NFTとは?将来性や特徴をわかりやすく解説|初心者も簡単に始められる!

最近、メディアなどで注目を集めているNFT(エヌエフティー)NFTによってデジタル資産の所有者を明確にできるようになりました

すなわち、絵画・イラスト・ゲーム内キャラクター・マンガ・音楽などを誰でも作成・公開して所有化することが可能です。

デジタルデータに代替え不可能な希少価値をもたせることができたNFT。これからの将来性や今度の展開についても迫ります。

本記事では、NFTのメリットと特徴、取引する際の注意点、購入・取引方法を簡単にわかりやすく解説していきます。

おすすめのマーケットプレイス(購入場所)についても紹介いたしますので、特徴を理解した上で利用を検討してみてください。
監修者 橋本 欣典 チューリンガム株式会社 COO
株式会社クシム CTO
東京大学大学院経済学研究科金融システム専攻。 bitFlyerの経営戦略部にてデリバティブ商品設計、仮想通貨AML 体制構築を BUIDLにてリサーチャーとして交換業向けコンサルティング、アドレストラッキングツールのアルゴリズムを開発。 ScalingBitcoin2019にて論文を発表。
監修者 田原 弘貴 チューリンガム株式会社 CTO
東京大学在学中に学生団体東京大学BitPenguinを設立。年中小企業診断士を取得し、財務面や事業戦略などのアドバイスも行う。 2019年創設者の一人としてEnigmaプロトコルに関わる研究開発会社であるturingum株式会社を設立。
初めてのNFT取引におすすめな取引所

Coincheck

Coincheckが提供するCoincheck NFT(β版)は、国内初の暗号資産交換業者が運営するマーケットプレイスです。ユーザー同士でNFTと暗号資産の交換取引ができます。
NFTの出品・購入にかかるネットワーク手数料(ガス代)は無料であるため、初心者でも気軽に購入できるでしょう。初めてのNFT取引なら、Coincheckの口座を開設して始めるのがおすすめです。

NFTとは?わかりやすく簡単に解説

NFTとは

NFTとは「Non-Fungible Token」の略です。fungibleは代替可能という意味。つまりNFTは『代替不可能なトークン』ということです。

NFT登場前には、デジタルデータはコピー・複製することにより量産でき、希少価値が有りませんでした。そんなデジタルデータに、唯一無二の価値を持たせたのがNFTです。

 NFT技術により複製不可能なデジタル作品が誕生し、希少価値がある存在になりました。

NFTは、ゲームやアートを中心に、著作権・不動産の所有権証明などの分野でも実用化が進んでいます。

NFTの出現により、デジタルデータは新たな可能性を持つようになったと言えるでしょう。

NFTのメリットと4つの主な特徴

NFTの特徴

データに唯一無二の希少価値を与えたNFTは近年注目を集めています。ではNFTにはどのようなメリットや特徴があるのでしょうか?以下で解説します。

NFTのメリット・特徴
  • 代替不可能で唯一性がある
  • 誰でも作品を作成・発表できる
  • 色々な設定をプログラム可能
  • 破損や紛失するリスクがない

代替不可能で唯一性がある

 

NFTは代替不可能で唯一性がある点が、大きなメリットと言えます。通常、仮想通貨は代替が可能です。

例えば、AさんとBさんがそれぞれ1BTC持っています。このときに、お互いの資金を交換しても、それぞれの所持資産が1BTCであるという状況には一切変わりません。

 代替可能だからこそ、通貨として利用可能だとも言えます。

一方でNFTは代替が完全に不可能です。そのため、AさんがBさんがそれぞれ所持しているNFTを交換すると、交換前とは状況が異なってしまいます。

こうした独自性を持つことから、NFTは特にデジタルアートなどの分野で活用され始めました。

誰でも作品を作成・発表できる

NFTの特徴を解説

NFTは誰にでも作成・発表できるという部分に特徴があります。NFTはブロックチェーンを作った技術なので、プログラミング技術が無いと作成できないと思いがち。

しかし、実際にやってみると、意外に容易に作ることが可能です。デジタルデータをアップロードするだけで、複雑な知識は必要とせずに作品をNFT化できます。

 海外NFTマーケットのOpenseaを使うと、難しい知識は不要でNFTを作成可能です。

そのため、だれでも自分の作品を唯一無二のNFTとして、マーケットで出品することができるのです。

アートが高く評価されれば、予想外に高い金額で作品が売れる可能性もあるでしょう。
実際に、小学生がNFT作品としてピクセルアートを出品したところ、海外の有名DJが拡散し購入した人たちがこぞってTwitterのアイコンにしたことで広まり380万円の価値がついた実績もあります。

