コンテンツポリシー

コンテンツポリシー

『KUSHIM HACK』は、株式会社クシムが運営する、仮想通貨やNFT、メタバースなど、主にWeb3.0領域にまつわる様々なカテゴリーについて情報を発信するメディアです。

KUSHIM HACKは、後述する以下のポリシーに従って運営されています。

運営目的

KUSHIM HACK-fx-

KUSHIM HACKは、「あなたの選択肢をもっと自由にするメディア」をキャッチコピーとして、社会に大きな変化をもたらすWeb3.0にまつわる様々な正しい知識を提供することで、ユーザーの日々の生活により豊かな影響を与えることを目的に運営しています。

Web3.0は、ブロックチェーン技術を基盤とした分散型インターネットであり、すべての人々にデータを所有する自由を与えます。難しく捉えられがちな領域ですが、今後我々の生活と切っても切り離せない存在になり得るWeb3.0を、より身近に正しく理解し、活用の機会を提供します。

運営方針

KUSHIM HACKでは、以下4つの方針に則り運営しています。

「みんなにわかる」「いろいろわかる」
平等性と多様性を重視したコンテンツを提供する

Web3.0の領域は専門的な分野も多く、難解なジャンルも多いことから、なかなか理解が追いつかない内容や、次々と新しい革命が起きるなかで新しい話題に追いつけないといった話もよく聞かれます。

当メディアでは、ユーザーが一人として漏れることなく、皆が等しく正しい情報を得ることができ(=平等性)、多岐にわたるWeb3.0領域の中でも偏りのない情報(=多様性)を提供します。

「最新の情報」を「正確に」
フレッシュネスで的確なコンテンツを提供する

めまぐるしく生まれるWeb3.0領域の新しい技術や情報をいち早くキャッチして、それらを正しく的確に提供します。

法令を遵守し、倫理性を重視する

情報を提供するにあたり、安全性や信頼性の担保のため、弊社法務担当が定期的にコンテンツを巡回し、法令に正しく従っていることを適宜確認しています。

当メディアのコンテンツ制作者は、規範意識を高く持ち、制作を行いそれを反映することを約束します。また、法令の枠では守れないモラルも遵守するため、倫理性も重視します。虚偽や偏向、恣意を排除し、ユーザーに倫理的なコンテンツを提供します。

コンテンツ制作にあたって

KUSHIM HACKでは、メディアの運営にあたり多くの工程を踏んでコンテンツを制作し、公開しています。

記事内容の選別・決定

記事内容の選別・決定のフロー
  1. 常時ニュースをキャッチ
  2. ユーザー需要を判定
  3. コンテンツの制作

日々多く流れるWeb3.0領域のニュースを受け、記事にすべき内容か否かをジャッジし、ユーザー需要を見越してコンテンツ内容を決定しています。

ユーザーのニーズに沿ったコンテンツの提供のため、コンテンツにするか否かのジャッジとコンテンツの内容は厳しく選別しています。

ライティング

KUSHIM HACKが提供するコンテンツ内容には専門的な知識を要する内容が多いことから、ライティングはWeb3.0領域に長けたライターがライティングをしています。

ほか、正しく正確な情報や根拠ある情報を提供するために、以下のフローを徹底しています。

正確で根拠ある情報を提供するためのフロー
  • 公的機関のサイトをエビデンスとする
  • 公式サイトをエビデンスとする
  • 独自アンケートの実施

校正・改修・修正

当サイトディレクターによる厳重なファクトチェックをダブルで行うことで、ユーザーに正しい情報を提供しています。

日々変化する情報や新しく発表される技術など、フレッシュネスと正確性を保つために随時改修も行っており、事実と異なる情報の記載となる際は迅速な修正対応に努めています。

商品のレーティング・評価方法

『KUSHIM HACK』では、レーティングによる商品評価を行う際、以下の3つの方法で採点しています。

商品の評価方法
  1. 公式発表の数値によるレーティング
  2. 商品情報に基づいた加点方式によるレーティング
  3. 十分なサンプル数によるバラつきのないレーティング

