仮想通貨エイダコイン(ADA/カルダノ)の特徴は?将来性を徹底解説

「エイダコインってどんな仮想通貨?」「今のうちに購入した方が良い?今後値上がりするのか知りたい!」あなたはこんな疑問を持っていませんか?

エイダコインは、オンラインカジノ「Cardano(カルダノ)」で利用できる通貨です。消費電力が少なくエコな通貨としても注目を集めており、2022年5月20日時点で時価総額は8位と非常に高いです。

この記事では、エイダコインに興味のあるあなたに向けて、エイダコインの特徴や将来性、現在の価格について詳しくまとめました。

エイダコインを購入すべきか3分でわかりますので、ぜひ最後までご覧ください!
エイダコイン(ADA/カルダノ)が買える唯一の取引所

BITPOINT

2022年4月現在、日本国内で唯一エイダコイン(ADA/カルダノ)が購入できるBITPointは、現物取引や口座開設手数料、即時入金手数料などにかかるべての手数料が無料で利用できます。
また、1,000種類以上も存在する仮想通貨銘柄からビットコインはもちろん、信頼性が高く将来性が期待できるアルトコインなど合計12種類の取引が500円以下から可能。
エイダコイン(ADA/カルダノ)以外のメジャーな銘柄も豊富に取り扱っているため、初心者はもちろん上級者の方にもおすすめの取引所です。

エイダコイン(ADA/カルダノ)とはどのような仮想通貨?

エイダコインは、「Cardano(カルダノ)」というオンラインカジノで使用する通貨です。従来のオンラインカジノは、参加者を負けさせて運営が儲かるようにシステムが組まれていることが問題になっていました。

しかし、カルダノは「ブロックチェーン」を用いることでこの問題を解消しています。

ブロックチェーンとは?
取引情報や履歴を「ブロック」という枠に記録し、それを繋げることで不正を困難にしている仕組みのこと。

カルダノでは、ユーザーがプレイした記録をブロックに記録しているため、不正を行っていてもすぐにわかるのがメリットです。

そんなエイダコインですが、プレセールの価格が高かったために詐欺コインだと疑われていた時期がありました。ネット検索でも「エイダコイン やばい」と検索する人が多くいたようです。

プレセールとは?
暗号資産公開時の資金調達のこと。期待されている通貨なら多くの資金を集めることができる。

プレセールの価格が高いコインは、売り上げを持ち逃げする傾向があるからです。もちろんエイダコインはそのような詐欺コインではなく、現在も開発が進められています。

結論、エイダコインはいわゆる「詐欺コイン」とは異なります。

エイダコイン(ADA/カルダノ)には4つの特徴がある

エイダコインは従来の仮想通貨と比べると、次のような特徴があります。

エイダコインの特徴
  • PoSにより消費電力が少ない
  • オンラインカジノで利用できる
  • 独自スマートコントラクト「Plutus」
  • 専用ウォレット「ダイダロス」で利用できる

(1)PoSにより消費電力が少ない

エイダコインはPoS(Ploof of Stake)」というコンセンサスアルゴリズム採用しています。

コンセンサスアルゴリズムとは?
暗号資産を発行するには、取引データを承認してブロックチェーンに組み込む「マイニング」が必要になる。アルゴリズムは、マイニングのやり方を指す言葉。

ビットコイン等が採用している「PoW (Ploof of Works)」では、計算作業によってマイニングが行われます。

そのため、高性能のPCを用意して計算作業を行う業者が増え、環境への負荷が問題となっていました。PoSなら通貨を保有するだけでマイニングできるため、電力消費がなく環境に優しいのがメリットです。