色々な設定をプログラム可能

NFTの特徴を解説

NTFは様々な条件をプログラムすることが可能です。NFTはイーサリアムなどのブロックチェーンをベースに作られるので、スマートコントラクトを利用できるからです。

 スマートコントラクトとは、人間が介入せずに、自動的に契約できる機能のことです。

スマートコントラクトを利用することで、NFTに様々な機能をプログラムできます。例えば「二次流通時に作品が売れた際に、制作者に報酬が入るようにする」といった具合です。

こうすることで、転売された際にも制作者は利益を得ることができるのです。

プログラムによって、自動的に制作者に報酬が入る仕組みが作れるのは、NFTの利点ですね。

破損や紛失するリスクがない

NFTの特徴として、オンライン上に存在しているデータであるため、破損や紛失のリスクがないということも挙げられます。

実際にアート作品を所有する場合、物理的に破損してしまう、窃盗に遭って紛失してしまうというリスクもあります。

  火災や自然災害などで破損することも珍しくありません。

NFTの場合、あくまでデータを所有しているだけなので、物理的に破損することもなければ窃盗に遭って紛失することもありません。

これは実物資産を保有した場合と比べると、NFTならではの利点と言えるでしょう。

NFTに投資をする4つのデメリット

NFTのデメリット

メリットだらけのように思えるNFTですが、当然デメリットもあります。この章ではNFTのデメリットについて解説していきます。

NFTのデメリット
  • 法整備が整っていない
  • 物理的な所有ができない
  • 手数料が高騰しやすい
  • 著作権侵害のリスク

法整備が整っていない

NFTのデメリットとして非常に大きいのが法整備が整っていないという点です。NFTは急速に発展を遂げた市場となっており、それに付随する法律の制定が追いついていないというのが現状です。

 

 日本の法律ではデータのような無体物に対して所有権を認めていません。

そのため何かトラブルが起きた際に、NFTが持つ所有者の取り扱いをめぐって裁判が起きる可能性があります。

これからの法整備に期待しましょう。

物理的な所有ができない

NFTはあくまでデータの一つに過ぎないため、物理的な所有ができないというデメリットがあります。NFTはアートなどでも利用されており、場合によってはこれは大きなデメリットとなることでしょう。

 NFTの販売者は、利用者にどのように保有しているという実感を持ってもらえるか工夫する必要があります。

デジタルアートを鑑賞する際は、観賞用のモニターを用意する必要があります。そのため普通の絵のように飾ることはできません。

デジタル資産の根本的な問題となっています。

手数料が高騰しやすい

NFTには「ガス代」と呼ばれる手数料が発生します。このガス代が高騰しやすいというのもNFTのデメリットと言えるでしょう。

ガス代はNFT販売者が自由に設定することができます。そのため、販売者の言い値でガス代を払わなくてはなりません。

 

 需要が高まるにつれてガス代は高騰していく傾向があります。

しかしオフチェーンを採用しているプラットフォームを利用すれば、ガス代は発生しません。ガス代を節約したい方は、このようなプラットフォームを利用すると良いでしょう。  

オフチェーンとは

オフチェーンとは?
オフチェーンとは、ブロックチェーン上に記録されないやりとりのこと。
ブロックチェーンを全て利用して行う取引をオンチェーン取引、ブロックチェーンの一部しか使用しない取引をオフチェーン取引と言います。
オンチェーン取引では、ブロックチェーンを全て利用するため情報量が多くなり、やりとりに時間がかかるのが難点でした。

著作権侵害のリスク

NFTには著作侵害を助長するリスクがあります。これはブロックチェーンと著作権の所有者が異なることが原因となっています。

 海外では明らかに著作権を侵害しているNFTコンテンツが配信されています。

NFTでは自身が著作権を所有していない場合でも、NFTを発行して販売することができます。著作権に関する問題はNFT市場が成長していくにつれて、無視できなくなっていくでしょう。速やかな法整備が求められます。

