員では、不動産の購入や担保の取得などの融資に関する部門や資産運用に関する部門で活かすことができます。

 最近では銀行も不動産販売に関する子会社を設立しており、場合によってはそちらに出向する可能性もあります。

銀行員としてキャリアアップ・出世する上では取得すべき資格の1つです。

国家資格なので、資格があれば銀行員としての業務の幅も大きく広がります。
受験資格 なし
試験の形式 50問・四肢択一式
合格率(令和3年度) 17.9%
受験料 7,000円

出典:一般社団法人 不動産適正取引推進機構「宅建試験の概要

中小企業診断士

中小企業診断士

中小企業診断士とは、中小企業の経営課題を分析し、経営に関する適切な診断・助言を行う「経営の専門家」です。経営コンサルタントとしての唯一の国家資格となります。

銀行においては、中小企業への融資を行う際に、その企業の経営状況を分析した上で可否を判断する必要があります。その際、中小企業診断士の知識が非常に役立ちます。

 企業への融資は非常に大きなお金が動きます。そのため、企業の経営状況を適切に見極められる専門的知識が必須です。

中小企業診断士の資格は、中小企業の経営状況の分析、適切な助言と経営支援を行うため、非常にレベルが高く、責任のある仕事を任されます。

銀行員としてキャリアアップ・昇進を目指す上では、取得すべき資格です。
受験資格 一次:なし
二次:一次試験合格者
試験の形式 一次:多肢選択式
二次:筆記試験・口述試験

合格率(令和2年度)

一次:42.5%
二次:18.4%
受験料 一次:13,000円
二次:17,200円

出典:J-SMECA「令和3年度中小企業診断士第1次試験の結果について(合格発表等)

働きながらでも取得可能!おすすめの通信資格講座!

ユーキャン

ユーキャン 通信講座

ユーキャンで学習できる当記事の資格
  • FP2級
  • 簿記検定3級・2級
  • TOEIC
  • 宅地建物取引士

ユーキャンは、幅広いジャンルと豊富な講座数で人気の高い通信講座です。当記事で紹介した銀行員が取得するべき資格も豊富に取り揃えられており、講座数も実績も十分な通信講座です。

宅建士講座では過去10年間で15,000人以上の合格者数を輩出するほど、実績は十分です!(公式より)
運営会社 株式会社ユーキャン
講座数 150講座以上
ジャンル ビジネスから趣味まで
無料資料請求 あり
各種割引制度 あり

出典:ユーキャン公式サイト

たのまな

たのまな 通信講座

たのまなで学習できる当記事の資格
  • FP2級
  • 簿記検定3級・2級
  • TOEIC
  • 宅地建物取引士
  • 中小企業診断士

通信講座は一人で進めるというイメージが強い方も多いかと思います。しかし、たのまなは質問は無制限、かつ納得いくまでプロの講師が回答してくれるというサポート体制が強みです。

さらに、サポート期間が過ぎてしまっても、講座によっては無料で延長できるサービスもついています。

仕事が忙しい銀行員にとっては、予定通り進められずサポート期間が過ぎてしまったという場合でも安心です!
運営会社 ヒューマンアカデミー株式会社
資格講座数 250講座以上
ジャンル ビジネスから趣味まで
無料資料請求 あり
各種割引制度 あり

出典:たのまな公式サイト

フォーサイト

フォーサイト 通信講座

フォーサイトで学習できる当記事の資格
  • 証券外務員
  • FP2級
  • 簿記検定3級・2級
  • 銀行業務検定(年金アドバイザー3級)
  • 宅地建物取引士
  • 中小企業診断士

フォーサイトは、ビジネス向け資格に特化した通信講座です。特徴は、難関国家資格やその他の難関資格においても高い合格実績を誇る実績です。

ビジネス向けであることから、他の通信講座にはないビジネス資格も豊富に取り揃えられています。

銀行業務検定の学習ができる通信講座はほとんどありません。
運営会社 株式会社フォーサイト
講座数 20講座
ジャンル ビジネス向け
無料資料請求 あり
各種割引制度 あり

出典:フォーサイト公式サイト

スタディング

スタディング 通信講座

スタディングで取得可能な当記事の資格
  • 証券外務員
  • FP2級
  • 簿記検定3級・2級
  • 中小企業診断士

スタディングはビジネス向け国家資格、民間資格に特化した通信講座です。

スタディングにはスタディングメソッドと呼ばれる、合格者の声から生まれた、短期間で合格を目指せるシステムがあります。

マルチなデバイスに対応し、場所や時間を選ばず学習できる教材やシステムにより、仕事が忙しく、資格の取得を諦めていた方でも、移動中などのスキマ時間に学習できるようになっています。

徹底したシステムと情報管理で短期間で合格へ導いてくれます!
運営会社 KIYOラーニング株式会社
講座数 31講座
ジャンル ビジネス
無料資料請求 あり
各種割引制度 あり

出典:スタディング公式サイト

まとめ

当記事では、銀行員が取得すべき資格と通信講座を紹介してきました。

銀行への就職を目指す学生、転職を目指す社会人、キャリアアップ・昇格を目指す銀行員などどの立場においても、資格は知識の証明になり、自分の強みになります

忙しい方でも通信講座を利用して資格を取得することで、自分の評価につながることもあります。

ぜひ通信講座で資格を取得して、自らの強みを作り出しましょう!

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事