通貨を保有して報酬を受け取ることを「ステーキング」と呼びます。

(2)オンラインカジノで利用できる

エイダコインはオンラインカジノ「カルダノ」で利用可能です。

前述の通り、カルダノはブロックチェーン技術によって従来のオンラインカジノの不正をなくしており、より透明度が高くて公正なカジノとなっています。

今後、カジノ以外の分野でもこのような仕組みがどんどん広がっていくでしょう。

ブロックチェーン技術はカジノだけでなく、さまざまな分野での活躍が期待されています。

(3)独自スマートコントラクト「Plutus」

エイダコインでは、独自スマートコントラクト「Plutus」を採用しています。

スマートコントラクトとは?
ブロックチェーンのプログラムのひとつ。あらかじめ契約条件を決めておき、条件が満たされた際に契約が履行される仕組みになっている。

スマートコントラクトはイーサリアム等も採用しており、契約の手間が省けるため、さまざまな分野での応用が期待される技術です。

しかし、従来のスマートコントラクトでは決済と計算を1箇所で行っているため、変更や修正が難しいという欠点がありました。

一方、Plutusは決済と計算が別々に行われるため、変更が容易なのがメリットです。

Plutusはイーサリアムにないエイダコインの強みだと言えるでしょう。

(4)専用ウォレット「ダイダロス」で利用できる

エイダコインの利用には「ダイダロス」というウォレットが必要です。ダイダロスは、オンラインカジノで獲得したコインをそのまま送金できる機能があります。

暗号資産のウォレットにはいろいろありますが、ダイダロスは特に「セキュリティの高さ」がメリットだと言えるでしょう。

さらに、ダイダロスには「ステーキングの委任機能」もあるため、そのままステーキングで利益を得ることも可能です。

安全性・利便性ともに優れたウォレットを使えるのもエイダコインのメリットです。

エイダコイン(ADA/カルダノ)の現在の価格

エイダコインの現在価格は1ADA = 67円前後です。(2022年5月20日時点)以下は、Tradingviewにおけるエイダコイン/日本円の直近1年間のチャートになります。

エイダコインは上場後すぐに高騰しています。その理由は、上場する当初からカルダノが注目されていたからです。エイダコインは2017〜2018年の初頭にかけて、800円程度まで一気に高騰しました。

その後は下落して停滞していましたが、2021年に入ってからイーロンマスク氏が「ビットコインを使った電気自動車の販売を停止する」と発言。

この発言により、環境負荷の少ない通貨に投資家が殺到し、エイダコインも値上がりしました。その後は下落と上昇を繰り返しており、どちらに転ぶのか予想が難しい状態になっています。

エイダコインはPoSを採用しているため、電力消費が少ないのが強みでしたよね。

現在のエイダコインの価格はこちら

エイダコイン(ADA/カルダノ)の将来性に関する6つのポイント

これから購入する人は、エイダコインが将来値上がりするか気になると思います。そこで、将来の価格に影響すると思われるポイントを6つまとめました。

最後まで読めば、エイダコインの将来性が判断しやすくなるでしょう。ぜひ目を通してみてください。

エイダコインの将来性に関するポイント
  • 企業や大学との提携
  • 国内取引所への新規上場
  • AdaPayの導入店舗数の増加
  • ブロックチェーンによる偽造防止
  • 暗号資産全体の値動き
  • エイダコインが普及する

(1)企業や大学との提携

値上がりに関するポイント1つ目は、企業や大学との提携です。エイダコインはさまざまな機関と提携を果たしています。

日本では、2018年に東京理科大の「インベスト・マネジメント部」とエイダコインの推進を進める「EMURGO」がタッグを組みました。

EMURGOとは?
正式名称は「株式会社EMURGO Japan」で、エイダコインのICO(資金調達)やプレセールに貢献している会社。

今後提携する企業が増えていけば、エイダコインも注目されて価格が上昇するかもしれません。

企業や政府との提携は、暗号資産が有益であることの裏付けになりますよね。

(2)国内取引所への新規上場

値上がりに関するポイント2つ目は、取引所への上場です。

現在、エイダコインを扱っている国内取引所は「BitPoint」のみ。しかし、今後他の取引所にも上場していけば、知名度が高まって需要が増える可能性があります。

特に「Coincheck」や「bitFlyer」など、大手取引所への上場はちょっとしたニュースになるでしょう。

BitPointにしか上場していない今のうちに購入するのも手ですね。

(3)AdaPayの導入店舗数の増加

値上がりに関するポイント3つ目は、AdaPay加盟店の増加です。エイダコインを手がけるカルダノ財団は、ブロックチェーン技術に精通する「COTI」という企業と提携して、「AdaPay」をリリースしました。

AdaPayは、現在「COTIPay」を導入している店舗で利用可能です。日本国内の店舗でもAdaPayが利用できる店舗が既にできており、今後普及していけば価格上昇に繋がるかもしれません。

決済手段として広まればかなり知名度も上がりそうですね。

(4)ブロックチェーンによる偽造防止

値上がりに関するポイント4つ目は、偽造防止技術の普及です。カルダノ財産は、現在「New Balance」と提携して「NB Realchain」というシステムを開発しました。

このシステムでは、シューズを購入した際にタグに記載されたコードを読み込み、所有権者をブロックチェーンに記録します。

この技術によって、シューズの偽造が防止できます。さらに、この技術は他の分野でも応用できると期待されているため、実際に使われることになればエイダコインの知名度アップにもつながりそうです。

他のブロックチェーンにはない面白い機能ですね!