著作権を侵害すると莫大な損害賠償を求められる可能性があります。

NFTの主な取扱い商品ジャンル

NFTの具体例

NFTの主な取扱い商品ジャンル
  • デジタルアート
  • ゲームアイテム
  • 音楽作品
  • トレーディングカードゲーム
  • 漫画
  • アニメ
  • ライブチケット
  • 会員権
  • 不動産

このように様々な分野でNFTの技術が使われています。イメージしやすくするために、この中からいくつかの具体例を挙げ説明します。

デジタルアート

 

絵画やアートの分野でNFTの技術が使われています。多くの場合、アートや絵画は実物のものとして作られることがほとんどです。

NFT登場前には、コピー・複製が可能なため、デジタルのアート作品が高い価値を持つことは難しいのが現実でした。

 簡単に複製できるものに対し、高い金額を付けるのは、難しいのが当然と言えるでしょう。

しかしNFTの技術により、複製不可能なデジタルアートの作成が可能になりました。実際に、NFTアートは市場で非常に高い金額で取引されています。具体的には、75億円で販売されたNFTアートも存在しています。

実体を持たないデジタルデータが、数十億の価値で購入されたことは驚くべきことですね。

ちなみに日本国内では、村上隆氏やPerfumeといった著名人が、続々とNFTアートを発表しています。国内でもNFT技術の活用が徐々に広まっていると言えるでしょう。

NFTゲーム

NFTの具体例

ゲームは現在、NFTの技術が最も多く使われている分野の一つ。ブロックチェーン技術で作られたアプリをdAppsと言います。そのdAppsゲーム内で、使われるアイテムやキャラクターとしてNFTの技術が実用化されています。

ゲーム内のアイテムやキャラをNFTにするメリット
  • 他のゲームでのキャラやアイテムの利用が可能になる
  • キャラやアイテムを販売し利益を出すことができる

従来のゲームではキャラクターなどはゲームの世界から外に出すことはできませんでした。

愛情を注いで育てたキャラも、大変な思いをし手に入れたアイテムもゲームプレイが終わってしまえばそれで終わりなのが今まででした。

 ゲームをどれほどやりこんでも、そのゲームの中でしかキャラやアイテムは存在価値が無かったのですね。

しかし、NFT化することでゲームキャラやアイテムはゲーム外でも価値を持つようになりました。売却して利益を出したり、強キャラとしてほかのゲーム内で活躍させることが可能になったということです。

ちなみに、コインチェックNFTでは、NFT化されたゲームアイテムやキャラクターを売買できます。下記の取扱タイトルは一例です。
coinchecknft

音楽作品

NFTで音楽作品を作ることも可能で、音楽業界からも注目を集めています。作り方も通常の作曲とさほど変わらず、デジタルコンテンツを作成できるツールで作成できます。

 Linkin ParkのMike Shinodaなど多くの有名人がNFTへの参入を発表しています。

NFTで音楽を作るとユーザーと直接取引できるため、多くの収益を獲得できるというメリットがあります。長年レーベルや事務所の中抜きが当たり前となってきた音楽業界に一石を投じる存在になることでしょう。