公式発表の数値によるレーティング

商品の利用料金、手数料、その他各種サービスの有効期限等を比較する際は、必ず商品公式サイト発表の数値を用いることで、正当な評価を下しています。

他社サイトや利用者の個人的な発信(ブログやTwitterなど)の数値を用いることはありません。

商品情報に基づいた加点方式によるレーティング

    KUSHIM HACKで用いられるランキングは、商品カテゴリー内の「同一の指標を比較・独自基準による採点」を用いた加点方式を採用しています。

    【例】主なFX口座の採点基準項目

    FX口座の得点基準となる主な項目
    • 最低取引通貨単位
    • スプレッド
    • 通貨ペア数
    • 取引手数料
    • 自動売買ツールの有無
    • キャッシュバックキャンペーンの金額
    • 利用できるテクニカル分析の数

    例として、FX口座を通貨ペア数で評価する際、相場となる一般的な数値を算出後、以下のような採点をします。総合評価は得点の総和÷項目数で算出し、5点満点のレーティングを作成しています。

    通貨ペア数 得点
    30以上 5点
    20以上 4点
    10以上

    3点

     

    十分なサンプル数によるバラつきのないレーティング

    KUSHIM HACKでは、中立な採点基準を設けるために、利用者の口コミや評判を採点要素として用いる場合は、不特定多数かつ十分な量のサンプル数を用意することで、ユーザーを特定の意見に誘導することを避けるよう努力しています。

    コンプライアンス体制

    KUSHIM HACKでは、記事制作にあたり次のとおりコンプライアンス体制を敷いております。コンプライアンス体制の詳細につきましては、コンプライアンスポリシーをご参照ください。

    • 商品・サービス等の紹介にあたっては、その仕様が実際よりも著しく優良ないし有利であると誤認されるおそれが認められる表現の使用を避けております。
    • メディア内にはアフィリエイト広告を掲載している記事があり、かかる広告を経由して商品の購入やサービスの申し込みがなされた場合に広告主よりメディア運営者に対し広告報酬が支払われることがございますが、広告の対象となっている商品・サービス等を中立性を欠いた態様で推奨することはございません。
    • 記事内での商品・サービス等の比較は客観的に実証可能な事実に基づいて行われており、恣意的な比較は行っておりません。
    • 記事内に次の内容の表現を使用することを禁止しております。
      • 法令もしくは公序良俗に反し、またはそれらの行為を推奨する表現
      • 第三者に対する誹謗中傷、名誉毀損、信用毀損
      • 宗教の勧誘
      • 政治的な活動
      • 猥褻または暴力的な表現
      • 人種、国籍、民族、社会的身分等による差別に繋がる表現
      • 反社会的勢力を肯定する表現
      • 投機的な性格のある商品・サービス等を紹介するにあたって、一定の結果を確約する表現
    • 記事の制作およびメディアの運営の関係者全員に対し、暴力団その他の反社会的勢力ではなく、いかなる態様でも反社会的勢力と関係を有していないことの確認を取っております。反社会的勢力との関係性がわずかでも疑われる者は、記事の制作やメディアの運営に一切関与させません。

    コンテンツ制作のエビデンスについて

    KUSHIM HACKのコンテンツのエビデンスは、以下の例に挙げる機関およびサイトをもとに提供しています。

     

    運営者情報

    監修者

    CFP)。東証一部上場企業に10年勤務。得意先に車で移動中に交通事故に遭い、企業の福利厚生に関心を持ったことをきっかけにファイナンシャルプランナー資格の勉強を始める。資格取得後は保険会社に転職し、生命保険・損害保険の販売に従事。その後ファイナンシャルプランナーとして独立、現在では個人相談の他、金融関連の執筆やセミナーをメインに活動している。
    監修記事一覧

    編集者

    編集・著者
    小野

    2016年よりFXをはじめとする金融ジャンルのコンテンツ制作などに従事。ユーザーの方に正確でフレッシュな情報提供を行うために、各口座の公式サイトや金融庁などの情報をはじめ、一次情報としての取材アンケート調査の実施に努めています。

    執筆記事一覧