(5)仮想通貨全体の値動き

値上がりに関するポイント5つ目は、仮想通貨全体の値動きです。エイダコインに限らず、ほぼすべての仮想通貨は「暗号資産市場全体」の影響を受けます。

例えば、2017年は仮想通貨のブームが発生して多くの銘柄が値上がりしました。一方、2021年5月に中国当局で仮想通貨が禁止されると、ビットコインを含む多くのコインが下落しています。

エイダコインを取引する際も、暗号資産全体の動きは無視できません。

(6)エイダコイン(ADA/カルダノ)が普及する

エイダコイン(ADA/カルダノ)の将来に関するポイントとしては、エイダコインがどれだけ普及するかにもかかっています。

エイダコイン(ADA/カルダノ)はオンラインカジノでの利用がメインになっていますが、ブロックチェーンなどの技術開発にも力を入れています。

 エイダコインは「30億人の財布」を目標に掲げています。

日本でもカジノ運営が始まれば、オンラインカジノの普及も進む可能性が高いので、エイダコイン(ADA/カルダノ)が広まりやすくなるでしょう。

エイダコイン(ADA/カルダノ)を取引できる国内唯一の取引所はこちら!

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

BITPOINT(ビットポイント)の特徴
  • 東証2部上場企業の子会社が運営
  • 手数料無料で仮想通貨取引できる
  • 2017年9月に金融庁の仮想通貨交換業者登録
  • 資金面と経営面において安心して取引できる

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社が運営する取引所です。

 経営状態が不安定な取引所が多いなかで、BITPOINT(ビットポイント)は他の取引所よりも安心・安全に投資ができるところが大きなメリットです。

本格的にビットコイン取引がしたい人、取引手数料無料で仮想通貨を始めたい人にとって最適な取引所と言えるでしょう。

BITPOINTの基本情報

取引通貨数

【12通貨】

  1. ビットコイン(BTC)
  2. ビットコインキャッシュ(BCH)
  3. イーサリアム(ETH)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. リップル(XRP)
  6. ーシックアテンショントークン(BAT)
  7. トロン(TRX)
  8. エイダ(ADA)
  9. ジャスミー(JMY)
  10. ポルカドット(DOT)
  11. チェーンリンク(LNK)
  12. ディープコイン(DEP)
レバレッジ 現在、新規口座開設一時受付停止
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料 無料

出典:BITPOINT公式サイト

現在、国内でエイダコインを取引できるのは「BitPoint」のみです。BitPointは、CoincheckやGMOコインと比較すると取扱通貨数は若干劣る程度で、エイダコインのように珍しい通貨を扱っています。

したがって、マイナー通貨を取引したいなら口座開設必須だと言えるでしょう。

エイダコインの他には、トロンやジャスミーなどが珍しいですね。

海外取引所は日本の金融庁の警告を受けているため、安全とは言えません。特に、暗号資産を始めて取引する初心者なら、まずはBitPointに登録して売買すると良いでしょう。

今だけ!お得なキャンペーン情報
BITPOINTキャンペーン
  • 期間中に口座開設で1,000円相当のDEPをプレゼント
  • 口座開設後、期間中に20,000円相当のDEP購入した方に2,000円相当のDEPをプレゼント
  • 合計最大で3,000円相当をプレゼント

キャンペーン期間:2022年5月31日(火)16:00~2022年6月30日(木)16:00

エイダコイン(ADA/カルダノ)の今後の価格予想

エイダコインは十分将来性のある通貨だと言えるでしょう。カルダノは従来のオンラインカジノの常識を壊し、ブロックチェーン技術を用いて透明性の高いサービスを作り上げました。