大物実業家イーロン・マスクもNFTで音楽作品を発表しています。

アニメ・漫画作品

アニメ・漫画作品にもNFTの波は押し寄せています。希少性を持たせることのできるNFTは日本が誇るアニメカルチャーと非常にマッチするのです。

2021年7月には、アニメのセル画や原画などを取引できるNFTマーケットプレイス「楽座」がオープンしています。

 「風の谷のナウシカ」のセル画、レプリカ原画などがNFTで作成され販売された実例もあります。

アニメ・漫画をNFTで作成することによって海賊版の流通を防ぐことにもつながります。NFTを販売すると記録が残り、発行者が明らかになります。

そのためクリエイターを保護するという点でも、アニメ・漫画作品のNFT化は注目されているのです。

海賊版による経済被害は2000億円にも登ると言われています。

トレーディングカードゲーム

世界トップレベルのバスケットボールリーグ「NBA」のトレーディングカードゲームはNFTを利用して作られています。

NFTを利用して作られたデジタルカードは、各選手のハイライトプレイ動画が入っており、レアなシーンや選手のカードは非常に高値で取引されています。

 スター選手のハイライトシーン入りデジタルカードは約2200万円で取引されました。

トレーディングカードにはどの業界にも熱心なコレクターが存在し、レアなカードは高額で取引されることも多いです。

またNBAもトレーディングカード同様、熱心なファンが世界中にいますので、ハイライト動画入りのデジタルカードはあっという間に話題となりました。

レイカーズ所属のレブロン・ジェームス選手のカードは非常に人気です。

3億円のTweet

世界的に普及しているSNS「Twitter」に投稿されたツイートをNFT化し、販売された例もあります。

著名人のツイートや記念になるツイートなどは希少価値が高く、NFT化することにより、高額でも買いたいという人が出てくるのです。

 NFT化されたツイートを購入することによって、ファンとして著名人に一歩近づけるというメリットがあるようです。

具体例としてはTwitterの共同開発社兼CEOのJack Dorseyは、自身の最初のツイートをNFT化し、約3億1500万円で販売しました。

また日本でもNFTツイートの販売は行われており、実業家・投資家の与沢翼は第二子誕生時のツイートをNFT化し、オークションに出品しています。

与沢翼のNFTツイートは約1041万円で落札されています。

NFTの購入方法とおすすめのマーケットプレイスを紹介

NFTの購入方法

NFT作品は主にマーケットプレイスで購入することができます。マーケットプレイスは年々数を増やしており、NFT作成企業が販売に乗り出すことも珍しくありません。

マーケットプレイスでは主に仮想通貨を利用して取引をします。近年では仮想通貨以外の決済方法でNFT作品を購入できるマーケットプレイスも誕生しています。

 GMOが運営するマーケットプレイス「Adam」では銀行振込、クレジットカード、仮想通貨(イーサリアム)による決済が可能です。

NFTに注目が集まったことにより、イラストレーターや動画クリエイター、ミュージシャンなどが自分の作品を販売しやすくなりました。

利用者としても仮想通貨以外の決済方法が導入されたことにより、今までよりも一層NFT作品を購入しやすくなったことでしょう。

NFTは多くのクリエイターから注目を集めています。

NFTを購入できるマーケットプレイス

NFTのマーケットプレイスとは

NFTのマーケットプレイスとは、NFTアートを取引するためのプラットフォームを指します。クリエイターが自身の作品を販売したり、利用者同士でNFTアートの取引をおこなったりする事も可能です。

 NFTマーケットプレイスには投資家や画家、音楽家など幅広い人たちが参加しています。

利用者はマーケットプレイスに参加すれば自由に取引することができるのです。

国内にもNFTのマーケットプレイスは存在します。

国内の主なNFTマーケットプレイス

国内の主なNFTマーケットプレイス

国内の主なNFTマーケットプレイス
  • Coincheck NFT(β版)
  • Adam byGMO(β版)

Coincheck NFT(β版)

NFTのマーケットプレイスを紹介

Coincheck NFTは、国内仮想通貨取引所コインチェックが運営する、NFTマーケットです。2022年2月現在はβ版として運営されており、取り扱いコンテンツは6種類。

2021年2月にマーケット運営がスタートしたころには、取り扱いタイトルは2つのみでした。そのころに比べると取扱いタイトルは倍増しています。

 まだβ版ながら、取り扱いタイトルは当初より増加しています。

コインチェックは、「取扱いタイトルは随時追加していく」と発表しています。今後正式版に移行すれば、取扱いタイトルはさらに増えていくことでしょう。

※参照 Coincheck NFT(β版)とは

Adam byGMO(β版)

NFTのマーケットプレイスを紹介

Adamは、GMOグループが運営するNFTマーケットプレイスです。2021年8月31日よりβ版として、サービススタートしました。2021年11月現在も引き続きβ版としての運営。現時点では特定の出品者しか、NFT作品を販売できません。

 今後正式版に移行した際には、一般の人も幅広くNFTを出品できるようになる予定です。

これまでにβ版では以下のような作品が出品されています。

Adam byGMO(β版)の取扱い作品
  • 立ち技格闘技・K-1
  • YouTuberヒカルさん
  • 総勢36名の漫画家・イラストレーター

こういった作品がすでに1000点以上販売されていますが、今後はさらに商品数が増え盛り上がるでしょう。

取扱いジャンルは幅広く、アート・マンガ・イラスト・音楽・スポーツ・youtuber・トレカといったNFTを売買できます。

海外の主なNFTマーケットプレイス

海外の主なマーケットプレイス

海外の主なNFTマーケットプレイス
  • Opensea(オープンシー)
  • Rarible(ラリブル)
  • SuperRare(スーパーレア)