また、独自スマートコントラクトの「Plutus」やAdaPayの発展など、カジノ以外にも活用の余地がありそうです。

カジノ一本で幅広いユーザーを獲得するのは難しいですが、より幅広い分野への活躍が見込めれば、大きく価格な上昇するでしょう。

現状では高騰・下落を繰り返しているため、少額から慎重に投資してください。

エイダコイン(ADA/カルダノ)はやばい?!3つの懸念点

エイダコイン(ADA/カルダノ)は将来が非常に期待されている暗号資産(仮想通貨)の1つですが、同時に懸念点もあり「エイダコイン やばい」と検索している人も多くいるようです。

この章ではエイダコイン(ADA/カルダノ)がやばいと言われていた理由について解説していきます。

エイダコイン(ADA/カルダノ)がやばいと言われていた理由
  • ICO時の問題
  • 公開が大幅に遅れた
  • 取り扱っている取引所が少ない

ICO時の問題

エイダコイン(ADA/カルダノ)が過去「やばい」と言われていた理由は、ICO(新規仮想通貨公開)時の問題が挙げられます。主な問題点としては価格と宣伝方法です。

まず価格ですが、エイダコイン(ADA/カルダノ)のICO時の価格は非常に高額でした。プレセールの価格は1000ドル〜という高額に設定されていました。

 プレセール価格が高額なものは詐欺として扱われる傾向があります。

またエイダコイン(ADA/カルダノ)では人に紹介すれば、紹介した人に報酬が入るというマルチレベルマーケティングという宣伝方法を採用していました。

こうして個人個人が宣伝していくうちに中には誇大広告のようなものも登場し、エイダコイン(ADA/カルダノ)の評判を下げる原因にもなっています。  

公開が大幅に遅れた

エイダコイン(ADA/カルダノ)が「やばい」と言われていた理由2つ目は、公開予定日から半年遅れたことす。

 開発に思ったよりも時間がかかったことが公開が遅れた原因です。

予定日よりも公開が遅れてしまう仮想通貨は多いですが、エイダコイン(ADA/カルダノ)はプレセールの価格が非常に高額でした。

公開が遅れたことにより、元々詐欺ではないかという疑惑をさらに深めてしまう結果になりました。  

取り扱っている取引所が少ない

エイダコイン(ADA/カルダノ)が「やばい」と言われた理由3つ目は、取り扱っている取引所が非常に少ないということです。

現在エイダコイン(ADA/カルダノ)を取り扱っている国内の仮想通貨取引所は「BITPoint」の1社のみです。※2022年3月22日確認時点

 国内での難易度は非常に低いと言えます。

エイダコイン(ADA/カルダノ)は国内での知名度こそ低いですが、海外での知名度は非常に高い仮想通貨です。そのため今後国内でも取り扱う取引所が増えれば、必然的に知名度も上がっていくことでしょう。

知名度が上がれば、価格が高騰する可能性も高まります。

初心者がエイダコイン(ADA/カルダノ)を取引するときの3つの注意点

仮想通貨初心者がエイダコインを取引する際は、以下の3点に注意しましょう。

エイダコインを取引する際の注意点
  • あくまで余剰資金を投資する
  • 分散投資してリスクヘッジする
  • 他の銘柄への投資も考える

(1)あくまで余剰資金を投資する

投資の際は余剰資金の範囲内に収めましょう。仮想通貨投資は、どうしても投機性が高いです。有名人のちょっとした発言や国の政策などであっという間に価格が高騰・下落してしまいます。

仮想通貨投資にのめり込み、資金を注ぎ込んだり消費者金融からお金を借りたりして借金を抱えてしまった人も少なくありません。仮想通貨には将来性がありますが、欲張らず余った資金で投資するようにしてください。

長い目で投資していくには、精神的な余裕も必要ですよ。

(2)分散投資してリスクヘッジする

仮想通貨に投資するなら、分散投資をおすすめします。なぜなら、集中投資はリスクが高いからです。

エイダコインのみに集中投資していると、エイダコインより優れた通貨が出たり、カルダノ財団が問題を起こしたりした際に、致命的なダメージを負ってしまうでしょう。

しかし、ビットコインやイーサリアム、その他の通貨に分散していれば、ダメージは幾分か抑えられるはずです。

これは暗号資産だけでなく、株などでも同じことが言えますよね。

(3)他の銘柄への投資も考える

場合によっては他の銘柄への投資も考えましょう。エイダコインは確かに将来性があります。

しかし、他にもっと将来性の高い通貨が現れたり、開発がストップしたりする可能性も否定できません。エイダコインに投資すべきか判断できないのであれば、まずは他の銘柄への投資も視野に入れてみると良いでしょう。

無理にエイダコインに投資する必要はないということですね。

なお、後ほどエイダコイン以外でおすすめのアルトコインを紹介していますので、そちらもぜひ参考にしてください。

エイダコイン(ADA/カルダノ)以外におすすめのアルトコイン

エイダコイン以外でおすすめの代表的なアルトコインは、次の3つです。

おすすめのアルトコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ポルカドット

なお、上記以外のおすすめのアルトコイン銘柄も下記の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

(1)イーサリアム(ETH)

最もメジャーなアルトコインがイーサリアムです。時価総額はビットコインに次いで2位で、「スマートコントラクト」と呼ばれる自動で契約を履行してくれる仕組みを搭載しています。

イーサリアムの将来性が高い点は、なんと言っても他分野で活躍していることですね。

イーサリアムはスマートコントラクトを利用した技術はもちろん、分散型金融「DeFi」や分散型アプリケーション「dApps」の開発に用いられていることから、他分野で非常に活躍している通貨だと言えるでしょう。

当サイトがおすすめしている仮想通貨取引所でイーサリアムを取り扱っているのは以下の取引所です。

コインチェック DMMビットコイン BITPOINT bitFlyer
取扱銘柄数 17種類 15種類 12種類 15種類
詳細

イーサリアムについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

(2)リップル

リップルは送金に特化しているのが特徴です。現状の国際送金は手数料が高く、時間もかかりますが、リップルはこの問題を解決するために開発された通貨で、送金スピードの早さ、手数料の安さから注目されています。

すごく実用性の高そうな通貨ですよね。

実際に、三菱UFJ銀行やみずほ銀行などの金融機関と提携しており、今後も次世代の送金手段として活躍することが予想されます。

当サイトがおすすめしている仮想通貨取引所でリップルを取り扱っているのは以下の取引所です。

コインチェック DMMビットコイン BITPOINT bitFlyer
取扱銘柄数 17種類 15種類 12種類 15種類
詳細

リップルについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

(3)ポルカドット

ポルカドットはWeb3.0の実現を目的とした通貨です。

Web3.0とは?
分散型Web世界のこと。従来の企業がデータを管理する世界ではなく、ユーザー同士がデータを各自管理し、セキュリティを高めることを目標としている。

ポルカドットの特徴は、暗号資産同士を接続できること。従来の暗号資産は、取引所を用いなければ交換できませんでした。

ポルカドットはブロックチェーン同士を繋げるため、暗号資産の相互運用を活用したさまざまな可能性を秘めています。

Web3.0は今後注目される可能性が高く、ポルカドットからも目が離せません!
当サイトがおすすめしている仮想通貨取引所でポルカドットを取り扱っているのは以下の取引所です。
BITPOINT bitFlyer
取扱銘柄数 12種類 15種類
詳細

ポルカドットについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

エイダコイン(ADA/カルダノ)に関するよくある質問

エイダコインはどんな暗号資産?
オンラインカジノ「カルダノ」で用いられる通貨です。
スマートコントラクト機能のほか、ダイダロスという専用ウォレットで取引できるのが特徴です。
エイダコインに将来性はあるの?
将来性がないとは言い切れません。
オンラインカジノだけなら普及は難しいですが、今後エイダコインの機能を使ってより幅広い分野への進出があれば、注目されるでしょう。
エイダコイン取引におすすめの取引所は?
国内での取り扱いはBitPointのみです。(2022年4月21日確認時点)
海外取引所はリスクがあるため、初心者ならまずはBitPointに登録して売買することをおすすめします。

まとめ

エイダコインはオンラインカジノ「カルダノ」で利用できる通貨です。

従来のオンラインカジノは、運営が儲かるよう不正を働くことも可能でした。しかし、カルダノはプレイ記録をブロックチェーンに記録しているため、不正があってもすぐ発見できます。

今後は、次のような要因で価格が変動すると予想されます。リップルは、国内の暗号資産取引所だと「BITPOINT」のみで取り扱いがあります。

エイダコインの将来性に関するポイント
  • 企業や大学との提携
  • 国内取引所への新規上場
  • エイダペイの導入店舗数の増加
  • ブロックチェーンによる偽造防止
  • 暗号資産全体の値動き

まだ口座を持っていない方は、以下のボタンからBITPOINTの公式ページに飛び無料で口座開設してみてくださいね。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事