Opensea(オープンシー)

NFTのマーケットプレイスを紹介

2017年に運営開始されたNFTマーケットサイト。様々なジャンルのNFTを取り扱っており、欲しい作品を見付けやすいのが特徴です。

Openseaの取引高は、2021年8月には12.3億ドル(約1350億円)を突破。NFT市場の成長を象徴するような数字と言えます。

 Openseaでは、パソコンさえあれば誰でもNFT作品を気軽に作れます。

そのため、自分のNFT作品を作ってみたい方は、Openseaを使ってみるといいでしょう。

Rarible(ラリブル)

NFTのマーケットプレイスを紹介

2020年にサービスを開始したNFTマーケット。比較的最近に運営開始されましたが、すでに多くのユーザーから利用されています。Raribleには独自トークン『RARI』が存在し、ユーザーに分配されています。

 独自トークンが存在するのは、Raribleの特徴と言えます。

Raribleは将来的にはDAO(分散自立型組織)を目指しており、RARIはガバナンストークンとしても機能します。

DAOとは上下関係が無い組織形態です。意思決定はRARI所有者の投票で行われます。
ちなみに、RARIは海外の取引所やDEX(分散型取引所)で、売買することも可能です。

SuperRare(スーパーレア)

NFTのマーケットプレイスを紹介

SuperRareも海外のNFTマーケットプレイスです。審査制のため誰でも作品を出品できるわけはありません。

テストをパスした一流のクリエイターのみがNFT作品を販売できる仕組みです。

 才能豊かな認められたアーティストのみが、SuperRareで作品を発表する権利を持ちます。

そのため、ハイクオリティな作品ばかりがマーケットに並んでいます。その分金額が高めではありますが、一見の価値のあるNFTマーケットであると言えるでしょう。

こちらの記事もおすすめ

NFTのマーケットプレイスを利用する際の注意点

NFTマーケットプレイスの注意点

NFTの取引を自由に行えるマーケットプレイスは非常に便利な物ですが、気をつけないと損をしてしまう可能性もあります。

この章ではNFTのマーケットプレイスを利用する際の注意点を解説していきます。これから利用しようと考えている方は参考にしてみてください。

NFTのマーケットプレイスを利用する際の注意点
  • キャンセル・返品はできない
  • 品質は保証されない
  • 価格が決済通貨の価格変動に依存する

キャンセル・返品はできない

NFTのマーケットプレイスで取引が成立してしまうと、キャンセル・返品はできませんので注意しましょう。

通常の買い物の場合、クーリングオフなどの消費者を保護する制度がありますが、NFTのマーケットプレイスではそのような制度はありません。

 国内でキャンセルが効く、マーケットプレイスのベータ版がリリースされるなど、今後改善するかもしれません。

マーケットプレイスでNFTを取引する際は、商品の内容などをチェックし、誤って購入したりすることのないようにしましょう。

高額な買い物をするときほど要注意です。

品質は保証されない

NFTのマーケットプレイスは、基本的に利用者同士の取引になるため、品質が保証されないという大きなデメリットがあります。

実店舗を持つ現実と異なり、NFTマーケットプレイスでは著作権を侵害した作品が出回っている可能性もあるのです。

 違法な作品を購入してしまうと、購入者も罰せられる可能性があります。

誰でも出品・取引できるプラットフォームなので、自由な分このような課題があるのは仕方がないと言えるでしょう。

欲しい商品を見つけたら著作権を侵害していないか、品質は確かなものかなど、自分である程度リサーチする必要があります。  

価格が決済通貨の価格変動に依存する

NFTのマーケットプレイスで取引をする場合、仮想通貨を使用して支払いをしていくことになります。そのため価格が決済通貨の価格変動に大きく影響されるのです。

 利用できる仮想通貨の銘柄はマーケットプレイスによって異なります。

例えばAという仮想通貨を利用して50AのNFTを購入するとします。1A=100円の場合5000円の日本円が必要です。 しかし1A=200円の場合、1万円の日本円が必要になります。

このように同じ値段でも仮想通貨の価格変動によって、必要となる日本円が変わってくるのです。

価格を抑えたい方は、仮想通貨の価格をこまめにチェックしておきましょう。

NFTを購入可能な仮想通貨取引所

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

Coincheckのココがおすすめ

Coincheckでは、国内で初のNFTマーケットプレイスの「Coincheck NFT(β版)」を運営しています。2022年5月現在、Coincheck NFTでは以下の6タイトルを取り扱っています。

また、Coincheck NFTはマーケットプレイスなので、購入するだけで無く売却も可能です。

ユーザー同士での売買の場所をCoincheckが提供している、というイメージですね。

さらに、Coincheck NFTでは、10種類以上の仮想通貨でNFT作品の購入が可能。特定の通貨を毎回用意する必要はありません。
※対応通貨:BTC, ETH, MONA, LSK, XRP, XEM, LTC, BCH, XLM, QTUM, BAT, IOST, ENJ, OMG, PLT(2022年5月24日時点。順次追加予定)

最低取引額は決まっておらず、売り手が自由に設定した価格で売買することができます。

 Coincheck NFTは最小取引金額等が決まっていない、自由度の高いマーケットだと言えるでしょう。

コインチェックの各種情報

取扱い通貨数 17種類
レバレッジ 無し
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 通貨によって変わる
入金手数料 コンビニ入金:770円から(税込み)
クイック入金:770円から(税込み)
出金手数料 407円(税込み)
社名 コインチェック株式会社

出典:Coincheck公式

NFTマーケットプレイスに関する手数料

入庫手数料 無料(入庫時のGAS費用はお客様負担です)
出品手数料 無料
販売手数料 販売価格の10%
出庫手数料 0.01 ETH

出典:NFTマーケットプレイスに関する手数料

今だけ!お得なキャンペーン情報
コインチェックキャンペーン
  • 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン※1

※1 2022年7月1日 00:00〜2022年9月30日 23:59 ・期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設 ・口座開設してから72時間以内に入金完了 対象の方全員に1,500円相当のBTCをプレゼント

NFTに将来性はある?今後の展開

NFTの将来性

結論、NFTには将来性があると思われます。まず、現在NFTが最も盛んに使われているゲーム分野については、今後さらに活用の幅が広がっていくでしょう。

実際大手ゲーム関連会社のスクウェア・エニックスもNFT事業への参入を発表しています。こうした大企業がNFT技術を活用するようになれば、他社もそれに追随する可能性が高くなります。

 将来的にはゲーム開発時には、ブロックチェーンやNFTの技術を使うのが常識になるかもしれません。

またNFTは、ゲームだけではなく、ビジネスの分野にも広がる可能性が期待できます。

現実世界では分割できないものの所有権や、お金を借りる際の担保など、ビジネスの分野でNFTを応用できる可能性があるでしょう。

様々な産業ででデジタル化・効率化が進むにつれて、NFTが活用されることでしょう。

NFTに関するよくある質問

NFTを購入可能な取引所はありますか?
Coincheckが「Coincheck NFT」というサービス展開しています。様々な仮想通貨でNFTを購入できます。
NFTとはなんですか?
「Non-Fungible Token」の略です。代替不可能なトークンで、デジタルデータでありながら唯一無二の価値を持っています。
NFTにはどんな特徴がありますか?
代替不可能で唯一性を持つ・だれでも作品を作成し発表できる・いろいろな設定をプログラムできるといった特徴があります。
NFTの具体例を教えてください。
デジタルアートやゲームキャラ、ゲームアイテムといった分野で、NFTの技術が使用されています。
NFTマーケットプレイスにはどんなところがありますか?
国内だと「Coincheck NFT」、海外だと「Opensea」といったマーケットプレイスが非常に有名です。
NFTには将来性はありますか?
NFTには将来性があるでしょう。ゲームなどの分野でさらなる活用が見込まれ、ビジネスの領域でも使用される可能性があります。
国内ではどんな人がNFT作品を発表していますか?
国内では村上龍氏、Perfume、ももいろクローバーZ、youtuberのヒカル氏などが、NFT作品を発表しています。

まとめ

この記事では、NFTの特徴具体例マーケットプレイス将来性について解説しました。NFTは現在、主にゲームやアートの世界で使用されていますが、今後ビジネスなどの分野に利用が拡大する可能性が十分にあります。

今後NFTの技術がどのような形で活用されていくのかは、注目したいところです。

NFTを体感するには、まずはCoincheck NFTがおすすめ。口座開設し、気になる作品があれば購入するのもいいですね。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事